長野 駅弁。 長野駅 豚肉の駅弁|ウェブサイト駅弁資料館|Ekiben at Nagano Station in Nagano Pref.

駅弁無用!長野駅で買える信州限定店のお弁当5選【売り場案内画像付】

長野 駅弁

中でも最も有名なのが、 1時間待ちにもなる明治亭。 甘からの タレがたっぷり染み込んだソースかつや 、味噌焼き牛タンがお弁当になって販売されています。 お時間があれば 駅ビル3階に明治亭レストランもあります。 まんじゅうの皮にカツを挟んだ『 どんまん』もお土産としておススメです。 赤マルがもう明治亭です。 日本唐揚協会からあげグランプリで3年連続金賞を受賞した有名なお店です。 朝ジメの新鮮な国産鶏肉を 信州りんごを使ったタレで漬け込んだから揚げはジューシーで絶品。 ニンニクの効いた松本の名物『山賊焼』も人気です。 店内手作りの本格中華弁当をお安く販売してくれます。 エビチリ、油淋鶏、餃子、青椒肉絲とお弁当の数も種類もとにかく豊富。 お惣菜200円、 お弁当550円から。 ニンニクの効いたボリュームたっぷりの油淋鶏とチャーハンのセットは絶品です。 第一楼の画像案内 実はこちらもからあげセンターすぐそば。 先ほど通ってきた 銀だこのはす向いにあります。 長野ハムが運営する コイズミデリカッセンがお弁当を展開しています。 ローストビーフ丼やビビンバ丼、豚めし弁当やハンバーグ弁当など、肉肉肉! ボリュームたっぷりのお弁当が手に入ります。 コイズミデリカッセン画像案内 こちらは からあげセンターの右隣。 すぐにわかります。 天皇陛下ゆかりの老舗ホテル犀北館にも入っており、 他ではまず見かけない見た目も美しいお弁当、お惣菜、スイーツを取り扱っています。 デリカ鉄扇画像案内 こちらも密集してます。 からあげ センターの左隣なので見ればわかります。 デリカ鉄扇のお弁当 13時にはもうローストビーフ丼など人気のお弁当は売り切れでした 長野駅ビルMIDORI 1階 マルシェ内 TEL 営業時間 10:00~20:00 番外編!お寿司が食べたい人へ すし屋で食べるような生寿司が食べたいんだ! という方へ。 生寿司のお弁当は先ほど通ってきた 高級スーパー内にあります。 お寿司売り場案内画像 2階から降りるエレベータから左のスーパーに入ります 入って正面に鮮魚売り場。 それはそれは 立派な生寿司のお弁当が手に入ります。 今回はここまで! めでたしっ。

次の

長野駅 牛肉の駅弁|ウェブサイト駅弁資料館|Ekiben at Nagano Station in Nagano Pref.

長野 駅弁

ここでは、 長野駅の駅弁の一覧をご覧いただきます。 全国の駅弁をご覧になりたい場合は、からお選びください。 それ以外の駅弁カテゴリーについては、下記になります。 それぞれ、「科の木」という名称のお店になりまして、その店頭の目立つところで、駅弁の販売が行われています。 (こちらは、在来線の改札口内の駅弁売り場「駅弁科の木」です) 売られている駅弁は、主としてデリクックちくま、明治亭、王滝グループの3社のお弁当です。 それらの駅弁のうち、食べたことのあるものを、本ページでご紹介するとともに、駅弁売り場の情報も記します。 長野駅の改札口内の2カ所の駅弁売り場 初めに、長野駅の駅弁売り場の情報から。 在来線改札口を入って、在来線の駅弁売り場、そしてそこから新幹線の乗り場に向かって、北陸新幹線の改札内の駅弁売り場まで、動画で案内します。 以下の動画を、ご覧ください。 新幹線の改札口内には、在来線側から行かなくても、普通に新幹線の改札を通れば、目の前に売り場があります。 下記写真、左側の新幹線の改札を入ると、正面に矢印の所に売り場が有るのが分かると思います。 (パノラマ撮影しているので、写真の中央にいる人がお化けになってます・笑) 下記、在来線側の駅弁売り場で、午前10時過ぎに撮影した写真です。 10時を過ぎると、ほとんどのお弁当が店頭に並ぶそうです。 私も食べた事のない駅弁が多いので、これからせっせと長野に通いたいなと思います。 上記の駅弁屋さんに関する情報 新幹線の改札内 電話:026-226-4420 営業時間:6:30~19:30 定休日:無休 在来線の改札内 電話:026-225-7890 営業時間:7:30~19:30 定休日:無休 長野駅の改札口の外にある駅弁売り場 改札口の外にも、駅弁屋さんがあります。 在来線の改札口を出て、正面右側、MIDORIという駅のショッピングモールの一番手前側、矢印のところに、明治亭のお弁当売り場があります。 ちなみにこの駅弁売り場のすぐ左隣は、かつての長野駅の駅弁業者、ナカジマ会館の経営する立ち食いそばスタンドがあります。 ごく普通の蕎麦ですが、懐かしいと感じる人も多いかも。 ここで、ナカジマ会館が駅弁を売ってくれたら嬉しいのですが・・・。 明治亭の店舗は、こんな感じです。 お弁当だけでなく、サンドイッチも売られています。 上記の駅弁屋さんに関する情報 明治亭 (お弁当ショップ) TEL:026- 219- 1180 営業時間:9:00~20:00 ナカジマ会館 (立ち食いそば) 電話:026-219-9092 営業時間:7:00~20:00 定休日 上記が入居しているMIDORIのホームページで確認の事 長野駅の、食べたことのある駅弁一覧 長野駅で売られている駅弁のうち、私が食べたことのある駅弁の一覧です。 まだまだたくさんあるので、機会を見つけて食べに行きたいと思います。

次の

峠の釜めし本舗おぎのや

長野 駅弁

長野駅 豚肉の駅弁|ウェブサイト駅弁資料館|Ekiben at Nagano Station in Nagano Pref. 旅の友「駅弁」。 館長が食べた駅弁を中心に、日本全国と世界の駅弁を紹介します。 長野駅 豚肉の駅弁(7種類収蔵) Ekiben at Nagano Station in Nagano Pref. 長野市は長野県の北部に位置する人口約38万人の門前町で、長野県の県庁所在地であり1998年の冬季五輪の開催地でもある。 駅弁は2007年1月に国鉄時代からの駅弁屋が撤退、その後しばらくはNREの東京駅弁が売られた後、現在はNREが地元業者の駅弁を販売している。 1888(明治21)年5月1日開業、長野県長野市末広町。 明治亭ソースかつ丼(1,490円) 2019年10月14日にしなの鉄道軽井沢駅の売店で購入 Meijitei Sauce Cutlet Don 長野県の伊那地方の駒ヶ根に本店を置き、長野県内でチェーン展開するソースかつ食堂の商品で、長野駅などで買えるもの。 商品名と食材を描く掛紙には、「長野・駒ヶ根・軽井沢 名物」と、その展開範囲が記される。 中身は白飯に千切りキャベツとソースカツ、レモンと桜漬けという、とんかつのスタンダード。 ソース漬けなのにサクサクのカツで御飯が進む。 同年10〜11月のJR東日本の駅弁キャンペーン「駅弁味の陣2017」にエントリーされ、以後も販売を継続している。 長方形の容器に、野沢菜漬入りの御飯を敷き、豚の蕎麦みそ焼とゼンマイで覆い、ヒメタケと紅生姜で彩り、玉子焼と野沢菜漬を添える。 メインの豚は、見た目は豚バラ肉の角煮で、食べれば弾力性があって、軟骨のような食感。 酒粕のようなタレの風味と、コリコリした蕎麦の粒をまとう食感で、これは駅弁として類例のない感じ。 販売駅 信越本線 長野(ながの)駅 1888(明治21)年5月1日開業 長野県長野市末広町 調製元 株式会社 デリクックちくま 長野県長野市篠ノ井小森428番地 026 292 0986 ソースかつサンド(648円) 2015年11月22日に長野駅ビル店舗で購入 Sauce Cutlet Sandwich これは駅弁ではなく、長野駅の駅ビルで買った商品。 店頭では長野駅ビルの店舗限定と表記。 在来線改札内と新幹線改札内にひとつずつある、駅弁を扱う土産物売店のいずれもが、駅弁を売り切らしていたとき、店員に案内された店舗で購入。 長野駅の駅弁は、朝も昼も夜も売り切れていると思う。 長野と軽井沢に展開する駒ヶ根のソースかつ丼屋という、信州を股にかけた有名店のカツサンド。 耳付きの食パンに、さらさらのソースに漬かったヒレカツだけを挟む。 ぱさついたパンも、固めのカツも、まるでスーパーで買うような味と内容。 お値段はともかく、これがB級グルメの正しい姿だと思う。 ソースカツを名物とする土地のひとつに、鉄道でいえばJR飯田線の沿線、伊那の駒ヶ根がある。 「味の真剣勝負 人生勝丼 明治亭」なる水引柄のシールを追加していた。 その他は4年前とまったく同じ。 発売当時は黒姫高原豚、購入時点で信州みゆきポークを使うトンカツが、白御飯の上に1枚、キャベツの千切りを敷き、6切れに切られて横たわる。 1切れだけ断面が見えるように向きを変えているのは、エラーでなく仕様である模様。 肉と油のトンカツなのに、味は淡いというより無い感じ。 普段は使わないソースを使うと、醤油のようにサラサラで、塩気が付加された。 付合せの漬物2種も刺激がなく、味だけ見れば駅弁らしからぬ感じ。 木目柄で小さな長方形の発泡材容器を、信州の動植物をいくつか描いた掛紙で巻く。 半透明のプラ製トレーに収まる中身は、豚肉で目張りし透明なフィルムに収めたおむすびが2個と、玉子焼、きゅうり味噌煮、りんごのコンポート、七味唐辛子。 内容こそ近年に各地で出ているタイプだが、飯玉は固く締まり、分量以上のボリューム感がある。 wikipediaによると2012年10月18日までの販売。 円形の加熱機能付き容器を真っ黒なボール紙箱に詰める構造は、多くの加熱式駅弁と共通。 中身は白御飯の上に、特製ダレにすりおろしリンゴと蜂蜜を入れて煮たというたっぷりの豚角煮を載せて、リンゴを添えるもの。 珍奇な駅弁名に違い、見栄えはむしろおとなしく、風味もこの内容にしては軽め。 値はやや張るが、催事でも現地でも良い駅弁だと思う。 なお、この駅弁は調製元の駅弁を含む食品事業撤退により、2007年1月末で終売となった。 (駅弁展示室)• (情報展示室)• (姉妹サイト・関連サイト)• 2001年6月17日開設 2019年12月5日更新• URL :•

次の