税金 の 使い道。 日本が税金を取りすぎな理由。その使い道の正体に脱帽せよ。

日本の税金の使い道

税金 の 使い道

車の税金の種類による違い 冒頭でも説明しましたが、車の税金にはいろいろ種類があります。 車を所有していると毎年発生する「自動車税」「軽自動車税」 車を購入するときに支払う「自動車取得税」 車検を受けるときに支払う「重量税」 ガソリンにかかる税金「ガソリン税(揮発油税、地方揮発油税)」「環境税」 税金の種類によって使い道も変わってきますので、ご注意ください。 自動車税の使い道 自動車税は、自動車を所有している方にはお馴染みの 毎年5月末に支払う税金ですね。 こちらは、「道府県税」に分類される「地方税」です。 特に使用用途が定められていない税金「普通税」です。 使用用途が定められていないとはいえ 道路整備に充てる予算としては使用されていて その上で余った税金を他の用途に使用されているようです。 真偽不明ですが。 軽自動車税の使い道 軽自動車税は、自動車税と同じく毎年5月末に支払う税金です。 自動車税との違いは、自動車税は都道府県に納める「道府県税」なのに対して 軽自動車税は、市区町村に納める「市町村税」というところです。 こちらも同じく「普通税」に分類されるものです 自動車取得税の使い道 自動車取得税は、取得価額50万円以上の自動車を購入した際に課税される税金です。 これは「地方税」の、「道府県税」に分類されます。 自動車取得税も、元々は道路整備等に当てるための「道路特定財源」でしたが 道路特定財源制度が廃止されてからは「普通税」として取り扱われています。 重量税の使い道 重量税は国に納める税金「国税」です。 車検時に同時に支払う車両の重量に対して課される税金ですね。 元々は「道路に関する費用に総額を充てなければならない」とされていましたが 地方税改正後は一般財源となっています。 ガソリン税の使い道 ガソリン税は、正式には「揮発油税および地方揮発油税」というものです。 つまり、「揮発油税」と「地方揮発油税」ですね。 地方揮発油税は「地方」と書いてあるので、 地方税と間違われやすいですが「国税」です。 揮発油税は1リットルあたり 48.6円 地方揮発油税は1リットルあたり 5.2円 揮発油税は、国道や幹線道路、バイパスの建設費用に充てられますが 全額ではなく、余った税金は他の費用として充てられます。 地方揮発油税は、地方道路税とも呼ばれ 県道や市道など地方道路に関する費用に充てられます。 環境税の使い道 環境税はガソリンの価格に含まれる税金です。 環境負荷の抑制を目的として、環境対策に使用される「目的税」です。 環境性能の高いものに補助金を出したりする環境保全や 福祉事業、労働問題、税負担軽減など多目的用途で使用されるようです。 道路特定財源について 道路特定財源は、全額を道路に関する費用に充てなければならないとされた財源で その他の用途には使用できない「目的税」と呼ばれるものです。 しかし、その道路特定財源は2009年に廃止されて 特に用途を指定されない 一般財源へと変わりました。 一般財源へ切り変わったことによって 自動車ユーザーの税負担がただただ重いだけになりましたが 道路に充てる税金自体は必要なので無くすことはできそうにないですね。 ただ、自動車取得税など 消費税10%のタイミングで廃止が予定されている税金もあります。 まとめ 税金が高いな、と思うこともありますが やはり道路整備などをしてもらう費用は、 自動車ユーザーである私たちが負担すべきものです。 きっと税金の無駄遣いなんてされていないはず、と 心地よく車を運転できる道路を管理してくれていると信じて これからも真面目に納めていきましょう。 税金についてもっと詳しく知りたい方はこちらもどうぞ.

次の

なぜ増税するの?使い道は? 消費税10%“そもそもの疑問”に答えます!

税金 の 使い道

「Getty Images」より 僕の指揮者としてのキャリアは、2000年にフィンランドで行われた国際指揮者コンクールで受賞したことから本格的に始まりました。 そのコンクール受賞から現在に至るまで、フィンランドとは指揮活動を通じてかなり密接にお付き合いしています。 首席指揮者を8年間務めた当地のオーケストラともいまだに共演を重ねていますし、毎年フィンランドを訪れ、指揮棒を振り、友人たちに会い、彼らの生活に触れています。 ところで、指揮者というのは、特定のオーケストラに永久就職するわけではありません。 観客もずっと同じ指揮者を見ていれば飽きてしまいます。 たとえ首席指揮者になっても、それはオーケストラと僕の間の契約関係であって、雇用関係ではないのです。 税金、年金等の社会保険料なども、個人事業主として自分で支払うのです。 ほかのオーケストラに招待されて指揮をすることを「客演指揮」というのですが、自分の所属するオーケストラであっても、客演指揮であっても、一回一回のコンサートに対して出演料が支払われます。 これは、日本でも海外でも同じです。 ただし、日本国内の源泉徴収税は10%、ヨーロッパでは15%差し引かれて支払いを受けます。 ちなみに、外国人が日本で仕事をした場合は20%です。 さらに、フィンランドをはじめとした海外の多くの国々では、それ以外に年金等の社会保険料も差し引かれます。 ちなみに、フィンランドでは8. 25%です。 実は、これに加えて音楽事務所からもマネージメント料として20%引かれ、もともとオーケストラから支払われた金額の56. 75%、つまり半分くらいになって僕の銀行口座に入ってきます。 在住している日本なら、税金や社会保険料を支払うことは理解できます。 しかし、その国に在住していないのに、なぜ支払う必要があるのかと、毎回、腹立たしくなります。 ヨーロッパのオーケストラは国や市にバックアップされており、間接的には国や市から報酬を得ていることになるので、源泉徴収税は仕方ないと、無理やり納得しようと思います。 しかし、社会保険料については日本でも年金を納めているので、いわば二重払いです。 このような二重払いを防ぐために日本は、 韓国、 アメリカ、ドイツをはじめとした20カ国とは免除協定を結んでいますが、フィンランドなどの国々とは未解決な問題となっています。

次の

老後の不安が「ない」フィンランド、人々がバカ高い税金に不満がない理由…病院も大学も無料

税金 の 使い道

サイトをリニューアルしました。 あなたのをお聞かせ下さい。 給料をもらうようになってから、月々天引きされる税金や社会保険料の高さに驚き、その使い道が気になってきました。 僕が払った税金っていったい何に使われているんでしょうか? A お給料をもらうと、ついつい手取り額だけに注目しがちですね。 でも、ある時ふと天引きされている税金の額をみるとその多さに驚くはず。 また、ものを買えば消費税がかかりますし、タバコやお酒を買うときにも一緒に税金を支払っているのです。 「何でこんなに払わなきゃいけねぇんだ!」と、怒りを覚える人もいるかもしれません。 とはいえ、納税は国民の義務。 せっかく納めた税金ですから、とうぜん無駄使いされたくはありません。 そのためにも、あなたの納めた税金が何に使われているのかということに、関心を持っておきましょう。 税金には日本国に納める国税と、住んでいる地域の自治体等に納める地方税があります。 地方税の使い道については住んでいる地域により違ってくるので、今回は国税について見ていきましょう。 そのうち64. 5%にあたる約53兆5千億円が税金収入で、残りの35%にあたる約29兆円はなんと主に借金(国債)でまかなわれています。 支出額(歳出)も収入と同額の約83兆円ですが、ではその中で一番多く使われているのは何の費用だと思いますか? 答えは、医療や年金、福祉、介護、生活保護などの公的サービスに使われる 社会保障関係費の26. 2%(21兆7千8百億円)です。 ついで大きいのが借金の元利返済分である 国債費の24. 3%(20兆1千6百億円)。 支出全体の約4分の1が借金の返済分とは、いかに日本の借金が大きいのかわかりますね~。 第3位は 地方交付税交付金等の18. 8%(15兆6千1百億円)。 これは簡単に言うと、地域によって地方税の収入額に差があるので、その財政力の差を補填するため、地方自治体に交付されるお金のことです。 以上の「社会保障関係費」「国債費」「地方交付税交付金」のトップ3だけで、支出の約70%を占めています。 1%(21兆7千8百億円) 道路や、港湾施設、下水道、河川の堤防などいわゆる社会的インフラとなる施設の整備費 5位 文教及び科学振興費6. 4%(5兆3千1百億円) 学校教育や科学技術発展のために使われる費用 6位 防衛関係費5. 8%(4兆7千7百億円) 国の防衛に関する費用、いわば日本の軍事費(?) 7位 恩給関係費1. 8%(6千6百億円) 開発途上国へのいろいろな支援、いわゆる「政府開発援助(ODA)」の費用 その他18. 8%(7兆1千5百億円)となっています。 例えばあなたが、10万円の税金を納めたとしたら、それぞれの項目にいくらずつ分けられるのか? 単純に計算すれば以下のようになります。 社会保障のために26200円、国の借金の返済に24300円、公共事業に8100円 教育や科学のために6400円、自衛隊に5800円、恩給の支払いに1000円、海外の開発途上国のために800円、その他に18800円。 もちろん、予算は毎年変わりますから、税金の使い道の割合も毎年変化していきます。 これから国の借金はどうなっていくのか? 福祉は? 防衛費は? 税金を納めている以上、その使い方に無関心でいるわけにはいきません。 これからもぜひ、チェックしていってくださいね。 <参考・平成20年度予算内訳 国税庁ホームページより> 国の収入 国の支出 この記事を書いた専門家 金子祐子 シングルライフサポーター ファイナンシャルプランナー マネーコーチ 一級ファイナンシャルプランニング技能士 得意分野 シングルや非婚カップルの相談を得意としています。 受け付けている相談内容 資産運用、ライフプラン設計、保険見直しなど 著書.

次の