セント サイモン。 ホテル セント・サイモンズ・アイランド, アメリカ

血統の大系統分類

セント サイモン

セントサイモン. on とは、の。 後に大種。 とはを地でいった名である。 概要 opin、. 、 という血統。 期待されない血統、変な体ながら、走らせてみれば時に20kg以上のを与えながら2歳戦で4戦4勝。 その後に行われたでは相手の営がセントサイモンを「野郎」と罵倒したことに師がし、わざと相手に着差を縮せるというをしながら。 3歳になっても走るが単走になったりしながら連勝を続け、結局故障でを余儀なくされるまでに10戦10勝という璧な成績を残して種入りした。 最初のがしたため登録は効となってしまい、出走はわなかったが、となったグッドウッドではをハーヴェとの同着でしたセントガエンを除くその年のを全て20身以上後方に葬り去っている。 種入りしてからは産駒が走る走る。 ももっな大活躍を見せ、のリーグアーに9回もき、産駒も種として大成功。 一気にセントサイモン系を築き上げ、20世紀初頭には 重賞の半分以上をセントサイモン系が占めたとか。 系こそ繁栄し過ぎて、後述するセントサイモンの悲劇という血の飽和が起こり衰退しているが、を通じてセントサイモンの血は中に広がり、、 セントサイモンの血を引かないは存在しないまでになっている。 「の見たおそらく史上最高の」それがセントサイモンである。 セントサイモンの悲劇 …………とまあ、としても、種としても類稀な功績を残したセントサイモンであるが、現代でセントサイモンの名前が出ると、っ先に思い浮かべられるのは、「セントサイモンの悲劇」という、界におけるな教訓だろう。 端的に言うと、• セントサイモンの活躍にって、彼自身の交配・彼の後継種の交配数が短期間の内に的に増える。 多くの種、繁殖にセントサイモンの血が混じる。 血がて不受胎、受胎してもとして使えない貧弱なが生まれる、そもそも近親交配を避けてセントサイモン系の種が敬遠される。 交配が成立し辛くなった結果、後継を遺せず、あっという間にセントサイモンの系種が衰退。 種全滅。 という、短期間の極端な血の偏りが、却って衰退を招いてしまったという事例である。 当時 19世紀 は、種や繁殖の輸出入 特にを渡るような が、ほど頻繁ではなく、余計に狭い地域で産界がしていたため、こういった血の偏りと、それによる交配の袋小路が発生しやすかったと考えられる。 かつ、この当時、の 駄に誇り高い生産者が、顕著に優秀な結果を出していた産に「血統を汚染」されることにして作った、悪名高き「ー規則」によっての生産界から産を締め出し血の偏りを加せ、自分で自分の首を締めてしまったということもある。 それでもなお、においても、交配は数世代先の事も考えて、上手くを取るべきという現代産の考えの基幹を為す、上のめである事は間違いない。 ただし、この「悲劇」は、当時圧倒的なであったで生じたがゆえにそのも大きかったが、論セントサイモンの血はの中に閉じ込められたわけではない。 はであるがゆえに、以上に「悲劇」のからは遠かった。 そして、そのには、上最も偉大な生産者とも称される「の」フェ・テシオがいた。 テシオが生産したアヴレサックのノはとしてもギニーとギニーを勝ち、さらにとして14戦全勝、やの祖である大種を生んだ。 またテシオがアヴレサックから繋いでいった系の先には、上最も偉大なの一頭に数えられるがいる。 では一度全に途絶えてしまったセントサイモン直系の系も、後に渡ったによって残っている。 そして全にセントサイモンの血を広く残したのは、とその孫の功績であることは言うに及ばない。 かように、一からを転じてみれば、むしろこれは悲劇でもなんでもない成功劇にすらなる。 「血を広げる」ということの意味を思ってしまうである。 狂気の馬 余談ながら、偉大な名なはずのセントサイモンには、 あんまりり伝えたくないようなが山ほどある。 それは偏に彼の気性に由来する。 彼は物凄く気性が悪かったのである。 悪いったって、 半端な悪さではないのである。 それはもう、あの がかわいく見えるであった。 全盛期のセントサイモン伝説• 厩務員は常に 命懸けであった。 なんとなれば隙あらばセントサイモンが 殺す気で攻撃を仕掛けてきたからである。 困り果てた厩務員は「のかわいさでセントサイモンをに」とか思って房にを入れてみた この方法で成功した例はなどがいる。 ところが、セントサイモンはを見るなり咥えてに投げつけ、打ち殺してしまった。 ぬ、ぉぉぉぉ!• でなさげにしていたセントサイモンに、が「ほれ!」とばかりに拍 の踵についている を入れると突如。 は落とされないようにしがみついているのがやっと。 厩舎の間をにも留まらぬで駆け抜け、外れまで吹っ飛んでいって、ようやく停止。 は「 もう二度と拍は使わねぇ!」とっな顔で叫んだとか。 この時が言ったのが「セントサイモンは 煮えたぎるのようだった!」という有名なである。 例えがもう ですらない。 こんな恐ろしいを本気で走らせたら 何が起こるか分からないので、セントサイモンはで 全を出す事を許された事がかった。 もGIとして残っている で、は抑えた運びをしていたのだが、セントサイモンにはそれが御気に召さなかったらしい。 がそろそろ?と手綱を緩めると突如! 最後尾から突き抜けてでは後続を20身ちぎり捨てた。 それだけではしなかったセントサイモンは 後も信じ難いでを続け、 1も余計に走ったのだった。 常に入れ込み状態で 汗だらだら。 の時だけでなく房の中でも。 あまりに気性が悪過ぎるので、このまま種入りしたらを殺してしまいかねないと、 2年近くも気性善が試みられたが失敗。 結局生涯こんな感じであったという。 しかし、そんな彼にも弱点があった。 何故かを見るとってしまうのだ。 そこでこのことを発見した後はステッキをに見立てて言うことを聞かせたという。 元凶 よくもまぁこんなが生活を全うし、種になったものだとあきれ果てる(流石に面倒見ていられなくなったのか、一年しか走っていないが)。 しかも種として大成功したのだから恐ろしい。 にはこのの血が必ず入っているので気性が悪いが出た場合、 だと考えていいのではないだろうか。 血統表 opin 2 毛 Vedee 4 毛 Vtr Vre Ma. Ray Bher Nan rrell Flyi Du 3 毛 The Flyi Dhman Bay d Ve er Me. 5 毛 o. 11-c 1 毛 H n Ncklh Me a Gcoe Ma Ade 1 毛 Ion Mret Lta 関連動画 セントサイモンでしたら出てきて吹いた 関連コミュニティ 関連項目• 結果的に自身がたちの種としての機会を奪う そしてが死ぬ頃にはたちも老齢になってしまう。 理由2:繁殖の血の偏り ーによっての優秀な繁殖を自分から締め出した結果、繁殖が「優秀なの子孫」しか残らなかった。 について言えば、この2つがどちらもあてはまらない。 やと言った初期の後継種が老いてその孫には機会がなく、が折したときに、最も競走成績の優れた、かつ最も晩年の産駒だったがスタッドすることで十分に時間を稼いだし、中から繁殖を買い漁ってディープの相 省略しています。 26 ななしのよっしん.

次の

セント サイモンズ島 旅行・観光ガイド 2020年

セント サイモン

和名:ダイヤモンドジュビリー 英名:Diamond Jubilee 1897年生 牡 鹿毛 父:セントサイモン 母:パーディタ 母父:ハンプトン 両親から受け継いだ極度の気性難をクリアして史上9頭目の英国三冠馬となり、後に亜国で種牡馬として大活躍する 競走成績:2~4歳時に英で走り通算成績16戦6勝2着5回3着1回 誕生からデビュー前まで 史上9頭目の英国三冠馬で、19世紀最後の英国三冠馬でもある。 英国女王ヴィクトリアの息子であるアルバート・エドワード英国皇太子の生産・所有馬である。 父が大種牡馬、全兄が名馬ということで大いに期待されていた。 エドワード皇太子の専属調教師だったリチャード・マーシュ師の管理馬となった。 体高は16ハンド弱で、非常に整った知的な顔立ちと、極めて力強い腰と脚を有しており、その馬体はサラブレッドの見本と言われるほど素晴らしいものだった。 馬体のみならず、その血統背景と、皇太子の生産馬という事なども相まって、かなり早い段階からマスコミの間で注目される期待馬だった。 しかしながら「悪魔の馬」と呼ばれるほど、恐ろしく気性が悪いという欠点があった。 父に似て気性難の産駒が多いセントサイモンの子の中でも、本馬のそれは最悪の部類に属しており、まともに接することができる人間はほとんどいなかった。 競走生活(2歳時) 2歳7月にアスコット競馬場で行われたコヴェントリーS(T5F)でデビューして、単勝オッズ2. 2倍の1番人気に支持された。 騎乗するのは王室お抱えの名手ジャック・ワッツ騎手だった。 しかしパドックで観客を蹴ろうとするなど大暴れしてスタート時刻を大幅に遅らせてしまった。 そしてレースにおいても、走る事よりも騎乗したワッツ騎手を振り落とそうとする事に情熱を注ぎ、デモクラート、後の英1000ギニー3着馬ヴェインダッチェス、仏国から来た後のモルニ賞の勝ち馬ルシエといった馬達に屈して、デモクラートの着外に敗れた。 同月にニューマーケット競馬場で出走したジュライS(T5. 5F)では、スタート前にワッツ騎手を振り落として走り回った。 捕獲されてレースには出たが、キャプテンケトルの最下位に終わった。 このあまりの気性の悪さを改善するため、去勢が検討された。 ところが検査の結果、本馬は停留睾丸(通常、睾丸は胎生期には腹腔内にあり、成育とともに下降して、出産時には陰嚢内に完全に収まるものだが、この正常な睾丸下降が行われず、下降の途中で睾丸が停滞してしまった状態を指す)である事が判明した。 当時の獣医学では、停留睾丸を摘出する手術はかなり困難で危険が伴うものだったため、去勢は見送りとなり、とりあえず騎手を変更して様子を見る事になった。 同月にグッドウッド競馬場で出走したプリンスオブウェールズS(T6F)では、モーニントン・キャノン騎手が騎乗した。 結果は5ポンドのハンデを与えたエプソムラッドの半馬身差2着と、3戦目にして初めてまともに走った。 秋にニューマーケット競馬場で出走したボスコーエンSでは、再度キャノン騎手が騎乗して、辛くも初勝利を挙げた。 続いてミドルパークプレート(T6F)に出走する事になったが、このレースではキャノン騎手の都合がつかなかったため、本馬には再度ワッツ騎手が騎乗した。 結果は、コヴェントリーSで本馬を破った後にナショナルブリーダーズプロデュースS・英シャンペンSを勝っていたデモクラートの半馬身差2着だったが、ワッツ騎手は最初の2戦で悲惨な目に遭っていたこともあり、2着という結果に喜んだという。 マーシュ師も、この調子ならば来年の英ダービーは貰ったと語ったという。 2歳時を6戦1勝2着3回の成績で終えた。 本馬に何度も勝利したデモクラートが、英国クラシック競走には向かない早熟の快速馬とみなされていた(実際にデモクラートは2歳戦限りで表舞台から消えている)ため、本馬は翌年の英国クラシック競走の最有力候補と目されるようになっていた。 しかし本馬はワッツ騎手に騎乗されるのをとにかく嫌がった。 そのために他の騎手を探す必要が生じたのだが、キャノン騎手も、冬場の調教中に振り落とされて危うく本馬に踏み殺される寸前となったために、二度とこの馬には乗りたくないと言い張った。 話し合いの結果、ハーバート・ジョーンズ氏を本馬の臨時主戦騎手とすることが決定された。 当時19歳だったジョーンズ氏は、エドワード皇太子の元で障害競走馬を担当していたジャック・ジョーンズ調教師の息子だった。 騎手としての経験は皆無ではなく、レースで勝ち星を挙げたことも既にあったが、この時期にはマーシュ師のところで厩務員として働いていた。 しかし担当する馬全てに愛情を注いでいたため、さすがの本馬もジョーンズ氏にだけはほんの少しだけ心を開いていたようである。 後にマーシュ師をして「これほど正直に馬に乗る騎手は滅多にいない」と言わしめた彼の誠実さに陣営は賭けたのだった。 競走生活(3歳時) ジョーンズ騎手を鞍上に迎えた本馬は、相変わらず暴れたり、騎手を振り落とそうとしたりの行為が収まらなかったが、ジョーンズ騎手は辛抱強く本馬をなだめ、本馬も実戦になるとしっかりと走るようになっていった。 そして3歳初戦となったのは、英2000ギニー(T8F11Y)だった。 鞍上の経験が浅すぎたためか、ここでは単勝オッズ3. 75倍の3番人気止まりだった。 しかしレース前には見る者を感心させるほどに落ち着いており、馬体の出来も申し分なかった。 この2週間後には、英ダービーの脚慣らしとしてニューマーケットS(T10F)に出走。 ここでは単勝オッズ1. 5倍の1番人気に支持された。 そしてレース中盤で先頭に立つと、チーヴニングの追撃を短頭差抑えて勝利した。 着差こそ僅かだったが、ジョーンズ騎手が一度も鞭を使わなかったことから、着差以上に楽勝だったと評価された。 そして迎えた英ダービー(T12F29Y)では、単勝オッズ2. 5倍の1番人気に支持された。 レース前に行われるパレードで本馬が興奮しないように、パレードに出ずに直接スタート地点に向かう案が出されたが、アレクサンドラ皇太子妃が本馬をパレードで見たいと願ったためにその案は却下された(アレクサンドラ皇太子妃に関しては、後のロンドンオリンピックにおいても、マラソン競技のスタート地点とゴール地点に関して注文をつけ、その結果としてマラソン競技の距離が42. 195kmという半端な距離になってしまったという有名な逸話がある)。 しかし陣営の心配は杞憂に終わり、ジョーンズ騎手を鞍上にレースに出た本馬は完璧なレース運びを見せた。 道中は逃げる2番人気馬フォーファーシャーの直後を追走し、直線に入るとドミノ産駒の米国産馬ディスガイズと一緒に先頭に立った。 そしてディスガイズを引き離すと、最後に追い上げてきた2着サイモンデールに1馬身半差、3着ディスガイズにはさらに1馬身差をつける完勝を収めたのだった。 勝ちタイム2分42秒0は、全兄パーシモンが3年前に樹立したレースレコードと同タイムだった。 皇太子の持ち馬が英ダービーを制覇したことを祝福するため、エプソム競馬場に詰め掛けた観衆達は空中に帽子を放り投げ、空が帽子で黒く染まるほどだったという。 7月にニューマーケット競馬場で出走したプリンセスオブウェールズS(T8F)では、131ポンドを課せられながらも単勝オッズ1. 8倍の1番人気に支持された。 しかしここでは、20ポンドのハンデを与えた同世代の英オークス2着馬メリーギャルの逃げ切りを許し、4馬身差の2着に敗れた。 メリーギャルは後にナッソーS・ハードウィックS・ドンカスターCを勝つなど牡馬顔負けの活躍を見せる実力馬であるから、ここでは斤量差が大きすぎたと言うべきであろう。 それに本馬と同じ131ポンドで出走したミドルパークプレート・サセックスSの勝ち馬でデューハーストプレート・英2000ギニー・英セントレジャー2着の4歳牡馬カイマンは2馬身差の3着に抑えている。 同月にサンダウンパーク競馬場で出走したエクリプスS(T10F)でも、130ポンドの斤量を背負うことになった。 それでも単勝オッズ2. 75倍の1番人気に支持されると、レースでは過去最高とも評される走りを披露。 2分07秒4のコースレコードを計時して、10ポンドのハンデを与えたチーヴニングを半馬身差の2着に、ライムキルンS・リヴァプールサマーCの勝ち馬スコポスをさらに6馬身差の3着に破って勝利を収めた。 その後は短期休養を取り、秋の英セントレジャー(T14F132Y)に直行。 単勝オッズ1. 29倍という断然の1番人気に支持された。 しかし今回は気性難が久々に前面に出てしまい、レース前に発汗しながら大暴れしたために、マーシュ師が宥めるのに20分を要した。 しかしレースに出ると、スタートしてから4ハロンを通過した時点で早くも先頭に立ち、そのまま押し切って2着イロープメントに1馬身半差で優勝。 前年のに続く史上9頭目の英国三冠馬の名誉を手にした。 なお、この年は英1000ギニーと英オークスもセントサイモン産駒のウイニフレッダとラロッチェが優勝しており、英国競馬史上最初で最後となる、同一種牡馬による同一年クラシック5戦全勝の偉業が達成されている。 次走のジョッキークラブS(T14F)では、再びレース前のパドックで大暴れして、スタート発走時刻をひとしきり遅らせてしまった。 そして今回はレースでも本来の力を発揮することが出来ずに、英ダービーで3着に負かしたディスガイズに敗れて着外に終わった。 それでも3歳時は7戦5勝2着1回の好成績を残した。 エドワード皇太子はこの年の英首位馬主に、マーシュ師はこの年の首位調教師に、セントサイモンもこの年の英首位種牡馬になっている。 多忙になった国王は、本馬を含む全ての所有馬を、当時の英国枢密院議長だった第8代デヴォンシャー公爵スペンサー・キャベンディッシュ卿に賃貸した。 キャベンディッシュ卿の意向により本馬は4歳時も現役を続行した。 冬場の間に体格は一層成長しており、古馬になってからの活躍も見込まれていた。 しかし管理するマーシュ師は、冬場の間に本馬の気性がますます激しくなったのを感じており、楽観視はしていなかった。 まずはプリンセスオブウェールズS(T8F)に出たが、ここでは136ポンドが課せられてしまい、11ポンドのハンデを与えたエプソムラッドの半馬身差2着に敗れた。 1か月後のエクリプスS(T10F)では、ディスガイズと共に142ポンドのトップハンデが課せられ、前走で本馬を破ったエプソムラッドは139ポンドだった。 さらにはスタート直前にひと悶着を起こして出遅れてしまい、ゴール前で追い上げてきたが、エプソムラッド、12ポンドのハンデを与えた3歳牡馬イアン、ディスガイズの3頭に届かず、エプソムラッドの4着に敗れた。 秋のジョッキークラブS(T14F)では、143ポンドのトップハンデを課された。 その結果、21ポンドのハンデを与えた3歳牡馬ピーターマリッツバーグから10馬身差、3ポンドのハンデを与えたエプソムラッドからも4馬身差をつけられて3着に敗退。 結局4歳時は3戦して1勝も出来ないまま現役引退となった。 血統 St. Simon Galopin Vedette Voltigeur Voltaire Martha Lynn Mrs. Ridgway Birdcatcher Nan Darrell Flying Duchess The Flying Dutchman Bay Middleton Barbelle Merope Voltaire Juniper Mare St. Angela King Tom Harkaway Economist Fanny Dawson Pocahontas Glencoe Marpessa Adeline Ion Cain Margaret Little Fairy Hornsea Lacerta Perdita Hampton Lord Clifden Newminster Touchstone Beeswing The Slave Melbourne Volley Lady Langden Kettledrum Rataplan Hybla Haricot Lanercost Queen Mary Hermione Young Melbourne Melbourne Humphrey Clinker Cervantes Mare Clarissa Pantaloon Glencoe Mare La Belle Helene St. Albans Stockwell Bribery Teterrima Voltigeur Ellen Middleton 父は当馬の項を参照。 なお、本馬は父にとって最後の英国クラシック競走優勝馬となった。 母パーディタは現役時代、チェスターフィールドナーサリーS・リヴァプールサマーC・エアー金杯・グレートチェサーC2回など7勝を挙げた。 マーシュ師の前にエドワード皇太子の専属調教師を務めていたジョン・ポーター師によって、その優秀なスタミナ能力を見初められ、彼の薦めにより英国王室に繁殖牝馬として迎えられていた。 パーディタの産駒には、いずれも本馬の全兄で種牡馬としても成功したフロリゼル【セントジェームズパレスS・ゴールドヴァーズ・グッドウッドC・ジョッキークラブC】、【英ダービー・英セントレジャー・アスコット金杯・エクリプスS・コヴェントリーS・リッチモンドS・ジョッキークラブS】、サンドリンガム(米国で種牡馬入りしてプリークネスS勝ち馬ロイヤルツーリストなどを輩出)がいる。 パーディタの曾祖母テターリマの半兄には英ダービー馬ワイルドデイレル(名種牡馬バッカニアの父)がいる。 ポーター師の読みどおりに繁殖牝馬としては大成功を収めたパーディタだが、非常に神経質な気性の持ち主としても知られており、本馬の気性難はセントサイモンとパーディタの両方から受け継いだものだろうと言われている。 もっとも、同血統のフロリゼルは分別がある利口な馬、パーシモンは親切な気性の持ち主だったと評されているから、両親が気性難だからといって、必ず産駒も気性難になるわけではないようである。 ちなみに本馬とパーシモンは顔立ちも似ておらず、本馬のほうが断然ハンサムだったという。 ただしレースに出た際の勇敢さでは、本馬よりもパーシモンのほうが上だったという。 パーディタの半妹ドロシードラッグルテール(父)の牝系子孫が発展しているが、既にパーシモンの項に記載したため、詳細はそちらや別ページの牝系図を参照してほしい。 初年度の種付け料は300ギニーに設定された。 しかし、セントサイモン産駒の種牡馬は当時の英国内には溢れかえっており、しかも本馬の全兄フロリゼルとパーシモンが人気種牡馬となっていたこともあって、本馬の種牡馬としての立ち位置は甚だ不利だった。 本馬が種牡馬生活5年目を迎えた1906年に、亜国ブエノスアイレス近郊のラスオルティガススタッド牧場の牧場主ドン・イグナチオ・コレア氏が種牡馬を求めて英国にやってきた。 ラスオルティガススタッド牧場のエース種牡馬として活躍していたネアポリス(産駒の英国産馬で、合計7度の亜首位種牡馬に輝いた大種牡馬)がこの前年に他界したため、代わりの種牡馬を導入する必要があったのである。 英国に来た当初は気に入った馬をなかなか発見できないでいたコレア氏だったが、サンドリンガムに来た際に本馬を見ると、とても夢中になった。 ベレスフォード卿は最初、この馬は売る予定がないとしてこの申し出を断ったのだが、全兄パーシモンが既に1902年の英愛首位種牡馬に輝く(この1906年にも首位になっている)など大活躍しており、本馬が種牡馬として活躍する場はもはや英国にはないと判断されたこともあって、最終的には取引が成立。 コレア氏により3万ギニーで購入された本馬は、同年の繁殖シーズンが終わった7月になって亜国へと旅立っていった。 亜国に到着した本馬は即座に種牡馬生活を開始(亜国などの南半球では9月頃からが繁殖シーズンである)した。 セントサイモン産駒の有力種牡馬が他にいなかった亜国では本馬は人気種牡馬となった。 また、本馬の血を引く馬は亜国のみならず、チリ、ブラジル、ウルグアイなどにも広がり、各国で主要競走の勝ち馬を輩出した。 これらの活躍により、本馬は南米競馬の発展に大きく寄与した。 ただし、母国英国における「セントサイモンの悲劇」と同じ現象が南米でも発生し、本馬の直系は1950年代頃には南米でも完全に途切れている。 また、本馬が英国に残してきた数少ない産駒の1頭ダイヤモンドウエッディングは後に日本に輸入され、アサヒ、レッドウヰング、ハツタマ、チハヤ、ダークメード、バンザイ、ゴールドウヰング、マツカゼ、ラレド、コウエイ、ヤングナカヤマと帝室御賞典の優勝馬を11頭輩出する成功を収め、黎明期の日本競馬に大きな影響を与えたが、日本においても直系はとうの昔に途絶えている。 とはいっても本馬の血を引く馬が絶滅しているわけでは勿論なく、例えばテイエムオーシャンの母系を遡ると、ダイヤモンドウエッディングとビューチフルドリーマーの間に産まれた第二ビューチフルドリーマーに行き着いたりする。 生涯治らなかった気性難 閑話休題、本馬の激しい気性は亜国に来た後にも変わることはなかった。 ラスオルティガススタッド牧場に到着したばかりの本馬の様子を見に来たコレア氏に対して、本馬は激しく威嚇を行った。 驚いて逃げ出したコレア氏は厩務員の1人に命じて大きな杖を持ってこさせると、その杖を持って本馬の馬屋に入り、床を数回叩いた。 さすがの本馬もこれには驚いたらしく、二度とコレア氏に威嚇行為をとることはなかった。 それでも本馬の気性難が改善されることはなく、死ぬまで大半の人間に対して悪魔的な振る舞いを取り続けたため、近づくことが出来る人間はひと握りだったという。 コレア氏の他には、牧場のマネージャーだったハリー・ガーリック氏という人物のみが、辛うじて本馬の心を開くことができたという。 ある晩のこと、見知らぬ人間が、餌を与える目的か何かのために、本馬の馬屋へと近づいてきた。 そして本馬の首を撫でて悪意がないことを示そうとした次の瞬間、本馬が突如牙をむいた。 悲鳴を聞きつけたガーリック氏が駆けつけてみると、本馬がその人の手に噛み付いて食い千切ろうとしていたという。 晩年になって病気がちになっても、相変わらず炎のような気性を有しており、経口薬を投与するなどの医療行為は困難を極めた。 ガーリック氏は一計を案じ、先端に薬を塗りたくった棒を本馬の顔の前に置いた。 すると目の前に現れた棒のことが気に入らなかった本馬は、即座に棒の先端に噛り付き、2時間以上もそのままの体勢でいた。 こうしてこのときは薬の投与に成功したのだが、本馬はそう何度も同じ作戦に引っ掛かるほど馬鹿ではなかったらしく、次は上手くいかなかったようである。 そのためガーリック氏は色々な策略を試みる必要が生じ、本馬との知恵比べのような様相を呈したという。 1923年7月に26歳で他界したが、死の数か月前には牧場を脱走して近隣の町に逃げ込むという事件が発生している。 本馬が町に入り込んだところで、学校へ通う途中の男子生徒の集団と行き会った。 本馬を止めようとしたのか、男子生徒達が手を繋いで人間の鎖を作り、本馬の行く手を遮った。 するとそれを見た本馬はさらに興奮し、ボウリングのピンに向かって転がるボールよろしく、男子生徒の集団めがけて突撃していった。 泡を食った生徒達が散り散りになって逃げ出した後も暴走を続けた本馬は、駅まで辿りついたところでようやく捕獲された。 本馬が牧場に返される際には、抗議の声が街中から上ったという。 もっとも本馬が人を殺したという話は幸いにも伝わっていない。 主な産駒一覧 生年 産駒名 勝ち鞍 1903 Sancy チェスターヴァーズ・ジョッキークラブS・プリンスオブウェールズS 1904 Jubilee パークヒルS 1904 Queen's Advocate プリンセスオブウェールズS 1908 As de Espadas ナシオナル大賞 1911 Smasher ナシオナル大賞 1913 Falerna ラウル&ラウルEチェバリエル大賞 1914 Dalmacia ポージャデポトランカス大賞 1914 Moloch カルロスペレグリーニ大賞 1919 Mehemet Ali サンパウロ大賞2回.

次の

世界の名馬列伝集: ダイヤモンドジュビリー

セント サイモン

近年はネイティヴダンサーから ミスタープロスペクター、ターントゥから ヘイルトゥリーズン、ヘイルトゥリーズンから ヘイローや ロベルトといった馬へ派生。 日本が誇る名血・ サンデーサイレンスはヘイローから派生した一大系統となっています。 大系統分類 血統を競馬予想に活かすには、血統ごとの特徴を把握する必要があります。 現在、父として大きな影響を与えているのはナスルーラ・ヘイルトゥリーズン・ノーザンダンサー・ミスタープロスペクター・サンデーサイレンスです。 この5頭に加え、母系に入って影響力を与えている5系統を合わせた 10系統を大系統に分類し、 大系統をさらに細かく分類したものを小系統としています。 ここから各大系統について解説していきますが、僕は血統ビーム理論の提唱者である亀谷敬正さんの書籍で血統を勉強しましたので、基本的にはその考えが軸となります。 しかし、血統を分析されている方は数多く、それぞれ捉え方が違うこともありますので、ここではひとつの考え方として見ていただきたいと思います。 大系統分類 このブログでは、大系統を以下の10系統に分類しています。 サンデーサイレンス系• ヘイルトゥリーズン系• ミスタープロスペクター系• ノーザンダンサー系• ナスルーラ系• ハンプトン系• セントサイモン系• マイナー系• ヘロド系• マッチェム系 現在、世界的に父系として活躍しているのは1~5の系統で、日本ではサンデーサイレンス系が圧倒的な強さを見せています。 米国ではミスタープロスペクター系やナスルーラ系、欧州ではノーザンダンサー系が活躍。 国が違えば繁栄している系統も違うのが血統の面白さですね。 それでは、各系統について紹介していきます。 サンデーサイレンス系 サンデー(サイレンス)系は現在の日本競馬で主流となる系統で、その特徴は瞬発力に秀でた馬が多いこと。 現在は芝の長距離よりも2000m前後の中距離で行われるレースの価値が高く、道中はゆったりと追走し、最後の直線でどれだけスピードを発揮できるかが問われます。 そういった流れに滅法強いのがサンデー系であり、大レースでは出走馬の大半がサンデーの血を持つ馬で占めることも多々あります。 しかし、瞬発力に秀でている反面、ダートや短距離には適性が低いことが弱点。 90年代中盤から日本でサンデーサイレンス産駒が走るようになりましたが、その影響力は凄まじく、今ではサンデーの血を引く種牡馬が非常に多いです。 タイプによっては短距離やダートで活躍しやすい産駒を出す馬もおり、一括りにサンデー系とするには無理が出てきました。 そこで、サンデー系でも似た特徴を持つタイプを5つの小系統に分類し、予想に活かすようにしていきます。 ヘイルトゥリーズン系 ターントゥ産駒のヘイルトゥリーズンはヘイローとロベルトを輩出し、日本でも多くの活躍馬がいます。 サンデーサイレンスはヘイロー産駒なので、大きく括ればヘイルトゥリーズン系と言えますね。 サンデーを経由しないヘイロー系は、瞬発力よりもスピードやパワーに優れるため、主に短距離やダートで活躍。 ロベルト系はスタミナやパワーに優れ、休み明けよりも叩いて良化するタイプが多い特徴があります。 どちらもパワーがあるので芝・ダートともに走れることが多いです。 ミスタープロスペクター系 ミスタープロスペクター系は、一般的にミスプロ系と省略されて呼ばれます。 レイズアネイティヴを父に持つミスタープロスペクターは、米国の主流血統として多くの活躍馬を輩出しています。 その活躍は米国だけにとどまらず、欧州にも届きます。 米国はダートが主戦場ですが、欧州で走るタイプは芝適性が高くなります。 前者を米国型・後者を欧州型とわけて考えることで、馬券に活かすこともできます。 芝の大舞台でも活躍できる一部が、キングマンボの血を持つキングカメハメハ。 そのキングカメハメハを父に持つロードカナロア・ルーラーシップも、大舞台で活躍します。 ロードカナロアは初年度から牝馬三冠を制したアーモンドアイを輩出するなど、現在の日本ではサンデー系とミスプロ系(キングマンボ)のどちらかの血を持つことが、非常に重要な要素となっています。 ノーザンダンサー系 ノーザンダンサー系は世界中で活躍馬を出す大系統で、ミスプロ系と同じく欧州型と米国型にわけて考えることができます。 欧州型はタフな馬場をこなすスタミナを持ちますが、日本ではスピード不足で活躍の場は限られます。 米国型はダート向きのパワーを備え、2歳戦から短距離でガンガン走る産駒が多いですね。 このあたりはミスプロ系の米国型と似た傾向にあります。 短距離のレースが多い2歳戦では、欧州型が活躍できる場は少ないです。 しかし、年が明けて3歳以降になると、秘めたスタミナを発揮できる中距離以上のレースが増え、そこでいきなり激走する可能性もあるので要注意。 馬券的に妙味があるのは、どちらかと言えば米国型ですね。 ナスルーラ系 ナスルーラ系は、ノーザンダンサーが台頭する以前に世界を席巻していた大系統。 ナスルーラ自身は激しい気性とスピードを武器にしていましたが、母系からスタミナを補って欧州でも活躍する馬を多く輩出し、世界中で繁栄しました。 ナスルーラ系もダート向きの米国型、スタミナ豊富な欧州型、日本の短距離で活躍する日本型と様々なタイプの種牡馬がいます。 日本では70年代から90年代中盤まで活躍していましたが、サンデーサイレンスの登場により勢力図が大きく塗り替えられ、現在は大舞台で活躍する馬はほとんどいません。 欧州でもナスルーラ系に代わってノーザンダンサー系が主役の座を奪い、時代とともに淘汰される宿命を感じさせますね。 米国では今でもミスプロ系、ノーザンダンサー系に劣らない活躍ぶりを見せていますし、日本でも米国型の産駒はダートで強さを発揮しています。 その他の大系統 ここまでの5系統は、いずれもダーレーアラビアンの血を引くエクリプスからファラリスを経由した系統で、現在ではほとんどの馬がこれらの血を引いています。 エクリプスからはファラリス以外にも発展を遂げた父系があり、ハンプトン系・セントサイモン系・それ以外のマイナー系に分類されます。 また、三大始祖のうちバイアリータークからヘロド系が、ゴドルフィンアラビアンからマッチェム系が現在でも存続しています。 ハンプトン系 現在、ハンプトン系は父系としては残っていませんが、母系に入ってスタミナを伝えています。 日本ではディクタスからサッカーボーイという快速馬が出ましたが、サッカーボーイは種牡馬になると本来の特徴であるスタミナ豊富な産駒を輩出。 ツボに嵌まると大駆けしますが人気でもアテにできない特徴があります。 サッカーボーイの全妹ゴールデンサッシュとサンデーサイレンスの間に生まれたのがステイゴールドで、ステイゴールド産駒は大一番での強さと人気での脆さが特徴的ですが、元を辿ればこの系統の特徴ということですね。 種牡馬としても1890年から通算で9回、英国リーディングサイアーとなった歴史的大種牡馬であり、現在のサラブレッドのほとんどはセントサイモンの血を持つと言われています。 その特徴は豊富なスタミナと底力で、大舞台で強さを発揮するようになることです。 とくに、血統表にリボーという種牡馬がいる場合、何か期待せずにはいられない…そんな気にさせてくれる一族です。 (気がするだけかも) セントサイモンがリーディングサイアーの座を譲ったのが自身の産駒であり、以降は産駒が種牡馬として次々と活躍し、セントサイモン系が急激に発展していきます。 しかし、あまりにも反映しすぎた結果、血の飽和が起こって急速に衰退するようになりました。 現在の日本ではサンデーサイレンス系が急激に発展していますが、今後はセントサイモン系と同じように、血の飽和によって衰退していく可能性は高いでしょう。 マイナー系 エクリプス系には他にも各時代で活躍した父系が存在しますが、数が少なすぎるため残りはマイナー系として一括りにしています。 各小系統ごとにダート型、スタミナ型などの特徴はありますが、活躍する場面はかなり限定されるため、最初に覚える1頭には向いていませんね。 ヘロド系 三大始祖のうち、バイアリータークから派生して残っている系統です。 日本では90年代前半に、メジロマックイーンやトウカイテイオーといった名馬も輩出し、一時代を築いたと言えるでしょう。 しかし、馬場の高速化が進むにつれて適性が合わなくなり、すでに父系としては残っていません。 三冠馬オルフェーブルやゴールドシップの母父はともにメジロマックイーンで、母系に入って一定の存在感を示しています。 マッチェム系 三大始祖のうち、ゴドルフィンアラビアンから派生した系統です。 マッチェム系は三大始祖の中で最初に繁栄した系統で、今でも高いスピード能力と持続力を発揮しています。 新潟1000mの適性が高く、父か母父にマッチェム系の血を持つ馬がいたら黙って買っておくと良いことがあるかも。 (あるとは言っていない).

次の