風邪 の 引き 始め に 効く 薬。 ひき始めの風邪を一晩で治す方法!かなり効く

風邪の引き始めと感じたら!?風邪に良いおすすめ栄養&飲み物&食べ物大特集

風邪 の 引き 始め に 効く 薬

ですので、風邪のひき始めは、温かい食べ物や飲み物、入浴などで体を温め、早めに風邪を治してしまいましょう。 しょうが湯を繰り返し飲む 熱いしょうが湯は1回飲むだけでは風邪を治すにはパワー不足。 しょうが湯を飲んで温まったかな?と感じてもしばらくすると元通りになってしまいます。 風邪のひき始めには、 3~4時間おきに、うっすら汗をかくまで繰り返し飲むようにすることで風邪を治すパワーが増大! 繰り返して飲むことで体の中からずっとポカポカが続いておすすめです。 しょうがの主成分である ショウガオールは、血行をよくして体を温めたり、脂肪や糖の代謝を促進し、血液もサラサラにしてくれます。 また、しょうがに含まれる ジンゲロールという成分は、免疫細胞の主体である白血球を増やし、免疫力を高めるので、風邪はもちろんインフルエンザにもかかりにくくなります。 ただ、同成分は 酸化しやすいという弱点もあるため、 食べる直前にすりおろすことで、より効率的に摂取するのがおすすめです。 長袖、長ズボン、ハイネックなどの服を着たり、ストールやマフラー、靴下などで冷やさないようにしましょう。 風邪薬には様々なものがありますが、体温を少し上げる方向に動き、免疫力を高めてくれる、風邪のひき始めの頃にのみたい 葛根湯。 風邪の初期症状の緩和には、鼻水や鼻づまり、のどの痛みや、せき、発熱などの諸症状に効く成分が入った 総合感冒薬をのむなどの方法もあります。 市販薬は種類が多いので、薬局の薬剤師さんに症状を伝えて選んでもらうのがおすすめです。 総合感冒薬にせき止めや解熱剤など複数の薬をのむと成分が重なって許容量をオーバーしてしまうことがあり、副作用などのおそれもあるのでご注意を!どんな薬も自己判断で併用するのはNGです。

次の

風邪(かぜ)に効く漢方薬

風邪 の 引き 始め に 効く 薬

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 【風邪のひきはじめ】喉の違和感の原因は? 風邪は、体内の粘膜にウイルスが付着し炎症を起こすことで発症します。 人混みなどで空気中に浮遊しているウイルスが、呼吸で鼻や喉の粘膜について炎症を起こすのです。 その炎症を抑えるために白血球が集めようとして毛細血管が膨らみ、それが痛みや赤味という症状として出てきます。 いわゆる 風邪の症状は、ウイルスと身体が戦っている証拠でもあるのです。 c Shutterstock. com 炎症の場所によって、症状が出る場所も変わります。 上気道と呼ばれる鼻腔から喉頭の部分に炎症が起きると鼻水・鼻づまりを起こす鼻の風邪や、喉が痛くなる喉の風邪に、下気道と呼ばれる気管や気管支に炎症が起きると、咳の風邪になります。 昨日までなんとも無かったのに、朝起きたら喉が痛い! 風邪? と気づく人が多いですが、これは呼吸をしていて、最初に外の空気に触れるのが喉の粘膜だから。 空気中にあるウイルスも喉に付着してしまい、そこで炎症を起こしてしまうことが多いのです。 【風邪のひきはじめ】葛根湯はなぜ効くの? 初期の風邪には葛根湯、というのはもはや定説のようになっていますが、本当に効くのか、なぜ効くのかをご存じですか? 葛根湯は、葛根(かっこん)、大棗(たいそう)、麻黄(まおう)、甘草(かんぞう)、桂皮(けいひ)、芍薬(しゃくやく)、生姜(しょうきょう)という7 つの生薬からできている漢方薬です。 c Shutterstock. com 葛根湯には胸から上の部分を温める、という作用があります。 なので風邪のひきはじめの、首回りにゾクゾクとした悪寒がある時や、なかなか汗が出ない時に飲むと効果があります。 体を温めて汗をかかせることで、熱を下げてくれるのです。 ですが、 すでに咳が出た始めていたり、熱が出始めているなら、もう葛根湯で治すタイミングは過ぎてしまったと考えて。 あくまで初期の、ゾクッとした時にすぐ飲むのが有効とおぼえておいてください。 【風邪のひきはじめ】葛根湯を飲むときの注意 漢方薬にはあまり副作用がないと思いがちですが、全くないというわけではありません。 葛根湯は 比較的副作用が少ない漢方薬ですが、肝臓の機能が弱くなったり、発疹が出る人もいるので、飲んでかえって具合が悪くなったり、風邪以外の症状が出たという場合は、すぐに服用をやめましょう。 また葛根湯は体を温めて、汗をかかせて熱を下げるという働きがあります。 体力がある人ならば良いのですが、 虚弱体質で体力がない人の場合、葛根湯を飲むことで体力を消耗してしまいます。 風邪のひきはじめで、まだまだ体力があり元気な時に服用するのがおすすめです。 c Shutterstock. com 漢方薬は飲んだ時に驚くほど不味いと感じたら飲むのは止めて 薬が合うか合わないかの判断というのは、なかなか難しいですが、一番わかりやすいのは「飲んだ時に、ものすごくまずい!」と感じるかどうか。 良薬口に苦しと言われていますが、 実は体に合わない漢方薬は、飲んだ時に驚くほどまずく感じます。 もともと葛根湯は、それほどまずい漢方薬ではないので、もし飲んだ時に「これは無理!」と思うほどまずかったら、服用はやめましょう。 また風邪とは関係ないのですが、葛根湯は胸から上の血流をよくする働きがあるので、 実は肩こりにも効果があります。 肩こりに悩まされている方は、風邪薬としてだけでなく、肩こりケアとして葛根湯を使ってみるのもおすすめです。 【風邪のひきはじめ】病院に行くタイミングは? 風邪のひきはじめに病院に行くかどうか、判断が難しいですよね。 病院の待合室で長いこと待たされたらむしろ悪化しそうだし、かといって悪い風邪でそのまま寝込むことになるのなら、最初にきちんと薬をもらっておきたい…。 c Shutterstock. com どんどん熱が上がってきているなど、全身状態が悪くなっていると感じた場合は、やはり病院を受診するのが正解です。 高熱が出ている時は、単なる風邪でなくインフルエンザである場合があるからです。 風邪をひくその前にしておきたいこと 「もし具合が悪くなった時にはここに行く」という病院を、家や職場の近所に見つけておくことも、万が一風邪を引いた時に悪化させずに治す、大きな助けになります。 具合が悪い時に、病院を検索して調べたり、クチコミを見たりするのはとてもしんどいものです。 また、一人暮らしだと、家で悪化した時に一人で病院に行くのはとても大変。 ですから、ちょっと慎重に早めにケアをしておくことも対策としてはとても有効です。 c Shutterstock. com 具合が悪い時にどうしても一人で病院に行かなくてはならないという時は、公共の交通機関よりタクシーを使うと比較的楽です。 また遠くないところに一人暮らしの友人がいるなら、その人と困った時にお互いに頼り合う約束をしておくと安心です。 元気な時には「そこまでしなくても大丈夫」と思っても、いざ具合が悪くなった時にそういう相手がいると、とっても頼りになり、心強いはずですよ。 【風邪のひきはじめ】飲み物や食べ物は何がベスト? これを飲んだら、これを食べたら風邪が治っちゃう! というスーパーフードがあれば最高ですが、残念ながらそんな便利なものはありません…! 風邪をひくということ=寝不足やストレス、過労などで免疫力が下がっていて、体がウイルスに負けてしまうほど弱っているということなので、まずはきちんと体を休めましょう。 c Shutterstock. com 風邪のひきはじめに最もNGなことは「食べて治そうとする」こと 風邪をやっつけるには体力だ! スタミナをつけよう! と普段食べないものを食べることは、むしろ体の負担になって、風邪の治りを遅くしてしまいます。 脂っこい揚げ物、ニンニクや唐辛子がたっぷり入ったスパイス系の食べ物は、弱っている胃腸にさらに負担を与えるので避けるべし。 一番安心なのは、いつも食べ慣れている消化の良いものです。 いつもよりよく噛み、ゆっくり食べましょう。 風邪の時にはおかゆが良いと言われていますが、これは温かく消化が良い食べ物だから。 ですが胃腸に負担がかかるものでなければ、基本的には何を食べても大丈夫です。 和食は、比較的消化が良く、優しい味のものが多いので、和食系の食事がおすすめです。 何を食べるかも大事ですが、どう食べるか(よく噛む)はもっと大事だと心得て。 【風邪のひきはじめ】無理しない。 それが一番の薬! 「あれ、風邪かな? でも明日会議があるし、これだけ頑張って仕上げちゃおう」と、無理してしまったこと、誰でも一度は経験があるのでは? まだ体が動くので、風邪のひきはじめはついつい無理をしがちです。 次の日に仕事を休むとなると、色々と大変ではありますが、風邪のひきはじめは、早めに帰ってしっかり休めば、翌日には症状が治まって、元気になっているということも多いのです。 c Shutterstock. com また万が一インフルエンザであった場合は、無理をして出社することで、電車の中や会社で新たな感染者を増やしてしまうことにもなりかねません。 風邪の症状は、体が弱っている、休みたい! というサイン 忙しければ忙しい時ほど、どうしたら一旦体を休ませられかという方法を考えましょう。 無理をしない、きちんと休むということが、風邪のひき始めには一番有効です。 初出:しごとなでしこ.

次の

風邪の引き始めには、迷わず葛根湯。と薬剤師が言っています。

風邪 の 引き 始め に 効く 薬

いつも気がつけば、風邪をひいている。 ただの風邪だから病院には行かず。 会社も休めない。 どこかで風邪は甘えと思っていませんか? 風邪はウィルスによる感染症。 立派な病気です。 早く対処しなければ、症状も長引き辛い日々が続くことに。 風邪はひきはじめが肝心。 こじらせないために、早く対処しましょう。 今回は簡単で効果的な対処法を紹介します。 風邪をひきはじめで治せる 効果絶大の対処法 体温を上げると免疫力もアップ! 健康な身体は、侵入したウィルスを自力で排除できます。 しかし、多忙な日々で疲労が蓄積され睡眠不足。 このような状態は免疫力が低下しています。 免疫力が低下するとウィルスは排除できません。 そのため、風邪をひいてしまうのです。 風邪のひきはじめで、素早く免疫力を高める方法。 それは、体温をあげることです。 入浴は体温を高める即効性のある方法です。 風邪で入浴を控えるのは逆効果。 ひきはじめで高熱でなければ、ゆっくりお風呂に入りましょう。 またカイロを貼ることも効果的です。 首や腰、背中にカイロを貼って、体温を上げましょう。 ウィルスの敵は保湿!? インフルエンザがなぜ冬場に流行するのか。 ウィルスの活性には湿度と温度が関係しています。 飛沫で感染する風邪やインフルエンザ。 くしゃみや咳で体内にウィルスが排出されます。 湿度が高いとウィルスは水分を含み、重くなり落下します。 しかし湿度が低いとウィルスが軽くなり、空気中に浮遊します。 そのため、吸い込む時間が長くなり感染しやすくなります。 またウィルスは高温も苦手なため、寒い時期に活発になります。 ウィルスを増殖させないために、高温多湿を心がけましょう。 エアコンでの暖房は乾燥するため、おすすめできません。 風邪のひきはじめには、エアコンを切って保湿を意識しましょう。 風邪のひきはじめに風邪薬は不要!? ウィルスが入ると、身体は抵抗します。 その反応が熱や咳となってあらわれます。 風邪薬は熱をさげたり、咳を止める効果があります。 しかし薬を服用することで、自然の治癒力を弱めてしまいます。 風邪のひきはじめには、風邪薬よりサプリメントがオススメ。 特にビタミンCはウィルスの抵抗力を高めます。 免疫力もアップしてくれます。 またビタミンAも免疫力を高めてくれます。 風邪に効く食べ物がある! 風邪をひくと食欲が低下することがあります。 しんどくて、食べる気力もない。 高熱で吐き気もする。 そうなる前の風邪のひきはじめがチャンス。 風邪に効く食材を積極的に取り入れましょう。 しょうがしょうがには発汗作用があり、身体を温める効果が。 ねぎ・にんにく殺菌効果があり、体力回復にも。 大根炎症を和らげ、咳止め効果も。 レバー粘膜を保護し、免疫力アップに。 みかんビタミンCが豊富、グレープフルーツも効果的。 風邪の時には、栄養をとり体力をつけることも大切です。 しかし、選ぶ食材には注意も必要です。 風邪には良質なタンパク質も効果があります。 ただし、脂質の多い肉類は胃腸に負担をかけるNG食材です。 睡眠と水分補給はたっぷり! 風邪のひきはじめ。 こじらせずに早く治すためにたっぷりとりたいものがあります。 それが睡眠と水分です。 睡眠は体力を回復させるために欠かせないもの。 温かくしてたくさん睡眠をとりましょう。 就寝時の乾燥を防ぐために水分も必要です。 乾燥はウィルスを増加させます。 寝ている間にも発汗し、体内の水分は失われているのです。 寝ている時のリラックスから、口が開きっぱなしになることも。 無防備な乾燥したのどはウィルスの増殖には最高の場所。 たっぷり水分を補給し、マスクをするのも効果的です。 風邪に運動? 風邪を引いて運動している場合じゃない。 早く横にならなければ。 そう考えるのが一般的ですね。 しかし適度な運動が、体調を整える場合があります。 決して激しい運動はしないこと。 適度な有酸素運動が最も効果的です。 軽いウォーキングやヨガ、ストレッチなどが良いとされています。 風邪のひきはじめには、体温を高めることは効果的。 運動は体温を上げ、発汗も促します。 汗をかくことで老廃物が排出され、代謝も高まります。 ただし、汗をかいた分、水分補給はしっかりしましょう。 より効率よく水分を補給するため、スポーツ飲料が適しています。 水に比べ、スポーツ飲料は体内に吸収されやすいのです。 うがいは水ではなくお茶!? 風邪の予防にうがいや手洗いを行っていますか?外出から帰ると、身体の細菌やウィルスを落としたいものです。 うがいには水ではなく、お茶を使いましょう。 風邪のひきはじめにもお茶のうがいは効果を発揮します。 お茶にはカテキンが多く含まれています。 カテキンには様々な効果があります。 殺菌作用 2. 抗ウィルス作用 3. 解毒作用 4. 抗酸化作用 脂肪燃焼などカテキンが持つ殺菌作用や抗ウィルス作用が風邪には有効です。 緑茶の他、ほうじ茶、紅茶など。 カテキンを含むお茶なら同様の効果が得られます。 いかがでしたでしょうか? 風邪の原因は飛沫感染でのウィルス感染です。 咳で10万個、くしゃみで200万個の細菌が飛ぶとも言われています。 電車や通勤、通学路、人が集まる場所ならどこでも感染場所となります。 感染を防ぐためにもマスクをすることが大切です。 また充分な睡眠と保湿にも気を配りましょう。 まとめ 風邪をひきはじめで治せる効果絶大の対処法 ・ 体温を上げると免疫力もアップ! ・ ウィルスの敵は保湿!? ・ 風邪のひきはじめに風邪薬は不要!? ・ 風邪に効く食べ物がある! ・ 睡眠と水分補給はたっぷり! ・ 風邪に運動? ・ うがいは水ではなくお茶!?.

次の