源氏 物語 アニメ。 源氏 (漫画)

源氏 (漫画)

源氏 物語 アニメ

あらすじ 十一世紀初頭、宮廷に仕えた女流作家・紫式部によって書かれた長編小説「源氏物語」。 日本文学史上の代表的な作品である「源氏物語」が世に誕生して千年。 その後の日本が独自の文化を形成していくうえで、重要な源泉のひとつとなった名作を、ついにテレビアニメ化。 監督には「ベルサイユのばら」「エースをねらえ! 」「劇場版CLANNAD-クラナド-」の出﨑 統。 次々と名作アニメを生み出してきた出﨑監督が「源氏物語」に心酔、65歳を迎え歴史ある文芸作品のアニメ化に挑みます。 時は平安時代。 帝とその寵愛を一身に受けた桐壺の更衣との間に光源氏が誕生した。 やがて見目麗しい青年に成長した光源氏は、 三歳の時に失った母に瓜二つの父帝の妃・藤壺の宮を慕い、道ならぬ恋に落ちていく。 平安の世を艶やかに彩る、光源氏と彼を取り巻く女性たちによる 千年の時を超える不朽のラブストーリー。

次の

源氏物語千年紀 Genji(TVアニメ動画)の感想/評価、レビュー一覧【あにこれβ】

源氏 物語 アニメ

あらすじ 十一世紀初頭、宮廷に仕えた女流作家・紫式部によって書かれた長編小説「源氏物語」。 日本文学史上の代表的な作品である「源氏物語」が世に誕生して千年。 その後の日本が独自の文化を形成していくうえで、重要な源泉のひとつとなった名作を、ついにテレビアニメ化。 監督には「ベルサイユのばら」「エースをねらえ! 」「劇場版CLANNAD-クラナド-」の出﨑 統。 次々と名作アニメを生み出してきた出﨑監督が「源氏物語」に心酔、65歳を迎え歴史ある文芸作品のアニメ化に挑みます。 時は平安時代。 帝とその寵愛を一身に受けた桐壺の更衣との間に光源氏が誕生した。 やがて見目麗しい青年に成長した光源氏は、 三歳の時に失った母に瓜二つの父帝の妃・藤壺の宮を慕い、道ならぬ恋に落ちていく。 平安の世を艶やかに彩る、光源氏と彼を取り巻く女性たちによる 千年の時を超える不朽のラブストーリー。

次の

絵巻物はアニメの原点?国宝鳥獣戯画や源氏物語絵巻が広めた図法の謎

源氏 物語 アニメ

いづれの御時にか、女 御・更衣あまたひ給 ひける中に、 いとやむ ごとなききはにはあら ぬが、すぐれて時めき 給りけり。 この記事の一部には稚児には見せられぬかかることが書かれたり。 この記事を開きしまま席をかれせばしきことになるやもしれず。 この記事は、が明かさるる成分を多く含みたり。 たる時には、いかなることがありても自らの責となすべし。 源氏物語(げんじものがたり)とは、中期に成立した長編である。 また最古のス、、ハーレクでもある。 は、全四。 概要 作品 源氏物語 (しきぶ) 形式 発表日 長保三年(年) 巻数 全• を通して当時のの様々な 模様を(義的に なも)描いた作品で、を中心とした権闘争もられるを代表するのひとつ。 の一の作品。 理想のを内でひたすらダラスに暴れさせ、男の情けなさ、女の哀しさやしたたかさを描ききった・を(女的意味での)の元祖と考える識者もいる。 「源氏物語」と言っているが実は 正式ながわかっておらず「の」や「の」「の」と様々な呼ばれ方をする。 「更級」などには「の」と書かれているためい段階でこの通称だったと思われるが、本人はなんとつけたのかはわからない(そもそもをのかもしれない)。 約(原稿用0枚分)に及びおよそ名近くの人物が登場し、 0首弱の和歌を詠まれている。 絵巻化もされており(今で言う)、現存するもののいくつかは 宝となっている。 テーマ• 「 形代(身代わり・代用)」の• が亡くなった更衣の代わりに生き写しであるの宮を妻とする。 がが許されない の宮の代わりに次々としていく。 さらにの宮の姪2人を妻にする。 が亡くなったの大君の代わりにとそっくりの大君の異・をそばに置く。 「 」「 再挑戦」の• になれなかったの代わりに彼の実子であるがに就く。 の妻になれなかった六条御息所の代わりにのが中宮になる(好中宮)。 の後援がなかった更衣の代わりに、の孫であるの君がの絶大なのもと入内し女御そして中宮となる。 「 の生き方」の• をすぎるあまり生霊・亡霊となる六条御息所、一筋に行きて裏切られ衰弱していくの上。 それに対して「」が好きだが自分はの1番ではないとわかっておりあえて院のものに行く、同じくが好きだが沙汰に巻き込まれたくなくを貫くの斎宮。 他には自分がの2番手3番手(本命ではない)と自認しており、それでいての側にいるの御方や散里。 を貫くかを置くかそれでも側にいるか、どれが本当に良い生き方なのかは読む人次第である。 ストーリー 通常、は三部に分けられると考えられている。 第一部 (第一『』~第三『葉』) の生誕、めくるめく生活、順調な出世などイケイケの四十年間。 第~第までを『玉鬘十』ということもあり、玉鬘の話である。 第二部 (第三十四『 上』~第四十一『幻』) のきあり、それまでの関係が大きく変化していく悩みの十四年間。 のたち世代が活躍する。 第三部 (第四十二『匂宮』~第四『夢浮』) と、の匂宮を中心に展開する新世代(ジ)の十四年間。 「十」とよばれる。 の孫世代が活躍する。 第~まではがなので『』とも呼ばれる。 主なキャラクター は 、は で示す。 また、と関係を持ったには あり。 登場人物のほとんどは あだ名で呼ばれており本名はわからない。 また役職で呼ばれている人物もいるため呼び方がする場合もある。 主要人物• (げんじ)• 第一部、第二部の。 の皇子、言い方を変えれば様でありりく。 このことから幼少期は「 の君(のきみ)」と呼ばれる。 さらに下の秀才、抜群、の才にた上、・地位・名誉も手に入れるという。 の第二皇子であるもののの判断により皇族からは外される。 この時に 「」の氏を与えられたりく人だから「」である。 くんではない。 元後は「 の君(げんじのきみ)」と呼ばれるようになる。 皇族でないため割とな生活を送り、多くのと関係を持つが、時にはそんな奔放な性生活がとなることも。 の妻・・とも関係を持つ。 とか言われるが年上相手もかなり多い。 亡きに似てるとして にいだ の宮にしてしまったことから彼のは決定付けられる。 冷静に見えるがわりと感情豊かな男である。 の妻としたことにより須磨に流される。 出世を驀進し最終的に 太政大臣に。 さら実際の上には1人しかいない 「准太上」という 特例階級となり再び皇族に戻る。 ここから 六条院と呼ばれるようになる。 は2人。 は3人(正確に言うと血の繋がった親子だが表向きが1人、表向き親子だが実は血のつながっていないのが1人、なので血がつながっていて表向きも親子なのは2人のみ)。 養子が一人。 の上 (のうえ) の最の妻。 実質的に源氏物語の。 中宮の姪っ子。 8歳位の時にに見つかってしまう。 将来有望なを自分好みのに育成する、いわゆる「計画」のともなった美。 上の死去後は同様に扱われるものの、寄る辺ないとしての気苦労をその身に背負い込む事になる。 の死とともに編(第1部-第2部)が終わっていく。 中宮 (ふじつちゅう) 源氏物語における最重要人物。 の妻の一人。 の亡きの更衣に生き写し。 こともあろうに は貌の義と関係を持ってしまう。 禁断の関係はずるずると続き、やがてはの子を宿す。 表向きはの子としながらも、ふたりは長い間罪悪の念に苛まれることに。 光源氏の両親• の最初の。 身分のさほど高くない更衣を他の妃を差し置いて周りが引くぐらい偏。 このことから「」とよばれるようになる。 との間に ・を生む。 の君をのがないことから臣籍降下させにする。 をに就かせていたらと 死ぬまで後悔する。 更衣の死後、 に似てるということでの宮を妻にしたことが。 当時てもかなりの子沢山。 だけで10人いる( 実は1人は孫だが)。 も少なくとも3人はいる。 が・次男が・8男が八の宮・10男が。 他にも何番の子かわからないが良く登場する兵部卿宮がいる。 后妃は徽女御(右大臣の・の)・更衣(の)・中宮・麗女御(散里の)等など。 に(女三の宮・左大臣の妻・頭の)・前坊(前の東宮・六条御息所の夫)・式部卿宮(の斎院の)がいる。 10男が生まれたのを機にに譲位。 院となる。 が歳の時に崩御。 が実の子でいと知っていたかどうかはわからない。 がに流されたときは 切れ、 亡霊となってとの元に訪れている。 更衣 (きりつこうい) の妻の一人。 大納言のだが後ろのも他界し身分は大して高くはないが、その美貌と性格でのお気に入りの座を射止める。 しかし、それが原因で周囲のからの陰湿なに遭い、心身ともに衰弱。 が三歳の時にこの世を去る。 光源氏の女たち• (のうえ) の最初の。 当初、育ちのと年下の夫・とは反りが合わず、冷え切った仲だった。 気らしに出かけた祭で担当の部下が六条御息所のに礼を働く。 この事件が御息所の内的抑圧を壊すきっかけとなってしまう。 夕を産んだ直後に他界。 (うつせみ) なだが、その身分をわきまえた立ち居振る舞いやの良さで、だったを虜にする。 のとの噂あり。 軒端荻 (のきばの) の義理の。 のに対してが用いたの術の、いわば身代わり。 (ゆうがお) 井に暮らす知性的な。 その正体は、一人をもうけながらものを恐れて姿をくらました頭の元。 物の怪に取り憑かれて命を落とす(六条御息所の生霊説もある)。 末 (すえつむはな)• 『源氏物語』内でも異色の?。 顔色はく痩せていて、鼻が垂れていて先がいと、散々な言われよう。 加えて古に育てられた所為で世間知らずな為、をしばしば困惑させる。 こんなだが一応皇族。 、その心根の素直さをに買われかり生涯保障をしている。 六条御息所 (ろくじょうのみやす(ん)どころ) のの一人。 元東宮妃。 年上のであり、地位も教養も申し分ないであったが、そのの高さゆえににを置かれてしまう。 もその気位ゆえ素直になれず、その抑圧はいつしか 生霊と化し、上をとり殺してしまう。 元祖とされる事が多いが、上を殺したのが自分の生霊と気付いた時には、自分の深さと犯した罪に恐れおののく描写がある。 のがもはやわぬと悟ったは瀬にいるの元へ身を寄せ、を去り、その後にの後見人を(に手を出すなという忠告つきで)に頼んでいる。 死後もの上や女に 取り憑いており、内に秘めた女の執念をる。 ではなく ヤン化けと言った方が正しいだろう。 (づきよ) 右大臣の。 徽女御の。 奔放な性格。 (の)の女御になる予定だったが、にかっさらわれる。 その後尚になってもと関係を持ってしまう。 の御方 (あかしのおんかた) の受領のだったがと、が後のと、さらに孫が東宮になるという本作随一のだが、その成功はの賢さと耐によるところが大きい。 の中宮の。 をめぐるである上との関係もそつなくこなし、の死後は年齢を経たの心の慰めになった。 女(おんなさんのみや) 編の的存在。 の2番の。 中宮の姪っ子。 の院の。 がとしたためにいろいろな人ののが狂っていく。 第・の。 その他の人物• 頭 (とうのちゅうじょう)• 一貫したあだ名がなく便宜上最初に中心人物となった第4『』で「頭」だっため固有名詞的ににこう呼ばれる。 作品内では彼はどんどん出世していくのでそのときの官職で呼ばれる。 後は「 致仕の大臣(ちしのおとど)」とよばれる• の親友にして義(の)。 また、政敵でもある男。 的にはでもある(がの)。 に女遊びを教えた本人。 彼ととの会話で中流のが良いという話になりは中流のを相手にしていく。 左大臣の。 は10人以上いる子沢山。 というか本人もはしてない。 が多く、は4人ほど。 そのためなんか知らんうちに実の玉鬘の親権をにとられてしまう。 妻は右大臣の四の君(徽女御の・の)。 政敵のとしてるのは両の緊緩和のため。 他にも皇族出身の人(の雁の)としてるがした。 とも(玉鬘)を作ったが消息不明に。 の後を追うように出世して太政大臣まで上り詰める。 のだがにされる事が多い。 と並ぶで背が高く、学問にも詳しくまた、にもている。 甥っ子である夕を可がっていたがの雁との仲が知れるとし疎遠に。 のち和解しを認める。 陽気な性格だったが、のの死後はしく落ち込む。 (てい) の第一皇子。 徽女御の。 彼自身は優しいいい人なのだが・祖がを恨んでいてる。 後半、何を血迷ったのか自分のをにがせてしまう。 徽女御 (こきでんのにょうご) の妻の一人。 強大な権を持つ女的存在。 更衣から始まり、その子であるやの新しい妻、に対してもしいを抱く。 『源氏物語』の、の宮廷でのの権を表す重要人物でもある。 一度はを失脚させる事に成功するが…。 兵部卿宮(ひょうぶきょうのみや)• ・の異。 の皇子ではあるのだが何番の子なのかはわからない。 と年が近い。 また第7話「賀」でのときに第4皇子が小さいとして登場し、次の第8話で兵部卿宮にもう妻がいるのでおそらく第3皇子の可性が高い。 「」兵部卿宮と呼ばれているのは第話「」でが宮にで明かりをつけて玉鬘の姿を見せたことから。 当代きっての。 絵やお香の判者を務めている。 の中では と一番仲がよく不遇の時代も交流を続けその後も親しくしている。 最初のは右大臣の(徽女御・の)。 しかしくに死別。 仲はよかったらしくその後も想い返している。 後妻は木柱(の、式部卿宮の孫)。 が、歳が離れすぎていてうまくいかなかった。 ではあるが 女人に問題あるとされ、玉鬘や女に婚したときもこれを理由に断られている。 また最初の妻がいたときも女がけっこういたらしい。 現存する源氏物語 に伝わっている源氏物語で確実に自身が書いたもの、もしくはを忠実に写本した(とされるもの)ものは一切残っていない。 元々として書かれ始めた源氏物語であるため、は気に入ったを手元に残しておくために写本をしたのである。 その過程で部分的なや展開を混ぜたりされた。 「ねぇねぇ今度書いたんだけど、読んで感想きかせて」 を渡す 「いいよー」 「あ、この話好きかも。 手元においておきたいから写本してっと。 ついでにこの表現と文章をっと変えちゃえ」 写本Aが発生。 貸して」 「あ、この話好きかも。 手元においておきたいから写本してっと。 ついでにこの表現と文章をっと変えちゃえ」 写本B が発生。 (以下・・・・ というようなことが頻繁に起こった。 さらにの女房になりある程度管理されたとなっても、稿をが黙って持ち出すというようなこともりのしていた時点ですでにな状態になっていたとされる。 また源氏物語はだけではなくいくつかの話が出まわるうちに失われたのではないかとか、いくつかの話はではないかがつくったの話ではないかとも言われている。 つまりの化 残っている 源氏物語は「だけ」でも種類以上がある。 大きく分けて「定本系」「本系」「その他」である。 これらの分類だけでも源氏物語研究の一分野として成立するほどである。 また一般的に出版されているものはがのをして編集した定本の「写本の一つ」である。 ああもうややこしい!! あさきゆめみし• 現代版の。 による。 累計 0万部突破のー。 でもされている。 非常りやすく描かれており、にもピッタリ。 そのため のオススメ本として紹介されていたり、大手にも置かれていたりする。 ほぼ通り忠実に描かれているがいくつか変更点がある。 導入部としてわかりやすくするため、と更衣のれ初めのが挿入されている。 玉鬘の後日談や女の話はされている。 のは3巻に後回しにされている。 散里は痩せてみすぼらしいだが本作ではになっている。 (当時はふくよかなほうが好まれたため逆にするため)• によりに化・化。 でもされたが出来がで者がを引き上げたため、源氏物語本体のになった(まあこの長大なを11話に収めろというのは理な話ではある)。 UULAで化された。 関連動画 (左)「…ただの?」 (右)「源氏物語になんて必要ないのよ、所詮のなんだから!」 関連商品 関連項目•

次の