悪性 リンパ腫 アナウンサー。 笠井信輔(元フジアナ)悪性リンパ腫の現在!ステージや病状や症状は?仕事は全てキャンセルで治療に専念

笠井アナ、悪性リンパ腫だった!……小倉智昭が相談受けてた事実明かす

悪性 リンパ腫 アナウンサー

元フジテレビでフリーアナウンサーの笠井信輔(56)が悪性リンパ腫の治療で近く入院することが17日、分かった。 仕事先のテレビ局関係者などに報告している。 笠井アナは32年間勤務したフジテレビを今年9月いっぱいで退社。 レギュラー出演していた「とくダネ!」も同時に卒業し、10月から小倉智昭キャスター(72)らが在籍する芸能事務所に所属。 フリーでの活動を始めたばかりだった。 血液のがんの一種ともいえる。 首や脇の下などのリンパ節が腫れたり、腫瘤(しゅりゅう)ができたりすることが多い。 他の症状としては発熱、体重減少、倦怠(けんたい)感、かゆみなども出る。 主に放射線治療、化学療法(抗がん剤治療)を適用し、高い確率で治癒を目指せる。 罹患(りかん)する原因については現在でも解明されていない。

次の

悪性リンパ腫闘病の笠井アナ、ブログを開設!今日から抗がん剤治療が開始

悪性 リンパ腫 アナウンサー

tobe. yoko がシェアした投稿 - 2019年 9月月26日午後11時13分PDT 元フジテレビアナウンサーの笠井信輔さんがこのほど、 悪性リンパ腫を患っていることがわかりました。 奇しくもこの情報が場がれた日は、 白血病で闘病中だった競泳選手の池江璃花子さんが退院した、という嬉しいニュースが報じられたところ。 笠井信輔さんといえば、今年の9月にフリーに転身したばかり。 そして大先輩でもある小倉智昭さんと同じ事務所に所属。 すでに事務所へ依頼の仕事の 20本の内16本の仕事が決まっていたということですが、全てキャンセルされたということ。 これからは病気の治療に専念するということです。 一体どんな病気なのか。 そして、今現在の笠井信輔さんの病状やがんのステージはどのようなものなのか気になるところです。 笠井信輔 元フジアナ 悪性リンパ腫の報道について 笠井信輔さんが 悪性リンパ腫に侵されている報道がこちら。 フジテレビを退社しフリーに転身した笠井信輔アナウンサー(56)が、この悪性リンパ腫に罹患していることが12月17日、週刊新潮の取材で判明した。 テレビ局関係者が言う。 「笠井アナは9月末でフジテレビを退社しました。 一方、悪性リンパ腫の診断が下ったのは11月下旬のことだったそうです。 社員時代ではなく、フリーになってから病気が見つかったことになります。 現在、笠井アナは、テレビ局などを回り、病状の説明を行っているそうです。 ひとまずは仕事をキャンセルし、治療に専念する考えのようです」 引用:Yahoo! JAPANニュース 笠井信輔さんは今年 2019年 9月末にフジテレビを退社。 その後は、小倉智昭アナと同じ事務所『オールラウンド』へ。 笠井信輔さんがフリーで活躍するという期待は、事務所は持ちろん、業界でも大きいものでした。 すでに数本のテレビ出演も決まっていた状況。 そんな中、12月17日、『週刊新潮』の取材で、笠井信輔さんが今現在、悪性リンパ腫に侵されていることがわかったと言います。 ネットの反応を見てみると、 某テレビ番組のロケに出演していた笠井信輔さんが、番組の後半で、とても疲れた症状を見せていた という。 そのネットで書き込みの方は、もしかすると、この時点ですでに病に侵されていたのでは?と呟いていました。 笠井信輔さん自身は異常を感じていたのでしょうか? それで検診を受けた、あるいは、事務所の定期健診で、今回の病気が発覚したのかも知れません。 まだ病状の詳しい報道がされていませんが、何れにせよ、悪性リンパ腫に侵されていることがわかったことは不幸中の幸いではないでしょうか。 笠井信輔が悪性リンパ腫でどんな病気なのか? 笠井信輔さんを襲った 悪性リンパ腫。 この病名は最近よく耳にするようになったと感じるのは、筆者だけでしょうか。 この 悪性リンパ腫とはどんな病気なのでしょう。 悪性リンパ腫は、血液細胞に由来するがんの1つで、白血球の1種であるリンパ球ががん化した病気です。 全身のいずれの場所にも病変が発生する可能性があり、多くの場合は頸部(けいぶ)、 腋窩(えきか)、 鼠径(そけい)などのリンパ節の腫(は)れが起こりますが、消化管、眼窩(がんか:眼球が入っている骨のくぼみ)、肺、脳などリンパ節以外の臓器にも発生することがあります。 ネットの反応のように、笠井信輔さんは、体になんらかの以上を感じたのかもしれませんね。 このことについては、後日改めた事務所より発表があるということ。 もしかすると、笠井信輔さんが悪性リンパ腫に侵されていると報道された翌日 12月18日 放送の『とくダネ! 』で小倉智昭さんの口から何かしら語られるのではないでしょうか。 何れにせよ、笠井信輔さんの今現在の病状、ステージなどはわかり次第、追記いたします。 笠井信輔が悪性リンパ腫でネットの声は? 笠井信輔さんが悪性リンパ腫についてネットの声は以下の通り。 ・名前 笠井信輔 ・生年月日 1963年4月 ・出身地 東京都世田谷区 ・最終学歴 『早稲田大学』 ・所属事務所 『オールラウンド』 ・趣味 映画鑑賞・舞台鑑賞・カラオケ 笠井信輔さんの 年齢は56歳 2019年現在 祖父は劇作家・脚本家の阿木翁助。 妻は元『テレビ東京』社員の茅原ますみさんで1990年に結婚。 奥さんが他局の方というのはちょっと意外ですね。 また、子供は25歳、21歳、16歳 2019年現在 の3人の息子がいます。 大学卒業後、1967年に『フジテレビ』に入社。 1989年4月から『おはよう!ナイスデイ』に出演。 spして1999年からフジテレビ退社まで『情報プレゼンター とくダネ!』のサブキャスターとして出演。 2019年7月30日にフリーに転身と小倉智昭さんと同じ事務所『オールラウンド』に所属を発表。 同年9月末日で『フジテレビ』を退社。 同年10月1日より『オールラウンド』所属として活動。 現在のレギュラーはCSフジ『男おばさん!!』 また、笠井信輔さんといえば、『宝塚歌劇団』の大ファンとして有名です。 笠井信輔 元フジアナ 悪性リンパ腫の現在!ステージや病状や症状は?仕事は全てキャンセルで治療に専念について 笠井信輔さんのこの報道は、本当にびっくりしましたし、信じられませんでした。 筆者は毎日、朝の情報番組『とくダネ! 』を観ていたのでこの報道には本当にショックでした。 2ヶ月前に笠井信輔さんと仕事をしたラジオ関係者の話によると 「 元気で、病気の様子は全くなかった」 としています。 2ヶ月前といえば、10月でしょうか。 病気が発覚したのが11月ということ。 ラジオの仕事の頃、もしくはその後に何らか、体の不調があったのかもしれません。 この報道を受けて、親子のように『とくダネ! 』を支えてきた小倉智昭さんの心中を察すると、言い表すことのできない悲しみを抱えていらっしゃるのではないかと思います。 きっと、笠井信輔さんが悪性リンパ腫に侵されていると報道されてしまった以上、翌日 12月18日 放送の『とくダネ! 』で話題に触れないわけにはいかないでしょう。 今現在の笠井信輔さんの状況、そして小倉智昭さんのコメントはどのようなものになるのでしょうか。

次の

悪性リンパ腫闘病の笠井アナ、ブログを開設!今日から抗がん剤治療が開始

悪性 リンパ腫 アナウンサー

目次 「笠井信輔アナウンサーのがん(悪性リンパ腫)の症状は? 悪性リンパ腫は発生場所によっては自覚症状が分かりづらいと言われていますが、笠井アナウンサーは悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)が見つかる前から、体調不良を感じていたそうです。 悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)の主な症状は以下の通りです。 典型的な全身症状は、発熱、寝汗、体重減少。 中枢神経系(脳)原発の場合は感覚障害や麻痺(まひ)などがみられ、胃原発の場合は出血や潰瘍(かいよう)性病変がみられることがあります。 引用: 笠井アナが感じていた体調不良は、 頻尿、腰痛、急激な体重減少(-3kg)だったようです。 頻尿は前立腺肥大症が原因と思われますが、腰痛や体重減少は悪性リンパ腫の症状でしょう。 現在はがんが全身に広がっている状態ということで、日常生活の中でも肩や腰に強い痛みを感じていると話しています。 現在は市販薬の中でも一番効くという鎮痛剤を飲みながら仕事をしているようで、痛みが緩和される時間は平均4時間、調子が良いと6時間持続するとのことです。 痛み止めが切れるとかなりの激痛が肩と腰を襲うそうなので、早めに治療に入って欲しいなと感じました。 また、12月7日に放送された『 鉄道沿線ひたすら歩き旅6』では、40km以上歩いた後に肩の強い痛みを訴えています。 撮影されたのが10月下旬だったそうなのですが、笠井アナは「たくさん歩いて疲れたからだと思っていたが、思い返してみればあれが悪性リンパ腫の予兆だったのかもしれない」と話していました。 スポンサーリンク 笠井信輔アナウンサーががん(悪性リンパ腫)になった原因は? 笠井アナウンサーが悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)というがんになってしまった原因は何なのでしょうか。 健康な状態であればリンパ球の中にがんが生まれてしまっても、自身の免疫細胞が排除してくれるので、がんにはなりません。 しかし、免疫力が低下していると免疫細胞が勝つことが出来ずに、がん細胞が過剰に増殖してしまうのです。 笠井アナウンサーも 多忙で免疫力が落ちていたところにタイミング悪くがんが発生して増殖してしまったのかもしれませんね。 また、がん専門サイト「がん治療. com」には、悪性リンパ腫(非ホジキンリンパ腫)の原因が以下のように記載されています。 【免疫不全】 先天性及び後天性の免疫不全の罹患者または、免疫不全を引き起こす薬剤の治療を受けた場合、非ホジキンリンパ腫のリスクが増大することが報告されています。 【細菌感染】 日本では胃に発生する悪性リンパ腫が多く、ヘリコバクター・ピロリ菌と非ホジキンリンパ腫の感染の関係性が報告されています。 【ウイルス感染】 ヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV-Iウィルス)の感染や、C型肝炎ウイルスの感染が非ホジキンリンパ腫の感染と関係していることが報告されています。 【農薬および化学物質の暴露】 除草剤、害虫駆除剤、肥料を職業的に扱っている作業者と非ホジキンリンパ腫の発生との関係が明らかになっています。 また、有機溶剤、有機塩素系殺虫剤、ポリ塩化ビフェニールも非ホジキンリンパ腫の原因になり得るという報告があります。 【ダイエットや生活習慣】 動物性たんぱく質の摂取や脂肪の摂取が非ホジキンリンパ腫の原因になり得るとの報告があります。 引用: これらはあくまでも原因として考えられる、報告されているというレベルですが、遺伝性のものというよりは私たち自身の生活習慣が元で発生する可能性があるということでしょうか。 悪性リンパ腫は1万人に1人がかかるがんと言われていますが、原因を見ると誰が発症してもおかしくないと感じます。 悪性リンパ腫を予防する方法は? 悪性リンパ腫を予防する方法としてはがん専門サイトに明確な記述はありませんでした。 上記で挙げた「悪性リンパ腫の原因と考えられることを習慣にしない」ことが大切なのではと思います。 免疫力を高める• 除草剤・害虫駆除剤の使用時には十分注意する• 動物性タンパク質の過剰摂取に気をつける など、私たちの生活の中で気をつけられることは多くありそうです。 スポンサーリンク 笠井信輔アナウンサーのように悪性リンパ腫を早期発見する方法はあるの? 笠井アナは9月のフジテレビ退職後に頻尿や腰痛に悩まされ、体重が3kg減少したことも「多忙のため」と思っていたそうです。 しかし、あまりに続く体調不良に病院で検査をしたところ前立腺肥大だったことが分かり、その際に肩と腰が病巣の悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)が見つかっています。 ということは、 「多忙が原因だ」「加齢が原因だ」と自己判断して検査を受けに行っていなかったら病状は悪化していたに違いありませんね。 体調不良での早期受診や定期的ながん検診がいかに大切なものかを思い知らされます。 特に自覚症状が出づらい病気は発見が遅れることも多いようです。 乳がんで亡くなった小林麻央さんもそうでしたよね。 悪性リンパ腫を早期発見するためには、.

次の