マルチワ 飼いやすさ。 ミックス犬のチワマルってどんな犬?性格や特徴、寿命などについて

【大人気のMIX犬!】トイプードルとのミックス犬の種類・特徴・基本性格まとめ。見た目はどっちに似るの?!

マルチワ 飼いやすさ

チワマルはチワワとマルチーズので、とても可愛い愛嬌のある犬種です。 まだ知名度は低く、比較的珍しい犬種ですが、ペットショップでも見かけることがあります。 ここでは、チワマルの性格や特徴についてご紹介します。 愛嬌があり、飼い主さんに対して忠誠心のある性格 チワワは飼い主に対して忠誠心が強く、活発で好奇心旺盛な一面があります。 ただ、神経質な一面を持つので、初対面の犬や人には警戒心を見せることが多いです。 一方で、マルチーズは愛嬌があり、利口でしつけもしやすい従順な犬種です。 そして、チワワ同様、マルチーズも飼い主に対する深い愛情を持つ性格です。 チワマルはこれらの両者の性格がミックスされた性格になりますが、チワワが強くでる場合も、マルチーズが強くでる場合もあります。 ただ、一般的にマルチーズの性格が入ることで、チワワの神経質な性格が緩和され、マイルドな性格になる可能性があります。 生まれ持った性格はありますが、子犬の時からしっかりと社会化をさせてあげて、他の犬や人間に慣れるように努めることで、過度な怖がりや攻撃的な性格は緩和されることでしょう。 チワマルの見た目の特徴 チワマルの外観はマルチーズに似ていることが多いです。 毛質は柔らかで、ふわふわしています。 被毛のカラーは、両親によって影響を受け、とてもバリエーションが豊富です。 耳は垂れ耳のことも、立ち耳のこともあります。 どんな見た目に成長するかわからないところや、同じチワマルでも見た目が違うというところがミックス犬の楽しみです。 どんな子に成長するのか想像しながら飼うのは、ミックス犬を飼う醍醐味とも言えるでしょう。 サイズは、マルチーズよりは少し小さめで、2㎏程度になることが多いです。 両親のサイズによって、子供がどのくらいの体重まで成長するかは変わるので、もし気になるようであれば両親のサイズを確認してみても良いかもしれません。 ペットショップでは両親のことまでは詳しくわからないことが多いですが、ブリーダーさんから購入する時には教えてもらえます。 チワマルには散歩は毎日必須ではない チワワもマルチーズも、さほどたくさんの運動量を必要としない犬種です。 そのため、チワマルも毎日散歩が必須というわけではありません。 家庭の中での活動でも十分な運動量になるでしょう。 家の中でおもちゃを投げて持ってくる遊びは、適度な運動になるだけでなく、飼い主さんとのコミュニケーションにもなるので非常にオススメです。 ただ、たまに散歩に出かけてあげると犬も気分転換になるので、時には外で目いっぱい走らせてあげましょう。 運動をして筋肉をある程度つけていると、関節疾患などの病気の予防にもなります。 抜け毛は少なめの犬種 マルチーズのシングルコートを引き継ぐことが多く、抜け毛は少なめの犬種です。 シングルコートには、換毛期に抜けるアンダーコートが無いため、換毛期がありません。 日常的に多少の毛の生え変わりがある程度なので、室内飼育にはぴったりです。 しかし、抜け毛は少ないですが、毛が長いのでもつれてしまう可能性があります。 そのため、こまめにブラシをかけてあげましょう。 毛がもつれてしまうと、毛玉ができる元になってしまい、毛を短くカットするしかなくなってしまいます。 キレイな被毛を維持するためにも、ブラシをかけてあげることは欠かせません。 ブラッシングをしてあげると、抜け毛が取り除かれるだけでなく、皮膚の血行が良くなるので皮膚病の予防にもつながります。 コミュニケーションの一環としてもオススメです。 ケアはシャンプーだけでもOK 抜け毛も少ない犬種で、毛が伸び続けてしまうわけでもないので、こまめにトリミングに出してカットをしてもらう必要もありません。 ケアはシャンプーをするだけでもOKです。 そのため、慣れてしまえばご家庭でも難なくケアができます。 シャンプーがご家庭でできると何かと便利なので、子犬の時から慣れさせてあげると良いでしょう。 その他は、爪切りや肉球の間の毛のカットを定期的に行う程度で大丈夫です。 でも、これらのケアは慣れてしまえば、ご家庭でも簡単に行えます。 必要な器具もバリカンと爪切りだけ。 そのため、これらをご自分でしている飼い主さんも少なくありませんが、動物病院やトリミングサロンでも行ってくれるので、無理であれば頼んでしまってもOKです。 爪が伸びると折れてしまう危険性があり、また中で血管も伸びてしまうのでどんどん爪を切りにくくなってしまいます。 そのため、こまめに切る必要があります。 また、肉球の間の毛が伸びると滑りやすくなるので、関節疾患の原因にもなります。 たかが日常のケアですが、病気の予防という意味でもとても大切なケアです。 チワマルを飼ってみよう チワマルはまだ知名度も高くはない犬種ですが、魅力的な犬種です。 室内飼育をする時には、とてもオススメの犬種と言えるでしょう。

次の

柴犬ミックス犬の種類, 特徴, 飼いやすさ, 魅力をとことん紹介!

マルチワ 飼いやすさ

チワマルってどんな犬? チワマルはその名前からも想像がつくように、チワワとマルチーズを親犬にもつミックス犬です。 愛犬家からはチワマルの他に、マルチワやマルチワワ、チワチーズとも呼ばれています。 チワワは世界で最も小さな犬として有名で、大きくて潤んだ黒目がちな瞳が特徴です。 一方マルチーズといえば、絹のような純白の美しい被毛が特徴的で、そのエレガントな姿はウエディングドレスに例えられることもあります。 そんな両親犬の特徴を上手に引き継いでいるチワマルは、マルチーズのような体つきに、チワワのような顔立ちをしていることが多いようです。 チワマルは、両親犬から引き継いだ美しい被毛とつぶらな瞳で人々を魅了し、ドッグショーなどでも活躍しています。 チワマルの性格 甘えん坊 チワワもマルチーズも甘えたがりな性格をしているため、チワマルも同様にその性質を受け継いでいます。 とても人懐っこく、気づけば飼い主の膝の上に乗っている、というような姿も見られるでしょう。 甘えん坊なチワマルですが、放っておくとわがままに育ってしまうためしっかりとしつけが必要です。 愛情深く献身的 チワマルは飼い主が大好きで、とても献身的な性格をしています。 飼い主を喜ばせることに喜びを感じられるので、しつけもしやすいでしょう。 また、家族に対して愛情深い面もあるため、小さい子どもがいても飼いやすいとされています。 臆病で神経質 臆病で神経質な一面を持っているのも、チワマルの特徴の一つです。 留守番もあまり得意ではありません。 子犬の頃から外出の機会を持ち、さまざまな人や犬に触れることで慣れさせてあげましょう。 社会化ができていないと、人見知りや犬見知りしやすい子に育ってしまい、外出時には飼い主の腕の中から下りられないチワマルもいるようです。 警戒心が強い チワマルは警戒心が強いため番犬としても活躍してくれます。 しかし強すぎる警戒心と防衛本能のため、吠えやすいのも特徴です。 子犬の頃から外出し、無駄吠えしないよう社会化を図りましょう。 よその犬や車の音などにも慣れさせてあげることが大切です。 チワマルの特徴 大きさ 体高 22. 5センチ 体重 約2. 8キロ チワマルは世界一小さなチワワと、小型犬の中でも小さめのマルチーズとのミックスなので、小柄で体重が軽いだけでなく、骨格が華奢で足が細いという特徴があります。 チワマルの成犬でも、約2キロ~4キロといわれています。 被毛 チワマルの被毛はシングルコートで真っ直ぐな毛になることがほとんどですが、ウェーブがかかっていることもあります。 抜け毛は少ないのですが、毛が伸びやすい特徴がありますので1~2カ月に1度程度のカットが必要です。 被毛の特徴はマルチーズ寄りの印象を受けますが、カットをすることでチワワのような姿にもなります。 トリミング次第でおしゃれを楽しめるでしょう。 毛色はチワワの特徴が現れやすいため、ホワイト、クリーム、ブラック、ブラウン、レッドなどの色が組み合わされることが多いとされています。 チワマルの毛並みはマルチーズの絹のような特徴が出やすく、その美しさを維持するためには毎日のお手入れが大切です。 細く柔らかい毛質は切れ毛や毛玉になりやすいため、丁寧なブラッシングで毛のもつれを予防しましょう。 体の特徴 チワマルの体つきはマルチーズに似ることが多いようです。 しかしチワワの細くて華奢な骨格も引き継ぎますので、少し小さめのマルチーズといった印象でしょう。 顔立ちはチワワ寄りになることが多く、チワワ特有のアップルヘッドや大きな瞳を持ちます。 耳はマルチーズに似て垂れ耳になることが多いですが、立ち耳や半垂れ耳になる子もいます。 尻尾はまっすぐよりも巻き尾が多く見られ、ふわふわの飾り毛といった特徴もあります。 両親犬のどちらの特徴が色濃くでるかわからないのも、ミックス犬の魅力の一つでしょう。 また両親犬ともに体臭が少ないため、チワマルの体臭も比較的少ないといわれています。 もし体臭に異変を感じたら、病気やグルーミング不足などの可能性もありますので、注意しましょう。 チワマルは目が大きく鼻が短いという特徴があるため、涙やけになりやすいといわれています。 チワマルの体つきの特徴をよく理解して、病気の予防も心がけましょう。 チワマルの寿命 12-15年 チワマルの平均寿命は12~15年といわれています。 小型犬としては平均的な寿命といえるでしょう。 チワマルの長生きの秘訣は、成長期に適度な運動をして筋肉をつけることです。 1日15~20分程の散歩や、ボールやおもちゃを使った室内遊びもオススメです。 ただし生まれ持った骨格が華奢なので、ジャンプなどの運動は脱臼や骨折などを引き起こしやすいので注意しましょう。 チワマルの値段 12~17万円 チワマルは日本での取り扱いブリーダーの数が少なく個体数も少ないため、他のミックス犬と比べると少々高めの印象です。 またブリーダーから購入したい場合は、事前に問い合わせ、予約をしておいた方が良いでしょう。 海外のブリーダーから購入する方法もありますが、さらに値段が高くなるので注意してください。 チワマルを迎え入れるには、他にもミックス犬専門のペットショップから購入する方法や、里親として譲り受ける方法もあります。 どちらにしても、個体数が少なく人気が高いため、すぐに予約されてしまうようです。 里親募集サイトなどをこまめにチェックするようにしましょう。 まとめ チワマルは人気の犬種同士のミックス犬ということで、とても注目が集まっている犬です。 飼いやすさや容姿など、両親犬の良いところを引き継いでいます。 それほど多くの運動量は必要としませんが、遊ぶことが好きなので引っ張り合いやボール運動などがおすすめです。 チワマルは甘えん坊で飼い主が大好きなので、積極的にコミュニケーションを図ってあげてください。 子犬の頃からさまざまな場所に連れて行き社会化ができると、どこに連れて行っても怖がらない子に育ち、一緒に外出するのも楽しくなりますよ。

次の

チワマルの性格の特徴:完璧な容姿といい子を育てる方法

マルチワ 飼いやすさ

さて、以上の事を踏まえてマルプーに話を戻したいと思います。 ミックス犬の多くがそうであるように、マルプーも個体差や親の性格に影響を受ける事が大きいです。 一般的には、トイプードルとマルチーズの賢さを受け継いでおり、 しつけやトレーニングがしやすい犬種と言われています。 性格 性格は 従順・温厚・愛情深く、総じて優しい性格をしています。 ただ、両親ともに甘えん坊な面が強いので、日頃から毅然とした態度で接しないと、 わがままで神経質な性格になる可能性もあります。 サイズ マルプーは小型犬に分類されます。 前述の通り、 トイプードルもマルチーズも3〜4kg前後の犬種なので、両親のどちらに似ても、サイズはそう変わりません。 被毛 被毛ももちろん、両親の遺伝子を引き継ぎます。 マルチーズのようにストレートに近いさらさらヘアーの子もいれば、トイプードルのようにクリクリヘアーになる子もいます。 色も、真っ白な子もいれば、アプリコットカラーの子もいます。 また、しっぽの一部だけ白いなど、部分によって色が違っている子もいます。 生後2か月目で我が家にやってきました。 当時の体重は0. 7kgと、とても小柄でした。 大きさは、350mlの缶ビール1. 5本程度(18cm程度)で、片手にすっぽり収まるほどです。 被毛に関しては、お父さんのアプリコットカラーを受け継ぎつつ、毛質はお母さんのストレートで柔らかい毛をしています。 顔もトイプードルの面長な顔ではなく、 マズルが短く全体的に丸みを帯びた頭の形なので、マルチーズに近いかなと感じています。 ただ、 クリッとしたアーモンド型の目などは、トイプードルの雰囲気に近いです。 性格に関して言うと、トイプードルのアプリコットカラーがそうであるように、 とても甘えん坊で活発。 家の中を走り回ったり、足元を付いて回って 『一緒に遊んでよ!』と甘えてきます。 ブラッシングや日頃のケアをしている最中はとても大人しく、従順です。 一度、ゲージに入れれば、大人しくベッドに入ります。 朝方、『出してよー』とクンクンと鳴いている事は多いですが、きっとそれはまだ赤ちゃんだからかなと思っています。

次の