鬱 ぴく 小説。 #○○の主役は我々だ!小説100users入り よくやった大先生

鬱な気分になる小説おすすめ6選!読むのが辛いのにやめられない

鬱 ぴく 小説

本当は読まないほうがいいけれど、それでも憂鬱な気分になりたい!って方は是非読んでみてください。 後悔します。 作品としての完成度は本当に高いです。 心が痛いし気分が悪いのにどんどん読まされてしまいます。 でも読まないほうがいいです。 残酷すぎます。 1958年の夏。 当時、12歳のわたし デイヴィッド は、隣の家に引っ越して来た美しい少女メグと出会い、一瞬にして、心を奪われる。 メグと妹のスーザンは両親を交通事故で亡くし、隣のルース・チャンドラーに引き取られて来たのだった。 最後に 読んでいる途中に気分が悪くなったり後味が悪いのに、読むのがなかなかやめられない面白い小説。 ぜひ一度、挑戦してみてはいかがでしょうか、、、 関連記事 よろしければ気が向いたときにでも、参考にしていただければ幸いです。

次の

【第二弾】後味が悪いのに面白いおすすめ小説10選②

鬱 ぴく 小説

心をえぐられるような鬱要素がある小説が読みたくなりました。 何かイチオシの物があれば教えて頂きたいです。 他のサイトなども参考にしながら、この知恵袋でも意見をお聞きしたいと思います。 既読の作品の中で「鬱」と感じた作品は、パッと思いつく限りでは以下の物です。 鬱といっても、深いストーリー性とテーマ性(メッセージ性)が欲しいです。 救いが無くても良い、ただ、強く訴えかけて来るテーマを重視します。 現在私は社会人になって間もない年齢ですが、上記の作品の中で最もツボだったのは「砂糖菓子」、「お城の王様」です。 特に砂糖菓子の残酷なテーマはかなり応えました。 逆に「廃用身」は二度と読みたくありません^^; 鬱というよりも、人間にとって生理的に受け入れられない部分を突いてくるというか・・・ また「人間失格」のような自伝(?)のような作品もそれほど好みません。 質問が上手くまとまりませんが、頂いた回答だけを参考にさせていただくわけでは無いので、軽い気持ちで答えて下さって結構です。 宜しくお願いします。 補足BOOKOFFで立ち読みするなどして、現在思案中です。 この質問は投票とさせていただきます。 皆様、沢山の候補を挙げて頂き、有難うございました。 「砂糖菓子」の著者、桜庭一樹さんの「少女には向かない職業」 創元推理文庫 はお読みになりましたか? 二人の少女が、交換殺人を計画する話です。 もし、未読でいらっしゃったら、ぜひ。 それから、 歌野晶午さんの「絶望ノート」(幻冬舎文庫) 中学生の照音は、いじめられる苦しみを「絶望ノート」と名付けたノートに書き綴ります。 その後彼は、一つの石を見つけ、それを神として、いじめのボスの死を願います。 いじめのボスは、実際、死んでしまうのですが・・・・・・ 井上夢人さんの「ラバー・ソウル」(講談社) ビートルズの評論を書くことだけが生きがいだった並外れて醜い男、鈴木誠。 彼は、ふとしたことから、美しいモデル、美縞絵里と知り合います。 その日から、彼女のストーカーと化し、その模様を克明につづる鈴木。 はたして、その行き先に待っているものは?.

次の

メリーバッドエンド (めりーばっどえんど)とは【ピクシブ百科事典】

鬱 ぴく 小説

心をえぐられるような鬱要素がある小説が読みたくなりました。 何かイチオシの物があれば教えて頂きたいです。 他のサイトなども参考にしながら、この知恵袋でも意見をお聞きしたいと思います。 既読の作品の中で「鬱」と感じた作品は、パッと思いつく限りでは以下の物です。 鬱といっても、深いストーリー性とテーマ性(メッセージ性)が欲しいです。 救いが無くても良い、ただ、強く訴えかけて来るテーマを重視します。 現在私は社会人になって間もない年齢ですが、上記の作品の中で最もツボだったのは「砂糖菓子」、「お城の王様」です。 特に砂糖菓子の残酷なテーマはかなり応えました。 逆に「廃用身」は二度と読みたくありません^^; 鬱というよりも、人間にとって生理的に受け入れられない部分を突いてくるというか・・・ また「人間失格」のような自伝(?)のような作品もそれほど好みません。 質問が上手くまとまりませんが、頂いた回答だけを参考にさせていただくわけでは無いので、軽い気持ちで答えて下さって結構です。 宜しくお願いします。 補足BOOKOFFで立ち読みするなどして、現在思案中です。 この質問は投票とさせていただきます。 皆様、沢山の候補を挙げて頂き、有難うございました。 「砂糖菓子」の著者、桜庭一樹さんの「少女には向かない職業」 創元推理文庫 はお読みになりましたか? 二人の少女が、交換殺人を計画する話です。 もし、未読でいらっしゃったら、ぜひ。 それから、 歌野晶午さんの「絶望ノート」(幻冬舎文庫) 中学生の照音は、いじめられる苦しみを「絶望ノート」と名付けたノートに書き綴ります。 その後彼は、一つの石を見つけ、それを神として、いじめのボスの死を願います。 いじめのボスは、実際、死んでしまうのですが・・・・・・ 井上夢人さんの「ラバー・ソウル」(講談社) ビートルズの評論を書くことだけが生きがいだった並外れて醜い男、鈴木誠。 彼は、ふとしたことから、美しいモデル、美縞絵里と知り合います。 その日から、彼女のストーカーと化し、その模様を克明につづる鈴木。 はたして、その行き先に待っているものは?.

次の