北京ダック 皮だけ。 北京ダックは本当に皮だけしか食べないの?その理由、そして食べ方は?

北京ダック

北京ダック 皮だけ

2018年11月12日(月)、銀座5丁目に「全聚徳(ぜんしゅとく)銀座店」が、2年8カ月の休業を経てリニューアルオープンしました。 「全聚徳」は、中国・北京市で1864年に創業した北京ダックの老舗。 日本では新宿を皮切りに、六本木、銀座の3店舗を展開。 いずれも本店同様、50以上の製造工程を経て、専用の窯で焼き上げたアヒルが名物となっています。 80C(ハオチー)編集部は、オープン前夜に開催されたレセプションに訪問。 この会が想像以上に凄かった…! 「予定時間より早く始まり、会場は熱気むんむん。 中国の国営放送・CCTVも取材に来ていましたよ。 豪華ゲストが続々!レセプションに訪れた皆さん 祝辞のトップバッターは、なんと駐日本特命全権大使の程永華さん。 全聚徳ジャパンが本物の中国料理文化を広めている功績を称えられました。 駐日本特命全権大使の程永華さん。 とても流暢な日本語を離されます。 続いては、自民党総務局長・二階俊博さんの挨拶が。 自民党総務局長、二階俊博さん。 さらに銀座の街からは「全聚徳」の北京ダックを販売する「三越銀座店」店長の祝辞。 食品業界からはオイシックス・ラ・大地の藤田和芳代表取締役会長の挨拶がありました。 そしてこの日、会場で最も輝いていたのが、劉岩(リュウ ヤン)全聚徳ジャパン代表取締役社長。 先日80C(ハオチー)で企画した「」でもご挨拶いただだいた方です。 全聚徳ジャパン代表取締役社長の劉岩(リュウ ヤン)さん。 劉社長曰く、新装開店する銀座店は立地がよく、再び皆が集える広い店を探していたそう。 その条件で選ばれたのが「GINAZA SIX」の真裏に面する「BINO銀座」の5F。 ちなみに過日オープンした湖北料理店「」は、劉社長の旦那様の経営(御膳房グループ)。 レセプション当日は、同店も特別に開放し、祝福に訪れる大勢のゲストをもてなしていました。 全聚徳スタイルの北京ダックが食べ放題! そして、会場には振る舞い北京ダックがこれでもか!というほど登場。 厨房から何羽運ばれてきたでしょうか。 劉料理長。 各方面からポージングの要望にお応えしてキリッ。 全聚徳の北京ダックは、皮だけでなく、肉も一緒にカットしていただくスタイル。 六本木店の劉料理長が手際よくカットしてくれました。 だいたい1羽で60カットほど取れるそうです。 滋味深くふっくらとした身に、香ばしい皮が身上のアヒル。 それを中華包丁でそぎ切りにし、コクと甘みのある甜麺醤、食感や香りを添える薬味とともに、薄皮でくるりと巻いてもらったら、何も考えずに口に運ぶ幸せがここに。 蒸籠に入っているのがダックを巻くヤーピン(鴨餅)。 ここに野菜(ここではキュウリ、白髪葱、紅芯大根、葉物)、揚げにんにくと揚げた皮、甜麺醤、ダックを入れて包みます。 私は2本ほどいただきましたが、これだけをエンドレスに欲する気持ちに駆られました。 全聚徳の北京ダックが廃れることなく、今の世まで継承され、広まった理由がわかる気が…。 薬味や野菜とともに巻かれた北京ダック。 垂涎もの。 全聚徳で北京ダック三昧するには? ということでさっそく調べてみると、同店の北京ダックは1羽で11,800円(4~5人前目安)、半羽で6,300円(2~3人前目安)。 これに「ヤーピン(鴨餅:ダックを巻く小麦粉の皮/8枚600円/烤鴨餅・薄餅とも)」や、「胡麻焼パイ(芝麻焼餅:胡麻を付けて焼き上げた、ダックを挟む香ばしいパンのようなもの/1個300円)」、好みで野菜を追加で頼めば、北京ダック三昧の準備は万全。 今泉誠支配人曰く、1羽のダックから切り出せるのは60~70カットほど。 通常、1羽で16巻を目安に提供しており、1枚の「ヤーピン」にダック3カットを巻いているため、4人だと4本は確実。 また、特別な日にはオーダーメイドダックとして、お誕生日や記念日など、祝福の文字を入れて焼き上げることも可能(2~3文字/2,000円)。 銀座の新店なら、かなり気分が上がりそうですね。 奥はプライベート感を重視し、少人数の個室やブース席も配置されていました。 とことん北京ダックを楽しみたい時はもちろん、接待などの会食に、華のある場となりそうですね。 住所:東京都中央区銀座5-8-9 BINO銀座5F() アクセス:地下鉄日比谷線、銀座線、丸の内線銀座駅A3/A4出口から徒歩1分 TEL:03-5568-8668/050-3627-8222 営業時間:平日 11:30~15:00(14:30L. )、17:00~23:00(22:00L. ) 土日祝 11:30~22:00(21:00L.

次の

北京ダック

北京ダック 皮だけ

そもそも北京ダックはどんな料理 北京ダックは、味付けした鴨(アヒル)をまるごと焼き上げる、中華料理の代表的な料理です。 鴨にも多くの種類がありますが、北京ダックとして使われる鴨は脂が多くのっているほど美味しく、そのため北京種とその改良種に限られます。 北京ダックの食べ方は地方によって、パンに挟んだり、薄い生地で巻いたりと多少の違いはありますが、当店では北京スタイルであるカオヤーピンという薄い皮に包む食べ方を採用しています。 また中国では北京ダックは必ずしも高級料理ではありません。 気の置けない人たちがお手軽に、ちょっと豪華な気分で楽しめる料理です。 中国茶房8ではお客様の目の前で料理人が切り分けます• お気軽に北京ダックお楽しみください• カオヤーピンに包む北京スタイルでご提供しています 中国茶房8だからできる北京ダックへのこだわり 準備ができましたらまず皆様の前にまるまる一匹の北京ダックをお持ちいたします。 それを料理人が次々とさばく姿をご覧になると、大いに盛り上がることでしょう。 写真は思う存分撮ってください。 きっと海外旅行に来た気分が味わえることでしょう。 見て楽しい、食べて美味しい、そして健康に、そんな三拍子揃った料理が北京ダックなのです。 当店では鴨をお店で味付けするため丸2日かけて仕込みをおこなっています。 鴨の皮を厚めにそぐ本場スタイルは専用窯を用意している中国茶房8だからこそ実現できる味だと自負しております。 また残った肉は炒め物にして、最後に残った骨はガラスープとしてお出ししております。 北京ダック1羽の料金でこれらすべて出てきますので、3~4名様でコース料理のように堪能できます。 中国から来ていただいた方も「本国よりも旨い」と唸った、自慢の北京ダックをお楽しみください。 写真を撮るときは料理人も快く対応します• 北京ダック専用の窯です• これらすべてがセットに含まれています.

次の

北京ダックを皮だけ食べる理由は何でしょうか?

北京ダック 皮だけ

北京ダックは最初に宮廷でのみ食されていたが、(1522年 — 1566年)退職した料理人さんが民間初の専門店を開店した。 今、北京ダックは中国政府を他国の首相などに招待するメイン料理として有名。 現在は、中国に限らず、香港、台湾、シンガポール、マレーシア、タイなど中華系住民の住む地域に共通して見る事が出来る料理である。 その知名度から世界各地の中華街で看板メニューになっております。 実は日本人が知らない本場の美味しい食べ方 日本人のほとんどが、北京ダックは香ばしい皮だけを食べるもの(肉は食べない)と思っていますが、本場の北京ダックは、皮だけでなく肉も一緒に巻いて食べます。 当店は、横浜中華街で唯一の北京ダック専用薪窯を使用し、本場の食べ方でご提供しています。 木の香りが付いているパリパリの鴨皮と直火で焼き上げるジューシーな鴨肉を、ネギやキュウリの千切りと一緒に焼き立てのカオヤーピン(薄い皮)に乗せ、甘口の特製ソースをつけて巻いて食べて頂きます。 焼き方から食べ方まで、本場顔負けの北京ダックをぜひお楽しみください。 北京ダックはヘルシー 北京ダックを含む鴨は中国でも美容と健康の食材とされ、ビタミンA、ビタミンB2、コラーゲン、カリウム、カルシウム、鉄分などが多く含まれています。 また美肌効果があるとされ、脂質の代謝を促す働きもよく知られています。 鴨の脂分は人体に吸収されないという特性を持っているので、食べても脂肪になりづらくダイエットにも最適というわけです。 鴨は安全な産地・飼育環境で育ったものを使用 HACCP認定工場 HACCPという、国連食糧農業機関(FAO)や世界保健機関(WHO)などが推奨する衛生管理手法を採用している工場で飼育を行っており、47ヶ所もの衛生チェックボイントを設けて毎日厳しい検査を行なっています。

次の