10 円 玉 を ピカピカ に する 方法。 中学生 自由研究 10円玉をピカピカにする方法!結果のヒントとまとめ方も

【カンタン・開運・厄落とし】家にあるもので5円玉をピカピカにする方法

10 円 玉 を ピカピカ に する 方法

スポンサーリンク 中学生の自由研究で10円玉をピカピカにする方法 【実験】10円玉を1番ピカピカにするのはどれ!?意外な結果に! 中学生が自由研究として「10円玉をピカピカにきれいにする方法」のやりかたを説明します。 自由研究の目的等 茶色くなった10円玉をピカピカにきれいにする方法は何か? なぜその方法(液体等)はきれいにできるのか? 等を知る。 用意するもの ・10円玉(茶色になっているもの)(枚数は実験の数だけ) ・コップまたは皿など(実験の数だけ)・ピンセット等 ・ガスコンロ ・調味料・食品・薬品等の液体 [水、食器用中性洗剤、漂白剤、クレンザー、トイレの洗剤(酸性洗剤)、食塩水、醤油、味噌、みりん、エタノール、マヨネーズ、酢、ケチャップ、タバスコ、ウスターソース、レモン汁、わさび、オレンジジュース、コーラ等から選ぶ] 実験の方法1-物理的に汚れを落としてみよう 10円玉は銅とスズの合金である青銅製ですが、スズの割合は少なく 純銅に近いです。 純銅は本来赤みを帯びた金色ですが、茶色になっているのは金属酸化物( 酸化銅など)や汚れのためです。 まず汚れを 物理的にこすって落としてみましょう。 写真も撮りましょう。 クレンザーで10円玉の表面が物理的に削られて、きれいになったと考えられます。 手垢などの汚れは水や中性洗剤でも落ちるはずですので、それでも10円玉の茶色に変化がないということは、 茶色の部分は汚れ以外の酸化銅等が主であると考えられます。 実験の方法2-液体をかけてきれいにしてみよう いろいろな液体を10円玉にかけてきれいになるかどうか試してみましょう。 上記の「用意する物」にあげた液体のうちから選んだものを10円玉にかけ、定期的に観察し、写真を撮ります。 (例:10分後、30分後、1時間後、2時間後、6時間後、12時間後、24時間後等) 選ぶ液体は調味料だけでなく、洗剤や食品も入れて、できる範囲で選びましょう。 ピカピカを保つためにはセロテープを貼るなどして空気にふれさせないのがよいでしょう。 大きめの濡れ布巾を近くに置きます。 10円玉をピンセットなどではさみ、ガスコンロの火で熱します。 やけどしないように十分注意してください。 このとき、銅の 炎色反応で炎が青緑色になるので観察しましょう。 10円玉が真っ赤になるくらい十分熱したら、エタノールにつけます。 一瞬にしてピカピカになるはずです。 もしエタノールに引火してしまったら、慌てずにそばにおいた濡れ布巾をかぶせて消火してくださいね。 ピカピカになったら撮影しましょう。 中学生の自由研究 10円玉の結果は? 実験の結果は? いろいろな液体を10円玉にかけてみて、きれいになりましたか? それはどの液体でしたか? 一部ネタバラシをしてしまうと、次の液体等が10円玉をきれいにできるはずです。 (例)味噌、酢(醸造酢)、醤油、ウスターソース、タバスコ、レモン水、トイレの洗剤(酸性洗剤)等(まだありますよ・・・全部は書いていません) なぜきれいになったか? 10円玉の茶色がピカピカになったのは、表面の酸化銅から酸素が引き離され、銅に戻ったためです。 これを 還元といいます。 この還元を起こすものは単に酸であれば何でもよいというわけではありません。 酢酸やクエン酸では効果がないのです。 有機酸やアミノ酸などが還元にかかわっていると考えられます。 10円玉をきれいにできた液体がみつかったら、その成分を調べてみてください。 ヒントは、味噌や醤油など醸造に関係したものが還元しやすいです。 中学生の自由研究 10円玉のまとめ方 写真も撮って実験が終了し、自分なりの考察も考えたら自由研究のレポートをまとめましょう。 「酸化・還元」については、参考図書などで調べてみるのもよいと思います。 自由研究のレポートの書き方については、下記のページを参考にしてください。 まとめ 10円玉実験は小学生でもできることですが、中学生ならではの実験の方法や、レポートで差をつけましょう。 液体を多種使ってみたり、多くの写真をそえたり、酸化・還元のことをよく調べて考察を詳しく書いたりすれば、オリジナルで立派なレポートができますよ。 自由研究、楽しみながら行ってくださいね。

次の

10円玉をきれいにする方法!ピカピカに磨くのに必要なものはコレ!

10 円 玉 を ピカピカ に する 方法

お小遣いの10円玉を見ていたら、きれいな10円玉と汚れている10円玉がありました。 汚れている10円玉をピカピカのきれいな10円玉にするために、台所にある洗剤で洗ってみましたが綺麗になりませんでした。 だから、10円玉をきれいにする方法を調べてみたら、家にある調味料に付けると10円玉がきれいになることを知ったので、自由研究のテーマとして10円玉をきれいにする方法の結果・考察・まとめ方についてお伝えします。 10円玉をきれいにする自由研究の基礎データ 難易度 簡単 対象 小学生3年生以上 実験期間 1日 テーマ 実験 費用 0円 10円玉をピカピカにきれいにする実験方法は簡単です。 用意した10円玉に、準備した調味料を掛けたり、付けたり、浸したりすることで実験できます。 ただし、こぼしたりすると周辺を汚れてしまうので、こぼしたり、汚したらいしたら綺麗にしましょう。 用意するもの 材料 個数 しょうゆ 1つ ソース 1つ お酢 1つ キムチの素 1つ レモン汁 1つ ケチャップ 1つ ラー油 1つ マヨネーズ 1つ 梅干し 1つ 牛乳 1つ 食塩水 1つ コカコーラ 1つ 焼肉のタレ 1つ めんつゆ 1つ ポン酢 1つ 和風ドレッシング 1つ 受け皿 1つ 10円玉 16枚 ティッシュ 5枚 デジカメ 1台 調味料などは、家で準備できるものでいいと思います。 この実験のために新たに購入する必要は無いと思います。 使うことがあればいいですが・・・。 調べてみたら、タバスコが一番綺麗になるということが書かれていましたので、タバスコがあれば使うといいです。 コカ・コーラではなく炭酸水でもいいと思います。 10円玉をきれいにする方法 受け皿・容器を準備する お皿を16枚準備することが難しかったので、自分で受け皿を作ってみました。 過去に牛乳パックを使った工作をしたときに余っていた牛乳パックを使って写真のように1つの受け皿で16個のマスを作り、見やすい用にしました。 長方形に切ったものを切り込みが合わさるように格子状に組み立てていきます。 箱の外枠部分に上下左右に3cm間隔で印をつけて、格子状に組み立てたものを入れて、箱の3cm間隔の印に牛乳パックを合わせて、接着剤で固定します。 箱部分と格子部分に隙間があるようなら、ボンドを使って隙間を埋めていくといいです。 この隙間を埋めておくことで、マス目に入れた調味料などの液体が混ざりません。 調味料を準備する 使う調味料を1つの場所に準備しておきます。 冷蔵庫にある調味料を出し入れすると、冷蔵庫が夏場は冷えにくくなってしまうと思うので、一旦、使う調味料はすべてまとめておくと使いやすいです。 調味料を入れる場所を紙に書く 容器と同じマス目を紙に書いて、どの場所に、どの調味料を使うかを分かるようにしました。 こうしておくことで、調味料を付ける前と後の10円玉の違いを分かりやすくしたいと思います。 受け皿に10円玉を入れる 受け皿に10円玉を入れました。 10円玉に調味料をかける 受け皿や容器に入れた10円玉に調味料をかけます。 今回は10円玉の表面だけに調味料をたらす感じでかけました。 10円玉すべてに調味料をかけました。 かけた調味料は紙に書いた位置と同じにすることが、分かるようにしました。 実験方法1:どの調味料が10円玉をきれいにするのか? 汚れた10円玉を受け皿にいれて、16種類の調味料をかけて1時間置き、10円玉をきれいに水洗いして、どれぐらいピカピカになったのかを調べました。 調味料は水で洗い流し、ティッシュペーパーで水分などを拭き取ります。 実験方法1の実験結果 調味料をかける前の10円玉と、調味料をかけた後の10円玉の写真を左右に並べて比較してみました。 炭酸を含むコカコーラは少し汚れが取れ、色が明るくはなりましたが、そこまで大きな色の変化がありませんでした。 「少しきれいになった」調味料は、汚れは落ちましたがピカピカと光っている訳ではない状態です。 「ピカピカ」になった調味料は、まさしく想像していたとおりに、10円玉がピカピカに光輝いています。 その中でも、梅干しの10円玉はひときわ綺麗にかがやいていますので、今回の調味料の中では梅干しが一番です。 実験方法1:なぜ、汚れが落ちるのか? 10円玉は銅で作られているため、汚れの主な原因は酸化銅と呼ばれるサビです。 銅は、酸素に触れると酸化して黒く変色します。 これを酸化銅といい、ピカピカ光っていた10円玉が汚れる原因となります。 10円玉に付いた酸化銅を落とすには、酸・アミノ酸が含まれているものであれば、サビを溶かしてきれいにする効果があります。 さらに塩が含まれていると、サビを溶かす働きを助けるため、より綺麗にサビを落とすことができます。 その中で、酸・アミノ酸・塩に該当する成分を青文字にしました。 青い文字の調味料はほとんどが汚れが落ちていることが分かります。 食塩水は擦らないと綺麗になりませんでした。 コカコーラは少しきれいになりましたが、今回はそこまで綺麗になった感じがありません。 もしかしたら量が少なかったのかも知れません。 実験方法2:汚れの落ち具合を調べる 汚れの落ち具合を調べる調味料は、梅干し・レモン汁・めんつゆ・ポン酢・コカコーラの5種類です。 容器のたっぷりを各調味料を入れて、汚れている10円玉を浸して、10分おきに汚れ具合を見て、60分(1時間)後までの汚れの落ち具合について見てみました。 紙に表をつくり、横に調味料、縦に時間を書きました。 一番上にある10円玉が各調味料に付ける前の状態です。 10分ごとにデジカメで写真を撮り、印刷した写真を1枚の紙に貼り合わせるようにしてまとめてみます。 10分おきに写真撮影して、プリントしたものを時間ごとの欄に貼り合わせた状態です。 撮影するときの明るさが違ったため、10円玉の汚れが落ちる過程がちょっと分かりにくかったです。 同じ明るさで撮影することができる場所を選んでおいたほうがいいです。 できれば、日射しがあたる明るい場所での撮影がいいと思います。 汚れを落とす経過が分かりやすいように注意しておく必要があります。 ただ、見た目では、10分おきに汚れが確実に落ちていき、黒かったものがきれいになっていくのが分かります。 実験方法2:10円玉の汚れの落ち方の結果 項目 梅干し レモン汁 めんつゆ ポン酢 コカコーラ 10分 落ちる 落ちる 落ちる 落ちる 落ちる 20分 落ちる 落ちる 落ちる 落ちる 落ちる 30分 落ちる 落ちる 落ちる 変化なし 変化なし 40分 落ちる 変化なし 変化なし 変化なし 変化なし 50分 変化なし 変化なし 変化なし 変化なし 変化なし 60分 変化なし 変化なし 変化なし 変化なし 変化なし 撮影した画像も再度確認して見比べながら、10円玉の汚れの落ち具合を見てみました。 これは自分の見た感覚ですが、梅干しは40分掛けて汚れを落とし、そのあとの変化はほとんど見られませんでした。 レモン汁・めんつゆは30分、ポン酢・コカコーラは20分以降の汚れの落ち具合はほとんど変わっていません。 梅干し・レモン汁・めんつゆは始めの10分で、かなりの汚れが落ち、梅干しとレモン汁に付けた10円玉はピカピカになりました。 感想・考察 10円玉が汚れる原因はサビによるものです。 10円玉は銅でできているため、空気に触れることで酸化して酸化銅となり黒く汚れた10円玉になります。 この黒い汚れはお酢や塩でこすったり、つけたりすることで表面のサビが取れて、その下にある綺麗な銅のピカピカした色が現れることが分かりました。 お酢が一番きれいになるのかと調べていると感じましたが、レモン汁・梅干し・めんつゆの3種類が一番ピカピカになり、中でも梅干しが一番きれいになりました。 全ての10円玉を見比べてみると、色の違いがあります。 汚れの落ち具合だと思いますが、ソースの10円玉は白っぽくなっています。 焼肉のタレは汚れがまだら模様になっています。 10円玉をきれいにする方法が分かりました。 今回は1時間漬け置きしましたので、今度は時間の経過を見て、どのくらいの時間、漬け置きしたら、ピカピカの10円玉になるのかを調べてみたいと思います。 まとめ 10円玉をきれいにする方法は、簡単な自由研究テーマですが、中学生や高校生が取り組むのであれば、化学式を使って説明するようにすると、勉強してきた内容を活かした自由研究のまとめ方になります。 10円玉の汚れのサビは酸化銅です。 その酸化銅が調味料に含まれる酢酸と反応して、水に溶けやすく化学変化を起こします。

次の

10円玉をピカピカにする方法はどうすれば?綺麗になる理由は?

10 円 玉 を ピカピカ に する 方法

硬貨の汚れの洗浄方法・磨き方3個目は、塩素系漂白剤を硬貨やコインにつけることです。 漂白することができるのでピカピカになりますよ。 ただ、薬剤を使っているので材質は選びます。 その上、塩素系漂白剤は混ぜるな危険の種類が多いので余計に薬剤などを混ぜないようにしてください。 有毒ガスが発生して危険です。 また、1円玉はアルミでできているので避けてください。 さらに、塩素系漂白剤を直接コインや硬貨にかけると強すぎるので水で薄めて使ってください。 1:1の割合がおすすめです。 最後に煮沸して塩素系漂白剤の成分を落としきると完成です。 手間は、かかりますがピカピカで綺麗な硬貨になると人気の方法になります。

次の