横山 結衣。 横山結衣(AKB48チーム8)が卒業?ダンスが実力派!高校は?

AKB48横山結衣を「休んでたね」|エンタMEGA

横山 結衣

AKB48メンバー「男と裸ハグ写真」流出か……しかも中学時代!? 「会いに行くアイドル」をコンセプトに結成されたAKB48・チーム8。 全国各地でオーディションを行い各都道府県の合格者47人で構成されたグルー プであるが、その中の青森代表でチームKも兼任する横山結衣が現在矢面に立たされている。 9月6日の夜、突如ツイッターに男性と女性が映った画像が投稿された。 その画像は男女がキスしている画像が2枚と男女がほぼ裸で抱き合いなが ら映っている写真1枚というもの。 男性の顔は隠されているのだが、女性の方は加工がなく、これがネットでは「横山ではないか?」と言われてい るのだ。 「横山さんには顔に数カ所ホクロがあるのですが、これが完全に一致。 また、キス写真での髪型は2016年5月にコミュニケーションアプリ・755へ本 人が投稿した写真と一緒。 その上、着ていたジャケットも、2同年6月に755に投稿した画像と一緒。 流出した画像には『ゆい』と書かれていますし、 ほぼ横山さんで決定だろうとネットでは言われています。 2016年であれば、すでに加入していますから、これが本当であれば、処分は免れないかと。 彼女は現在18歳ですからね。 中学生時代の写真が流 出とは……。 今後どのような説明がされるのか気になるところです」(マスコミ関係者) ほぼほぼ横山とされてしまっているようで、ファンからは「ショックだ」との声が殺到。 中には「推し変する」「リベンジポルノされるような振 り方したんだろ」などという声もあり、複雑な様子を見せている。 アイドルらしかぬ画像流出疑惑が持ち上がってしまった横山。 今後これについて、彼女の口からなにかしらの言及があるのか、それともそっと表 舞台からフェードアウトしていくのか。 はたして……。 横山結衣(よこやま・ゆい)/18歳 【公式ニックネーム】ヨコちゃん 【所属事務所】AKS 【生年月日】2001年2月22日 【出身地】青森県津軽郡大鰐町 【合格期】チーム8 初代 流出した疑惑写真 ホクロ、服の柄が一致.

次の

横山由依

横山 結衣

略歴 2014年• 3月、青森県91人の応募の中から代表として選ばれる。 4月3日、チーム8のメンバーとして、お披露目。 8月6日、AKB48劇場にて公演デビュー。 2017年• 12月8日、「」(チーム再編成)により、の兼任が発表。 2020年• 時期未定、1st写真集(タイトル未定、玄光社)を発売予定。 人物 キャラクター• キャッチフレーズは、「わぁ、こったになまっちゅうばって、AKBだんず! たんげがんばるんはんで、応援してけ! 青森県から来ました、横山結衣17歳です。 なまっても~? (アイドル! )"ヨコちゃん"って呼んでください! (ヨコちゃん! ) 」。 前半の意味は、「私はこんなになまっているけど、AKBなんですよ。 すごく頑張るので応援して下さい!」• 公式ニックネームは、「ヨコちゃん」。 AKB48には同姓同名(厳密には同音異字)のが在籍しており、これは48グループとして初のケースである。 「保育園に通っている頃からアイドルに憧れていました! しゃべり方がなまっていて、何を言っているのかわからないって言われるけど見守ってください! 将来の夢は、「まだ明確な夢は決まっていません」。 チャームポイントは、「まつげ(笑)」。 劇場支配人評。 「ダンスの実力ではグループのトップに立つ日も近い気がする。 自分自身に絶対的な自信を持っているのもすばらしい」(2017年:、スタッフ) 「キレッキレのダンスの実力はAKB48でも折り紙つき。 自身で振り付けを作る機会も増え、活動の幅をひろげています」(2018年:) AKB48として 2015年• 6月22日、日本テレビ「ZIP」で横山結衣とのハムハムポーズ(下唇を軽く噛んで撮る )の写真が取り上げられた。 でとりあげられてて、 一人で家で、騒いでた 笑 笑 はるな。 」 、石川の「こんばんわ〜! ひじりとよこちゃんの ハムハムポーズ最高に 可愛いかった。 ・v・。 れいな」 、鳥取の「(横山、ひじりが羨ましい件。 この日の北海道・東北の755トークはこの話題で盛り上がった。 横山結衣は「今日はハムハム取り上げていただいてほんとうにうれしかったです。 これからは、このトークで最先端を発信していけるように頑張りたいと思います。 横山」と投稿した。 2016年• 2月23日、3月1日放送の『』で開催された「AKBINGO! CUP ダンスロワイヤル」に、とともに出場して優勝。 初代AKB48グループダンスクイーンの座に輝いた。 審査員であるパパイヤ鈴木は、「技術よりも観ていて楽しかったのがTeam8だった。 ダンスのコンテストとして見ると、今この場が大事なんです」と総評した。 2019年• 9月5日、ダンスエンターテインメント集団公演「ウチの親父が最強」(東京都中央区銀座8丁目博品館劇場)に出演。 交友関係• が好き。 性格・趣味• アイドルになるのが夢。 趣味は、ネイルアート、ダンスの練習。 特技は、ダンス、歌。 変顔が好き。 AKB48の中で一番好きな曲は、「」。 長所は、「やるときはとことんやる」。 短所は、「短気ぎみ」。 自分の性格をひと言で言うと、「気まぐれ? (笑)」。 好きな言葉は、「やってみなくちゃわからない」。 好きな食べ物は、チョコレート。 嫌いな食べ物は、魚の皮。 ギャラリー• 2019年 参加曲 シングルCD選抜曲• 「」に収録• 47の素敵な街へ - Team 8名義• 「」に収録• 制服の羽根 - Team 8名義• 「」に収録• 挨拶から始めよう - Team 8名義• 「」に収録• 汚れている真実 - チーム8選抜名義• 「」に収録• あまのじゃくバッタ - Team 8名義• 「」に収録• 夢へのルート - Team 8名義• 「」に収録• 星空を君に - Team 8 EAST名義• 「」に収録• 野蛮な求愛 - ダンス選抜名義• 「」に収録• 終電の夜 - Team K名義• 蜂の巣ダンス - Team 8名義(センター)• 「」に収録• おはようから始まる世界 - U-19選抜2018名義• 「」に収録• Generation Change - AKB48カップリング選抜名義• 「」に収録• 好きだ 好きだ 好きだ - Team 8名義 アルバムCD選抜曲• 「」に収録• へなちょこサポート - Team 8名義• 「」に収録• 一生の間に何人と出逢えるのだろう - Team 8名義 劇場公演ユニット曲 公演• クラスメイト 公演• 嘆きのフィギュア• ガラスのI LOVE YOU• 背中から抱きしめて• リオの革命 出演• ABA青森朝日放送「夢はここから生放送 ハッピィ」 - 2014年11月15日より月1回レギュラー出演 注釈• 週刊JuniJuni 東奥小中学生新聞 2014年3月28日• - Team 8 公式サイト 2014年4月3日• - モデルプレス 2014年4月3日• - Team 8 公式サイト 2020年4月3日• 週刊プレイボーイ 2014 No. 37「AKB48 Team 8 初完全名鑑」• 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2018』P124より。 - 755 2015年5月18日• - 755 2015年6月22日• - 755 2015年6月22日• - 755 2015年6月22日• - 755 2015年6月22日• - 755 2015年6月22日• - 755 2015年6月22日• - 755 2015年6月22日• - 755 2015年6月22日• - 755 2015年6月22日• - 755 2015年6月22日• - 755 2015年6月22日• - アメーバニュース 2016年3月2日• - Team8 公式サイト 2016年3月2日• - Team8公式サイト 2019年6月11日• - SPICE 2019年9月6日• 外部リンク• 元3期• 10期• 11期• 元7期• 12期• 13期• 14期• 15期• ドラフト1期• チーム8• 大人AKB• 期間限定加入 ドラフト2期• 16期• ドラフト3期• 他グループ へ移籍.

次の

AKB48横山結衣を「休んでたね」|エンタMEGA

横山 結衣

今月6日に元カレとのキス写真とほぼ裸のニャンニャン写真が流出してしまったAKB 48のチーム8兼チームKメンバーの横山結衣。 その後、写真に写るのは自分だとファン向けメールで認め、一連の騒動を謝罪。 騒動は終了となった。 だが、メンバー間ではこの騒動は終わっていないようだ。 それが、如実にバレしまったのが、同じくチーム8に所属する小栗有以のSNSだ。 チーム8は9月3〜13日まで舞台『Bee School』という舞台を上演しており、初日から小栗はSNSに舞台の感想を投稿していた。 だが、横山がこの舞台にゲスト出演した公演6日目はなぜか更新をせず。 だが、翌日から再び何もなかったかのように更新し始めたのだ。 これに気づいたファンの間では、一連の流出劇があった後だったこともあり「小栗が横山に激怒しているのではないか」という憶測が流れていた。 「横山さんがゲストだった日だけ更新しなかったというのは不自然極まりないですよね。 チーム8を盛り上げようと真面目にやっている小栗さんからしてみたら、流出し謝罪だけして何もなかったように活動している横山さんに激怒したのかも。 まあ、怒りたくなる理由もわかりますよね」(アイドル誌ライター).

次の