スナック 川崎。 川崎 スナック ちゃちゃ&おすすめスナック一覧!

新横浜・川崎・関内のクラブ・スナック・ラウンジ<マリアージュ>

スナック 川崎

起死回生!? アットホームなスナック「う~たん」 ・・・その後、5軒ほどのスナックに突撃するものの、取材できない。 ふと看板を目にし、「あそこ行ってみよう!」とギッシー。 「最後に行ってみようか」と松宮。 よくよく看板を見ると「う~たん」と書いてある。 「・・・大丈夫かな?」と思いつつ、とにかく店へと向かう。 ・・・「すなっくうーたん」に一縷(いちる)の望みを託す! 階段を上がり、2階へ。 すると重厚なドアが! 重厚なドアに立ちすくむ松宮&ギッシー 「・・・とにかく行くしかない!」と勢いよくドアを開ける。 「うっ!」と一瞬ひるむが、とにかくお話を聞いてみようと決意。 「鶴見のスナック事情を調べている」と言うと、ママは気さくにお話してくれる。 (左から)ママと美人スタッフのお姉さん ママの中村久美子さんは「生まれも育ちも鶴見」というハマっ子。 「う~たん」をオープンして10年ほど。 ママの周りは、後光が差しているのではないかというほど明るい。 ママのご両親は屋台を営んでおり、小さい時から店の手伝いをしていたそう。 なので「この道ウン十年よ」と笑う。 ギッシーが注文した「ビール(600円)」 オススメできるスナック2軒目を発見し、ホッとしたので「ハイボール(600円)」を一気飲み 「お通し(シーチキンと大根&キュウリのサラダ)」はさっぱりとしていて美味! 店内にはママとスタッフの女性が4人。 テーブル席に男性2人。 カウンターには男性が1人いる。 アットホームな雰囲気にホッとしてしまい、力が抜けてカウンターに座る松宮とギッシー。 カウンターに座っている男性に、鶴見のスナック事情」を伺う。 すると「鶴見はスナック上級者向けですよ」と男性。 冷蔵庫に張られているメニュー 前述したが、鶴見のスナックの中には飛び込みで入ったお客さんが「何十万も請求された」という話もあるらしい。 「だからスナックには紹介で行った方がいいですよ」と男性は教えてくれる。 男性も知人の紹介でここ(う~たん)に来たらしい。 「外から飲みに来る人もほとんどいないと思うので(松宮とギッシーは)はじめ警戒されたんじゃないかな」とのこと。 「なるほど・・・」「・・・やっぱり現地に来てみないと分からないね」と語り合う松宮とギッシー。 写真をお願いすると、「え~!」と言いながらも応じてくれたありささん 「はずかしい!」と言いながらも撮影に協力してくれたしおりさん 先ほどのお通しを作ったというかえでさん 続いてママに「う~たん」という店名のナゾについて尋ねる。 「う~たん」はその時からのあだ名らしい。 「スミス」といい、幼いころからのあだ名が店名の由来になっているのがおもしろい。 「う~たん」の営業時間は午後6時から午前0時まで。 定休日は日曜日。 席料は3000円。 時間制限はなし。 ボトルは3000円から。 客層は1人客から夫婦、グループまでさまざま。 「スミス」同様、2軒目としてカラオケを楽しむ人も多いそうだ。 「ここは客層がいいんですよ」と前出の男性。 明るいママを慕って通う人が多いそうだ。 「店の女の子もみんな明るいわよ!」とママ。 明るくて気さくなママの人柄を慕って通う人も多いのだろう 仕事を終えた後、「まだ家には帰りたくない」「ちょっと一杯楽しく飲みたいな・・・」そんな願いを叶えてくれるのがスナックの魅力なのだと実感した。 取材を終えて 取材を通じ、鶴見に150軒ものスナックがあると初めて知った。 正直に言って鶴見は寿町よりも25件ほどNGだったこともあり、取材のハードルが高かった。 「もう取材不可か」とも思ったが、「安心して飲めるスナック」2軒を見つけることができ、本当によかった! スナックの魅力はまず家庭的なこと。 そして時間を気にせず、気軽に楽しく飲めることだと思う。

次の

スナック・バー

スナック 川崎

\平日16:00-17:00は宴会がある場合のみ営業。 オーダーストップは店内状況によります\\土・日・祝\12:00-23:00\4月8日-5月6日まで完全休業致します。 アクセス 京急川崎駅から徒歩2分 98m 6月24日営業再開致します!\\ビュッフェをオーダー制に変更してご提供しております。 \従業員はマスク着用、店内複数か所に… コパカバーナ 住所 神奈川県川崎市川崎区大師本町8-17 電話番号 044-201-6636 営業時間 水-日 バー:18:00-23:00 L. 22:00 土曜は12:00-23:00、日曜は12:00-20:00と\お昼より営業いたします。 詳細はコパカバーナ川崎大師ホームページをご確認下さい \\第一土曜の夜は、ライブなどでミュージックチャージがかかります。 平均予算 2500円 コパカバーナは【本場ブラジルの味】にとことんこだわっています。 ブラジル料理はシュラスコだけではありません。 \ブラジルにい… 神奈川県川崎市川崎区から絞り込み• 浅野町 0• 池上新町 0• 池上町 0• 浮島町 0• 江川 0• 榎町 0• 扇島 0• 扇町 0• 大川町 0• 小田栄 0• 小島町 0• 境町 0• 塩浜 0• 白石町 0• 新川通 0• 鈴木町 0• 田島町 0• 田辺新田 0• 田町 0• 大師河原 0• 大師公園 0• 台町 0• 千鳥町 0• 堤根 0• 日進町 0• 東扇島 0• 日ノ出 0• 富士見 0• 堀之内町 0• 水江町 0• 港町 0• 南渡田町 0• 元木 0• 夜光 0• 四谷上町 0• 四谷下町 0• 渡田新町 0• 渡田東町 0• 渡田向町 0.

次の

川崎駅徒歩7分

スナック 川崎

起死回生!? アットホームなスナック「う~たん」 ・・・その後、5軒ほどのスナックに突撃するものの、取材できない。 ふと看板を目にし、「あそこ行ってみよう!」とギッシー。 「最後に行ってみようか」と松宮。 よくよく看板を見ると「う~たん」と書いてある。 「・・・大丈夫かな?」と思いつつ、とにかく店へと向かう。 ・・・「すなっくうーたん」に一縷(いちる)の望みを託す! 階段を上がり、2階へ。 すると重厚なドアが! 重厚なドアに立ちすくむ松宮&ギッシー 「・・・とにかく行くしかない!」と勢いよくドアを開ける。 「うっ!」と一瞬ひるむが、とにかくお話を聞いてみようと決意。 「鶴見のスナック事情を調べている」と言うと、ママは気さくにお話してくれる。 (左から)ママと美人スタッフのお姉さん ママの中村久美子さんは「生まれも育ちも鶴見」というハマっ子。 「う~たん」をオープンして10年ほど。 ママの周りは、後光が差しているのではないかというほど明るい。 ママのご両親は屋台を営んでおり、小さい時から店の手伝いをしていたそう。 なので「この道ウン十年よ」と笑う。 ギッシーが注文した「ビール(600円)」 オススメできるスナック2軒目を発見し、ホッとしたので「ハイボール(600円)」を一気飲み 「お通し(シーチキンと大根&キュウリのサラダ)」はさっぱりとしていて美味! 店内にはママとスタッフの女性が4人。 テーブル席に男性2人。 カウンターには男性が1人いる。 アットホームな雰囲気にホッとしてしまい、力が抜けてカウンターに座る松宮とギッシー。 カウンターに座っている男性に、鶴見のスナック事情」を伺う。 すると「鶴見はスナック上級者向けですよ」と男性。 冷蔵庫に張られているメニュー 前述したが、鶴見のスナックの中には飛び込みで入ったお客さんが「何十万も請求された」という話もあるらしい。 「だからスナックには紹介で行った方がいいですよ」と男性は教えてくれる。 男性も知人の紹介でここ(う~たん)に来たらしい。 「外から飲みに来る人もほとんどいないと思うので(松宮とギッシーは)はじめ警戒されたんじゃないかな」とのこと。 「なるほど・・・」「・・・やっぱり現地に来てみないと分からないね」と語り合う松宮とギッシー。 写真をお願いすると、「え~!」と言いながらも応じてくれたありささん 「はずかしい!」と言いながらも撮影に協力してくれたしおりさん 先ほどのお通しを作ったというかえでさん 続いてママに「う~たん」という店名のナゾについて尋ねる。 「う~たん」はその時からのあだ名らしい。 「スミス」といい、幼いころからのあだ名が店名の由来になっているのがおもしろい。 「う~たん」の営業時間は午後6時から午前0時まで。 定休日は日曜日。 席料は3000円。 時間制限はなし。 ボトルは3000円から。 客層は1人客から夫婦、グループまでさまざま。 「スミス」同様、2軒目としてカラオケを楽しむ人も多いそうだ。 「ここは客層がいいんですよ」と前出の男性。 明るいママを慕って通う人が多いそうだ。 「店の女の子もみんな明るいわよ!」とママ。 明るくて気さくなママの人柄を慕って通う人も多いのだろう 仕事を終えた後、「まだ家には帰りたくない」「ちょっと一杯楽しく飲みたいな・・・」そんな願いを叶えてくれるのがスナックの魅力なのだと実感した。 取材を終えて 取材を通じ、鶴見に150軒ものスナックがあると初めて知った。 正直に言って鶴見は寿町よりも25件ほどNGだったこともあり、取材のハードルが高かった。 「もう取材不可か」とも思ったが、「安心して飲めるスナック」2軒を見つけることができ、本当によかった! スナックの魅力はまず家庭的なこと。 そして時間を気にせず、気軽に楽しく飲めることだと思う。

次の