アイス ボーン ヘビィ。 【MHWアイスボーン】散弾ヘビィ「王牙砲」のおすすめ装備と作り方

【アイスボーン】徹甲ヘビィ論争

アイス ボーン ヘビィ

装填拡張スキルLv3でLv3徹甲榴弾は4発装填可能になります。 攻撃力は金獅子砲【重雷】よりも劣るものの、ボウガンのカスタマイズで Lv3徹甲榴弾4発を反動中・リロード普通で撃つことができます。 またLv2麻痺弾とLv2睡眠弾を使用する事もできるので、かなりハイスペックなヘビィボウガンです。 単発自動装填はあまり有用ではありません。 Lv3徹甲榴弾運用装備 ブラキウム4部位で挑戦者極意と砲術極意を発動した装備。 徹甲榴弾に会心によるダメージアップ効果は無いので、挑戦者の会心率アップは無駄になりますが、攻撃力上昇効果の恩恵はあります。 砲術5に加え、業物・ガード性能5・ガード強化と言ったスキルも発動しています。 この装備の肝は KO術3です。 高いスタン値により拘束能力が高く、安定度が増すので必須と言えるスキルです。 フルチャージはダメージ上限の関係もあり、個人的にはおすすめしません。 Lv3徹甲榴弾を反動中・リロード普通で撃つことが可能です。 ただリロードは遅くなるので一長一短ですが…。 使用感 イベントの歴戦ネルギガンテのクリアタイムは7分くらいなので、散弾ヘビィには火力は劣ります。 途中で弾切れになるので補充が必要というデメリットはありますが、 とにかく楽ではあります。 傷つけ不要でどこを狙ってもダメージは同じ。 ライトの様な回避装填も不要で、 スタンとダウンのループで砲台の様に撃ち続けることが可能です。 シールド1枚ですがガードも可能なので、かなり安定度の高い装備だと思います。 Lv3通常弾との併用も可能だけど・・・ 鬼神雷砲【獣神】はLv3通常弾の運用も可能なので、スキル構成によっては徹甲榴弾と通常弾を併用するハイブリッド構成も可能です。 ただしスキルが中途半端になり、調合や弾薬変更の操作も忙しくなります。 また通常弾は傷つけで運用が必要なので、傷つけ不要の徹甲榴弾とは相性が悪いので、個人的にはあまりお勧めしません。

次の

【MHW アイスボーン】使いやすい散弾ヘビィ/貫通ヘビィ用のガンナー装備

アイス ボーン ヘビィ

装填拡張で貫通弾Lv3が8発装填可能です。 スロットは1スロの空きが1つ。 ライバルである 夜砲【黒風】と違い無属性強化は発動できません。 カスタマイズは弾丸重化と反動抑制が1つずつ必須。 他はシールドや遠距離パーツがおすすめです。 カスタム強化で最強の貫通ヘビィになる ベニカガチノシシはカスタム強化無しでは、夜砲【黒風】にダメージ期待値が負ける場面が多いです。 しかし最新のアップデートで、カスタム強化回数が増えた事により、 カスタム強化&パーツ強化込なら貫通ヘビィで最強になります。 もちろん回復カスタムや攻撃カスタムもおすすめです。 カスタム強化を最大にするには、導きの地で登場する歴戦ラージャンの素材が必要になるなど、道のりは険しいですが、強化する価値は十分あります。 快適さを求めるなら回復カスタムを入れたり、装備構成次第では会心カスタムも追加することもあるので、 攻撃カスタム一択という訳ではありません。 貫通弾運用装備 貫通弾はモンスターを貫くようにダメージが発生するので、弱点特攻で会心率を高めるより、素の会心率を高めて超会心によるダメージ上昇を狙う構成もおすすめです。 もちろん弱点特攻+見切り+超会心でダメージ上昇を狙う構成もありです。 ここでは『弱点特攻型』と『渾身型』の2つのガード貫通ヘビィ装備を紹介します。 ガードが不要なら鉄壁の護石を業物の護石に変更でさらなる火力UPが狙えます。 クラッチクローによる傷つけが前提になるので、貫通弾の扱いに慣れてから使用するほうがいいかもしれません。 基本的にはこちらの装備を作成することをおすすめします。 渾身型装備 貫通弾運用だとスタミナを使うことが少ないので、渾身による会心率UPの恩恵を受けやすいメリットを活かした装備です。 渾身・体力がなくてもスロットが1空きなので同じスキル構成は可能です。 火力は上記の弱点特攻型に劣りますが、会心カスタム+回復カスタムにして快適運用が可能です。 まず貫通ヘビィを試してみたい方にはおすすめの構成です。 龍脈覚醒+力の解放装備 2020年1月15日更新。 龍脈覚醒の自傷ダメージで力の解放を発動させやすくし、会心率を稼いでいます。 覚醒武器の狙撃でもいいですが、あまりダメージ差はないので好きな方でOKです。 回復カスタム+龍脈覚醒の回復で裂傷状態でもゴリ押し可能なのが強み。 不動の装衣があればガード無しでもガンガン回復するので、不動装備の時はダメージを稼いでいきましょう。 貫通弾がおすすめなモンスター アンジャナフ、ディアブロス、バゼルギウス、ヴァルハザク、ネロミエール、ネルギガンテ、アンイシュワルダあたりは貫通弾が有効です。 特にヴァルハザク・ネロミエール・バゼルギウスは ガード貫通弾がかなり楽です。 もちろん貫通弾以外の弾でも狩猟可能ですが、慣れると貫通弾が一番楽になります。 今回紹介したガード性能5・弱点特攻型で、歴戦バセルソロが8分程度でクリア可能です。 ソロ・マルチともに強いのでおすすめです。 龍脈覚醒+力の解放でさらにパワーアップ!歴戦ネルギガンテも7分程度でクリア可能です。

次の

【アイスボーン】貫通ヘビィのおすすめ装備とスキル一覧【モンハンワールド(MHW)】

アイス ボーン ヘビィ

貫通弾ヘビィ装備 覚醒武器 部位 防具名 スロット 武器• 超心・〇〇珠【4】• 渾身発動のため、スタミナにも気を配りましょう。 貫通ヘビィはやや離れた距離から狙撃できますが、マスター帯は距離を詰める攻撃や、遠距離攻撃が多彩なのでガード関連スキルは極力付けるのがおすすめです。 おすすめスキル一覧 スキル 解説 ボウガンの貫通弾の威力が上がる 会心攻撃の際ダメージが増加する。 Lv3で会心時のダメージ倍率を1. 4倍にする 会心率がUPする モンスターを攻撃した際、その部位に攻撃がかなり有効であれば、会心率が上がる スタミナゲージが満タンの状態を維持していると会心率が上がる プレイヤーの体力を上げる ガード時にのけぞりにくくなり、消費スタミナも軽減される 通常はガードできない攻撃も、ガードできるようになる 弾が最大威力になる距離を延長する 弾の装填数を増やす 覚醒武器が貫通ヘビィの最強に 赤龍ノ撃ツ砲・狙撃は、ムフェトジーヴァの討伐報酬で入手できる覚醒武器のヘビィボウガンです。 貫通弾の装填数が少ないものの、覚醒能力の装填数【貫通弾】で補い、さらに攻撃力なども強化できます。 おすすめの覚醒能力 覚醒能力 優先度 装填数【貫通弾】 高 攻撃力強化 高 反動抑制 低 赤龍ノ撃ツ砲・迫撃の覚醒能力は、装填数【貫通弾】攻撃力強化、反動抑制の順に優先度が高いです。 特に装填数【貫通弾】は3発と少ないLv3貫通弾を増やせるので、最優先で付与させましょう。 おすすめのカスタマイズ カスタマイズ 優先度 シールドパーツ 3個がおすすめ 高 反動抑制パーツ 高 弾丸重化パーツ 高 遠距離射撃強化パーツ 中 特殊照準射撃パーツ 低 おすすめの組み合わせは、シールドパーツ3個と弾丸重化パーツ、反動抑制パーツです。 弾丸重化パーツは、弾がヒットした際に、同じ部位に弾がヒットしやすいので、弱点部位を多く攻撃できます。 特殊照準運用時のデメリット 特殊照準の視点 特殊照準で運用するには、上記のスコープを覗いたような視点で戦闘を進めていかなければいけません。 相手の攻撃予兆などを見極めにくいので使用時には注意が必要です。 しかし、覚醒能力を付与すると攻撃力や貫通弾の装填数が増えて、高スペックの武器に変貌します。 強化が十分ではない覚醒武器は運用しない 覚醒武器の入手や強化には、ムフェトジーヴァを周回する必要があります。 また、強化が十分にされていない状態で運用すると、他の貫通ヘビィよりも性能が劣るので、強化できるまでは、生産武器がおすすめです。

次の