敬語 意味。 敬語を使う意味コラム

「できかねます」の敬語の意味と代わりに使うべき言葉【致しかねます】

敬語 意味

「申し出」の意味と類似表現との意味の違い 「申し出」の意味は「希望や意見を申告すること」 「申し出(もうしで)」の意味は、「希望や意見などを相手に申告すること」または「そういった内容」です。 そのため、日常会話の中でなんとなく口にするのではなく、伝えようという意思のもと相手に伝えています。 「申し出」と「申し入れ」との違い 「申し入れ(もうしいれ)」の意味は、「希望や意見などを相手に伝えること」または「そういった内容」と「申し出」と同じです。 どちらもかしこまっている表現ですが、2つの言葉には以下のように対象となる相手に違いがあります。 「申す」の説明• 基本的な使い方はどの場面でも同じと覚えておくといいでしょう。 「申し出」は自分に対しても使える 「申し出」は自分よりも立場が上の人に使うという定義はありますが、とくに謙譲語・丁寧語ではありません。 そのため、何か要望などを申告する時は自分に対して使うこともできます。 「申し出」の敬語表現 「申し出」の敬語表現は「お申し出」 「申し出」を敬語表現にする場合は、尊敬を表す接頭語の『お』を付け加え「お申し出」とします。 この表現であれば、「何なりとお申し出ください」や「先方からのお申し出ですが」など、立場が上の人に対して使っても失礼にはなりません。 「お申し出」は自分には使わない 「お申し出」は相手への尊敬を表す接頭語がついているため尊敬語にあたります。 自分自身に使うと不自然なため、基本的に自分に対して使うことはありません。 「お申し出」の言い換え表現 「お申し出」には、以下のようにいくつか言い換え表現があります。 「お申し出」よりもかしこまった表現ではないので、使うシーンや申告したい内容にあわせて使い分けるといいでしょう。 ご要望(ごようぼう) 例)「先方から新商品を購入したいとご要望(お申し出)がありました」• ご提案(ごていあん) 例)「今朝、取引先から予算見直しのご提案(お申し出)をいただきました」• ご依頼(ごいらい) 例)「お客様より宿泊先変更のご依頼(お申し出)がありました」• ご忠告(ごちゅうこく) 例)「近隣の方々より、我が社の騒音についてご忠告(お申し出)がありました」 「お申し出」の例文• 「取引先からお申し出がありました」• 「何かご要望があれば何なりとお申し出くださいませ」• ほとんどの場合、「結婚の申し出」という意味で使われます。 使うシーンは他の類語に比べてだいぶ限定されますが、「申し出」にも同じ意味があるので類語と言えます。 「申し出」の英語表現 要求を意味する「申し出」なら「request」 日本語の「申し出」の意味をすべて網羅している英語表現は今のところありません。 そのため、申し出をしたい内容にあわせて使い分ける必要があります。 名詞としても動詞としても使えます。 注意したい点は、日本語の「プロポーズ」と違い使うシーンは結婚の申し出に限定されていません。 proposal :【名】結婚の申し出、プロポーズ、提案、計画 まとめ 「申し出」は、上司や取引先など自分よりも立場が上の人に対して使う言葉です。 自分の意思に基づいて要望や意見を伝えるときに使いますが、自分以外に対して使う場合は失礼がないよう「お申し出」と尊敬語の形をとる必要があります。 「申し出」はとてもかしこまっている表現なので、相手との関係性次第ではかしこまり過ぎない言い換え表現や類語など使うといいでしょう。

次の

取り急ぎご連絡までは正しい敬語?意味・目上の人へのメールでの使い方も

敬語 意味

「こちらこそ」という敬語はなにげなく使われているだけに、時には人を不快にしてしまうリスクがあります。 「こちらこそ」を使う場合には、注意が必要なのです。 例えを使ってご説明していきますね。 お礼を言われた時に「こちらこそありがとうございます。 」と、つい返事をしがちですが、この表現では失礼に感じる人が少なからず存在するのです。 それでは敬語になりませんよね。 一体どうしてなのでしょうか? それは、何に対して感謝をしているのかという、感謝の内容が省略されてしまっているからです。 ビジネスシーンでよくある事例ですが、相手から「先日はお時間を取っていただき、ありがとうございました。 」とお礼を言われたとします。 それに対して「こちらこそありがとうございました。 」と返すと、先に相手が示した感謝の内容に乗っかって省略した形になってしまいます。 これではせっかくの敬語が生かされていません。 特に目上の人に対して配慮が必要なビジネスの場面では、こういった失礼がないよう注意が必要です。 せっかく敬語を使うのですから、正しい使い方でお互い気持ちよくやりとりをしたいものですね。 では、敬語として正しい「こちらこそ」の使い方をご説明します。 まず先ほどの例でいくと、「こちらこそお時間をいただき、ありがとうございました。 」と返すのが良いでしょう。 「お時間をいただき」という感謝の気持ちが述べられているので、これならきちんとした敬語の表現になります。 「〇〇いただき(〇〇には感謝の内容が入ります)」という言葉を加えると、丁寧で正しい「こちらこそ」の使用方法になるのです。 他には、「とんでもないことでございます。 」という言葉を前置きして、一旦相手からの感謝を否定するのも一つの手です。 謙遜することで、相手をより一層立てるといった方法ですね。 「とんでもないことでございます。 こちらこそお時間をいただき、ありがとうございました。 」と返答すれば、相手を立てた感謝の意を伝えることができます。

次の

「予めご了承ください」は二重敬語?意味と使い方・類語表現を解説

敬語 意味

コールセンターに電話をしたときに、オペレーターから次のような言葉を聞くことがあります。 「誠に申し訳ございませんが、お客様のご要望は弊社としては出来かねます」 敬語を使っているのですが、言葉の響きとして少し硬い拒絶にも聞こえます。 では、もう少し柔らかい言い方に変えればいいのでしょうか。 「いたしかねます」の方が柔ない表現にはなる 「できかねます」は硬い感じがするので、「いたしかねます」の方が良いと考える人がいます。 「いたしかねます」の方が柔らかい女性らしい響きに聞こえる気はします。 さらに「承りかねます」の方がより丁寧でより響きは柔らかく聞こえる気がします。 しかし、言葉の意味としてはどうなのでしょうか。 「できかねます」「いたしかねます」「承りかねます」には全て「~かねます」という文字が含まれています。 「~かねます」とはそもそもどのような意味なのでしょうか。 「~かねます」の意味 「できかねます」「いたしかねます」「承りかねます」の敬語に含まれている「~かねます」という言葉には「~することができない」「することが難しい」という意味があります。 「~かねます」は可能性のある敬語なのか? 「~かねます」という言葉を聞いた場合、「可能性があるのかな?」と相手に思わせることになるかもしれません。 「お客様のご要望は弊社としては出来かねます。 そうすると話がまとまらなくなってしまいますよね。 オペレーターは「出来ない」ということを相手に伝えたいと思っていますが、相手は可能性を追い求めるようになってしまいます。 もし相手が意味を捉えることができず混乱している様であれば? 「できかねます」「いたしかねます」「承りかねます」に含まれている「~かねます」という敬語の意味が相手を混乱させる可能性があるのならば、この言い回しにあまり慣れていない方の可能性もあります。 その場合は「お受けできません」ということを正確に伝えるのが良い 「お客様のご要望は弊社としては出来かねます」 「お客様のご要望は弊社としてはいたしかねます」 「お客様のご要望は弊社としては承りかねます」 これらの例は「かねます」という可能性を含む意味がある敬語で、相手に誤解を与える場合があります。 「お客様のご要望は弊社としてはお受けできません」としっかり断ってしまうのがいいでしょう。 誤解を与える「できかねます」「いたしかねます」「承りかねます」はやめて、「お受けできません」と伝えた方が相手に自分の意図は通りやすくなります。 「~かねます」の言葉に誤解を与える意味が含まれる敬語ならば、利用は極力控えておいたほうが賢明でしょう。

次の