あしたでんき 評判。 あしたでんきの口コミ・評判・デメリット・他の電力会社と比較

あしたでんきの評判・デメリットを調査!使った人の口コミは?

あしたでんき 評判

あしたでんきと東京ガスの電気の料金プランの比較 あしたでんきと東京ガスの電気は両方とも、料金プランが2通りあります。 電気使用量 あしたでんき 東京ガス 少なめ~平均 標準プラン ずっとも電気1S スマートセレクト 多め たっぷりプラン ずっとも電気1 ファミリーセレクト あしたでんきの『たっぷりプラン』は電気使用量が約700kWh以上の世帯、東京ガスの『ずっとも電気1』も約600kWh以上の世帯におすすめです。 80円 対象外 0円 3,000円 15A 421. 20円 対象外 20A 561. 60円 対象外 30A 842. 40円 842. 40円 40A 1123. 20円 1123. 20円 50A 1404. 00円 1404. 00円 60A 1684. 80円 1684. 80円 従 量 料 金 140kWhまで 1kWhあたり 19. 49円 23. 24円 25. 5円 21. 00円 140~350kWh 24. 89円 23. 45円 350kWh~ 26. 99円 25. 93円 あしたでんきの料金プランは、アンペア数に関係なく最大60アンペアまで使えるのでブレーカーが落ちにくくなっています。 標準プランでは基本料金0円、たっぷりプランは基本料金が3,000円ですが単価が安くなっています。 標準プランの場合、基本料金がないのでまったく電気を使わなかった月は電気代0円になります。 空き家や別荘ではかなり安くできます。 東京ガスの電気はどちらのプランも契約アンペア数によって基本料金が変わります。 電気単価は3段階制になっていて、電気使用量が多くなるほど単価は上がっていきます。 世帯・使用量別シミュレーション比較 実際にあしたでんきと東京ガスどちらが安くなるのかシミュレーション比較をしました。 結果を先にいうと、 2人家庭までは契約アンペアと具体的な使用量によって一概に言えないことが分かりました。 3~4人以上の世帯では、あしたでんきの方が安くなります。 ただし、ブレーカーを気にしなくない人はあしたでんきの方がストレスなく電気を使えます。 また、あしたでんきの『たっぷりプラン』は700kWh以上の電気を使う世帯向けです。 電気を多めに使う夏や冬などシーズンごとにプランを変えることもできるので、相当電気を使う家庭でなければ『標準プラン』をおすすめします。 ぜひ、ご自宅の電気使用量で公式サイトのシミュレーションをしてみてください。 比較的あしたでんきの方が満足度が高い口コミが多かったです。 あしたでんきの口コミ 電気をあしたでんきに切り替えることにした。 ガソリンが割引になるとか駆け付けサービスとか不要だし、電気使用量も日別で見れれば充分なのでドンピシャなサービスだった。 でも東電子会社がこんな振り切ったサービス提供するのは競合他社としては最悪の展開だろうな。 — まさ pokanake 新電力を探していた私にぴったりでした あしたでんきはいわゆる新電力の一つですが、東京電力の子会社なので他の電力会社と比較した時に信頼感がありました。 基本料金が無料であることに加えて、従量… — 電力会社Hack denryokuhack ちょっとまじめに電力会社乗り換えるかな… 夏は例えば7月が816kWhで¥24,121円 「あしたでんき」だと¥20,808円で3000円ちょい安い これが夏場3~4ヶ月だと年間1万円くらいお得かも。 夏場以外は 335kWhくらいだけど これでも ¥300円くらい安いから 得しか無い。 Shinohara(しのはら) SHINOHARATTT 東京ガスはキャンペーン目当ての人も多いみたい。 セット割なしであしたでんきと安いガス会社で契約した方が安いという口コミも多かったよ 電気使用量によってどちらが安いか変わる 電気代のシミュレーション比較の結果でも述べましたが、電気使用量が多い家庭は『あしたでんき』が安く、一人暮らしなど電気をあまり使わないと『東京ガス』が安くなります。 そのような口コミもあったので紹介します。 これを仮に120kwhで計算すると、燃料調整、再エネ割賦金を抜いた東電の料金が3185円。 東京ガスで同条件かつ割引0. 5%を効かせると3022. 他社、たとえばあしたでんき 東電子会社 だと3060円。 料金だけならあした。 数十円の差ですが、東京ガスの方が安い試算になったようです。 支払い方法の豊富さ あしたでんきの支払い方法はクレジットカードのみ。 一方、東京ガスは『クレジットカード』『口座振替』『振込票』の3種類あります。 口座振替や振込票を希望する人は東京ガスが良いでしょう。 個人的にはカード付帯のポイントを貯めることもできるのでクレジットカードがおすすめです。 検針票を発行してもらえるのは東京ガス あしたでんき以外にも新電力の多くが紙での検針票の発行はありません。 どの電力会社もWEBのマイページにログインして請求や電気使用量を確認することになります。 東京ガスの場合、電気とガスをセットで契約していれば1枚の検針票になって送られてきます。 電気のみの場合はWEBか振込票ハガキで確認することになります。 解約金はどちらも無料 あしたでんきも東京ガスの電気も最低利用期間や解約金はありません。 どちらもリスクなく乗り換えできるのは良いですね。

次の

あしたでんきよりも安いピタでんの評判やデメリット

あしたでんき 評判

電気代削減のために新電力の会社について調べたものの、色々ありすぎて決められなくなった事ありませんか? 生活に必ず必要となる電気代の削減を図ろうと、ネット上で評判のいい電力会社について調べてみました。 削れる所は削っていきましょう。 ちなみに新居に引っ越ししてからの我が家(4人家族)の電気使用量はこちら• 3月分 333kwh 9504円• 4月分 316kwh 8934円• 5月分 228kwh 6691円• 6月分 197kwh 5897円 エアコンの使用が無くなった5月分より安くなっていますが、197kwh~333kwhと時期により幅があります。 平均と比べて特別多いわけではないと思いますが、少しでも削減できる可能性があるなら削減していきたいところです。 じゃあどこの電力会社がいいのか?っていうことで、今回40アンペア(以下40A)契約と仮定しての使用電力量毎に比較してみました。 結論 おすすめはどの世帯でも平均的に安くなるエルピオでんき 色々検討した所、我が家の電力使用量で月により数百円から1000円前後削減出来る事がわかりました。 生活スタイル、地域によって電気の基本料や会社によりサービスにも差があるため「おすすめは〇〇」と簡単にはいえませんが、 東北電力、東京電力、九州電力、中部電力管内で一般家庭の電気使用量であれば「エルピオでんき」か、「熊本電力」が安くなります。 結論だけ知りたいという方。 まあエルピオでんきに申し込めば間違いないです。 私も申込みましたし、どの生活スタイルでもほぼ安定して安くなります。 手っ取り早く確認してみたい方はへどうぞ。 大事なポイント東京電力や東北電力など既存の電力会社は電気使用量が増えると、どの電力会社と比較しても高くなります。 価格だけの削減だけならどこの会社にしても東京電力よりは安くなる場合が殆どです。 一般的な電気料金の計算方法と比較の条件 まずはさらっと、電気料金の計算方法について説明します。 計算方法が入りますが、この後に全部計算しているのを載せているので飛ばしても大丈夫です。 東京電力であれば、契約電流アンペアの基本料金に(30Aなら842. 40銭) 単位 料金(税込) 基本料金 10A 1契約 280円80銭 15A 〃 421円20銭 20A 〃 561円60銭 30A 〃 842円40銭 40A 〃 1,123円20銭 50A 〃 1,404円00銭 60A 〃 1,684円80銭 あとは電気使用量に応じて3段階に単価が定められています。 単位 料金(税込) 電力量料金 最初の120kWhまで 第1段階料金 1kWh 19円52銭 120kWhをこえ300kWhまで 第2段階料金 〃 26円00銭 上記超過 第3段階料金 〃 30円02銭 例えば「30アンペア」の契約で、「360kwh」使用したとします。 30アンペアの基本料金(842円40銭)に、電気量に応じて料金を計算して足していきます。 よって電気使用量の残り59kwhに30円02銭をかけます。 02で1771. 18円」。 30Ano基本料金にこれら3段階の料金を合わせた合計が 9609. 58円です。 842円40銭(30A基本料金)+2342円(第一段階料金)+4654円(第二段階料金)+1771. 18円(第三段階料金) 40A(アンペア)の契約で電気使用量(500kwh、350kwh、250kwh、150kwh)の場合を計算しました。 アンペア毎の基本料金がない会社は、電気使用量に1kwhあたりの価格を純粋に掛け算にして計算しています。 比較基準となる東京電力の電気代 電力会社の切り替えを行っていない場合、東京電力管内の方はこの料金表が比較対象になります。 この数字をベースにしますので、ご自宅に電気代の紙があればご確認ください。 下の表が「 40アンペア」で 500kwh、350kwh、250kwh、200kwh、150kwhで計算したものなります。 東京電力の電気使用量毎料金目安 ・500kwh使用の場合、14093. 58円 ・350kwh使用の場合、9590. 58円 ・250kwh使用の場合、6817. 2円 ・200kwh仕様の場合、5519. 6円 ・150kwh使用の場合、4219. 6円 これらの料金が他の電力会社との比較目安になっていきます。 ご自宅の電気使用量に近いものを参考にしてください。 (アンペアは違うと思いますが) 「エルピオでんき」で比較検証開始!!平均的に安くなりおススメNo1! エルピオ電気は千葉県市川市のプロパンガスの会社ですが、 供給範囲は全国規模となり東北電力・東京電力・中部電力・九州電力管内となっています。 詳しい情報はで確認できます。 地元密着系で安いと評判なので比較対象にしましたが、 計算した所一人暮らしからファミリー世帯まで安くなるので一番おすすめです。 東京電力と同様に「40アンペア」で500kwh、350kwh、250kwh、200kwh、150kwhで計算します ・500kwh使用の場合、12372円 (-1721. 58円) ・350kwh使用の場合、8576. 21円 (ー1014. 37円) ・250kwh使用の場合、6204. 04円 (-613. 16円) ・200kwh使用の場合、5074. 02円 (-445. 58円) ・150kwh使用の場合、3943. 02円 (ー276. 58円) 電気使用量が増えれば増える程、東京電力と差が出ます。 500kwh使用時で、その差は -1721. 58円になっています。 150kwh使用時で、 -276. 58円です。 電気使用量が多くても少なくても、東京電力より確実に安くなります。 だいたいの場合、エアコンを多く使う夏と冬場を除けば電気代が下がる事が殆どです。 この差が大きくても全体として安くなるのがエルピオでんきですね。 詳しくは でご確認ください。 「Looopでんき(るーぷでんき)」を計算 よく紹介されていますが・・・ まず、Looop(ループ)でんきはアンペア毎の基本料金は無く、電気使用量にエリア毎の従量料金を掛け算するだけのシンプルな料金体系です。 わかりやすいです。 北陸電力エリアは安いんですね。 ループでんきは地域ごとに1kwh辺りの料金が違います。 東京電力と比較して計算すると、こちらも全て安くなるようです。 でも150kwh使用の場合以外、エルピオでんきよりは安くなりません。 (ここ大事) 150kwhの使用量だと、あまり電気を使わない一人暮らしの方でエアコンを使わない時期くらいですかね・・・ ・500kwh使用の場合、13000円(-1093円) ・350kwh使用の場合、9100円(-490. 58円) ・250kwh使用の場合、6500円(-317. 2円) ・200kwh使用の場合、5200円(-319円) ・150kwh使用の場合、3900円(-319. 6円) 詳細は をご確認ください 「あしたでんき」 毎月の電力使用量が少なければお得 「あしたでんき」も「ループでんき」同様にアンペア毎の基本料金はありません。 電気使用量に1kwhあたり25. 5円を掛け算することで料金を算出できます。 そしてLooopでんきより単価が0. 5円安くなっているので確実にLooopでんきより安くなるのが特徴です。 では詳細な料金を見ていきます。 東京・東北・中部電力エリアは従量単価25. 5円 関西電力エリア従量単価 21. 当たり前ですが、東京電力よりもループでんきよりも安くなります。 ・500kwh使用の場合、12750円(-1343円) ・350kwh使用の場合、9100円(-665円) ・250kwh使用の場合、6500円(-442円) ・200kwh使用の場合、5100円(-419. 6円) ・150kwh使用の場合、3900円(-394円) 詳しくは でご確認ください 本命の「熊本電力」 少ない使用量では割高、使用量が多いと安い(東電と比べ) 熊本電力は九州電力管内と東京電力管内のみの提供となります。 下の表は 東京電力エリアでの計算です。 ・500kwh使用の場合、11953. 19円(-2140. 39円) ・350kwh使用の場合、8440. 19円(-1150. 39円) ・250kwh使用の場合、6415. 11円(-404. 49円) ・ 200kwh使用の場合、5555. しかし、その後は電気使用量が増えれば増える程大幅にコストカットできます。 むしろ圧倒的です。 熊本電力はアンペア毎の基本料金も安いのですが、200kwhまでの従量単価が東京電力より高いので今回+になってしまったようですね。 しかし、この場合一人暮らし位の電気使用量だと東京電力のほうが安い可能性が出てきます。 そうすると、東京電力より更に安くなるが優位になってきますね。 しっかりとご自宅の電気使用量を確認してみてください。 詳細は でご確認ください。 【重要】使用電力量毎に電気代を比較します それでは計算して出た電気代を、使用電力量毎に並べてみます。 結論として電気使用量が多い場合(大体350kwh以上)は、 熊本電力が安くなっています。 全国的にそして、一人暮らしからファミリー世帯まで平均的に安くるなるのはですね。 一番安い所は 赤色で、2番目の所は 青色でわけてあります。 40A 500kwh使用時 500kwhという使用量であれば、熊本電力が一番です。 エルピオでんきも僅差で結構頑張っています。 40A 350kwh使用時 こちらも熊本電力が1番、エルピオ2番(僅差) 4人家族のファミリー世帯だとこの位の電気使用量が平均で多そうなイメージです。 我が家も夏や冬の一番多く使う時期で、これを少し上回る程度ですね。 それ以外の月は下回る事が殆どです。 40A 250kwh使用時 250kwh使用時だと、エルピオでんきが一番です。 2番目があしたでんきになりますね。 40A 200kwh使用時 200kwhだと、一人暮らしで多く使ったかな位の使用量です。 こちらもエルピオでんきが一番、あしたでんきが2番手につけています。 熊本電力は200kwh使用量までの電気量料金が23. 4円となっているため、このくらいまでの電気使用量だと東京電力よりも高くなります。 40A 150kwh使用時 電気使用量が150kwh位だと、あしたでんきが一番やすく、2番目にLooopでんきがきますね。 逆に他サイトだとLooopでんきを押している所が多く出てきますが、この位の電力使用量を平均的に使う場合以外はエルピオなどの方が安くなるので注意したほうがいいかもしれません。 そして使用量が少なくなればなるほど熊本電力が一番高くつくという結果になりました 笑 金額だけではなく、サービスや付加価値を提供する電力会社 ここまでは純粋に価格だけで比較してみました。 今度はガソリンが安くなったり、旅行代金が安くなる会社もあったので取り上げてみます。 楽天の電気「楽天エナジーのまちでんき」を考察 名前通り楽天が提供している電力サービスです。 特徴を上げてみます。 ・エントリー+申込で楽天ポイ ント2500ポイントもらえる ・各種割引クーポンが配布されます ・電気使用量に応じて楽天ポイントの付与(10kwh毎に1ポイント 350kwh使用時なら35ポイント) ・楽天カードでの支払いで100円ごとに1ポイント付与されます 料金体系はアンペア毎の基本料金は東京電力と一緒です。 300kwhまでの従量料金はやや安いだけで大きな差はありません。 但し301kwh以上使うのであれば、お得度が増してきますね。 すごく安くなる!!という訳ではありませんが、電気料金を払っていく事で楽天ポイントが溜まっていくのが大きなメリットです。 また、クレジットカード払いの場合楽天スーパーポイントを電気料金の支払いにも使える点がいいですね。 楽天での買い物を良くする人にお勧めです。 50ポイント( 50円相当)から利用可能! 楽天市場や楽天カードでのお買物で貯まったポイントも利用可能! まとめ 沢山ありすぎて悩む?ならエルピオでんきか、熊本電力 文字と表ばかりになってしまってすみません。 沢山ありすぎて悩みますよね? もっと簡単にいきます。 ・一人暮らしやファミリー世帯、どの電気使用量でも平均的に安くするなら「エルピオでんき」 ・電気を毎月平均的に300kwh以上使うファミリー世帯や仮想通貨のマイニングなどで電力使用量が多いなら「熊本電力」 以上。 上記2社であれば、どれを選んでも「東京電力」にとどまっているより安くなります!!申込もWEB上で10分もあればおわります。 決められないなら、とりあえず今回はこの中から選んでも間違いありません。 ・毎月の使用電力には変動があるが、ほぼ確実に安くしたいなら「」 ・毎月300kwh以上確実に使うなら ・楽天をよく使う方なら「 」 ・旅行好きの方は「」 行動を起こして、少しでもお得な生活を手に入れましょう!! ちなみに私の家ではエルピオでんきに決めました 我が家では冬場と夏場の一番電気を使う時期のみ350kwhを超えますが、それ以外の時期は下回るのでエルピオでんきに決めました。 やっぱり合わないと思った時は、自由に会社を変えられるのも新電力の会社の特徴なのでその時はまた変えてみればいいだけです。 「メンドクサイ」で終わらせない事が重要です! それでも決められないって? それなら で色々探してみて下さい。 追記 プロパンガスにも自由化の波が来ています。 お得にプロパンガス会社を選ぶなら プロパンガス料金見直しなら、複数一括比較の『』が便利です。 適正価格への見直しで大幅に下がる場合もあるようなので、一度比較してみましょう。 >>電気代を削減するなら、エアコンもしっかり選んで買いましょう<<.

次の

あしたでんきに申し込みたい!気になるデメリットや口コミと評判

あしたでんき 評判

静岡ガスってそりゃあガス会社だよね。 静岡県のさ。 まぁ、そういうことにはなるけど、でも静岡ガスってグループのガス会社もあるから、SHIZGASでんきの電力供給エリアは静岡県だけじゃなくて、長野県や山梨県の一部も入るのよ。 要するに、静岡ガスやそのグループのガス会社と契約できるエリアは、SHIZGASでんきと契約できるってことだね。 そういうこと。 静岡ガスでは、電気とガのセット割があるんだけどね、そのほかにもガス暖房機器を利用している人向けの「ほっと割」、エコウィルやエネファームを利用している人向けの「創エネ割」、省エネ家電のリース契約をしている人向けの「おとも割」、新しくガス契約をする人が対象の「ウェルカム割」と、いろいろな割引があるの。 わーそんなにあるの?すっごいね! でしょ?静岡ガスと契約している人や、これから契約しようとしている人は要チェックよね。 そうだね。 ねぇ、ねぇ、ところで静岡ガスってさ、ガス会社なのにどうやって電気を調達するんだろうねぇ。 静岡ガスの子会社に静岡ガス&パワーっていう会社があるんだけど、その会社が富士発電所っていう発電所を所有しているのよね。 世界最高の発電効率を誇る発電施設なんですって。 世界最高の発電効率!?なんだかスゴそうだね。 二酸化炭素排出量が少ないみたいよ。 それに、静岡ガスは地産地消の電気にもこだわっていて、地域の工場などと連携しながら電力を調達しているみたい。 やっぱりさ、その土地に住んでいる人はその土地の電気を使いたいもんね。 そうでしょ?そういえば静岡ガスでは2017年12月31日までに申し込みをした人は「早期割」で電気料金が安くなるプランを用意しているの。 キャンペーンみたいなものね(2016年8月現在)。 それはいいね!静岡ガスや静岡ガスグループとガスの契約をしている人はさ、電気料金が安くなるチャンスかもしれないから、検討してみてもいいんじゃないかな!.

次の