三菱 ufj モルガン スタンレー 証券 インターン。 インターンシップ|三菱UFJモルガン・スタンレー証券

三菱UFJモルガン・スタンレー証券のインターンはコスパに定評アリ?|内容・選考対策

三菱 ufj モルガン スタンレー 証券 インターン

スポンサードリンク 外資就活をしている学生で「 モルガン・スタンレー」の名前を聞いたことがない人はいないでしょう。 ゴールドマン・サックスと並ぶ名門投資銀行であり、現在もグローバルで無類の強さを誇る外資系金融機関です。 しかし、いざ選考を受けてみようと会社のWebサイトや就活メディアを覗いてみると「 三菱UFJモルガン・スタンレー証券」「 モルガン・スタンレー」「 モルガン・スタンレーMUFG証券」など、色々な表記があることに気づくと思います。 「どれが本当のモルスタで、どれが偽物 のモルスタなの?」と迷ってしまう就活生も多いことかと思います(実際に内定の森運営メンバーにも未だに分かっていない人が数名いました)。 というわけで 今回は「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」「モルガン・スタンレーMUFG証券」の2社の違いを通じ、どれがいわゆる「モルガン・スタンレー」に当たるのかを徹底的にまとめました。 モルガン・スタンレーとは? 19世紀の米国金融業界のドンとして君臨していた ジョン・ピアポント・モルガン(J. モルガン)がトップを務めていた モルガン商会。 そのモルガン商会の証券業を担っていたのが現在の モルガン・スタンレーに当たります。 1930年代に世界恐慌の反省を踏まえて、米国政府が グラス・スティーガル法(銀証分離法)を制定したのち、モルガン商会は JPモルガン(商業銀行)と モルガン・スタンレー(証券会社)へと分離します。 これが、モルガン・スタンレーとJPモルガンの名前が似ている理由ですね。 ちなみに、モルガン・スタンレーの「モルガン」はJPモルガンの孫の名前の「モルガン」を取っているので、厳密にはJPモルガンの「モルガン」ではないのですが、蛇足過ぎるのでここまでにしておきましょう(笑) ゴールドマン・サックスやメリルリンチと並ぶピュア投資銀行として業界を引っ張る存在でしたが、リーマンショック後には銀行持ち株会社への移行を余儀なくされ、自己資本比率などの規制を強められています。 ただ依然としてリーグテーブル上位に位置する名門投資銀行であることには変わりなく、グローバルでのネームバリューは非常に強い状態をキープしています。 モルガン・スタンレーに関する詳しいご紹介は以下の記事へ。 日本のモルガン・スタンレー 日本とモルガン・スタンレーの最初の出会いは、関東大震災時に日本政府が発行した震災手形をモルガン商会が引受(ひきうけ)したときから始まります。 ここ20年ほどで「外資系投資銀行」が一つのブランドとなった背景には、このバブル期の活躍があるのは間違いありません。 永らくピュアモルガンとして力を振るっていましたが、リーマンショック後の2010年に転機が訪れます。 2010年にジョイントベンチャー化 リーマンショックによってゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーの業績が伸び悩んでいる2010年。 三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG とモルガン・スタンレー日本法人の合併・ジョイントベンチャー化が発表されます。 三菱UFJ証券を持つものの、国内では野村に、海外では米系投資銀行に劣るMUFGと、救済措置を求めているモルガン・スタンレーとの利害が一致し、合併手続きが進んでいきました。 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 通称「 ミツモル」「 Mumss マムス 」と呼ばれる三菱UFJモルガン・スタンレー証券。 MUFGが60%、モルスタが40%という株主比率であり、実質的に三菱UFJ証券の流れを引く証券会社になります。 モルガン・スタンレーMUFG証券 モルガン・スタンレーとMUFGの関係はあくまでJVであり買収ではないため、三菱側の意向が強いミツモルができた暁にモルスタ側の流れを汲む証券会社を作ることが決定されました。 こうしてできたのがモルガン・スタンレーMUFG証券です。 モルスタが51%、MUFGが49%という株主比率となり、こうして名前の似ている2社が併存する体制が出来上がりました。 配属先はどこになるの? 投資銀行部門 基本的には「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」に配属となります。 名刺も三菱UFJモルガン・スタンレー証券なので、ピュアモルガンを期待する学生にとっては少し残念かも?(笑) ただ採用窓口は「旧三菱UFJ証券」と「旧モルガン・スタンレー」の2つが依然として用意されています。 前者が「三菱UFJモルガン・スタンレー証券 投資銀行部門」、後者が「モルガン・スタンレー 投資銀行部門」として採用募集がなされています。 採用ラインは別々なので鞍替えになることもありません。 実際の配属先としミツモルのバンカーは「投資銀行第二部」に、モルスタのバンカーは「投資銀行第一部」に配属(出向)という形になります。 給与体系も異なっています。 ミツモルとして採用された場合は旧三菱証券の給与水準( 新卒年収500~600万円)、モルスタとして採用された場合は旧モルガン・スタンレーの給与水準( 新卒年収1,000万円)となります。 働くオフィスフロアも違うため、基本的に第一部と第二部の関わりは思ったよりも強くありません。 クロスボーダー案件で国内・海外を繋ぐ際の交流や 三菱側からの人材交流ということでミツモルのエースバンカーがモルスタ側に出向してくることもあるようです。 この合弁によってMUFGによる国内市場の知見とモルスタによるグローバル市場の知見が掛け合わさり、より案件獲得に対して強みを発揮できているのは事実です。 投資銀行(IBD)の日本での強さという面では、モルスタが総合力でNo. 1でしょう。 資本市場部門 他の外資系投資銀行では採用窓口が一緒になっている場合が多いですが、モルガン・スタンレーの場合は投資銀行部門と資本市場部門で採用窓口が分化されています(途中まで選考フローは共有しています)。 資本市場部門(Gloabal Capital Markets)は基本的に「モルガン・スタンレーMUFG証券」への配属になります。 同じプライマリー業務であるにもかかわらず投資銀行部門と違う証券会社になっているのは奇妙ですが、まあその辺は深入りせず(笑) 投資銀行部門とオフィスフロアは違いますが、協業も少なからずあるので気持ち的には同じモルガン・スタンレーであることに変わりはありません。 モルガン・スタンレーはエクイティ・ハウス(株式が強い証券会社)と言われており、合併後もその血を引き継いでいるため、モルスタ側として扱われています。 基本的にピュアモルガン時代と変わらず、モルガン・スタンレーのみからの採用が行われています。 ミツモルでも同様にセールス&トレーディングの採用は行われていますが、こちらは全くの別会社と思ってもらって大丈夫です。 バックオフィス こちらも基本的には「モルガン・スタンレーMUFG証券」への配属になります。 ただ内定の森運営メンバーにそこまで情報が集まっていないため、詳細はよく分からずじまいです。 給与体系は間違いなくモルガン・スタンレーなのでそこはご安心ください(笑) リテール(営業) こちらは基本的に「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」に配属されます。 というよりも外資系投資銀行はリテール業務(個人投資家への営業)を行っていないため、この部署は旧三菱UFJ証券にしか存在していません。 ミツモル側でしか採用が行われていないため、必然的にミツモルへの配属となります。 モルガン・スタンレー2社の違いまとめ 以上、簡単に「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」と「モルガン・スタンレーMUFG証券」の違いをまとめました。 結論モルガン・スタンレーに行きたい人は、外資就活ドットコムから「モルガン・スタンレー」の応募ページに進めば問題ありません(笑) 安心して選考に臨んでみてください! モルガン・スタンレーの特別案件がある就活サービス!? 名門投資銀行であるモルガン・スタンレーですが、ある就活サービスとのつながりが強いことで有名です。 その名も ビズリーチ・キャンパス! と言うのもビズリーチ代表の南壮一郎さんは元モルガン・スタンンレーIBDの出身なんです。 そういったご縁もあって、ビズリーチ・キャンパスでは年に2~3回ほどモルスタとのタイアップイベントがあります。 就活生にとってはモルスタを良く知るための絶好のチャンス。 ぜひ登録してイベントをチェックしてみましょう!•

次の

三菱UFJモルガンスタンレー証券とモルガンスタンレーMUFG証券の違いは?

三菱 ufj モルガン スタンレー 証券 インターン

【過去の選考体験記はこちら】 自分の主張を簡潔かつ論理的にまとめる まず自分の主張を簡潔かつ論理的にまとめることが必要です。 MUMSSだけに限った話ではありませんが、投資銀行の選考は人事部ではなく現役のバンカー達が行うため、忙しい彼らの時間をできるだけ奪わないスマートな回答がESや面接に求められるという事情があるためです。 また、能力を見る際にも彼らは端的に物事が言えるか、論理的に破綻していない話ができるかといったことを最低限の評価指標にもしています。 ESでも面接でもオーソドックスなことが問われるだけに、それをいかに簡潔かつ論理的に書いたり話したりできるかが差別化のポイントになります。 ES・面接のそれぞれのフローで意識すべきことは下部により詳しくまとめてあります。 投資銀行業務への関心をアピールする 次に投資銀行業務への関心をアピールすることが必要です。 金融に関する専門知識が要求される投資銀行部門では、選考の段階から投資銀行業務への理解が求められます。 そして、ESの設問や実際にインターンに参加した学生の声から、MUMSSにおいては(他の日系投資銀行と比べて)特にその傾向が強いことが分かります。 選考内容 ・時期:1月中旬 ・設問内容: 1 三菱UFJモルガン・スタンレー証券投資銀行部門のWinter Internshipを志望する理由を教えてください。 (日本語400文字以内) 2 これまでの人生で、あなたが特に頑張って取り組んだことと、それによってあなたが得た成果を教えてください。 (日本語400文字以内) 3 投資銀行部門において最も関心のある業務を教えて下さい、そしてその業務を選んだ理由を教えてください。 (日本語300文字以内)・結果通知方法:1週間以内に電話で連絡 投資銀行業務への関心を自分の言葉で伝える MUMSSのESには関心がある投資銀行業務を問う設問がありますが、これは部署別で採用する傾向があるMUMSS特有の設問であり、他の日系投資銀行には無い設問です。 インターンシップの段階で投資銀行の業務に関して問うことから、MUMSSは特に投資銀行業務への理解を求めていることが分かります。 しかし、これは決して実務家である社員と同等のレベルまで詳しく理解しなければならないということではありません。 実際に、通過者の中には金融について事前知識がほとんど無かったという人もいます。 あくまで投資銀行業務の概要を理解し、そこで興味を持ったことを自分の言葉で伝えることができれば十分かと思われます。 投資銀行業務の概要の理解にあたっては、各投資銀行のホームページや以下のコラムを参考にされることをおすすめします。 【ESを書くにあたって参考にしたいコラム】 また実際にESを書くにあたっては、関心を持った業務について自分の性格や学生生活での取り組みと結び付けて書けるとよいと思います。 記述は簡潔かつ論理的に どこの会社の選考にも共通して言えることですが、特に投資銀行においては、読みやすいESが好ましいことは明らかです。 というのも、リクルーティング活動を行っている社員は激務の合間を縫って大量のESに目を通すことが想像できるからです。 特に志望動機と学生時代に頑張ったことを問う 1 と 2 は、オーソドックスで誰もが書き慣れているような質問です。 簡潔で論理的な記述で差別化したいところです。 結論を最初に書く、一つの項目に主張を詰め込みすぎないように気をつける、主張をサポートする経験や具体例などを織り込む、など、当たり前のことをしっかりと意識して書きましょう。 雰囲気は非常に穏やかで、面接というよりは雑談に近いようです。 質問も、学生時代に頑張ったことや大学で学んでいることなど典型的なものが多いです。 一方で、「学生に重圧をかけてその時の振る舞いを見極めていた」という参加者もいました。 重圧に負けずに面接を乗り切るために、 ・ESの内容やよく聞かれる質問への回答の構成の再整理(紙に書き出すなど) ・重圧をかけられるという心の準備 などをしておくとよいでしょう。 投資銀行全般に関する知識のインプットは、ESと同様に企業ページや以下のコラムを参考にしてみてください。 しかし、ここまでの選考フローから明らかなように、MUMSSのインターンでは決して投資銀行業務への深い理解は求められていません。 従って、たとえ専門知識が不足していても、買収後の戦略の策定について積極的に議論したり分からない点は積極的に社員に聞いたりして、投資銀行業務への興味・関心をアピールするべきです。

次の

三菱UFJモルガン・スタンレー証券 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

三菱 ufj モルガン スタンレー 証券 インターン

回答者 3. 3 成長・キャリア開発: リテール営業は全くの0からの新規開拓を行うため、人間関係を築くスキルや強いハートが身に着く。 2019年度の新入社員からは1年目には新規開拓は行わずアシスタントに徹することになっている。 入社2~3年目くらいでキャンペーンに入賞するなどして活躍しておくと、注目され、若いうちの希望(ex. 本社に行きたい、投資銀行本部に行きたい等)が叶いやすいように思う。 若手~中堅で受けておいたらいい研修や自己研鑽にの支援なども充実している。 特に2019年度の新入社員からAFPの取得が前倒しになり、1年目のうちに取得することになっている。 その分早くから専門スキルの習得に力を注げるようになっている。 年に一度人事部に提出するキャリアシートについて、支店にいたころの先輩や上司からは「あんなの真剣に書いたって意味がない、誰も読んじゃいない」言われたが、実際人事は読んでおり、ある程度考慮してくれているように思う。 なりたいビジョンや行きたい部署があるなら積極的に書くべき。 ただ、特に本社に来て思うのが、役職はほぼ銀行員で占められており、ここからのキャリアが急に描けなくなるということ。 証券プロパー入社としてはロールモデルがおらず辛い。 しかし支店に比べると人間関係については良好。 専門性が高く、尊敬できる上司や先輩を見つけ、自分の進みたい金融マンとしての道を決める場所としては、当社は良いのではないかと思う。 回答者 3. 0 思っていたほど年収が上がるペースが頭打ちになると実感したため。 また、毎年の給与はもちろん業績と個人成果に連動しますが、その成果のところで相場の良し悪しであったり、配属される支店での人間関係が大きく影響をしてきます。 相場が悪い時は仕事に対してモチベーションを見出せず、またそれをベテランキャリアになったとしてもずっと向き合っていかなければいけないことに、漠然とした不安を覚えた。 金融セクターの中での重厚長大な会社であるため、勢いのあるネット系証券会社とは今後も溝を開けられ続けると思っています。 向こう10年から20年先に、この会社を含めた店舗型証券会社が独立して存在しているとはイメージができなかった。

次の