クイック スタート iphone。 iPhoneのクイックスタート機能で初期設定を一気に終わらせる方法

【機種変更データ移行】 PCいらずで簡単・時短 !!iPhone 同士で直接データ移行

クイック スタート iphone

キャンペーン詳細は 300万回線まで1年間基本使用料が無料!サポートエリアは5GBへ増量。 詳しくは 目次• [はじめに]個人的にはiCloudのバックアップをお勧めしたいです。 まず先に僕が実際にやってみた感想ですが、 iOS12. 4以降のデータ転送機能を使ったやり方は簡単で特に大きな問題はありませんでしたが、 個人的には「iCloudへのバックアップ」は推奨しておきたいです。 どんなトラブルが起きるかは誰にも分かりませんが、きっとみんなのiPhoneには大切な家族友人との写真や動画がきっとたくさん入っているハズです。 それを守るためにもiCloudへのバックアップはしておいた方が良いと僕は考えています。 因みに、iCloudは初期状態だとたったの5GBしかないので、拡張(課金)が必須となりますが、データ移行が完了した後に元に戻すことができるので、安心してください。 また、パソコンでiCloudへバックアップできる方はこの拡張作業は必要ありませんが、• パソコンでiCloudのバックアップ方法を知らない• そもそもパソコンを持っていない という方は、スマホ1つでiCloudを使った方法で行いましょう。 4以上の「データ転送機能」を使って旧iPhoneから新iPhoneへのデータ移行をやってみた! 旧iPhoneで新iPhoneに表示されているモヤモヤを読み取ってあげてね! そーすると、新婚さんのような感じで、向こう(新iPhoneの方)から「 データ転送で復元する?」それとも、 「 iCloudで復元する?」と聞いてきますので好きな方を選びます。 そして今回は、「 iPhoneから転送」を選びました! あとは基本、放置プレイ! 実際にやってみると分かりますが、基本は放置で勝手に行ってくれます。 また、その他iPhoneの復元で必要な箇所が出てくれば新iPhoneの方から聞いてくるので、その都度対応していきます。 事前に旧iPhoneで削除しておいたSuicaもこの時点で再度、登録できちゃいます。 APN設定はWi-Fi完了が必要• 必ずSafariブラウザから開くこと iCloudへバックアップする1つの手間がなくなったからより簡単になったよね! 僕も今回初めてiPhone同時による直の「データ転送」で旧iPhoneから新iPhoneへの復元をやってみました。 仮に途中でiPhone同士が離れて失敗してしまっても、最初からになるだけなので旧iPhoneのデータはそのままです。 手順はとっても簡単になりましたが、 念には念を!という方はiCloudへバックアップしてから行いましょうね! また、今回の最新のiPhone11を使いました。 レビュー記事もあるので、この機会に「 格安SIMでiPhone11を使ってみよーかなー」っていう方は、ぜひ参考にしてくださいね。 因みに、iPhone11で利用した格安SIMは「UQモバイル」です。 公式サイトにもしっかりと記載されています。 一応、セオリー通りは「公式サイトで動作確認が完了したら!」っいうことにはなってるんだけどね! 格安SIM会社のキャンペーン情報 Yahoo! キャンペーン詳細は 300万回線まで1年間基本使用料が無料!サポートエリアは5GBへ増量。 詳しくは.

次の

【機種変更データ移行】 PCいらずで簡単・時短 !!iPhone 同士で直接データ移行

クイック スタート iphone

どうも!iPhone11Proを購入した「ホームページ・インフラ担当が副業やるってよ!」運営管理人の「uri uri」(うりうり)です。 そんな時に「設定しろ!」と言われるのが会社携帯を担当しているインフラ担当だったりします。 私と同じように困っている方向けに記事を書きましたので、もしよければ参考にしてください。 最近(2020年4月24日)発売されたiPhoneSE2(第2世代)に関しての気になっている方向けに記事を書きましたので合わせて見てもらえると嬉しいです。 iPhoneのクイックスタートとは? クイックスタートを使えば、今使っているデバイスの情報を使って、新しい iOS デバイスをすばやく設定できます。 その後、残りのデータやコンテンツは iCloud バックアップから新しいデバイスに復元できます。 今使っている iPhone を使って新しい iPhone を設定する場合、両方ともに iOS 12. 4 以降が搭載されていれば、クイックスタートで iPhone の移行機能を使えます。 この機能を使えば、すべてのデータを使用中の iPhone から新しい iPhone に転送できます。 クイックスタートの使用中は両方のデバイスが使えない状態になるので、普段使っているデバイスを数分間使わなくてもかまわない時間帯を選んでください。 から引用 iPhoneは機種変更する際、今使っている 古いiPhoneのデータ初期設定(Wi-Fiの情報やApple IDの情報など)を簡単に新しい機種に引き継げる機能です。 細かいことをいうと、「iOS 11」でクイックスタート機能は実装されました。 「iPhone、iPad、iPod touch」などを機種変更したときや追加したときに、データの初期設定を機種同士を近づけ、Bluetoothを使って簡単にデータ移行できる機能の事を言います。 クイックスタートはどこまで設定や情報を引き継げる? クイックスタートは古いiPhoneの情報やデータをすべて新しい機種に引き継げるわけではありません。 大きく3つのデータを引き継げます。 引き継げるデータ内容• Wi-Fiのネット設定情報・パスワード• Apple ID• 言語設定情報・キーボードの設定情報 上記の3つと一般的には言われていますが、 私はクイックスタートを使用したら、すべての設定やアプリを引き継ぐことが出来ました。 もちろん、引き継いだと言ってもパスワードが必要なものやLINEなどのSNSはもう一度ログインしなければいけないのでクイックスタートだけで移行できたわけではありません。 しかし、古い機種で撮影した写真やさっきまでsafariやGoogleChromeで調べていたホームページ、モンストなどのゲームデータまで引き継いでいました。 こりゃ楽だ! 個人的な考察ですが、「iCloud上にある程度バックアップしているデータ」と「現状開いているorバックグラウンドで動いているデータ」に関してはクイックスタートで引き継げると思いました。 じゃなきゃ、safariやGoogleChromeで開いているページまで引き継げませんからね。 ちなみに、私はクイックスタートを使ったら、Instagram+Twitterはログインしなくても勝手にアカウントの移行が出来ていました。 GoogleアナリティクスやWordpressのスマホ用アプリも、アカウント移行が出来ていました。 逆にドコモのキャリアメールがデータ移行出来なかったので、公式ホームページから設定しました。 iPhoneにドコモメールを設定したい方は。 クイックスタートができない!私のケース(事例) iPhone11Proを狂ったように探し回って見つけた時の表情 私は、2019年9月23日(月)の秋分の日にiPhone11Proの256GBをヨド〇シカメラで購入しました。 iPhone11Proの256GBはどこに行っても売り切れで💦電話しまくりましたよ💦 何回「iPhone11Proの256GBはありますか?」って言ったことか…。 私はドコモで契約しているんですが、どこのドコモショップも無いし、入荷の見通しを聞いても「わかりません!」の一辺倒! それじゃユーザーからは不満が出ますよ! まぁでもいつものことだから「そうなんですね~」ぐらいにしか思いませんでしたがw 今回は、iPhone11Proが人気みたいですね。 一番小さいし、何よりカメラ性能がほとんどデジカメと同じぐらい。 でも、やっぱり一眼レフには敵わないみたいですね。 (Appleの店員さんもそう言ってました。 ) あと、iPhone11シリーズはカメラレンズが出っ張っているので、落下してあたると壊れることが多いみたいです。 カメラレンズカバーを買うことを、勧められましたが実際に必要なのかな? 調べて記事にしましたので、気になる方は下の画像リンクからどうぞ! ちょっと話が逸れましたが、ヨドバ〇カメラで購入した際に、古いiPhoneからSIMを入れ替えて通信確認をするんですが、どうやらこれが良くなかったみたいです。 (後で詳しく解説します。 ) クイックスタートができなかった原因 クイックスタートができなかった原因 家電量販店や各キャリアの専門店で購入した場合、クイックスタートできない場合があります。 理由としては、ショップの方が動作通信確認のために、初期設定をすべて「後で確認する」などで飛ばしながら設定したのが原因でした。 iPhoneのクイックスタートは、購入した新しいiPhoneの一番最初の「こんにちは」や「言語設定」をする初期画面からじゃないとできません! これは、ショップの方を非難するわけではありませんが、なんのためのクイックスタートなんだよ! でも、これには理由がありました。 知り合いのドコモの方にクイックスタートについて聞いたところ人によってはデータや設定を移行させるだけで1時間かかる人もいるらしいです。 1人1人に多くの時間をかけられないというのが理由みたいですが、それって1人1人のユーザーと向き合ってないのでは?って個人的にも思いますし、せめてちゃんと説明しろよ!って思う。 他の原因で、クイックスタートできない場合も実はあります!もし、この記事で解決しなかったら別の記事で解決法を書いていますのでそちらをご覧ください。 クイックスタートの手順 では、本題! 家電量販店やドコモショップで通信確認の為に一番最初の画面を飛ばして設定されてしまった場合のクイックスタートをする手順です。 まず、購入してきたiPhoneを初期化してください。 しかし、注意しなければいけない点があります。 それは、バージョンアップにより古い機種で使えていたアプリが使用できなくなる点です。 クイックスタートは「iOS 11」以降から使用できますが、「iOS 11」以前のバージョンで使用していたアプリが最新のiOSバージョンだと使用できなくなる・アプリ自体を開けなくなるという注意点があります。 常に最新のiOSのバージョンで使用していればいいんですが、バージョンアップを何らかの理由で正常にできていない人やiPhone自体が古すぎて一気に最新のバージョンにした人は要注意です。 アプリは、開けなくなったら最後!中のデータは永遠に復旧できないでしょう。 クイックスタートのデータ移行作業の意外な落とし穴となっているケースですので、もし心当たりのある方は注意して下さいね。 まとめ いかがだったでしょうか? ちなみに、私がiPhone11Proのクイックスタートにかかった時間は40分ぐらいでした。 なんか、ぜんぜんクイックじゃない! おそらく、個人差はある程度あると思います。 私と同じ日に購入した知人は10分ほどでクイックスタートできていたのを見ると、個体差なのかデータの量なのか通信速度なのか何かしらの違いがあったのだと思います。 iCloudやiTunesのバックアップからでもいいけど、なんのためのクイックスタートやねん! しかし、iTunesにバックアップを1からとってデータ移行させると3時間~4時間ぐらい最大でかかる場合があるとのこと。 そう考えるとクイックスタートの方が速いと言えますね! 以上、iPhoneのクイックスタートができないときの対処の方法についてでした。 もし、この記事がよかったと思ったら、Twitterのフォローをお願いいたします。 また、見やすくわかりやすいコメントに直していただいてありがとうございます。 さっそく質問に答えていきたいと思います! 結論、パスコードを入力しなくてもクイックスタートでデータ移行は可能です。 しかし、注意していただきたいのが、iCloudキーチェーンに登録している情報が移行できなくなります。 iCloudキーチェーンに登録されている情報というのは大きく3つあります。 Wi-Fiの情報• クレジットカードの情報• ブラウザ上でログインするIDやパスワード クイックスタート時にパスコードを入力させるのは、暗号化された重要な情報をわるい第三者から抜き取られるリスクを回避する為のものです。 「Wi-Fiの情報」「クレジットカードの情報」「ブラウザ上でログインするIDやパスワード」をiPhone6に登録してなければ気にせず「スキップ」すれば大丈夫です。 写真や電話帳などのデータ移行だけでしたら、Bluetooth接続で情報を移行させるので問題ありません。 しかし、kztm様がiPhone6に登録してあるWi-Fiの情報やクレジットカードの情報などを、すべて移行させたいと考えているのであれば、「Apple ID」に紐づいているパスコードを入力しなければいけません。 つまり、本当にすべての情報をクイックスタートで移行させたいのであれば、あらかじめ旧機種のiPhoneに設定してあるパスコードをメモしてクイックスタート時に使用するのが良いと思います。 長くなってしまってごめんなさい 参考になったら幸いです。 ホームページ・インフラ担当が副業やるってよ 運営管理人 uri uri より uri uri様 長文の質問にもかかわらず、懇切丁寧にご回答いただき誠にありがとうございます。 >パスコードを入力しなくてもクイックスタートでデータ移行は可能です。 >ただし、iCloudキーチェーンに登録している情報が移行できなくなります。 >すべての情報をクイックスタートで移行させたいのであれば、あらかじめ旧機種のiPhoneに設定してあるパスコードをメモしてクイックスタート時に使用するのがいいと思います。 なるほど、つまりiTunesを使ったバックアップ時の暗号化と同様の位置付けですね。 では、予めiPhone6でパスコードを設定した上でクイックスタートに臨みたいと思います。 この度は詳しくご教示いただき、誠にありがとうございます。 おかげ様で疑問が解消され、安心して機種変更・データ移行に臨むことができます。 結論から言うと、iPhoneを消去を選択して問題ありません。 理由は1つ!初期化することには変わりがないからです。 私の場合、携帯ショップで中途半端な設定をしてもらったせいで、クラウドから一部のデータが、新しいiPhoneに入ってしまったため「すべてのコンテンツと設定を消去」が出てきました。 おそらく、ykitty様の場合は、「AppleIDの設定が未完了になっている」か「特に設定やデータが入っていない」からだと思います。 どちらにしても、クイックスタートをするのであれば新しいiPhoneで「iPhoneを消去」してしまって問題ありません。 ホームページ・インフラ担当が副業やるってよ 運営管理人 uri uriより.

次の

【機種変更データ移行】 PCいらずで簡単・時短 !!iPhone 同士で直接データ移行

クイック スタート iphone

スポンサードリンク 「iPhone SE」が届いた 発売日である2020年4月24日に、新しい「iPhone SE」が届きました。 iPhone 8の筐体を利用し、廉価版と呼ばれるモデルながらチップはiPhone 11と同等で、的な感じになっています。 購入したのは128GBモデルで、実はこれは次男が自分で貯金して購入した初めてのiPhoneとなります。 ファーストiPhoneだから愛着もあるだろうし、その分、中身が最新のiPhone 11と同じチップということで、長く使えて良いのではないかと思います。 「iPhone SE」が初めてのiPhoneだというお子さんも全国にたくさんいるのでしょうね。 手元にあるiPhone 7 PlusやiPhone 11 Pro Maxと比較すると液晶画面は小さく感じますが、単体で持つと片手で持ちやすい、良いサイズ感だと思います。 ということで、見た目のファーストインプレッションもそこそこに、これまでお下がりで使っていたiPhone 7 Plusから新しい「iPhone SE」にデータ移行することにしました。 「クイックスタート」できない iOSを最新にアップデートしていれば「クイックスタート」という機種引き継ぎ、機種変更のためのデータ転送機能が利用できます。 新しいiPhoneを起動し、すぐそばに古いiPhoneを置くと、Bluetoothでお互いを認識し、設定やアプリなどをWiFi経由で転送できるという機能です。 最初は「こんなことができるのか!」と感動したものです。 これでiPhoneの機種変更も捗るな、と。 症状としては、iPhone 7 Plus側がApple IDを送信するのだけど「接続中」と表示されたまま先に進めないのです。 WiFiを変更したり、何度も起動し直したりしたのですが、どうしてもiPhone 7 Plus側で設定を進めることができませんでした。 検索してもそれらしい症状を訴えている人は他におらず、Appleのサポートページでも同症状は見つかりません。 1時間ほどトライを繰り返すも、全く先に進めないため「クイックスタート」は断念しました。 「手動で設定」のその先には、iTunesでデータ移行(復元)するとか、最初から設定を始めるとかあるのですが、ここで救い主となるのがiCloudからの復元です。 そうそう、クイックスタートが導入される前はiCloudにiPhoneの中身をバックアップしておいて、そこから復元したものですよ(そのさらに前はiTunesで復元)。 ということで、iCloudバックアップから復元することで、無事に「iPhone SE」への機種変更を果たしました。 iCloudバックアップというのは、ネット上のクラウド環境にiPhoneを丸ごとバックアップしておくというものです。 WiFi&電源に繋がっている状態で動作し、iPhoneを使っていない時に中身が自動バックアップされます。 iPhoneを落とした時にも、前夜のiCloudバックアップに救われました。 現在は200GBで月400円、2TBで月1,300円です。 有料ですが、絶対に課金しておくことをオススメします。 今回のようなiPhoneの機種変更にも使えますし、万が一、iPhoneをなくした時にも中身のデータは取り戻すことができます。 物理的なiPhoneは買い直しができますが、中身のデータはプライスレスですから。

次の