宮崎 ます み の 病気。 口蹄疫10年、宮崎に逆風 新型コロナで輸出急減 牛と豚の頭数9割回復|【西日本新聞ニュース】

口蹄疫10年、宮崎に逆風 新型コロナで輸出急減 牛と豚の頭数9割回復|【西日本新聞ニュース】

宮崎 ます み の 病気

宮崎県で牛や豚など約29万8千頭が殺処分された2010年の家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」の発生が最初に確認されてから、20日で10年を迎える。 高齢化などで畜産農家戸数は約4割減ったが、農場の規模拡大で県内の牛、豚の飼養頭数は発生前の9割まで回復した。 一方、の感染拡大の影響で現在、ブランド牛「宮崎牛」の国内需要が急減し、海外輸出もほぼ止まっている。 全国有数の「畜産王国」に逆風が吹いている。 県によると、19年2月1日現在の牛と豚の県内農家戸数は計6485戸。 口蹄疫では県全体の4分の1に当たる牛や豚が処分されたが、飼養頭数は計109万9700頭(19年)に回復した。 国は近年、輸出品のとして和牛の増産を推進するが、海外産牛肉の輸入増加などで、和牛の枝肉や子牛価格が下落するなど環境は厳しい。 新型コロナウイルス感染拡大が追い打ちをかけ、国際線の減便などで宮崎牛の欧米向け輸出は4月以降停止。 台湾や香港向けの輸出量も前年比2割程度に落ち込む。 口蹄疫で、母牛と子牛計約140頭を全頭処分した経験を持つ同県西都市の和牛繁殖農家は「子牛や枝肉価格が下げ止まらない。 先が見えない」と不安を隠さない。 国内では豚熱(CSF)が発生し、中国や韓国など周辺国では口蹄疫やアフリカ豚熱(ASF)が拡大している。 県は「国内外で人の往来が減っても、ウイルス侵入の恐れは常にある。 口蹄疫の経験を生かし、防疫を徹底したい」とする。 (古川剛光).

次の

宮崎県警察本部

宮崎 ます み の 病気

定点医療機関当たりの患者報告総数は前週比109%と増加した。 なお、前週と比較して増加した主な疾患は、咽頭結膜熱と手足口病で、減少した主な疾患は特になかった。 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の報告数は2,306人 0. 7 で前週比104%とほぼ横ばいであった。 例年同時期の定点当たり平均値* 3. 1 の約0. 2倍であった。 福岡県 2. 6 、鳥取県、長崎県 2. 3 からの報告が多く、年齢群別では3〜6歳が全体の約4割を占めた。 感染性胃腸炎の報告数は5,410人 1. 7 で前週比110%と増加した。 例年同時期の定点当たり平均値* 6. 3 の約0. 3倍であった。 宮崎県 4. 3 、香川県 3. 7 、大分県 3. 4 からの報告が多く、年齢群別では1〜3歳が全体の約3割を占めた。 * 過去5年間の当該週、前週、後週(計15 週)の平均値 PDFファイルダウンロード.

次の

宮崎県の天気

宮崎 ます み の 病気

Sponsored Link 元旦那は?子供は? 1985年、高校2年生の時に出演した映画、 「ビーバップハイスクール」で一躍ブレイクし、 1994年に出版した写真集 「XXX」はベストセラーになるなど、 人気女優としての地位を確立された宮崎さんですが、 なぜか満たされない思いを抱えていたそうで、 1994年8月、アメリカ・ロサンゼルス在住の、 テレビカメラマン、君武(きみ たけし)さんと電撃挙式すると、 芸能活動を休止してアメリカに移住。 (1995年と1997年には、それぞれ男の子を出産) その後は、主婦業と子育てのかたわら、 アメリカでの主婦生活や育児などをテーマにした、 エッセイを雑誌に連載されていたのですが、 お子さんが就学したことで手がかからなくなると、 自分は与えられた命を十分に活かして生きているだろうか? と、また疑問を抱くようになったそうで、 今度は、自己と対話をするために長年の夢でもあったインドへ。 そして、そのインドでの旅行中に、 再び日本に戻って仕事を再開しようと思われたそうで、 結局、2005年、園子温監督作品 「Strange Circus 奇妙なサーカス」 の主演で、女優業を再開されたのでした。 「Strange Circus 奇妙なサーカス」より。 宮崎さんと桑名里瑛さん。 病気は乳がん ところが、同年(37歳)には、乳がんが発覚。 実は、2003年頃から、 小さなしこりがあることには気づいており、 帰国する用事があった際に、 二度、エコー検査を受けられていたのですが、 いずれも、「悪性ではないでしょう」との診断。 しかし、2005年、映画 「危険なサーカス」の撮影が終わった頃、 しこりが大きくなっていることに気づき、再び検査をすると、 「乳がん」と診断されたのでした。 それで、右胸腫瘍の部分切除手術を受けると、 手術は無事終了。 その後、放射線治療(2ヶ月)と、 ホルモン療法(がん細胞を増殖させる女性ホルモンを抑制) を受けることとなったのですが、 ホルモン療法では、倦怠感や不眠、 ホットフラッシュなど、副作用に苦しめられたそうで、 気持ちもどんどんネガティブになっていき、 本来5年は続けなければならなかったホルモン療法を10ヶ月で断念。 再発の恐怖よりも、後悔しない生活をしようと、 「私らしく生きる」ことに気持ちを変えたそうで、 宮崎さんは、 (現在治療は)なにもやっていないです。 もちろん、治療をやめるときには勇気がいりましたよ。 お医者さまが5年やってくださいと言ってるところを、 自分の気持ちでやめたいっていうわけですから。 当然、死も覚悟しました。 でも自分でそういう選択をしたことで、 自分が生きるということに責任をもてるようになりました。 薬や手術は病気を治すお手伝いをしてくれるけれど、 治すのはあくまで私自身なんだと。 意識にカチッとスイッチが入って、 からだが方向転換したような感覚でしたね。 と、明かされています。 現在はヒプノセラピー? そんな宮崎さんは、現在は、がんを自ら克服していった経験を活かして、 「ヒプノセラピスト(催眠療法士)」として活動されています。 ヒプノセラピーとは、人々の潜在意識の中に隠されている、 慢性的なストレスのような病の原因を催眠療法で働きかけ、 それをイメージや暗示を用いて解放していく方法で、 現在抱えている問題が、幼少期に起こったことが原因のこともあれば、 記憶をどんどんさかのぼって(年齢退行催眠)、生まれる前の胎児期、 さらには、前世にまでさかのぼってしまうこともあり、 その問題がどの時点で発生したのかを認識し、 その時の感情を書き換えることで、癒やされるそうで、 宮崎さんは、第三者から教えてもらうのではなく、 自分の内側から湧き出た感覚を、自分の五感で受け取ることで癒やされていく、 つまり、自分で原因を認識し、自らの意思で癒やされることが、 ヒプノセラピーの素晴らしさだと語っておられました。 Sponsored Link 離婚 ところで、宮崎さんは、2008年5月22日発売の 「婦人公論」で、 2007年11月に離婚されたことを明かされています。 実は、宮崎さんが、2005年、園子温監督作品 「危険なサーカス」で、 女優復帰したことから夫婦関係が崩れ始め、 同年夏、宮崎さんから別れ話を切り出されたそうですが、 その後、2人のお子さんを連れて帰国することを決めた矢先、 乳がんが発覚。 このことがきっかけで、一旦よりを戻すも、 2007年9月に、再び、宮崎さんから離婚を切り出されたそうで、 病気をした事がとても大きな転機になったのは確かです。 もう嘘がつけない、ごまかしがきかない、 心と身体になってしまっていたのです。 夫も、一度ハワイでやり合ってますから、 やっぱりダメだったなと納得したんだと思います。 (お二人は、2001年にハワイに移住。 ハワイでも離婚の話をしていたようです。 ) 親権、財産・・・と、話し合いもごく円満でした。 と、乳がんを患ったことによって、よりはっきりと、 子どもたちのために離婚を思いとどまろうとしたことが、 精神的な負担になっていたことなどに気づき、 いくら周囲から反対の声が上がっても、 強い意志で離婚を決断したことを明かされています。 さて、いかがでしたでしょうか? 大病を経て、自分の魂の真の目的に気づき、 人々を癒す活動をされている・・・ともいえる宮崎さんですが、 トントン拍子で、少女時代からの女優になるという夢が叶うも、 物足りなくなって結婚&出産。 しかし、やがてその生活も物足りなくなると、 すんなり、主演で女優復帰。 そして、子供のことより、 自分の精神面を優先して離婚。

次の