妊娠初期 お腹 張る。 妊娠中のお腹の張りの原因

【看護師監修】妊娠初期の出血|少量なら大丈夫?お腹の張りは?症状と原因|cozre[コズレ]子育てマガジン

妊娠初期 お腹 張る

妊娠初期に見られる腹痛は、お腹にガスがたまって起きることもあります。 また、妊婦さんは便秘にもなりやすいですね。 ここでは妊娠初期のガスだまりの原因・解消法と、妊婦さんの便秘の原因・対策を見ていきましょう。 妊娠初期「ガス」がたまることによる腹痛 妊娠初期にみられる症状に「腹痛」があります。 一口に腹痛と言っても様々な原因があり、子宮が大きくなることによるものが多いのですが、他には卵巣などの疾患や異常妊娠によるものなどが挙げられます。 また、お腹にガスがたまることによって腹痛が起きる場合もあり、妊娠中には珍しくない症状です。 妊娠初期、何だかお腹が痛いと思ったら 妊娠初期にお腹が痛くなり、異常があったらどうしようと不安になって病院へ行くと、腸にガスが溜まってパンパンになっていた、というケースもあるようです。 子宮が収縮したり大きくなるために伸びたりすることでおこるお腹の張りと見分けがつきにくいですが、お腹の張りの場合は横になって安静にしていると治まることがほとんどです。 ガスが溜まっている場合は、外に出してしまうまで苦しさが続き、ガスのある位置により楽な姿勢も変わってきます。 ガスだまりの解消方法 解消するには、便秘の症状がある場合はそれを解消することです。 苦しい時は楽な姿勢をいろいろ試してみるとよいでしょう。 体をひねる体操やマッサージなども効果がありますので、妊婦向けのものを行ってみるとよいでしょう。 また、どうしても解消されない場合は、胃腸内の小さなガスを合体させて外に排出させるという「ガスコン」という薬もあり、妊婦さんに処方されることがあるようですので、産院で相談してみるとよいでしょう。 ガスを外に出すのは少し恥ずかしいかもしれませんが、我慢すると悪化しますのでどんどん出すようにしましょう! 妊婦の便秘 妊娠して便秘がひどくなったという妊婦さんがたくさんいます。 便秘の発生時期はさまざまで、悪阻の症状が出る初期の場合もあれば、悪阻の症状がなくなった中期から安定期、そして出産直後に便秘がひどくなる妊婦さんもいます。 では、具体的な妊婦の便秘の原因・症状について見ていきましょう。 妊娠中の便秘の原因 妊娠中に便秘になりやすい理由は2つあります。 一つは直腸性便秘と呼ばれる理由です。 これは、赤ちゃんが大きくなるにつれて、大腸が圧迫されるため、便が大腸から体外に排出される上で遅れが生じます。 便が大腸内に必要な時間以上長く滞在すると、便の水分が必要以上に吸収されてしまうのです。 水分が過度に失われた便はなかなか排出されにくくなり、便秘になるのです。 もう一つの理由はプロゲステロンというホルモンです。 妊娠中はこのホルモンの分泌が活発になります。 このホルモンは胃や腸にある平滑筋を弛緩させる作用があります。 このことは大腸のぜん動運動機能を低下させるため、便秘になるのです。 これを弛緩性便秘といいます。 妊婦の便秘対策 妊婦さんの便秘にはどのように対処すればいいのでしょうか。 身体をしっかり温めましょう 身体を冷やさないことが妊婦の便秘対策で非常に重要です。 なぜなら、身体が冷えると腸のぜん動運動機能が低下するからです。 特に、お風呂にゆっくりつかって身体を温めましょう。 妊婦の中にはシャワーだけで済ませる人も多いと思いますが、できればお風呂にゆっくりつかりましょう。 食事内容を見直してみよう 自分の食べている食事の内容を一度見直してみましょう。 ポイントとして、食品を精製していないものに変えることが重要です。 例えば、白米は玄米に、白いパンは雑穀パンやライ麦パンなどに変えるだけでも、便秘の改善につながる場合があります。 妊娠するとそれだけでも大変ですが、便秘が重なるとさらにストレスがたまってしまいます。 以上のような対策を行い、便秘を解消していきましょう。 ashinari.

次の

妊娠中の便秘の張りとお腹の張りの違いは?

妊娠初期 お腹 張る

妊娠初期は 少しのことでも心配になってしまうと思います。 こんなこと先生に聞いても いいのかな? お腹が張っているような気がするけど、 この程度なら大丈夫なのかな? と不安ですよね。 妊娠初期、とくに初産の方は お腹の張りと痛みを少し勘違いしてしまうことが あるので注意しましょう。 お腹の痛みが 下腹部から性器近くまで 性器がピリピリする) ある場合、場合によっては 切迫流産の可能性もあります。 このような痛みのときは、産婦人科へ行くようにしましょう。 お腹が張っている状態は、はっきりと わかるのは妊娠中期からでしょう。 胎児も成長して、子宮も大きくなり 出産前になると 出産に備えてお腹が張ること( お腹がカチカチ)がよくあります。 しかし、妊娠初期の張りは 子宮が大きくなる過程で張っていると感じたり、仕事をしている人が とくに張りを感じるようです。 重いものを持ったり、長時間立ちっぱなしでいると、張りや痛みがでることもよくあります。 少し休めば、張りがおさまる場合でも、痛みがあるなら 産婦人科へ連絡しましょう。 切迫流産の手前かもしれませんし、医師でないと判断はつきません。 私の場合は、お腹の張りと下腹部痛が少しあり、横になって休んでいたら 出血していました。 急いで、産婦人科へ連絡し、受診しましたが 異常ナシの診断。 出血しただけでも不安なので、 産婦人科へいって 調べてもらうことで、お母さんも安心することもあると思います。 妊娠中の不安は、その場で解消するようにし、ストレスを溜めこまないようにしましょう。 ストレスが お腹の張りや痛みの原因になることも ありますので。 妊娠初期のお腹の張りとガス 妊娠すると便秘がちになってしまう妊婦さんや もともと便秘気味だった方は、ガスが溜まりやすく お腹が張ってしまうことがあります。 これは、 切迫流産などの危険性の高い お腹の張りではありません。 妊娠すると、黄体ホルモンというホルモンが 常に分泌されるので、 ガスが溜まりやすく、便秘がちに なってしまうのです。 ガスが溜まることは 不思議なことでも 異常でもないので 安心してくださいね。 妊娠初期の便秘薬 妊娠中は、薬を飲むのに 対抗のある妊婦さんもいると思います。 市販薬や、妊婦であると告げずに 薬を処方してもらうと 心配ですが、 産婦人科や他の科の医師に 妊婦であると告げての薬の処方なら問題はありません。 処方してもらったけど、怖くて飲めない。 という方が、かえって 便秘で苦しんだりしてしまい ストレスやイライラが溜まってしまい 体にも精神的にも よくありません。 便秘がひどい場合は、医師に相談して 便秘薬を処方してもらい、きちんと服用しましょう。 妊娠中なので、妊婦さんに安全な薬を処方してくれます。 必ず、産婦人科で処方してもらってくださいね。 他の科での薬の処方の際は、必ず、妊娠中と告げてください。 妊娠初期の症状 一覧.

次の

妊娠中期のお腹の張り!危険信号が隠れているかもしれません

妊娠初期 お腹 張る

生理前にお腹が張る原因は、PMS(月経前症候群)です。 PMSは、女性ホルモンの急激な増減によって起こります。 女性ホルモンのバランスは腸の運動機能である「ぜん動運動」にも大きく関わり、お腹が張る場合は女性ホルモンのバランスの変化によって、ぜん動運動が弱っていると考えられます。 お腹が張る以外にどんな症状があるの? PMSによる症状には個人差があります。 お腹が張る以外に出やすい症状に、以下のようなものがあります。 体の不調 下腹部痛、胸の張りと痛み、肌荒れ、めまい、肩こり、倦怠感、食欲増進、便秘、下痢など 心の不調 イライラする、無気力、気分が落ち込む、集中力低下、緊張感など PMSの原因はいまだにはっきりしておらず、ホルモンバランスの影響などが関与していると考えられています。 また、ストレスや嗜好品(アルコール、たばこなど)によってPMSが悪化する可能性も指摘されているので、できるだけ控えましょう。 お腹の張りがひどい場合は婦人科の受診を PMSによるお腹の張りは、多くの場合生理が来るとともにおさまるため、基本的には病院で治療を受ける必要はありません。 しかしお腹の張りや痛みといった症状がひどく、日常生活に支障が出る場合は、婦人科を受診することをおすすめします。 生理中にお腹が張る主な原因は、体の中にある「プロスタグランジン」という物質です。 プロスタグランジンは、発熱や体のさまざまな痛みを生み出す物質です。 生理中にプロスタグランジンが分泌されるのは、子宮を収縮させて経血を体の外に出すのを助けるためです。 子宮が収縮されると腸の動きが活発になるため、お腹の張りが起こりやすくなります。 お腹が張る以外にどんな症状があるの? 生理中にプロスタグランジンが分泌されると、便秘や下痢、腰痛といった症状も現れることがあります。 生理中に腰痛が起こるのは、プロスタグランジンの働きで子宮まわりの血管が過剰に収縮することが原因と考えられています。 生理中にできる対策は? 血管が過剰に収縮している生理中は、血流が悪く体が冷えやすい傾向にあります。 お腹の張りをはじめとした症状を和らげるには、下腹部を冷やさないようカイロを貼ったり、ひざ掛けなどで温めたりといった対策を行いましょう。 睡眠不足やストレス、過労も血流を悪化させる原因です。 生理中はできるだけゆとりをもって過ごすように心がけましょう。 また、プロスタグランジンの生成をおさえる薬を使用することでも改善が期待できます。 有効成分「ロキソプロフェン」が、生理痛やお腹の張りの原因となる「プロスタグランジン」の生成をおさえます。 それでも日常生活に支障が出るほどのお腹の張りや不快な症状が出る場合は、婦人科を受診してください。 生理前や生理中でもないのにお腹が張る・生理が来ない場合は、妊娠の可能性も考えられます。 基礎体温で高温期をチェック 基礎体温を測っている場合は、高温期がどれくらい続いているかチェックしてみましょう。 高温期が2週間以上続いている場合は、妊娠をしている可能性が高くなります。 ただし妊娠の兆候には個人差があり、中には「高温期7日目からお腹が張るようになり、妊娠が分かった」というケースもあります。 お腹が張る以外にみられる兆候は? 妊娠した場合、お腹が張る以外にもさまざまな変化が起こります。 以下のような兆候がみられる場合は、妊娠初期症状である可能性が高いです。 ・少量の出血があった ・胸が張り、乳首が敏感になる ・胸や胃がむかむかする ・おりものが増える ・体がだるい、熱っぽい ・トイレが近い メーカーにもよりますが、多くの市販の妊娠検査薬は生理予定日の1週間後から使えます。 生理が来ず、妊娠の可能性がある場合は、妊娠検査薬を使用してみると良いでしょう。 ただし、妊娠しているかどうかの最終確認は必ず産婦人科で行ってください。 女性が感じるお腹の張りは、生理周期によって原因が異なります。 生理前のお腹の張りが気になる人であれは、生理周期を把握して、PMSが現れやすい時期は症状を悪化させない生活を心がけることが大切です。 一方で、お腹の張りが妊娠や病気のサインであるケースも考えられます。 判断が難しい場合は、1人で悩まず婦人科で原因を特定しましょう。

次の