めちゃ コミック 公式。 めちゃコミック(めちゃコミ)

めちゃコミック(めちゃコミ)

めちゃ コミック 公式

ついに登場!! 『BASARA』『7SEEDS』の田村由美、超ひさびさの新シリーズがついに始動!! その主人公は、たった一人の青年! しかも謎めいた、天然パーマの久能 整 くのう ととのう なのです!! 解決解読青年・久能 整、颯爽登場の第一巻!! 冬のある、カレー日和。 アパートの部屋で大学生・整がタマネギをザク切りしていると・・・警察官がやってきて・・・!? 突然任意同行された整に、近隣で起こった殺人事件の容疑がかけられる。 しかもその被害者は、整の同級生で・・・。 次々に容疑を裏付ける証拠を突きつけられた整はいったいどうなる・・・??? 新感覚ストーリー「ミステリと言う勿れ」、注目の第一巻です!! 151人の方が「参考になった」と投票しています。 ミステリと呼ばないで 今まで読んだどんな漫画とも明確に違う。 面白すぎてびびった。 基本路線はミステリでありながら、話はどんどん脱線していく。 主人公の整 ととのう 君が、関係ないことをしゃべりまくるせいである。 事件の取り調べを受けている最中だろうが、バスジャックの人質になろうが、唯我独尊で脱線しまくる。 何だこいつは。 しかし、この脱線が、たまらなく魅力的である。 本線から遥かに逸脱した会話が楽しい、という意味では、タランティーノの映画のような漫画である。 とにかく整君の呑気なしゃべりが、いちいち鋭く、深い。 人間や社会に対して、独自の視点でもって、目からウロコの核心を提示するその洞察の見事さは、私の文章ではとても説明できない。 これはもう、読んでもらうしかない。 それでいて、「本線」のミステリ部分も、「脱線」を邪魔しない程度にサラッとしていながら、パリッと筋が通っている。 このバランス感覚の素晴らしさ。 ミステリのようで、ミステリではない。 ミステリではないようで、ちゃんとミステリでもある。 ミステリ、と呼ぶのは何かピンとこない、ミステリじゃない、と切り捨てるのも何かもったいない。 ミステリが好きな人にも、苦手な人にも薦められる快作。 誰にでも迷わず薦められる漫画なんて、私にはほとんどない。 8人の方が「参考になった」と投票しています。 整くんに関する過去の伏線 ネタバレありのレビューです。 昔風のイラストが受け付けないって感想も多々見ますが、実際見てみるととても綺麗なイラストで私は好きです。 整くんの顔がちょこちょこネタにされますがカッコいいと思いますし、天パも可愛いです(笑) 話は言わずもがな謎解き系のストーリーは好きなら面白いです。 これ原作者さん居ないですよね?作者さんが考えられてるなら凄いと思うレベルです。 ・最初の事件で、犯人が整くんの首元掴んだ時に見えた際の首からの火傷痕? ・人前に行く時には必ずマフラーをしている ・よそのお風呂がダメ 入るなら絶対1人 、銭湯はもっとダメ 火傷痕が見られるから? ・育ての親がいる発言 から整くんも昔は虐待されてたのかなと思ってます。 広島が因縁の場所なのか。 とりあえず完結まで読みたい作品です。 69人の方が「参考になった」と投票しています。 面白い! ネタバレありのレビューです。 田村由美さんが大好きで、BASARAはリアルタイムで読んでました。 この作品もめちゃくちゃ面白い。 いつもSFっぽいのに、今回の作品はガラリと雰囲気が変わってありふれた日常の中に起こる、もしかしたら本当にあるかも?と思えるくらいの日常。 そしてちょっとしたミステリー。 なのにこれだけ面白いって、作者さんはどれだけ幅のある人なんだろう。 整くんのセリフはかゆいところに手が届く内容で、読んでいてスッキリする女性はたくさんいると思います。 ただ、残念なことに、この作品は恐らく女性の読者さんが多いこと。 更に言うと、現実は、男性に対して同じ事を話しても、ただの文句、ヒステリーとしか取られないこと。 やっぱり、整くんみたいに 男性が感情を入れず淡々と事実を述べるのが一番いいんだろうな。 読んでいてこちらがイライラする場面で、冷静な整くんに、キュンとします。 ただのコミュ障なのか、懐が広いのかわからないけど(笑)。 それでも、 1人でも多くの人に作者さんのメッセージが届くといいなと思います。 連載、いつまで続くかな。 完結の頃には私は何歳になってるだろう。 (現在アラフォー) 早くしてこの作品に出会ってしまって、 更新を待ち続けるのがせつないです! 完結してから一気読みしたかった!• 77人の方が「参考になった」と投票しています。 タイトルの意味 ネタバレありのレビューです。 読み進めていって、タイトルの意味がわかった気がしました。 このお話は、ミステリーであってミステリーではないのですね。 作者が本当に作品から世の中に発信したいことは別にある。 ミステリーはその媒介。 だからこそ、このタイトルになっているのですね。 整くんが常々感じている一言一言、女として私も常々感じてきました。 これを読んで、考えを肯定してもらえた気がしてとても嬉しく感じましたし、世の男性にも読んでもらえたらと思いました。 媒介であるミステリーも、単独で十分面白いのですが、整くんの「刺さる一言 どころではない 」が加わっていることで、他にない唯一無二な空気感が出ています。 一つ気になったのは、掲載雑誌の関係もあるのか、その「刺さる言葉」が男性へのお説教じみた話に偏りがちで、ミステリーの構成に割って入る異物感が目立った箇所が所々あったことです。 でもこれは完全に私の感覚のものかと思いますし、楽しむのに気にならないレベルです。 多くの人にとって楽しめる、ハッとさせられる、肯定してもらえる作品だと思います。 72人の方が「参考になった」と投票しています。 しかもこの作品、今のところ恋愛要素ゼロ(笑)これからもある気がしない(笑) 田村先生の思考回路ってどうなってるんだろう? 主人公の整(ととのう)の台詞に毎回毎回心洗われる…違うなぁ、目から鱗? その通り!だ! 整が言う事はホントにその通りなんです。 ただ誰もそこに考えが至らない。 自分の事なのに。 それを整に図星さされる。 聞いた側は納得したり、奮起したり、変わる努力をしたり、逆ギレしたり… そりゃお悩み相談室扱いもされるってもんで(笑) あーーーーー、続きがきになるぅーーーーー。 月刊誌だからなぁーーーーー。 コミックも買いに行こう。。。 みんなが読んでるおすすめコミック•

次の

グランドジャンプ×めちゃコミック #めちゃ漫画大賞創設!!|集英社 グランドジャンプ公式サイト

めちゃ コミック 公式

ついに登場!! 『BASARA』『7SEEDS』の田村由美、超ひさびさの新シリーズがついに始動!! その主人公は、たった一人の青年! しかも謎めいた、天然パーマの久能 整 くのう ととのう なのです!! 解決解読青年・久能 整、颯爽登場の第一巻!! 冬のある、カレー日和。 アパートの部屋で大学生・整がタマネギをザク切りしていると・・・警察官がやってきて・・・!? 突然任意同行された整に、近隣で起こった殺人事件の容疑がかけられる。 しかもその被害者は、整の同級生で・・・。 次々に容疑を裏付ける証拠を突きつけられた整はいったいどうなる・・・??? 新感覚ストーリー「ミステリと言う勿れ」、注目の第一巻です!! 151人の方が「参考になった」と投票しています。 ミステリと呼ばないで 今まで読んだどんな漫画とも明確に違う。 面白すぎてびびった。 基本路線はミステリでありながら、話はどんどん脱線していく。 主人公の整 ととのう 君が、関係ないことをしゃべりまくるせいである。 事件の取り調べを受けている最中だろうが、バスジャックの人質になろうが、唯我独尊で脱線しまくる。 何だこいつは。 しかし、この脱線が、たまらなく魅力的である。 本線から遥かに逸脱した会話が楽しい、という意味では、タランティーノの映画のような漫画である。 とにかく整君の呑気なしゃべりが、いちいち鋭く、深い。 人間や社会に対して、独自の視点でもって、目からウロコの核心を提示するその洞察の見事さは、私の文章ではとても説明できない。 これはもう、読んでもらうしかない。 それでいて、「本線」のミステリ部分も、「脱線」を邪魔しない程度にサラッとしていながら、パリッと筋が通っている。 このバランス感覚の素晴らしさ。 ミステリのようで、ミステリではない。 ミステリではないようで、ちゃんとミステリでもある。 ミステリ、と呼ぶのは何かピンとこない、ミステリじゃない、と切り捨てるのも何かもったいない。 ミステリが好きな人にも、苦手な人にも薦められる快作。 誰にでも迷わず薦められる漫画なんて、私にはほとんどない。 8人の方が「参考になった」と投票しています。 整くんに関する過去の伏線 ネタバレありのレビューです。 昔風のイラストが受け付けないって感想も多々見ますが、実際見てみるととても綺麗なイラストで私は好きです。 整くんの顔がちょこちょこネタにされますがカッコいいと思いますし、天パも可愛いです(笑) 話は言わずもがな謎解き系のストーリーは好きなら面白いです。 これ原作者さん居ないですよね?作者さんが考えられてるなら凄いと思うレベルです。 ・最初の事件で、犯人が整くんの首元掴んだ時に見えた際の首からの火傷痕? ・人前に行く時には必ずマフラーをしている ・よそのお風呂がダメ 入るなら絶対1人 、銭湯はもっとダメ 火傷痕が見られるから? ・育ての親がいる発言 から整くんも昔は虐待されてたのかなと思ってます。 広島が因縁の場所なのか。 とりあえず完結まで読みたい作品です。 69人の方が「参考になった」と投票しています。 面白い! ネタバレありのレビューです。 田村由美さんが大好きで、BASARAはリアルタイムで読んでました。 この作品もめちゃくちゃ面白い。 いつもSFっぽいのに、今回の作品はガラリと雰囲気が変わってありふれた日常の中に起こる、もしかしたら本当にあるかも?と思えるくらいの日常。 そしてちょっとしたミステリー。 なのにこれだけ面白いって、作者さんはどれだけ幅のある人なんだろう。 整くんのセリフはかゆいところに手が届く内容で、読んでいてスッキリする女性はたくさんいると思います。 ただ、残念なことに、この作品は恐らく女性の読者さんが多いこと。 更に言うと、現実は、男性に対して同じ事を話しても、ただの文句、ヒステリーとしか取られないこと。 やっぱり、整くんみたいに 男性が感情を入れず淡々と事実を述べるのが一番いいんだろうな。 読んでいてこちらがイライラする場面で、冷静な整くんに、キュンとします。 ただのコミュ障なのか、懐が広いのかわからないけど(笑)。 それでも、 1人でも多くの人に作者さんのメッセージが届くといいなと思います。 連載、いつまで続くかな。 完結の頃には私は何歳になってるだろう。 (現在アラフォー) 早くしてこの作品に出会ってしまって、 更新を待ち続けるのがせつないです! 完結してから一気読みしたかった!• 77人の方が「参考になった」と投票しています。 タイトルの意味 ネタバレありのレビューです。 読み進めていって、タイトルの意味がわかった気がしました。 このお話は、ミステリーであってミステリーではないのですね。 作者が本当に作品から世の中に発信したいことは別にある。 ミステリーはその媒介。 だからこそ、このタイトルになっているのですね。 整くんが常々感じている一言一言、女として私も常々感じてきました。 これを読んで、考えを肯定してもらえた気がしてとても嬉しく感じましたし、世の男性にも読んでもらえたらと思いました。 媒介であるミステリーも、単独で十分面白いのですが、整くんの「刺さる一言 どころではない 」が加わっていることで、他にない唯一無二な空気感が出ています。 一つ気になったのは、掲載雑誌の関係もあるのか、その「刺さる言葉」が男性へのお説教じみた話に偏りがちで、ミステリーの構成に割って入る異物感が目立った箇所が所々あったことです。 でもこれは完全に私の感覚のものかと思いますし、楽しむのに気にならないレベルです。 多くの人にとって楽しめる、ハッとさせられる、肯定してもらえる作品だと思います。 72人の方が「参考になった」と投票しています。 しかもこの作品、今のところ恋愛要素ゼロ(笑)これからもある気がしない(笑) 田村先生の思考回路ってどうなってるんだろう? 主人公の整(ととのう)の台詞に毎回毎回心洗われる…違うなぁ、目から鱗? その通り!だ! 整が言う事はホントにその通りなんです。 ただ誰もそこに考えが至らない。 自分の事なのに。 それを整に図星さされる。 聞いた側は納得したり、奮起したり、変わる努力をしたり、逆ギレしたり… そりゃお悩み相談室扱いもされるってもんで(笑) あーーーーー、続きがきになるぅーーーーー。 月刊誌だからなぁーーーーー。 コミックも買いに行こう。。。 みんなが読んでるおすすめコミック•

次の

【16話無料】ミステリと言う勿れ

めちゃ コミック 公式

ついに登場!! 『BASARA』『7SEEDS』の田村由美、超ひさびさの新シリーズがついに始動!! その主人公は、たった一人の青年! しかも謎めいた、天然パーマの久能 整 くのう ととのう なのです!! 解決解読青年・久能 整、颯爽登場の第一巻!! 冬のある、カレー日和。 アパートの部屋で大学生・整がタマネギをザク切りしていると・・・警察官がやってきて・・・!? 突然任意同行された整に、近隣で起こった殺人事件の容疑がかけられる。 しかもその被害者は、整の同級生で・・・。 次々に容疑を裏付ける証拠を突きつけられた整はいったいどうなる・・・??? 新感覚ストーリー「ミステリと言う勿れ」、注目の第一巻です!! 151人の方が「参考になった」と投票しています。 ミステリと呼ばないで 今まで読んだどんな漫画とも明確に違う。 面白すぎてびびった。 基本路線はミステリでありながら、話はどんどん脱線していく。 主人公の整 ととのう 君が、関係ないことをしゃべりまくるせいである。 事件の取り調べを受けている最中だろうが、バスジャックの人質になろうが、唯我独尊で脱線しまくる。 何だこいつは。 しかし、この脱線が、たまらなく魅力的である。 本線から遥かに逸脱した会話が楽しい、という意味では、タランティーノの映画のような漫画である。 とにかく整君の呑気なしゃべりが、いちいち鋭く、深い。 人間や社会に対して、独自の視点でもって、目からウロコの核心を提示するその洞察の見事さは、私の文章ではとても説明できない。 これはもう、読んでもらうしかない。 それでいて、「本線」のミステリ部分も、「脱線」を邪魔しない程度にサラッとしていながら、パリッと筋が通っている。 このバランス感覚の素晴らしさ。 ミステリのようで、ミステリではない。 ミステリではないようで、ちゃんとミステリでもある。 ミステリ、と呼ぶのは何かピンとこない、ミステリじゃない、と切り捨てるのも何かもったいない。 ミステリが好きな人にも、苦手な人にも薦められる快作。 誰にでも迷わず薦められる漫画なんて、私にはほとんどない。 8人の方が「参考になった」と投票しています。 整くんに関する過去の伏線 ネタバレありのレビューです。 昔風のイラストが受け付けないって感想も多々見ますが、実際見てみるととても綺麗なイラストで私は好きです。 整くんの顔がちょこちょこネタにされますがカッコいいと思いますし、天パも可愛いです(笑) 話は言わずもがな謎解き系のストーリーは好きなら面白いです。 これ原作者さん居ないですよね?作者さんが考えられてるなら凄いと思うレベルです。 ・最初の事件で、犯人が整くんの首元掴んだ時に見えた際の首からの火傷痕? ・人前に行く時には必ずマフラーをしている ・よそのお風呂がダメ 入るなら絶対1人 、銭湯はもっとダメ 火傷痕が見られるから? ・育ての親がいる発言 から整くんも昔は虐待されてたのかなと思ってます。 広島が因縁の場所なのか。 とりあえず完結まで読みたい作品です。 69人の方が「参考になった」と投票しています。 面白い! ネタバレありのレビューです。 田村由美さんが大好きで、BASARAはリアルタイムで読んでました。 この作品もめちゃくちゃ面白い。 いつもSFっぽいのに、今回の作品はガラリと雰囲気が変わってありふれた日常の中に起こる、もしかしたら本当にあるかも?と思えるくらいの日常。 そしてちょっとしたミステリー。 なのにこれだけ面白いって、作者さんはどれだけ幅のある人なんだろう。 整くんのセリフはかゆいところに手が届く内容で、読んでいてスッキリする女性はたくさんいると思います。 ただ、残念なことに、この作品は恐らく女性の読者さんが多いこと。 更に言うと、現実は、男性に対して同じ事を話しても、ただの文句、ヒステリーとしか取られないこと。 やっぱり、整くんみたいに 男性が感情を入れず淡々と事実を述べるのが一番いいんだろうな。 読んでいてこちらがイライラする場面で、冷静な整くんに、キュンとします。 ただのコミュ障なのか、懐が広いのかわからないけど(笑)。 それでも、 1人でも多くの人に作者さんのメッセージが届くといいなと思います。 連載、いつまで続くかな。 完結の頃には私は何歳になってるだろう。 (現在アラフォー) 早くしてこの作品に出会ってしまって、 更新を待ち続けるのがせつないです! 完結してから一気読みしたかった!• 77人の方が「参考になった」と投票しています。 タイトルの意味 ネタバレありのレビューです。 読み進めていって、タイトルの意味がわかった気がしました。 このお話は、ミステリーであってミステリーではないのですね。 作者が本当に作品から世の中に発信したいことは別にある。 ミステリーはその媒介。 だからこそ、このタイトルになっているのですね。 整くんが常々感じている一言一言、女として私も常々感じてきました。 これを読んで、考えを肯定してもらえた気がしてとても嬉しく感じましたし、世の男性にも読んでもらえたらと思いました。 媒介であるミステリーも、単独で十分面白いのですが、整くんの「刺さる一言 どころではない 」が加わっていることで、他にない唯一無二な空気感が出ています。 一つ気になったのは、掲載雑誌の関係もあるのか、その「刺さる言葉」が男性へのお説教じみた話に偏りがちで、ミステリーの構成に割って入る異物感が目立った箇所が所々あったことです。 でもこれは完全に私の感覚のものかと思いますし、楽しむのに気にならないレベルです。 多くの人にとって楽しめる、ハッとさせられる、肯定してもらえる作品だと思います。 72人の方が「参考になった」と投票しています。 しかもこの作品、今のところ恋愛要素ゼロ(笑)これからもある気がしない(笑) 田村先生の思考回路ってどうなってるんだろう? 主人公の整(ととのう)の台詞に毎回毎回心洗われる…違うなぁ、目から鱗? その通り!だ! 整が言う事はホントにその通りなんです。 ただ誰もそこに考えが至らない。 自分の事なのに。 それを整に図星さされる。 聞いた側は納得したり、奮起したり、変わる努力をしたり、逆ギレしたり… そりゃお悩み相談室扱いもされるってもんで(笑) あーーーーー、続きがきになるぅーーーーー。 月刊誌だからなぁーーーーー。 コミックも買いに行こう。。。 みんなが読んでるおすすめコミック•

次の