郵便窓口とゆうゆう窓口。 ゆうゆう窓口とは何?郵便窓口との違いは?営業時間や簡易書留、速達についても!

ゆうゆう窓口

郵便窓口とゆうゆう窓口

郵便局にある「ゆうゆう窓口」について解説していきたいと思います。 コンビニのように全国で全部一緒ではないので、行きたいところが何時かの確認も必要です。 街角の小さめな郵便局が土日や夜に閉まった営業時間外で、地域をまとめる大きめな郵便局において 郵便局の窓口の仕事 例えば、速達やゆうパックなどの郵便物が出せたり、不在票の荷物の受け取りができる窓口です。 夜や土曜日や日曜日に、郵便や荷物を出したい時に、郵便局は、通常は平日の夜や土曜は閉まってます。 (一部は夜間や土曜日も営業してる局も) そのような時に、ゆうゆう窓口のある郵便局に行けば、郵便や荷物の発送の受付をしてもらえたり、便利です。 例えば、街にある比較的コンパクトな郵便局だと、埼玉県の久喜本町郵便局は、平日は17時まで、土曜日曜は閉まっています。 同じ市町村の久喜郵便局のゆうゆう窓口に行けば、平日と土曜日は20時まで、日曜は15時まで営業しています。 土日もやっているので荷物が出せます。 日中に行く近所の郵便局と、同じように手続きや対応をしてもらえます。 ただし、今は郵便局によっては、郵便窓口とゆうゆう窓口の両方の窓口が開いている時間帯があります。 この場合は、どちらの窓口に行って手続きをしても大丈夫です。 時間によってはゆうゆう窓口の方が混んでる時もあります。 また局によっては、不在票の受付は、ゆうゆう窓口へ案内されることもあります。 どんなことができるの? 通常の窓口とほぼ同じ業務 平日の昼間にやっている通常の郵便窓口とほぼ同じことができます。 速達や書留を含めた郵便物、ゆうパックなど郵便に関することがほぼ通常の窓口と変わらずできます。 また 不在票・局留めの荷物の受け取り もできます。 サインが必要な荷物や郵便が受け取れないと不在票がポストに入ります。 その荷物を、直接に自分で取りに行く際に受け取りに行く郵便局の窓口がゆうゆう窓口になっています。 他 ・切手の販売 ・集荷 窓口とは直接に関係ありませんが、ゆうゆう窓口がある郵便局は、集配の業務もやっていることが多いです。 例 集荷については電話をしてお願いするようにします。 他に8時~20時など日中も空いているゆうゆう窓口もありますが 営業時間 ゆうゆう窓口が開いている営業時間は、全国一律で同じ時間ではなく、その郵便局ごとに違います。 正確な時間は、自分が行きたい窓口が何時までなのかを確認する必要があります。 営業時間には、いくつかパターンがあります。 ゆうゆう窓口は、それを補うように、朝の8時~9時、夜の19時~21時まで営業しています。 両方の窓口を合わせると、8時~21時まで、平日は郵便の受付をしてくれることがわかります。 以前は大きい郵便局、集配局は夜中や早朝の時間まで幅広く、郵便が24時間出せるよう通常の窓口が閉まる時間帯をカバーする形で開いてましたがだいぶ減りました。 24時まででなく、21時までという窓口も増えました。 支店というエリアごとをまとめた大きい郵便局にゆうゆう窓口はあります。 町中の家の近所にあるような小さめな郵便局や簡易局にはありません。 例えば神奈川県には500を超す郵便局があります。 その中で、ゆうゆう窓口があるのが、調査時点で50件以上でした。 家の近所にある、小さめな郵便局などでなく地域ごとにある大きい郵便局の中にあります。 自分の地域のどこにあるか確認するのもいいです。 郵便局のどこのコーナーにあるの? 郵便局のメインフロアでない場所にあることが多いです。 郵便局ごとに違いますが、入り口の自動ドアの近くだったりATMの近くにあることもあります。 少し横の方に「ゆうゆう窓口」は設けられていたりします。 僕が行った時には、入り口の自動ドアから入ると、まず足元に大きく「ゆうゆう窓口」と書いてありました。 そして入って、あたりを見回すと、「ゆうゆう窓口はこちら」という案内がありました。 ATMのコーナーを奥に進んだあたりで、フロアの郵便の窓口とは別のところにありました。 進むとゆうゆう窓口と書いてある窓口がありました。 荷物を差し出せるくらいの窓口があります。 スタッフが不在の時、夜や早朝などで、お客さんがいないとインターホンを押してきてもらうようになっていました。 スタッフの人がいて、手続きや手渡しで荷物が渡せる 窓口にはスタッフの人がいて、受付をしてもらえます。 誰もおらず、ただ箱があってそこに荷物を出すだけとかではなく、職員の人がいるので、質問をしたりもできます。 お客さんがいない時は、スタッフの人がいない場合もあるので、インターホンや、すみませんなどと言って、スタッフの人を呼ぶ必要がある場合もあります。 これは、担当する郵便局ごとに、最終の引受時刻や当日の発送に間に合う時間が違うので何ともいえません。 正確には、差し出しに行くゆうゆう窓口に問い合わせをして聞く必要があります。 一般的には、トラブルなどなければ、17時まで(ゆうパックは18時)の受付の荷物はその日の扱いになります。 もし、夜の遅くに出した時にその日の発送の時間が過ぎてしまい、引き受けは当日だが届けるまでの日数は翌日から送るのと変わらないといったケースもあり得ます。 郵便物のおおよそのお届け日数は下のURLで調べることもできます。 他 8時~9時・19時~20時と短い営業時間のゆうゆう窓口は? このような営業時間になっている郵便局のゆうゆう窓口は、通常の郵便窓口がやっていない時間帯の時間外窓口としてあると考えられます。 千葉県の八街郵便局のゆうゆう窓口です。 平日は午前が8時から9時、19時から20時となっています。 午前と夜に1時間ずつの営業時間となってますが、これは開いていない時間帯は、通常の窓口に行き、手続きを行い、時間外の窓口としての利用になると思われます。 通常の郵便窓口は9時から19時の営業なので、この時間はそちらの窓口で受け付けています。 例えば、日曜日の午後の早い時間帯に荷物を、ゆうゆう窓口に預けたとします。 1日で到着する距離の場所に送る場合 一般的には17時までに荷物を出せば、交通トラブルなどになってなければ 例えば日曜日に持っていったら、平日の月曜日の扱いにされ火曜日に届き、1日遅れるといったことはなく、土曜日や日曜日でも発送されます。 ただし速達やゆうパックといった日時を決めて送るタイプの郵送物ならこの限りですが、普通郵便は、日曜日は配布しないので、ずれる可能性もあります。 時間外の追加料金のようなものはありません。 混雑する時間帯や日は? 混んでいるとお客さんが窓口に並ぶようなこともあります。 それ以降の時間帯に出す場合は、翌日の扱いにもなりますが、正確なところは、その地区の運送便の数や最終の発送時刻などの状況もあり、自分が行くゆうゆう窓口で確認する必要があります。

次の

ゆうゆう窓口でできること!ゆうパック・速達・定形外郵便や現金書留は送れる?!

郵便窓口とゆうゆう窓口

ゆうゆう窓口とは ゆうゆう窓口とは、時間外でもサービスを受けることができる窓口です。 元々は 時間外窓口という名前でしたが、イメージアップのために1999年に改称されたという経緯があります。 名前の由来は、 郵便の「郵」、差出時間の余裕の「裕」、あなたの「you」をかけたものされています。 土日祝日、夜間でもサービスを利用できるため、平日の昼間に忙しい人に大好評です。 ちなみに現在では、時間外窓口という概念自体が廃止されています。 事業内容としては、 郵便物の引き渡し、切手やハガキ、その他の関連商品の販売といった業務が中心となっています。 日本郵便の公式サイトの窓口を探すのページでゆうゆう窓口の有無や設置時間を調べることができるので、利用しましょう。 郵便窓口とは 主に平日に開いている窓口がこちら。 事業内容としては、郵便物の引き渡し、切手やハガキ、その他の関連商品の販売といった業務が中心で、 内容自体はゆうゆう窓口とほとんど変わりません。 ただし、留守の時に配達された郵便物の引き渡しや日本郵便への申請書類の受付はゆうゆう窓口でないと取り扱っていないという場合があります。 あくまで、 郵便物を扱う窓口という性格が強いからです。 郵便窓口が設置されているところでは、ゆうゆう窓口は郵便窓口の営業中に業務を行うことありません。 なので、「ゆうゆう窓口は時間外窓口」と思われたりもしているようです。 また、土日も営業している郵便窓口も存在します。 ゆうゆう窓口と郵便窓口の違い 事業内容がほとんど同じこの二つの窓口は一体何が違うのか? 実は、運営している会社が異なっているのです。 ゆうゆう窓口を運営しているのは郵便事業会社、郵便窓口を運営しているのは郵便局会社なのです。 なので、ゆうゆう窓口があるのは、郵便事業会社の支店に限られます。 また、そうした支店では、郵便窓口の業務も他の局とは異なってきます。 さらに、窓口の数も大きく異なります。 ゆうゆう窓口は郵便事業会社の支店に設置されるため、非常に数が少ないのです。 利用する前に、自宅の近くの郵便局が郵便事業会社の支店かどうかを調べておく必要があるでしょう。 どちらにせよ、郵便局自体の利用方法は今までと大きくは変わりませんし、わからなくなったら郵便局の従業員に聞いてみればよいのです。

次の

意外と知らない?ゆうゆう窓口と郵便窓口の違いとそれぞれの使い方

郵便窓口とゆうゆう窓口

もくじ• ゆうゆう窓口とは何?郵便窓口との違いは? まず、一体ゆうゆう窓口とは何なのでしょうか。 結論からいうと、ゆうゆう窓口とは郵便局が営業時間外の場合に、郵便窓口の業務を行ってくれる窓口のことをいいます。 そのため、郵便窓口との違いとしては、 「郵便局の営業時間外でも利用できる窓口」ということができるでしょう。 郵便局を利用しようと思っても、なかなか営業時間内に行けないことも多い方にとっては、ゆうゆう窓口はとても便利であることがわかりますね! また、ゆうゆう窓口の場合は、営業時間中の郵便窓口に比べると行列になっていることも少ないのが嬉しいポイントといえます。 そして、ゆうゆう窓口では普通郵便のほか、配達で受け取れなかった郵便物の受け取りも可能です。 そのほか、レターパックやゆうパック、ゆうパケットなどの発送も取り扱ってもらえるのでとても便利です。 なお、ゆうゆう窓口については、 いくつかの注意点がありますので覚えておきましょう。 まず、ゆうゆう窓口では24時を過ぎると、切手の消印は翌日になります。 また、ゆうゆう窓口では振込はできませんので、その点についても注意が必要です。 とはいえ、郵便局が営業時間以外でもさまざまな手続きを行うことができるのがゆうゆう窓口です。 そんなゆうゆう窓口の営業時間は24時間なのでしょうか? また、ゴールデンウィークなどの特別期間でも利用できるのか?といった点も気になるところです。 それらについて、次に詳しくお伝えしていきましょう。 スポンサードリンク ゆうゆう窓口の営業時間は24時間?ゴールデンウィークの営業は? ゆうゆう窓口の営業時間は24時間なのでしょうか? 結論からいえば、ゆうゆう窓口の営業時間は すべてが24時間というわけではありません。 しかし、東京や大阪などの大きな郵便局では24時間営業のところもあるようです。 郵政民営化の影響もあり、ゆうゆう窓口の営業時間は短縮化されているところも多く、沼津などの地方では営業時間も短いところがあります。 また、土日のみ営業しているというゆうゆう窓口もありますので、お近くのゆうゆう窓口を利用する際には営業時間に注意しましょう。 なお、 年末年始やゴールデンウィークでもゆうゆう窓口は営業しているところが多いですので、その点ではとても便利といえますね。 そんなゆうゆう窓口について、次に簡易書留の受け取りや発送について詳しく見ていきましょう。 スポンサードリンク ゆうゆう窓口の簡易書留の受け取りや発送 ゆうゆう窓口では簡易書留の受け取りや発送も行うことができます。 それに、ゆうゆう窓口では 土曜日や日曜日であっても、簡易書留の速達も出すことが可能ですので、とても便利ですね。 なお、ゆうゆう窓口で簡易書留を出す際には、先にお伝えしたように24時を過ぎると消印の日付が変わりますので、その点には注意しましょう。 ゆうゆう窓口では、簡易書留も速達も出せるので非常に便利なのですが、 いつ届くのかというのも気になるところですよね。 また、土曜日や日曜日の場合は速達に影響はあるのでしょうか。 それでは次に、ゆうゆう窓口の速達に関する疑問も解決していきましょう。

次の