あいつ死ぬわ。 【ネタバレ感想】「青と僕」最終回|あいつが死んだ本当の理由

死ぬわアイツ (しぬわあいつ)とは【ピクシブ百科事典】

あいつ死ぬわ

ティーチ「笑われていこうじゃねぇか!」 ルフィとティーチのファーストコンタクトはモックタウンの酒場で二人がチェリーパイを食べる場面で、同じものを飲食した二人の反応は、 ルフィ 「このチェリーパイは、死ぬほどマズイな」 黒ひげ 「このチェリーパイは、死ぬほどウメェな」 ルフィ 「このドリンクは、死ぬほどうウメェな」 黒ひげ 「このドリンクは、死ぬほどマズイな」 というもの。 ルフィは王道(人徳を持つ英雄の道)を進み、 黒ひげは覇道(暴力による支配の道)を進む。 黒ひげが闇の引力なら、ルフィは出会う者を 次々と味方に取り込んでいく、光り輝く太陽。 さて、一部のファンの間で 「あいつじゃねぇ」「あいつらだ」というセリフについて考察が為されています。 まず、オリジナルのセリフは次の通り。 黒ひげ「行けるといいな、空島へよ」 「ゼハハハハハ」 ナミ「ねえ、 あいつ空島について 何か知ってのかも・・何者かしら」 ルフィ「さぁ・・・それにあいつじゃねェ」 ナミ「?あいつじゃない? じゃ、なに?」 ゾロ「あいつらだ、たぶんな」 ナミ「どういう事よ? 今の奴に仲間がいたの? どこに!?」 「あいつら」を指すものとして次の4種類が代表的です。 まず、このやり取りについて考察します。 1.なぜこのセリフに数コマも使う必要があるのか? 優れた映画には、何気ない挿絵などのワンカットやほんの数秒の一コマにも意味があるケースが多いです。 ワンピースのストーリーの緻密さは言うまでもありませんが、このシーンはワンピースの中でも特に重要で、後に誰もが読み返す事になる、と言っていいほど、意味を持つ内容です。 無意味なコマが出てくるわけがありません。 黒ひげに仲間がいることを、わざわざ数コマを使って意味深に示す必要はないと考えます。 また、以下に示す言い回しや、ルフィの表情、セリフの無いシーンなどにも特別な意味が込められていると推測します。 黒ひげの不気味な雰囲気を察知し、無言で黒ひげを見つめ、不気味な雰囲気の正体(多重人格)を観察しているのではないでしょうか? 2.ルフィが「あいつ」を強調する様子 もし、答えが 1 , 2 , 3 の場合、( 空島を知っているのは)「 あいつだけじゃねぇ」または「 あいつ一人じゃねぇ」の方が自然です。 あえて強調して「 あいつじゃねぇ」はどう考えても不自然です。 3.ルフィと分かり合えないナミのセリフ ナミの「仲間がいたの?」というセリフに対して、ルフィとゾロは無言のまま。 上述したベラミーとのケンカに関する次のシーンを思い返してみてください。 日頃から暴れたくてしかたがないルフィに対して、 「ケンカしないように誓いなさい」とナミ。 ベラミーに夢を笑われた後は、 「このケンカは絶対に買うな」というルフィと、 「なんでやり返さなかったのよ!」とナミ。 ルフィは無言のまま、ケンカを買わない理由、やり返さない理由を答えませんでした。 ナミには可哀想ですが「お前に言っても、理解されないだろう」このような心情だったのではないでしょうか。 ルフィの信念をナミは感じ取ることができず、理解できない。 かみ合わず、分かり合えない。 この前提で、次のセリフを見てみます。 ナミ「ねえ・・あいつ空島について 何か知ってのかも・・何者かしら」 ルフィ「さぁ・・それに あいつじゃねェ」 (空島について知っているかどうかは 重要じゃない。 黒ひげが一人の人間ではない(多重人格、複数人が内在)という説は、他の方の考察も含みますが、次のような裏付けがあります。

次の

死ぬわアイツ (しぬわあいつ)とは【ピクシブ百科事典】

あいつ死ぬわ

〈ぼく〉(井之脇海)は、〈あいつ〉の母親ルリコ(霧島れいか)に自分の心ない言葉が〈あいつ〉を自殺に追いやったのだと告白し、謝罪する。 詩織(池田エライザ)もまた、高校時代に〈あいつ〉の絵を密かに塗りつぶしたことを告白。 ルリコは詩織に一冊のスケッチブックを手渡す。 そこには、〈あいつ〉が描きためた詩織のスケッチが並んでいた。 自分に嫌気がさした〈ぼく〉は〈あいつ〉のLINEに「俺、そっち行ってもいいかな」とメッセージを送る。 そのメッセージを受け取ったのは詩織だった。 詩織は〈あいつ〉の自宅へと向かう。 〈ぼく〉は〈あいつ〉が飛び降りたと思われる屋上の金網によじのぼる。 雨が降り出し、見ると屋上の床一面に〈あいつ〉が描いたと思われるクジラの絵が。 〈あいつ〉が死ぬ直前に送ったメッセージの「見せたいもの」とは、この絵のことだったのだと気づく〈ぼく〉。 〈あいつ〉の死は自殺ではなく、事故だった。 雨の中、詩織がやってきて〈ぼく〉を抱き締める。 雨が上がり夜が明け、2人は〈あいつ〉の絵を見ながらタバコを吸う。 〈ぼく〉にはいつもと同じ日常が戻ってくるが、表情は晴れやかだった。 〈ぼく〉と詩織が夜明けの空の下でタバコを吸うシーンが最高でした。 そして〈あいつ〉の死が自殺じゃなくてホッとした。 死んだことにかわりはないし、お母さんにすれば、バランス崩して落ちたのだってやりきれないだろうけど。 でも「いつ死ぬかわからない」が口癖だった〈あいつ〉らしいというか。 屋上に描いたクジラの絵。 あの日、〈あいつ〉はそれを〈ぼく〉に見せようとしたんですね。 〈あいつ〉の死が自殺か事故か今日までわからなかったのは、この絵が誰にも見つからなかったから。 あの文化祭の看板と同じように、水に濡れたら浮かび上がる仕掛けになってたんだろうね。 見つけてあげられてよかった。 「通勤時間とかムダだしな」なんて、通勤の苦労もしたことない人にサラッと言われたら、わたしもたぶんムッとしてしまう。 そんなこと、自分がいちばんよくわかっているのだ。 でも、働かなきゃいけなくて、生きていかなきゃいけなくて、嫌なことも辛いことも必要だと無理やり納得させて、どうにかこうにか毎日乗り越えているのだ。 そして〈ぼく〉にとって〈あいつ〉は、八つ当たりできる=甘えられる存在だったのだと思う。 どうしようもなく鈍感な〈ぼく〉は、きっとこれからもたくさんの人を傷つけるだろう。 だけど、傷つき、痛みを知った彼の顔は、第1話とは別人のように見えた。 「忘れるなんて許さない」 「俺、殺されたんだ」 これ、詩織が送ってたのか……。 うーん。 詩織の気持ち、全くわからないわけではないけど、共感はしづらいなぁ。 わたしの学生時代は、青春とも恋愛とも無縁だったから。 でも池田エライザさんの演技には引き込まれました。 共感はできなかったど、詩織のことを嫌いにはなれなかった。 こういうドラマは本当に見ていて楽しいし、心が満たされます。

次の

【速報】オイオイオイ死ぬぜあいつ炭酸抜きコーラですか!実写化wwwwwwwwwwww

あいつ死ぬわ

悪魔のようなあいつ-全話解説 全話解説 第1回 「クラブ日蝕」の専属歌手沢田研二は表向きは歌手、裏では高級コールボーイをやって 生計をたてている青年である。 そんな彼は二つの秘密を抱えていた。 一つはグリオプラズトマという脳の病気を患っており いつ気が狂って死ぬかわからない身体であること。 あと一つはあと187日で時効を迎える 希代の怪事件「三億円事件」の犯人であるという事である。 そんな彼の回りに付きまとう影。 ある日沢田は、自分をつけていた昔のバイト先の社長 荒木一郎の妻こと安田道代に気付き恫喝と暴力とレイプで応戦。 道代をも手なずける事に成功。 そんな中自分をつけまわすもう一つの正体に気付く。 そのオヤジの正体は三億円事件を執拗に 追い続ける刑事、若山富三郎であった。 不穏な空気が漂いはじめる日常。 加速する設定。 沢田につっかかりひとすらクダを巻き続ける。 谷口世津のシャッグス並の「ひなげしの花」は衝撃的。 沢田は森進一のモノマネ等を 無理矢理やらされていい加減キレかけるが、若山がその場を納めて、突如三億円事件の講議を 店内でおっぱじめる。 「最初の連続企業脅迫とその後の脅迫&三億円事件、この二つの犯行は別の人間が行ったもの」 とのこと。 いいのかこんな所でそんな話をして… そんなこんなで若山はバイク屋荒木一郎にも迫る。 拷問&拷問&拷問!昔の警察はコワイなあ……今なら人権侵害で訴えられるぞ。 荒木も三億円犯人は沢田ではないかと疑っていたのだった… 「手を組んで山分けにしないか…」と沢田に迫るもはぐらかされて撃沈。 第3回 自分の病状のヒドさを自覚しはじめた沢田はカルテにかかれていた文字の正体を 探り始める。 手始めに沢田は医者の金田龍之介をカレーうどんで拷問して真実を聞き出す。 そして「あと半年、長くて1年」の命を宣告される。 電車(しかもセット)の中で「俺、もう死ぬんだ」と女子高生やら客やらをシバきまくり 半狂乱になるが誰も彼に近付いたり声をかけたりするものはない…さびしいのお… より一層荒れる沢田。 そんな彼に唯一声をかけたのは仏教系新興宗教の信者である加藤治子 だけであった… 力いっぱいむなしくなった沢田は以前自分を買った事のある那智わたるに再度買われに いくことで気をまぎらわそうとするも失敗。 「何億あっても買えないものがある……人の気持ちと命」とつぶやき数十万円相当の金を 便所に流し、那智わたるに暴力の洗礼をふるまうのだった。 そんな暴力重視の沢田にも入院中の妹三木聖子には甘く、「もう死にたい」とぬかす聖子にも 「人の事も知らないでしょうも無い事ぬかすなこのクソバカ女が!」 等とはいわず、やはりやさしく接するのであった。 そんな彼を付け回してる影の正体は……… やっぱり若山富三郎であった。 第4回 若山は勝手に沢田の部屋を荒らして金の在り処を探ろうとするが失敗。 三木聖子が一時退院の為、看護婦の篠ヒロコとともに家にいた。 「家を荒らしたのは自分」と喧嘩を売ってくる若山に沢田は「状況証拠をだせ」 と挑発。 そんな中車イスにかくしている万札に気付いたヒロコを沢田は色仕掛けで トリコにして黙らせる。 皆が帰ったあと沢田は車イスから万札を引きずり出し ベッドの上にならべてぼんやりと嬉しそうに眺めていたのであった………… 第5回 色仕掛けでトリコにしたヒロコとの関係に気付きつつある聖子。 さらに突然引っ越してきた 紙芝居屋のオヤジもその関係を覗いていた。 緊迫する人間関係。 一方荒木のところでは道代にようやく子供が出来たと喜びに溢れていた。 だがその子供の父親は沢田であるのでちょっと戸惑う道代。 荒木は喜びながらも不安な事があった。 それはつもりつもったバクチの借金である。 しかも借り主はヤクザ。 その取り立てはきびしいものがあった。 店の権利書を渡せと迫るオカマヤクザ伊東四郎。 長髪の感じがてんぷくトリオの時と同じ。 顔色を変えた藤達也。 さっさと万札をライターで燃やす。 燃え尽きる寸前その札を奪いとろうとする若山。 しかしもはや万札は灰になってしまっていた…… 第6回 伊東は荒木への取り立てを強化。 追い詰められた荒木は敗者復活戦を望むが マージャンは弱いのかバクチに向いてないのか撃沈。 逃げをうとうとする荒木は 沢田が三億円犯人である事をチクる。 三木聖子に拷問を加えて口を割らせようとする伊東。 間一髪駆け付けた沢田に表に連れ出されナイフでさされて血まみれ……… 「死ぬのは怖いか?」ビビる伊東。 止めに入った達也。 「俺にちょっかい出すとあんたでも容赦しない」と告げる沢田。 「そんなにして守りたいものって何だ?金か?三億円か?」と叫ぶ達也。 「青春さ。 俺のたった一つの夢さ」二人に激しい雨が降り続けた。 この時点でとうとう脚本が原作を追いこしてしまい オリジナルドラマとして尚一層暴走をはじめるのであった……… 第7回 足の悪い三木聖子の手術が出来るというドイツの医師が登場。 金に細かいので 前金でキッチリ払わないと手術しないとのこと。 金額は200万。 自宅の鏡の裏に隠した三億円を持ち出して現実から逃避する自分を夢想する沢田。 「どこへ行くんだ?天国か?地獄か?」 7年前、三億円を強奪する計画をたて、それを実行した自分の過去を思い出していた。 警官の服は実はPYGからのつき合いのある大口ヒロシから譲り受けたものであった事、 ペンキを塗ってニセの白バイを作った事などを色々夢想していた。 一方伊東は藤達也を呼び出して金をゆする。 一体どこまで事実を知っているのか 伊東四郎にカマをかけたが、沢田の命はもう短い事を聞かされてエキセントリックに 逆上する藤達也。 伊東四郎は隠しもっていたドスで一気に刺し殺された………… 第8回 前回ドスで刺し殺した伊東四郎をコンクリで重しをつけてセットの海に沈めた藤達也は 病状の本当の所を沢田に問いただすが、もはや沢田からは死への恐怖はなくなっていた。 モーホーのテーマが流れて気持が切なくなる藤達也。 一方200万の金を藤達也に借りようとした沢田を妨害しようとする若山は手始めに 金持ちの藤&那智を留置場にブチ込み金を預かったデイブ平尾をシバき倒して金を奪い 退路を断つ計画に出る。 金を使わせてナンバーの控えてある札を発見しようという魂胆である。 白バイにのったバイカー姿の若山…ちょっとカッコいいかも。 あの身体でトンボが切れるという本格派のアクションスターでもある若山先生 (実の娘にも先生と呼ばせてたらしい…)は本格的に沢田に追い込みをかける。 とうとう追い詰められた沢田は……… 第9回 「とうとう沢田を追い込んだので今日逮捕する」と意気まく若山先生。 沢田は隠していた金を帽子に詰めカケに出た。 病院へいくとそこには若山が変装して隣のベッドに寝ていた。 ヤバイと感じた沢田は「金は出来なかった」と誤魔化すが、 三木聖子に「銀行強盗でもやって金作ってこい」となじられる。 そこに警察幹部を強請って出所した藤が金を持ってきて一件落着。 ガックリきた若山先生はおでん屋でヤケ酒をあおるのであった……… 第10回 で、カックリ来た若山先生は荒木をそそのかして三木聖子を誘拐して金を出させる手段にでる。 オカマヤクザ伊東四郎亡きあと登場したのは岸部修三と高田光泰のコミカルヤクザであった。 あまりにうっとうしい取り立てに若山先生は店先で拳銃を発砲(無茶だ!) 荒木の家にまんまと居座ることに成功した。 誘拐作戦を実行するも沢田は安田道代を逆誘拐して対抗。 彼等の作戦は失敗した。 しかしその夜、沢田の家の三億円は誰かに盗まれていた。 一体誰が…………? 第11回 8月15日。 敗戦記念日「誰なんだ、俺の青春を盗ったやつは…?」 一時気を取り直した沢田は犯人探しを始める。 表を作って順に調べはじめるが該当者なし。 篠ヒロコを締め上げるが 沢田に疑われたショックで自殺を敢行。 半分嫌がらせのように沢田の家の風呂で手首を切るのであった… 第12回 間一髪のところで助かった篠ヒロコは強奪犯人ではなく、実は安田道代こそが犯人であった ことが判明。 追い詰める沢田。 拷問の末、金は流しの下に隠してある事は突き止めたものの 安田は死ぬ寸前の重症。 しかも家には若山先生が居座ってる。 なおも口封じの為病院に乗り込んで迄道代を殺そうと する沢田。 正に悪魔のようなあいつの題名に相応しい行動に出るがそんなことをしてる場合で ないことに気付く。 そこで荒木を呼び出して、手薄な家に忍び込み三億円奪還を計ろうとするが若山先生に 見つかって失敗。 店先で銃撃戦がおっぱじまる。 どうにか藤達也のフォローで沢田は金の奪還に成功。 ところが最後に沢田はひとりで金を持って逃走する。 「こいつはもう金以上のものなんだよ……」外には激しい雨が降っていた。 第13回 モップスの「たどりついたら何時も雨ふり」を聞きながら逃走し、密入国手配師の中国人 細川俊之のもとに転がりこむ沢田。 しばらく簡易ホテルに身を隠すが警察が来たので 突発的に逃亡。 ケガと風邪で熱を出す沢田。 そんな彼を助けたのはダルマ船に住んでた知恵遅れの関根世津子であった。 どうにか出国時間まで寝かせてもらうが病気が悪化し、沢田はとうとう記憶喪失に…… 以外と近所に潜伏している事に気付いた藤達也は細川をしばき上げて居所を吐かせようとするが 一方沢田の身体の具合はそれどころではなかった…… 第14回 沢田は自分の名前すらすっかり忘れていた。 そんな彼も何かは知らんが用事がある事だけは 思い出して関根と外へ出かけるが族のバイクに因縁つけられる羽目に陥る。 関根ははね飛ばされて、沢田は族に連れていかれた。 翌朝アパートに兄の細川が登場。 細川は沢田を騙して関根のダルマ船に隠した金を強奪する事を 画策、関根を殺害し金を奪う。 一方関根殺しの参考人として呼ばれた藤達也は族狩りにひっかかって連行される沢田を 偶然警察署内で発見。 ところが沢田は藤達也の事等何も覚えていなかった…… 第15回 沢田の身元引き受け人として藤達也は沢田を連れ帰るが、医者に見せた所、沢田は完全に 記憶喪失になっていた。 荒木は隙をみて沢田を連れ出す。 病院に連れていったり、 実家に連れていったりしても何も思い出さない沢田。 業を煮やした荒木は沢田をデパートの「三億円事件展」に連れて行く。 突如、会場から逃走する沢田。 クラブ日蝕でヒット曲「時の過ぎ行くままに」を歌ったあと ギターを叩き壊す沢田。 「俺は全てを思い出している。 俺は沢田研二。 28歳。 三億円事件の 犯人だ!」そんな中、店にヤクザとともにやってきた尾崎は沢田にショックを与えて記憶を 取り戻さそうとする。 「動機は何だ!金か?銭か??」サンドバッグの様にタコ殴りにされている 沢田。 しかし突如隠しもったナイフで反撃「怒りだよ、よくわからない怒りってやつだよ」 尾崎は腹を刺されてしまいましたとさ。 第16回 記憶を取り戻した沢田は関根のダルマ船に向かうが金は盗られていた。 細川の元を訪れる沢田。 再度金を強奪するが、その足で何者かに金を奪われて倉庫に監禁される。 金は藤達也がヤバい札を照合するために強奪したのだが、悪い事にヤバイ札が無くなっていた。 逃走しようとする沢田は一同を呼び寄せ乱闘を仕組む。 乱闘の末、再度藤達也が細川をドスで刺殺。 またもや重しをつけてセットの海に沈める始末とあいなった。 金の行方はいずれとしてわからず沢田は訪れた若山先生に 「つかまえるシッポがなくなったよ」と挑発する。 とうとう鼻血が出まくるようになりいよいよ病気もヒートアップ! 「俺とお前の戦いに決着が着くまでは死ぬなよ」といいのこして立ち去る若山先生。 家に帰ると篠ヒロコが待っていた。 クスリを飲ませて心中しようという腹づもりであった… 気付いた沢田はクスリを飲まず、ヒロコだけが死んでしまうという悲惨な結果に… 「俺はまだ死ぬわけにはいかないんだ…」 第17回.

次の