エモ い コード 進行。 ボサノバの定番コード進行10パターン|ギターで弾ける「ボサノバっぽさを生み出すコードの響き」

【コード進行】3

エモ い コード 進行

この記事は ・音楽経験は全くないけど曲を聴くのは大好き ・音楽を聴くことが趣味 ・コード進行という単語は聞いたことあるけど意味は分からない ・ほかの人と違う音楽の楽しみ方をしたい ・Official髭男dismが大好き という方に特にオススメです。 はじめてこのブログを見る方はこちらの5つのポイントを頭に入れて記事を読んでみてください。 赤文字で示されているコードが、基本のコード以外を用いたエモコードです。 張り付けてある動画も、オレンジが基本のコード、赤がエモコードを表しています。 動画内でもオレンジは基本のコード、赤がエモコードを表しています。 それぞれ本来ならばEm、Dmというマイナーコード(暗いコード)が使われるとこを E, Dという メジャーコード(明るいコード)に変えることで切ない胸キュン感が演出されています。 専門用語では セカンダリードミナントというものなので、興味がある人はググってみてください。 ここをエモコードを使わず、基本のコードだけで構成するとこのようになります。 メロディーも少し変わります。 なんといってもベースラインがいいですね。 疾走感があります。 最後のF m-5は難しいコードなので気にしなくて良いです。 ゆゆうたさんのイキスギコードに似ています。 彼がこの曲を弾いたら間違いなくここでイキスギコードを入れてくるでしょう。 ちなみにイキスギコードを入れたバージョンだとこんな感じです。 augはオーギュメントという不思議な響きのコードです。 興味があれば調べてみてください。 【サビ】 G グッバイ C G E 君の運命のヒトは 僕じゃない Am Gm C 辛いけど否めない でも離れがたいのさ F Em Dm その髪に触れただけで痛いや いやでも G E 甘いな いやいや この曲の一番のポイントは 「でも離れがたいのさ」の Gmにあると思います。 一般的に明るいメジャーコードが使われるところを あえて暗い マイナーコードを使うことで、 明るく突っ走りすぎない、憂いをもったコード進行になっています。 Official髭男dismのボーカル藤原さんも、この動画内でこの個所を 「解決しないコード感」と表しています。 ここであえて一般的な基本コードのみを使ってみるとこんな感じになります。 この曲自体叶わぬ大人の恋を歌った曲だと思うので、ここの Gマイナーコードで 明るくいきたいのにうまくいかない、そんな胸が苦しくなるエモさが爆発しています。 製作者の意図どおり、「酸いも甘いも味わった大人のビターなロマンス」感がここのGマイナーコードで出ています。

次の

コード進行ポイント③エモいコード

エモ い コード 進行

まずそもそもエモいとは? Wikipediaから引用させてもらうと、エモいとは、 エモいは、英語の「emotional」を由来とした、「感情が動かされた状態」[1]、「感情が高まって強く訴えかける心の動き」[2]などを意味する日本語の形容詞。 感情が揺さぶられたときや、気持ちをストレートに表現できないとき[1]、「哀愁を帯びた様」[3]などに用いられる。 また、現代若者に使われる用語である。 ということみたいです。 つまり感情が震えた瞬間ってことですね。 そういう時のコード進行と。 これは難しいぞ。 実際の曲の例から見てみましょう ここからは全部KeyをCに統一して見ていきましょう。 僕的には3の7thからの4がかなりエモいと思うのですが皆さんはどうでしょうか? 例えばスピッツのロビンソン。 このE7の開放感たるやすごくエモいと思うのは僕だけでしょうか。 そして通常ならばセカンダリードミナントから行くとAmに着地するのが定石ですがそこでFにいく開放感。。。 エモいです。 同じ進行でMr. Childrenのイノセントワールドのサビ手前もエモいです。 エモいっすよね。 なのでE7からのFっていうのはかなりエモい進行じゃないかと思います。 これもかなりエモい。。。 例えばひまわりの約束です。 これもサビでこの進行がうまく使われています。 さいごに エモいコード進行ということで2つのパターンを紹介してみました。 僕的には曲を聞いててこの進行があるとグッときます。 もちろん、他にもエモいコード進行というはあるかと思いますがとりあえずはこの2パターンをおさえておけば良いかと思います。 月額980円!!オンラインレッスン はじめました。 なんと月額980円。 値上がりする前にお申し込みください。 無料メルマガ講座はじめました!! 新しくはじめました。 メルマガ登録して頂いた方に電子書籍「明日から使えるギタリストのための音楽理論 基礎編」をプレゼント。 ブログには書けないコアな情報を配信しています。 スポンサーリンク.

次の

いい感じのコード進行の紹介【アドベントカレンダー2018 27日目】

エモ い コード 進行

なんだ、宣伝かと思ったそこのあなた。 ちょっと待って。 突然ですがクイズです。 正解は コード進行です。 えっ、全然曲調違うじゃんって?確かに、曲から受けるイメージは違いますね。 しかし、いい曲だと思わせるひとつの「 影の支配者」的役割としてこのコード進行があるんです。 というわけで、今回は俗に言う「 丸の内サディスティック」進行のご紹介です。 前回置いていってしまった人本当にすみません!今回は なるべくわかりやすく書くことを心がけるので、是非最後までお読みください。 読み終わった頃には話のネタ、あるいは少しの音楽的知識をお伝えすることが出来ていれば嬉しいです! さてさて、前提として音楽には3つの要素があるというのを聞いたことがあるでしょうか? ないのもあるけど…… その3つは「メロディ、 ハーモニー、リズム」です。 そして、このハーモニー、いわば響きをルールに沿ってまとめたものが「 コード」と呼ばれます。 世の中には無数のコードが存在し、その組み合わせの数だけ進み方、「 コード進行」が存在します。 関ジャムでやってたけどn番煎じとか言うな〜!!! ルールに乗っ取って書くとこんな感じです。 説明長くなるので、そんなに気にしないでOKです。 洋楽だと別名があるのですが、親しみが持てるのでこちらで。 この進行の特徴としてはまず オシャレ! 「幸福論」「長く短い祭」などでも使われる椎名林檎さんの十八番なので、そりゃそうですよね。 ボカロ外だとあいみょんさんの「 愛を伝えたいだとか」なんかも。 オシャレ。 3つの連結が強い繋がりを持つもの。 結果 いい感じなのでそれでOKです。 また、 循環できるので使いやすいのも利点です。 早くボカロ曲を紹介しろと、すみません。 ここからは、サビでの使用をPやパターンに分けて紹介していきます。 Mrs. もうオシャレ。 コード進行以外で 暴れ回るハチさんならではな気がします。 余談ですが、米津玄師さんの「 flamingo」でも使用されてて、これがこの曲のハチさん感に繋がってるとも言えますね。 緻密な曲展開にオシャレで親しみやすいコード。 「ヤンキー 略 」などロック路線だと「王道進行」を使われることが多いので、曲調における使い分けも見えますね。 気になったのはこれ。 つまりスローテンポにも合う進行ってことですね。 あげたらキリがありません。 この進行、循環しやすいので 電子音系にもピッタリなんです。 鮮烈なデビューの裏にはこんな仕掛けが…… 気になった用法はこちら。 あとこれは「 ツーファイブワン」というジャズの技法で、一般に使われないコードとはいえ違和感は抑えられてます。 アディショナルメモリーも、丸の内進行の借用によって ロスメモの続き感を出してるのではないでしょうか? あと、じんさんと一時代を築いた kemuさんのこの曲も。 ピアノ系だと以下の曲もです。 いえ、 一頭。 先程あげた ルマ以外でも使われてます。 少し特殊なアルカリ、レミングミング以外だいたいそうでした。 かいりきベア節と言えるのは、もしかしたらこの中毒性の高い 循環コードなのかも知れません。 コードとしてロックに寄りすぎないのがいいですね。 余談ですが、もう1人の今年最も活躍したPの1人、いえ、 一果である 煮ル果実さんの「 紗痲」や「 ハングリーニコル」もこの進行。 すごいね!!! その他答え合わせ含めて、最近の ギター系のものを。 今まではストレートなロック!という「小室進行」や暖かい「カノン進行」が多かったので イメチェンでしょうか。 こうやって見ると、 「今っぽい」「かっこいい」と言えるラインナップではないでしょうか……? そう、じんさんやハチさん、トーマさん、れるりりさんと一時代を築いたたこのコード進行は未だに 新鮮さを持ち愛されてるんです。 極めつけはこれ。 そして、 2018年のYouTube再生10位までのうち6曲がこれ。 この増加傾向は、前の調査と比べると顕著ですね。 かいりきベアさんとの度重なるコラボも話題になり、「 MARETU新曲はよ」でおなじみですね。 MARETUさんの場合、リズム変化が激しくそれに合わせてコードも変わってます。 そのため、 途中で使われるパターンも多いです。 まふまふさんとしては心機一転、 イメチェンで使い始めたパターンではないでしょうか。 その後のこちらも。 廃墟の国のアリス Aメロ サビでは王道進行です。 まふまふさんの曲はいい意味で ストレートなコードづくりの見本かもしれませんね。 ジグソーパズルは「小室進行」っていう丸の内進行のライバル的存在。 触れません すーぱーぬことかでは使ってないので、「 ポップ!にゃあ!!」みたいな曲には 不向きと言えるかもしれません。 IV dimは名前で何となくわかるように不安定で浮遊感が生まれます。 一応IVに繋がるってことなのかなぁ? もっとも、ぬゆりさんもMARETUさんと同じでコード多めの方なので、途中で違うなんてこともザラです。 余談ですが、「 秒針を噛む」でもイントロ後半、Bメロ、サビの「分かり合う〇」など使われてます。 そこからの満を持しての丸の内進行。 そしてソロパートもこれです。 オシャレだなぁ。 ヒットも納得です。 ラスボス。 丸の内進行 一本勝負。 これに影響受けた人多いのではないでしょうか? シャルルや須田楽曲含め、王道進行を挟みながらの使用が多かったです。 (ハチさんの影響もあるのかなぁ) ロックに寄りすぎないところが、独特の効果音の使用などと相まって 世界観を出してますよね! 余談ですが、ポップの権化 ナユタン星人さんはこれをほぼ使ってないのも面白いです。 本人がコピーしやすいと言っていたように、「 ループ」するコードなのがナユタン星人さんらしいですね。 これはこれでスムーズに下降して良いのですが。 パフェ生も似たコード。 ボカロで出された曲あまり多くは無いのですが、 やどりぎはよ 大きな爪痕を残していきましたね。 やどりぎはよ ここでは4曲ご紹介。 ドラマツルギー、アウトサイダーはよりロックさ、マイナーさが 別のコードで強調されてるのが面白いですね。 追記としてはこれもですね。 切ないコード進行って印象をここでは受けますね。 さっき挙げた秒針やハゼのように、イントロだけっていうのも多いです。 オシャレコードで ピアノに合いますよね。 そして言いたかったこと。 これを書いたきっかけ。 「ボカロらしさ」をめっちゃ意識して作った曲、まさにサビがこのコード進行なのよね。 わたしのイメージは間違ってなかった。 まとめ 長ぇ!長ぇよnogi!すぐ〆ます。 MARETU 新曲 はよ 以上です。 コードから見てみるのもいいですね。 出た 69曲まとめました。 サビでないものは一部除いてます。 丸の内進行を味わい尽くしてください! 丸の内進行だらけ ここまでありがとうございました。 この進行の新曲、聴いてね ラヴィレ feat 重音テト〈オリジナル〉.

次の