体 脂肪 率 落とす 方法。 体脂肪率を減らすと決めた女性がやるべき運動や食事方法は?

ランニングだけでは体脂肪率は落ちない?体脂肪を落とす正しい方法|Five Sprits

体 脂肪 率 落とす 方法

体脂肪を減らす方法?お腹周りや太もも、二の腕などのお肉が気になるから、痩せるために体脂肪を減らす方法が知りたい!しかも、若い女性だけじゃなく、おばちゃんでも痩せた体脂肪率を落とす方法が良いですよね。 あなたは、体脂肪を減らす方法でこんな間違いをしていませんか? 体脂肪を減らす方法が知りたい!というけれど、それはなぜなのでしょうか?なぜかと言うと、ダイエットをして痩せたか、太ったかというのは、体重の増減ではなく、体脂肪の増減で決まるからです。 体脂肪を減らす方法とは? 体重が増えても、体脂肪が減らすことが出来れば痩せたとなりますし、体重が減っても、体脂肪が増えれば太ったとなります。 体脂肪は見た目にそのまま影響するので、体重が変わってなくても、体脂肪が減れば引き締まって痩せて見えますよね? という背景があって、本気で痩せたいと考える女性たちは、体重ではなく体脂肪を減らす方法が知りたいと考えるわけです。 しかも、若い女性だけでなく、おばちゃんでも痩せた体脂肪を減らす方法なら、更に良いですよね? 40歳から60歳まで男女85名の身体計測値, 体脂肪率, CTによる体脂肪分布値, 体組成解析値, 代謝解析値および臨床検査値を求めて, Microsoft Excelに記録し, 各指標値の相関係数を求めて, 各指標問の関係を考察した。 中性脂肪が内臓脂肪の蓄積を起こし, インスリンは皮下・内臓いずれの脂肪も同等に増やすことが示された。 引用元: 体脂肪率を落とす方法とは? 体脂肪率を落とす方法とは、どのようなものなのでしょうか?体脂肪率は、体重のうち体脂肪の重さが占める割合を言いますから、体脂肪と筋肉を比べて、体脂肪の割合が大きくなるほど、体脂肪率が高くなります。 ということは、体脂肪を減らすと体脂肪率を落とすことになりますし、筋肉を増やすと体脂肪率を落とすことになりますね!また、これに加えて、体脂肪を燃えやすく、筋肉がつきやすくする体質改善でも、体脂肪率を落とすことになります。 体脂肪を減らすには? 体脂肪率を落とす方法の一つ目は、体脂肪を減らすことです。 体脂肪を減らすのに、もっとも効果的な方法は何なのでしょうか?体脂肪を減らす方法は様々ありますが、その中でも効果的なのが、有酸素運動です。 体脂肪は、皮下脂肪と内臓脂肪に分かれていますが、有酸素運動では、このどちらも減らすことが出来ます。 有酸素運動を開始して、20分までは血中脂肪を減らすことができ、20分以降からは、内臓脂肪と皮下脂肪を減らすことが出来ます。 ただし、長時間の有酸素運動は、体脂肪を減らす効果がある代わりに、体脂肪を溜めやすい体質になるという諸刃の剣です。 ですので、有酸素運動は、1日に30分程度実施するのが、体脂肪を減らす良い方法になります。 でも、有酸素運動って、単純な動きを長時間続けるから、飽きちゃうんだよね!っていう場合には、遊び要素が含まれるトランポリンがおすすめです。 トランポリンは有酸素運動でありながら、体幹 インナーマッスル も鍛えられる優れた運動です。 体脂肪を減らすには:男性 体脂肪を減らすには、男性はどのようにすれば良いのでしょうか?有酸素運動で体脂肪を減らすとともに、高強度の筋トレで筋肥大をガンガンに行って行きます。 筋肉を増やすには? 体脂肪率を落とす方法の二つ目は、筋肉を増やすことです。 筋肉を増やすには、筋トレは必須です。 これに加えて、筋肉の材料となるタンパク質やビタミンなどの摂取も必要になるので、注意が必要です。 多くの女性は、痩せる為に筋トレを敬遠する傾向にあります。 これはなぜかと言うと、筋トレをするとムキムキになって、柔らかな女性らしいスタイルでなくなってしまうと考えるからです。 このムキムキになるかも!という考えは、半分正解で半分間違っています。 なぜかというと、筋トレには、ムキムキに筋肉を大きくする筋肥大と、筋肉を引き締めて細くしなやかなスタイルを作り上げる筋密度を上げるトレーニング方法があるからです。 ですので、女性が筋トレでムキムキになりたくないけど、カラダを引き締めたいという場合には、筋密度を上げる筋トレをやる必要があります。 筋密度を上げる筋トレの詳しいやり方は、下記の特集記事を参照して下さい。 この性質の壁を越える為には、筋肉をつきやすくする栄養素を摂取する必要があります。 筋肉は日々、分解と合成を繰り返していますが、この合成を行う時に、筋肉の栄養素が不足していると筋肉はどんどん痩せ細って、筋肉が減り、体脂肪率が増える結果が待っています。 あなたと同じような食生活をしていて、運動量も変わらないのに、いつまでもスリムな女性って周りにいませんか?なぜ、同じような生活スタイルなのに、片方は痩せていて、片方は太っているんだろう…って不思議に思いませんか? このように生活スタイルが変わらないのに、スリムな女性とぽっちゃりな女性の大きな違いは体質によるものです。 スリムな女性は、痩せやすく太りにくい体質であり、ぽっちゃりな女性は、太りやすく痩せにくい体質なのです。 であれば、ぽっちゃりな女性が痩せるには、スリムな女性のように痩せやすく太りにくい体質になれば良いってことになりますよね?じゅあ、痩せやすく太りにくい体質になるには、どうすれば良いのでしょうか? その答えの一つが、既に説明済みの体脂肪を減らす為の有酸素運動や、筋肉を増やす為の筋トレのような運動です。 これを行うことによって、体脂肪率を落とすことが出来て、筋肉量が増え、基礎代謝がアップします。 基礎代謝がアップすると、何もしていない時でも、多くのカロリーを消費するようになりますから、スリムな女性のように痩せやすく太りにくい体質になれます。 でも、これって中々難しいですよね? だって、毎日、仕事や家事に忙しく、時間に追われているのに、そんな中で筋トレや有酸素運動をする時間を作るのって大変じゃないですか!たまに時間が出来て、運動をしてみると次の日 数日後かも知れませんが には、カラダが痛くて運動を続けるなんてムリってなったりもしますしね…。 ってことは、毎日忙しいアナタは、ずっとぽっちゃり女性のままで、いつまでもスリムにはなれないのでしょうか?大丈夫!そんなことはありません。 そんな時に使えるのが、酵素ドリンクです!なぁ~んだ酵素ドリンクか!知ってるよ。 って思うかも知れませんが、ここに 重要なポイントがあります。 どちらが良いかは言うまでもありませんが、多忙で時間に余裕がない代わりに、金銭的に余裕のある中年女性であれば、本当に効果のある高品質な酵素ドリンクを選ばれると良いかと思います。 なぜならば… 添加物が入っていると添加物を処理する為に余計な消化酵素を使い、内臓にも負担がかかります。 どちらもダイエットにとって マイナスですよね? そもそも論として酵素は発酵しているので、水やシロップなどで薄めなければ腐りません。 不必要な加水や添加物が入っていなければ保存料も必要がないのです。 見た目を良くするだけの着色料や香料などは論外です。 体質改善の為に飲むのだから、高栄養の方が良いですよね? 酵素ドリンクを使った 中年太り解消法には、置き換えや断食それから食事に追加する方法があります。 酵素ドリンクには、数えきれないほどの種類があります。 あなたは、体脂肪を減らす方法でこんな間違いをしていませんか? 血管は若い頃は柔らかくしなやかですが、食生活や生活習慣、老化現象などによって硬くなってしまいます。 硬くなった血管は老廃物が溜まり血流が悪化します。 血管の老化はカラダの老化と直結し、様々な病気の原因になります。 運動や食事制限を頑張っているのにダイエットを成功できない!という場合には、腸内環境を整える痩せ菌サプリを使った痩せ菌ダイエットがおすすめです。 医学誌にも掲載される痩せ菌やデブ菌とはどのようなものなのでしょうか? 体脂肪率を落とす!筋トレ 筋力トレーニング 体脂肪率を落とすには筋トレ 筋力トレーニング が良いのですが、これはなぜかというと、筋トレによって筋肉の比率が増すので、脂肪の比率が減り、体脂肪率を落とすことに繋がるからです。 体脂肪率の計り方 体脂肪率は、体内に微弱な電流を流し体内の水分への電気が通りやすいかどうかで体脂肪率を計算しています。 ですので、入浴後に計測すると、体内の水分量が通常と異なり正確な数値が出ません。 体脂肪率を計るタイミング 体脂肪率を計るタイミングとしては、起床後、運動後、食後、入浴後は避けた方が良いです。 正しい体脂肪率を計測する場合には、夕食前の16時から17時半くらいに計測するのが良いです。 更に正しく計測する場合には血液検査が必要です。 体脂肪を減らす方法で筋トレ 体脂肪を減らす方法で筋トレを行うことによって、女性でも男性でも引き締まった美しいスタイルを作り上げるだけでなく、リバウンドしないダイエットを行うことが可能になります。 体脂肪率を落とす:女性 体脂肪率を落とす時に女性の場合に困ることがあります。 それが、ムキムキになるのではないか?ということです。 この悩みを解決してくれるのが、筋密度を上げる筋トレです。 体脂肪を減らす方法:女性 体脂肪を減らす方法を女性において考える場合には、男性に比べてつきにくい筋肉をいかにしてつけていくかがポイントになってきます。 また、筋肉の付け方も男性と女性では異なります。 体脂肪率を落とす:男性 体脂肪率を落とす時に男性の場合には、二つのどちらを行っても構いません。 その二つというのは、筋肥大と筋密度を上げる筋トレです。 細マッチョなら筋密度を上げる方が良いでしょう。 体脂肪を減らす方法:男性 体脂肪を減らす方法を男性において考える場合には、女性に比べて筋肉がつきやすい特性を利用して、どんどん筋肉をつけて行くと良いでしょう。 ムキムキになったとしても男性ならなんら困ることはありません。 体脂肪を落とす食事 体脂肪を落とす食事としては、極端に食事制限をするような無茶なものは絶対にダメで、筋肉の材料になるタンパク質を中心に、ビタミン・ミネラルをバランス良く摂るようにします。 体脂肪減らす食事メニュー 体脂肪減らす食事メニューとしては、タンパク質とビタミンが豊富に摂れて肉の脂肪が避けられる下記のような食事メニューが良いとされています。• 野菜と青魚の南蛮漬け• 青魚 さんま、鯵、鰯 の圧力鍋煮• 青魚とキノコのサラダ 体脂肪を減らす方法で食事 食べ物 体脂肪を減らす方法で食事 食べ物 を考えてみると、上記の食事メニューのように青魚が筆頭に挙がります。 これは、良質な脂肪を摂取することで体脂肪を減らす方法になるという良い例だと考えられます。 体脂肪を減らすサプリ 体脂肪を減らすサプリで有効なのは、お腹の脂肪を落とす効果を消費者庁に届出している機能性表示食品である葛の花イソフラボンを含むサプリが良いです。 体脂肪を減らす!運動 体脂肪を減らす運動としては、有酸素運動が良いと考えられます。 有酸素運動は、開始してから20分までは血中の脂肪が燃焼され、20分以降は皮下脂肪と内臓脂肪が燃焼されます。 であれば、長時間やっていれば、体脂肪をどんどん減らすんだから、ずっとやり続けよう!というのは浅はかな考えです。 なぜならば、長時間の運動は脂肪がつきやすい体質を作り上げる諸刃の剣だからです。 有酸素運動を長い時間続ければ、体脂肪を減らす効果をずっと得られますが、それと同時に体脂肪がつきやすくなります。 なので、1日に30分程度が適度な運動だと言えます。 体脂肪を減らすトレーニング 体脂肪を減らすトレーニングとしては、有酸素運動が良いと話しましたが、有酸素運動は単純でつまらない!という場合には、遊び感覚で出来るトランポリンがおすすめです。 筋トレをして体脂肪を減らすのにプロテインではなぜダメなのでしょうか?プロテインでは無駄というわけではありませんが、それだけでは足りないのです。 どうしなきゃいけないのか 体重をいくら落としても体脂肪率が落ちなければ意味がありません。 ダイエットでは体脂肪率を落とす方法を選択して諦めずにコツコツと続けることが重要なのです。 痩せればそれでいいのでしょうか?体脂肪率を落とす方法ならスタイルが良くなるというわけではありません。 女性らしいスタイルを手に入れるには、ただ痩せたいというだけではダメなのです。 多くの男性はデブ女を友達にすることはあっても彼女や奥さんにしたいとは思いません。 これは、デブでモテない私が痩せてモテ女になった経験から言えることなので間違いありません。

次の

【落とす】体脂肪率を減らす方法7選!食事・運動・注意点をご紹介

体 脂肪 率 落とす 方法

身体は細く見えるのに体脂肪率は高いのね~。 なんてフレーズをよく耳にしますが、そもそも体脂肪率とはどのようなものでしょうか? 体脂肪率とは体に占める脂肪の比率。 体脂肪率は体に占める脂肪の比率をパーセントで表したものです。 厚生労働省 e-ヘルスネットより 程度の脂肪は良いのですが、過度に脂肪が増えてしまうと健康にはよろしくなく、健康診断などでも「体脂肪を減らしてください。 」などと指摘されることも多くあります。 それではこの体脂肪がどうやって増えていくのか?そしてどうような方法で減らしていくのかを見ていきましょう。 体脂肪が増える原因は? 20代や30代の時はまだ代謝が良いのですが、 40代になると一気に基礎代謝が弱まりますので、食事に気を付けないと直ぐに体脂肪が溜まってしまいます。 体脂肪が増える原因は様々ですが、端的に言うと、 食べ物で摂取したカロリーが、運動などで消費するカロリーを上回っているからです。 デスクワークなどで普段あまり運動していなかったり、一回の食事の量が多かったり、一日一回の食事でドカ食いしたり、脂っこい食べ物やスナック菓子を好んで食べていたり、よく夜更かしをしたり、というような生活習慣を送っていると体脂肪が増えてしまいます。 人が一度に消費代謝出来るエネルギーには上限があるので、 それを超えてしまったカロリーは脂肪として体中に蓄積されてしまうのです。 また、 基礎代謝が低いことも体脂肪が増える原因となります。 年をとって基礎代謝や運動消費量が減少し、中年太りしてしまうのはこのためです。 体脂肪を落とす方法は? 体脂肪を落とす方法として、大きく挙げると2つあります。 それは食事改善と運動です。 要は摂取カロリーよりも消費カロリーを増やせば、体内の脂肪は消費されて脂肪率は低くなります。 食事改善では、脂肪として蓄積されてしまわないように日々の食事内容を見直し、摂取カロリーそのものを減らし体脂肪を落とす方法です。 運動では、 筋肉が少なくて基礎代謝が低い場合は無酸素運動の筋肉トレーニングをし基礎代謝では間に合わない余ったカロリーは有酸素運動で消費するという方法があります。 そのほか食事内容の改善だけではなく、食事の時間帯、食事の取り方などを変えたり、 食欲を司っている脳を上手く誤魔化すことで体脂肪を落とすことも出来ます。 食事で落とす方法は? 一日の基礎代謝で消費できるカロリーを超えないように気をつけると体脂肪が落ちますが、どのような食事メニューにすればよいのでしょうか? おすすめの体脂肪を落とす食事は、 和食を中心にバランスが良いメニューになります。 特に筋肉の量を増やしながら体脂肪を減らしたいと言う方の場合には規則正しく一日3食を食べることが大切です。 また、 体脂肪を落とす食事は栄養のバランスにもちゃんと気を配って炭水化物を完全に抜くのではなく、タンパク質や脂質のバランスの良い食事を食べる様に致しましょう。 また、全世界的に見ても日本人の体脂肪がなぜ低めなのかと言うとそれは欧米の食事とは違って和食のおかげとも言えるのです。 もし、白米が気になる方は玄米に変えてみるのも一つの方法です。 もしその上で運動すれば、脂肪は更に減少するでしょう。 ただし、あまりにも摂取カロリーが低い食事を続けていると、 筋肉量が減って、太りやすく痩せにくい体になってしまうのでやりすぎには注意が必要です。 また、1日1食にしてしまうと、インスリンの作用により、血中に流れる糖質が脂肪として細胞に蓄積されてしまうので、バランスの取れた食事を1日3食、決まった時間に食べることが重要です。 やっぱり有酸素運動! 運動には有酸素運動と無酸素運動がありますが、 体脂肪を落とすなら有酸素運動をするといいでしょう。 これはお金が掛からずに身近に始めようと思ったら本日からでもスタートできると言うメリットがあり、さらに普段、運動不足で体を動かすことに慣れていない方でも始めやすいと言うメリットもあります。 有酸素運動とは無理せず、少し息が弾み、軽く汗がにじむ程度の運動のことです。 あまり意気込みすぎて次の日などに筋肉痛になるようでは、それは無酸素運動となり、脂肪が燃えるのではなく、筋肉が増えてしまいます。 ですから、無酸素運動ではなく、有酸素運動運動がしたい場合で一番いいのはウォーキングです。 シューズとジャージとやる気があれば直ぐに出来ますので興味のある方は今日からでも始めてみてはいかがでしょうか。 走ってしまうと、 強度によっては無酸素運動になってしまいますので、あくまでもウォーキングです。 そして、 筋トレのように筋肉は付かないので、日々の生活の中でウォーキングを習慣化する必要があります。 通学通勤の時間をウォーキングの時間にしたり、• 自転車 を使うところを徒歩にし、長期的に続けることで、体脂肪を落とすことが出来ます。 その他の有酸素運動としては、ジョギングや水泳なども体脂肪を落とす運動としておすすめです。 筋トレは効果的? 筋肉が少ないことが原因で体脂肪が高い方は、筋トレをすることも一つの方法です。 それには、自分の体で筋肉が比較的に少ない部分を重点的に鍛えるのが効果的です。 そして筋トレのような無酸素運動で脂肪を燃焼したいと思うなら、 心拍数120~150前後をキープした運動と、胸・肩・背中・脚・お腹など連続的な運動が効果的です。 例えば、ジョギングやランニングをする際に、心拍計をつけて自分の心拍数を見ながら走ったり、 部位別筋トレを5分以上の休憩を置かずに続け、1セットとして行うなどです。 また、お腹部分のインナーマッスルを鍛えると、お腹の中にある内蔵が支えられ、同時に筋肉が熱量を逃さず生産し、内臓の動きを助けてくれるので、内臓脂肪が燃えやすくなり、体脂肪率が落ちていきます。 体脂肪を落とすには、基礎代謝アップも重要なポイントになります。 そんな時におすすめなのは、体の中でもっとも大きな筋肉である太ももを筋トレする事がおすすめなので、道具いらずで簡単にできるスクワットがおすすめです。 スクワットには太ももを鍛える以外にもお尻の筋肉である大殿筋や背中の筋肉である脊椎起立筋、そして腹筋なども一度の複数の部位を鍛えることができ、これらの部位は体の筋肉の中でも大部分を占めておりますので、 その部分を鍛えて筋肉にしてあげることで基礎代謝が上がりやすくなるのです。 体脂肪を落とす筋トレとしては腕や大胸筋を鍛えることも間違えではないのですが、「効率よく」と言う風に考えると、筋肉量が多い部位を鍛えた方が短時間で体脂肪を落とすことができるのです。 どれくらいの期間が必要? 体脂肪を落とすのに必要な期間は、元の体脂肪の高さや体質、頑張り具合によって大きく影響してきます。 ダイエット前の体脂肪が高ければ高いほど落ちやすく、最初はすぐ落ちたけれどその後だんだん落ちにくくなったという経験は誰しもあると思います。 他にも、筋肉量で体脂肪率が減少する期間が左右される場合もあります。 筋肉が多い人ほど基礎代謝が高く、脂肪を燃焼しやすいので効果が早く出ます。 同様に、同じ運動でも有酸素運動よりも無酸素運動で筋トレなどをするほうが比較的短期間で効果が出やすいです。 筋肉が動くことによって、周りにある脂肪が消費され、それが筋肉に置き換わり、体脂肪が落ちることになります。 短期間で落とすには? もし短期間で体脂肪率を落としたいと思うなら、筋トレをするのが一番てっとり早いですが、運動に慣れていないと難しいかもしれません。 さらに言えば、スポーツジムに通ってインストラクターの人についてもらって、 自分にあった筋トレ方を教えてもらうと期間が更に短くなります。 もし、それが難しい場合は一回の筋トレのルーティーンを週2~3回のペースでやるといいです。 あまり負荷をかけすぎて、筋肉繊維が壊れてしまうと、修復に時間がかかって逆に時間がかかってしまうので、次の日に耐えられるような筋肉痛程度に収めておくと結果的に短期間で体脂肪を落とすことが出来ます。 また、空腹時に運動をすると血中の糖ではなく、脂肪が消費されやすくなるので、 運動前はものを食べずお腹を空かせた状態にすると効果的です。 スポンサーリンク 内臓脂肪が気になるならコレ! 体脂肪の多くは内臓についてしまう脂肪が原因になっています。 体脂肪をためない方法は? 体脂肪は食事から付いてしまうものなので、食事に対するケアで体脂肪をためない方法はあるのかについて3つのポイントをご紹介いたします。 栄養バランスが良い食事 どうしてもカロリーの元になってしまう炭水化物や脂質、そしてタンパク質をエネルギーに変換する時に必要な栄養素はビタミンやミネラルになります。 なので主食、主菜、副菜、汁物の4点をきちんと摂る様にしましょう。 食事の時間 どうしても忙しくて食事の時間が不規則になったり断食をすると体が「飢えている」というふうに誤解をしてしまい、なるべく多くのエネルギーを脂肪として溜めこもうとしてしまうのです。 更に夜には脂肪を溜めるための作用があるホルモン分泌が多くなるので就寝3時間前には夜食を終えておくことも大切です。 体脂肪を落としてダイエットをしたい方は午後6時以降食べないという方法がおすすめです。 燃焼に役立つ栄養素 ビタミンB2やビタミンB6がありますので積極的に摂る様にしましょう。 また脂質やタンパク質をエネルギーに変える栄養素としてL-カルニチンも効果があり、牛肉やマグロの赤身に含まれています。 何かに偏るのではなく、バランスよく摂取しながら、脂肪を燃やす運動などをしていく事で体脂肪は徐々に落ちていきます。 男女別のおすすめの方法は? 体脂肪の付き方は性別によっても違い、また筋肉の付きやすさなども男女によって差があります。 女性の場合は? まずは運動系の方法で体脂肪を落として行く方法が堅実であり近道だと言えるます。 これは女性でも男性でも同じ事が言えます。 特に筋トレを行い体に筋肉が付いて行けば自然に体脂肪が減ってゆき、最終的に体脂肪が付きにくい体を手に入れる事ができるのです。 更に筋トレは女性にとっても大きなメリットがあり、女性が目指すクビレを作れたりお尻や足を細くすることもできます。 逆に女性が体脂肪を落とすポイントは有酸素運動だけではダメで、程よい筋トレも必要です。 スクワット• 腕立て伏せ• 腹筋 などは自宅でテレビなどを見ながらでも行える筋トレなので、是非取り入れましょう。 確かに有酸素運動は体脂肪を落としますが、辞めてしまうとまた体脂肪が元通りになってしまう可能性が高くなりますので、 筋トレを行って新陳代謝が高まる体質になった上で、有酸素運動を行って行くのであれば効果的な方法となりますので、バランスよく運動を行って行きましょう。 運動も大事ですが、それと平行して、ご飯を食べずに甘いお菓子を食べるのも注意です。 男性の場合は? 男性は女性よりも体力があって、活動的であると言うことを前提でお伝えさせていただきます。 筋肉トレーニングで体脂肪が落ちやすい体を作る場合でも軽い負荷ではなく、 1セット8~10回が限界位の負荷で筋トレや筋トレマシンを使うと男性的な体つきにもなりますし、筋力も効率よく増えて、新陳代謝が上がって体脂肪が付きにくい体質になります。 また、 食事面で見る男性が体脂肪を落とすポイントは女性と明らかに差が出るのは男性は早食いの人が多いので、ゆっくりと咀嚼をして食べることで食事その物の量を減らすことができますのでカロリー自体の摂取を抑えることができます。 また食べる順番なのですが、男性は好きな物からどんどんと食べて行く傾向にありますが、そうではなくて汁物、野菜、肉や魚のおかず、そして白米と言う順番にしましょう。 ポイントは最初に汁ものと野菜の食物繊維で満腹中枢を満足できると、炭水化物である白米の量を抑える事ができますので、結果として体脂肪を付きにくくすることができるのです。 特に40代になるとこの食べ方が良い効果を生みますので、おすすめです。 隠れ肥満と呼ばれる方はこの体脂肪率が高い傾向にあります。 体脂肪も通常のダイエットと同じ方法で落とすことができます。

次の

体脂肪率を減らす意外にも簡単な方法

体 脂肪 率 落とす 方法

それが静脈に取り込まれて、全身に流れる。 最初に流れ込むのが肝臓。 肝臓は脂肪を分解するが、脂肪酸があまりに沢山入ってくると、作業が追いつかなくなる。 それで脂肪肝になってしまう。 飲酒しないのに脂肪肝になる人が増えている。 原因は食べ過ぎ。 そして脂肪肝は肝臓ガンを誘発する。 内臓脂肪が付いている人は肝臓ガンになるリスクが2倍。 世界の肝臓ガンの4分の3がアジア、主に東アジア、中央アジア、東南アジアが中心。 大きな原因はアジア人が内臓脂肪がつきやすい体質だから。 食べ過ぎが原因で肝臓がんになる!? ハーバード大学がん予防センターによれば、ガンの原因は食事と肥満が30%。 ほか、喫煙、運動不足、飲酒、ウィルス、遺伝、その他と段々少なくなる。 40代の中年期に肥満の人は、認知症の発症率が3倍以上高くなるという報告がある。 実際にアルツハイマー患者の60%が内臓脂肪の面積が基準を超えている。 痩せていても内臓脂肪が多い人はいる。 内臓脂肪が多い人によく見られる症状は便秘。 内臓脂肪がつきすぎると、腸が自由に動かず、食べ物をスムーズに送り出せなくなり。 便秘に。 また内臓脂肪が胃を圧迫して、食べ物と胃酸が食道に上がってしまう「逆流性食道炎」もよく見られる。 内臓脂肪を最速で落とす食事 ついてしまった内臓脂肪は、急いで落とすべし。 内臓脂肪はつきやすい反面、皮下脂肪より先に落ちる。 努力次第で早く落とすことができる。 以下は内臓脂肪を落とす方法3つ。 その1 内臓脂肪を最速で落とす:肉の調理方法、魚、果物 内臓脂肪を最速で落とす:肉の調理方法 脂質の代表といえば肉。 下ごしらえの段階で無駄な脂身を切り落としたり、鶏肉の皮を取ったりする。 調理は以下の順で脂肪の量が少なくなる。 揚げる > 焼く >煮る スチームケースは素材を入れて電子レンジに入れるだけなので、肉、魚の調理にすごく便利。 内臓脂肪を最速で落とす:魚はOK *魚にも脂質はあるが、青魚は食べた方がいい。 なぜな ら青魚に多いDHAやEPAは内臓脂肪をつきにくくする働きがあるから。 特に 鯖の味噌煮はオススメ。 内臓脂肪を最速で落とす:脂肪を増やす要因に注意 ・酒 飲みすぎたり食べ過ぎたりが要注意なのは、お酒と果物。 脂質がほとんど入っていないにもかかわらず、脂肪を増やす要因となる。 お酒は食欲を高めるホルモンを胃と脳から分泌させ、内臓脂肪がたまるのを手伝う。 ・果物 果物に含まれる加藤は血糖値を上げない代わりに、脳に満腹シグナルが送られない。 その結果ついつい食べ過ぎてしまう。 内臓がつきにくい果物は…… 2. 生活 よく寝る。 毎日30分歩く。 絶対に内臓脂肪を減らしたい人必見 番組では、食べ物・睡眠・運動に注意し続けると「確実に」脂肪を落とすことができる、と言っていた。 とはいえ、食べ物(調理方法+食材)・十分な睡眠・運動(筋トレ+有酸素運動)という超基本的なことを、毎日、続けることが一番難しい。 なぜなら、内臓脂肪は意識しない習慣の結果なんだから。 多くの場合、「内臓脂肪を最速で落とす」ために無理な食事制限をしたり、運動を始めるものの、天気や疲労のせいにして続けられなくなることも多い。 その結果、挫折感を味わったり、「やっぱりダメだった」「自分は意志が弱い」という自己嫌悪に陥って、メンタル的にダメージを受ける可能性も……。 そのストレスでまた暴飲暴食すれば、悪循環に引きずり込まれ、内臓脂肪は増えていく一方で……。 この危険は誰にでもある。 だから「内臓脂肪を最速で落とす」ために、食べ物・睡眠・運動のすべてを完璧にするのではなく、 どれかひとつだけ置き換えたらどうだろう。 筋トレはEMSに置き換え 一番続けにくい運動の筋トレに関しては、今話題のEMS商品が役に立つ。 EMSとはElectrical Muscle Stimulationの略で、電気的な刺激によって筋肉を鍛えるという意味。 つまりがんばって腹筋運動をしたりしなくても、EMS商品を使うことで、楽に筋肉を鍛えることができる。 EMS商品のメリットは以下のとおり。 天候に左右されない 2. 何かしながら筋肉が鍛えられる 3. 疲れない 4. 努力がいらない 5. つらくない 6. 場所を選ばない 7. 続けやすい EMSを使えば、食事の準備をする間、テレビを見ている間などの、たった15分間で「ジョッキング1. 5km、水泳30分、腕立て伏せ30分に相当」する効果があるのだとか。 有酸素運動を楽しく 有酸素運動をどうするか、が結構悩ましい。 ジムに通うか、外へジョギングに出るか。 「今日から毎日ジョギング!」 と決心。 初日はやる気にあふれて外に出ても、体力が続かなかったり、「今日は残業でヘトヘト」「雨が降ったから」「風邪気味だから」と、何かと言い訳を考えてしまうのが人間というもの。 ならば、天気に左右されないランニングマシンが頼れる。 ランニングマシンなら、天気関係なく、テレビを見ながら、映画を見ながら楽しくシンプルに有酸素運動ができる。 いま話題のNintendo Switchの「リングフィットアドベンチャー」を有酸素運動に活用するのもオススメ。 付属の器具を通して、腕、肩、胸、お腹、背中などにかかった力や動きが認識され、ゲームの中と連動する。 長期間を視野に入れたアドベンチャーモードや、短時間で楽しくできる全身運動モードも搭載。 土日で余裕があるときは、アドベンチャーモードで、平日は帰宅後に短時間トレーニングで、有酸素運動の無理のない継続が期待できる。 回数、難易度の設定はもちろん、身体の部位を集中的に鍛えることもできる。 楽しくゲームをしている内に、いつの間にか全身運動になっている。 これなら、天気も体力も関係なし。 ゲームを有酸素運動に置き換える良さは、楽しいから飽きにくいこと。 これで絶対成功! 秋から冬は、食べ物がおいしい。 なのに気温が下がるため、外に出たくなくなる。 つまり、運動をしにくい季節になる。 「内臓脂肪を最速で落とす」方法の、食べ物(調理方法+食材)・睡眠・運動(筋トレ+有酸素運動)のうち、「筋トレ」はEMS、有酸素運動はランニングマシンやNintendo Switch「リングフィットアドベンチャー」、に置き換えれば、断然成功する確率が高くなる。 季節の変わり目には、周りから「シュッとしたね!」と、言われるようになるかも! もちろん、食べ物(調理方法+食材)・十分な睡眠・運動(筋トレ+有酸素運動)を、毎日、徹底して自己管理できる人には、EMSもランニングマシンも「リングフィットアドベンチャー」もいらない。 でも、今度こそ挫折したくない、本気で夏までに内臓脂肪を絶対に落としたいなら、食事と睡眠は自己管理で、一番苦しくて継続が難しい運動だけを、EMSやランニングマシン、Nintendo Switchリングフィットアドベンチャーに置き換えれば、どのような年代でも、どのような状況でも、内臓脂肪が爆速で落ちていく手助けになる。 どちらか1つ導入するだけでも、相当効果は違うはず。 一分でも早く、一秒でも早く始めよう。 薄着になる春はもうすぐ。

次の