ソーシャル ディスタンス の 意味。 ソーシャル・ディスタンシング、フィジカル・ディスタンシング、ソーシャル・ディスタンスの違い

「ディスタンス」と「ディスタンシング」、意味は違う? [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

ソーシャル ディスタンス の 意味

ソーシャル・ディスタンシングは他者との距離の確保により感染拡大を防止する方法で、「社会距離戦略」、「社会距離の確保」、「対人距離の確保」などの日本語訳があてられています。 一方、感染防止に必要なのは物理的な距離の確保であり、他者を社会的に隔離したり排除したりすることではないという趣旨で、フィジカル・ディスタンシング(Physical Distancing)という単語に置き換えるという動きも見られます(フィジカルは物理的の意味)。 さらに、日本では「社会的距離」を意味するソーシャル・ディスタンス(Social Distance)という単語も用いられているようです。 逆に、世界の96都市からなるC40世界大都市気候先導グループ(C40 Cities Climate Leadership Group)のでは、「フィジカル・ディスタンシングは、ソーシャル・ディスタンシングとしても知られており」(Physical distancing, also known as social distancing)と説明されています。 これらから、ソーシャル・ディスタンシングとフィジカル・ディスタンシングは同じ意味で用いられていることがわかりますが、ソーシャル・ディスタンシングの単語が主に用いられている場合と、フィジカル・ディスタンシングの単語が主に用いられている場合があります。 そこでここでは、ソーシャル・ディスタンシングの単語が主に用いられている資料と、フィジカル・ディスタンシングの単語が主に用いられている資料において、これらの単語がどのような意味で用いられているかを見ることを通して、両者の違いを見ていきたいと考えています。 結論を先取りすれば次のようになります。 ソーシャル・ディスタンシングとフィジカル・ディスタンシングは同じ意味であること。 ソーシャル・ディスタンシングとソーシャル・ディスタンス異なる概念であること。 ソーシャル・ディスタンシング=フィジカル・ディスタンシングは感染防止のために他者との社会的・物理的な距離を確保するライフスタイルを目指すものであること。 居合わせた他者と6フィート(1. 8メートル)の物理的な距離を確保することはソーシャル・ディスタンシング=フィジカル・ディスタンシングの重要な方法だが、あくまでも一つの方法に過ぎないこと。 1)ただし、ハーバード大学によるでは、ワクチンが利用可能になるまでソーシャル・ディスタンシングに頼るだけでは不十分であり、「TTSI」(Testing, Tracing, and Supported Isolation)、つまり、検査(Test)、接触者追跡(Contact Ttracing)、そして、感染した人へのサポートされた隔離(Supported isolation)の重要性が提言されている。 ソーシャル・ディスタンシング ソーシャル・ディスタンシングの単語が主に用いられている資料としては、先にあげたCDC(アメリカ疾病予防管理センター)の、アメリカ・メリーランド州の資料「」があります。 これらの資料ではソーシャル・ディスタンシングとして、次のような例があげられています。 居合わせた他者と6フィートの距離を確保する。 グループで集まらない。 人混みやマスギャザリングを避ける。 公共交通機関、タクシー、UberやLyftなどのライドシェアリングの利用を避ける。 デジタル/遠隔学習を検討する。 パブリックな場所ではマスクやを着用する。 店舗では、高齢者など感染すると重症化する可能性のある人々のための特別な時間帯を設ける。 オンラインでの注文、従業員が車内にいる顧客に商品を手渡すカーブサイド・ピックアップを行う。 美容院や散髪屋などのパーソナルサービスは予約制のみとする。 在宅勤務する。 従業員の勤務時間を調整する。 日常的なシフトの引き継ぎのミーティングを変更する。 これらより、居合わせた他者と6フィート(1. 8メートル)の物理的な距離を確保することは、ソーシャル・ディスタンシングが意味するもののごく一部であることがわかります。 ソーシャル・ディスタンシングとは他者と集まる、買い物をする、働く、学習するなど生活のあらゆる側面に関わってくること、言わば、感染防止のために他者との距離を確保することを意識したライフスタイルを目指すものだと捉えることができます。 ただし、こうしたライフスタイルをとっても、暮らしにおいてはパブリックな場所との関わりが必要であり、居合わせた他者と6フィート(1. 8メートル)の物理的な距離を確保することは、パブリックな場所における作法として理解することができます。 フィジカル・ディスタンシング フィジカル・ディスタンシングの単語が主に用いられている資料としては、先にあげたC40世界大都市気候先導グループ(C40 Cities Climate Leadership Group)の、アメリカ企業公共政策研究所(AEI)の、ジョンズ・ホプキンス大学のがあります。 これらの資料ではフィジカル・ディスタンシングとして、次のような例があげられています。 居合わせた他者と6フィートの距離を確保する。 人混みを避ける。 学校、ショッピング・センター、レストラン、美術館など人々が集まる屋内の施設や場所を閉鎖する。 レストランはテイクアウトやデリバリーを提供する。 パブリックな場所ではマスクやを着用する。 咳エチケットを守る。 手を消毒する。 よく触る場所(high-touch surfaces)を定期的に消毒する。 自宅待機勧告(stay-at-home advisories)を出す。 不必要な移動を避ける。 在宅勤務する。 参照している資料の目的が異なるため完全に一致しているわけではありませんが、フィジカル・ディスタンシングは、ソーシャル・ディスタンシングと同じ意味で用いられていることがわかります。 つまり、フィジカル・ディスタンシングは居合わせた他者との6フィート(1. 8メートル)の物理的な距離の確保だけを意味するのではなく、感染防止のために他者との距離を確保することを意識したライフスタイルを目指すものだと捉えることができます。 C40世界大都市気候先導グループ(C40 Cities Climate Leadership Group)のウェブサイトでは、フィジカル・ディスタンシングの方がソーシャル・ディスタンシングより好ましい理由が次のように説明されています。 「市民が何をする必要があるかをより文字通りに、理解しやすく記述しているため、フィジカル・ディスタンシングの用語は「ソーシャル・ディスタンシング」よりも推奨されます。 距離を置くこと(distancing)や隔離の対策が孤独感を増大させ、メンタルヘルスのリスクをもたらすことも懸念されます。 パンデミックの間、フィジカル・ディスタンシングを維持することは不可欠ですが、市民は安全な方法で愛する人との社会的接触(social contact)を維持することができ、そして、維持するべきです。 ただし、脚注は除外している。 感染防止のために重要なのは物理的な距離の確保であり、社会的接触を維持することの重要性、つまり、社会的距離を置かないことの重要性が指摘されています。 同じことは、ソーシャル・ディスタンシングの単語を主に用いているCDC(アメリカ疾病予防管理センター)のでも指摘されています。 「離れている間でも、連絡を取り合ってください。 同居していない友人や家族と連絡を取り合うことは非常に重要です。 電話をしたり、ビデオチャットをしたり、ソーシャルメディアで連絡を取り合ったりしてください。 ストレスの多い状況に対する反応は人によってそれぞれであり、愛する人と社会的に距離を置かなければならないことは困難かもしれません。 重要なのは、新型コロナウイルス感染症の感染防止の文脈で社会的距離を意味するソーシャル・ディスタンス(Social Distance)という単語は用いられていないこと。 ソーシャル・ディスタンス(Social Distance)とは他者との親密さ/疎遠さを意味する単語であり、これは新型コロナウイルス感染症の感染防止とは別次元のこと。 感染防止で必要とされているのは社会的な距離(Distanceという名詞)ではなく、社会的な距離を確保すること(Distancingという動名詞)という行為であり、感染防止の対策が他者との社会的距離(Social Distance)を生み、疎遠な他者を隔離したり、排除したり、差別したりすることにつながってはならないということです。 繰り返しになりますが、以上をまとめると次のようになります。 ソーシャル・ディスタンシングとフィジカル・ディスタンシングは同じ意味であること。 ソーシャル・ディスタンシングとソーシャル・ディスタンス異なる概念であること。 ソーシャル・ディスタンシング=フィジカル・ディスタンシングは感染防止のために他者との社会的・物理的な距離を確保するライフスタイルを目指すものであること。 居合わせた他者と6フィート(1. 8メートル)の物理的な距離を確保することはソーシャル・ディスタンシング=フィジカル・ディスタンシングの重要な方法だが、あくまでも一つの方法に過ぎないこと。 このことからは、新型コロナウイルス感染症の感染防止には居合わせた他者と6フィート(1. 8メートル)の物理的な距離を確保することだけでは不十分であり、その背景としてライフスタイルの見直しを伴わなければならないということも考えることができます。 今回の新型コロナウイルス感染症を、地球環境に負担をかけないライフスタイル、ていねいな日常を大切にするライフスタイル、格差を生み出さないライフスタイルを生み出すきっかけとすることができればと考えています。 (更新:2020年5月22日)•

次の

「ソーシャルディスタンス」と「フィジカルディスタンス」の違い

ソーシャル ディスタンス の 意味

どうして、なじみの薄い専門用語をそのまま使うのか。 専門家会議のメンバーの一人は「それぞれの現象を表すため、普段から使っている」。 感染症や疫学の専門家の間では、日常的な用語なのだという。 一方、厚生労働省の担当者は「一般的に分かりづらいのは確かだが、日本語で正確な意味を伝えにくく、適切な表現が難しい」と話す。 私は、クラスターというと、マーケティングでいう社会行動の共通したある階層を思い出すし、オーバーシュートと言うとサッカーのオーバヘッドシュートを思い出すし、ロックダウンと言われると、にわかラグビーファンのフリして、ロックがタッチダウンするやつとか、ありもしないことを思い出します。 わかりにくいには理由があって、わかりにくい言葉の方が新しく伝わるからと言う説もあります。 「日本では深刻な危機に直面すると、政府やマスコミが国民にショックを与えそうな言葉を柔らかく言い換える癖がある」 次に来るカタカナはなんだ その意味で、次に出て来て欲しいと言うか、小池都知事に使って欲しい言葉があります。 ソーシャル・ディスタンスです。 米国では、新型コロナウイルス感染の拡大防止策として、大きく分けて2つの柱がある。 一つはトランプ政権が3月中旬に全米に向けて発表した、「ソーシャルディスタンス(他者との距離)」確保に関する行動指針。 もう一つは全米の州知事や市町村長が独自に実施している、住民に対する自宅待機命令や外出自粛要請などの行動制限だ。 日本では、マスク、手洗い、うがいなどは守られてますが、このソーシャル・ディスタンスの概念が皆無です。 トランプ政権の行動指針は「6フィート(約183センチ)を目安に他者との距離をとる」「10人以上の集会を避ける」「不要不急の旅行や訪問を控える」「可能な限り自宅で勤務する」「くしゃみや咳(せき)をする場合は(手のひらでなく)肘で口を覆う」などの行為を励行するよう呼びかけるものだ。 他の5つは日本でも言われていますが、最初に出て来た「離れる」と言うことができていません。 米企業では実践されているところもあるみたいです。

次の

中高年でもわかるフィジカルディスタンスとは?ソーシャルとの違い

ソーシャル ディスタンス の 意味

ソ、ソーシャルディスタンス?また意味がわからない単語だわ・・・ そうですよね。 次から次へと横文字の嵐。 意味がわかりずらいですよね。 今度新型コロナウイルス関連の横文字のまとめ記事作りますね。 ではわかりやすく順を追って解説していきます。 ソーシャルディスタンスとは ソーシャルディスタンス Social distance とは人と人との距離を物理的にとるという意味です。 社会的距離とも言われています。 要は咳やくしゃみなどの飛沫感染を防ぐ為に、人に近寄らないようにしようねって取り組みです。 物理的距離は2m以上とるのがいいと言われています。 海外ではソーシャルディスタンシング social distancing とも言われていますが、 英語は難しいので、 人との距離を取ることが大事という事を覚えておけばOKです。 適当 本質さえ外さなければ細かいことはどうでもいいと思う。 僕らは日本人なんだから日本語で覚えておこう。 ソーシャルディスタンスは効果あんの? 人との距離を取る事によって本当に予防になるの?って思われる方もいるかと思います。 下の動画は厚生労働省が作成した、人のくしゃみがどの程度飛ぶのかを検証した動画になります。 ソーシャルディスタンスって日本では難しくない? 確かにそうなんです。 外出自粛をしているとはいえ、普通に電車は混んでいます。 駅の中も普通に人は沢山います。 お店も混んでます。 職場も同僚との席の距離は近いですよね。 とてもじゃないけど2m以上離して行動するのは無理があります。 ソーシャルディスタンスとは重要だといえど、 現状のままでは人と距離を取るという意識づけはできたとしても、 人が多い状況では、距離も取れないのも事実です。 政府が強めの指示を出さない限り、日本でのソーシャルディスタンスは難しい状況です。 なんか日本って中途半端なんだよね。 緊急事態宣言を出すなら、 キチンとソーシャルディスタンスの意味も重要性も伝えてください。 追記 今は電車に乗るとみんな間隔を開けるように乗るから、 少しずつソーシャルディスタンスの意味が浸透してきている実感があります。 ソーシャルディスタンス 世界 では世界ではどのようにソーシャルディスタンスに取り組んでいるのでしょうか。 新型コロナ対策で行われている世界の事例を見てみましょう。 アメリカ こちらはアメリカのサンノゼの状況をtweetしている方からの情報です。 5日振りにスーパーへ買い出し。 Social distancingの他にも ・店内の客数を人数制限して密集させない ・量り売り系は休止 ・エコバッグ使用不可 の対応をしていた。 エコバッグ断られて驚いた。 それが感染リスクになるとしてるってことは紙幣とかも怪しいってことなのかな🙄普段使わないけど。 他の市のニューヨーク市ではソーシャルディスタンスを守らない場合は、 罰則すら検討しているという鬼徹底ぶりです。 ニューヨーク市のビル・デブラシオ(Bill de Blasio)市長は27日の会見で、公園や公共の場でソーシャル・ディスタンス(社会的距離)を守らない場合、500ドル(約5. 5万円)の罰金を科す可能性があると述べた。 引用:mashup NY, それだけソーシャルディスタンスが新型コロナウイルスに感染しない為に有効だと認識しているのです。 ちなみにアメリカの CDC 疾病管理予防センター は、 ソーシャルディスタンスの距離を6フィート 1. 8m と発表しています。 韓国 韓国のソーシャルディスタンスの取り組みは凄いです。 以下のtweetは韓国の雇用試験の映像です。 なんと 屋外のサッカースタジアムに机を置き一人一人5mの間隔を開けて試験に望んでいます。 South Korean authorities held an employment exam at an outdoor soccer stadium as part of social distancing measures — Reuters Reuters これくらい思いっきり対策してくれると割と安心できますよね。 2つの密 密閉と密集 が揃う試験会場を2つの密が揃わないようにしたのはとてもナイスアイディア。 日本でソーシャルディスタンスはどうなる? 日本では緊急事態宣言後におそらくソーシャルディスタンスが強く指示されると思っています。 今も「3つの密」を避けるように言われてますよね。 これもソーシャルディスタンスの取り組みの一環です。 そして行われる対策は世界の対策と同じようになると思います。 ・ スーパーなどの店舗では一定数の人数しか入店できない ・ 待つ場合は2m以上間隔を開けて待つ ・電車やバス、飛行機なども入場制限とかかけるかも? ・宅配の受け取りは対面受け渡しがなくなるとか。 ここら辺はどの程度厳しくするのかは政治家や行政次第ですけどね。 スーパーやコンビニなんかではレジ待ちの際に、2m位離す用に促される用になったよね。 緊急事態宣言については以下でわかりやすく解説しています。

次の