山形 ラーメン 情熱 大陸。 琴平荘 〜中華そば処〜

【情熱大陸】3時間待ち山形ラーメン「琴平荘(こんぴらそう)」のメニューをご紹介!|東京カフェBLOG

山形 ラーメン 情熱 大陸

2020年1月5日(日)放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系)は、ラーメン店主人の掛神淳に密着する。 日本一ラーメンの消費量が高いと言われる山形県で連日行列を作る店「琴平荘」主人、掛神淳54歳。 元々は祖母が始めた民宿を引き継いで旅館経営をしていた掛神。 しかし、時代の移り変わりとともに旅館経営が立ち行かなくなり、特に閑散期だった冬の集客のために、11月から3月のみの期間限定でラーメン店を始めた。 ラーメン店で修業はせず、全国ラーメン店を食べ歩き、独自で研究を重ね作り上げたしょうゆラーメンは、口コミで瞬く間に広がり、多い時では3時間待ちの行列店に。 お客さんの要望もあり今では10月から5月の8か月間の営業を行っている。 自家製にこだわり、麺は毎朝6時から作り上げ、メンマは乾燥メンマの状態から1週間かけて仕込んでいる。 スープは、地元でとれるトビウオを市場で仕入れ、下ごしらえから天日干し、焼きまで行い、さば煮干(稚魚)などを使用し、常識にとらわれない方法でオリジナルスープを作り上げた。 「麺はもちろんスープも生きている、お客さんに一番おいしいものを食べてもらう」というこだわりを持つと同時に「ラーメン好きは浮気性、味を維持し続けるとお客は飽きてしまう、常に進化していくことが重要」と掛神は語る。 番組では、厳しい冬の山形で集客を試みるという挑戦を続ける掛神の魅力と、究極の1杯を追求し続ける姿を追う。 <ラーメン店・主人/掛神淳 プロフィール> 1965年5月1日山形県鶴岡市生まれ。 大学中退後、父が経営していた飲食店で料理を学んだのち、旅館「琴平荘」の経営を引き継ぎ調理を担当。 2002年に11月から3月までの冬場限定で中華そばを開店。 2010年にトビウオの焼き干しを自作で始め人気店に。 趣味はラーメンの食べ歩き。 母の洋子さん、妻の知子さん、長男の瑛さんも店を切り盛りしている。

次の

人気ラーメン店「琴平荘」主人・掛神淳に密着『情熱大陸』1・5放送|TVLIFE web

山形 ラーメン 情熱 大陸

2020年1月5日(日)放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系)は、ラーメン店主人の掛神淳に密着する。 日本一ラーメンの消費量が高いと言われる山形県で連日行列を作る店「琴平荘」主人、掛神淳54歳。 元々は祖母が始めた民宿を引き継いで旅館経営をしていた掛神。 しかし、時代の移り変わりとともに旅館経営が立ち行かなくなり、特に閑散期だった冬の集客のために、11月から3月のみの期間限定でラーメン店を始めた。 ラーメン店で修業はせず、全国ラーメン店を食べ歩き、独自で研究を重ね作り上げたしょうゆラーメンは、口コミで瞬く間に広がり、多い時では3時間待ちの行列店に。 お客さんの要望もあり今では10月から5月の8か月間の営業を行っている。 自家製にこだわり、麺は毎朝6時から作り上げ、メンマは乾燥メンマの状態から1週間かけて仕込んでいる。 スープは、地元でとれるトビウオを市場で仕入れ、下ごしらえから天日干し、焼きまで行い、さば煮干(稚魚)などを使用し、常識にとらわれない方法でオリジナルスープを作り上げた。 「麺はもちろんスープも生きている、お客さんに一番おいしいものを食べてもらう」というこだわりを持つと同時に「ラーメン好きは浮気性、味を維持し続けるとお客は飽きてしまう、常に進化していくことが重要」と掛神は語る。 番組では、厳しい冬の山形で集客を試みるという挑戦を続ける掛神の魅力と、究極の1杯を追求し続ける姿を追う。 <ラーメン店・主人/掛神淳 プロフィール> 1965年5月1日山形県鶴岡市生まれ。 大学中退後、父が経営していた飲食店で料理を学んだのち、旅館「琴平荘」の経営を引き継ぎ調理を担当。 2002年に11月から3月までの冬場限定で中華そばを開店。 2010年にトビウオの焼き干しを自作で始め人気店に。 趣味はラーメンの食べ歩き。 母の洋子さん、妻の知子さん、長男の瑛さんも店を切り盛りしている。

次の

情熱大陸 3時間待ち行列ラーメン店『琴平荘』場所・営業時間は?

山形 ラーメン 情熱 大陸

情熱大陸 3時間待ち行列ラーメン店『琴平荘』 場所・営業時間 毎年10月1日〜5月31日までの期間営業で、6月〜9月末はスープの要となる「トビウオの焼き干し」を作るため休業となります。 営業日:10月~5月 営業時間:AM11時~PM14時 定休日:毎週木曜日、(大晦日・元旦は休み、営業は1月2日から) 住所:〒999-7463 山形県鶴岡市三瀬巳381-46 電話:0235-73-3230 アクセス方法• 自動車 最寄りIC=日東道 三瀬IC あつみ温泉より 約20分 鶴岡市中心部より 約25分 酒田市中心部より 約40分• 電車 JR三瀬駅より海水浴場のほうへ徒歩 約15分• 飛行機 庄内空港より車で約20分 メニュー 狙い目時間帯 冬季のみ販売される幻の中華そばを求め、週末になると昼のみの営業で一日500人が訪れるという『琴平荘』。 3時間待ちは当たり前のようですが、ここはやはり平日の開店直後を狙うのが妥当でしょうね。 開店前から待っている人もいるでしょうが、何ターンかすれば3時間と待たず、幻のラーメンにありつけるかも知れません!! 3時間待ち行列ラーメン店『琴平荘』お取り寄せ 「 お取り寄せラーメンオブザイヤー」2年連続 総合大賞した履歴があるため、足を運ばずともお取り寄せできる方法を探しました! 楽天でもAmazonでも購入(醤油味・味噌味)が購入できるようです!! ただ生もので【賞味期限】製造日より100日なので、こちらも期間限定です。 3時間待ち行列ラーメン店『琴平荘』口コミ 琴平荘のラーメン本当に本当に本当に美味しい。 私が行った時は3時間待ちだったけどラーメン食べたら全てどうでも良くなった位美味しい。 行ける方は是非行って食べてもらいたい。 でもそれぐらい美味しいってコト!! 琴平荘@宅麺 地震で眠れなくなったので夜食。 芳醇な飛魚出汁が最高に美味しく庄内へ誘います。 まさに店味。 水筒に入れて持ち歩きたくなる系スープの最高峰。 宅麺追加しようと思ったら売り切れ中でした。 😂😭情熱大陸楽しみです。 — kamis@やまあつ kamis0718.

次の