メディア fgo。 【FGO】メディア(星3 キャスター)の評価と再臨素材

【FGO】メディア〔リリィ〕はスキル“うたかたの恋”強化でより高難度特化に。倍率の検証データも掲載

メディア fgo

原作Fate/Staynight より登場の魔女ーーーキャスターさんです。 サーヴァントは生前の全盛期で召喚される前提ですが、メディアさんの場合はアルゴー船に乗っていた時点での霊基も存在するので、この設定もあやふやな感じがしてなりません。 さて、このメディアさん。 原作では召喚された直後に(数日後?)にマスターを殺害した挙句、本来はアサシンを召喚する予定だったマスターをも殺害し、サーヴァントでありながらのマスターに収まるという離れ業をやってのけます。 最初のマスターを始末した時点で、本来は消滅しかけていた所ですが運よく通りかかった逸汎人(誤字に非ず)とマスター契約を交わし、何とか難を逃れています。 幸運Bは伊達じゃない? 聖杯への願いは「故郷へ帰りたい」というどこか悲観的なものでしたが、運よく通りかかった新たなマスターとの生活を続けたい、というものに代わっていました。 お幸せに。 サーヴァントとしての彼女はArts性能が高いキャスターであり、NP効率は優秀。 相手のバフを丸裸にする宝具をひたすらぶっ放し続ける移動砲台。 後列からオーダーチェンジでいきなり現れ、高速NPチャージからの宝具という手段も。 今回はメディア奥様の物騒な包丁さばきを解説します。 詳しくは以下からどうぞ。 古代ギリシャのキャスターは体術必修なんでしょうか(原作では生身?の人間にボコられていました) アライメント:中立・悪(まさに魔女 隠しステータス: コマンドカード性能 キャスターおきまりのArts三枚。 後述するクラススキル【陣地作成】も含めてNP獲得率は優秀。 ヒット数はQ:2 A:1 B:1 EX:3 宝具:1 とほぼ最低レベルなのでスターの確保は諦めて下さい。 メディアのスキル・宝具詳細 スキル強化必要素材数• それ以外の素材に関しては、まだ必要数も優しい方かと。 第一スキル 高速神言 NPを80~150まで増やす宝具発動用スキル。 1回使うだけなら、スキルレベルは4で十分(101までチャージ)なので、それ以上はOCによるリチャージの連発を見据えた場合に。 第二スキル 金羊の皮 HPを回復(500~2500) 本来は宝具になりうるほどの貴重な品であるコルキスの秘宝。 メディアさんにこれを使用する能力・資格が無いので、羊の皮をもふるとHPが回復するようです。 もふもふ。 最大強化だとCT4で2500回復なので、貧弱なキャスターの耐久力に貢献する事も出来るでしょう。 弱体解除もNP獲得力アップも、どちら目当てで使っても優秀なスキル。 単体の弱体化解除、とだけ割り切って考えるなら素材の節約的にはアリです。 クラススキル 弱体化の手段がないので【道具作成】は飾りです。 宝具「 破戒すべき全ての符 ルールブレイカー」 敵の強化を解除し、自身のNPをチャージする単体Arts宝具。 リチャージは20からスタートして、OCで20刻みでアップ。 非力なキャスターな上に【強力な攻撃】という全体攻撃表記の単体宝具なので、 威力には大した期待は出来ませんが、 高速神言から即座に宝具発動は非常に有効。 宝具後の攻撃に関しては素通りします。 主にダメージ源に考える宝具ではないので、イベント特効の攻撃力100%アップなどがあれば使いどころは十分に出てくると思います。 宝具のダメージ向上についてはこちらから。 メディアさんの運用まとめ。 貴重な単体宝具キャスターとして、高速NPチャージからのバフ解除宝具という立ち位置がはっきりしたメディアさん。 NP効率が良いので、宝具の回転率は高いですが本来の攻撃力は非力なため、ダメージ源は他に用意しましょう。 相性の良いサーヴァント 同じキャスターで組み合わせるならや【玉藻の前】等のお決まり優秀バッファーとは好相性。 何といっても宝具が同じArtsなので、宝具を使い続けるだけで相手を封じきる事が出来る強みがあります。 本人が完結した順アタッカーという位置づけなので、パーティの後列に控えておいてオーダーチェンジで飛び出す秘密兵器的な運用は如何でしょうか? おすすめの礼装 NPを貯める事には困らないので、宝具の威力・回転率を上げる選択肢をしたい所。 Arts性能を向上させてNPとダメージの両方を取りたい【フォーマルクラフト】【カレイドサファイア】 兎も角、宝具威力アップ【黒の聖杯】【ヘブンズ・フィール】 さらにNP効率をアップさせて宝具連発を狙う【蒼玉の魔法少女】【天の晩餐】 以上、メディア奥さまについてでした。 こんにちは。 管理人です。 FGOのサーヴァントには5つのレアリティがありますが、その 上位2つは聖晶石によるガチャでしか入手できません。 しかも排出率が1%以下のガチャで入手できるのか?という問題があります。 しかしきちんと時間をかけて育てた高レアは強力ですが、逆に戦力にするまでの時間・コストは膨大になります。 名付けてFGOのススメ。 じゃあどんなサーヴァントを育てればいいのさ、という事に関しては ので、まずはこちらをご覧ください。 【Discord】でコミュニティを運営しています。 Twitter でフォロー 今週の人気記事(総合).

次の

【FGO攻略】メディアの強化クエスト エネミー&ドロップ情報

メディア fgo

CCCコラボがメインインタールードに追加! CCCコラボガチャが復刻! FGOの「メディア」の評価やステータス、スキル、宝具を紹介しています。 おすすめの概念礼装や、メディアの絆礼装も紹介していますので攻略の参考にして下さい。 メディアの目次• その後の育成はCT短縮が目的となるのでLv6で止めてもOK。 他2つのスキルを先に強化していこう。 スキル2: 後回しでいい HP回復スキル。 耐久面を補ってくれるスキルで回復量も多い。 とはいえ、他のスキルより優先するほどではないので、他のスキルのCT短縮を優先しよう。 スキル3: 優先度高。 「高速神言」をLv4にした後、優先的に強化していこう。 ひとまずの目標はCTが短縮されるLv. 6になる。 たとえば、3枚目の 背景が青色の場合は、 アーツカードを3枚目に出した場合に回収できるNPとなっています。 1 2 3 EX 7 8 9 9 9 11 1 1 3 5 6 5 B Q 7 9 アーツカードの特徴 アーツは平均よりほんの少し性能が悪い程度で、ほぼ平均レベル。 しかも3枚持っているため、チェインを狙いやすい。 スキルでNPチャージと獲得量UPを持つため、総合的に見ればNP周りは非常に優秀。 クイックカードの特徴 アーツ同様平均よりやや良好。 スターの発生は見込めないものの、NP回収量は非常に多い。 アーツだけでなくクイックでもNPを溜めることができるのは嬉しい。 とはいえAが3枚あるため、ブレイブチェインの繋ぎとして切ることが多いだろう。 総評:最高クラスのNP効率 アーツ3枚持ちでNP獲得量も高い部類なので、 NP効率自体は全サーヴァント中でもトップクラス。 さらに「キルケーの教え」のNP獲得量アップや宝具のNPリチャージ効果で、宝具再使用に苦労することはまずない。 全サーヴァントの中でも特にNP効率が良いサーヴァントと言える。 デバフが頻出する高難度クエストで有無で難易度が大きく変わることもあるので、非常に強力。 ちなみに 星3以下で味方の弱体状態を解除できるのはとメディアだけなので、弱体解除要員を持っていない人は早めにメディアを育てておこう。 強化解除は攻撃力アップや防御アップの他に「回避」や「無敵」を解除できるため、後続の攻撃を通しやすくなる。 メディアの弱い点、使えない場面 宝具火力が低い 宝具強化済みなのだが、火力バフを持っておらず通常のアーツ単体宝具と比べて宝具火力自体が非常に低い。 宝具レベル5でも強化前レベル1アーツ宝具と同じ倍率なので、火力には全く期待できない。 耐久力も低い メディアはATK偏重のステータスであり、HPが非常に低く設定されている。 またスキルで回復はできるものの、無敵や回避等のダメージを防ぐ手段は持ち合わせていないため、敵の宝具やクリティカルで倒されやすい。 高難度等でピンポイント採用する際にはあまり気にならない点だが、アタッカー運用をする場合はサポーターに頼るしかない。 メディアの総合評価 高難度でピンポイント採用が多いサーヴァント 高いNP効率を活かして宝具を中心に立ち回るサーヴァント。 単体強化解除と味方単体の弱体解除が可能なため様々な高難度クエストで活躍する。 宝具火力、通常攻撃の火力は非常に低いので、アタッカーとして運用したいなら宝具の手数でカバーしよう。 また単体宝具を使うキャスターは非常に希少で、星3以下ではメディアのみ。 単純にキャスターの単体アタッカーを持っていない人は育成しておくと便利なサーヴァント。 英雄イアソンによって国から引き離され、 長い放浪の果てに裏切りの魔女として烙印を おされ、世を去った。 声優 田中敦子 イラスト ネコタワワ 再臨画像.

次の

メディア〔リリィ〕

メディア fgo

【Step1】 Lv. 4 Lv. 1 Lv. 1 このサーヴァントを強化解除要員として運用する場合、スキル1のLv4を目指す。 NP100%チャージできるようになる。 【Step2】 Lv. 4 Lv. 4 Lv. 4 スキル2と3を育成できると、自身の生存や、宝具連発への支えとなる。 特にスキル3のNP獲得量アップは自身以外にも使用できるので優秀。 Lvの区切りを気にせず効果量を伸ばしたい。 【Step3】 Lv. 6 Lv. 6 Lv. 6 アタッカーとして採用する場合のおすすめ。 宝具ダメージの低さから長期戦となりやすいので各スキルLv6のCT短縮の恩恵が大きい。 サポーターとして使い続ける場合は更にスキル2か3を伸ばす。 【Step4】 Lv. 10 Lv. 10 Lv. 10 このサーヴァントの理想形。 スキル2は最短CT4と特にCT短縮の恩恵が大きく、HP回復を使用しやすくなることで更に自身のスキルも使用しやすくなる。 相対的にみると伝承結晶を優先する必要はない。 強化解除などサポートが魅力 ダメージは低めだが強化解除付きの単体宝具を持ち、自身のスキルやArtsで宝具連発が狙える サポートも可能な長期戦向きのサーヴァント。 自身のスキルだけでNP100%貯められるので高難易度で特殊な運用も可能。 特徴的なNPチャージスキル スキル「高速神言A」は自身のNP80〜150%チャージの効果。 スキルLv4でNP101%貯まるようになり概念礼装を問わずに 1ターン目から即宝具が使用できるので最優先でそこまで上げてしまいたい。 TIPS:『クラス補正とは?』 クラス補正とは、サーヴァントのクラスごとに設定された隠しステータス。 ATKなどに若干の倍率がかかるようになっている。 これらを種類ごとに乗算するので、この4つのカテゴリそれぞれを強化すると高いダメージが出やすい。 自身と相性のよい概念礼装「黒の聖杯」など HPデメリット系のスキルや概念礼装を使用する際は味方からのサポートが必要となる。 メディアの運用 1. 割り切った運用をする場合 メディアは「高速神言A」をスキルLv4。 そのため後列に配置しておきカルデア戦闘服「オーダーチェンジ」で 敵スキル使用にあわせて登場させると強化解除係として即戦力となる。 中の人A 慣れてくると4〜5人目に置いておくと丁度いいタイミングで登場できる、などクエストにあわせて調節できるようになります。 カルデア戦闘服以外でも活用できるようになり戦略も広がります。 サポーターとしての運用 敵が自己強化スキルを繰り返す場合、メディアは繰り返し宝具で強化解除できるサポーターとして非常に優秀。 敵のスキル使用が無駄になるので、敵の行動回数を実質減ることで味方の被ダメージ軽減にも繋がる。 TIPS:『敵の行動回数』 敵全体の1ターンの行動回数は合計3回までとなっている。 最後に1体残ったエネミーが1回行動であれば、1回の行動で敵ターンは終了する。 また魅了やスタンなどが成功した場合、敵全体の最大行動数が成功数だけ減少する。 敵3体のうち、魅了にかからなかったエネミーが1体の場合、最大行動数が3回であっても1回の行動で敵ターンは終了する。 アタッカーとしての運用 メディアのATKを概念礼装や聖杯で補い、玉藻の前などのArts性能アップ付与や攻撃力アップ付与も行えるとアタッカーとしても活躍できる。 1ターンで大ダメージを与えるのには向かないが 安定したダメージを与え続けられるようになる。

次の