マツコ 裁判。 立花孝志議員がマツコ・デラックスを訴えて裁判!告訴宣言

マツコデラックス&東京MXテレビを東京地裁に提訴しました

マツコ 裁判

昨年7月に「5時に夢中!」(TOKYO MX)の番組内で、タレントのマツコ・デラックス(47)が参院選で当選したNHKから国民を守る党を酷評したことで起きた立花孝志党首(52)との騒動が、裁判の場に舞台を移し、第2ラウンドが始まった。 6日、コロナ禍で閑散とした東京地裁の法廷で、粛々とN国党側の弁護士がマツコ発言で被害を受けた原告の声を訴えた。 「マツコ氏の発言で、N信(N国党の信者)的なイメージを強くさせられた。 支持する人間が社会からイロモノ扱いされ困っている」 発端となったのは本紙記事。 マツコが国政政党となったN国党の躍進に「(選挙で)ふざけて入れた人も相当数いるんだろう」「宗教的な感じもある。 ちょっと気持ち悪い」などと評し、立花氏が「有権者をバカにするな」と反論。 MXのスタジオ前に3度にわたって押しかけ、猛抗議に出た。 その後も立花氏はMX側に電話、内容証明等で見解を求めていたが、なしのつぶて。 マツコの発言で被害を受けた有権者82人を集め「マツコ・デラックス被害者の会」を結成。 この会とN国党が原告となって、1人1000円、計8万2000円の損害賠償をMXおよびマツコ側に求めて、提訴した。 この日の裁判を終えて、立花氏は「誤解されているが、お金が欲しいわけではない。 マツコさんの影響力は大きい。 ユーチューブやツイッターで悪口を言うのは構わないが、電波、放送は国民共有の財産。 だからこそ放送法4条に政治的公平・中立がうたわれている。 一方的に言うのではなく、こちらにも反論させてもらいたいだけ」と訴えた。 この裁判では今後、マツコ被害者の会に債権譲渡という形で原告の数を増やしていくことが可能という。 立花氏は「(MXおよびマツコから)謝罪か説明があれば、(訴えを)取り下げることに問題はない」と譲歩の構えも見せる。 ただ、MX側は既に弁護士を通じ「損害賠償は払わない」と争う姿勢で、来月までに裁判所に答弁書を提出する予定だ。

次の

マツコデラックスが立花孝志に裁判準備?MX前で生配信がヤバい?

マツコ 裁判

活動期間 立花孝志(旧) 2012年9月3日 - 2016年12月2日 孝志立花 2013年2月2日 - チャンネル閉鎖 立花孝志 2018年 - 2020年4月 2020年5月28日 - 立花孝志エンタメチャンネル 2020年2月2日 - 同年6月17日 ジャンル エンターテイメント、宣伝 登録者数 立花孝志(旧) 約1. 15万人 孝志立花 約16. 8万人 (チャンネル閉鎖時点) 立花孝志 約46. 9万人 立花孝志エンタメチャンネル 約7. 67万人 総再生回数 立花孝志(旧) 約564万9093回 孝志立花 約9714万1620回 (チャンネル閉鎖時点) 立花孝志 約2億736万5967 立花孝志エンタメチャンネル 約495万5910回 事務所() キャッチフレーズ NHKをぶっ壊す! チャンネル登録者数、総再生回数は2020年6月21日時点。 立花 孝志(たちばな たかし、 - )は、の、。 所属の前(1期)。 NHKから国民を守る党 兼選挙対策委員長兼次期選挙戦略本部長、代表取締役、マツコ・デラックス被害者の会株式会社の代表取締役社長。 また、YouTuberとしてに所属している。 職員、 、を経て政界入りし、(1期)、(1期)などを務めた。 来歴 生まれ(現住所は東京都1丁目 )。 卒業後、、教師の勧めで(NHK)に入局し、庶務部に配属される。 、経理部に異動。 、でNHKの不正経理を内部告発し 、7月に自身の不正経理でを受けNHKを依願退職する。 その後として活動。 また、立花はNHK退職後8年間はで生計を立てていたと自称している。 、を設立し同名のを開設した。 政治活動 大阪での選挙運動などを手伝った 後、、「」(設立時はNHK受信料不払い党、7月に党名変更)を設立し、初代代表に就任。 、議会議員選挙に立候補したが、落選。 、議員選挙に立候補したが、落選。 、に立候補し、2622票で当選。 系・系会派「研政会」に所属。 、船橋市議会議員を任期中に辞任してに立候補したが、落選。 NHKので「NHKをぶっ壊す! 」などとNHK批判を展開した。 、大阪府議会議員選挙、、(選挙区)に立候補するも落選。 、東京都葛飾区議会議員選挙で、2954票で当選。 、に本社を置く「」と専属契約を交わしたことを発表する。 2018年6月、に「立花孝志」の名義でチャンネルを開設する。 、に党公認で立候補して落選(これに伴い葛飾区議会議員を失職)。 、に行われるに出馬することを表明。 自らが代表となって新規に立ち上げた「ホリエモン新党」の公認(NHKから国民を守る党推薦)候補として立候補した。 なお、同選挙には同党から立花を含め3人が立候補している。 国政政党の党首として 2019年投開票のにから立候補し当選した。 同時に同党は政党要件を満たしたため、国政政党のとなった。 同年、参議院議員を辞職(失職)し、同月10日に告示される予定の参議院のに出馬する意向を表明した。 同月10日、立候補を届け出て、参議院議員を自動失職した。 参議院議員に当選してからわずか3ヶ月足らずでの辞職であり、2025年までの任期(残り任期約6年)の参議院議員を辞職して2022年までの任期(残り任期約3年)の参議院議員の補欠選挙に出馬するというのも珍しい。 なお、この失職により、新人のがした。 10月27日の投開票の結果、前のに敗れ落選した。 同月19日の会見で、同補欠選挙で落選した場合、11月10日に投開票が行われるに立候補する意向を示し 、落選の2日後正式に表明した。 投開票の結果、現職のに敗れ落選した。 11月12日、同月24日投開票の長選挙への立候補の意向を示した。 投開票の結果、現職のに敗れ落選した。 落選後、12月8日投開票の長選挙への立候補の意向を示した。 投開票の結果、現職のに敗れ落選した。 2020年1月31日、4月に行われるに立候補の意向を示した。 しかし、後に撤回した。 5月26日、7月5日投開票のへの立候補の意向を示した。 投開票の結果、現職のに敗れ落選した。 政策・主張• のスクランブル放送化。 緊急的なものや教育や福祉の番組についてはスクランブルをかける必要はないとしている。 を使ったの導入。 2017年12月27日、の所有者にの契約義務があるかを争った訴訟の判決でが請求を棄却する。 2018年6月、も地裁の判決を支持し敗訴。 結党初期には費の現物支給も掲げていたが、現在は公約として掲げていない。 党のには参院選の直後まで記載が残されていたが、削除漏れであったと釈明している。 にあたる2019年8月15日、にとして参拝した。 の改正に向けた国会発議には当面は反対とし、安倍政権がNHKのスクランブル放送の実現をするのなら交換条件で賛成するとしている。 そのものの是非については、2019年8月時点では「あえて私の思想は公表しない」と述べていた が、同年10月の参議院埼玉選挙区補欠選挙の際はについては改正し、の存在を明記すべきだが、教育の充実を図るための改正は不要との認識を示した。 堺市長選挙では、市のNHK受信料不払いのほか、・購入助成、利用促進のための廃止などを公約に掲げた。 また、が推し進める、いわゆる「」については、個人的見解と前置きした上で、「大阪市は政令市の歴史が長く十分やることはやった」とし大阪市域での設置には賛意を示し、「堺市は政令市になったばかりなのでまだ早い」として堺市の都構想への参加には反対した。 また、「堺市民が決めるべきで、住民投票は必要」とも述べた。 NHKのスクランブル放送化を達成したら、NHKから国民を守る党を解党し、議員を引退するとしている。 参議院埼玉選挙区補欠選挙での候補者アンケートの回答は以下の通り。 制を導入するべきだ。 は成果を上げていると思う。 年金や医療、介護といった社会保障制度は国民負担を増やして維持すべきだ。 の受け入れに反対。 今後のの存続に賛成。 の移設に向けたの埋め立て工事を政府がこのまま進めるのはやむを得ない(工事を中止すべきでない)。 の米国第一主義の外交は理解できる。 日朝首脳会談は無条件で行うべき。 今後の国際情勢によっては日本の核武装を検討すべきだ。 を制度的に認めるべき。 の創設に賛成。 「NHKをぶっ壊す! 」を公言しており 、などを通じてNHKと受信料に関連する訴訟について解説している。 趣味はと、。 自宅で3匹の猫を飼う。 離婚歴があり、前妻との間に娘と息子がいる。 不祥事・批判 森友学園問題 関係者が死亡した件について、摂津市議会議員の渡辺慎吾市議が遺体の状態を知っていたことなどから、渡辺が殺害に関与した疑いがある、取材に圧力をかけた旨の発言をした動画をアップロードした。 渡辺は立花をで及び請求を起こした。 刑事告訴では嫌疑不十分でになった もののでは名誉毀損を認定し30万円の慰謝料を命じられた。 この慰謝料の支払いを立花側は拒否したための差し押さえとなった。 原告となった渡辺は根拠なく物事を主張する人間、支払いを拒否するなど遵法精神に問題があると批判した。 NHKへの業務妨害 2015年8月にNHKの委託業者の従業員が女性宅に訪問しを行ったとして、女性とともに10万円を求めNHKを提訴したが敗訴。 その後、NHK側から「業務を妨害するため訴訟に関与した」との理由で訴訟を起こされ、2017年に費用54万円の支払いを命じられた。 受信料不払いを巡るNHKとの裁判 参議院議員に当選後、にテレビを設置し、NHKと受信契約を締結した上で不払いすることを宣言している。 あえて受信契約を締結することについては、法律上NHKとの契約の義務があることや、契約後の不払いであれば5年で時効となり、申し立てにより過去の受信料は消滅する 他、時効分は裁判でも請求できないことから、立花は受信契約を締結し、インターネット等の受信料窓口から振込用紙による支払いへ変更手続きを行った上で不払いをすることを推奨しており、議員会館についても同様に契約して不払いをするという。 これに対しNHKは未払いの受信料の支払いを求める裁判を起こした。 マツコ・デラックスへの抗議活動 がの「」でNHKから国民を守る党に投票した有権者を批判した。 、立花はこれに抗議するために、にあるの1階の前で約1時間にわたり、動画の生配信を行いながらマツコとTOKYO MXを批判した。 代表でのや・の、の 、の らは立花の行動を非難した これに対し、立花も太田やシバターなどに強く反論している。 その上数日後には自身のYouTube上で「5時に夢中! 」のスポンサー(TOKYO MXのみ)であるの商品のを呼びかけた。 立花孝志ひとり放送局への疑惑 から株主の募集をしながら、増資をせず株主総会も一度もなければ配当もない詐欺行為の疑惑がにより報道された。 立花は会社の資金ではなく自身の貸付行為として処理したことを同誌のインタビューで認めている。 ジャーナリストへのスラップ訴訟 2019年9月19日、久保田学・議員がフリーによるサイト上の記事において「に居住実態がない」などと書かれたことについて、これをであるとしてを求めて提訴、これに対しフリージャーナリストも久保田が経済的な負担を課すことを目的に裁判を起こしたとして慰謝料を求めてした裁判の判決が松戸支部で言い渡された。 同判決は久保田の訴えを棄却した上、その提訴自体がであるとして、していたフリージャーナリスト側の弁護士費用を含む約78万5000円の賠償を久保田に命じた。 立花自身が訴訟と公言していた上、判決でも立花の関与を指摘、訴訟であることが認定された。 なお、立花は週刊誌の取材に対し「スラップ訴訟は日本では違法ではない」と正当性を述べている。 ジェノサイド発言 元議員のとの対談の中で「世界平和をするためには、人口コントロールだと思っている。 馬鹿な国ほど子どもを産むから。 馬鹿な民族というかね」と発言し、「 アホみたいに子どもを産む民族はとりあえず虐殺しよう」「 ある程度賢い人だけを生かしといて、後は虐殺して」と、(集団虐殺)について言及した。 また、日本語版は「 差別やいじめは神様が作った摂理」といった発言があったとも報道している。 これらの発言が報道された後、動画にて「(集団虐殺について)そんなつもりは更々ない、そんな事しようとする人には大反対」と全否定している。 社民党からの抗議 この発言に対し、幹事長のは「人種差別の正当化であり断じて容認できない。 即刻撤回・謝罪し、議員を辞職すべきだ」として立花の議員辞職を求める談話を発表した。 記者への暴行事件 2018年の松戸市で行った選挙運動で記者に暴行を加えたとする記事 を掲載した扶桑社を名誉毀損提訴、200万円の損害賠償を求めた。 2019年11月15日東京地裁は「腕を掴んでいるので暴行は真実である」と判断し立花の請求を棄却した。 不正競争防止法違反 2020年3月14日、NHKと受信契約を結ぶ顧客の情報を不正に取得したなどとして、違反と容疑でから任意の事情聴取とN国関係者の家宅捜索を受けた。 2019年9月、都内の路上でNHK受信料の集金スタッフの男性の業務用端末に表示させたNHKの営業秘密である顧客情報を動画で撮影して不正に取得した上、前や会長(当時)宅前で 撮影で得た契約者の個人情報を念頭に「インターネット上に拡散する」などと発言しNHKを脅し、会長への面会を迫るなどした疑いが持たれている。 集金スタッフの業務用端末を撮影する様子は関係者によってYouTubeに公開されていた。 当該動画は既に削除されている。 4月7日、不正競争防止法違反と威力業務妨害の疑いで元集金スタッフと共に書類送検された。 4月9日、不正競争防止法違反などの罪で在宅起訴された。 『NHKをぶっ壊す! 『[新版]NHKをぶっ壊す! 『ぶっ壊す力』 2020年1月、)• 『NHKから国民を守る党立花孝志かく闘えり』(2020年4月20日、) ディスコグラフィー 配信シングル 発売日 タイトル 備考 1st NHKをぶっ壊す シンガーソングライター・MAYAが作詞・作曲を手掛け、コラボレーション。 「 立花マヤ」名義でのリリース。 脚注 [] 注釈• NHKから国民を守る党公式サイト. 2019年8月8日閲覧。 Spotlight編集部 2016年8月11日. 2016年8月16日時点のよりアーカイブ。 2019年1月9日閲覧。 FRIDAY DIGITAL. 2019年7月29日. 2019年9月25日閲覧。 Business Journal 2019年8月8日. 2019年11月4日閲覧。 2005年9月6日号• 小金井市選挙管理委員会 2019年12月1日. 2019年12月2日閲覧。 週刊文春 2005年4月14日号• 毎日新聞. 2019年5月28日. 2019年8月20日閲覧。 2019年8月22日閲覧。 毎日新聞. 2019年7月30日. 2019年7月30日閲覧。 2018年6月9日閲覧。 2頁 2018年6月9日閲覧。 2018年6月9日閲覧。 2018年6月9日閲覧。 2018年1月5日閲覧。 2018年6月9日閲覧。 2018年6月9日閲覧。 2018年6月9日閲覧。 YouTube. 2019年8月22日閲覧。 -日刊スポーツ• INC, SANKEI DIGITAL 2019年10月8日. 産経ニュース. 2019年10月8日閲覧。 朝日新聞 2019年10月10日. 2019年10月10日閲覧。 東京スポーツ 2019年10月8日. 2019年10月14日閲覧。 時事ドットコム 2019年10月10日. 2019年10月11日時点のよりアーカイブ。 2019年10月10日閲覧。 2019年10月24日閲覧。 2019年10月29日閲覧。 2019年10月29日閲覧。 毎日新聞. 2019年10月18日. 2019年10月29日閲覧。 首都圏 NEWS WEB(NHK. 2019年11月10日. 2019年11月12日閲覧。 共同通信. 2019年11月12日. 2019年11月13日閲覧。 毎日新聞. 2019年11月30日. 2019年12月1日閲覧。 日本経済新聞. 2020年1月31日. 2020年1月31日閲覧。 時事通信. 2020年5月26日. 2020年7月6日閲覧。 2019年7月9日. 2019年7月26日閲覧。 AbemaTIMES. 2019年7月29日閲覧。 2017年12月27日付、同日閲覧。 デジタル. 2018年6月21日. の2018年6月21日時点におけるアーカイブ。 2018年10月15日閲覧。 弁護士ドットコムニュース. 2019年8月2日. 2019年8月2日閲覧。 共同通信社. nor.. 2019年8月15日. 2019年8月16日閲覧。 産経新聞 2019年7月24日. 2019年7月29日閲覧。 産経新聞. 2019年8月2日. 2019年8月20日閲覧。 毎日新聞. 2019年10月18日. 2019年10月22日閲覧。 東京新聞. 2019年10月21日. 2019年10月22日閲覧。 毎日新聞. 2019年5月27日. 2019年8月20日閲覧。 産経新聞. 2019年5月25日. 2019年8月20日閲覧。 産経新聞. 2019年10月20日. 2019年10月22日閲覧。 毎日新聞. 2019年10月20日. 2019年10月22日閲覧。 日本語. AbemaTIMES. 2019年4月24日. 2019年4月24日閲覧。 ハフポスト 2019年7月25日. 2019年7月26日閲覧。 2018年12月19日閲覧。 週刊文春. 2019年10月5日閲覧。 2018年8月17日閲覧。 2018年12月19日閲覧。 2017年7月19日. 2017年12月27日閲覧。 テレ朝news. 2019年7月31日. 日本放送協会. 2019年8月11日閲覧。 2019年8月2日閲覧。 産経新聞社. 2019年11月16日閲覧。 www. sponichi. スポニチ 2019年8月12日. 2019年8月13日閲覧。 デイリースポーツ online 2019年8月12日. 2019年8月13日閲覧。 SANSPO. COM(サンスポ) 2019年8月13日. 2019年8月13日閲覧。 スポニチ. 2019年8月14日. 2019年8月14日閲覧。 サンスポ. 2019年8月14日. 2019年8月14日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2019年8月4日. 2020年4月9日閲覧。 スポーツ報知. 2019年8月14日. 2019年8月14日閲覧。 日刊スポーツ. 2019年8月14日. 2019年8月14日閲覧。 スポーツ報知. 2019年8月14日. 2019年8月14日閲覧。 また、「」で立花と電話で議論を行っている• 文春オンライン. 2019年9月26日閲覧。 弁護士ドットコム 2019年9月24日. 2019年9月24日閲覧。 朝日新聞デジタル 2019年9月24日. 2019年9月24日閲覧。 日本放送協会 2019年9月24日. NHK NEWS WEB. 2019年9月25日閲覧。 集英社「週刊プレイボーイ」2019年12月16日号No. 50 168頁• 2019年9月27日. 2019年10月5日閲覧。 ハフポスト日本版編集部. 2019年9月28日. 2019年10月5日閲覧。 産経新聞. 2019年10月3日. 2019年10月5日閲覧。 扶桑社. 2019年11月16日閲覧。 毎日新聞社. 2019年11月16日閲覧。 産経新聞社. 2019年11月16日閲覧。 時事ドットコム 時事通信社. 2020年3月14日. 2020年3月15日閲覧。 産経ニュース 産経デジタル. 2020年3月14日. 2020年3月15日閲覧。 読売新聞オンライン. 2020年3月15日. の2020年3月15日時点におけるアーカイブ。 2020年4月7日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2020年4月7日. 2020年4月7日閲覧。 共同通信. 2020年4月9日閲覧。 関連項目• - 同党党首を務めている政党• - 同党代表を務めている政党• - 同局代表を務めている局• - 元NHK職員で『NHKはもういらない! 』という本を執筆 外部リンク• tachibanat -• - チャンネル• - チャンネル• - チャンネル(旧チャンネル)• - チャンネル(ガイドライン違反による閉鎖) 党職 先代: 結成 (元代表) 初代:2013年 - 次代: (現職) 先代: NHKから国民を守る党選挙対策委員長 第2代:2019年 - 次代: (現職) 先代: (新設) NHKから国民を守る党次期選挙戦略本部長 初代:2019年 - 次代: (現職).

次の

N国党・立花孝志党首が被告をマツコ・デラックスにするかMXにするか未定も「MXを提訴する」

マツコ 裁判

とうとう2月から始まるらしい。 NHKから国民を守る党の立花孝志が設立した「マツコ・デラックス被害者の会株式会社」によるマツコ・デラックスへの裁判が今月スタートするようだ。 NHKから国民を守る党の人気の低落、なんとか目立とうと立花孝志も必死であるが、もはや注目さえ集まっていない。 そもそもこの訴訟を起こそうとした理由は、 TOKYOMXの「5時に夢中!」において番組レギュラーのマツコ・デラックス氏が参議院選挙で立花孝志が当選した話題について 「この人たちが本当にこれだけの目的のために国政に出られたら、これで税金払われたら、受信料もそうだけど、そっちのほうが迷惑だし、一体これから何をしてくれるかを判断しないと、今のままじゃね…ただ気持ち悪い人たちだから」 「冷やかしじゃない?もちろん受信料払うことに対して疑問を持っている、真剣にそう思ってる人もいるだろうけど、ふざけて入れている人も相当数いるんだろうなとは思う。 ちょっと宗教的な感じもあると思うんだよね。 NHKをぶっ壊す教みたいな。 」 と番組内で述べたことを立花孝志は憤慨し、まずは番組スポンサーの不買運動から始めようとして大炎上して涙目で逃走。 その後、有権者を侮辱しているということで訴えたい人を1万人の募集を始めた。 集団訴訟ではなく 「マツコ・デラックス被害者の会株式会社」 を設立し、原告の債権を譲渡して貰い株式会社が訴えるという、ちょっと何を言っているのかわからない状況である。 陳述書とは原告や関係者の言い分などをまとめたものに原告本人が署名押印をした書面である。 だがNHKから国民を守る党となれば、それは違う。 (余命三年不当懲戒請求のように) 陳述書もすでに出来上がっているのだ。 動画内において立花孝志側が勝手に作った陳述書への署名押印を求めていた。 「原告の言い分を無視して陳述書を作りました!!」というのを動画を公開している時点で、「SLAPP裁判だからね」と発言した動画が証拠として採用され、SLAPP訴訟と認定され敗訴。 訴えた側に逆に賠償金を支払う羽目になったことを忘れたのだろうか。 そう、忘れたのである。 その場のノリと気分で何でもやらかしてしまう無計画な立花孝志、都合の悪いことは忘れているのだ。 そもそも原告たちはどのように「自分がNHKから国民を守る党に投票した有権者の一人である」と証明するのだろうか。 立花孝志のように法に明るくない好き勝手解釈を述べる人ではなく、法に明るい多くの人が疑義を示しているわけだ。 だが立花孝志大好きっ子にはそのような話は通用しない。 この裁判、余命三年不当懲戒請求のような終結を迎えるのではないだろうか。 前例を見ているだけあって、万が一反訴された際、「騙されていた」「洗脳されていた」と言い出す人がいるのではないだろうかと思われる。 \2つのランキングに参加中!クリック応援お願いします/.

次の