七五三 いつやる。 七五三を12月生まれの子がする場合はいつやるとよい?

七五三の時期!早生まれの場合いつやるのがベストか考えてみた!

七五三 いつやる

【お参り】秋の七五三お参りシーズンは毎年10-11月 神社やお寺にお子さんたちが七五三の衣装を着飾ってお参りにきている、秋になるとそんな七五三の風景が見れるようになります。 そんな秋の「七五三お参りシーズン」がいつなのかは 毎年10月後半〜11月中旬頃 となります。 今現在でも11月15日の七五三の日はっても伝統ある日として大切にされており、この日が秋のお参りシーズンのポイントの日となります。 この11月15日より前に七五三のお祝い・お参りを行うのが一般的です。 とくに 10月後半〜11月中旬頃までの土日祝日や大安の日 などは、七五三の参拝と祈祷をあげてもらうお子さんとそのご家族で、神社・お寺の境内は混雑します。 祈祷の申し込みで行列ができるなんてのもよく起きることです。 ゆったりと時間をかけて神社でお参りを行うために、また子供の機嫌を考えてあえて時期をずらす、といったことも賢い選択です。 また最近では、プロカメラマンに依頼して「 神社・お寺での七五三出張撮影(ロケーションフォト)」する方も多くなりました。 そういったロケ撮影をお願いする場合、やはり混み合う11月15日前後よりも時期をずらして撮影すると、子供のノビノビとしたいい表情を撮影してもらうことができます。 撮影料が割引になりお得なだけでなく、様々な特典が早い時期の撮影だと受けることができるからです。 また写真館によっては、 「写真は前撮りで早い時期に先に撮影し、そして11月のお参りの時は着付(&ヘアーメイクも)をしてくれる」といったパック・セットのサービスを提供している所も多くあります。 ぜひ最寄りの写真館や撮影をお願いしたいと思っているフォトスタジオに事前に聞いて、賢く活用しましょう。 こちらのフォトギャラリーページで当サイト登録の写真館・フォトスタジオの素敵な七五三写真をじっくり見ることができます。

次の

七五三 時期(お参り・写真)はいつ頃なの?|七五三ドットコム

七五三 いつやる

七五三とは?時期はいつ?男の子と女の子の七五三の違いについても解説! 2019年4月22日 こそだてハック 子供の成長を祝うイベント「七五三」。 七五三を迎える年齢の子供を持つママは、時期が近づいてくると、準備をしなくてはと考えますよね。 でも、「そもそも七五三ってどんなお祝い?」「当日はなにをしたらいいの?」と疑問が出てくることも。 今回は、七五三とは何か、お祝いする年齢、男の子と女の子との違い、お参りの時期についてご紹介します。 七五三とは?何をするの? 七五三とは、子供の成長を祝い、これからの健康を願う日本の伝統的な行事です。 昔からの習わしでは、数え年で、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳でお祝いをします。 七五三は、もともと関東圏でのみで行われる地方風俗でした。 昔は乳幼児の死亡率が高かったため、7歳になるまでは、子供の成長を願う儀式がいくつも行われていました。 現在の七五三では、住んでいる地域や各家庭で違いはあるものの、近所の神社や有名な神社に出向いて、参拝や祈祷をします。 その後、写真館やフォトスタジオで写真撮影をしたり、レストランやホテルで食事をしたりします。 七五三のシーズンは、写真館やフォトスタジオが混み合うため、最近は、先に写真撮影だけをする家庭も増えてきています。 写真館やフォトスタジオによっては、6月から七五三の写真撮影を行っているところもあり、10月や11月に比べて安く撮影できることが多いようです。 関連記事 七五三は何歳でやるの?男の子と女の子の違いは? 前述の通り、昔は数え年で七五三のお祝いをしていましたが、現在では、満年齢でお祝いをする家庭が多くみられます。 また、兄弟でタイミングを合わせるケースもあり(例:ひとりは満年齢、もうひとりは数え年)、お祝いする年齢を厳格に守らなくてはいけないという決まりはありません。 男の子は、5歳でのみ行う地域や家庭も増えてきています。 七五三をお祝いする歳が男の子と女の子で異なるのは、その年にお祝いをする意味が大きく関係しています。 以下に、伝統にもとづく七五三の年齢やその意味と内容をご説明します。 数え年3歳(満2歳になる年) 男女ともにお祝いします。 江戸時代には子供の産毛を剃っておくと将来は健康な髪が生えてくると信じられていたため、男女問わず3歳までは坊主にする習慣がありました。 伝統的なお祝い方法としては、3歳になり髪を伸ばし始める「髪置きの儀(かみおきのぎ)」を行います。 数え年5歳(満4歳になる年) 男の子のお祝いをします。 人生で初めて袴(はかま)を着用する「袴儀(はかまぎ)」を行います。 袴は、江戸時代の武士が公の場で身に着ける盛装(せいそう)であったことから、この儀式は幼い少年にとって、男として社会の一員になるという意味合いを持っています。 正式な晴れ着としては袴を着用するほかに、紋付と羽織も着用します。 数え年7歳(満6歳になる年) 女の子のお祝いをします。 3歳まで着物を結んでいた付け紐(つけひも)から、成人と同じ丸帯(まるおび)をつけ始め、女性として社会の一員となるという意味合いを持っています。 関連記事 七五三のお参りの時期はいつ? 七五三は、本来は11月15日に行われる行事です。 旧暦の15日は、二十八宿の鬼宿日(にじゅうはっしゅくのきしゅくにち:鬼が出歩かない日)で、婚礼以外は何をするにも吉とされていました。 また、旧暦の11月は、田畑の収穫を終えて実りを神様に感謝する月でした。 その11月の満月の日である15日に、氏神への収穫と子供の成長に感謝を捧げ、加護を祈るようになったことが、七五三の日の由来といわれています。 明治の改暦以降は、新暦の11月15日に行われるようになりました。 江戸幕府5代将軍綱吉が長男の健康を祈ったのが11月15日だったことも、七五三が11月15日に行われるようになったきっかけといわれています。 ただ、最近では日にちにこだわらず、10月中旬~11月下旬で、六曜の縁起の良い日(大安、先勝)や家族の都合のよい日にお祝いをする家庭が増えています。 関連記事 七五三は地域によって違いがあるの? 七五三は地域によって独自の慣習があり、お祝いする日にちや規模が違います。 以下に代表的なものをご紹介します。 関東 神社に行って参拝や祈祷をする家庭が多く、いわゆる「七五三」の儀式をしっかりと行います。 3歳のお祝いは、女の子だけがする地域がほとんどです。 謝礼を入れる祝儀袋は、花結び(蝶結び)の水引に包みます。 関西 七五三当日は、近くの神社や寺に参拝し、祈祷せずに千歳飴を買って帰る家庭が多いです。 3歳のお祝いは、男女ともに行うのが一般的です。 内祝いの祝儀袋は、あわじ結びの水引に包みます。 埼玉県や千葉県、茨城の一部地域 ホテルのパーティー会場などを借りて、豪華な披露宴を開くことがあります。 北海道や東北 11月15日では着物や袴のみで出歩くには寒いため、10月中に行うこともよくあります。 九州 昔の成人が身に付ける褌(ふんどし)や湯文字(ゆもじ:女性の和服の下着の一種)を着る儀式を行う地域があります。

次の

七五三はいつやるのがベスト?3歳・5歳・7歳それぞれ早見表で分かりやすく

七五三 いつやる

みおし家の息子は今年で4歳。 来年5歳なので来年七五三をやる予定です。 早生まれのその子は息子と同じ年少さんの同級生なんですが、来年一緒にやるってなるとまだ4歳9ヶ月くらいなんですよね。 詳しくはこちらの記事をどうぞ。 が、 これは早生まれじゃない子の場合で、 お子さんが早生まれの場合は満年齢でやったり数え年で同級生と一緒にやってしまったり、本当に人それぞれです。 どっちが良いとかこうすべきとかも特になく、 どっちを選んでもOK。 夫婦や親、親戚などと相談しあって決めるで良いと思います。 みおしの周りでは、5歳だと同級生と一緒にやってしまう人が多いですね。 結局悩んでいたママ友も、来年一緒にやるみたいです。 数え年で同級生と一緒にやってしまうのと、来年にして満年齢でやるのとでは どのように違うのか、ちょっと考えてみました。 スポンサーリンク 数え年にして同級生と一緒にやってしまう場合 「まだ七五三の年齢になってないけど、今年同級生の皆と一緒にやっちゃえ!」 という場合をみてみましょう。 一番のメリットは、 同級生の皆と一緒に七五三ができる ことですかね。 数えで3歳って、まだ2歳10ヶ月とかですよね。 オムツをしている子も多いのではないでしょうか。 一言に七五三のお祝いとはいっても、真面目にやったらお参り行って写真撮って食事して・・・となりますよね。 大人と違い、子供は1年違うと全然違います。 2歳とか、イヤイヤ全盛期でなにをするにもなにかと苦労しそうですよね(汗) ちなみに、うちの子が2歳10ヶ月のときは、チョロチョロ全盛期でしたw 当時のことを思い返すと、あれで七五三はちょっと辛いですねorz お子さんもお化粧したり着替えたりなど結構疲れると思いますね。 あとはやはり、お子さんの性格にもよります。 これは2歳10ヶ月で七五三をしたお子さんの動画ですが、結構バッチリおめかししてます。 そしてこの子はものすごいお利口さんです! ゚ロ゚ これなら2歳でやっても大丈夫そうな気もします。 ) ただ、早めにやったとして、 身体が小さくて小柄な場合などは衣装があまりなくて選べないなんてこともあるらしいので、小柄なお子さんはやはり無理せず来年がいいかもしれませんね。 5歳は男の子のみ七五三ですね。 幼稚園なども始まっているのである程度落ち着いているでしょうし、どっちでもいいかなぁという気がしますが、 あまり暴れん坊だったら1年後は落ち着いていることを願って満年齢でやってもいいかもしれませんね 笑 数え年の数え方 数え年の数え方ですが、 生まれた年を1歳として1月1日を迎えるごとに加齢していきます。 (CASIOが提供しているサイトに飛びます。 ) 早生まれの場合はあまり関係ないので単純に+1歳で大丈夫かと思いますが、万が一数え方がよくわからなくなってしまった場合は良かったら使ってみてくださいね。 ちなみに11月&12月生まれの場合は、同級生と一緒の年にやってしまう人が多いみたいですね。 スポンサーリンク 満年齢にして同級生より1年遅れてやる場合 この場合は、ちょっと取り残された感はありますが、 メリットは多い気がします。 先程も言ったように、大人と違って子供は1年違うと全然違います。 しっかり成長した姿を写真にも残すことができますし、「泣き喚いて最悪な撮影だったorz」みたいな嫌な思い出になる可能性も減ってくるかと思います。 周りにが既に終わってしまっているので、色々教えてもらったりできてよかったなんて意見もありましたよ。 デメリットは、やはり皆よりちょっと出遅れてしまうことですが、何度もいうように 他人に合わせる必要もないんじゃないかなとみおしは思いますね。 ただ、先ほど数え年でやる場合のところでお話したように、7歳の女の子の七五三の場合はちょっと微妙・・・かも。 親が思っている以上に 女子は色々難しいですw 早生まれのお子さんの7歳の七五三の場合は、娘さん自身とじっくり話し合って決めるのが良いかもしれませんね。 スポンサーリンク みおしが勝手に出した結論 さて、早生まれの場合、七五三をやる時期は数え年と満年齢どっちがいいのか?!についてみおしの個人的な結論を出してみましたw 早生まれの子の七五三の時期は、年齢によって使い分けるのがベスト! 3歳(男女両方) 成長具合にもよるが、数え年でやると大抵の子がまだ幼くて親も子も大変なので、 同級生より1年遅らせて満年齢でやる。 あとはお子さんの性格・成長次第でもある。 5歳(男の子のみ) 数え年でも満年齢でもどっちでも良さそうだが、暴れん坊な場合は1年後落ち着いていることに期待をして 笑 、 これまた同級生より1年遅らせて満年齢でやる。 7歳(女の子のみ) 子供とはいえ女子は複雑なので、周りの子が写真を見せ合いながら楽しそうに七五三の話をしていたら子供が悲しい思いをするかも。 ということで、 同級生と一緒にお祝いできるように数え年でやる。 といった感じでしょうか。 良かったら参考にしてみてくださいw 色んな事情やケースがあるかと思いますので、夫婦や双方のご両親、お子さん自身とよく話し合って決めてくださいね。

次の