サーナイト タイプ。 【パズドラ】サーナイトアイの評価!超覚醒と潜在覚醒のおすすめ

サーナイト育成論

サーナイト タイプ

1708 攻撃種族値 No. 1 は「サーナイト」 攻撃種族値 No. 1 は 「サーナイト」で 237、No. 2 は 「トゲキッス」で 225 です。 決して低くはありませんが、他のタイプのポケモンでは最高攻撃種族値が 240 を超えてくるので、 「フェアリー」タイプは攻撃面では物足りなさを感じます。 フェアリータイプのポケモン自体が少ない 順位の下のほうを見てみると、「トゲチック」など進化前のポケモンが出てきています。 これは、 「フェアリー」タイプを持つポケモン自体が少ないことを示しています。 「サーナイト」や「トゲキッス」は種族値が高めですが、それ以外の種族値が高いポケモンは多くなく、その分「フェアリー」タイプの攻撃種族値が高いポケモンも少なくなっています。 優秀わざ構成ランキング 相手に多くのダメージを与えるには、 攻撃種族値だけでなく 覚えるわざも重要です。 ジムバトル・レイドバトルにおける、 攻撃種族値に覚えるわざの性能を加えた トップ10 一覧です。 2ゲージわざで威力も高めの 「マジカルシャイン」と 「じゃれつく」が、「フェアリー」タイプ技ではおすすめです。 攻撃種族値も高い「サーナイト」と「トゲキッス」がこの「マジカルシャイン」を覚えるため、わざ構成を考慮したランキングでも上位に入っています。 ノーマルアタックは「あまえる」のみ 「フェアリー」タイプの ノーマルアタック(通常技/技1)は「あまえる」しか存在しません。 そのため、ノーマルアタックも「フェアリー」タイプ技として統一させて相手をガンガン攻めるには、 この 「あまえる」を覚えているかどうかがキーポイントになります。 391 「トゲキッス」はタイプ弱点多め 「フェアリー」タイプ単体では弱点が「どく」と「はがね」タイプのみで優秀な部類に入りますが、 「トゲキッス」は「ひこう」タイプが入るため、加えて「いわ」「こおり」「でんき」も入り 合計5つのタイプが弱点となります。 弱点が多くなると、相手のこうげきに効果抜群を取られるケースが増えてくるので要注意です。 ジム・レイドバトルアタッカー総合おすすめランキング 当サイトの独断ですが、 これまでの内容を考慮した 「フェアリー」タイプのジムバトル/レイドバトルにおける総合おすすめランキングを発表します! レイドバトルで「フェアリータイプだけど全て異なるポケモン」でバトルパーティを作りたい場合の参考として、トップ6 までをご紹介しています。 1位:サーナイト.

次の

サーナイト (さーないと)とは【ピクシブ百科事典】

サーナイト タイプ

・レイドバトルで入手できる。 ・エスパー技に注意。 ・耐久力が高め。 ・サーナイトの攻撃を等倍で受けられる。 ・サーナイトの攻撃をいまひとつで受けられる。 ・アメがやや集めにくい。 ・耐久性能が高い。 ・進化にアイテムが必要。 ・はがねが効果バツグン。 ・進化にアイテムが必要。 ・サーナイトの攻撃を等倍で受けられる。 ・アメが集めにくい。 ・サーナイトの攻撃を等倍で受けられる。 ・アメが集めにくい。 作りやすさ【難しい】.

次の

サーナイト|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

サーナイト タイプ

/同じ『せいかく』の野生のポケモンと出会いやすくなる。 場に出た時、相手と同じ特性になる。 相手が2体いる場合はランダムにどちらかの特性が選ばれる。 相手の特性が『ARシステム』『イリュージョン』『かがくのちから』『かわりもの』『きずなへんげ』『ぎょぐん』『スワームチェンジ』『ぜったいねむり』『ダルマモード』『てんきや』『トレース』『ばけのかわ』『バトルスイッチ』『フラワーギフト』『マルチタイプ』『リミットシールド』『レシーバー』の場合は効果がなく、相手が別の特性のポケモンとなった時に発動する。 通常攻撃。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 すでに状態異常の場合は回復しない。 道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 通常攻撃。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 手持ちのポケモンと入れ替わる。 第7世代までは、野生のポケモンとの戦闘を終了する効果だった Lv. 特性『ちょすい』『よびみず』の味方は特性が発動するため、この技の効果は無効。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。 ダブルバトルで味方に使うと良い Lv. 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 投げつけた道具はなくなる。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 もう1度使用すると元に戻る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 すでに状態異常の場合は回復しない。 道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、相手 味方は含まない の先制技を受けなくなり、また『エスパー』タイプの技の威力が1. 3倍になる 第7世代までは1. 道具『サイコシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 変化技を使えなくする レコ. 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 ダイマックスしている相手には無効。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 通常攻撃。 ダイマックスしている相手には効果がない。 第7世代以降は、連続で使うと必ず失敗する。 自分が場を離れると効果は消える。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 5倍になり フィールドの1. 3倍の効果もさらに加わる 、また相手全体を攻撃する その時ダブルバトルではダメージは0. 75倍。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 場の状態が『ミストフィールド』で、自分が『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではなく地面にいる時、威力が1. 5倍になる。 攻撃が当たる度に威力が20ずつ増える。 17 XY〜DPt ,キルリア:Lv. 17 XY〜DPt ,ラルトス:Lv. [Lv. 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 ダイマックスしている相手には無効。 道具を持っている場合は失敗する。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分と同じ『タイプ』のポケモン全員にダメージを与える。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 音系の技。 味方が『みがわり』状態でも効果が発生する。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。

次の