マジョルカ セビージャ。 現地メディアがマジョルカVSセビージャのスタメン予想 久保建英はベンチに

久保建英はなぜ低調だったのか? ビルバオによる新たな守り方と孤立したマジョルカの右サイド

マジョルカ セビージャ

名称 [ ] 名称はで「大きな島」を意味するinsula maiorに由来し、後に「大きなほう」を意味するMaioricaとなった。 さらにでMaiorca、Mayorcaとなったが、という発音現象によってMallorcaと綴りが変わって現在に至る。 一方で、の名称はマヨルカ島と比較して「小さなほう」を意味するMinorcaに由来する。 英語ではMajorca(マジョルカ, または )、イタリア語ではMaiorca(マヨルカ)、フランス語ではMajorque(マジョルク)。 古称はマヨール島 Major。 の語源という説もある。 地理 [ ] 概要・位置 [ ] 地形図 マヨルカ島は西部のにあるを構成する島であり 、スペイン本土から見て東側に位置している。 面積は3,640. 11km 2であり 、バレアレス諸島ではもっとも大きく、日本のの約3倍である。 2012年の人口は869,000人である。 地中海の島嶼の中では面積は中規模であるとされるが、地中海における面積第3位のに匹敵する人口を持つ。 地中海の主要な島嶼の中ではひときわ人口密度が高く 、人口第1位のよりも高い人口密度を有する。 東西幅は96km、南北長は78kmであり、海岸線の長さは554kmである。 から見て約210km南、から見て約240km東にある。 フランスのからまでの距離は460km、アルジェリアのからパルマまでの距離は340kmである。 地理学者のオノフラ・ルリャン Onofre Rullan は、マヨルカ島を山地と平地、内陸部と沿岸部、パルマとパルマ外という3つの軸によって8つの地域に分けている。 トラムンターナ山脈 山地 [ ] 北西部のと南東部のリェバン山地という2本の山脈がマヨルカ島内を走っている。 リェバン山地は標高約500mと比較的低い山地であり、美しい農村景観を持つことからトレッキングに人気がある。 トラムンターナ山脈は南西岸から北岸にかけて90kmに渡って伸びており 、1,067km 2の面積を持つ。 イベリア半島南東部のと連続性を持ち、北にむかうほど急峻になる。 海に向かって劇的に標高が落ちるため、海岸には崖が形成されている。 トラムンターナ山脈にはマヨルカ島最高峰の 1445m があるが 、プッジ・マジョーの頂上は軍用ゾーンとなっており、民間人がアクセスできるマヨルカ島の最高地点は () 1364m である。 トラムンターナ山脈内の道路状況は貧弱であるが、山脈内の村から村に渡るための多くのハイキングコースを持ち 、その他には登山、ノルディックウォーキング、急流下りなどのスポーツを行うことができる。 山脈内の多くの地域は保護地域となっており 、2011年には「トラムンターナ山脈の文化的景観」がの()に登録された。 山脈はで構成されており、その浸食作用によって洞窟、湧き水、急流を形成 、約700の湧水場がある。 湾・平原・属島 [ ] 北岸にある入江 マヨルカ島北東部には湾と湾があり、南西部にはがある。 ポリェンサ湾はトラムンターナ山脈の北端部に囲まれており、アルクーディア湾はリェバン山地の北端部の先にある。 洞窟や小規模な入江はマヨルカ島の観光資源であり、それらは主に東岸に位置している。 マヨルカ島の中央部には肥沃なマヨルカ平原が広がっており、動植物の豊かさで知られている。 典型的な植物は、、などの樹木である。 やの栽培など、島の農業の大部分はこの平原で行われている。 南岸はマヨルカ島の中でも乾燥して岩がちな地域であり、エス・ミグジョルンと呼ばれている。 エス・ミグジョルンと2つの山地は島の中央部にある肥沃なマヨルカ平原を取り囲んでいる。 マヨルカ島の沖合にあるすべての小島は行政的にパルマに属している。 東南岸にある無人島のは ()に指定されており、西岸にある無人島のも保護地域となっている。 マヨルカ島にあるその他の特徴的な地形には、アルファビア山地、アス・クルナドルス、フルマントール岬などがある。 周辺海域 [ ] バレアレス海の範囲 とバレアレス諸島の間の海域はと呼ばれ、その最大水深は2,065mである。 の沖合約50km、バレアレス海南西部には無人島のがあるものの、その他に島や浅瀬は存在しない。 イベリア半島の沿岸部から20-65kmの範囲にが広がり、水深がもっとも深いのは中央部である。 バレアレス海の主要な港湾都市はスペイン本土のや、マヨルカ島のパルマなどである。 地中海西部には長さ900km、幅200kmに渡って平坦な海底があり、この平均水深2,000-3,000m、最大水深3,150mの海底はバレアレス深海平原と呼ばれる。 その東端はフランスのとイタリアの、南端はアフリカ大陸の、北西端はスペインのバレアレス諸島であり、フランス本土の沖合はバレアレス深海平原には含まれない。 フランスのやアルジェリア北岸のから多くの堆積物が供給される。 地質 [ ] マヨルカ島の平原や山地は主に後期()に形成されたとされ 、バレアレス諸島は150万年前()に形成されたとされる。 この平原や山地は南西から北東方向に連続性を持ち、イベリア半島南東部のと連続性を持つ。 マヨルカ島の地質はほぼ完全にからなり 、石灰岩は強力な浸食作用で峡谷や洞窟を形成している。 もともと降水量に乏しい地中海性気候に高透過性の石灰岩が組み合わさっているため、大半の河川はすぐに水流が途絶える。 マヨルカ島内には一年を通じて水を湛えている河川は存在せず、淡水資源の大部分は地下水が占めている。 雨水は石灰岩を透過して地下水となるため、マヨルカ島に池や湖は少ない。 地下水に極度に依存しているという点で特筆すべき地中海地域の島嶼であるとされる。 気候 [ ] マヨルカ島の気候は典型的なであり 、ではCsaに分類される。 特に降水は季節性が顕著である。 冬季には低気圧の中緯度偏西風ベルトの影響で大雨が降ることもあり、偏西風ベルトが高緯度に移動する夏季には高気圧の亜熱帯ベルトの影響を強く受け、乾燥した暑い気候となる。 この結果、年降水量の大半は秋季と冬季に集中し、もっとも降水量の多い時期は10月から12月である。 年降水量は地域的な差異が大きく、南東部ではわずか300mmであるのに対して、そこから100kmも離れていない北西部のトラムンターナ山脈では1,200mmとなる。 平原は暑い夏季と穏やかで涼しい冬季を持つが、冬季のトラムンターナ山脈は平原より温度が低くなり、しばしば降雪も見られる。 平地では年間300日以上が好天日とされており、古くから「地中海の楽園」と呼ばれる。 冬季の日中の気温は摂氏10-15度と穏やかであるが、夜間には摂氏10-5度まで下がる。 夏季の気温は摂氏約27度であり、最高気温は摂氏30-32度である。 パルマの年平均気温(摂氏17. 9度)は日本のとほぼ等しいが、年間の気温較差は鹿児島市と比較して遥かに少ない。 海水の温度は夏季の8月が摂氏25度、冬季の1月・2月が摂氏16度である。 冬季から春季には強風が吹く。 南東風のはの砂漠からマヨルカ島に赤砂を運ぶ。 トラムンターナ山脈はマヨルカ島を北風から守っており、マヨルカ島の気候を決定づけている。 2 59. 4 15. 7 60. 3 17. 1 62. 8 18. 7 65. 7 22. 1 71. 8 25. 9 78. 6 29. 9 85. 8 30. 5 86. 9 28. 1 82. 6 23. 4 74. 1 19. 2 66. 6 16. 5 61. 7 21. 6 70. 7 53. 1 12. 1 53. 8 13. 3 55. 9 15. 0 59 18. 4 65. 1 22. 1 71. 8 25. 1 77. 2 25. 9 78. 6 23. 4 74. 1 19. 7 67. 5 15. 7 60. 3 13. 0 55. 4 17. 9 64. 3 46. 9 8. 5 47. 3 9. 5 49. 1 11. 3 52. 3 14. 7 58. 5 18. 4 65. 1 21. 3 70. 3 22. 2 72 19. 8 67. 6 16. 1 61 12. 1 53. 8 9. 7 49. 5 14. 3 57. 7 mm inch 43 1. 69 34 1. 34 26 1. 02 43 1. 69 30 1. 18 11 0. 43 5 0. 2 17 0. 67 39 1. 54 68 2. 68 58 2. 28 45 1. 77 427 16. マヨルカ島を含むは集居人口が多く、イビサ島などのは散居人口が多かった。 マヨルカ島の2006年の人口は790,763人、2012年の人口は869,000人であり、今日でも早いペースで人口が増加している。 のと、バレアレス諸島のマヨルカ島と、スペインには3つの規模が大きな島があり、それぞれ80-90万人の人口を有している。 マヨルカ島はバレアレス諸島でもっとも人口が多い島である。 バレアレス諸島全体の面積は4,992km 、2007年のバレアレス諸島全体の人口は103万人であり 、マヨルカ島はその面積で諸島全体の72. マヨルカ島内でもっとも人口が多い自治体はであり、パルマに隣接する、東部の中心都市であるがパルマに続いている。 マヨルカ島の主な自治体 自治体 人口(人) 所在地 1 427,973 () 2 50,363 () 3 40,264 東部 4 35,521 () 5 34,602 () 6 30,625 中央部 7 19,768 北部 8 17,291 東部 9 16,088 北部 パルマ [ ] 詳細は「」を参照 マヨルカ島の主都であるは、先史時代の集落の遺跡( ())の上にローマ人が築いた野営地が基礎になっている。 ローマ人はその集落を「パルマリア」と呼んだ。 の崩壊時にはがパルマリアに何度も略奪行為を加えた。 パルマリアの支配者はその後、、、、、などと変遷した。 スペインの民主化後の1983年にが設置されると、パルマが自治州都となった。 マヨルカ島の南東沖にある(無人島)も行政的にはマヨルカ島評議会の一部であり、パルマの自治体域に含まれている。 1857年時点ではスペイン第9位の4. 3万人の人口を有していた。 1887年には6. 0万人(11位)、1920年には7. 7万人(12位)、1950年には13. 7万人(13位)、1970年には23. 4万人(12位)と堅実な伸びを見せ、スペインの50県都の中でも常に上位に位置した。 1991年には308,616人、2011年には405,318人となっている。 夏季には各国から観光客が集まることから、「地中海の夏の首都」と呼ばれることもある。 2008年時点ではパルマの人口の19. 国籍別の内訳は、アルゼンチンが5,682人、ボリビアが5,541人、ブルガリアが5,293人、コロンビアが5,200人、イタリアが5,142人、ドイツが4,724人、モロッコが3,397人などだった。 歴史 [ ] 先史時代 [ ] マヨルカ島にある先史時代の集落 マヨルカ島にはの紀元前6000年-紀元前4000年頃に人類が住んでいた痕跡がある。 にはを含む ()が栄え、 ()と呼ばれる埋葬場や住居の痕跡が発見されている。 マヨルカ島のタライオットの例• カンポコルブ・ベイ : 現在のの自治体域• ネクロポリ・ダ・ソン・レアル : 現在の ()の自治体域• ヌベティフォルマ・アラマニー : 現在の・マガルフ海岸• プブラット・タライオティック・ダ・シリョット : 現在のの自治体域• プブラット・タライオティック・ダ・ソン・フルネス : 現在の ()の自治体域• サ・カノーバ・ダ・ムレイ : 現在のの自治体域• セス・パイッセス : 現在のアルターの自治体域• セス・タライアス・ダ・カン・ジョルディ : 現在のの自治体域• ススピタレット・ベイ : 現在の の自治体域 古代 [ ] カルタゴ時代 [ ] ローマ時代の投石兵 初めてマヨルカ島に植民を行ったのは、紀元前8世紀頃に(東部地中海沿岸地方)からやってきて多数のコロニーを築いた航海民族の人であり、マヨルカ島は主要なフェニキア都市となっていた北アフリカのの統制下に入った。 紀元前700年から紀元前145年のバレアレス諸島はフェニキア人によって支配され 、マヨルカ島にやってきたフェニキア人は地中海西部で精力的に交易活動を行った。 フェニキア人の時代にバレアレス諸島の商業中心地となったのはのであり、マヨルカ島はわずかな役割を果たしたに過ぎなかったが、で投石手としてカルタゴのために戦ったマヨルカ人の存在が文献に記載されている。 バレアレス諸島の名称は「投石」を意味するの「ballerin」に由来すると指摘する歴史学者もいる。 侵略者から領土を守る唯一の防衛手段が投石だったため、マヨルカ人投石手は優れた投石技術でよく知られている。 ローマ時代 [ ] ローマ都市ポリェンティアの遺跡 バレアレス諸島地域からやってくる海賊との戦いに疲れたローマ人は、紀元前123年に率いる軍隊を送ってマヨルカ島を征服し、約550年に渡るローマ時代が幕を開けた。 バレアレス諸島が化されたのはこの2世紀のことである。 ローマ時代には北岸の ()(現在のの近く)と南岸のパルマリア(現・)という2つの都市があったとされている。 加えて、建設がローマ以前に遡る北部のボッチョリスの町は、古代ローマの連合市となった。 ローマ時代にはオリーブやブドウの栽培、岩塩の採掘などがマヨルカ島の経済を支えていた。 マヨルカ人兵士は投石の技術がローマ帝国内で評価された。 マヨルカ島もこの例に漏れないが、少なくとも中世の前半期は、いずれの勢力が支配した場合であっても島には半独立的な地位が認められた :32。 を討った将軍は、配下のアッポロニオスをバレアレス諸島に派遣し、534年前後にマヨルカ島をの版図に入れた(cf. ) :32。 以後、10世紀初頭に至るまでの500年間弱、島は名目上ビザンツ帝国領になったが、中核的な先住島民へのギリシア正教の影響は限定的であった :35。 ビザンツ人はバレアレス諸島の各島にギリシア正教の教会を建て、それぞれに司祭を派遣したが、先住島民の教化は非常にゆっくりしたものであったと見られる :39。 マヨルカ島と似たシチュエーションにあったコルシカ島とサルデーニャ島ではビザンチン時代の終わりごろでもまだ、伝統宗教()の信仰が強く残っていた :39。 20世紀末から実施されるようになったビザンツ時代のギリシア正教の教会址の考古学的調査によれば、タライオット集落、ローマ人の植民市、ヴァンダル族の集落のいずれとも重ならない位置に立地しており、先住島民とのつながりが希薄であった可能性が示唆される :39。 マヨルカ島のギリシア正教会、 ()の跡 かつてと呼ばれた北アフリカので遊牧生活を営んでいたは、8世紀より前はキリスト教などを信仰していたようであるが東方から来たによるマグリブの征服後、を受容した :80-93。 イスラーム化及びアラブ化したベルベル人であるムーア人とウマイヤ朝軍はイベリア半島を征服した :80-93。 バレアレス諸島にも707年にムスリム軍が来襲し、地元の首長が何人かまで捕虜として連行された :33。 ムスリム軍は一時期南仏まで攻めたが、789年ごろにはにまで押し戻された。 フランク王国の年代記には、を手に入れたシャルルマーニュの宮廷に、バレアレス諸島が海賊の来襲を受けているという知らせが入ったと記されている :33。 798年にマヨルカ島のキリスト教の修道会士からもたらされたこの知らせにおいて、海賊は「サラセン人とムーア人」であるとされている。 マヨルカ島はムーア人のイベリア半島征服から150年ほど後れた902年、のアミール、 ()の時代にコルドバに併合される。 マヨルカ島のコルドバへの併合の経緯は、 ()という人物が航海の途中、荒天のためやむなく島に寄港した際、島の様子を見てこれを気に入り、バレアレス諸島全体のコルドバへの編入をアミールに具申し、アミールがこれを許したとというものだったとされる。 ハウラーニーの「コンキスタ」は小規模な小競り合いだけで終了した。 ムスリムとの最初の接触があった707年から903年までを「ビザンツ=ムスリム時代」と呼ぶ研究者もいる :33。 この時代は外部のイスラーム勢力が散発的に権益を主張する一方で、ビザンツ人が優位を保つ社会構造が継続した :33。 なお、マヨルカ島はこの時代にのによる来寇も経験した(869年) :33。。 10世紀パルマに建設された跡 ハウラーニー以後のムーア人の支配者は海賊行為をよく取り締まり、島の商工業を発展させた。 政治史上は、後ウマイヤ朝がその後、という小王国群に解体・分裂することになり :80-93、マヨルカ島は1015年から ()国の一部、1087年以後は分離して ()国を形成した。 しかし、経済上は、アフリカ大陸北岸、イベリア半島、バレアレス諸島がアラブ=イスラームの文化、商習慣を共有したので、マヨルカ島では貿易が盛んになった。 ムーア人はまた、や有用作物を島に導入して農業も発展させた(cf. ())。 ターイファ時代には、コルドバ出身の博学者、がマヨルカ島を訪れ、地誌を著した。 イブン・ハズムの『マヨルカ島地誌』は、12世紀頃までのマヨルカ島の歴史を知るための一級の史料になっている。 レコンキスタ以後は商工業が停滞したので、マヨルカ島の民俗・言語・食文化などにはムーア人が支配した時代の痕跡がよく保存されている。 中世後期 [ ] マヨルカ島に遠征するカタルーニャ人を描いたゴシック調の壁画。 を描いたものか? マヨルカ島はこの点、イベリア半島とは少し異なる歴史をたどった。 ファナティックなムラービト朝もムワッヒド朝も半島より遅れてマヨルカ島を支配下に入れ、しかもその支配はずっと緩やかであった。 マヨルカ島が半島より100年遅れで宗教的にファナティックなムラービト朝の支配下に入ったきっかけは、カトリック勢力の武力攻撃である。 マヨルカ島の繁栄はの襲撃をひきつけることにもつながった。 1114年にバルセロナ伯 ()を盟主とした群、、等が連合して (、)を行った。 カトリック連合軍は、イビサ島とマヨルカ島の主都マディーナ・マユールカーを8箇月間包囲した後、交渉の末得た戦利品に満足し、マヨルカ島を占領することなく帰った。 マヨルカのターイファはの政権を頼り、マヨルカ島は1116年にムラービト朝の勢力圏内に入った。 以後の120年ほどの間、マヨルカ島には ()という地方代官が置かれ、ワーリーによる半自律的な統治が行われた。 ワーリーは、ムラービト朝を興した ()の一支族、 ()により世襲された。 アンダルスとマグリブの政権が1144年ごろに交替した後はバヌー・ガーニーヤが中央の支配を受けず自立した。 ()がマヨルカ島を治めた1152年から1185年までの時代は特に繁栄の時代として知られている。 ムーア人やアラブ人にはアラビア語でマディーナ・マユールカーと呼ばれた島の主都は、12世紀終わりごろには人口35,000を数えるようになり、人口規模で見ると当時のバルセロナやロンドンと同等の、西ヨーロッパ有数の大都市であった。 マディーナは12の街区に分けられ、地中海によく見られる迷宮都市の様相を呈した。 また、ムーア人の支配者は被征服民の信仰については自由に任せたため(改宗させると人頭税を徴収できないため)、マディーナには国際都市の雰囲気が漂った。 なお、マヨルカ島繁栄の時代(950年-1150年ごろ)は、西洋史学ではと呼ばれている時代に合致する。 1229年のカタルーニャ軍によるマヨルカ島の征服を描いた壁画。 塔の上でムーア人を刺し殺すカタルーニャ兵。 1208年から島を治めたムワッヒド朝のが最後のワーリーとなった。 マヨルカ島は1229年に軍の侵略を受け、マディーナ・マユールカーが9月から3箇月間にわたり包囲された後、開城、 ()が完了した。 マヨルカ島の「レコンキスタ」を成し遂げたアラゴン王国は、もともと内陸のカトリック王国であったが、12世紀前半にカタルーニャと連合し強大化した。 西ヨーロッパの中世的国家は常に封臣に与える封土を必要としたから(cf. )、若くして王国を受け継いだは領土拡大を企図した(これに対してムスリムのイクター制においては土地の所有権はすべて王にあった)。 と、候補は2箇所あったが、貿易をマヨルカ島の商人に支配されていることに不満を持つバルセロナの商人はバレアレス諸島侵攻を支持した。 二十歳そこそこの王による治世はその後、50年近く続いた。 の建設や大学設立の準備はこの間に行われた。 ハイメ1世はマヨルカ島にバルセロナ慣習法を導入し、バルセロナ人商人に商業特権を与えた。 「カタルーニャ語の父」とも呼ばれる哲学者のは、このレコンキスタ後にマヨルカ島に生まれて、13世紀後半から14世紀初頭に生きた人物である。 ハイメ1世が1276年に亡くなるとその領地は2人の息子が分割相続した。 アラゴン王位は兄が継ぎ、バレアレス諸島とセプティマニアを弟のが相続した。 弟ハイメは、マヨルカ王位に就いて、自らの相続した国を独立したとして成立させた。 アラゴン王位がペドロ3世の息子の代になるとマヨルカの武力によるアラゴンへの再統合が試みられたり(1285年。 ローマ教皇の介入で失敗)、が征服されたりした(1287年)が、アルフォンソの次にアラゴン王を継いだは、1291年にメノルカ島をマヨルカ王ハイメ2世へ返還した。 ()の一人、アブラハム・クレスカスによる『 ()』(14世紀) ハイメ2世の治世は短期間だったものの、歴史学者はこの時代をマヨルカ島の「黄金期」と呼んでいる。 ハイメ2世の下で農業、工業、海上交易が発達し、新しい村が数多く築かれた。 1309年にはパルマ港を見下ろす丘の上にが築かれた。 アルムダイナは立派なゴシック様式の宮殿に変えられ、サン・フランセセ修道院の建設が始まったのもこの時代だった。 マヨルカ王ジャウメ2世の息子である ()王の治世(1312年-1324年)を経て、1324年から1344年のマヨルカ王 ()の治世には経済的な繁栄の時代を迎え、パルマは地中海地域有数の豊かな都市となった。 1344年にはアラゴン王軍がバレアレス諸島を侵略し、3つの島を再度アラゴン王国に組み込んだ。 1349年にはジャウメ3世がマヨルカ王国の復活を試みたが、リュックマジョールの戦いで戦死した。 このようにレコンキスタ後もマヨルカ島はイベリア半島側の政権に完全には組み込まれない時期が存在し、、の盛行、ユダヤ人やの迫害といったイベリア半島の情勢と距離があった。 コルシカ島、サルデーニャ島、シチリア島へと領土を拡張していったアラゴン王国は地中海の海図を必要とし、マヨルカ島のがこれに応えた。 13世紀から15世紀ごろまで「 ()」というユダヤ人の職人集団が、その幅広い国際的ネットワークを生かして、圏の西ヨーロッパの知識のみならず、圏のアナトリア半島や、イスラーム圏の北アフリカやサハラ以南のアフリカの知識をも取り込んだ、当時としては詳細な装飾地図を作成した。 これらはカタルーニャ語で書かれ、『 ()』と呼ばれる。 近世 [ ] 1601年に完成したパルマ大聖堂 1479年にはアラゴン王国とが統合することでが成立した。 バレアレス諸島はたびたび北アフリカからやってくるに攻撃されたため、諸島の住民は沿岸部に監視塔や要塞教会を建設した。 16世紀のマヨルカ島では何度か暴動が起こり、ユダヤ人の異端尋問が行われ、の脅威にさらされた。 このような情勢を受けて1570年には、スペイン王とその助言者がバレアレス諸島住民の完全な疎開を検討している。 17世紀にも交易活動が復興することはなく、疫病によって数千人が亡くなった。 中世からのマヨルカ島は地中海貿易の中継地となった。 から輸出されたムーア人様式の陶器の影響を受けてイタリア各地で作られるようになった「」の語源はマヨルカ島であるとされることもある。 カリフォルニアで布教したフニペロ・セラ神父 18世紀初頭のはが確立した戦争である。 この戦争の最終局面ではマヨルカ島の征服が行われ、1715年7月2日にはブルボン艦隊がマヨルカ島に到着してマヨルカ島は降伏した。 1716年の ()によってマヨルカ島はバレアレス県の一部となり 、1718年にはマヨルカ島一般議会が解散させられている。 ブルボン朝の下で公的な言語がカタルーニャ語からスペイン語に置き換えられ、さらには飢饉、干ばつ、疫病がマヨルカ島の住民を苦しめた。 18世紀に生きたマヨルカ島出身人物としてフランシスコ会修道士のがおり、セラ神父はアメリカ大陸のでの布教に大きく貢献した。 19世紀 [ ] 1808年から1813年の時には、フランスに近いカタルーニャ地方からマヨルカ島に難民が流入し、社会的・政治的な緊張状態が高まった。 1820年から1822年には北アフリカのアルジェリアや南アメリカに大規模な移民が行われた。 1837年にはマヨルカ島とイベリア半島の間に初めて定期船(蒸気船)が就航した。 19世紀にはマヨルカ島にもブルジョアが誕生し、社会変革のうねりが起こった。 パルマ近くの湿地帯は干拓され、新たに造成された土地は農地となった。 カタルーニャ語の復権を試みる地域主義が芽生えた。 1857年から1887年の期間には農業と工業が発展したために人口が急増したが、その後の10年間にはバレアレス諸島全体で経済が低迷して人口が減少した。 害虫の流行によって成長著しいワイン産業が大きな打撃を受けた。 さらに1898年のでスペインが植民地を喪失したことで、マヨルカ島では造船業も打撃を受けた。 繁栄の時代は終わりを迎え、この時期にはマヨルカ島の住民の多くがイベリア半島本土やアメリカ大陸に移住した。 20世紀 [ ] パルマの人口変動 1900—2005 1936年7月の開始時にマヨルカ島はナショナリスト派の牙城だったが、8月16日には共和国派がナショナリスト派を駆逐して島を救うことを目的とした上陸作戦の対象地となった。 共和国軍はナショナリスト軍を圧倒して12km内陸まで押し込んだが、空軍力に優れたナショナリスト派は主にイタリア空軍をマヨルカ島に派遣し( ())、共和国軍は退却と9月12日の完全撤退を余儀なくされた。 この出来事は ()として知られている。 フランコ体制下のマヨルカ島の政治的状況はイベリア半島本土と変わらなかった。 1960年代には観光ブームが起こり、数多くのホテル、マンション、ショッピングセンターが建設された。 20世紀の観光ブームは、スペイン本土、ヨーロッパ、南アメリカ、アフリカからやってきた移民による人口増加が要因であるとされている。 が制定されて「自治州」設置の扉が開かれると、1983年にはバレアレス諸島自治憲章が制定されてが発足し、バレアレス諸島州にある3つの島評議会のひとつとしてマヨルカ島評議会が設立された。 21世紀にはミラー計画と呼ばれる都市再開発の下で、 EU 外の特にアフリカと南アメリカから移民労働者を引き寄せた。 今日のマヨルカ島住民は概して高い生活水準にある。 自然 [ ] 動植物 [ ] リェバン半島自然公園 海水面が低下した氷河期にはマヨルカ島とが陸続きだったため、動植物相にはメノルカ島との類似性が見られる。 一方で、マヨルカ島などのと、などのが陸続きだったことはない。 もっとも小さな野生の哺乳類はやであり、もっとも大きな哺乳類はである。 鳥類は哺乳類よりも豊富であり、2,000種以上が生息または渡りの際にマヨルカ島を使用している。 特に島の北部でが流行している。 、、、野生の、 Pistacia lentiscus(マスティック)、 Chamaerops humilis(の一種)などがマヨルカ島の主要な植生である。 山地ではやが卓越しており、山地の高降水量地域ではが残っている。 海岸部の砂丘には ()が生えている。 人間によって導入されていない植物で衰退傾向にないのはマツのみであり、それは人間の手が加わっているためである。 マヨルカ島は降水量が少なく、一年を通じて水を湛える河川が存在しない。 さらには20世紀後半の灌漑農業や観光開発などで水需要が増大した結果、水資源の逼迫が取りざたされている。 1972年にはトラムンターナ山脈の南麓にゴルク・ブラウ貯水池とクバ貯水池が建設されたが 、1994年と1997年の渇水時にはそれぞれ700万m 2の真水がスペイン本土からマヨルカ島に海路で輸送された。 1999年にはパルマ海水淡水化施設が稼働を開始したが、高い環境負荷などが批判の対象となっている。 2001年にはバレアレス諸島水利計画(1996年策定)が発効され、長期的な水資源開発・利用計画に取り組んでいる。 水質汚染問題の例として、環境的に「死んだ」サンタ・ポンサ湾が挙げられる。 文化 [ ] ショパンとサンド [ ] ショパンとサンド 音楽家のはマヨルカ島とかかわりが深い。 1838年から1839年の冬、ショパンとフランス人作家のはマヨルカ島のに滞在した。 ショパンはが悪化しており、乾燥していて太陽も多いバレアレス諸島で療養するよう医者に勧められたためだとされる。 マヨルカ島での冬はショパンにとって生産的な期間であり、1835年に書きはじめていた「」を完成させた のはマヨルカ島で過ごしていた1839年1月のことだった。 また、マヨルカ島では「」、「2つのポロネーズ」、「」に着手した。 バルデモーサ修道院にはショパンの記念館があり、スコアや原稿などが展示されている。 1855年、サンドはマヨルカ島での経験を小説『 ()』に書いた。 墺大公サルヴァドール [ ] マヨルカ島にあるサルヴァドールの銅像 オーストリア大公 ()はバレアレス諸島観光の先駆者だった。 サルヴァドールはノイエンドルフ Neuendorf 伯だった1869年に初めてバレアレス諸島を訪れると、マヨルカ島を愛してマヨルカ島住民からも愛された。 マヨルカ島出身の女性と結婚し、マヨルカ島で22年間暮らした。 自然保護や娯楽を目的として自然地域を購入しており、今日ではいくつかのトレッキングルートにサルヴァドールの名が冠されている。 サルヴァドールはカタルーニャ語を学び、動植物、歴史、文化の研究を行うと、バレアレス諸島に関する極めて包括的なコレクションである『Die Balearen』全7巻を発表した。 文学 [ ] イギリス人小説家のは20世紀初頭にマヨルカ島を訪れ、パルマとポリェンサ港に滞在した。 彼女が1939年に著した『』の中には短編『ポリェンサ海岸の事件』が含まれている。 作家のは、家族とともに2度マヨルカ島を訪れ 、コミュニティ誌『バレアレス』に「エストレーリャ」(1920年)と「大聖堂」(1921年)という2編の詩を寄稿した。 「大聖堂」はへの称賛を表した詩である。 ニカラグア人詩人のは小説『El oro de Mallorca』(マヨルカ島の金)や『La isla de oro』(金の島)と呼ばれる何編かの詩を書いた。 芸術 [ ] ピラール・イ・ミロ財団美術館 カタルーニャ人画家のは生涯を通じてマヨルカ島と密接に関係している。 ミロ自身はバルセロナ出身だが、ミロの母親はマヨルカ島出身である。 さらに、1929年にはパルマでマヨルカ島出身のピラール・フンコーサと結婚し、1954年にはマヨルカ島に定住した。 ピラール・イ・ミロ財団美術館はかつてミロが住んでいた家であり、マヨルカ島でもっとも入館者数の多い博物館である。 多くの絵画や彫刻が展示されているほかに、ミロの制作風景を模したアトリエもある。 近年にはパルマにアス・バルアード近現代美術館が開館し、幅広く興味深いコレクションを有している。 周辺には、ポリェンサ・モノグラフ博物館、教会博物館、ヤニック・イ・ベン・ジャコバー財団美術館という、3つの美術館・博物館がある。 、ベニサール、アングラーダ・カマラサ、ティト・シタディーニ、アダン・ディレ、ソローリャには美術学校がある。 現代スペイン美術界でもっとも有名なマヨルカ島出身者はであり、バルサローは2003年に芸術部門を受賞した。 デイアにあるグレーヴスの自宅 トラムンターナ山脈は芸術家に人気がある地域であり、長くに住んだはやなど多くの友人を招待した。 はマヨルカ島北部に恋し、毎年オテル・フルマントールに滞在した。 イタリアの未来派画家・彫刻家である ()は1963年にポリェンサ近郊の村に移り住み、2000年にポリェンサで死去した。 アルクーディアのロータリーにはサッスが制作した巨大な馬の彫刻が設置されている。 2011年にはマヨルカ発展国際映画祭が創設された。 毎年11月に世界各国から映画製作者・プロデューサー・監督などを集め、パルマのプリンシパル劇場が主会場となる。 祭礼 [ ] エジプト人、、ローマ人、、、カタルーニャ人と、マヨルカ島には歴史的に異なる文化を持つ民族が住んでいたため、異なる背景を持つ文化行事が行われる。 マヨルカ島の全地域では12月25日にが祝われ、には教会でイエスの誕生が祝福される。 1月6日にはの行列が行われ、1月17日には聖アントニオの祭礼が開催される。 には馬車のパレードが開催され、この日のためにエンパナーデスと呼ばれるペイストリーが作られる。 6月29日は漁師が存在するほぼすべての沿岸自治体で、漁師の守護聖人である聖ペドロとカルメルの聖母の祭礼が行われる。 マヨルカ島にはバイ・デ・ボットまたはバイ・デ・パジェスと呼ばれる伝統的な舞踊があり、この舞踊は男性ではなく女性がリードする。 9月に開催されるオープンウォーターズスイミング大会は島北部が舞台であり、約7kmのポリェンサ湾を泳ぎきる必要がある。 ダビド・メカやシャビ・トーレスなどの著名な水泳選手が出場したこともある。 アイアンマン・マヨルカはプッジ・マジョーをも舞台(自転車)とするトライアスロン大会である。 マヨルカ島は自転車競技に理想的な条件を持ち、冬季にはヨーロッパを代表する自転車競技チームがトレーニングのために訪れる。 マヨルカ島には19のゴルフコースがあり、、、、、 ()などが島内のゴルフコースを回った。 マヨルカ島はスペインでが盛んな地域ではないが、豊かな闘牛の伝統と多くの支持者を持っている。 マヨルカ島にはパルマ、ムーロ、ファラニチュ、インカ、アルクーディアにが存在し、夏季には全土で闘牛が開催される。 食文化 [ ] マヨルカ料理 [ ] バレアレス諸島のソブラサーダ マヨルカ島を象徴する食材としてオリーブとがある。 伝統的な食後の軽食としてゼリーやジャムを塗ったブレッドスティックがあり、ゼリーとジャムの輸入量が多い。 マヨルカ料理には豚肉のソーセージである ()(の一種)、アロス・ブルット(鶏肉・豚肉・野菜を加えたサフランライス)などがある。 バレアレス諸島産のチーズはイスラーム支配時代でも尊重されたが、イギリス支配時代に生産量が拡大した。 牛乳を用いた箱型のチーズであり、保存のために皮が黄色または橙色をしている。 隣接するメノルカ島の ()はバレアレス諸島でもっとも人気のあるチーズであり、1985年に原産地呼称 DO に認定された。 ワイン [ ] ローマ人がマヨルカ島にブドウの苗を持ちこんだことで、マヨルカ島の生産の伝統が始まった。 今日では数百ヘクタールのブドウ畑があり、白ブドウ品種ではモイ種、種、 ()種、黒ブドウ品種では ()種、カリェット種、種、種などが栽培されている。 マヨルカ島でもっとも著名なワイン産地は中央部のである。 500年前から優れたワインを生産しており、20世紀後半におけるマヨルカワインの復活はビニサレムで起こった。 1990年代初頭には原産地呼称産地 DO に指定された。 ビニサレムの他の産地としてはプラ・イ・リェバンなどがあり、マヨルカ島中央部から東部にかけての18自治体で伝統的手法によるワインを生産している。 近年になってアルクーディア周辺でもブドウ栽培が再開され、マヨルカ島北東岸の17村で産地を形成している。 今日ではと ()の2つの産地がスペインの原産地呼称制度である DO に指定されている。 パン [ ] エンサイマダ マヨルカ島では ()と呼ばれるの伝統があり、ジュゼップ・プラは「この国(スペイン)の菓子の中でもっとも軽く、もっとも繊細で、もっとも優美なもの」と称えた。 エンサイマダの起源は不明だが、イスラーム支配時代やマヨルカ島のユダヤ人に関連しているとされることもある。 初めて文献に登場するのは17世紀に遡り、長年に渡ってこの島で食されている。 エンサイマダは小麦粉、水、砂糖、卵、スターター生地、ラードを主材料とし、発酵と焼成後に粉砂糖が振り掛けられる。 近年にはパンプキンジャム、クリーム、アーモンド、チョコレート、果物などがトッピングされることもある。 大きさや重さは多様であり、大家族が集まった時にはデザートとして巨大なエンサイマダが食べられる。 アルクーディアではほぼすべてのやカフェでエンサイマダを注文することができ、それぞれのバルやカフェは自前のオーブンで焼いている。 1996年には「マヨルカ島のエンサイマダ」という名前の使用が保護され、2003年4月にはバレアレス諸島州政府が GI を承認した。 パム・ボリ パム・ボリ()はパンにトマトを塗り付けた簡素なカタルーニャ料理であり、マヨルカ島ではラマリェット種と呼ばれる果皮の薄い地元品種が使用される。 トマト以外にはたっぷりのオリーブオイルとひとつまみの塩を振りかけ、トーストしたりニンニクを塗ったりすることもある。 しばしばソーセージやチーズも乗せて食べられる。 オリーブオイル [ ] マヨルカ島はオリーブの栽培の長い歴史を持っており、の生産とその消費の歴史も長い。 オリーブの木は主にトラムンターナ山脈の南斜面で栽培され、強い風味を持つのが特徴である。 マヨルカ島産のオリーブオイルの認知度は諸島の内外で高く、17世紀から19世紀には経済面で重要な役割を果たした。 1888年のではマヨルカ島産のオリーブオイルが二等賞を受賞し、諸島外で認知されるようになった。 2002年には原産地呼称 DO に認定されている。 収穫期の早い段階で摘むことで果実味を強調したタイプ、完熟させたオリーブを使用することで黄金色や甘さを強調したタイプの2種類がある。 行政 [ ] マヨルカ島評議会の紋章 地域政府 [ ] 1983年にはスペインに17あるのひとつとしてが発足し、マヨルカ島はその一部となった。 バレアレス諸島州は州議会、州政府、州首相、州立高等裁判所を有している。 バレアレス諸島州はマヨルカ島評議会、メノルカ島評議会、イビサ島評議会、フォルメンテーラ島評議会の4評議会の集合体であり、マヨルカ島評議会はマヨルカ島とを管轄している。 マヨルカ島評議会はマヨルカ島内の文化、道路、鉄道、市政などを担当している。 マヨルカ島にある各自治体は独自の自治体議会を有している。 マヨルカ島の歌は ()である。 EU-EV, ESQUERRA - - - - - - - 3 - 議席数合計 24 30 33 33 33 33 33 33 33 33 マヨルカ島評議会代表 代 名前 就任 退任 政党 1. ジェロニ・アルベルティ 1979年7月24日 1982年9月27日 UCD 2. マキシミリアーノ・モラーレス 1982年9月27日 1983年6月23日 UCD 3. ジェロニ・アルベルティ 1983年6月23日 1987年6月29日 UM 4. ジョアン・ベルジェル 1987年6月29日 1995年7月7日 PP 5. マリーア・アントーニア・ムナル 1995年7月7日 2007年6月29日 UM 6. フランシーナ・アルメンゴル 2007年7月7日 2011年6月14日 PSOE 7. マリーア・サロン 2011年6月14日 2015年7月4日 PP 8. 王室の住居の多くは ()が管理しているが、マリベント宮殿はバレアレス諸島州政府の管理の下にある。 スペイン王室は全員が競技経験者であるため、全員が集まるとセーリングを楽しむことがある。 マリベント宮殿は私邸であり、公務に使用されることは稀であるが、非公式の活動に使用されることもある。 2007年11月にはスペイン国王が中に、ベネズエラの大統領に対して「」(黙ったらどうかね? )と発言したことが国際問題に発展したが 、2008年にはスペイン=ベネズエラ両国の関係修復と国交正常化のために 、チャベス大統領がマリベント宮殿に滞在した。 1980年代にはスペイン王室の招待で、イギリス王室の皇太子との夫妻がしばしばマヨルカ島を訪れている。 1988年には女王との夫妻がイギリス王室ヨットのブリタニア号でマヨルカ島を訪れた。 1994年10月には日本の天皇・の両陛下がスペイン国王夫妻とともにアルムデナ離宮に滞在した。 経済 [ ] マヨルカ島はオリーブ、ブドウ、オレンジなどの農産物や、ワインやブランデーなどの酒類、大理石、鉄・鉛、羊毛、陶器などを産出する。 農業と観光業における女性の就業者数が多いため、スペインの他地域に比べてバレアレス諸島では有業人口比率が高い。 観光業 [ ] カプデペーラのカーラ・アギリャ 観光業の特徴 [ ] バレアレス諸島経済の主要な原動力となっている2つの部門は、工業と農業を押しのけて観光業と建設業である。 マヨルカ島には世界有数のホテル企業がある。 マヨルカ島の沿岸はほぼ全域が観光地となっているが、観光客の大半は南岸のパルマとカルビア、さらに北岸のポリェンサ湾とアルクーディア湾に集中している。 数多くの美しい砂浜やビーチ・リゾートが島内に点在しており、マヨルカ島にあるビーチの数は139か所に上る。 特にの季節になるとビーチはを楽しむ観光客でごった返す。 ビーチ以外にも、北部には海へと切り立つ断崖絶壁やその間に点在する村々、また東部の ()にはなど多数の巨大な鍾乳洞がある。 アンドラッチ港 今日でもマスツーリズム観光客は「太陽と砂浜」を求めてマヨルカ島にやってくる。 旅行会社のイメージ戦略によって5S 、、、、 を目的とした夏季の観光客が多く、特に浜辺での飲酒と性行為を目的とする若者による騒音問題やモラルの低下は社会問題にもなっている。 平均滞在日数は8. 5日間だった。 パルマにあるオテル・メディテラネの宿泊者名簿には、(アメリカの女優)、(アメリカ大統領)、イラン国王、(オーストラリアの俳優)、(イギリスの作家)などの名前がみられ、オテル・ソン・ビダが開業した際の主賓はモナコ大公と妃だった。 にあるオテル・フルマントールの宿泊者名簿には、(イギリス首相)、(アメリカの俳優)、(アメリカの俳優)、(アメリカの俳優)、ウェールズ公チャールズ、モナコ大公レーニエ3世とグレース・ケリー妃、スペイン国王と妃などの名前が書かれており 、(アメリカのファーストレディ)やその夫(実業家)もこのホテルを起点にヨットで地中海を巡航した。 観光業の歴史 [ ] サンタ・ポンサのホテル群 ギリシャのなどとともに、マヨルカ島では地中海の島嶼の中では早くから観光発展が始まった。 19世紀にフランス人貴族がやってきて、主にパルマに滞在しながら島内の自然景観や文化的景観を楽しんだのが観光業の創始である。 イギリス人やドイツ人は、特に冬季の避寒地にマヨルカ島を選んだ。 19世紀中頃までの観光客数は年間数千人にすぎなかったが、20世紀に入ると観光客数が急増し、1920年代には地中海クルーズの目的地、またスペイン人にとってのの目的地となった。 イギリス人によって始められたハイキングをスペイン人も楽しむようになり、ドイツ人は高地にある歴史的な町を目指すハイキングをブームに導いた。 1930年代にはアメリカから海水浴と日光浴がもたらされ、ヨーロッパ人にとっては珍しかった肌を露出させた装いも、ファッションとして定着した。 作家やミュージシャンに愛されるデイアの町 後のヨーロッパでは島嶼観光がブームとなり、マヨルカ島のは1950年代末に始まったとされる。 1950年の観光客数は10万人だったが、1951年には20万人となり、1955年にイギリスで海外旅行の規制が緩和されるとイギリス人観光客が急増した。 アメリカ人が下のヨーロッパ政策としてインフラ整備を開始し、イギリス人がホテル建設やリゾート開発などを行った。 1960年代初頭にはが始まり、1964年にスペイン政府が外国人観光客の増加を目指す観光政策を実施したことで、さらに国外からの投資や観光発展が進んだ。 1964年末時点では918軒のまたはがあり、総ベッド数は40,908床に達した。 ピーク時には2日に1軒のペースで宿泊施設が開業したとされる。 1970年代から1980年代には、イギリスだけでなくドイツの旅行会社によるパッケージツアーが増加し、イギリス人観光客とドイツ人観光客の目的地は分かれた。 やサレナルなどでは英語表記の看板、プラヤ・デ・パルマやなどではドイツ語表記の看板を多く見ることができる。 1960年代から観光客は一貫して増加傾向にあり、1960年代末から1970年代が最初のブーム期であるとされる。 1977年時点ではスペインの宿泊施設数は9,542軒だったが、バレアレス諸島には県別でスペイン最多の1,467軒があった。 うち290軒は3つ星以上のホテルであり、宿泊施設の充実度は当時から際立っていた。 1990年代は衰退期であり、カルビアでは競合相手の増加による観光客の減少、マスツーリズムではない個人旅行の増加、乱開発や環境問題などが起こったものの、マスツーリズムからへの移行がうまくいった結果、1997年以降には数多くの観光関連の賞を受賞するようになった。 1950年代には落ち着いた内陸部や山間部への別荘の開発が始まり、1980年代には夏季の別荘滞在や退職者の長期滞在が増加した。 2000年には貸別荘が39,000戸に達している。 また、農場家屋を宿泊施設として利用するが盛んとなり、2010年時点で175軒の農場家屋がドイツ人の富裕層などに利用されている。 1986年時点では島全体にリゾートが4つあったが、2000年には13に増加し、これらのリゾートは大量の真水を必要としている。 2013年には950万人がマヨルカ島を訪れ、バレアレス諸島全体には1300万人が訪れた。 国・地域別の観光客数 [ ] 国・地域別の観光客数 順位 国・地域 2014 2013 2012 2011 2010 1 3,731,458 3,710,313 3,450,687 3,308,604 2,224,709 2 2,165,774 2,105,981 1,986,354 1,898,838 1,324,294 3 1,088,973 985,557 1,192,033 1,195,822 759,825 4 758,940 758,637 668,328 572,041 387,875 5 三国 366,130 363,911 360,973 368,930 284,845 6 334,871 312,491 292,226 280,401 188,826 7 328,681 337,891 349,712 316,124 187,589 8 175,530 160,890 138,287 181,993 107,991 9 165,473 154,227 173,680 200,851 135,535 10 100,059 104,827 115,164 158,646 68,456 農業・漁業 [ ] マヨルカ島のアーモンド畑 マヨルカ島は地域の島としては珍しく肥沃で緑豊かである。 マヨルカ島の急斜面には耕作が困難な場所もあるが、一部では人間が段々畑を築いてオリーブやブドウを栽培している。 マヨルカ島の主要な2つの作物はとであり、その他には柑橘類(特に)、、穀物、野菜を栽培している。 とはいえ、農業がマヨルカ島の域内総生産 GRP に占める割合は1. 全耕地面積の約半分はアーモンド、オリーブ、などの樹木栽培である。 石灰質のやせた赤土の農地が多く、パルマ周辺を除けば灌漑農地は少ない。 農業機械の導入は遅く、農業従事者の所得水準は低い。 ローマ人がマヨルカ島にオリーブを持ち込み 、13世紀にはすでにオリーブオイルを生産していた記録が残っている。 その後いったんは衰退したものの、今日には復活して年間10万リットル強を生産している。 マヨルカ島には55,000ヘクタールの土地に500万本のアーモンドが植えられているとされる。 気候などが影響して、マヨルカ島のアーモンドは水分含有量が低く脂肪含有量が高い。 一般的にアーモンドの開花時期は2月であり、収穫時期は8月である。 マヨルカ島南東部にあるコロニア・サン・ジョルディ塩水湖からは年間約15,000トンの海塩 が収穫される。 この塩水湖は海水をポンプで汲み上げて造成された人造湖であり、マヨルカ島の海塩は、、などを豊富に含んでいる。 マヨルカ島は四方を海に囲まれているものの、漁業は長い低迷期にあり、マヨルカ島で販売されている魚類の大部分はイベリア半島の漁港から輸入したものである。 皮革製品 [ ] カンペールのストア 、ファルチュ Farrutx 、ヤンコ Yanko などはいずれもマヨルカ島に工場を持つ皮革製品メーカーであり、いずれもスペイン国内外で知られた存在である。 この中でもっとも著名な靴メーカーのカンペールは、「皮革の町」と呼ばれるが発祥の地であり、マヨルカ島の中心部に位置するインカは皮革製品の製造に特化した多くの工場や工房を有している。 ファルチュ、ヤンコ、ロトゥセ Lottusse は靴、バッグ、コート、手袋など高品質の皮革製品を製造している。 地図製作 [ ] 13世紀から15世紀のマヨルカ島では地図()製作技術が花開き、中世後期には世界でもっとも重要な地図製作拠点のひとつだった。 この時期に活躍した地図製作者を総称して「 ()」と呼ぶことがある。 実際に地図製作を学ぶための学校が設置されていたわけではないが、バレアレス諸島からは優れた地図製作者が数多く生まれた。 この時代の地図にはばかりではなく、、、、沿岸も描かれ、カタルーニャ語以外にはも用いられた。 この時代の地図製作者の多くは、後にによってスペインから追放されることになるだった。 社会 [ ] 言語 [ ] カタルーニャ語の方言分布図 スペインは全土でを公用語としており、マヨルカ島を含むバレアレス諸島州はスペイン語以外にも公用語としている。 バレアレス諸島州自治憲章でカタルーニャ語は「私たちの言語」 llengua propia とされている。 島民によって話されるはマヨルキ Mallorqui とも呼ばれ、集落ごとに発音がわずかに異なる。 地域言語に厳しい政策を取ったフランコ体制は1930年代末から35年以上続いたため、マヨルカ島生まれの住民はほぼ全員がスペイン語を話すことができる。 フランコ体制下で教育を受けた住民はカタルーニャ語を読んだり書いたりすることが困難であるし、マヨルカ島にある5つの日刊紙の中にカタルーニャ語で書かれている日刊紙は存在しない。 2012年、バレアレス諸島州政府の政権党である PP は学校でカタルーニャ語を優先的に扱うことを終了し、公用語二言語を同格に扱う意思を発表した。 この発表でかなり近い将来に「マヨルカ系カタルーニャ人」は消滅するだろうとされている。 かなりの数の観光客は英語の母語話者であり、観光客の多くはイギリスとアイルランドから、またアメリカ合衆国とカナダから来る。 また、ドイツ語圏からの観光客も多く、「マヨルカ島はドイツの17番目のである」というジョークもある。 マヨルカ島で発行されている地元紙のいくつかは、ドイツ語圏や英語圏に関するドイツ語や英語の情報を含んでいる。 新聞販売店やホテルなどでは国際的な新聞を容易に得ることができ、本国からわずか数時間の遅れでドイツ語紙や英語紙を読むことができる。 カタルーニャ語の言語政策という観点で、マヨルカ島の住民は親カタルーニャ語派、反カタルーニャ語派、無関心派の3つに分類されるが、もっとも多いのは無関心派である。 親カタルーニャ語派の中にはフランコ体制下で投獄されたり亡命していた者も多い。 カタルーニャ語のテレビ番組の増加などを主張し、カタルーニャ語やカタルーニャ文化の促進のためのイベントに資金を提供している。 反カタルーニャ語派は少数派であるものの、カタルーニャ語の看板を破壊したり、カタルーニャ語の放送局である ()の受信局を爆破する事件を起こしている。 交通 [ ] 航空 [ ] パルマ・デ・マヨルカ空港 マヨルカ島初の民間飛行場は ()であり、1927年に初の商業飛行が行われた。 1960年にが開港し、主要空港の座がソン・ボネー飛行場から移った。 パルマ・デ・マヨルカ空港は、に次いでスペインで3番目に旅客数の多い空港であり 、2014年の旅客数は2310万人だった。 スペイン本土やヨーロッパの主要都市との間に定期便が就航しており 、イギリスのの諸空港や、ドイツのから約2時間半の距離にある。 夏季の数か月間はヨーロッパでもっとも混雑する空港のひとつであり、「夏季にはよりも発着便数が多い」と喧伝されたこともある。 国際便には主に大型ジェット機が使用される。 パルマ空港から中心市街地までの距離はわずか10kmであり、高速道路とバス路線が通じている。 バレアレス諸島内の島よりもバルセロナやマドリードとの結びつきを志向しており、バレアレス諸島内では主に50人乗りの小型機が運航されているに過ぎない。 、などが小規模な機を運航し、パルマ・デ・マヨルカ空港とバレアレス諸島の各空港を結んでいる。 鉄道 [ ] マヨルカ島の鉄道網 1875年2月にはパルマとを結ぶマヨルカ島初の鉄道が開業した。 軌間は914mm(狭軌)であり、入手が容易なイギリス製の蒸気機関車や車両を使用して投資額が抑えられた。 、、、、などの主要な町にも鉄道が通じ、近代化の過程でメーターゲージへの変更やの導入などがなされた。 1960年代末以降には相次いで路線が廃止され、ソーリェル方面の路線を除けばインカ以外の主要な町から鉄道が失われたが、2000年代になって運行再開が進んでいる。 今日のマヨルカ島には、州政府が運営すると民間企業のという2つの鉄道会社がある。 マヨルカ鉄道は郊外路線3系統と ()(地下鉄)2系統を運行している。 郊外路線はパルマから北東に向かって伸び、パルマと島内の他地域を結んで高頻度の運行を行っている。 1号線はパルマと島中央部のインカを結ぶ路線である。 インカからは2号線が北部のサ・ポブラに、3号線が東部のマナコールに分岐している。 2号線はまで、3号線はカラ・ラトゥハダまで延伸する計画がある。 2007年にはパルマ・デ・マヨルカでパルマ・メトロ1号線が開業し、市内中心部のスペイン広場駅と UIB 最寄りのUIB駅を結んだ。 2013年にはメトロ2号線が開業し、スペイン広場駅と市街地北東部のマラチ駅を結んだ。 ソーリェル鉄道は1912年からパルマとトラムンターナ山脈内にあるを結んでおり、保存状態の良い木製の列車が多くの観光客を運んでいる。 ソーリェル駅は1606年の建築物である。 ソーリェルにはソーリェル鉄道の他に1913年10月に開業した ()もあり、ソーリェル市街地の憲法広場とソーリェル港を結んでいる。 海上交通 [ ] パルマ港に停泊中のクルーズ船 パルマ・デ・マヨルカのパルマ港はバレアレス諸島の最大・最重要港であり、海運業、漁業、クルーズ、旅客輸送、軍事輸送に使用されている。 スペイン本土の港、港、港からパルマ港に向けて毎日定期便が運航されている。 一般的なフェリーの場合はそれぞれの港から約5時間かけてマヨルカ島に到着する。 クルーズ会社数社がパルマ港を寄航港として使用し、海運会社数社がパルマ港を本拠地として使用している。 夏季には ()社によってバルセロナと北岸のを直接結ぶフェリーが運航されている。 概してフェリーの運賃は航空機を使用するよりも安価である。 北東岸にあるアルクーディア港からはメノルカ島のとに向かう定期便があり、約90分で両島を結んでいる。 パルマ港とアルクーディア港の利用者数を合計すると、年間約80万人がフェリーでマヨルカ島に入島している。 社、バレアリア社、 ()社、インテリリェス社などがパルマ港に入港する定期便を有している。 さらにパルマとイビサ島のを結ぶフェリーが毎日運航されている。 関連人物 [ ] テニス選手の 出身者 [ ]• () 1029-1095 : 歴史家。 1232-1315 : 修道士・著作家・哲学者。 の先駆者。 () 1325-1387 : 地図製作者。 1713-1784 : フランシスコ会修道士。 アメリカ大陸のカリフォルニアで布教。 () 1819-1892 : 軍人・政治家。 スペイン首相・フィリピン総督。 () 1853-1925 : 政治家。 1903年から1922年の間に5度に渡ってスペイン首相を務めた。 () 1947- : 歌手。 カタルーニャ語で歌う。 () 1953- : 映画監督。 1957- : 現代美術家。 パルマ大聖堂の彫刻を制作。 () : ポップ歌手。 カタルーニャ語マヨルカ方言で歌う。 1966- : サッカー選手。 ラファエル・ナダルのおじ。 () 1969- : DJ・音楽プロデューサー。 1976- : テニス選手。 1985- : バスケットボール選手。 1986- : テニス選手。 ミゲル・アンヘル・ナダルの甥。 1987- : オートバイレーサー。 1993- : バスケットボール選手。 1996- : サッカー選手。 居住者など [ ]• 1810-1849 、 1804-1876 : それぞれポーランド生まれのフランスの作曲家とフランスの作家。 1838年にマヨルカ島で同棲したが、ショパンの肺の状態が悪くなり翌年までにフランスに帰国した。 1895-1985 : イギリスの著作家。 長らくマヨルカ島ので暮らし、デイアの墓地に埋葬された。 1909-1982 : ニュージーランドの女性パイロット。 1982年にマヨルカ島で犬に咬まれて死去。 1911-1990 : オーストリア首相。 マヨルカ島に住んだ。 1938-1997 : アメリカの野球選手。 1971年の現役引退後にのバルを購入。 1939-2015 : イギリス人女性。 マヨルカ島の自宅で死去。 () 1947- : アメリカの歌手・女優。 マヨルカ島で暮らしている。 1953- : アイルランド出身の俳優。 マヨルカ島に家を持っている。 () 1954- : マドリード出身の画家。 に家を持っている。 1990- : ドイツのサッカー選手。 に在籍していた2013年、マヨルカ島に別邸を購入。 ギャラリー [ ]• Keenan, Steve 2009年7月6日. London. 1013. コトバンク. 2018年2月12日閲覧。 Mallorca. Thomas Cook Publishing. 277. "Mallorca"を検索する• Collins Dictionary n. 2010年10月16日閲覧。 com• スペイン・ワイン. 早川書房. 194-195• 291-293. , p. , p. Tisdall, Nigel 2003. Mallorca. Thomas Cook Publishing. Whc. unesco. org 2011年6月27日. 2013年3月26日閲覧。 791. 217—238• Kent, R. Newnham, S. Essex "Tourism and sustainable water supply in Mallorca: a geographical analysis" Applied Geography, Volume. 22, Issue 4, 2002-10, pp. 351—374• com• , p. 2010年9月15日閲覧。 268-270. 290-291. com• 自治体の人口は2015年の国勢調査による。 com• INE. 2010年1月19日閲覧。 Tisdall, Nigel 2003. Mallorca. Thomas Cook Publishing. Morgan, M. Gwym. The Princeton Encyclopedia of Classical Sites. North South Guides. Carr, Karen Eva 2002. University of Michigan Press. Parent-Desbarres. Merrills, Andrew; Miles, Richard 2009-12-23. mallorcaincognita. com, not dated• The Insular System of early Byzantine Mediterranean. Zanini, P. Pergola, D. Michaelidis. British Archaeological Reports. 2018年4月12日閲覧。 1996 [1943]. Regnery Publishing. original published by Princeton University Press in 1943• Appleton. 296-297• Loney Planet. 2018年3月11日閲覧。 Encyclopaedia Britannica. 2018年3月11日閲覧。. コンラ, フィリップ 2000. レコンキスタの歴史. 文庫クセジュ. 有田忠郎(訳). 白水社. aa 1958 Spanish. Real academia de la historia. 2018年3月8日閲覧。 mallorcaincognita. com, not dated. ローマックス, D・W 1996. レコンキスタ 中世スペインの国土回復運動. 刀水書房. 194• , p. 109. JHU Press. , Contemporary Balears. 脇田宗孝『世界やきもの紀行:その源流を訪ねて』芸艸堂、1996年、p. 113、• The Spanish Civil War, Hugh Thomas 2001• のちにイビサ島評議会からフォルメンテーラ島評議会が独立し、今日では4つの島評議会がある。 The Mallorca. 2009年1月15日• , p. , p. phoenix. WDR 2010年. 2015年7月1日閲覧。 2014年12月29日閲覧。 2014年12月29日閲覧。 Zamoyski 2010 , p. 168 loc. 2646. 2014年12月29日閲覧。 バレアレス諸島州政府. 2014年12月30日閲覧。 2014年12月30日, at the. 2014年12月30日閲覧。 ピラール・イ・ミロ財団• undeated, abc-knowledge company S. , retrieved 10 October 2015• Alcudia Mallorca• 2009年8月2日, at the. Typically Spanish• Answers. com. 2013年3月26日閲覧。 2007年11月10日. 2008年7月25日. 2008年7月25日. 276. 267. 278. , p. 264. 279. , p. 270-271. See Mallorca• See Mallorca• 2012年7月17日. 2013年3月26日閲覧。 2005年6月29日. 2014年12月29日閲覧。 2014年12月29日閲覧。 AENA. 2015年12月12日閲覧。 , 2009年12月29日• ロバート・グレーヴス財団• NZ History, 2016年9月15日• Weiss, Stuart L. 2007. The Curt Flood Story: The Man Behind the Myth. University of Missouri Press. ロイター, 2015年4月2日• Express, 2014年5月10日• ABC Mallorca• , 2012年9月11日• , 2014年7月14日 参考文献 [ ]• 竹中, 克行、山辺, 規子、周藤, 芳幸『地中海ヨーロッパ』朝倉書店〈朝倉世界地理講座〉、2010年。 『改定版 コンサイス外国地名事典』三省堂、1995年。 スペイン政府観光局 (日本語).

次の

現地メディアがマジョルカVSセビージャのスタメン予想 久保建英はベンチに

マジョルカ セビージャ

ホームで10戦全勝と好調なマジョルカがホームに4位のセビージャを迎えて、勝ち点差2でCLへの出場権を争う戦い。 開始早々の前半4分、ゴールラインぎりぎりで折り返されたクロスをマリオ・スラーレスが押し込んでマジョルカが先制。 早めに点が入ったものの序盤は両チーム互角の戦い。 その後も特にマジョルカは組織だった攻めで幾度となくセビージャゴールを脅かす。 前半22分、決定的なピンチをパロップの好セーブで防いだ後のカウンターからGKが飛び出した無人のゴールに流し込んだヘスース・ナバスのゴールでセビージャが同点に追いつく。 セビージャは前半25分にネグレドが退場になってしまうと、引き気味の体勢になり、マジョルカは攻めあぐねてしまう。 マジョルカの方も前半ロスタイムにラミスが退場になってしまう。 後半にはいるとセビージャが攻めの主導権を握ってマジョルカは耐える展開。 そして後半11分、ドラグティノビッチのFKが直接決まってセビージャが1点をリードする。 さらに後半16分にはヘスース・ナバスのクロスをペロッティが押し込んで決定的な3点目。 マジョルカはいくつかのチャンスはあるものの、決定力不足もあってノーゴールのままセビージャの勝利。 CL出場権争いで一歩リードを奪った。

次の

マジョルカ久保建英、7連続先発もセビージャに完敗

マジョルカ セビージャ

ホームで10戦全勝と好調なマジョルカがホームに4位のセビージャを迎えて、勝ち点差2でCLへの出場権を争う戦い。 開始早々の前半4分、ゴールラインぎりぎりで折り返されたクロスをマリオ・スラーレスが押し込んでマジョルカが先制。 早めに点が入ったものの序盤は両チーム互角の戦い。 その後も特にマジョルカは組織だった攻めで幾度となくセビージャゴールを脅かす。 前半22分、決定的なピンチをパロップの好セーブで防いだ後のカウンターからGKが飛び出した無人のゴールに流し込んだヘスース・ナバスのゴールでセビージャが同点に追いつく。 セビージャは前半25分にネグレドが退場になってしまうと、引き気味の体勢になり、マジョルカは攻めあぐねてしまう。 マジョルカの方も前半ロスタイムにラミスが退場になってしまう。 後半にはいるとセビージャが攻めの主導権を握ってマジョルカは耐える展開。 そして後半11分、ドラグティノビッチのFKが直接決まってセビージャが1点をリードする。 さらに後半16分にはヘスース・ナバスのクロスをペロッティが押し込んで決定的な3点目。 マジョルカはいくつかのチャンスはあるものの、決定力不足もあってノーゴールのままセビージャの勝利。 CL出場権争いで一歩リードを奪った。

次の