レンブラント 自画像。 レンブラント《自画像》作品解説

レンブラントの作品一覧:MuseumAnote

レンブラント 自画像

レンブラントと自画像 レンブラントほど自画像を多く描いた画家は少ないのではないだろうか。 デッサンも含めれば相当の枚数になるはずだ。 しかし、彼の作品を観ればその理由もうなずける。 画家生活の生涯を通じ一貫してこだわってきたのが人物の表情と、それを強調する光と影だからである。 自身の内面にある複雑な思いをどのようにキャンバス上に表現するかを自画像を描くことによって学び取ることが自身にとって重要なことであり、それが作品の製作において欠かす事の出来ない中心的な要素になるからである。 彼の作品には人物の表情から読み取るドラマがある、物語があるのだ。 だからこそ鑑賞者を魅了するのである。 自画像とその時代 1629年の自画像 23歳 レンブラントはこの頃から自画像を描き始めた。 この年の4年前画家として独立 オランダ総督の秘書ハイヘンスの支援により最初の注文を受け成功を収める。 作品2点がイギリス王室に買い上げられる。 1630年の自画像 24歳 父死亡 1631年の自画像 25歳 アムステルダムに移住。 ニコラース・ルッツの肖像を描く。 肖像画家として評価が高まる。 1634年、サスキアと結婚。 1639年の自画像 33歳 アムステルダムの中心街に邸宅を購入。 人生の絶頂期。 1640年の自画像 34歳 母死亡 1641年 息子ティトゥスが洗礼を受ける。 1642年、「夜警」が完成 同年6月14日 サスキア死去 1645年の自画像 39歳 版画の製作に夢中になる。 100ギルダー版画が人気を博しよく売れた。 1648年 独立戦争終結 オランダ独立。 1656年 自己破産 1658年の自画像 52歳 自宅を競売に付される。 それでも多額のの負債が残った。 ローゼンフラフトに移りユダヤの友人たちと隠遁生活を送る。 1661年の自画像 55歳 布地組合の集団肖像画完成。 ホメロスの注文を受ける。 1665年の自画像 59歳 息子ティトゥスが成人し相続を受ける。 1668年の自画像 62歳 「笑う自画像」人生の栄光と苦難を経験し、すべてを悟ったかのような微笑みを浮かべる老年の姿。 1669年の自画像 63歳 息子の妻の下で生活する。 制作中の「神殿のサムソン」は未完成のまま残る。 この年、10月4日 死去.

次の

レンブラント・ファン・レイン

レンブラント 自画像

・・・こんな感じかな?では、細かく作品の特徴を解説していきましょう! 作品の特徴 自画像 この作品の主題は自画像。 レンブラントは生涯を通して油絵やエッチングで何枚も自画像を残しています。 当時、画家の自画像は買い手がいなかったので、基本的に 絵の研究をするためにこれらの自画像を描いていました。 どれも特別な衣装や作り込まれた雰囲気で飾られてきましたが、年老いるにつれてだんだんと幻想的な設定から逸脱していきました。 特に 晩年の自画像は、彼の人生と感情の起伏をありありと映し出していて、見る者の心により強く訴えるようなものになっています。 『キリスト昇架』『ヨセフの夢』『聖ステバノの殉教』など、聖書物語を題材とする絵画においても、 レンブラントは群集の中に自画像を含ませています。 いろんな種類の自画像がありますね! 光の使い方 レンブラントは「 光の魔術師」と呼ばれ、その異名が示す通り 光を塊で捉えるという独特の手法を編み出しました。 作品の一点に、 暗闇に鋭く差し込むスポットライトのような光線が当てられ、その部分を強調すると同時に、暗闇の部分を逆に強調しました。 モデリング レンブラントは、陰になる部分には暗い絵の具を何層にも重ね、反対に明るい部分には モデリングという 画面に凸凹をつける手法で、白く明るい絵の具を分厚く乗せて強調しました。 時には、数センチ盛り上がっていることもあり、 「レンブラントの自画像の鼻はつまめる」と言われていました。 写実的なタッチ レンブラントは、まるで 自然をそのまま模倣しているかのような 写実的なタッチが特徴的。 生々しいほどのリアリティが魅力なのですが、当時はそれゆえに批判されてしまったこともありました。 作品の評価 彼は沢山の弟子と共に大規模な絵画活動を行い,数多くの作品を残しました。 レンブラントの 《ヤコブ・ド・ヘイン三世の肖像画》は過去に4度も盗難に遭っていることから、『 お持ち帰り用レンブラント』と言われています。

次の

レンブラント・ファン・レインの「自画像」

レンブラント 自画像

17世紀のネーデルラント(現在のオランダ)で活躍したレンブラント・ファン・レイン。 フェルメール、ルーベンス、ベラスケス、カラヴァッジョらとともに、バロック絵画を代表する画家のひとりで、日本の美術の教科書にも載っている巨匠です。 レンブラントは、油彩のほか、エッチングや銅版画、デッサンでも多くの作品を残していますが、そのうちの数点は、日本の美術館が所蔵。 20代半ばから肖像画家として多くの仕事をこなしていたこともあり、肖像画や自画像が多いのも特徴。 今回紹介する3作品も、人物を描いたものです。 バロック絵画は日本でも人気が高く、2018年も数多くの作品が海外からやってきます。 そんななか、日本の美術館にレンブラント作品が所蔵されていることの素晴しさをかみしめながら、展覧会に足を運んでみてはいかがでしょうか。 DIC川村記念美術館 常設展示中 レンブラント・ファン・レイン「広つば帽を被った男」1635年 油彩、カンヴァス 76. 5cm(楕円形) DIC川村記念美術館蔵 初代館長の川村勝巳氏は、経営の労苦の合間にひとり絵画と語らうことを無上の喜びとしていましたが、この、若くして成功した商人と思われる肖像画には、旧友と再会したような思いを抱いていたといいます。 館内で最小の展示室に一点だけ飾られている、特別な作品。 原版が確認されているのは世界でも約80点しかありませんが、そのうちの2点、「ヤン・アセレインの肖像」と「門づけをする楽士たち」が、ハウステンボス美術館にあります。 貴重な名品! 展示予定は問い合わせを。 MOA美術館 レンブラント・ファン・レイン「帽子を被った自画像」MOA美術館蔵 日本美術の名品を数多く所蔵することで知られるMOA美術館には、西洋絵画の名画も!「帽子を被った自画像」は、20代前半のレンブラントの自画像で、生涯にわたって描かれた多くの自画像の中でも、たいへん興味深い存在です。 何かを語りかけている瞬間のようにも見える、唇を少し開いた表情と、右上から当たる光が、人物を若々しく、生き生きと見せています。 展示予定は問い合わせを。

次の