ロール カーテン 付け方。 【ニトリ】ロールスクリーンの取り付け方と使用レビュー

意外と知られていない【カーテンの処分方法】一般的な処分方法からリサイクル方法までご紹介

ロール カーテン 付け方

ロールスクリーンの取り付け方は難しい? ロールスクリーンの取り付け方と聞いて、皆さんはどのようなものを思い浮かべますでしょうか? 専門業者の工事が必要? ドリルを手にDIY? 機械と生地が一体となったロールスクリーンは一見扱いが難しそうで、自分での取り付け方は慣れた人でないとわからないと思い込みがちではないでしょうか。 けれども実は、ロールスクリーンの取り付け方は非常に簡単なのです。 必要なのはドライバー一本。 DIY素人でも、初めての方でも、取り付け方をしっかりと見れば誰でも自分で設置することができます。 ここでは、自分で行うロールスクリーンの取り付け方を簡単にご説明いたします。 これで完璧!自分でロールスクリーンを取り付けてみよう 自分でロールスクリーンを取り付けようとするとき、 重要なのは 「天井付け」と「正面付け」という2つの取り付け方のどちらで取り付けるかを、しっかりと確認しておくことです。 「天井付け」とは ロールスクリーンを窓枠の中に設置する取り付け方で、窓の外に生地が出ないため見た目をスッキリとさせることができます。 一方の 「正面付け」は 窓枠の上から、窓枠を覆うように設置する取り付け方で、窓全体をしっかりと生地で覆うことができるため光の漏れなどを防ぐことができます。 この2つの取り付け方のどちらにするかは、取り付ける場所や機能に応じてロールスクリーンを注文する際に決め、それに合わせたサイズを注文しましょう。 それでは、「天井付け」の取り付け方をご紹介します。 1)ブラケットを取り付けます ロールスクリーンの機械に接続するための金具・ブラケットを窓枠に取り付けます。 天井付けの場合は窓枠の内側上部に、窓枠の端から4~6センチ内側にドライバーで取り付けを行ないます。 ブラケットを3個以上取り付ける場合は、きちんと一直線になるように場所を注意してください。 2)ロールスクリーンの本体を取り付ける ブラケットをきちんと取り付けたら、本体の裏側にあるフレームの耳の部分をブラケットのツメに引っ掛けて押し込みます。 天井付けの場合は手前から引っ掛けると取り付けやすくなります。 カチッと音がしたら成功です! しっかりハマった場合はブラケットの透明の部分が戻っています。 へこんだままの場合はカチッと音がするまできちんと固定してください。 これで「天井付け」ロールスクリーンの取り付け方は終了です。 次に「正面付け」の取り付け方をご説明します。 1)ブラケットを取り付けます 正面付けではブラケットを壁と並行に窓枠に取り付けます。 このとき、窓枠が2センチ以上ないと取り付けができませんので注意が必要です。 天井付けの場合と同じように、窓枠の端から4~6センチ内側に、一直線になるようにドライバーで取り付けます。 2)ロールスクリーンの本体を取り付ける ブラケットの取り付けが終わったら本体を取り付けます。 正面付けの場合はフレームの下のツメに引っ掛けて奥に押し込むと取り付けやすくなります。 カチッと音がするまで押し込んで、きちんと固定されたことが確認できれば成功です。 これで、「正面付け」ロールスクリーンの取り付け方は終了です。 賃貸でも安心、カーテンレールへの取り付け方 さて、ここまでロールスクリーンの取り付け方をご紹介しましたが、中には「うちは賃貸だから窓枠に穴が開けられなくて……」という方もいらっしゃるかもしれません。 では、賃貸の家にはロールスクリーンは取り付けられないのかといえば、そうではありません。 賃貸の家ならほぼ備え付けてあるカーテンレールを利用した、ロールスクリーンの取り付け方をご紹介します。 カーテンレールへの取り付け方において、 事前に注意しなければいけないことが2点あります。 1つ目は機能性カーテンレールにしか取り付けることができない点です。 多くの賃貸住宅に備えてあるのは機能性カーテンレールだと思われますが、ロールスクリーンを購入する前に確認しておくことをおすすめします。 2つ目は天井付けの取り付け方でしか取り付けができない点です。 そのため、ロールスクリーンを購入する際には、その場所や取り付け方に合わせたものを選ぶ必要があります。 カーテンレールを使ったロールスクリーンの取り付け方は次のとおりです。 1)まず、カーテンレールの端についているキャップストップを取り外します。 その後、カーテンレールについているランナーを全て外します。 2)ブラケットをカーテンレール専用のレールビスという取付金具を使って、カーテンレールの端に取り付けます。 3)しっかり固定されたことを確認して、天井付けと同じように手前からフレームを引っ掛けて押し込みます。 カチッと音がしたら成功です。 この取り付け方を使えば、ドライバー一本で賃貸住宅の窓にもロールスクリーンを取り付けることが可能になります。 このように、ロールスクリーンの取り付け方は見た目以上に簡単で、誰でも設置することができます。 この取り付け方を参考に、自分でロールスクリーンを取り付けてみてはいかがでしょうか。 自分らしいインテリアをつくるのに、きっと役に立つはずです!.

次の

カーテンは窓枠の外側につける方がオススメです!内付と外付けで迷ってる方へ。

ロール カーテン 付け方

ロールスクリーンが選ばれる理由 窓まわりアイテムといえば、カーテンやブラインドが頭に浮かぶのではないでしょうか。 でも、ロールスクリーンもほかにはない魅力があるんです! シンプルな見た目で部屋がスッキリ ロールスクリーンが選ばれる1番の理由は、シンプルな見た目。 カーテンのようにウェーブがないので、部屋を広くスッキリ見せられます。 また、ロールスクリーンは巻き上げたときもとてもコンパクト。 生地の厚みにもよりますが、すべて上げた状態だと厚さが10cmほどしかありません。 カーテン・ブラインド・シェードなど、生地やスラット(羽根)のあるタイプは、開けた状態でも窓を遮る部分が大きくなってしまいます。 一方、ロールスクリーンは閉じたときも開けたときも邪魔になりにくいアイテム。 空間を広く使いたい、狭いリビングや小さな子供部屋にぴったりです。 【注意】閉じたまま光・視線の調節がむずかしい 一般的なロールスクリーンは、ブラインドのように光や視線の調節ができません。 生地が1層のシンプルなものだと、巻き上げたときは外から丸見え。 太陽の光も、室内へダイレクトに入ってきます。 とはいえ、日中部屋を明るくするにはやっぱりロールスクリーンを巻き上げておきたいですよね。 視線が気になる人には、ダブルロールや調光ロールスクリーンがおすすめ。 最近では「遮光タイプのロールスクリーン+フラットなレースカーテン」という新しい組み合わせも人気が高まっています。 カラー・機能も充実 ロールスクリーンは、カラバリ・機能も充実しています。 シースルー• ウォッシャブル 家庭の洗濯機で簡単に洗えるウォッシャブルタイプや、火がついても燃え広がらない防炎タイプ。 太陽光・紫外線をシャットアウトして、家具・フローリング・お肌の日焼けを防ぐ遮光タイプ。 インテリア用品通販サイト「Re:HOME(リホーム)」では、上記のようなさまざまなタイプをご用意しています。 そのポイントをお伝えしますね。 お部屋になじむ「白系」がおすすめ ロールスクリーンの色は、ただの白ではなく「薄いベージュ色」「ライトグレー」を選ぶとおしゃれな部屋が作れます。 ロールスクリーンは窓に取り付けるものなので、壁紙との相性がとても重要。 たとえば、壁紙が白色系の場合、ロールスクリーンも同一色の白系でまとめると空間がスッキリとして広く見えます。 最近は、壁紙も色とりどり!パッと見て白でも、うっすら暖色系・寒色系の色味が入っていたり、うっすら黄色系で和風の空間が作られていたり。 ボタニカル(植物)な雰囲気には、うっすら緑色系が使われるケースもあります。 もちろん、部屋のメリハリをつけるためにはっきりとしたビビット色を取り入れるのもありです。 でも、大きめの窓にそのアクセントをもってきてしまうと、なんだか落ち着かない空間になってしまうので注意してくださいね。 インパクト大な大柄のロールスクリーンに憧れているあなた。 お気に入りの北欧柄を、大きな窓にドーンと飾っておしゃれに見せたいですよね。 どうしてもこの大柄がいい!と譲れない場合は、背景・柄ともに落ち着いた淡い色を選ぶと良いですよ。 マリメッコはちょっと勇気ない。。 光をたくさん採り入れたい窓や空間の間仕切りにおすすめです。 このロールスクリーンは光を取り入れつつも熱や紫外線をカットしてくれます。 断熱率は36. 生地の色にもとことんこだわっていて、他ロールスクリーンにはない色味が北欧インテリアによく合います。 主な操作方法はチェーン式・プルコード式の2つ。 窓が床まで伸びている掃き出し窓にはチェーン式を!窓の下に壁がある腰窓にはプルコード式がおすすめです。 窓にはもちろん、ダイニングとキッチンの間や室内階段との間などに取り付けて空間を分けるのにもぴったり。 冷暖房効率を上げる断熱効果も期待できます。 来客時にロールスクリーンを下ろせば、見せたくないものをサッと隠せますよ。 生地が簡単に取り外せるので、力の弱い女性でも掃除がしやすいですよ。 洗い終えた生地にシワがあるときは、家庭用のアイロンで伸ばせば元どおりの綺麗な生地に仕上がります。 通常、取り付けにはネジを使いますが、タイル張りなどネジが打ち込めない窓には、テンションバーというメカを利用します。 ネジが打ち込めないようなお風呂にも設置できるので、安心してくださいね。 万が一火がついても燃え広がらないので、避難経路が確保できます。 カーテン生地のような綿素材のものはむしろ火災をエスカレートさせてしまいますが、これなら安心ですね。 そんな人には遮光タイプがおすすめです。 光をほぼ完全にシャットアウトできるものからうっすらと光が入れられるものまで、いろんな遮光レベルがありますよ。 各商品に1〜3までの等級が表示されているので、部屋・家庭の状況や生活スタイルに合わせて選んでくださいね。 日中も部屋を完全に真っ暗にしたい、女の一人暮らしで外から生活パターンを知られたくない。 そんな人には光を100%通さない完全遮光タイプがおすすめ。 生地の表面に専用の樹脂コーティングを施し、光を反射します。 また、プロジェクターのスクリーンにもなるので、オフィスでも活用が期待できます。 閉じたまま光を調節「ダブルロールスクリーン」 外の視線が気になるけど、日中は太陽の光で部屋を明るくしたい。 そんな人にはダブルロールスクリーンがおすすめです。 一般的なロールスクリーンが生地1層なのに対し、ダブルロールスクリーンは厚地+レース生地を組み合わせた生地2層タイプ。 2枚(ドレープカーテン+レースカーテン)のカーテンのように朝昼はレース生地のみにして、夜は室内が透けて見えないように厚手生地を使います。 今後、さらなる進化を遂げていく期待のロールスクリーンです。 関連: ナチュラル感MAX「綿生地タイプ」 部屋をナチュラルなコーディネートで仕上げたい人には、綿生地がおすすめです。 化学繊維では表現できない自然な質感が魅力。 綿の生地そのものがとても丈夫にできているので、使い込むほど味わい深くなります。 部屋に、かすれ感のあるプリント柄を取り入れるだけで、おしゃれな空間が演出できますよ。 生地サンプルで失敗しらず 色柄や使い方など、バリエーション豊富で選ぶのも楽しくなりそうなロールカーテン。 通販だと実際の透け感や触りごこちがわからないので、くらべるのってむずかしいですよね。 リホームでは、そんなあなたのために 生地サンプルを無料でご提供しています。

次の

「ロールスクリーンが上がらない」「巻き上がらない」ときの直し方

ロール カーテン 付け方

洗える生地なら、簡単に洗えます お手軽価格で人気のあるロールスクリーン。 普段のメンテナンス方法は、ほこりを払うことですが、最近はウォッシャブルタイプのスクリーンも増えてきました。 その場合、簡単に洗えます。 時にはスクリーンを洗って、すっきりするのもいいですよ。 先日、タチカワブラインドの新宿ショールームで「ロールスクリーンのメンテナンスをしてみよう」というセミナーに参加したので、その手順をご紹介します。 まず、生地が洗えるかどうかをチェック まずは生地が洗えるかどうか、生地の裏側についている洗濯絵表示をチェックしましょう。 生地が洗えるなら、さっそくロールスクリーンを洗濯してみましょう。 【手順】• ロールスクリーン本体を取り外す• スクリーンを取り外す• スクリーンを洗う• スクリーンを本体に取り付ける• ロールスクリーン本体を取り付ける カーテンに比べると、ロールスクリーン本体を取り外すのがひと手間かかりますが、さほど難しくはありません。 まずはこのブラケットからロールスクリーン本体を取り外します。 高いところの作業になるので、足場はしっかりと確保します。 巾の狭い窓の場合には1人での取り外しもできますが、両手を広げた以上に大きな窓の場合は、2人で作業をしたほうが無難です。 手順2:スクリーンを取り外す 次はメカ部分からスクリーンを取り外します。 必要な道具は、六角レンチ(3mm)。 購入時の付属品です。 本体を取り外したら、平な所に置きます。 そして、巻き取りスクリーンブラケットの脇についているキャップを外します。 スクリーンを巻き取りパイプが見えるまで引き出します。 洗濯絵表示をチェックして! 洗濯機で洗えるものが増えています。 洗濯機で洗う場合のポイントは、ネットに入れたり折りたたんだりしないで、そのままの放り込むこと! きれいに折りたたむと、かえって折りシワがつきやすいそう。 弱で洗濯し、脱水も2~3分と短時間で済ますといいでしょう。 洗い終わったら、シワをとるように伸ばして影干しします。 手順4:スクリーンを取り付ける 取り外した反対の手順でスクリーンを取り付けます。 スクリーン下部にウエイトバーを差し込みキャップをします。 この時、ウェイトバーの溝がある側をスクリーンの下側にくるようにします。 次に、プルコードサポートを取り付けます。 そして、スクリーンの表裏を確認します。 表を上にして、スクリーン押さえをパイプの溝に押し込んでいきます。

次の