オリックス生命 死亡保険 評判。 オリックス生命の定期保険「Bridge(ブリッジ)」のメリットとデメリット、申込み前の注意点など

アクサダイレクト生命保険の口コミと評判をFPが解説!

オリックス生命 死亡保険 評判

アクサダイレクト生命保険って自動車保険のイメージが強いけど、生命保険 アクサダイレクト生命保険は、アクサ損害保険、アクサダイレクト生命保険の3つの会社のアクサグループを統括する会社で、アクサ生命と言ったときはこのグループ全体を指すことも、アクサダイレクト生命保険単体を指すこともあります。 またその他の資産運用や不動産投資などの関連会社とも連携し、家計の資産運用関連事業で総合的にノウハウを蓄積しています。 アクサグループは世界最大級の保険・資産運用グループであり、アクサ生命もその一部です。 この膨大な経験やデータ、ノウハウから、それぞれの顧客に最適な保険を提案しているが魅力です。 アクサ生命は店舗でもインターネット上でも加入できる生命保険、終身保険、がん保険などを販売しており、アクサダイレクトはインターネットで加入できる保険に特化して販売しています。 アクサダイレクト生命保険、カスタマイズの多様性が口コミで評価高いです アクサダイレクト生命保険は「ひとりひとりにカスタマイズしたプランニングができる」という点で評価が高いです。 保険はプランによってパッケージ化されて販売されていますが、契約者のもつライフプランは千差万別です。 そのため 必要保障も異なり、パッケージ化された保険では無駄な保障部分ができて、保険料が割高になってしまうケースがあります。 しかしアクサダイレクト生命保険では、そのような無駄な保障を作らず、契約者の家計、家庭状況、ライフプランに最適な保障をプランニングしてくれます。 オーダーメイドでの設計や、家庭状況の変化による保障の変化のメンテナンスなど、質の高いサービスを提供しています。 この点では他社に比べてアクサ生命が優れていると言えます。 アクサダイレクト生命保険、カスタマイズの多様性、デメリットはないの?? アクサ生命のデメリットはないの?と思う方もいると思いますが、強いて言えば「審査が厳しい」という点はデメリットになり得るかもしれません。 口コミでは他社に比べて加入時の審査が厳しく、場合によっては加入できないこともあると言われています。 しかし審査が厳しいということは、加入できた人に対してはメリットになります。 審査を緩和すればそれだけ保障を支払う機会が増えて、契約者の保険料負担は割増になるからです。 また持病などがあって通常の保険には加入できないという方に対しては、持病がある方向けの保険も準備されています。 この様な特徴を持つアクサダイレクト生命保険の保険ですが、具体的にはどのような商品があるのでしょうか。 人気商品を詳しく見てみましょう。  アクサの一生保障の終身保険、特徴と人気の理由を知りたい。 死亡時と高度障害となった時に死亡保障が支払われます。 保険料は加入から生涯上がりませんので、できるだけ早いうちに加入することがおすすめです。 そのためその期間中に解約した場合は、支払った保険料よりもずっと少ない返戻金しか戻ってきません。 そのかわりに、その分保険料は安く抑えられています。 加入時は長期的に保険を継続できるような、ゆとりをもったマネープランを作成することが必要ですね。 これは健康習慣を身につけるためのアプリの利用、24時間電話で健康相談できるサービス、糖尿病の予防・早期発見のサポート、三大疾病になった後の通常の生活に戻るためのサポートなどを受けることができるものです。 病気の予防から病気になった後のこことまで総合的にサポートされますので、非常に魅力的です。 ・契約例 【主契約】無配当終身保険(低払いもどし金特約) 【契約者】35歳男性 【保険期間・保険料払込期間】終身 【保険金額】1000万円 上記の契約例の場合、毎月の保険料は「1万5230円」となります。 一定期間は低払いもどし期間があるため、 返戻金は通常の7割に抑制されます。 それ以降は通常の返戻金が受けとれます。 特則をつけなければ、低払いもどし期間はありません。 この保険はシンプルな設計になっていますが、その分割安な保険料で充実した保障を受けることができます。 終身型の生命保険への加入を考えている人には非常におすすめの内容です。 アクサダイレクト生命保険の一番の注目商品、一生保障の医療保険プライム60について解説 アクサダイレクト生命保険一生保障の医療保険プライム60 ・保険の特徴 アクサ生命は医療保険でも有名ですが、その中でも売れているのがアクサの一生保障の医療保険プライム60です。 これは終身型の入院保障保険です。 保険料は割安ですが、保障は充実しています。 特徴を見てみましょう。 さらに手術補完給付特約をつけると、約1000種類の手術・放射線治療も保障されます。 そしてがんによる入院に対しては、支払い日数の制限がありません。 このように保障は非常に手厚く設定されています。 がんの再発や転移にも、保障の面からは安心です。 さらに「無事故割引特則」をつけると、無事故だった場合5年ごとに主契約の保険料が10%割引され、ずっと無事故ならば最大で50%割引されます。 ・保障内容 具体的な保障内容を見てみましょう。 【入院保障(主契約)】 がん入院給付金:入院日額1万円 疾病入院給付金:入院日額1万円 災害入院給付金:入院日額1万円 アクサダイレクト生命保険では特約にも注目すべき 【特約】 手術給付特約:手術1回あたり10万円〜40万円 手術補完給付特約:手術時5万円、放射線治療時5万円 先進医療給付特約:先進医療にかかる技術料と同額(先進医療給付金)+先進医療一時金1回15万円 生活習慣病入院給付特約:1日あたり5000円 見ての通り、医療保険プライム60は主契約部分は入院保障のみとなっていて、非常にシンプルな設計になっています。 そのため必要に応じて特約をつけていく形になります。 つまり保険のプランニングの自由度が非常に高いのです。 上記に上げた以外にも以下のような特約を付加することができます。 ・無事故割引特則 ・特定疾患給付特約 ・3大疾病診断給付特約 ・女性疾病入院・手術給付特約 ・退院後療養給付特約 ・指定代理請求特約 医療保険は特に自分のこれまでの病歴や体質、今後不安な病気などによって、必要保障が大きく変わってきます。 これらの特約によってどのような保障を受けることができるのか、また保障の支払い条件などもしっかりチェックして最適なプランを作成しましょう。

次の

オリックス生命保険の口コミ|評判の良い生命保険を徹底比較

オリックス生命 死亡保険 評判

勤務時間・休日休暇: お客様対応なので、土日も一件のアポイントのために出勤をすることはよくある。 振替休日は契約が取れていれば取れやすい。 私は毎日23時近くまで残って、休日返上でお客様のところに行って商談をして、それでようやく目標予算達成できた。 法人とかお金を持っている人と出会えれば達成はたやすい。 多様な働き方支援: 一件の商談が5ポイントで、1日15ポイントやるという決まりがある。 これを達成できるまで帰るなという方針。 仕事が終われば定時より前に帰っていいよとは言われるもののできている人はいない。 また、9時始業だが、商談のロープレ練習や会議などは9時より前か定時の17時より後にやれ。 という方針がある。 口コミ投稿日:2020年07月 9日 給与水準:1年間休日も平日も働いてやっと年収600万。 毎年同じことを繰り返さなければ給与は300万くらいまで落ちていくので、ずっとは続けられないと思い転職しました。 ボーナス制度はあるものの、毎月やらなければならないハードルが高いので、保険の営業力に相当な自信がある方でないとオススメしにくい状況。 また、給与の中から営業が使って当然という交通費や商談にかかるお金がありますので覚悟が必要でしょう。 営業手当が2万付いていますが、成績を残さないとそもそも年収が落ちるため、たくさんの商談数をこなさなければいけなくて、どうしても手当だけでは足りないです。 給与に関しては、途中でルールが大幅に変更になりました。 また今後どこかでルール変更となるリスクはあるかもしれません。 口コミ投稿日:2019年11月 8日 仕事内容:親族・友人・知人への生命保険営業をかけること。 契約をもらった後は必ず紹介をもらうこと。 友人の友人を紹介してもらったり、友人の勤める会社の同僚を紹介してくれるよう頼む。 また、友人の両親を紹介してくれるよう交渉する。 『毎月何件以上分配します。 』と聞いてそれならば初心者でもと思い入社したが、全く配布されない月もあるので、自分の力でお客さんを切り開く覚悟はしておいた方がいいでしょう。 口コミ投稿日:2019年11月25日.

次の

オリックス生命のファインセーブは評判は良いが、加入する理由が見当たらない件

オリックス生命 死亡保険 評判

オリックス生命とはどんな会社? オリックス生命は、オリックス傘下の生命保険会社です。 オリックスグループは、不動産や金融業に加え、プロ野球に関する事業も行っています。 オリックス生命は、1991年にオリックス・オマハ生命保険として設立しました。 設立以来、医療保険をはじめとする様々な保険商品を世に出し続けています。 ホームページでは、「どう保険を選ぶべきか」を目的別や体験談などを交えて紹介しています。 オリックス生命の特徴と商品 オリックスグループの一員 先述のように、オリックス生命はオリックスグループの一員です。 オリックス生命は健全性や顧客満足を重視しており、これらに関する情報もホームページ上で掲載しています。 11期連続で保有契約件数が増加し続けており、2017年4月時点で保有件数が350万件を突破しました。 インターネット専用など豊富な商品展開 オリックス生命では、終身保険やがん保険、収入保障保険など豊富な保険商品が取り扱われています。 公式サイトでは保険商品について、月々の保険料、保険期間・金額などが紹介されています。 また、インターネット専用商品も販売しています。 健全な経営基盤 企業の経営基盤の健全性を示すものとして格付けとソルベンシー・マージン比率があります。 ソルベンシー・マージン比率とは、株の大暴落といったリスクに対応可能な「支払余力」の有無を示すものです。 ただし、格付けやソルベンシー・マージン比率は経営状態によって変動することがあります。 取り扱う商品 ・定期保険ファインセーブ 定期保険ファインセーブは、無配当の解約払戻金抑制型定期保険です。 解約払戻金をなくす代わりに保険料が抑えられ、保険金額・期間を自由に選択できます。 さらに、病気や事故、災害など死因を問わず同額の死亡保障が受けられることも特徴です。 また、余命6ヶ月以内と判断された際は、生存中でも前払いで保険金が受け取れます。 ・定期保険ブリッジ ネット申し込み専用保険です。 申し込みをネットに限定しているため販売経費を抑えられ、保険料が安くなっています。 30歳、保険金額500万円の場合、男性は月々698円、女性は586円です。 ネット限定保険のため、書類の記入などは不要です。 インターネットで申込み、審査後、契約成立という流れです。 審査完了後は、保険証券が送られていきます。 ・医療保険 新キュア 無配当・無解約払戻金型医療保険の入院保険です。 七大生活習慣病に特化しており、約1,000種類の手術、2,000万円までの先進医療の技術料を保障しています。 七大生活習慣病の中でも、がんをはじめとする三大疾病は、支払い日数無制限で保障されることもポイントです。 【性別・年代別】オリックス生命の満足度 オリックス生命の性別・年代別での満足度を見ていきましょう。 全体、男女、20代以外のすべての世代において、全体平均を上回る結果となりました。 「がん」や糖尿病などの七大生活習慣病への保障が手厚い保険があることが高い満足度の要因になっているといえます。 また、1分でできる「保険料シミュレーション」により、「自身に合う保険はどれなのか」を決めやすいことも要因として考えられます。 【口コミ】オリックス生命の良い評判 「がんであれば、入院給付金の支払い限度日数が無制限になるので良い」 50代・男性 「先進医療特約が付いているが、保険料が安い」 40代・女性 「日帰り入院でも保障を受けられた」 30代・女性 支払い限度日数が無制限であることや、日帰り入院も保障されているといったオリックス生命のサポートに満足する意見が見受けられました。 保険料の安さに満足する意見は他の保険会社でもありますが、オリックス生命では「先進医療特約が付いている上で安い」など、先進医療に対する良い評判が寄せられました。 【口コミ】オリックス生命の悪い評判 「オペレーターの対応が悪い」 50代・男性 「問い合わせても、対応が遅い」 50代・女性 「頼んでいない保険のパンフレットが送られてきた」 40代・男性 保険料など、お金に関する悪い評判は、ほとんど見受けられませんでした。 しかし、オペレーターなどのスタッフによる対応に批判的な意見がいくつかあります。 ただし、スタッフ対応に対する不満はスタッフの質によって異なる可能性もあります。 また、不要なパンフレットが郵送されてくる点については、保険会社に問い合わせれば郵送をストップできるかもしれません。 まとめ オリックス生命は保険商品についての満足度が高い一方で、スタッフ対応に不満を覚える人がいることがわかりました。 保険に加入する際には、良い評判だけでなく悪い評判もチェックして加入後に後悔しないようにしましょう。 【保険ONLINE】の無料相談サービスです。 ご自宅でオンラインでお金・家計・生命保険などの相談が無料でできます。 対象は、20~59歳の方です。

次の