ホンダ 400x 2019。 2019年 新型400Xに乗ってみた!新採用のフロント19インチでUターンや小回りもラクチン

400X カスタムまとめ

ホンダ 400x 2019

2019年3月22日より販売を開始した2019年モデルの新型400Xを試乗してみた。 街中のみの試乗ではあるが、フロント19インチ化の効果や足まわりの熟成による乗り味の進化を感じることができたぞ。 エンジンの味付けもCBR400Rと若干ながら異なり、より低中回転域のトルク感を重視したモノとなっているなど、個性が際立つ仕上がりに。 フロント19インチで小回りもラクラク 2019年モデルの新型400X一番の変更点といえば、フロントに17インチホイールではなく新たに19インチホイールを採用した点だろう。 これにより、一気にスタイリング&走りの面でアドベンチャーテイストを増している。 オンロードではとくに大径ホイールによる安定感の高さとキャスター角の変更も伴って、安心感ある走りに魅力を感じた。 今回はオンロードのみの試乗なので、オフロード性能は確かめられていないが、ブロック調パターンのタイヤ(ダンロップ・MIXTOUR)や、オフロード走行を意識したブレーキ効力の調整なども行なわれているというから、フラットダートなどでも安心して走りを楽しめるのではないだろうか。 アドベンチャーテイストを強めたスタイリング 新型400Xでは、オンロードとオフロードのクロスオーバーを意味するXシリーズらしいスタイリングにさらなる磨きがかけられた。 もちろん、フロント19インチは見た目にもアドベンチャーテイストを強調してくれているし、それに合わせて、シュラウドなどの形状もリニューアルを受けている。 ツーリング性能にも期待大 また、従来モデル比で20mmロングになったスクリーンのおかげで、防風性能が大幅にアップしているのもポイント。 高速巡行も快適にこなすことができた。 オプションのパニアケースを装着すれば、万能のロングツーリングマシンとしても活躍してくれること間違いナシだ。 アシスト&スリッパークラッチも新採用! CBR400R同様に、2019年モデルから新採用されたアシスト&スリッパークラッチ。 街中で交差点を曲がる際に3速から2速にシフトダウン、というようなシーンでもしっかりと余分なエンジンブレーキを抑制してくれるため、滑らかに走ることができて好印象だった。 また、クラッチ操作自体もかなり軽くなっているので、ロングツーリングや街中の渋滞時などでも、その恩恵を受けられる。

次の

400X カスタムまとめ

ホンダ 400x 2019

400Xのマフラーカスタム 走って楽しい。 聞いて楽しい。 見て楽しい。 それがマフラーカスタム。 サウンドが変わるのはもちろんのこと、パワー特性も変わります。 そしてその見た目の変化は400Xのカスタム度を大幅にアップしてくれます。 ユーロ1適合のスリップオンマフラー。 非常に軽量で公式サイトによると重量は半分以下(ノーマル4. 2kg/AKRAPOVIC1. 9kg)。 純正の野暮ったい(古臭い)デザインと比べると複雑な形状や出口周辺までカーボンで造形されていたりといかにも現代的なデザイン。 造りは非常に丁寧かつ上等で純正を上回る...

次の

Honda

ホンダ 400x 2019

400Xは「冒険心を呼び起こす、正常進化 Cross Over」を開発キーワードに、よりアドベンチャーイメージを強調した外観に一新しました。 フロントタイヤサイズを17インチから19インチに大径化しフラットダートでの走破性を向上させた。 また、ウインドスクリーンの高さを従来モデルより延長するなど、クロスオーバーモデルとして走破性と高速巡行時の快適性を追求し各部の熟成を図っている。 パワーユニットは、吸排気系を見直し、幅広い走行状況に対応できる力強い走りを実現。 また、アシストスリッパークラッチを新たに採用し、よりスポーティーな走行に寄与するとともにクラッチレバーの操作荷重を低減するなどロングツーリングでの疲労感の軽減を図った。 電装は、シャープな造形のLEDヘッドライト、テールランプに加え、新たに前後ウインカーにもLEDを採用し軽量コンパクト化に寄与している。 新設計のLCDメーターは視認性を向上するとともに、ギアポジションインジケーターなどの機能を新たに採用した。 車体色はアドベンチャーイメージを強調した「マットバリスティックブラックメタリック」とスポーティーなイメージを強調する鮮やかな「グランプリレッド」の2色を設定。 ホンダ 20• ヤマハ 743• スズキ 324• カワサキ 269• 国内メーカーその他 0• ハーレーダビッドソン 0• ドゥカティ 20• BMW 24• KTM 69• トライアンフ 1• SYM 0• ベスパ 6• アプリリア 2• キムコ 9• プジョー 0• PGO 0• モトグッチ 0• ビューエル 0• MV アグスタ 0• アディバ 0• ロイヤルエンフィールド 0• ハスクバーナ 22• ピアジオ 2• デイリン 0• マラグーティ 0• ジレラ 0• BRP 0• Aモーター 0• クリーブランド 0• ベータ 2• その他 0• トライク 0• 電動スクーター 0• スノーモービル 0• TGB 0• イタルジェット 0• ノートン 0• インディアン 0• デルビ 0• メガリ 0• スネークモータース 0• ザックス 0• ガスガス 0• プロッツァ 0• ハートフォード 0• ビモータ 0• トモス 0• 富士重工 0• エルエムエル 0• ヴィクトリー 0• カジバ 0• モト・モリーニ 0• ロードホッパー 0• ATV バギー 0• SWM 5• テラモーターズ 0• ラベルダ 0• ノメル 0• ヒョースン 0• アクセス 0• オーヴァークリエイティブ 0• パジャジ 0• 海外メーカーその他 0• 除雪機 1• TM 0• MZ 0• モンテッサ 0• BSA 1• ベネリ 0• ソレックス 0• フサベル 0• ランブレッタ 0• ブリヂストン 0• リエフ 0• ポケバイ 0• ロデオモーターサイクル 0• ダイハツ 0• セーガレ 0• スコルパ 0• MBK 0• モトベガン 0• VOR 0• AJP 0• ウラルモト 0• GPX 0• アタラ 0• アエルマッキ 0• デンリン 0• 東京マルイ 0• フェニックス 0• ボスホス 0• TVS 0• ベルティマーティ 0• ファンティック 0• マットモーターサイクルズ 0• ブルタコ 0• シェルコ 0• アパックスパワー 0• ヨシムラ 0• モリワキ 0• メグロ 0• CPI 0• サンモーターサイクルズ 0• マーニ 0• モンディアル 0• エフワイエム 0• ヤディア 0• シンユー 0• ジョンウェイ 0• ボスアー 0• CKファクトリー 0• ウエストコーストチョッパーズ 0• 原付スクーター 0• 原付二種スクーター 0• ビッグスクーター 0• ミニバイク 0• ストリート 0• クラシックタイプ 0• ネイキッド 0• ツアラー 20• 海外メーカー 0• ビジネスバイク 0• 4stミニ/ミニモト 0• 絶版名車 〜1979年 0• 絶版名車 1980年〜 0• ビンテージモトクロス 0• ダートトラック 0• トライアル 0• ストリートファイター 0• カフェレーサー 0• ローライダー/チョッパー 0• ニュースクール/ウォンウォン系 0• トライク/サイドカー 0• ビルド/フルカスタム 0• アドベンチャー/ビッグオフ 20• モトクロッサー 0• エンデュランサー 0• ネオクラシック 0• 3輪バイク 0• モペッド 0• 北海道 0• 北海道 0• 東北 0• 青森県 0• 岩手県 0• 宮城県 0• 秋田県 0• 山形県 0• 福島県 0• 関東 12• 茨城県 0• 栃木県 1• 宇都宮市 1• 群馬県 0• 埼玉県 3• 上尾市 1• 川越市 1• 草加市 1• 千葉県 1• 柏市 1• 東京都 2• 府中市 1• 武蔵村山市 1• 神奈川県 5• 横浜市港北区 1• 茅ヶ崎市 1• 川崎市幸区 1• 相模原市中央区 2• 北陸・甲信越 0• 新潟県 0• 長野県 0• 山梨県 0• 富山県 0• 石川県 0• 福井県 0• 東海 3• 静岡県 1• 岐阜県 0• 愛知県 2• 東海市 2• 三重県 0• 関西 3• 大阪府 2• 東大阪市 1• 富田林市 1• 京都府 0• 滋賀県 0• 兵庫県 0• 奈良県 1• 磯城郡田原本町 1• 和歌山県 0• 中国 0• 鳥取県 0• 島根県 0• 岡山県 0• 広島県 0• 山口県 0• 四国 0• 香川県 0• 高知県 0• 徳島県 0• 愛媛県 0• 九州・沖縄 2• 福岡県 2• 糟屋郡志免町 2• 佐賀県 0• 長崎県 0• 大分県 0• 熊本県 0• 宮崎県 0• 鹿児島県 0• 沖縄県 0.

次の