お手数 を おかけ し て 申し訳 ご ざいません。 ご迷惑をおかけして申し訳ございませんは正しい敬語?類語と英語も

「お手数おかけしました」の意味・正しい敬語か・使い方と例文

お手数 を おかけ し て 申し訳 ご ざいません

「お手数おかけしますが」の意味 「手数」の意味 ここでの「手数」とは、「ある物事を達成するために必要な労力、動作、工程の数」をさします。 「ある物事」とは、自分以外の第三者のために行う物事です。 つまり、 「お手数おかけしますが」とは、「こちらの依頼や要求に対して、労力や動作をかけさせますが」という意味になります。 また、「てすう」ではなく、「てかず」とも読み、「手数と報酬の割りが合わない」などの用法もあります。 クッション言葉として活用 「お手数をおかけしますが」という表現は、ビジネスの上では、クッション言葉として多く活用されます。 クッション言葉を添えれば、相手に依頼しにくい内容も、きつい印象を与えることなく伝えられます。 例えば、「ご連絡をお待ちしております」を「お手数をおかけしますが、ご連絡をお待ちしております」と、一言添える具合です。 「恐れ入りますが~」も、このクッション言葉にあたります。 「お手数おかけしますが」の気をつけたい誤用2つ 自分に対しては使用しない 「お手数おかけしますが」は、自分が目上の相手に対して使用する尊敬語です。 そのため、自分自身に対しては使いません。 「お手数おかけしますが、一週間以内にご連絡いたします」とは表現できませんので注意が必要です。 「お手数かけさせますが」は失礼 前述の通り、 「お手数」とは自分が相手に対して要求や依頼をした事項に対する、動作や労力を示す言葉です。 そのため、「お手数かけさせますが」は、誤用になります。 自分が相手に対して「お手数」を要求しているという意味にも捕らわれてしまいがちですので、使用しないように気を付けましょう。 「お手数おかけ致します」は正しい 「お手数おかけします」の「します」の部分を謙譲語のにした、「お手数おかけいたします」という表現もよく目にします。 こちらは一見、「お手数」に更に「いたします」を加えた二重敬語と思われますが、 「お~する」の形に中に「お~いたす」という用法がある為、正しい表現となります。 ただし、これは使用するシチュエーションや文章内容によっては、くどい言い方となってしまう事もあります。 その為、「お手数おかけいたします」を使用する際には、相手へ伝える前に文章内容とのバランスを見直してからの使用がよいでしょう。 「お手数ですが」を使うシチュエーション メールの締めくくりに使う 「お手数ですが」「お手数おかけしますが」は、メールで締めくくりの言葉に使うとしっくりきます。 相手にお願いをする内容のメールや、アポイントメールで日時の調整をお願いする場合のメールの最後に使うことで、丁寧にお願いをする気持ちを伝えることができます。

次の

「お手数をおかけしました」とは?ビジネスでの使い方や返事の仕方・類語・英語表現も紹介

お手数 を おかけ し て 申し訳 ご ざいません

Contents• 「お手数」の意味 「お手数」という時の「手数」は「てすう」と読みます。 「数」を訓読みして「てかず」という読み方もありますが、「てかず」と読む時は、ボクシングなどで繰り出したパンチの回数などを表す時など限られた場面です。 ビジネスシーンで「お手数をおかけして」と言う時は、もっぱら「てすう」と読むと覚えておきましょう。 その意味は「他人のためにかける時間や労力などの手間」です。 つまり、「この度はお手数をおかけして」と言うと、「今回はお手間を取らせました」という意味になります。 それに続けて感謝やお詫びの気持ちを表すのが通例です。 目上の人にも使える「お手数をおかけする」 「お手数をおかけする」という表現は、敬語として目上の人に用いることが可能です。 「お手数」「おかけする」と「お」の付く言葉が続くため二重敬語ではないかと思ってしまいそうですが、敬語表現的にも間違いではありません。 上司やお客様にも使えます。 「お手数をおかけしました」だけでも敬語として正しいですが、実際に使用する際は「この度はお手数をおかけして申し訳ございません」や「この度はお手数をおかけしました。 謝罪に用いる際には注意が必要 「お手数をおかけして恐縮です」や「お手数をおかけしましたことをお詫び申し上げます」など、「お手数」という言葉は謝罪にも使えます。 ただし、この場合の謝罪は、相手の時間や労力など手間を取らせたことに対してです。 相手に迷惑や被害をかけたことに対する謝罪には「お手数」という言葉はふさわしくありません。 たとえばクレームに対する謝罪であれば、「ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません」のように「迷惑」など別の言葉を使うべきです。 「お手数をおかけする」の類語表現 「この度はお手数をおかけして」には、時間や労力など相手の手間を取らせたことに対する感謝や謝罪の念があります。 別の表現で同じ意味を表したいのであれば、「この度はご面倒をおかけして」や「この度はお手を煩わせて」なども使用可能です。 「面倒をかける」とは「手数をかける」とほぼ同義ですから、相手に手間を取らせたことを感謝やお詫びする時に適しています。 「手を煩わせる」も「面倒をかける」という意味ですので、同じく「お手数をおかけして」と言いたい時に、「お手を煩わせて」と言い換えられます。 「お手数をおかけします」と言われた時の返事の仕方 相手から「この度はお手数をおかけして」と言われた時は、それに続く言葉が感謝であれお詫びであれ、それを軽く打ち消すような表現を使って返事するとよいでしょう。 同格の相手に対してであれば、「どういたしまして」や「大丈夫ですよ」など軽い返事でもかまいません。 目上の人に対してはもっと丁寧な表現を使って、「お気になさらないでください」や「とんでもないです。 いつでもご遠慮なくお申し付けください」などとするとスマートな印象を与えます。 まとめ 「この度はお手数をおかけして」で始まる表現は、感謝やお詫びなどいろんなシーンで用いられます。 便利な表現ですが、謝罪など適さない場面もあるので注意してください。 言葉の意味を考えて、それにふさわしい場面で上手に使い分けられるようにしましょう。

次の

「この度はお手数をおかけして」の意味と使用に適した場面|ドクモバ!

お手数 を おかけ し て 申し訳 ご ざいません

「お手数をおかけしますが」の意味 そもそも「手数(てすう)」とは、何かをやり遂げるために必要な労力や動作を表す言葉です。 したがって、「お手数をおかけしますが」という定番の表現は、自分が相手に対して依頼や要求を行なう際に、冒頭部分で使うのが一般的となっています。 その意味をかみ砕くと、「自分が依頼したことを達成するために、相手に何らかの労力や時間を使わせてしまいますが」という内容となります。 つまり、「お手数をおかけしますが」の中には、「時間や労力を使わせてしまって申し訳ない」というお詫びの気持ちが含まれているわけです。 一方で、「お手数をおかけしますが」の中には、感謝の気持ちも含まれています。 なぜならば、そのあとには自分が相手に対してお願いしたい具体的な事項が述べられるからです。 」といった文章の意味について考えてみましょう。 この場合、「大変ですが、確認していただければありがたいです。 」という感謝の気持ちが込められています。 つまり、「お手数をおかけしますが」は、お詫びと感謝の気持ちを同時に表現できる便利な常套句なのです。 「お手数をおかけしますが」の使い方 よくある使い方としては、2パターンが挙げられます。 1つ目は、相手にとって大変なことをお願いするとき、2つ目は、ビジネスを円滑に進める上でのクッション用語として使う方法です。 また、「お手数をかけしますが」の変化形もありますので、それぞれの場合について、例文をご案内していきましょう。 相手にお願いをする場合の例文 「お手数をおかけしますが、何卒ご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。 」 クッション用語として使う場合の例文 「お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。 」 「お手数をおかけしますが、ご返信をお待ちいたしております。 」 「お手数をおかけしますが、ご確認のほどよろしくお願いいたします。 」 「お手数をおかけしますが」の変化形を使った例文 「お手数ですが、添付書類をご覧いただけませんでしょうか。 」 「お手数をおかけしました。 ありがとうございました。 」 「お手数をおかけして恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。 」 「お手数をおかけしますが」の類語 相手に対して、何か頼みごとをするときに、「お手数をおかけしますが」の代わりに使える類似表現(類語)をまとめてご紹介していきましょう。 なお、類語とともに、使用する際の注意事項についても記載していますので、合わせてご確認ください。 ただし、どちらかといえば、親しい間柄の相手に使うシーンに向いている表現ですので、場合によっては使い分けが必要です。 使用したほうがよいかどうか迷う場合には、「お手数をおかけしますが」という一般的な表現にとどめたほうがよい場合もあります。 なぜならば、使う相手によっては、失礼な表現として受け取られる場合もあるからです。 要注意!よくありがちな誤った使い方 助詞などの使い方次第では、かえって相手に対して失礼に当たる場合があります。 「お手数をおかけしますが」を正しく使いこなすために、以下のよくありがちな誤った使い方を確認しておきましょう。 お詫びの言葉とセットでの使用はNG お詫びの言葉と同時に使う表現「お手数をおかけしますが、申し訳ありません。 」は、間違った使い方となります。 お詫びの言葉をあとに続けたいのであれば、逆接の「が」を除き、「お手数をおかけして申し訳ありません。 」とするのが正解です。 したがって、「お手数かけさせますが」という表現は、自分が要求をしているかのように捉えられ、失礼な表現となってしまいます。 自身の行動に関する文章の中で使用するのは誤り 「お手数をおかけしますが」は、相手を敬って使われる表現です。 したがって、自身の行為に対しては使用できません。 例えば、「お手数をおかけしますが、のちほど確認させていただきます。 」は誤用です。 冒頭にクッション言葉を添えたいのであれば、「恐れ入りますが」や「申し訳ありませんが」を付けるのが正解となります。 まとめ 仕事上、相手に何かを依頼する機会は多いものです。 できるだけ気持ちよく、自分の要望や依頼を受けてもらえるようにするためにも、「お手数をおかけしますが」をタイミングよく使いこなしましょう。 ただし、使いすぎると、単なる枕詞と思われがちであるため、使う頻度にも注意が必要です。

次の