ご査収 履歴書。 「ご査収くださいますよう」の意味と用例・ご査収の程との違い

「ご査収のほどよろしくお願い致します」の意味と使い方

ご査収 履歴書

ご査収は便利な言葉でもありますので、ついいろいろな場面で使ってしまいますが、間違った使い方をしないように気を付けましょう。 間違った使い方としては、調べるものがない時やよく調べなくてもいい時などにも使ってしまう場合です。 例えば、添付ファイルなどがない場合でも「ご査収ください」とあると、受け取った相手は何を調べるべきなのかわかりません。 ただ確認してほしいといった時には「ご確認ください」でまったく問題ありません。 むしろこちらの方が正確に意味が伝わります。 また、すでに送ったことのある資料の最終版などを送付する際も「ご確認ください」で十分です。 ご査収は「よく調べて受け取る」という意味であることを、きちんと把握しておきましょう。 繰り返しになりますが、ご査収は「よく調べて受け取る」という意味ですから、それに対する返事も単に「受領しました」では不十分です。 きちんと確認した旨も伝えるべきでしょう。 では、 「ご査収ください」という文面にはどう返事をすればよいのでしょうか。 例文を2つほどご紹介します。 ・確認させていただき、特に問題ございませんでした。 ご送付いただきまして、ありがとうございました。 ・書類の確認をさせていただきましたが、修正をお願いいたします。 修正箇所は~ このように、 受け取ったという事実だけでなく、中身にも目を通して確認したということを伝える必要があります。 ご査収に対しては「中身を確認し、受領した」という返事をする、このことをぜひ覚えておいてください。

次の

履歴書に付ける添え状の書き方。送り状と勘違いするな

ご査収 履歴書

転職活動も「非接触」がトレンドになりつつある現在、履歴書や職務経歴書の提出も手渡しではなくメールに添付でと言われることがあるかもしれません。 今回は履歴書・職務経歴書をメールで送る場合のマナーだけでなく、履歴書のファイルをPDFに変換する方法、パスワードを設定する方法などもあわせて確認していきましょう。 そのため、履歴書や職務経歴書を提出する際のメールには、簡潔さと分かりやすさが求められます。 メールを作成する際は、ビジネスマナーに則ったうえでわかりやすさを意識したメールを作成することを心がけましょう。 メールの件名はわかりやすくが鉄則!一目でわかる件名を まず工夫したいポイントはメールの件名についてです。 多くのメールの中に紛れてしまわないよう、件名を見ただけで、「誰が」「なんのために」送ってきたメールであるのかがわかる件名をつけてください。 端的かつ具体的に用件を記載し、そのあとに自分の氏名を書いておきましょう。 メールを送る前に必ず確認しましょう。 メール本文を長々書くのはNG!簡潔にわかりやすく 履歴書を送付するメールの場合、「応募者から履歴書が送られてきた」ことを伝えるのが一番の目的です。 そのため、礼儀正しさや熱意をアピールしたいからといって、本文に長々と志望動機を書いたり、自己PRをしたりするのはNG。 メール本文には• 宛先(正式名称・省略しない)• あいさつと名前• 締めのあいさつ• 署名(氏名、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス) これらの5項目をビジネスにふさわしい文体で書いていきましょう。 また、見やすさも大事です。 内容が長くなる場合は適宜改行したり、1行空けたりして文面を工夫しましょう。 メールサンプル 今回は、応募先企業の採用担当者から履歴書をメールで送るよう指示があった場合を想定したメール例を紹介します。 ご指示いただきました履歴書をお送りいたします。 ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。 後ほど、パスワードをお送りさせていただきますので、あわせてご確認をお願い申し上げます。 お忙しいところ大変恐縮ですが、面接の機会をいただけますと幸いです。 何卒、よろしくお願い申し上げます。 手書きの履歴書をスキャンする• WordやExcelで作成された履歴書テンプレートを利用する• 履歴書作成サイトなどを利用して作成する など様々な方法がありますが、その時、ファイル形式にも注意してみましょう。 というのも、履歴書や職務経歴書の場合、受け取った採用担当者が印刷をして管理・使用することが想定されます。 その場合、細かな用紙設定をせずに、レイアウトを保ったまま印刷できるファイル形式を選ぶことが担当者の負担を減らすことにつながるからです。 また、容易に書き換えが可能なファイル形式はあまり応募書類向きではないとも言えます。 そのような点を鑑み、応募書類のファイルは、多くの企業で広く利用されていて、環境によってレイアウトが左右されず、書き換えが難しい「PDF」形式で保存することをおすすめします。 WordやExcelのテンプレートを利用して応募書類を作成した場合でも、保存する際にPDF形式で保存することが選べますので、PDFファイルに変換しておきましょう。 WordやExcelで作成したファイルをPDFに変換する方法• 新規保存/名前を付けて保存• ファイル名を入力• pdf)」を選択• 保存 ファイル名もわかりやすく!! 添付するファイル名にも気をつけましょう。 先ほどのメール件名と同じく、わかりやすく簡潔に、一目見ただけで何のファイルかわかるような名前を付けてください。 具体的には、作成日、内容、名前をファイル名にすると良いでしょう。 そのため、セキュリティ面を考えると履歴書や職務経歴書をメールで送る際は、添付ファイルにパスワードを設定することを検討してみても良いかもしれません。 また、採用担当者から添付ファイルにパスワードをかけるよう指示される場合もあります。 その時は必ずパスワードを設定するようにしましょう。 添付ファイルにパスワードを設定した場合、ファイルを添付したメール内にパスワードを記載してはいけません。 添付ファイルに設定したパスワードをお送りいたします。 パスワード:XXXXXXXXXX お手数をおかけいたしますが、ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。 ———————————— 氏名(場合によってはふりがなも) 郵便番号 住所 電話番号 メールアドレス ———————————— パスワードの設定方法 ファイルにパスワードを設定する方法はたくさんありますが、今回はWordやExcelで作成したPDFファイルにパスワードを設定する方法をご紹介します。 WordやExcelで作成したPDFファイルの場合(Windows10)• 名前を付けて保存/新規保存• ファイル名を入力• pdf)• プルダウンメニューのすぐ下にある「その他のオプション」をクリック• 別ウィンドウが開いたら右下にある「オプション」メニューを選択• オプションウィンドウが開いたら一番下、「ドキュメントをパスワードで暗号化する」にチェックを入れて「OK」• パスワード設定ウィンドウが開くのでパスワードを設定して「OK」• 保存 WordやExcelで作成したPDFファイルの場合(Mac OS) Mac OSの場合は、標準機能でPDFファイルにパスワードをかけられるようになっています。 操作方法は次のAppleのサイトをご覧ください。 使いやすいものを選んで使ってみましょう。 手軽な分ミスには注意を 履歴書や職務経歴書のファイルさえそろっていれば、メールで送ることは難しいことではありません。 郵送や手渡しに比べだいぶ手軽に行えると言っても良いでしょう。 しかしその分、送り先の間違いや、添付忘れ、パスワードの通知忘れ、パスワードの誤り、件名の未記入などのミスが起こりやすいことも事実です。 担当者にメールを送る前にはしっかりと宛先や、件名、パスワードを使ってファイルが開けるかの確認などを必ず行うようにしましょう。 対面しない転職活動、採用選考が増えています。 心遣いや思いやりの気持ちが伝わるようなメールを送って企業にアピールしてくださいね。

次の

「ご高覧」の読み方と意味、使い方、例文、「ご査収」との使い分け

ご査収 履歴書

「ご査収のほどよろしくお願い致します」の正しい意味は、『よく調べてから受け取ること』であり、ビジネス文書や公文書でよく使われます。 見積書や企画書、履歴書など大事な書類を送る際、添え状や送付通知書の中で登場します。 簡単に言うと、「添付書類をよく確認してから受け取ってください」ということになります。 査収の「査」には調べるという意味があります。 そして「収」には収める・取り入れるという意味があり、これに敬語表現の「ご」を付けて「ご査収」となっています。 そこに「のほど」を入れることで、より自然な印象になります。 それでは「ご査収のほどよろしくお願い致します」の使い方を見ていきましょう ビジネスシーンではどう使う? 「ご査収のほどよろしくお願い致します」は、通常ビジネスシーンや公文書を扱う時にしか使われません。 ビジネスメールでは資料などの書類を添付したうえで、この言葉が用いられます。 相手がまだ添付書類を見ていない場合に使う言葉で、「確認する」という作業を依頼していることになります。 「ご査収のほどよろしくお願い致します」を使おう! 「ご査収のほどよろしくお願い致します」とひとことで言っても、その言い方はさまざまです。 ここでは、使い方の一例を挙げてみます。 ・本日、ご注文の商品をお送りいたしましたので、ご査収のほどよろしくお願い致します。 ・見積書を送付いたしましたので、ご査収のほどよろしくお願い致します。 ・履歴書と提出書類を送付いたしますので、ご査収のほどよろしくお願い致します。 というように、中身をしっかりと確認してもらいたい時に使います。 しかし、一度見てもらった書類を訂正し、再び確認してもらう場合などには「ご査収のほどよろしくお願い致します」は使いません。 この場合は「お納めください」の方が適しています。 また、確認の必要がない時やよく調べなくてもよい場合に使うのも、間違った使い方になります。 『よく調べて受け取る』という意味を把握して、「ご査収のほどよろしくお願い致します」を正しく使いましょう。 「ご査収のほどよろしくお願い致します」どう返す? 先方より「ご査収のほどよろしくお願い致します」との連絡を受け返答する場合は、何と返せばいいのでしょうか?内容をよく確認したということを相手に伝える必要があります。 その際、受け取った側は「ご査収」という言葉は使いません。 ・拝見いたしました。 ・受領しました。 ・拝受(はいじゅ)いたしました。 などと返すのが一般的です。 中でも「拝受」という言葉は、一番丁寧な返答になります。 大事な資料を大切に受け取りましたという意味であり、相手に対する気遣いを感じられる言葉になります。 「ご査収のほどよろしくお願い致します」目上には? さて、先ほどご紹介しました「ご査収ください」「ご査収願います」「ご査収のほどよろしくお願い致します」などの言い方ですが、目上の人に使う場合、どれを使ってもよいのでしょうか。 相手への気遣いを忘れないように! 「~してください」は丁寧な言い方ですが、あくまでも命令形になります。 最近は接客などでも「~してください」ではなく、「~していただけますか」などの言い方をする場合が多いです。 そこからふまえても、目上の人や取引先などに使う時は「ご査収のほどよろしくお願い致します」とする方が断然印象がやわらかくなります。 また「ご査収のほどよろしくお願い致します」に「何卒」を付けて「ご査収のほど何卒よろしくお願い致します」とすると、さらに丁寧な言い方になります。 確認作業をお願いしているのだから、相手への気遣いを忘れないようにしましょう。 送付状には何と書くの? 「ご査収のほどよろしくお願い致します」の意味はわかったけど、何だか堅苦しいイメージがして使いにくいという人もいるのではないでしょうか。 そこで、「ご査収」と同じような意味で、違う表現をご紹介します。 例えば、添付書類を確認してほしい時には、「添付書類のご確認、よろしくお願いいたします」または、「添付させていただきます」という表現でもOKです。 そのほかにも、「ご確認の上、お受け取りくださいますようお願いいたします」「ご検討のほど、よろしくお願いいたします」という言い方もできます。 また、「ご確認いただけますと幸いです」や、「ご一読くださいますようお願いいたします」も同様の意味になります。 「ご一読」は、目を通しておいてくださいという意味になるので、書類などに目を通すことを促すことになります。 「ご査収」に似ている言葉とは? 「ご検収」 「ご検収」-納入品が発注どおりか検査したり、品物の種類や数量、破損の有無、機会の動作確認を行って品物を受け取ることを言います。 また、コンピューターのシステム開発を外注した時に、納品されたシステムを検証する時にも使われます。 つまり、発注した商品などをよく検査して受け取るという意味になります。 よく確認して受け取るという点では「ご査収」と同じですが、受け取るものによってどちらを使うか変わってきます。 「査収」は金品や書類などを受け取る場合、「検収」は納入品やシステムを受け取る場合に使い、物によって使い分けされています。 使い方の例としては、 ・ご注文いただいた商品を発送いたしましたので、ご検収のほどよろしくお願いいたします。 ・商品に不備がないか、ご検収くださいませ。 などとなります。 「ご査証」 「ご査証」-言葉の響きも字面も「ご査収」によく似ていますが、実は大きく意味が違います。 「ご査証」は「調べて証明すること」という意味になります。 つまり証明してほしいのではなく、あくまでも確認して受け取ってほしいという前提である以上、確認を依頼する場合は「ご査収」の方が正しい表現だと言えるでしょう。 使い方の例をあげると、 ・査証を免除されました。 ・問題のあった資料につきまして、ご査証のほどよろしくお願いいたします。 などのように使います。 他の人が「査証」を使っていたから、自分も使っていたという人もいます。 しかし、大きく意味が異なりますので、しっかり意味を把握して、誤用しないように注意しましょう。 「お納めください」 先に説明したように、資料や添付ファイルなどを相手がすでに確認済みの場合には、この「お納めください」が適しています。 また、「お納めください」は「受け取り手に渡す」という意味もあり、ビジネスだけでなく多くのシーンで使われます。 結納での場面や、お土産などを手渡しする際に「持って帰ってください」という意味でも使います。 使い方としては、 ・心ばかりの品ですが、どうぞお納めください。 ・記念品をご用意いたしましたので、どうぞお納めください というように使われます。 「ご査収」を使いこなそう!.

次の