ゲンガー。 【ポケモン剣盾】ゲンガーの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】ゲンガーの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ゲンガー

ゲンガー Gangar 英語名 Gengar 094 060 - 071 060 - - - - 032 - 063 063 025 034 - 075 075 025 034 - 143 - - 分類 シャドーポケモン 1. 5m 40. 5kg 紫 メガゲンガー 1. 4m 40. 5kg キョダイマックス 20. kg 20サイクル• 第二世代: 5120歩• 第三世代: 5376歩• 第四世代: 5355歩• 第四世代以前: 190• 第五・第六世代: 225• 第七世代: 225• メガシンカ: 270• ポケモン徹底攻略• 25で• をゲンガーに持たせた状態でで メガゲンガー• キョダイマックス個体にダイマックスで キョダイマックスゲンガー ポケモンずかんの説明文 、、 やまで そうなんしたとき いのちをうばいに くらやみから あらわれることが あるという。 漢字 山で 遭難したとき 命を 奪いに 暗闇から 現れることが あるという。 キョダイマックス いのちを ねらい ワナを はる。 くちのまえに たつと たいせつな ひとが よぶ こえが きこえる。 漢字 命を 狙い 罠を 張る。 口の 前に 立つと 大切な 人が 呼ぶ 声が 聞こえる。 、、 まんげつのよる かげが かってに うごきだして わらうのは ゲンガーの しわざに ちがいない。 漢字 満月の夜 影が 勝手に 動きだして 笑うのは ゲンガーの しわざに 違いない。 キョダイマックス のろいの エネルギーに みちている。 きょだいな くちの むこうがわは あのよへと つづいているという。 漢字 呪いの エネルギーに 満ちている。 巨大な 口の 向こう側は あの世へと 続いているという。 、、 とつぜん さむけを かんじるとき ゲンガーが ちかくにいる。 もしかして のろいを かけるかも しれない。 漢字 とつぜん 寒気を 感じるとき ゲンガーが 近くにいる。 もしかして 呪いを かけるかも しれない。 メガゲンガー いじげんを とおって どこにでも あらわれる。 かべから あしだけ とびだした ときは さわぎになった。 漢字 異次元を 通って どこにでも 現れる。 壁から 足だけ 飛び出した ときは 騒ぎになった。 、 まわりの ねつを うばっている。 とつぜん さむけが するのは ゲンガーが あらわれたからだ。 、 いのちを うばおうと きめた えものの かげに もぐりこみ じっと チャンスを ねらっている。 、 よなか ひとの かげに もぐりこみ すこしずつ たいおんを うばう。 ねらわれると さむけが とまらない。 漢字 夜中 人の 陰に 潜りこみ 少しずつ 体温を 奪う。 ねらわれると 寒気が 止まらない。 ・、 まよなか がいとうの あかりで できた かげが じぶんを おいこして いくのは ゲンガーが かげに なりすまして はしって いくからだ。 漢字 真夜中 街灯の 灯りで できた 影が 自分を 追い越して いくのは ゲンガーが 影に 成りすまして 走って いくからだ。 、 ものかげに すがたを かくす。 ゲンガーの ひそんでいる へやは おんどが 5ど さがると いわれる。 漢字 物陰に 姿を 隠す。 ゲンガーの 潜んでいる 部屋は 温度が 5度 下がるといわれる。 へやの すみに できた くらがりで いのちを うばう タイミングを ひっそりと うかがっている。 、、 くらやみに うかぶ えがおの しょうたいは ひとに のろいを かけて よろこぶ ゲンガーだ。 漢字 暗闇に 浮かぶ 笑顔の 正体は 人に 呪いを かけて 喜ぶ ゲンガーだ。 とつぜん さむけに おそわれたら ゲンガーに ねらわれた しょうこ。 にげるすべは ないので あきらめろ。 漢字 突然 寒気に 襲われたら ゲンガーに 狙われた 証拠。 逃げる術は ないので 諦めろ。 メガゲンガー ゲンガーの きずなは いびつ。 ゲンガーが えものとして ねらう あいてとしか めばえないとも。 漢字 ゲンガーの 絆は いびつ。 ゲンガーが 獲物として 狙う 相手としか 芽生えないとも。 にんげんの いちのを ねらうのは ゲンガーは ひとの なれはてで みちづれを つくるためらしい。 漢字 人間の 命を 狙うのは ゲンガーは 人の 成れの果てで 道連れを つくるためらしい。 メガゲンガー メガシンカの エネルギーで かくせい。 いじげんに もぐって こうげきの チャンスを じっと うかがっている。 漢字 メガシンカの エネルギーで 覚醒。 異次元に 潜って 攻撃の チャンスを じっと 伺っている。 わるいこの ところには ゲンガーが やってくる という いいつたえは せかいじゅうで きくことが できる。 漢字 悪い子の ところには ゲンガーが やってくる という 言い伝えは 世界中で 聞くことが できる。 メガゲンガー すべての ものの いのちを ねらう。 あるじで ある トレーナーにさえ のろいを かけようと ねらっているぞ。 漢字 すべての ものの 命を 狙う。 主で ある トレーナーにさえ 呪いを かけようと 狙っているぞ。 じたくに いても キケン。 へやの すみに できた わずかな くらがりに ひそみ えものを ねらっている。 漢字 自宅に いても 危険。 部屋の 隅に できた わずかな 暗がりに 潜み 獲物を 狙っている。 メガゲンガー メガシンカに よって いじげんへの アクセスが かのうに。 ぜんしんが あやしい パワーに みちみちている。 漢字 メガシンカに よって 異次元への アクセスが 可能に。 全身が あやしい パワーに 満ち満ちている。 種族値 通常 第1世代 60 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 XX をさせる。 青 でと交換したがする。 ピカ をさせる。 XX をさせる。 XX をさせる。 D・P Lv. XX をさせる。 Pt Lv. XX をさせる。 XX をさせる。 29-32 Lv. XX をさせる。 US・UM Lv. 色違い; 濃紫色• メガゲンガーの色違い :白• 第六世代までは特性ふゆうだったが、でに変更された。 現在、初出の世代 特性のシステム自体が存在しない第一~第二世代が初出のポケモンは第三世代初出とする。 また、メガシンカ後のポケモンはメガシンカ前の初出世代にかかわらず第六世代初出とする に存在しなかった特性 のみを持つポケモンはゲンガーのみである。 このポケモン初出は初代、つまり特性が初登場した第三世代の時点で既に登場しており、なおかつのろわれボディは第三世代の時点では存在しなかった。 体重はの405倍である。 メガシンカでない方のゲンガーの色違いは通常の色と比べると分かりづらく、第六世代以降はその傾向に拍車がかかった。 人によっては色違いのエフェクトやアイコンなどを頼りにしなければ見分けがつかない場合もある。 では メガゲンガーと呼ばれる新フォルムが登場。 メガシンカすると特性がになり、じめんタイプの技が弱点となる。 特性はであるが、に参加できない 第六世代のみ。 ただし、進化前のとは参加できる。 では「イジワルズ」のリーダーとしてやと共に登場。 ストーリー内で重要な役割を持つポケモンの1匹である。 どくタイプだが、において草タイプのカードは存在しない ではどくタイプは超タイプに分類されるように変更された。 では35位だったが、これはタイプのポケモンの中で最高位である。 シルエットがにそっくりであることや、ノーマル(第五世代まで)とゴーストというお互いに打ち消し合うタイプであることから、ゲンガーはピクシーのドッペルゲンガーだという裏設定があるのではないかと言われている。 前述の件に加え、ピクシーとゲンガーの身長と体重は ポケモンの世界では 誤差程度の差しかない 身長は20cm、体重は0. 5kgと、どちらも僅かな差でしかない 事から、ゴーストがピクシーに憑依してゲンガーになったとする説も存在している。 このポケモンを考案した人 このポケモンの原画を担当した人物という説もある が「なかはしこうよう」という人物で、その方が亡くなった哀悼の意味を込めてこのポケモンを作ったと言われる都市伝説が存在する。 その大まかな内容とは、にて、ののバグ技で、「GENGA HA NAKAHASIKOYO」と表記されるといった事だが、実際はそのようなバグ技は確認されていない。 2010年前後に流布し始めたと思われるが、発売からそれまでに発見されなかった事や、意図してそのバグを引き起こした動画等の証拠が全く出回っていない事 ならびに、実現可能なバグに関しては、動画サイト等に投稿している人物が一定数存在する事 から、この件はほぼ間違いなくガセ情報である。 2020年2月27日に行われた公式人気投票のポケモン・オブ・ザ・イヤーの投票では総合10位を記録したが、これはとしては最高位。 アニメにおけるゲンガー• で初登場。 テレビ内でと戦っていた。 これは「赤・緑」のオープニングシーンからの流用である。 でに野生のものが登場。 オレンジ諸島編では、ジョウト編では、AG編では、DP編ではがそれぞれ持っていた。 ではがゲットした。 マンガにおけるゲンガー ポケモンカードにおけるゲンガー• 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。 関連項目 脚注 各言語版での名称と由来 言語 名前 由来 ゲンガー Gengar 日本語の音写 Gengar 英語に同じ Ectoplasma 心霊現象の一種 팬텀 phantom(英語:ファントム) 耿鬼 耿 まばゆい +鬼 幽霊 、日本語の音写 耿鬼 普通話に同じ Gengar 英語に同じ.

次の

ゲンガー

ゲンガー

前作までは唯一のゴーストポケモンであり、毒ポケモンの中では引き続いてNo. 1の 特殊攻撃力と 素早さを誇るゲンガー。 第二世代で新登場したムウマとは異なり、地面、エスパー属性の攻撃技によって効果抜群のダメージを受けてしまうものの、 レベル52以上でサンダーなどの 素早さ種族値100族に先制して「みちづれ」や「だいばくはつ」での相打ちをやや決め易く、 第二世代で新たに覚えられるようになった「れいとうパンチ」や「ほのおのパンチ」でガラガラやハガネールに舐められない。 また、対策が甘くなりがちなベトベトン対策においてもムウマよりも優秀であり、追加効果によって毒状態になることがない。 なお、「じしん」などのゲンガーに対して効果抜群のダメージを与えられるポケモンに対しては著しく弱い傾向が見られるが、 攻撃技がノーマル、格闘、毒、虫のみのポケモンには顕著に強く、そういった構成に弱いポケモンの穴埋め役として活躍する。 ただし、カビゴンのように倒すのに時間がかかるポケモンは「ほろびのうた」や「のろい」などを使って一方的に滅ぼすか、 「れいとうパンチ」の試行回数を稼ぎ、追加効果で凍り状態にして一方的に殴り殺せるような準備をしておく必要がある。 ・レベル50のヘルガーを「ばくれつパンチ」で高確率で2発で倒せる。 ・レベル55の「めざめるパワー氷」を搭載したサンダーに149〜176のダメージを与える。 ・レベル55のカビゴンに「だいばくはつ」で173〜204のダメージを与える。 物理防御力 111 63 15 (F) ・レベル50のハガネールの「じしん」を1発耐える。 ・レベル55の「ぎんのこな」を装備したヘラクロスの「メガホーン」を超高確率で4発耐える。 特殊攻撃力 181 63 15 (F) ・レベル52のパルシェンを「かみなり」で1発で倒せる。 ・レベル50のスイクンを「かみなり」で高確率で2発で倒せる。 ・レベル55のスターミーを「10まんボルト」で高確率で2発で倒せる。 ・レベル52のガラガラを「れいとうパンチ」で高確率で2発で倒せる。 ・レベル50のナッシーを「ほのおのパンチ」で超高確率で2発で倒せる。 ・レベル51の「たべのこし」を装備したハガネールを「ほのおのパンチ」で超高確率で2発で倒せる。 ・レベル50の「おうごんのみ」を装備したパルシェンを「ほのおのパンチ」で高確率で3発で倒せる。 特殊防御力 126 〃 〃 (〃) ・レベル50のナッシーの「サイコキネシス」を82. 素早さ 161 63 15 (F) ・レベル55の95族(オコリザル・ルージュラ・ヘルガー)に先制できる。 ムウマに人気を奪われ気味の低レベル型。 耐久力ではムウマに劣るので自慢の 素早さと「れいとうパンチ」や「ほのおのパンチ」で差をつけたい。 「ほろびのうた」型は 「ほのおのパンチ」を搭載すると同レベルのハガネールに対面から殴り勝てるようになるのが最大の魅力であり、「もくたん」を持たせれば、同レベルのパルシェンにも殴り勝てるため、ムウマの「でんじほう」の枠は「ほのおのパンチ」になることが極めて多い。 なお、レベル50での強化アイテム込みの「ほのおのパンチ」「れいとうパンチ」の火力はレベル53で超えることができ、「きせきのみ」を持たせられるので低レベルのナッシーが「ねむりごな」や「しびれごな」を持っていても殴り合いに勝てるようになる。 また、レベル53にするとレベル55のサンダーに先制できるレベル51のスターミーやライコウに先制でき、「ばくれつパンチ」でレベル55のバンギラスを2発、「サイコキネシス」でレベル50のフシギバナを超高確率2発、レベル50のヘラクロスを2発、レベル51のカイリキーを2発、レベル55の「たべのこし」を装備したベトベトンを高確率3発で倒せるようになる。 中レベル型 (レベル:52) 技1 技2 技3 技4 持ち物 10まんボルト れいとうパンチ くろいきり だいばくはつ きせきのみ まひなおしのみ ステータス 実数値 努力レベル 個体値 調整先 HP 172 63 15 (F) ・ 物理攻撃力 120 63 15 (F) ・レベル50のスターミーを「だいばくはつ」で1発で倒せる。 ・レベル55の「めざめるパワー氷」を搭載したサンダーに154〜182のダメージを与える。 ・レベル55のカビゴンに「だいばくはつ」で179〜211のダメージを与える。 物理防御力 115 63 15 (F) ・レベル55のリングマの「じしん」を1発耐える。 特殊攻撃力 188 63 15 (F) ・レベル55のスターミーを「10まんボルト」で2発で倒せる。 ・レベル50のスイクンを「かみなり」で2発で倒せる。 ・レベル50の「たべのこし」を装備したエアームドを「ほのおのパンチ」で2発で倒せる。 ・レベル55のサンダーを「れいとうパンチ」で超高確率で3発で倒せる。 特殊防御力 131 〃 〃 (〃) ・レベル50のフーディンの「サイコキネシス」を高確率で1発耐える。 ・レベル52のナッシーの「サイコキネシス」を1発耐える。 ・レベル55のベトベトンの「だいもんじ」を3発耐える。 素早さ 167 63 15 (F) ・レベル55の100族(リザードン・サンダー・ミルタンク)に先制できる。 ・レベル50の110族(スターミー・ニューラ・ライコウ)に先制できる。 レベル55のサンダーとレベル50のスターミーに先制できることでムウマに差を付け、それに沿った攻撃技の採用率が上がる中レベル型。 「くろいきり」はカビゴンやベトベトンの「のろい」やミルタンクの「かげぶんしん」や「まるくなる」の能力変化を初期化することで非力な「だいばくはつ」でダメージを与え易くなる。 なお、「くろいきり」では「まるくなる」の能力変化のみが失われ、「ころがる」で与えるダメージが2倍になる効果はなくならないので注意しよう。 高レベルアタッカー型 (レベル:55) 技1 技2 技3 技4 持ち物 10まんボルト れいとうパンチ シャドーボール くろいまなざし ばくれつパンチ だいばくはつ きせきのみ ステータス 実数値 努力レベル 個体値 調整先 HP 182 63 15 (F) ・ 物理攻撃力 127 63 15 (F) ・レベル50の「めざめるパワー氷」を搭載したサンダーを「だいばくはつ」で高確率で1発で倒せる。 ・レベル55のニューラを「ばくれつパンチ」で1発で倒せる。 ・レベル55の「たべのこし」を装備したバンギラスを「ばくれつパンチ」で2発で倒せる。 ・レベル55のカビゴンに「だいばくはつ」で206〜243のダメージを与える。 物理防御力 122 63 15 (F) ・レベル55のハガネールの「じしん」を1発耐える。 特殊攻撃力 199 63 15 (F) ・レベル50のパルシェンを「10まんボルト」で1発で倒せる。 ・レベル55の「めざめるパワー飛行」を搭載したガラガラ(最大HP173)を「れいとうパンチ」で超高確率で2発で倒せる。 ・レベル50の「めざめるパワー草」を搭載した「おうごんのみ」持ちのナッシー(最大HP189)を「れいとうパンチ」で超高確率で2発で倒せる。 特殊防御力 138 〃 〃 (〃) ・レベル54のナッシーの「サイコキネシス」を1発耐える。 ・レベル51のフーディンの「サイコキネシス」を1発耐える。 ・レベル55のライコウの「10まんボルト」を超高確率で2発耐える。 素早さ 177 63 15 (F) ・レベル53の115族(スターミー・ニューラ・ライコウ)に先制できる。 ・レベル51の120族(ダグトリオ・フーディン)に先制できる。 何が飛んでくるか分からない高レベルアタッカー型のゲンガー。 「シャドーボール」を搭載すれば低レベルのフーディンとの殴り合いに勝てる。 また、ノーマルと格闘属性の攻撃技しか持たせていないカビゴンに対しては「れいとうパンチ」の追加効果で凍りを狙って突破することになるが、その際「ねむる」によるPP節約対策としてカビゴンにダメージの入らない「シャドーボール」が役に立ち、相手が後攻で目が覚めて即座に「ねむる」で眠り状態に入るのを阻止して、「れいとうパンチ」の追加効果を試行できる。 「ばくれつパンチ」はバンギラスを軸にしたパーティに刺さり易い。 「みずたまリボン」を持たせれば、レベル55の「めざめるパワー氷」を搭載したライコウを「だいばくはつ」で87. また、攻撃技を選択したターンのみ、このポケモンの攻撃対象となるポケモンの 物理防御力を半分にして計算する。 また、 相手が状態のときでも命中する。 ただし、状態のポケモンには効かない。 ただし、既に持ち物を持っているときは奪えない。 くろいまなざし ノーマル - 5 自分を状態にする。 みちづれ ゴースト - 5 自分を状態にする。 相手の健康状態(状態異常)に変化が起こらないとき、猛毒状態にさせられない。 相手の 物理攻撃力ランクの変化が起こらないとき、混乱状態にさせられない。 相手のポケモンが異性でなければ、技が失敗する。 あくむ ゴースト - 15 相手を状態にする。 相手のポケモンが状態でなければ、技が失敗する。 のろい ??? - 10 自分の最大HPの半分を消費する代わりに相手を状態にする。 既に状態のポケモンには効かない。 にほんばれ 炎 - 5 5ターンの間、場の天候をにする。 あまごい 水 - 5 5ターンの間、場の天候をにする。

次の

【ポケモン剣盾】ゲンガー(キョダイマックス)の育成論!努力値と対策、おすすめの技とは?|ポケモニット

ゲンガー

技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 それまでに交代したポケモンは効果が消える。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が場を離れると効果は消える。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 『ノーマル』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 第6世代は威力:80 Lv. ダイマックスしている相手には効果がない。 第7世代以降は、連続で使うと必ず失敗する。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 もう1度使用すると元に戻る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 消えている間はほとんどの技を受けない。 相手の『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする レコ. 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 通常攻撃。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 それまでに交代したポケモンは効果が消える。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 なお、相手の道具を無効にする効果はない。 道具を持っているポケモンは、道具を持っていない状態になる。 相手全体は、逃げたり、交代できなくなる 『ゴースト』タイプを除く。 自分が場を離れると効果は消える。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。 相手を『どく』状態にする。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 [ゴース:Lv. 47 USUM〜BW ,ゴース:Lv. 41 FL ,技50 金銀ク ,Lv. 61 USUM〜BW ,Lv. ただし『ねむり』状態から覚めると『あくむ』状態も解かれる。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 5〜1. 5 が相手に与えるダメージになる。 『あく』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 最大102。 最大102。 ダイマックスしている相手には無効。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性はコピーできない。

次の