胸 が 張る 痛い 40 代。 胸の痛み・張り(乳房の痛み・動悸)|更年期(更年期障害)の症状

【胸の痛み.com】胸が痛い時に知りたい原因と病気・総合サイト

胸 が 張る 痛い 40 代

更年期障害は、女性ホルモンであるエストロゲンが減少し、起こる症状の事です。 女性は40代後半から50代前半になると閉経を迎えますが、閉経に伴う女性ホルモンの減少によって、めまいや頭痛などの、不快な症状が引き起こされるのです。 この閉経を迎える前後10年の時期を更年期と呼んでいるので、更年期障害と呼ばれているのです。 この女性ホルモンは、女性の機能を保つと共に、骨粗鬆症や肥満、心臓病などのリスクを抑える働きを持っています。 その為、ホルモンバランスが崩れ更年期障害が始まると、骨粗鬆症や心臓病、肥満や高血圧症のリスクも自然と高まってしまうのです。 主な更年期障害の症状としては、• 月経不順• めまいやのぼせ• 頭痛や動機、息切れ• イライラ感やうつ感など• 著しい不眠や食欲低下など が挙げられますが、更年期に入り、これらの症状とは明らかに違う症状が出た場合は、注意が必要です。 更年期に気をつけなければいけない症状〜胸の痛み〜 更年期に入ると、ホルモンバランスの崩れから、様々な不快な症状に悩まされる事も多くなります。 めまいや動機、息切れ、頭痛や不眠、食欲低下など…。 これらの症状は、更年期障害による一般的な症状なので、適切な治療を行なっていけば、改善していく症状ばかりです。 ですが、中には気をつけなければいけない症状もあるという事を、覚えておいて下さい。 女性ホルモンは、女性の健康を保つ為の大切な機能であり、ホルモンバランスが崩れるという事は、骨粗鬆症や心臓病などの血管の病気、肥満などのリスクも高まるという事に繋がります。 中には、更年期に入り、胸の痛みが気になる様になったという方も居ますが、その場合はすぐに医者を受診して下さい。 先ほども説明しましたが、女性ホルモンは心臓病や狭心症など、血管の病気を防ぐ大切な役割を担っています。 その為、ホルモンバランスが崩れ、分泌が減少すると、血管の病気のリスクがとても高まるのです。 その為、更年期に入ってから、急に胸が痛くなったりする場合、狭心症などの心臓病を発症している危険性もあるのです。 いつもと違う胸の痛みを感じたら、すぐに病院へ行くようにしましょう。

次の

生理前でもないのに胸がはる!胸に痛みを感じた時の原因と対処方法

胸 が 張る 痛い 40 代

生理前の胸の張りや痛みの原因 多くの女性が経験している「生理前」の胸の張りや痛み。 これはホルモンが関係しています。 女性は生理前に「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が分泌されます。 これは体が子供を妊娠、出産する準備を整えているのです。 胸の張りや痛みは、お母さんが出産後子供に母乳を上げるために必要な部位である乳腺の成長を促しています。 この胸の張りや痛みにも個人差があります。 あまり感じない人もいれば、なんか胸が大きくなったような気がするように感じる人もいると思います。 多くの場合、生理1〜3日前に胸の張りや痛みを感じて生理が近いなあと考えると思います。 しかし中にはそのずっと前から胸の張りや痛みに悩んでいる人もいます。 いわゆる月経前症候群(PMS)です。 人によって色々症状が違いますが、月経前に不快を覚える症状の総称です。 多くの場合は生理前3〜10日ぐらいに現れるので、生理中を含めると半月ぐらいこの胸の張りや痛みを感じる人もいるのです。 女性に生まれたためとはいえ、大変なものです。 生理後の胸の張りや痛みの原因 前述したように、生理前の胸の張りや痛みは、個人差のあるものの多かれ少なかれ、多くの女性に現れる症状ですので、心配する必要はありませんが、「生理後」となると問題があります。 胸の張りの原因となる「プロゲステロン(黄体ホルモン)」は生理が始まると徐々に分泌が減っていきます。 つまり、胸の張りや痛みは治まっていくわけなのですが、生理が終わってもまだ痛むのであれば問題です。 原因として考えられるのは、ホルモンバランスの乱れです。 つまり本来なら減少していなければならない「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が生理後もずっと分泌されていればやはり胸が張ったり、痛みを覚えたりします。 また年齢的に更年期に近い女性であれば、更年期の症状の可能性もあります。 更年期になるとどうしても女性はホルモンバランスが崩れるので、胸の張りや痛みを感じます。 他にもホットフラッシュという、体のほてりやのぼせ、突然の発汗などの症状が伴います。 病院に受診が必要な胸の張りや痛み 胸の張りや痛みの原因が、ホルモンではなく乳腺や乳房に問題がある場合もあります。 乳腺が何らかの原因で炎症を起こしたり(「乳腺炎」)、しこりがあったり(「乳腺症」)、乳房に腫瘍ができている時、その腫瘍が悪性だった場合は「乳癌」となります。 また、妊娠しているという事もあります。 「え、だって生理来たのに」と驚く方も多いと思いますが、それは生理でなく不正出血という事も考えられます。 妊娠していれば当然、出産のために乳腺の発達は促されるわけなので、それ自体は体の当然の働きです。 今は妊娠検査薬で簡易的に妊娠のチェックが出来ますので、時期的に妊娠している可能性のある人は一度確認してみましょう。 妊娠の有無が妊娠検査薬で確認できるのは、生理予定日の一週間後からです。 それ以前は検査薬を試しても正しい結果は得られません。 また最終的な妊娠の判断は産婦人科での病院の受診をもってとなります。 どちらのケースにしろ生理後の胸の張りや痛みが体の重要なサインなのです。 見逃さないでください。 ホルモンバランスの乱れを直そう ホルモンバランスが乱れたままでは、妊娠がしたくても出来なかったりすることもあります。 またホルモンバランスが乱れた状態が続けば、健康が損なわれる可能性もあります。 だから乱れたホルモンバランスは治すようにしましょう。 まずは生活習慣の見直しからです。 生活は規則正しく、朝起きて、夜は眠るようにしましょう。 当たり前の生活が出来ない人が多くなっています。 食事はきちんと3食食べるように。 最近の女性は糖質オフダイエットをする人も多いですが、一時的に体重は減るものの、リバウンドしやすい食べ方なので、炭水化物は3食取るようにします。 また動物性脂肪は「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌を促すようなので、摂取は控えめに。 同じく摂取を控えたいのがカフェインです。 また現代人には中々難しいと思いますが、極力ストレスを溜めないように。 といってもストレスと無縁の人はいないと思います。 ストレスを受けても、できれば早期の時点で発散する方法を見つけたほうがいいでしょう。 生理後の胸の張りや痛みを感じたら… 一時的なものならまだしも、ある程度の期間続くようなら、病院に受診しましょう。 胸が張る=乳がんではありませんが、どんな病気も早期発見が、早期治療に結びつきます。 前述しましたが、たかがホルモンバランスの乱れが原因だとしても、甘く見てはいけません。 特に妊活中の女性であれば、猶更です。 ホルモンが乱れている限りは妊娠する可能性はどんどん低くなります。 生活習慣を見直すとともに、病院に受診し、投薬治療で症状が改善することもあります。 また合わせて基礎体温をつける習慣をつけると、自分がいまどの時期にいるのか理解できるようになります。 妊娠したい人も、妊娠したくない人も、今自分の体が妊娠にしやすいのか否かの目安となります。 最近はスマホのアプリでも簡単に記録できたり、メモリ機能のある婦人体温計もありますので、さほど負担なく実施することが可能です。 方法は簡単で、朝起きてから動かないまま体温計を図り、その結果をアプリに記録すればいいのです。 その表でホルモンバランスの乱れとかわかるようになります。 是非お試しください。 検索: 今日の人気記事• 朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象がありますよね。 しかし、朝にラーメンなど高カロリーな... 二の腕の筋肉がピクピクと痙攣した経験はありますか?痛みはなくても何とも気持ちの悪いものですよね。 ゴムだからといって安心していると、いつの間にか劣化ははじまっています。 それは加水分解によって引き起こさ... 飲食店などの空調の吹き出し口が結露することはよくあります。 それが厨房の中なら問題はないかもしれませんが... 液晶が壊れた、電源が入らないなどの故障でスマホのデータを諦めて機種変更をした人も多いと思いますが、そんな状態か... 喉の奥に違和感を感じたこと、誰にでもありますよね。 よくあるのは、風邪をひいてしまった時や食べ物が喉に詰... 背中に痛みを感じる、場所も中央、右のみ、左のみと様々ですね。 疲れが溜まっていたりストレスを感じていたり... 大学によっては教員を公募しているところがあります。 その要綱を見て応募しようと考える人もいるでしょう。 新卒人気就職ランキングで上位に入る保険会社。 その理由はズバリ、慣れてしまえば比較的簡単な業務なのに、支払われる... 自分が履いている靴のサイズが何だか合わないと感じた時に、足のサイズが変わったかもしれないと感じることがあります... カテゴリー• その1クリックが励みになります.

次の

胸の張りの原因は様々!見分けるポイントを紹介!

胸 が 張る 痛い 40 代

卵巣から分泌されている女性ホルモンは、その濃度が周期的に変動しています。 周期の前半は濃度が低く、排卵時から周期の後半に濃度が急上昇し、乳腺が発達します。 そのために乳腺の体積が増え、血管が拡張してうっ血した浮腫状態になり、乳腺全体が張って硬くなります。 これが「乳房痛」の原因です。 排卵時や生理前の1週間ほど乳腺が張ってきて痛みを感じるのは病気ではないのです。 脇の方から乳腺の外側にかけて、乳房下部、乳頭の奥の方に痛むことが多く、触ってみてもしこりを触れません。 多くの場合、生理がくると張り感や痛みは軽減し、いずれ治ります。 カフェインや脂肪をとりすぎるとエストロゲン分泌が増えるので、乳房痛のある方は喫煙、飲酒、カフェイン、脂肪の取りすぎには注意をしましょう。 下着が合っていないために乳房痛が強くなる場合もあります。 今一度、ご自分の下着が乳房に合っているかどうか、ご検討ください。 くり返しますが、多くの場合、生理がくると張り感や痛みは軽減し、いずれ治ります。 どうしても日常生活が制限されるほど痛んで困る場合は、バファリンやボルタレンゲルなどの鎮痛剤が有効な場合がありますのでお試しください。 「乳房痛」は乳がんで直接引き起こされる症状ではありません。 乳がんはほとんどの場合、しこりを触れて発見されます。 乳がんの早期発見のためには、乳癌検診を定期的に受けて、自己検診(梅干の種、石ころといった硬いしこりを探す)をしましょう。

次の