ルイージー。 ワルイージ (わるいーじ)とは【ピクシブ百科事典】

ルイージ・ボスカ|カサ・ピノ・ジャパン オンラインショップ

ルイージー

曖昧さ回避• 英語で「」、フランス語で「」、ドイツ語で「」。 イタリアの作曲家。 潜水艦の1つ「」。 及びそれを元ネタにした。 任天堂の「マリオシリーズ」に登場するキャラクター。 本記事で解説する。 概要 の一人で世界的に有名な配管工(緑色の方)。 の双子の弟。。 つづりは「Luigi」。 名前はマリオ同様、人男性にありがちな名前から 日本人名で言えばさんみたいなもの。 「マリオと 類似しているから」と言う説が流布していたが、あくまで俗説である。 マリオに比べるとやや長身。 ヒゲがギザギザしていないのが特徴。 運動神経は、マリオに負けず劣らず高く、バランス面にも優れているのだが、スポーツ系のゲーム設定では、マリオがパワーが高めになっているのに対し、ルイージはテクニカルが高めとなっている。 マリオに比べると、プレイヤーになれない作品があったり、なってもどこか報われない等といった部分を見せる事もあるが、そんなルイージもまた、 で、では、、、、、と共に7人のスターチャイルドの一人としてカウントされている。 人物 一人称は「僕(ボク)」。 柔らかい口調で喋り(~だよ、~だね、など)、兄もこの言葉遣いを使うが、口調はこっちのほうがある程度固定されている。 兄のマリオに対しては「兄さん」と呼び慕っているが、初期は英語圏と同様に「マリオ」と呼び捨てにしていた。 の説明書など 初期の頃には無鉄砲な性格だと設定されていたが、現在の性格は兄に比べると温厚でやや引っ込み思案という設定になっている。 また、臆病な面があり、特にオバケが大嫌い(実は「」より早く「」で述べられた)で、その類と相対した際は病的に怯える姿を見せる。 一方、日記をつけようとする等、几帳面な部分を持っているが、その内容からも兄と共通してナルシストな部分もあったりする(後述の冒険記などが該当)。 兄のマリオと共に冒険していると、何でもできる彼に頼ってしまう事の多いルイージだが、いざという時には兄と抜群の連携を発揮し、二人で様々な危機を乗り越えており、シリーズではその姿が顕著に描かれている。 また、兄のマリオを慕い大切に思う気持ちも強く、「ルイージマンション」にてマリオが行方不明になった際には、お化けが怖いのを我慢しながら、お化けが大量に発生するマンションで兄の捜索に向かい、最終的には救い出す事にも成功している。 しかし、この時の経験が大きく災いし、には新たなお化け騒動の際に振り回され、更には黒幕であったからも目をつけられてしまう等災難ぶりを見せており、特に「スーパーマリオ64DS」では、 ルイージのお化けに怯える姿が好みであると評されている。 しかし、そのおかげでに出逢えたのも事実である。 また、「」では、 ですら怖がるというヘタレぶりを見せる。 歌が好きらしく、ルイージマンションシリーズではとある場所で彼を放置すると鼻歌を歌ったり、「3」のムービー内でもオバキュームを手に入れると喜んで歌い踊る。 自分自身への合言葉(いわゆる座右の銘)は「 苦しい時は笑顔」であることが「DS」で語っている。 基本的にテキストによる台詞はマリオと同じく用意されていないが、NPCとして登場する際は台詞が用意されることが多い。 の漫画「はまり道」で「報われないキャラ」として描かれ、それが今に定着している。 「ルイージマンション」で語られた彼の一面 「ルイージマンション」では、物をサーチしてみるとルイージのコメントが見られる。 きれい好きで、帽子は手洗いに限る。 また、物を粗末にするのを嫌う。 人気 この様にルイージはマリオと比べてどこか可愛らしさがあり、人間味のあるキャラクターとして人気が高い。 作品内でも「」の舞台では、ルイージが大人気となっている。 また、ペンギン・のポワン(ピカリー神殿の神官)はマリオのことを ルイージと呼んでいた。 (こちらは、マリオとルイージは 双子だからという、やむなしの理由も有り得るのだが) ルイージもその事は知っているらしく、の彼の日記には「意外にもぼくのファンは多いらしい」「応援してくれる人たちのためにも主役をやりたい」と書かれている。 しかし、必ずしも優遇されているとか大活躍というわけではなく、冒険の先々で迷惑をかけたり、ルイージファンの依頼でルイージと同じ色の服に代わったマリオの前に現れたルイージを 「コスプレ」だの「偽者」だのけなし、酷い扱いを受けてしまった。 その際ルイージは泣き出した 永遠の二番手? 世界で最も有名なゲームキャラクターであるマリオの陰に隠れて目立たない存在であることを皮肉って「 」と呼ばれることも。 また、ルイージよりも後発のやが先に主役としてデビューし、やがて派生シリーズを築いていったのに対して、1Pプレイの作品が増えるとマリオだけが単独で出演することも多くなり、ルイージの出番は減少していった。 このことから、ルイージは地味で報われないキャラクター、マリオに比べてドジで臆病なところがあるというキャラ付けがなされるようになり、その傾向は『』あたりからより顕著となった。 (ちなみに、この傾向は」でもちらほらと見られていた)。 そして、いつしか公式でいじられキャラとして定着してしまった。 その例として、『』ではからは名前ではなく「 緑のヒゲ」「 頼りないヒゲ」と呼ばれている他、『スーパーマリオ64DS』では作中で「透明ルイージは 影が薄いから、水面歩行は 水に浮くほど存在が軽いから」と解説されていたり…(ただ、前者はマメック王子はちゃんとルイージのことを認めており、後者はルイージを尊敬するキノピオの個体もいるが)。 特に「」では『』に出演した際、の無線ネタで大佐から「永遠の二番手」だの「日陰者」だの「甘いぞ、スネーク! 」、しまいには「 」と散々な言われようだった(流石にスネークからも「そんなに悪く言わなくてもいいじゃないか!」とツッコミが入ったが)。 そもそも『永遠の二番手』というフレーズはスマブラが初出であり、シリーズ通して彼の扱いは散々である。 具体的に言うとアピールとか『DX』以降のワザやアドベンチャーモードとか最後の切りふだとか。 ただし、『』ではが「全ファイターの中で二番手なら相当な強者」「場合によっては兄をも凌ぐ」と評価しており、「永遠の二番手」の意味合いをポジティブに捉えている。 現にではルイージは電気属性に目覚めており、キャプチャーを除けば通常のマリオより使える属性が1つ多いという事になる。 とは言え、「」での単独主演や「スーパーペーパーマリオ」での化、RPG作品におけるプレイヤーキャラ化など、地味に活躍の場を広げようとはしている。 また、ルイージが再び主役を飾る「ルイージマンション2」が登場することも相余って、彼の存在感を強くアピールしていっている。 また…• マリオと共に主人公の位置にいる。 作品によってはルイージが主人公のルートやモードがある。 マリオ以外のキャラでプレイヤーキャラになる作品が一番多い。 タイトルに「マリオブラザーズ」が使われることがよくある。 マリオと二人でゲームの表紙の中心人物にされることがよくある。 着ぐるみでマリオとルイージの二人が登場することがよくある。 等といった部分を考えれば脇役と言うよりは と言っても過言ではないだろう。 活躍 1983年の「」でデビュー。 その頃は2Pコン専用キャラで「2Pマリオ」と呼ばれており、かなり存在感が薄かった。 その後発売された「」で「マリオよりジャンプ力が高く、滑りやすい」という設定が加えられるとともに一人プレイで選択可能になり、マリオとの差別化が図られた。 「」や「」などでも、彼にしかできない特徴で突破できるような場面も多く、初心者向けのマリオに比べると上級者向けの能力となっていることが多い。 声優 ゲームで声が付く前のアニメ作品などではマリオとは対照的にあまり固定されておらず、やなどが声を演じていた。 ゲーム版での声はマリオ同様、チャールズ・マーティネーが海外版『』から演じている。 マリオよりも低い声が特徴で、『64』など極端に声が低い作品もある。 ただし、『マリオカート64』の日本版、『』、『マリオパーティ2』、『』では当時「Nintendo of Europe」の社員だったジュリアン・バーダコフが演じ、マリオよりも高い声になっていた。 なお、初代『』と『』では、マリオのボイスのピッチを上げたものが使われていた。 『X』からは専用のものになり、本編同様低い声になっている。 シリーズにはから参戦している。 基本的に隠しファイターだが、『』では最初から選択可能なファイターとして登場。 性能面ではのコンパチではあるものの、バランス型のマリオとくらべて極端或いは変な性能のワザが多い。 要するに「変な特性になったマリオ」である。 例えば、• ジャンプ力がマリオより高い• 空中での挙動がふわりとしている• 制動力がマリオより低い。 地上では滑りやすく(『for』まで)、空中での制御力は最低クラス• カベジャンプができない• しゃがみ歩きができる(『X』以降) など。 …原作で散々壁キックをしているのになぜスマブラでできないのかは不明。 身体がなまったでさえも『for』からできるようになったのに。 初代ではほとんどのモーションと一部ワザの性能がマリオと同じの「モデル替えキャラクター」だったが、 『』からはワザでの差別化も進み、弱3段目が「どんけつ」、上強が「ねこパンチ」に、下強が「かかとげり」に、空前が「脳天チョップ」に、横スマが「地獄突き」にそれぞれ変更され、横必殺ワザには「ルイージロケット」が追加。 通常空中攻撃の「ルイージキック」のベクトルが上方向に変更される、空下の「ドリルキック」が単発の メテオになるといった感じにベクトルや威力が変更されるなど、大きく差別化された。 『DX』では地上に向け斜めに空中緊急回避することにより、地面を滑りながら移動出来るという一種のバグのようなテクニック「 絶」の恩恵を最も受けたキャラクターである。 ルイージの場合はよく滑るという特性が功を奏し、 走るよりも速い速度を手に入れる事が出来る。 この絶を使ったテクニックがルイージの持ち味であり、生命線であると言える。 『』でのは周囲の相手に状態異常を起こす「 ネガディブゾーン」。 『』では、最後の切りふだで念願の「 オバキューム」を使えるようになった。 細かい所では地上ジャンプがバタ足ジャンプに変わったり、表情がかなり豊かになったり、下投げが「 ヒップドロップ」に変更されていたりする。 『』でもこれまで以上に差別化が進み、つかみ・投げワザでも「オバキューム」を使うようになった。 これに伴いつかみがワイヤー系に変わり、空中でも使えるようになった(ワイヤー復帰は不可)。 その一方で、特徴であったブレーキの効きの悪さが他のファイターと同程度となり、最下位ではなくなっている。 『for』にもあった即死コンボは、形を変えつつも健在。 上級者の間でもよく使われ、重宝されている。 余談だが、ではを除く初代スマブラメンバーの中で唯一、闇の世界で解放できるファイターになっている。 勝ちあがり乱闘のお題は「 こっちに来ないで、コワい人!」。 に由来してか、悪魔、お化けのような見た目のファイターが登場。 ラウンド4のMiiファイター軍団もホラー調の衣装を着ている。 ボスは。 そしてルイージを語るに外せないのが、いじけながら軽く蹴る 攻撃判定付きのアピール(格闘ゲームでいう挑発)だろう(『X』以降は下アピールに対応)。 「」では、運命を左右される 重要人物として役を演じた。 洗脳を受けてとして立ちはだかったり、解けてめでたくマリオ側についたと思えばになったり…(こちらは前作の、ピーチのが該当する)。 しかしのルイージに対する迷言から、今作ではおいしい立場であるかどうか微妙という意見もある。 ただ、ディメーンの性質が変わっているので、それを見なければルイージの株が上がったといっても過言ではない。 さらに言うと、同シリーズでは他作品での『運』や『LUC』に相当するパラメータとして『 HIGE』(髭)というパラメータがあるのだが(でのは『 TSUNO』(角))、他マリオシリーズでは「頼りないヒゲ」や「ヒゲがあまり立派じゃない」などと散々な言われようなのに、このパラメータは成長時のボーナスが余程偏らない限り マリオよりルイージの方がに高い。 さらに、では 大人マリオよりの方が高くなる事さえある。 もっともマリオは攻撃型のキャラなので必要もなかったとも言える。 の2週目はルイージでプレイすることになるが、2週目にはマリオは登場せず、ルイージが2人になる しかし、ピーチ姫からの手紙は全てマリオ宛であり、完全に忘れられている感が否めない。 のハンティングアクションゲーム:『』にて、用の装備の1つにルイージのなりきりが実装されることが決まった ちなみに、もう1つは兄のマリオのなりきり装備。 「」では、 から、これでは人気者どころじゃなく である。 その2年後、ルイージマンション2をベースにから 「」の稼動が開始された。 しかも まさかのアーケード化だったこともあってか、全国のルイージファンが驚愕したとか… ちなみにジャンルはガンシュー、…もとい シューティングである。 2018年、での参戦PVにおいて、 何故か悪魔城の中を徘徊する羽目になってしまいオバキュームが悪魔城の怪物達にはまるで歯が立たず、ミイラに追われるわメデューサにビビらされるわで挙句には悪魔城名物キャラクター・(死神)に魂を刈られてしまった。 誰も想像していなかったとのコラボである。 なお、その時使っていたオバキュームは過去作では使われていない新デザインで、2019年で発売予定のSwitch版「」と同一デザイン。 人間関係 双子の兄。 兄弟仲が物凄く良く、ほとんどの作品で一緒にいる。 「」などでも兄弟仲の良さが分かるシーンも良く見られる。 「いただきストリートDS」ではよくマリオの事を意識している。 ルイージとっては憧れの対象であり、目標の対象でもある。 双子だからか、大まかな性格は違っても、二人はどこか似たり寄ったりな性質を持っている。 基本的に彼女の方からも優しく接しているが、「」や「いただきストリート」などでは何故かひどい仕打ちを与えていた。 もっとも前者はルイージの名前すら知らないという設定自体が謎すぎる世界だったが。 その為か、「スーパーマリオスタジアム」において、GC版では仲の良い設定がWii版では消えていた。 基本的にクッパはマリオを永遠のライバルと見ている為、ルイージが注目されることは少ない。 ちなみに、「」では部下のカメックによってさらわれた過去があった。 マリオと並び、ルイージに優しく接してくれるキャラのひとり。 「ヨッシーアイランド」の件から仲が良いとされるが、マリオと違い具体的な描写は少ない。 「マリオオープンゴルフ」のタイトル画面で一緒に描かれたことをきっかけに、マリオにおけるピーチ姫同様にカップリング設定が生まれ、「マリオテニス64」以降ずっとカップリングが続いている。 「」の「」ではより顕著で、二人が仲良く手と手を取り合っている像がある。 「スマブラfor」のフィギュア名鑑でデイジーの欄を見ると、『あのルイージも夢中との情報も』と記載されている。 ルイージもその気はあるのかも…。 また、前述のにてデイジー本人が参戦したため、共に大乱闘できるようになった。 自称・ルイージのライバル。 ルイージ自身は兄を超えることを目標としており、また性格の影響もあってか、ワルイージ一方からのライバル視が多い。 しかし、近年ではルイージもワルイージの実力を認めて、近年のマリオとワリオの関係とは対照的にしっかりしたライバル関係を築いている。 「」から登場するキャラクター。 マリオを助けるために立ち上がったルイージをサポートした。 中でも彼の発明した「」はルイージを象徴とする武器でもあり、ポンプやより多く使用されてきている。 一方、その時の縁を利用される形でルイージはオヤ・マーの都合に振り回されてしまう事も多く、では無理矢理協力させられている。 また、「マリオパーティ6」の「トラップファクトリー」にて、ルイージでプレイすると専用の台詞が聞けるなど、ルイージ関連の人物の中では一際目立ってきている。 ルイージのペット。 名前の通り。 で初登場。 本作ではオバケたちの凶暴化を抑えていたダークムーンが壊れたことにより暴走し、ルイージのカギなどのアイテムを盗んで逃げたりするが、GAMEOVERになった時に金の骨を持っていると体力を全回復してくれるなど敵か味方か分からない存在だった。 エンディングでは正気に戻り、ルイージに謝った後、ルイージの家で飼われることに。 ルイージマンション3ではルイージの頼もしい味方となる。 ただしマリオのケーキを盗み食いしたりとイタズラ好きは相変わらず。 ルイージの宿敵(?)。 「」で登場。 かつてマリオをさらった張本人。 ルイージに倒されて以降彼に対して強い敵意を見せるようになる。 「DS」では逆にルイージを誘拐。 彼曰く、ルイージの怯え顔が好きらしい。 「スーパーマリオスタジアム」でもルイージとの相性が悪くなっている。 「」から登場するキャラクター。 ルイージからは彼女のことを「ロゼッタさん」と敬称を付けて呼ぶ。 ルイージは、彼がパワースターを取ったことをロゼッタに伝えるよう、マリオに頼んだことがある。 また、真の最終ステージ「グランドフィナーレギャラクシー」では、ピーチ城前のキノピオに話しかけると、と共にピーチ城前でルイージとロゼッタが写っている写真を貰うことが出来る。 「」のキャラクター。 ルイージを「ルイルイ君」と呼ぶ。 また、とともにミスターLがルイージであることを知っている数少ないキャラ。 「黒のヨゲン書」により「コントンのラブパワー」の力を増幅させられるのにルイージが必要らしく、終盤でタイマンで対決するなど、同じく仲間をラスボス化させるポジションであるより出番が多い。 最初こそは弱々しく見ていたが、後に力を認めるようになる。 関連イラスト.

次の

ワルイージ (わるいーじ)とは【ピクシブ百科事典】

ルイージー

概要 [ ] の看板「」の双子の弟。 兄のマリオより長身で痩せ型、カイゼル髭、シャツ・帽子が緑でオーバーオールが紺色、帽子のマークが「L」であるといった相違点がある。 『』で見られるフィギュアの説明を考慮すると、年齢はマリオと同じ26歳前後(ただし、厳密な設定は存在していない)。 ゲーム内での声優はマリオと同様、(Charles Martinet)が務めている。 性格はマリオより穏やかで物静か。 は「ボク」 で、基本的に柔らかい口調でしゃべる。 マリオとは違い、やや気弱で臆病であり、おっちょこちょいな性格。 日記を付けるマメな一面もある(『』より)。 お化けや怪物といった類いのものが大の苦手で、そうした存在と相対した際は激しくおびえる。 スポーツ系のゲームでは、マリオ共々、平均的な能力を持つキャラクターとして扱われているが、マリオはパワーが若干強め、ルイージはテクニックに長けているという差もある。 初期作品で用キャラクターとして位置づけられて以降、マリオと比べてあまり目立たず活躍の場が限られていることから、一部のマリオシリーズや『』シリーズでは作中で「永遠の2番手」などと揶揄されることがある。 が企画する『2013』で「最優秀キャラクター賞」を受賞。 名前の由来 [ ] 名前は任天堂の米国法人(Nintendo of America, NOA)の社員が付けたものである。 イタリア人に多く語呂の良い名前を模索した結果「ルイージ」が選ばれたという。 また、後の話によるとイタリア人デザイナーに多い名前でもあったとのこと。 「生みの親であるが『マリオの類似(るいじ)やからルイージでええんちゃう』と言ったから」というのは俗説。 キャラクター設定の変遷 [ ] 明確にマリオの弟「ルイージ」として初めて登場した作品は、発売の版『』である。 この中ではマリオの相棒として登場する。 本体パネルに描かれたイメージイラストでは片方が赤い帽子・赤いに青のシャツ、もう片方は緑の帽子・緑のオーバーオールに赤のシャツとなっており、この頃から2人は「赤」「緑」として描き分けられていた。 同年に稼働を開始した別内容の版『』では、マリオが1プレイヤー用キャラ、ルイージが2プレイヤー用キャラとなり、マリオが青い帽子とオーバーオールに赤いシャツ、ルイージは緑の帽子とオーバーオールに赤褐色のシャツで描かれ、ファミコン版のゲーム中ではマリオが赤の帽子とシャツに青のオーバーオール、ルイージが白の帽子とシャツ、緑のオーバーオールの姿で描かれた。 ただ、翌稼働のアーケードゲーム版『』および発売の(ファミコン)版『レッキングクルー』では、ルイージはピンク色の服装でマリオに近い配色だった。 『』においては、ゲーム中ではマリオが赤の帽子とオーバーオールに茶色のシャツ、ルイージが白の帽子とオーバーオールに緑のシャツの姿で、アートワークなどではマリオが赤の帽子とオーバーオールに青のシャツ、ルイージが水色の帽子とオーバーオールに緑のシャツの姿で描かれた。 初めてマリオとの能力の差別化が図られた作品は発売の『』である。 この作品では「マリオに比べてジャンプ力が高いが滑りやすい」という、上級者向けの設定になった。 この設定は、以降のスーパーマリオシリーズでも多く用いられるようになる。 服の色以外で初めて外見的な違いが設けられた作品は、同年公開の『』で、マリオよりも細身で長身になっている。 ただし、この時の服の色はシャツが黄色 、帽子・オーバーオールが青色だった。 その後、4月発売の『』の説明書内でも細身・長身の姿で描かれると同時に、髭の形がマリオと異なるものに、Lマークが緑色にそれぞれ変更された。 同時期に日本国外で発売された『』(日本における『』)で初めてグラフィックが差別化された他、シャツ・帽子が緑色、オーバーオールが紺色となり、以降、このスタイルが定着することになる。 日本でも『』からはゲーム内でも同様に描かれるようになった。 作品によってはジャンプ時に足をばたつかせる といった特徴がつけられることもある。 初期の頃は無鉄砲な性格(『スーパーマリオブラザーズ2』の説明書より)で、ファミコンから時代のや、および前述のアニメ映画では、マリオより兄貴肌の性格として描かれていた。 また、の起動画面や『スーパーマリオブラザーズ3』のタイトル画面ではルイージがいたずらを仕掛ける様子が描かれている。 しかし、の漫画『はまり道』やのの漫画等で「二番手」「報われない」ということを皮肉って卑屈な性格として描かれて以降、そのイメージが徐々にゲーム本編でも反映されるようになり、一方で、気弱な性格(『』や『』など)、多少ドジ(『』から)といった、マリオとは異なるルイージ特有の人物像が形成されていった。 長期連載となっているの漫画『』におけるルイージも、初期は一人称が「おれ」で荒っぽい性格だったが「編」以降から現在のゲームに準拠した性格に変更されている。 『』以降の作品からは声が付いた。 初期の頃 に担当していたジュリアン・バーダコフは高い声だったが、現在担当しているはマリオよりもやや低い声で演じている。 『』以降の作品では控えめで気弱な性格が声でも表現されるようになった。 ただし、『』および『』では、チャールズ・マーティネーによるマリオの声を高い声に加工したものがルイージに用いられていた。 派生型のルイージ [ ] 変身時のルイージ [ ] マリオシリーズにおいて、ルイージはマリオと同様に様々な変身能力を発揮する。 多くの能力はマリオと同じだが、『』『』の「キツネルイージ」(マリオにおける「タヌキマリオ」に相当)などのように姿が異なるものもある。 詳細は「 」を参照。 ベビィルイージ [ ] ルイージの赤ん坊時代の姿。 発売の『』で初登場。 この作品を含むいずれの『ヨッシーアイランド』シリーズでも敵にさらわれる。 発売の『』では、とのペアという形で登場。 公式サイトの説明では、「シャイでハニカミやさんだけど、攻撃はスゴイぞ! 」と記載されている。 『』では大人マリオと共に大人ルイージが過去にした際に共演する。 泣き虫だが勇敢な性格。 大人ルイージとすぐに仲良くなる。 『』ではメインキャラクターとして登場する。 ベースボールは「 ファミリーベースボール」以来約8年半ぶりで、テニス、サッカー、ゴルフは初参加となる。 『スーパーマリオ ヨッシーアイランド』および『』では姿だったが、『マリオカート ダブルダッシュ!! 』以降ではオーバーオール姿で登場する。 声は大人ルイージと同じくチャールズ・マーティネーが担当している。 ミスターL [ ] 『』に登場。 敵であるノワール伯爵の部下「ザ・伯爵ズ」のナスタシアに捕まって催眠術をかけられ、洗脳されたルイージ。 「ミドリ色の貴公子」「ミドリのいかずち」との異名を用いる。 黒い服を着用し、首に緑色のを巻き、顔の上半分は黒いで覆われている。 頭に被る緑の帽子にはLのアルファベットのが描かれている。 普段のルイージの性格とは大きく変わっている。 マリオへの対抗心をむき出しにし、誰彼構わず傍若無人な言動をとる。 一人称は「オレ」(ただし洗脳が解けかけた際は「ボク」と言っている)。 洗脳が解けた際にはミスターLとしての記憶を失っており、マリオたちもミスターLがルイージだと気づいていない(「どこかで見たことがある」と思った程度)。 作品内での扱い [ ] マリオシリーズでの扱い [ ] 2Dのでは、キャラクターとしてマリオと共に登場する。 また、やなどの作品でも常連となっている。 一方で、3Dのスーパーマリオシリーズ『』『』では出番がなく(リメイク版の『』には登場する)、それ以外の作品でも出番が限られたり、ぞんざいに扱われたりすることがある。 『』では取扱説明書や一部の台詞、エンディングにしか顔を見せず、『』では、マリオが冒険に出ている間、家でずっと留守番をしている。 『』で初めて主役を務める。 なお、日本国外のみで発売された地理学習ゲーム『』では主役となっているが、任天堂はライセンス供与のみで同作の開発・販売に関わっていない。 『』シリーズではマリオのパートナーとして冒険する。 ただ、物語の中では、から「緑のヒゲ」「頼りないヒゲ」、マメーリア城の警備員からも「ルーなんとか」と名前で呼ばれないなど、雑な扱いを受けている。 『』では、エクレア姫を助けるために単身冒険に出ているが、その様子はゲーム本編では描かれていない。 仲間の話を聞く限り、旅先で迷惑ばかりかけていたとのことだが、エクレア姫は無事に救出している。 作中では、冒険の内容を記した本『スーパールイージ』シリーズが(話をかなり美化した上で)発売されベストセラーになっている。 『スーパーマリオ64DS』では操作キャラクターの一人となり、ゲーム中ではマリオの「スケスケマリオ」(透明マリオ)の能力と同様の「透明ルイージ」に変身することができる。 また、短時間水面歩行できる特有の能力を持つ。 ただ、ゲーム中の解説(看板)によれば、透明ルイージは「影が薄いから」、水面歩行は「水に浮くほど存在が軽いから」可能になったとのこと。 作品内では味方キャラクター(キノピオ、赤ボム)からも馬鹿にされている。 『』では、ノワール一味に洗脳され、洗脳が解けた後はマリオたちの仲間となって同行し、終盤で再び洗脳される。 洗脳されている間は「ミスターL」と名乗り、専用メカ「エルガンダー」(後に「エルガンダーZ」へと強化)と共にマリオたちの前に現れる。 『』では、「ファントムギャラクシー」内の館に幽閉されている。 救出後は「パワースター」探しを行うようになるが、毎回のように向かった先から帰れなくなっている。 マリオが迎えに行きルイージが持つパワースターを受け取る際には、マリオの後ろでポーズを決める。 また、パワースターを120個集めると、ルイージをプレイヤーキャラとして使用できるようになるが、シナリオはマリオの場合と変わらないため、場面によってはルイージが同時に2人登場する。 ルイージ本人はそれを「自分によく似た人」としか思っておらず、気に留めていない。 『』では、キノコ王国に現れたウサギ「ラビッツ」たちとともに武器を装備して戦う。 『』では、とが持ち込んだ人を操る力を持つラケット「エスター」の力に取り込まれ、ルイージが行方不明になる。 その他、『』の派生作品『』や、『』収録の作品『』などでも主役を務めている。 大乱闘スマッシュブラザーズシリーズでの扱い [ ] 『』シリーズではファイターの一人として全作品に登場。 1作目の『』から3作目『』までは初期段階では使用できず、一定条件を満たすと使用できるようになる。 戦闘時に見せる動きはコミカルなものが多い。 『大乱闘スマッシュブラザーズX』では、強力な必殺ワザ「最後の切りふだ」として、ルイージの周辺に様々なマイナス効果を及ぼす空間を発生させる強力な技「ネガティブゾーン」を用いる。 また作中では、『』シリーズのがルイージのことを「永遠の2番手」「いわゆる日陰者」「兄に勝る弟などいない」と貶し、同シリーズのにたしなめられる場面がある。 同作品のアドベンチャーモード「亜空の使者」では、ストーリー上重要な役割を果たすこととなる。 4作目『』以降では、ジャンプ時に『』などのように足をばたつかせる動作を行うようになったほか、最後の切りふだが『ルイージマンション』でルイージが使用するアイテム「オバキューム」に変更されている。 関連キャラクター [ ] ルイージの双子の兄。 基本的には仲が良く、『』シリーズでは全キャラクターの相性の中で1番数値が高い。 日本国内作品におけるルイージはマリオのことを「兄さん」と呼ぶが、日本国外作品では名前で呼んでいる(英語圏では兄弟同士の場合お互いを名前で呼ぶのが普通である)。 ただし、日本国外版『』など一部の作品では「Bro(兄弟)」という呼称が使われている。 のお姫様。 クッパにさらわれてしまうことが多いが、作品によってはルイージが救出に向かう。 大抵の作品ではマリオ同様親しく接しているが、一部の作品では扱いがひどいこともある。 『』以来たびたび共演している恐竜。 『』では空腹に耐えられなかった(正確には勘違いしていた)ことで、ルイージが食べられてしまう。 マリオシリーズに数多く登場するキノコ王国の住人。 『』ではピーチ姫を助けるため青キノピオと黄キノピオが共に冒険に出る。 『』などでは、ルイージを頼りない人として扱う。 クッパ軍団の首領。 ルイージがとなるスーパーマリオシリーズ作品ではピーチ姫の救出を賭けて対決することになる。 『』ではルイージのことを「緑のヒゲ」と呼びマリオの弟とすら認識していない。 サラサ・ランドのお姫様。 発売の『』でルイージのとして初共演。 『』シリーズでは2人がコンビを組むと「じみーズ」(『』)、「ぐうぜんカップルズ」(『』)というコンビ名になる。 『』の走行コースの一つ「デイジーサーキット」にはルイージとデイジーが手をつないだ姿の像が建っている。 ゲームと世界観は異なるが、実写映画『』ではルイージと恋仲の関係にある。 ルイージのライバルとして『マリオテニス64』で初登場。 ルイージの方はワルイージを意識している様子はほぼないが、『』ではルイージがワルイージを見くびっている場面も見られる。 『』シリーズに登場する博士。 オバケ退治に用いる道具「オバキューム」「ゲームボーイホラー」等をルイージに提供する。 グーイージ オヤ・マー博士が発明した、ルイージそっくりの緑色の物体。 版『ルイージマンション』で初登場し操作キャラクターとなる。 格子をすり抜けるなどの能力を持つ一方、熱や水に触れると溶けてしまう。 『』シリーズのラストボス。 パーティ系のゲームで共演する際には相性が悪いことが多い。 ラビッツルイージ 『』に登場するのキャラクター「ラビッツ」の一種。 ルイージのような格好をしている。 ルイージの年 [ ] 発売の『』でルイージが初登場してからで30周年となったことを受け、2013年に放送された「」の中で、当時の任天堂社長・から2013年を「ルイージの年」にすると宣言された。 以降、約1年にわたって関連作品・関連グッズが製作・販売され、関連イベントも行われた。 この「ルイージの年」はをもって終了した。 関連作品 [ ] (2013年、) 前作から約11年半ぶりの新作。 前作を超える売り上げとなる日本国内100万本以上、世界累計545万本(2017年9月末時点)を記録した。 (2013年、) 『』のルイージ版。 コースが原作から全て一新されている。 (2013年、ニンテンドー3DS) マリオがルイージの夢の中の世界を冒険する。 (2013年、Wii U) 隠し要素として、『マリオブラザーズ』をアレンジした『』を収録。 登場する2人の操作キャラクターが共にルイージになっている。 (2014年、Wii U) 『』のルイージ版。 マリオの代わりにルイージがドクターとなる。 原作にはないL字型のカプセルが登場する。 ソフト単体と同日に発売。 With LUIGI 30th Anniversary: ザ・イヤー・オブ・ルイージ メモリアルムック (2013年発売) より発売された。 歴代のルイージ登場作品や関連グッズを紹介している。 付録として「ルイージ」と「スーパースター」がセットになっている。 関連イベント [ ] Miiverse ルイージの年 コミュニティ 「ルイージの年」の期間中、任天堂が運営していた「」に特設コミュニティが開設された(現在は閉鎖)。 この中ではルイージに関する様々なコメントやイラストが寄せられたほか、テーマに沿ったイラストやゲーム画面写真の投稿を募集する「作ルイージ」(つくルイージ)という企画も実施された。 ニコニコ超会議2 2013年とにで開催されたイベント「2」に、マリオシリーズから唯一ルイージの着ぐるみが参加した。 イベントの最中には、ルイージがのブースを訪れ、の派生キャラクター「」の着ぐるみと共演する一幕もあった。 ルイージライン 2013年、ので運行している高架鉄道および地下鉄の「」で、車体の内外に『New スーパールイージ U』のイラストを施したが「ルイージライン」(Luigi Line)として走行し、ルイージの着ぐるみも乗車した。 その他 [ ]• 2005年から2006年冬に任天堂が実施した「HOT MARIO BROS. 登場作品 [ ]• アーケードアーカイブス マリオブラザーズ• アーケードアーカイブス VS. スーパーマリオブラザーズ• リメイク版では修正されている。 シリーズ• シリーズ• シリーズ• シリーズ• シリーズ• ゲームボーイ版• amiibo [ ]• ルイージ(大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ、発売)• ルイージ(スーパーマリオシリーズ、発売)• 『マリオスポーツ スーパースターズ』amiiboカード、(発売) 担当声優・俳優 [ ] 声優• - 劇場アニメ『』• - OVA『スーパーマリオの消防隊』• - OVA『アマダアニメシリーズスーパーマリオ』• - 実写映画『』(吹き替え・ソフト版)• - 実写映画『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』(吹き替え・版)• - で配信された作品• ダニー・ウェルズ - 『』• トニー・ロザート - 『』、『』• マーク・グラウェ - 『』• ジュリアン・バーダコフ - 日本版『』、『』、『』、『』• - 日本国外版『』、『』、『』、『』、『』、『』以降の作品 俳優• - 実写映画『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』 脚注 [ ] []• 映画『』では、孤児だったところをマリオに育てられたことにより年の離れた義理の兄弟(ルイージは「父親でもあり兄さんでもあり」と発言)と設定されているが、この映画の設定について任天堂は関与していない。 平仮名・漢字の場合もあり、表記は安定していない。 プレスリリース , エンターブレイン ブランドカンパニー 株式会社KADOKAWA , 2014年4月25日 , 2019年4月6日閲覧。 「宮本茂さんが語るNewスーパーマリオブラザーズWii」『』2010年1月号、、2009年11月21日、 9頁、 雑誌16947-1。 ファミ通. com 2000年. 2000年10月10日時点のよりアーカイブ。 2009年11月21日閲覧。 それ以前に、1982年の版『』のオープニングデモにて、マリオの姿をした2人の男がの檻の搬送を行っているが、このうち片方がルイージかどうかは明らかにされていない。 ただし、どちらがマリオでどちらがルイージかまでは書かれておらず、実際のゲーム上ではモノクロ液晶のため二人とも黒の単色である。 ファミコン版では肌の色がマリオと異なり、アーケード版に近い色白で描かれている。 また、アーケード版のアートワークでは『スーパーマリオUSA』に先駆けて、緑色+青色の組み合わせになっていた。 アートワークなどでは赤色。 『スーパーマリオUSA』など。 日本版『マリオカート64』、『』、『』、『』。 任天堂. 2017年11月15日時点のよりアーカイブ。 2018年2月1日閲覧。 任天堂. 2017年1月29日閲覧。 4Gamer. net 2013年5月8日. 2019年8月7日閲覧。 THE YEAR OF LUIGI. 2019年8月7日閲覧。 セガ公式Twitter 2013年4月27日. 2018年2月1日閲覧。 HuffPost 2013年8月13日. 2019年8月7日閲覧。 外部リンク [ ]• - ルイージ生誕30周年を記念したサイト.

次の

ルイージ度チェック

ルイージー

火曜日、メーカーズディナーに行ってきました。 イタリア、ピエモンテよりフィッリ・ルイージ・オッデーロの販売責任者アルベルト・ザッカレッリさんが、イル・ルォーゴ・ディ・タケウチにご来店されました。 フィッリ・ルイージ・オッデーロ フィッリ・ルイージ・オッデーロは2006年に設立されたワイナリー。 2006年と言うとまだまだ新進のワイナリーな趣ですが、300年の歴史がある家族経営の老舗オッデーロで、ジャコモと共に兄弟で切り盛りしていたルイージが独立したワイナリーです。 本拠地はイタリア北部、ピエモンテ州のラ・モッラ。 50年もの歳月、ルイージは情熱的にブドウの世話をし、ワインを造り続けてきましたが、独立して3年後の2009年、残念なことに他界。 現在は妻のレナが当主となり、子供たちのジョヴァンニとマリアが手伝いながら経営を続けています。 醸造責任者はグレゴーリオ、販売責任者は今回来日されたアルベルト・ザッカレッリさんです。 2012年からはブルーノ・ジャコーザのコンサルタントも務めたダンテ・スカリオーネがアドバイスに入っているとのことで、「これは本当にすごいことなんです。 」とインポーターのベリー・ブラザーズ&ラッドの堀野さんが仰っていました。 畑は、ラ・モッラ、カスティリオーネ・ファネット、セッラルンガ・ダルバなどの優れた畑を所有しており、総面積は32ha。 こちらは乾杯の流れから、しっかり写真を撮り忘れ。。。 気が付いて飲みかけを撮りましたが、さすがにイケてないので割愛(苦笑)。 お味は芳醇なタイプで、さすがシャンパン!! ここからは、フィッリ・ルイージ・オッデーロのアイテムです。 まずは、ランゲ・ビアンコ 2014 色はかなり濃い色をしてますが、味わいは意外とスッキリなシャルドネの印象。 シャルドネ75%、ヴィオニエ25%というセパージュで、ここにヴィオニエをもってくるのは、かなり珍しいとのこと。 年によってセパージュも変えている様で、色々と試しながら実験的に造っていると仰っていました。 ほとんどヴィオニエの味わいを知らなかったので、少し調べてみました。 ヴィオニエは古くから造られていたブドウでしたが、1960年頃にはフランス北部コート・デュ・ローヌのコンドリューに3ha程しか存在しない、ほとんど絶滅種だったようです。 その後、1990年代に入り醸造家達が注目したことにより、栽培エリアが世界的に広まっていったとのこと。 カリフォルニア、オーストラリア、フランスのラングドックなどが世界的なヴイオニエの産地です。 ヴィオニエの特徴は一般的に、花のようなフローラルの香りやフルーツの華やかな香りがし、酸は比較的穏やか。 シャルドネに負けないフルボディのワインが出来上がるのですが、病気にかかりやすく栽培が難しいことから、栽培量は少ない様です。 今回もふくらみやまろやかさを出すために、ヴィオニエをブレンドしているとのことでした。 続いて、ランゲ・ネッビオーロ 2011 バローロではないですが、ネッビオーロ100%。 結構しっかりした濃い色目、香りはベリー系な甘い香りがします。 口に含むと、しっかりした果実味が前面に、後ほど穏やかなタンニンがのこります。 2011年は暑かった年で収穫も早く行われていますが、果実味はしっかりしつつも、 過熟という程ではなくバランスよく仕上げられている印象でした。 バローロ 2011 ラ・モッラ、カスティリオーネ・ファネット、セッラルンガ・ダルバの3種類の地区のブドウをブレンドして造られたバローロ。 こちらも2011年ヴィンテージ。 先ほどのランゲ・ネッビオーロとは香りからして違います。 ベリーの香りはありますが、甘さのトーンは押さえられていて品の良い感じ。 インクの香りが、しっかりとした重さを感じさせます。 口に含むと、先ほどよりも鋭くキレのある味わい。 3つの地区のブドウをブレンドしていることもあり、非常にまとまっていてきれいな味わいです。 ただ、少し線が細いかなといった印象でした。 バローロ ヴィーニャ・リオンダ 2000 セッラルンガ・ダルバの単一畑ヴィーニャ・リオンダのブドウで造られたバローロ。 2000年だけあって、少し色がレンガ色になりかけています。 セッラルンガ・ダルバは、バローロの中でもしっかりした男性的なワインが造り出される地区。 フィッリ・ルイージ・オッデーロでもバリック(小樽)を使わず、大樽で昔ながらのクラシカルな造り方をします。 香りはベリー系に加え、スパイシーさなど複雑さが出始めている感じ。 インクの香りは先ほど同様、アルコール分の強さも感じられる様な気がしました。 口に含むと、先ほどのバローロよりもしなやかな口当たり。 まったりと言う程ではないけれども、16年熟成のまろやかさが感じられます。 ただ、2000年というビッグヴィンテージの割にはガツンとくる男っぽさはなく、 総じてエレガント。 旨みがもう少しあったらなぁ、といったところでしょうか。 タケウチの安心のお料理 フィッリ・ルイージ・オッデーロのワインと共に振る舞われた、イル・ルォーゴ・ディ・タケウチのお料理。 写真を見返すとお腹が空いてきます(笑)。 前菜はカプレーゼの上に生ハムとグリッシーニ、チコリの葉には季節のサンマが程よい酸味とともに。 骨せんべいもカリッと美味でした。 二皿目は伝助穴子を使った料理。 中にはラタトゥイユ的なものと共に別のあしらいの伝助穴子が隠れています。 ふんわりと美味しかったです。 続いては大好きな鴨肉。 マスタードソースをアクセントにイチジクとリコッタチーズ(だった様な気が)と共に。 パスタはボロネーゼ。 煮込んだお肉のうま味がほとばしります! メインは鳥取県産万葉牛。 やわならか赤身がバローロとしっかり合います!! マッシュポテトにトリュフの香りもいい感じでした。 デザートも美味しいです。 ポーション的にも、結構しっかりいただきお腹一杯になりました! ワインは、全体を通してキレイ目でエレガントな印象だったフィッリ・ルイージ・オッデーロ。 バローロは、地区によってある程度おおまかな判別をつけがちですが、やはり生産者のスタイルによって様々な表情を見せるものだと実感しました。 今回参加して思ったのは、生産者も業者さんもゲストの皆さんも、みんなワインが大好きやなぁということ。 ワイン好きが集まる場所、楽しくないわけないですもんね!! アルベルト・ザッカレッリさん、お誘いいただいたトム・ギャルソンの小谷さん、低音ボイスが魅力的なベリー・ブラザーズ&ラッドの堀野さん、そしていつも美味しいお料理をいただけるタケウチシェフ他スタッフの皆さま、本当に楽しい時間をありがとうございました!! ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~ 【編集後記】 こうやって楽しい会に参加できるのも、人と人との繋がりのおかげですね。 本当にありがたいことです!! 【昨日の一日一新】 ・アマゾンアソシエイツ ・カエレバ ・ヨメレバ.

次の