ドコモ パケット パック 海外 オプション。 ドコモの「パケットパック海外オプション」と「海外パケホーダイ」の違いは?どっちが安くお得に使える?

パケットパック海外オプション【docomo・海外利用】

ドコモ パケット パック 海外 オプション

行き先は香港です(チケットの都合で杭州経由になってしまったのですが)。 で、いつもでしたら行った先々でスマホに入れる現地SIMを買うんです。 でも、経由地の杭州ではドコモの「パケットパック海外オプション」を、目的地の香港では以前買った(世界中で使えるクラウドSIMの)「AIRSIM ROAM」を使い、今回は現地SIMを買わずじまいでした。 考えてみると、目的地のSIMを買わない海外旅行ってずいぶん久しぶりな気がします。 それだけ日本の携帯電話各社の海外ローミングプランが使いやすくなってきましたし、また、クラウドSIMやeSIMのような世界のどこでも使えるSIMの仕組みが整ってきたということなのでしょう。 特に海外ローミングに関して言えば、ドコモユーザーなら「パケットパック海外オプション」を申し込めば基本料金24時間で980円、auユーザーも「世界データ定額」で同じく24時間980円で使えます。 ソフトバンクだけは残念ながら1日最大2980円と高いのですが、少なくとも、海外で使ったら何万円と目が飛び出るような課金がされるということはなくなりました。 中でも特筆すべきドコモです。 国・地域は限られてしまうものの、最短1時間200円から使うことができます。 筆者にはこのプランがまさにドンピシャでした。 チケットの都合上、往路途中、杭州で飛行機を乗り換える必要があり、トランジットで1時間ちょっと間が空いたのです。 杭州蕭山国際空港、こちらで飛行機を乗り換え、1時間ちょっと間が空きました。 さて、空いた時間はTwitterかFacebookでも見ようと思い、空港の無料Wi-Fiに接続したのですが……そうでした。 ここは中国。 「金盾」によってTwitterやFacebookへの接続が禁止されており、繋がりません。 回避するにはVPNを使う、あるいは国外の携帯電話会社のローミング利用で接続するなどしないといけません。 そこで筆者は、ここでドコモローミングを使い、TwitterとFacebookにアクセスしたのです。 1時間だけ。 そして「パケットパック海外オプションを開始しますか?」と表示されたところで「開始する」を押します。 心の中で200円だけだよね、かかるのは200円だけよね、とちょっとドキドキしながら。 帰ってMy docomoで確認するとパケットパック海外オプション「1時間定額料」でちゃんと記録されていました。 今、現在、海外旅行に行くときに通信回線をどうするかというと「現地SIMを購入する」「Wi-Fiルーターをレンタルする」という選択肢があります。 これだけ手軽になると、これに「日本の事業者の海外ローミングを利用する」という手段が個人でもそれほど無茶ではなくなってきたように思えますし、「eSIM・クラウドSIMなどを使う」という選択肢もいよいよ本格的に実用的になってきたように思えます。 携帯電話を持つ旅行者が多いので、どれかが廃れるということはないように思いますが、それでもどれがこれからのメインストリームになるのでしょうか。 筆者も楽しみに未来を待ちたいと思います。

次の

ドコモの「パケットパック海外オプション」を中国で使ってみた/ソフトバンクのプリペイドSIM、販売状況はどう? (1/2)

ドコモ パケット パック 海外 オプション

パケットパック海外オプションとは 画像引用元: パケットパック海外オプションは、ドコモの海外渡航者向けの パケット定額サービスです。 これまでキャリアの海外渡航者向け通信サービスは、定額ではなく従量課金制のものが主流でした。 しかし従量課金制では1日使うだけで何千円もかかってしまうため、高額請求が問題視されていました。 そして登場したサービスが定額制のパケットパック海外オプションです。 定額サービスなので、従量課金制のように使った分だけ料金が高くなる仕組みではありません。 日本で契約しているにオプション料金を支払うことで、海外でスマホを自由に使えるようになります。 ドコモのスマホでそのまま日本にいる時のように回線が使える 海外でもドコモの回線を利用できます。 現地の通信会社やフリーWi-Fiなどに頼ることなく、日本にいる時と同じように快適な通信でネットが使えます。 200以上の国と地域で安心して使える定額制 対応しているエリアは、200以上の国と地域です。 日本人に人気の渡航国の大半は含まれているので、基本的にどこへ行っても同じように、ドコモの回線を定額で安心して使うことができます。 詳しい対応エリアは、でご確認ください。 現地に到着して好きな時に利用開始できる パケットパック海外オプションは、 事前申込みが必要なサービスです。 しかし、申込み直後から課金されることはありません。 自分の好きなタイミングで利用を開始することができます。 また利用しなければ課金されません。 海外に行く際は、ネットを使う予定がなくても、念のため渡航前に申込んでおいた方が良いでしょう。 パケットパック海外オプションの料金 画像引用元: パケットパック海外オプションの料金は、以下のようになっています。 パケットパック海外オプション 料金 24時間プラン 980円 1時間プラン 200円 3日間プラン 2,480円 5日間プラン 3,980円 7日間プラン 5,280円 パケットパック海外の料金は、オプション料金として通常の料金に上乗せされる仕組みです。 例えば、ギガホ契約中のユーザーが24時間プランを使った場合、ギガホの料金6,980円+980円=7,960円が請求されます。 使えるデータ通信量は国内で契約しているプランのデータ通信量と同じ パケットパック海外オプションで使えるデータ通信量は、国内で契約しているプランのデータ通信量と同じです。 例えば、ギガライトなら高速通信は7GBまで、それ以降は最大128kbpsまでの通信速度制限がかかります(国内と同様です)。 また5Gプランの場合、5Gの料金プラン契約中にパケットパック海外オプションを利用したデータ量が30GBを超えた場合、国内で契約中の残りデータ量にかかわらず、当月末までパケットパック海外オプション利用時の通信速度が低下します。 手持ちの機種が渡航先で使えるか確認する• WORLD WINGの契約があるかMy docomoで確認する• 契約中のプランが対象かどうか確認する• パケットパック海外オプションに申込む• 「ドコモ海外利用アプリ」をインストール• 現地へ到着後、自分の好きなタイミングでアプリから利用開始の操作をする 対応機種は、渡航先によって異なります。 で最新の情報を確認してください。 WORLD WINGとは、ドコモのスマホやケータイを海外で使うための国際ローミングサービスです。 直近数年の間に契約されたスマホやケータイなら、WORLD WINGに自動的に加入しているはずですが、念のために確認してください。 対象プランに加入していることが条件 パケットパック海外オプションを使うためには、対象のプランに加入していることが条件となります。 spモード/mopera U/ビジネスmoperaインターネットによるインターネット接続サービスの契約• 「パケットパック」「パケット定額サービス」「Xiデータ通信専用プラン」「FOMA定額データ分」に加入 パケットパック海外オプションはネット・電話・ドコモショップで申し込める パケットパック海外オプションの申込みは、My docomo・電話・ドコモショップでできます。 スマホの操作に慣れている人はMy docomoから簡単に申し込めます。 不明点がある場合や、自分のスマホの機種・プランが対応しているのかどうか不安な方は、電話やドコモショップでの申し込みをおすすめします。 「ドコモ海外利用」アプリから利用開始の操作を行う 画像引用元: パケットパック海外オプションの利用開始操作は、WEBまたは専用アプリから可能です。 アプリを開いて利用開始の操作を行えば、申込んだプランの期間中、ネットを利用できるようになります。 ただし一度利用開始の操作を行うと、途中で止めることはできないので注意してください。 iPhoneとAndroidのパケットパック海外オプションのスマホアプリは下のボタンから取得できます。 \ ダウンロードはこちらから / 利用期間が終了すると自動的に通信がストップする プランの利用期間が終了すると、自動的に通信がストップします。 データローミングがONの場合でも、再度利用開始操作がなければ通信は発生しません。 利用期間が終了したことに気付かずネットを使ってしまい、 料金が高額になってしまうということはないので安心してください。 パケットパック海外オプションのメリット 画像引用元: ここまでパケットパック海外オプションの料金や使い方について紹介してきました。 最近は、海外向けのモバイルルーターをレンタルして現地に持っていく人も増えています。 しかしパケットパック海外オプションにはモバイルルーターのレンタルや返却の手間がないなど、いくつかの メリットがあります。 レンタルや返却の手間がない 海外Wi-Fiのように、Wi-Fiルーターをレンタルして現地に持っていくサービスもありますが、レンタルする手間もかかりますし、後日返却もしなければいけません。 返却が遅れたら延滞料金を払うリスクもあります。 一方で、パケットパック海外オプションは、ドコモのスマホ1つで快適にネットが使えるようになるので、レンタルや返却の手間が一切ありません。 海外でも日本にいる時のように快適にネットが使える パケットパック海外オプションで使えるのはドコモの回線です。 日本にいる時と同じように快適にネットを楽しむことができるので、現地のWi-Fiの繋がりが悪いなどのストレスはありません。 自分の使いたいタイミングで利用開始操作ができる パケットパック海外オプションは、利用開始操作をしない限り課金されることはありません。 利用開始操作も自分の好きなタイミングでできるため、 パケット料金の無駄がありません。 レンタル・返却の手間が省ける• ドコモの回線を利用するため、快適にネットを使える• パケット料金に無駄がない パケットパック海外オプションのデメリット パケットパック海外オプションのデメリットを解説します。 使えるデータ量が増えるわけではない パケットパック海外オプションに加入しても、使えるデータ量が普段より増えることはありません。 国内ではギガライトで間に合っている人も、海外では予想以上に通信してしまうこともあるでしょう。 料金が少し高め パケットパック海外オプションは、24時間で980円と少し高めの印象です。 渡航期間が長くなる場合、現地の通信サービスを利用するなど、 別の方法を利用したほうがお得になる可能性もあります。 データ通信量は国内と同じ• 料金が若干高め パケットパック海外オプションの評判 パケットパック海外オプションは、契約者数が200万人を超えています。 口コミを調査してみたところ、「現地で繋がらなかった」という声はありませんでした。 ドコモが公表している対応地域内では問題なく使えていることが伺えます。 そしてやはり、「現地の通信サービスなど、慣れないものに手を出す必要がないから手軽」と評する声が多いです。 一方、料金に対しては割高だと感じている人も少なくないようでした。 ドコモのスマホを海外で利用するための他の方法 スマホを海外利用する方法は、パケットパック海外オプションより お得になるサービスや方法もあります。 海外パケ・ホーダイ 画像引用元: ドコモにはというサービスがあります。 1日2,980円で使い放題で、約24. 4MBまでなら1日1,980円で済みます。 通信量を気にせず使いたいならこちらの方がおすすめです。 現状、ドコモ回線を海外で無制限に使うための唯一の方法です。 WORLD WING Wi-Fi 画像引用元: WORLD WING Wi-Fiは、海外パケ・ホーダイの利用者が海外のWi-Fiスポット(フリーWi-Fiとは異なる)を利用するためのオプションです。 WORLD WING Wi-Fiの料金は無料です。 現地のSIMをレンタルする ドコモにこだわらず、海外では現地でSIMカードをレンタルする人もいます。 実際、現地で契約したほうが安いというケースも少なくありません。 滞在期間が長くなるほど、その傾向は強くなります。 通信会社によっては、旅行者向けに短期間だけ格安でSIMを貸してくれるサービスもあります。 ただ、サービス内容は完全に現地の通信会社次第なので、日本語しか扱えない人にはハードルが高いかもしれません。 ポケットWiFiをレンタルする はたくさんあります。 例えば、「GLOBAL Wi-Fi」では短期間の旅行者向けにWi-Fiルーターを貸し出しています。 Wi-Fiルーターを借りると、ドコモの通信量を気にしなくてよいというメリットがあります。 フリーWi-Fiを使う お金を一切かけたくない場合は、 現地のフリーWi-Fiを使うしかありません。 ただ海外エリアによっては繋がりが悪かったり全く使えなかったりすることも考えられます。 またフリーWi-Fiは誰でもアクセスできるので、セキュリティレベルは高いと言えません。 もしフリーWi-Fiを使うならスマホのセキュリティ対策を万全にしておくべきでしょう。 ドコモのパケットパック海外オプションは快適でお手軽 以上、ドコモのパケットパック海外オプションや海外でスマホをネットに繋げる方法について解説しました。

次の

ドコモの「パケットパック海外オプション」を中国で使ってみた/ソフトバンクのプリペイドSIM、販売状況はどう? (1/2)

ドコモ パケット パック 海外 オプション

パケットパック海外オプションとは 画像引用元: パケットパック海外オプションは、ドコモの海外渡航者向けの パケット定額サービスです。 これまでキャリアの海外渡航者向け通信サービスは、定額ではなく従量課金制のものが主流でした。 しかし従量課金制では1日使うだけで何千円もかかってしまうため、高額請求が問題視されていました。 そして登場したサービスが定額制のパケットパック海外オプションです。 定額サービスなので、従量課金制のように使った分だけ料金が高くなる仕組みではありません。 日本で契約しているにオプション料金を支払うことで、海外でスマホを自由に使えるようになります。 ドコモのスマホでそのまま日本にいる時のように回線が使える 海外でもドコモの回線を利用できます。 現地の通信会社やフリーWi-Fiなどに頼ることなく、日本にいる時と同じように快適な通信でネットが使えます。 200以上の国と地域で安心して使える定額制 対応しているエリアは、200以上の国と地域です。 日本人に人気の渡航国の大半は含まれているので、基本的にどこへ行っても同じように、ドコモの回線を定額で安心して使うことができます。 詳しい対応エリアは、でご確認ください。 現地に到着して好きな時に利用開始できる パケットパック海外オプションは、 事前申込みが必要なサービスです。 しかし、申込み直後から課金されることはありません。 自分の好きなタイミングで利用を開始することができます。 また利用しなければ課金されません。 海外に行く際は、ネットを使う予定がなくても、念のため渡航前に申込んでおいた方が良いでしょう。 パケットパック海外オプションの料金 画像引用元: パケットパック海外オプションの料金は、以下のようになっています。 パケットパック海外オプション 料金 24時間プラン 980円 1時間プラン 200円 3日間プラン 2,480円 5日間プラン 3,980円 7日間プラン 5,280円 パケットパック海外の料金は、オプション料金として通常の料金に上乗せされる仕組みです。 例えば、ギガホ契約中のユーザーが24時間プランを使った場合、ギガホの料金6,980円+980円=7,960円が請求されます。 使えるデータ通信量は国内で契約しているプランのデータ通信量と同じ パケットパック海外オプションで使えるデータ通信量は、国内で契約しているプランのデータ通信量と同じです。 例えば、ギガライトなら高速通信は7GBまで、それ以降は最大128kbpsまでの通信速度制限がかかります(国内と同様です)。 また5Gプランの場合、5Gの料金プラン契約中にパケットパック海外オプションを利用したデータ量が30GBを超えた場合、国内で契約中の残りデータ量にかかわらず、当月末までパケットパック海外オプション利用時の通信速度が低下します。 手持ちの機種が渡航先で使えるか確認する• WORLD WINGの契約があるかMy docomoで確認する• 契約中のプランが対象かどうか確認する• パケットパック海外オプションに申込む• 「ドコモ海外利用アプリ」をインストール• 現地へ到着後、自分の好きなタイミングでアプリから利用開始の操作をする 対応機種は、渡航先によって異なります。 で最新の情報を確認してください。 WORLD WINGとは、ドコモのスマホやケータイを海外で使うための国際ローミングサービスです。 直近数年の間に契約されたスマホやケータイなら、WORLD WINGに自動的に加入しているはずですが、念のために確認してください。 対象プランに加入していることが条件 パケットパック海外オプションを使うためには、対象のプランに加入していることが条件となります。 spモード/mopera U/ビジネスmoperaインターネットによるインターネット接続サービスの契約• 「パケットパック」「パケット定額サービス」「Xiデータ通信専用プラン」「FOMA定額データ分」に加入 パケットパック海外オプションはネット・電話・ドコモショップで申し込める パケットパック海外オプションの申込みは、My docomo・電話・ドコモショップでできます。 スマホの操作に慣れている人はMy docomoから簡単に申し込めます。 不明点がある場合や、自分のスマホの機種・プランが対応しているのかどうか不安な方は、電話やドコモショップでの申し込みをおすすめします。 「ドコモ海外利用」アプリから利用開始の操作を行う 画像引用元: パケットパック海外オプションの利用開始操作は、WEBまたは専用アプリから可能です。 アプリを開いて利用開始の操作を行えば、申込んだプランの期間中、ネットを利用できるようになります。 ただし一度利用開始の操作を行うと、途中で止めることはできないので注意してください。 iPhoneとAndroidのパケットパック海外オプションのスマホアプリは下のボタンから取得できます。 \ ダウンロードはこちらから / 利用期間が終了すると自動的に通信がストップする プランの利用期間が終了すると、自動的に通信がストップします。 データローミングがONの場合でも、再度利用開始操作がなければ通信は発生しません。 利用期間が終了したことに気付かずネットを使ってしまい、 料金が高額になってしまうということはないので安心してください。 パケットパック海外オプションのメリット 画像引用元: ここまでパケットパック海外オプションの料金や使い方について紹介してきました。 最近は、海外向けのモバイルルーターをレンタルして現地に持っていく人も増えています。 しかしパケットパック海外オプションにはモバイルルーターのレンタルや返却の手間がないなど、いくつかの メリットがあります。 レンタルや返却の手間がない 海外Wi-Fiのように、Wi-Fiルーターをレンタルして現地に持っていくサービスもありますが、レンタルする手間もかかりますし、後日返却もしなければいけません。 返却が遅れたら延滞料金を払うリスクもあります。 一方で、パケットパック海外オプションは、ドコモのスマホ1つで快適にネットが使えるようになるので、レンタルや返却の手間が一切ありません。 海外でも日本にいる時のように快適にネットが使える パケットパック海外オプションで使えるのはドコモの回線です。 日本にいる時と同じように快適にネットを楽しむことができるので、現地のWi-Fiの繋がりが悪いなどのストレスはありません。 自分の使いたいタイミングで利用開始操作ができる パケットパック海外オプションは、利用開始操作をしない限り課金されることはありません。 利用開始操作も自分の好きなタイミングでできるため、 パケット料金の無駄がありません。 レンタル・返却の手間が省ける• ドコモの回線を利用するため、快適にネットを使える• パケット料金に無駄がない パケットパック海外オプションのデメリット パケットパック海外オプションのデメリットを解説します。 使えるデータ量が増えるわけではない パケットパック海外オプションに加入しても、使えるデータ量が普段より増えることはありません。 国内ではギガライトで間に合っている人も、海外では予想以上に通信してしまうこともあるでしょう。 料金が少し高め パケットパック海外オプションは、24時間で980円と少し高めの印象です。 渡航期間が長くなる場合、現地の通信サービスを利用するなど、 別の方法を利用したほうがお得になる可能性もあります。 データ通信量は国内と同じ• 料金が若干高め パケットパック海外オプションの評判 パケットパック海外オプションは、契約者数が200万人を超えています。 口コミを調査してみたところ、「現地で繋がらなかった」という声はありませんでした。 ドコモが公表している対応地域内では問題なく使えていることが伺えます。 そしてやはり、「現地の通信サービスなど、慣れないものに手を出す必要がないから手軽」と評する声が多いです。 一方、料金に対しては割高だと感じている人も少なくないようでした。 ドコモのスマホを海外で利用するための他の方法 スマホを海外利用する方法は、パケットパック海外オプションより お得になるサービスや方法もあります。 海外パケ・ホーダイ 画像引用元: ドコモにはというサービスがあります。 1日2,980円で使い放題で、約24. 4MBまでなら1日1,980円で済みます。 通信量を気にせず使いたいならこちらの方がおすすめです。 現状、ドコモ回線を海外で無制限に使うための唯一の方法です。 WORLD WING Wi-Fi 画像引用元: WORLD WING Wi-Fiは、海外パケ・ホーダイの利用者が海外のWi-Fiスポット(フリーWi-Fiとは異なる)を利用するためのオプションです。 WORLD WING Wi-Fiの料金は無料です。 現地のSIMをレンタルする ドコモにこだわらず、海外では現地でSIMカードをレンタルする人もいます。 実際、現地で契約したほうが安いというケースも少なくありません。 滞在期間が長くなるほど、その傾向は強くなります。 通信会社によっては、旅行者向けに短期間だけ格安でSIMを貸してくれるサービスもあります。 ただ、サービス内容は完全に現地の通信会社次第なので、日本語しか扱えない人にはハードルが高いかもしれません。 ポケットWiFiをレンタルする はたくさんあります。 例えば、「GLOBAL Wi-Fi」では短期間の旅行者向けにWi-Fiルーターを貸し出しています。 Wi-Fiルーターを借りると、ドコモの通信量を気にしなくてよいというメリットがあります。 フリーWi-Fiを使う お金を一切かけたくない場合は、 現地のフリーWi-Fiを使うしかありません。 ただ海外エリアによっては繋がりが悪かったり全く使えなかったりすることも考えられます。 またフリーWi-Fiは誰でもアクセスできるので、セキュリティレベルは高いと言えません。 もしフリーWi-Fiを使うならスマホのセキュリティ対策を万全にしておくべきでしょう。 ドコモのパケットパック海外オプションは快適でお手軽 以上、ドコモのパケットパック海外オプションや海外でスマホをネットに繋げる方法について解説しました。

次の