アフリカン バティック。 夏に最適☆アフリカンバティックでご機嫌ハンドメイド

アフリカンバティックとは⁈|ビームス 名古屋|BEAMS

アフリカン バティック

お店に並ぶのは、目にも鮮やかなアフリカンバティックを使った傘たち。 デザインや生地の買いつけなどはSun mi代表の淵上さん、 傘本体は大阪〈傘工房 えいきち〉の傘職人・平下榮吉さん、 ボタンは神戸の陶芸家・土末(どすえ)さんが手がけています。 見ているだけで元気になれそうな傘です! 日傘(45センチ)晴雨兼用傘(45センチ、50センチ、60センチ)価格帯1万2,900円〜2万円 傘のタイプは、日傘と晴雨兼用傘があります。 こんな元気な柄で太陽を下を歩くのもいいですね。 次のページ ふつうのお土産さんではありません。 katakanaが考える日本の魅力とは? Page 2 katakana 自由が丘店 katakanaが考える日本の魅力とは、 「日本の伝統文化と外国から取り入れた文化が融合したおもしろさ」なのだそう。 店名には、そんな思いが込められています。 お店に並ぶのは、宮本工芸のあけびのかごや波佐見焼のうつわなどといった日本のいいものから、 若手作家がつくるブローチや〈ASAHIシューズ〉の幻のジャパンモデル、富士山グッズなどなど。 つくり手の思いが込められた、オリジナリティあふれるプロダクトがいっぱいです。 mature ha. (マチュアーハ)の帽子 StitchandSew(ステッチアンドソー)のお財布 Sun miの傘展は2018年5月18日(金)まで。 傘のほか、アフリカンバティックのがま口や扇子、スリッパなども並びます。 ぜひチェックしてみてくださいね。

次の

アフリカンバティックの立体マスク

アフリカン バティック

アフリカンバティックとは? 1800年代にアジア・西洋との文化産業融合を果たして生み出されたアフリカ独自の布です。 カンガやパーニャ等が有名なのですが、それらの布を総称して近年アフリカンバティックと呼ばれています。 西アフリカ特有のカラフルな柄が素敵で、アフリカ全土で日常的に使用され、最近では、日本やヨーロッパ等の有名ブランドがアフリカンバティックを使用したラインを発表したりと注目を集めています。 アフリカンバティックの魅力 日本では見られない大胆でカラフルな色や柄が魅力的なアフリカンバティック。 アフリカンプリントと言われる様々な柄にはすべて意味があり、その意味を探りながら数百とある柄から自分好みの布を探すのも楽しさの一つです。 例えば、この鳥柄。 「お金には翼がはえている」要するに「お金はお金自身が行きたいところに飛んで行ってしまう。 キチンと取り扱わないとあなたからも飛び去ってしまうよ」という教えが込められているそうです。 また、ペンで描かれたような波線の柄には、初代大統領のクワメ・エンクルマ博士の同士が政治的敵対者や困難を乗り越えるために暴力ではなくペンを使ったそのパワーを表して「暴力で人を抑圧するな!ペンは剣より強し!」という意味が。 その他「私はサトウキビのように甘くあなたのことを愛している」という愛を告げる柄や「学校に通うからといって知恵のある者になるとは限らない」という皮肉った意味合いの柄、「立ち話で人のことを簡単に話そうとするな。 その人について座ってじっくり話すべき!」というゴシップに対する警告を表した柄まであるというから奥が深い!! ハンドメイドでこんなもの作りました クラッチバックと財布 ころんとしたクラッチバックが欲しくて、夏らしい柄で作ってみました。 ちょうど財布が作れる大きさの布が残ったので残り布で財布も。 お揃いでいろいろ揃えられるのも手作りならではです。 ヘアバンド 小さい子供特有のさらさら前髪。 くくってもピンでとめてもパラパラと目にかかるので娘にヘアバンドを。 息子の手提げバッグを作った残り布で。 財布 ちょっと秋めいた色のアフリカンプリントで財布を。 こちらも、エコバックを作った時の残り布を利用したので、お揃いで買い物に出掛けるのが楽しみです。 日傘 傘の柄部分を手芸店で買い、生地の耳部分まで余すところなく使いアフリカンバティック90cmで作成しました。 普通の布なので、作成後UV&防水スプレーを振りかけて完成。 自分好みの柄の日傘。 暑くてイライラも増える夏の日差しも少しは好きになれそうです。 トムコ西鈴店では過去に講習会で日傘づくりがありました。 この時、講師で来てくださっていた香賀登由子 かがとよしこ さんはオーダーメイドでの日傘も受けられているそうです。 まとめ 私はいつも元町にあるマンドレイクという店でアフリカンバティックを購入しています。 既製品も売っていてとてもかわいく目移りしてしまいます。 アーカイブ• カテゴリー• 141• 362• 112• 199• 129•

次の

アフリカの生地・布とは?

アフリカン バティック

KITENGE COLECTION キテンゲ・コレクション Last Update 2019. タンザニアなど東アフリカで愛されている、アフリカンプリント生地「キテンゲ」。 綿100%、肌触りの良い、しっかりした中厚地の生地です。 ドレスやメンズシャツを仕立てたり、腰に巻いて巻スカートに、雑貨小物を作ったり、 現地の人にとって、日常生活に欠かせない布。 タンザニアは農業大国。 しっかりした中厚地の生地は、風通し良く、蒸し暑い日本の夏にも馴染む素材です。 同じ柄が長く続くプリントテキスタイルです。 洋服やバッグ、ポーチ、浴衣、舞台、ダンスの衣装、 子どもの通学・通園グッズ、雑貨小物製作の生地として、 テーブルクロス、カーテン、ベッドカバー、椅子の座面カバー、タペストリーなどインテリアに、 幅広くお使いになれます。 では、 お探しのキテンゲを、色別に検索できます。 詳しくは、から! 500種類以上のアフリカの布を直接手に取っていただける直営店舗では すべてのカンガがお待ちしております! 反物単位での大量購入承り中です。 しっかりした中厚地の生地は、腰に巻いたり、洋服に仕立てたりと東アフリカ全域で愛用されています。 蒸し暑い日本の夏にも馴染む素材です。 専属デザイナーと企画し、日本の職人が1点1点丁寧に仕立てたウエアやバッグ、小物雑貨を全国百貨店、オンラインショップでご紹介しています。 専属デザイナーと企画し、鞄職人、作家、京都の扇子職人が1点1点丁寧に仕立てています。 このマークが付いた製品は大阪府下の就労支援施設で作られています。 ゆっくり、こつこつ。 温かみが感じられる作品ばかりです。 『アフリカフェ@バラカ』で検索してください。

次の