マスキング 効果。 サウンドマスキングシステムとは?そのメリットを徹底解説!|オフィスレイアウトナビ

ガムやタブレットでは口臭は消せない?マスキング効果に疑問?

マスキング 効果

11-7 ラウドネス解析(ラウドネス、ラウドネスレベル、シャープネス) ラウドネスレベルは、従来の騒音レベル( L A)では考慮されなかった聴覚上のマスキング効果を含めた音の評価法で、より人の感覚に近い音の大きさを表します。 また、「ラウドネス」に加え、心理音響パラメータである「シャープネス」「ラフネス」「変動強度」「 AI」「トーナリティ」の6つの物理量で音を定量化・数値化する 「」等も用意しております。 1 ラウドネスとは 人が音を聞くとき、上図 11-12 のような様々な要因を考慮しながら判断をしています。 聞きなれた音等は気にならないなど音に関する感じ方は心理的状態により個人差が有ります。 心理的要素を含んだ評価はいろいろこころみられており、弊社では 「 」で計測をしています。 音質評価を表す諸量のうち音の大きさ( Loudness)にたいする聴覚感覚についてみると、物理的な測定量である音圧レベルに強く依存しており、騒音の評価量として一般的に使用されている騒音レベル( A 特性音圧レベル A-weighted Sound Pressure Level)は聴覚を模倣するため 40 phon の純音ラウドネス特性(等感曲線 ISO R226)を近似した周波数重みづけを施された音圧レベルとして考え出されました。 しかし同じ音の大きさで 2 つの純音を聞いたとき周波数が離れていると 2 倍の大きさとして聞こえますが、接近した周波数の音の場合は 2 倍の大きさでなくそれより小さい音として聞こえ、これをマスキング効果といいます。 騒音レベルは純音のラウドネス曲線の重みつけをしてもとめた量を表しているため、通常の騒音のように色々な周波数を含んだ音の場合には、人が感じる音の大きさと一致しません。 より聴感にあった音の大きさを求めるためマスキング効果を考慮した方法が考えだされ、定常騒音に関するラウドネスの算出方法として ISO 532 で規格化されました。 この規格は Stevens, S. の方法 A と Zwicker, E. の方法 B の2つがあります。 以下に補足解説をします。 2 等感曲線と音の大きさのレベル( phon)、音の大きさ( sone) 次図 11-13 に純音の等ラウドネス曲線( 2003 年 ISO 226 国際規格)を示します。 この図は先の 6 章 4 節「音の大きさのレベル( loudness level)」に掲げたものと同じものです。 6 章 4 節の解説も参考下さい。 曲線に付してある数値は音の大きさのレベル( Loudness Level)で、 1 kHz の純音の音圧レベル( dB)と同じ値を phon(フォン)という単位で表し、 1 kHz の純音と同じ大きさに聞こえるそれぞれの周波数の音圧レベルを結んで等感曲線として示しています。 40 phon のときの等感曲線を近似し A 特性フィルタとして採用されています。 A 特性の重み付けしてエネルギー加算評価した値が騒音レベルになります。 しかし音の大きさのレベルは心理量でなく、一般の複雑な騒音では 50 phon の音が 40 phon の 2 倍の大きさに聞こえるわけでなく、また 40 phon の音 2 つを同時に聞いても 50 phon には聞こえません。 そこで音の大きさを表す単位として 1 kHz 40 dB(音圧レベル)の音を 1 sone(ソーン)として定義し、これと同じ大きさに聞こえる騒音の大きさを 1 sone、その 2 倍の大きさは 2 sone として表します。 250 Hz の音の大きさは斜線の面積部分にあたり、 250 Hz と 500 Hz の音の大きさ(ラウドネス)は上図の斜線部分の面積から求めます。 500 Hz の純音が 250 Hz の純音にマスキングされた部分(重なった面積)は除かれますので、その値は 1 kHz のときに比べ小さい値になり、より聴感に近い音の大きさを表します。 マスキング効果の特徴は 250 Hz の斜線面積を見るとわかるように、低周波側ではマスキング量は少なく(近似的にマスキング無しとしています)、高周波側に発生する特徴を持ちます。 また音が大きいほどマスキングする範囲は裾広がりになります。 3 シャープネス シャープネス(音の鋭さ)とは、音の甲高さを表し、広域を強調したラウドネスと普通のラウドネスとの比として算出され、単位は acum(アキューム)です。 一般的にラウドネスは迫力感(大きい、迫力がある、力強いなど)と、シャープネスは金属製(かたい、耳障りな、甲高い)との関係があると言われています。 4 測定例 マスキング効果を考慮して求めたラウドネス( sone)、それから求めたラウドネスレベル( phon)を簡易的に測定し、表示した例を下図に示します。

次の

最強の騒音対策!うるさい場所で勉強に集中する究極の方法【受験生必見】

マスキング 効果

11-7 ラウドネス解析(ラウドネス、ラウドネスレベル、シャープネス) ラウドネスレベルは、従来の騒音レベル( L A)では考慮されなかった聴覚上のマスキング効果を含めた音の評価法で、より人の感覚に近い音の大きさを表します。 また、「ラウドネス」に加え、心理音響パラメータである「シャープネス」「ラフネス」「変動強度」「 AI」「トーナリティ」の6つの物理量で音を定量化・数値化する 「」等も用意しております。 1 ラウドネスとは 人が音を聞くとき、上図 11-12 のような様々な要因を考慮しながら判断をしています。 聞きなれた音等は気にならないなど音に関する感じ方は心理的状態により個人差が有ります。 心理的要素を含んだ評価はいろいろこころみられており、弊社では 「 」で計測をしています。 音質評価を表す諸量のうち音の大きさ( Loudness)にたいする聴覚感覚についてみると、物理的な測定量である音圧レベルに強く依存しており、騒音の評価量として一般的に使用されている騒音レベル( A 特性音圧レベル A-weighted Sound Pressure Level)は聴覚を模倣するため 40 phon の純音ラウドネス特性(等感曲線 ISO R226)を近似した周波数重みづけを施された音圧レベルとして考え出されました。 しかし同じ音の大きさで 2 つの純音を聞いたとき周波数が離れていると 2 倍の大きさとして聞こえますが、接近した周波数の音の場合は 2 倍の大きさでなくそれより小さい音として聞こえ、これをマスキング効果といいます。 騒音レベルは純音のラウドネス曲線の重みつけをしてもとめた量を表しているため、通常の騒音のように色々な周波数を含んだ音の場合には、人が感じる音の大きさと一致しません。 より聴感にあった音の大きさを求めるためマスキング効果を考慮した方法が考えだされ、定常騒音に関するラウドネスの算出方法として ISO 532 で規格化されました。 この規格は Stevens, S. の方法 A と Zwicker, E. の方法 B の2つがあります。 以下に補足解説をします。 2 等感曲線と音の大きさのレベル( phon)、音の大きさ( sone) 次図 11-13 に純音の等ラウドネス曲線( 2003 年 ISO 226 国際規格)を示します。 この図は先の 6 章 4 節「音の大きさのレベル( loudness level)」に掲げたものと同じものです。 6 章 4 節の解説も参考下さい。 曲線に付してある数値は音の大きさのレベル( Loudness Level)で、 1 kHz の純音の音圧レベル( dB)と同じ値を phon(フォン)という単位で表し、 1 kHz の純音と同じ大きさに聞こえるそれぞれの周波数の音圧レベルを結んで等感曲線として示しています。 40 phon のときの等感曲線を近似し A 特性フィルタとして採用されています。 A 特性の重み付けしてエネルギー加算評価した値が騒音レベルになります。 しかし音の大きさのレベルは心理量でなく、一般の複雑な騒音では 50 phon の音が 40 phon の 2 倍の大きさに聞こえるわけでなく、また 40 phon の音 2 つを同時に聞いても 50 phon には聞こえません。 そこで音の大きさを表す単位として 1 kHz 40 dB(音圧レベル)の音を 1 sone(ソーン)として定義し、これと同じ大きさに聞こえる騒音の大きさを 1 sone、その 2 倍の大きさは 2 sone として表します。 250 Hz の音の大きさは斜線の面積部分にあたり、 250 Hz と 500 Hz の音の大きさ(ラウドネス)は上図の斜線部分の面積から求めます。 500 Hz の純音が 250 Hz の純音にマスキングされた部分(重なった面積)は除かれますので、その値は 1 kHz のときに比べ小さい値になり、より聴感に近い音の大きさを表します。 マスキング効果の特徴は 250 Hz の斜線面積を見るとわかるように、低周波側ではマスキング量は少なく(近似的にマスキング無しとしています)、高周波側に発生する特徴を持ちます。 また音が大きいほどマスキングする範囲は裾広がりになります。 3 シャープネス シャープネス(音の鋭さ)とは、音の甲高さを表し、広域を強調したラウドネスと普通のラウドネスとの比として算出され、単位は acum(アキューム)です。 一般的にラウドネスは迫力感(大きい、迫力がある、力強いなど)と、シャープネスは金属製(かたい、耳障りな、甲高い)との関係があると言われています。 4 測定例 マスキング効果を考慮して求めたラウドネス( sone)、それから求めたラウドネスレベル( phon)を簡易的に測定し、表示した例を下図に示します。

次の

マスキング効果

マスキング 効果

マスキング効果は、ある音が他の音によって妨害・遮蔽されて聞えなくなる現象。 2つの音が純音、周波数の差が小さいほどこの効果は大きい。 一般に低音は高音をよく遮蔽するが、高音の低音に対する遮蔽効果はそれほど。 このマスキング(masking)は聴覚だけでなく視覚や触覚などでも見られるが、最もわかりやすいのは聴覚マスキング(auditory masking)である。 聴覚マスキング マスキング効果が大きいときは、音の強度を大きくしなければ聞き取ることができなくなる。 マスキング効果の程度は、他の音の存在によって最小可聴値(threshold of hearing)の上昇具合で知ることができる。 マスキングが起こるためには、当然に「マスクされる音」と「マスクする音」が必要になるが、これら両者の周波数と強さを変化させマスキング量を測定した場合、次のような一定の傾向、特徴がみられる。 高周波数音は低周波数音をマスクしにくいが、低周波数音は、高周波数音をマスクしやすい• 周波数の近い音ほどマスキング量は大きい• 周波数が近すぎるとうなりが起こるためマスキング量は減少する。 これは倍音でも同様のことが起こる• 周波数によって効果は異なるが、「マスクする音」の強さが大きくなるとマスキング範囲やマスキング量は広がる 音声のデータ圧縮 音声圧縮にもこの現象を利用してデータ量を小さくしようという技術が使われていることは有名ですが、ボーカルの特訓でたまに聞くのは「音源を流しながら歌って、音がずれてなければ自分の声だけが聞こえる」というのがわかりやすい例ですね。 こうしたマスキング効果を利用して、音声圧縮記述が進みました。 結局は音も手抜きで聞いているということです。 しかしながら、聴覚の感覚を発達させると、本来マスキングで捉えているような「だいたい」の知覚を超えて、細かな音の差異がわかるようになり、だいたいどれくらい音声圧縮されているかというのもわかるようになってきます。 具体的なビットレートの数値まではあてられなくても、どちらのほうが高圧縮データであるかというところくらいはわかるようになります。 ロックやポップスなどでドラムの音が入っている場合はハイハットなどのシンバル類に注目して耳を澄ませてみましょう。 可聴音域や音の全体構造について「」 関連しているかもしれない記事です:• カクテルパーティー効果は、選択的注意のうちの音声の選択的聴取のこと。 人間は音を処理して必要な情報だけを再構築していると考えられる。 1953年に心理学者のチェリー Cherry によって提唱。 このカクテルパーティー効果は、たくさんの人が会場で会話を繰り広げるような「カクテルパーティー」の会場の騒音の中で、自分の名前が出てきたり、自分に関係の強い話題が出てきた時にその話の内容が聞き取れたり、単に自分が今会話している相手の声だけを選択して聞き取れるといった選択的聴取のことです。 自分の名前をはじめ、自分に関係が強い... マガーク効果は、言語音声の音韻知覚において聴覚情報と視覚情報の相互作用を示す現象の一つ。 目と耳に入ってきた情報が勝手に組み合わさって、そのミックスバージョンを感じちゃうよ、というようなことですね。 ある音韻の発話の映像と、別の音韻の音声を組み合わせて視聴すると、第三の音韻が知覚されるということで、錯覚現象であり、完全にアイツがバグっている状態です。 ダイレクトに感じているわけではないというような表れですね。 視覚情報としてて、映像上で発音している言葉の口の形と耳から聞こえてくる聴覚情報がバラバラだった場合、それを合わせ... 音響に反応して内耳の蝸牛中のコルティ器官の有毛細胞に電位が誘起される現象で、蝸牛マイクロフォン効果とよばれることもある。 ウィーヴァー-ブレイ効果は、猫に音を聞かせ、猫の神経にあてた電極から導出した電流を増幅し音波にすると、話し声を容易に聞き分... おとり効果とは、実際には選ばれることのない選択肢を混入させることによって、意思決定結果を変える心理効果。 松竹梅ですね。 実際は購入者などほとんど期待していない高額なセットなどを設定して、相対的に「まあこれくらいだろう」と真ん中のやつを選ばせるようなものです。 そしてその真ん中が一番利益率のいい商品だったりします。 というかその利益率の高い商品を買わせるために、わざわざ「一応作れるけど、売る気のない高い商品」を設定します。 実際にその高額商品が売れた場合は、利益の「率」は低くても単価が高いため、なんなら「売れたら売れたで嬉し... テンションリダクションとは、緊張と弛緩から自我の防衛機能が低下し、心理的に無防備になるという感じです。 緊張している状態からホッとして緩んだ時、その瞬間に心理的なガードが緩むことを意味します。 テンション(tension)は、物理においては張力、心理においては緊張を意味し、リダクション(reduction)は、減少や縮小、削減、還元と言った意味がありますので、テンションリダクションとは緊張が弛緩するという感じです。 その時に自我は弱まり、心のファイアーウォールが弱まるという感じになります。 重要な出来事や重大な決断の時... アーカイブ• 9 人気の記事です• 35,154 PV miscellaneous notes 雑記• 34,738 PV うつ、もしくはうつ気味の方へ• 23,817 PV miscellaneous notes 雑記• 20,000 PV miscellaneous notes 雑記• 19,671 PV うつ、もしくはうつ気味の方へ• 15,376 PV finance お金に関すること• 13,627 PV philosophy 哲学• 12,639 PV philosophy 哲学• 11,046 PV 植物• 10,907 PV miscellaneous notes 雑記• 9,911 PV miscellaneous notes 雑記• 8,829 PV 植物• 8,646 PV miscellaneous notes 雑記• 8,007 PV 植物• 7,605 PV miscellaneous notes 雑記• 7,511 PV philosophy 哲学• 7,452 PV philosophy 哲学• 6,537 PV philosophy 哲学• 6,462 PV miscellaneous notes 雑記• 6,336 PV うつ、もしくはうつ気味の方へ• 6,210 PV miscellaneous notes 雑記• 5,934 PV 植物• 5,446 PV philosophy 哲学• 5,416 PV miscellaneous notes 雑記• 5,276 PV miscellaneous notes 雑記• 4,993 PV philosophy 哲学• 4,743 PV finance お金に関すること• 4,409 PV 曙光(ニーチェ), 第二書• 4,397 PV 植物• 4,334 PV IT &Internet パソコンとか通信とか• 4,265 PV philosophy 哲学• 3,972 PV miscellaneous notes 雑記• 3,946 PV うつ、もしくはうつ気味の方へ• 3,696 PV philosophy 哲学• 3,694 PV philosophy 哲学• 3,676 PV 植物• 3,484 PV philosophy 哲学• 3,431 PV 植物• 3,386 PV 植物• 3,336 PV philosophy 哲学• 3,316 PV miscellaneous notes 雑記• 3,298 PV philosophy 哲学• 3,157 PV うつ、もしくはうつ気味の方へ• 3,131 PV miscellaneous notes 雑記• 3,125 PV philosophy 哲学• 3,114 PV 曙光(ニーチェ), 特別企画 個別記事を閲覧されるとカウントが反映されるようです。 宝ヶ池を愛するみなさまへ この7日間で人気• 「キャー!」「きゃあん!」といった超高周波の奇声を絶叫する子供が激... 314件のビュー• 堂々としたテーマでお送りしましょう。 うつは確実に治りますし、治ると... 206件のビュー• 洗脳カルト宗教の勧誘に来た人を逆に説法して脱洗脳を試みてみました。... 154件のビュー• 先日の「うさぎの死 さようならわが息子よ」で予告しましたとおり、「... 135件のビュー• 「怨憎会苦」嫌いなものと会わねばならぬ苦しみについて触れていきます... 104件のビュー• 「大葉(青紫蘇)」と「えごま(荏胡麻)」は仲間であり、共にシソ科シ... 101件のビュー• 洗脳系自己啓発コンサルタントの実態ということで、カルト並みに洗脳さ... 82件のビュー• 「求不得苦」求めても得られない苦しみについて触れていきます。 求不得... 80件のビュー• なぜ、人をいじめてはいけないのか、いじめがいけない理由について、そ... 80件のビュー• 「うつ」を自力で克服するということという感じで、根本的なことについ... 76件のビュー• 四苦八苦シリ... 76件のビュー• 言葉の乱れというものが問題視されることもありますが、新しい言葉がど... コメント表示について 恐縮ながらスパム防止のためコメント表示は承認制になっています。 書き込んで頂いた場合でも即座に該当ページには表示されません。 記事の更新について キャッシュを利用しているので「更新されてないな」とお感じの際は、ページを強制更新してみてください。 たまに画像などを追加することがあるので、気が向かれた時に個別記事も更新してみてください。 なお、各記事に組み込まれた画像も、クリックで詳細ページに飛びます。 そちらにも少しコメントなどを残しています。 書庫 書庫のものは最近の投稿やトップインデックスには反映しません。 カテゴリテーマについて 各カテゴリのテーマ内容詳細は、をご覧ください。 特別企画.

次の