多岐 に 渡り。 「多岐にわたる」の意味や使い方の例文は?類語や英語訳なども解説

「多岐にわたる」の意味と使い方・漢字・類語・敬語|活動/分野

多岐 に 渡り

ガジャ・マダ大学は1949年に創立された国立総合大学で、18学部、学生数約4万人を有する。 多くの著名人や有名人が輩出され政治経済多岐にわたる分野で活躍している。 レンドラは文学部、アミエンライスは社会政治学部出身である。 それ故、彼の工房には大勢の有望な若い弟子たちが集まることとなった。 彼の工房では、多岐にわたる分野の作品を制作していたため、共同での制作が頻繁に行われていた。 本作品もそのうちの1つにあたる。 翌2003年には衛星放送での放送が開始され、現在は世界各国で視聴できるほか、日本でもインターネットで日本語に翻訳された報道の視聴が可能である。 ニュース以外にも、各地の伝統文化や漢方医学など、多岐にわたる分野を専門としている。 量子論における多体問題は、非常に多岐にわたる分野である。 量子力学では、電子が1つである水素原子のシュレーディンガー方程式は正確に解くことができるが、電子が2つであるヘリウム原子では正確には求めることが出来ない。 産業用として必要な画像処理機能をほぼ全て備えており、医療・薬品・半導体・自動車・印刷など多岐にわたる分野で使用されている。 近年では2005年5月に早稲田大学で講演を行い、情報化の進展に伴って肥大化した近代官僚制がより広く社会に浸透していくという超官僚制化という概念を提起している。 また、この他にも他学者との共同研究を通じて社会学理論・学説史・家族社会学・ジェンダー論等の多岐にわたる分野で数多くの研究業績を残している。 特にマックス・ヴェーバー、エミール・デュルケムを中心に、20世紀社会学の理論的傾向についての研究を主要なテーマとしている。 平和と安全保障、民主的な政治体制、経済の持続的な発展、教育など多岐にわたる分野を対象にしている。 「創発」は主に複雑系の理論において用いられる用語であるが、非常に多岐にわたる分野でも使用されており、時として拡大解釈されることもある。 生命は創発現象の塊である。 最初は賢プロダクション、元氣プロジェクトに所属している声優3人ずつ計6人で結成されたが、同年12月に泰が脱退、2006年1月に勝が、4月に増川がそれぞれ移籍したため、全員賢プロダクション所属となった。 特にこれといったテーマはなく、歌やダンス、朗読、演劇等、多岐にわたる分野に挑戦している。 反対派はこのことでジェンダーフリーの学術的な正当性は否定されたとの指摘を行った。 上記の事実が明らかになった後、賛同派は、「すでにジェンダーフリー思想は様々な多岐にわたる分野の研究成果から成立しており古い学説に依拠するような時代は遥か昔に過ぎ去っている」としたが、実際には、マーガレット・ミードやジョン・マネーが唱えた説は近年に出版されたフェミニズムの書物などにも記されている。 それゆえ、「賛同派は自らが依拠していた説をご都合主義的に翻した」との批判も受けることになった。 系の複雑性を研究するモデルとしての複雑系には、蟻の巣、人間経済・社会、気象現象、神経系、細胞、人間を含む生物などや現代的なエネルギーインフラや通信インフラなどが挙げられる。 複雑系は自然科学、数学、社会科学などの多岐にわたる分野で研究されているが、学際的に複雑系に特化した研究分野として、システム論、複雑性理論、システム生態学、サイバネティックスなどがある。 見方によっては人類は何千年も前から自然を相手に複雑系を研究してきたと言えなくも無いが、現代科学としての複雑系の研究は、物理学や化学といった従来の科学分野と比べても、比較的若い分野ということになる。 この共分散行列は、シンプルではあるが、非常に多岐にわたる分野でとても有用なツールである。 分散共分散行列からは、データの相関を完全に失わせるような写像を作る変換行列を作ることができる。 花粉と胞子を同時に取り扱うことが多いため、総括して花粉分析と呼ぶことが一般的である。 花粉分析は植物学・植生学・地理学・考古学・気候学・気象学・地質学など多岐にわたる分野と密接に関わっている。 顕微鏡の発達により、18世紀から19世紀にかけてスウェーデンを中心とする北欧から始まり、徐々に欧州諸国へ広がった。 以来、規模を拡大、2008年現在、アメリカ及びカナダで約890万haの森林を自社で保有、管理、経営し、生産される木材の加工流通および販売など非常に多岐にわたる分野を手がける。 日本や中華人民共和国など、木材の大量消費国にも拠点を置き、積極的な輸出を行っており、1994年には合衆国政府より輸出貢献大統領賞を受賞した。 晩年の池田が才能を認め、支援した版画家の中には北川健次、清原啓子、山口啓介らがいる。 池田は版画家、画家、彫刻家、陶芸家、芥川賞作家、エッセイスト、映画監督と、多岐にわたる分野で足跡を残したが、高い知名度に比べその芸術活動について、生前から正当な評価を受けていたとは言いがたい。 また、版画、油彩についての本格的な評論は生前も死後もほとんどない。 女流南画家の奥原晴湖、伝統的絵画から浮世絵・戯画・新聞の挿絵など多岐にわたる分野の絵画を手がけた絵師・河鍋暁斎、奥原晴湖の師であり古河画界の祖となった枚田水石、書家・小山霞外などが紹介されている。 さらに企画展示室では、随時多様な企画展示が行われている。 「最も素晴らしい神を礼拝する行為の1つ」として、若いころから医学の研究に打ち込んでいた。 喘息、痔疾、性交、ヒポクラテスとガレノスの箴言への注釈、養生論、中毒学、医療倫理学など、多岐にわたる分野の著書を残した。

次の

多岐にわたる、は、亘る OR 渡る?

多岐 に 渡り

もくじ• 「多岐にわたる」の意味 「多岐にわたる」の読み方は、「たきにわたる」です。 「岐」の字はもともとは中国の山の名前ですが、「わかれること」「わかれみち」「えだみち」を意味する字です。 「多岐」以外では、「分岐」「分岐点」などで使います。 それぞれ「みちが分かれる」「みちが分かれる地点」という意味です。 「多岐にわたる」の本来の語義は、「道が幾筋にも分かれていること」「分かれ道が多数あること」を指します。 そこから使用する場面が広がって、ものの用途・利用方法がいろいろある、あることを実現する方法が多種類ある、あることの意味合いが複数ある、など、様々な場面で活用されている語です。 「多岐にわたる」の正しい使い方 では「多岐にわたる」の正しい使い方はどうでしょうか。 大事なポイントは「多」と言う以上は、選択肢が多くないとダメ、ということです。 選択肢が2つしかなければ、それは、「あれかこれか」「二者択一」であって、「多」ではありません。 では、選択肢が3つなら? 一体、いくつからが「多」なのか、感じ方は様々だと思いますが、3つあれば、ギリセーフ!という感じではないでしょうか。 少々、話を「盛っている」感はありますが、多少オーバーに表現するのは、世の常ですね。 選択肢が4つ以上あれば、これはもう堂々と胸を張って「多岐にわたる」を使いましょう! 「多岐にわたる」を使った例文 「多岐にわたる」はどのように使うのでしょうか。 以下に例文を挙げてみました。 バラエティに富む• 種類豊富な• 色々な• 様々な• 多彩な• 多方面にわたる• 多分野に及ぶ• 数々の• 諸々の• 多面的な• 多角的な• 幅広い• 広範な 「多岐にわたる」の類義語として、「いろいろある」という意味の「」ということが言葉あります。 「種々」に関しては、【】で解説しています。 他にもまだまだありそうです。 「多岐にわたる」言い換え候補から、一番ふさわしい語を選んで使いましょう。 そうすることで表現の幅がぐっと広がることでしょう。 「多岐にわたる」の対義語・反対語 「多岐にわたる」の対義語・反対語にはどのようなものがあるでしょうか。 はっきりとした対義語と呼べる表現はなさそうですので、近いニュアンスを持つ言い換え表現を、以下にあげてみましょう。

次の

多岐にわたる、は、亘る OR 渡る?

多岐 に 渡り

A ベストアンサー はじめまして。 1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。 2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。 3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。 4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。 ご質問2: <経験を"もと"に話す。 > 1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。 2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。 3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。 4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。 以上ご参考までに。 A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい... A ベストアンサー かなりややこしい問題です。 はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。 ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。 大辞泉では、 「はじめ【始め・初め】 5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多くの中で、主となるもの。 また、先に立つもの。 つまり、5の文例は「初め」を慣用とするとしているようです。 岩波国語辞典では、 「はじめ【始め・初め】」としているだけで、特にどちらを が 用いる・用いられるかは明確にしていません。 ただし、副詞に限っては「初め」としています。 新明解国語辞典 「はじめ【初め】」として、末尾に「「始め」とも書く」としています。 Windows付属のIMEでは、 始め: [一般的][物事に関して][動詞的] 初め: [時間に関して][副詞的] としています。 IMEだけは、はっきりと「校長を始めとして」と用例をあげています。 しかし根拠は ? です。 漢字の由来としては、 「始」は「終わり」に対する「始め」の意味だけです。 [始皇帝、終始、始終、始末、始めは処女のごとく後には脱兎のごとく] ま、大辞林のとおりですね。 IME他、時間的な始まりと物事の始まり、という分け方をしているものを時々みかけますが、どうでしょうか。 「並んでいる一番目」「第一の」というようにとらえれば「初め」になるようです。 初恋、初陣、初夜などは時間とばかりはいえないでしょう。 少なくとも、「社長をはじめ、職員の…」であれば「はじめ」は動詞・連用形と考えられるので「始め」になります。 しかし、「社長をはじめとする職員の…」となると「ははじめ」は名詞ですから、やはり ? です。 歯切れのいい回答にならず申しわけありません。 かなりややこしい問題です。 はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。 ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。 大辞泉では、 「はじめ【始め・初め】 5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多く... A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー 日本語の書き表し方は、『常用漢字表』をはじめいくつかの基準が国によって定められています。 そのうち、送りがなに関しては、「一般の社会生活において現代の国語を書き表すための送り仮名の付け方のよりどころ」として,昭和48年に内閣から発表されています。 【通則 6】 本則は「取り組み」 複合の語(通則7を適用する語を除く。 )の送り仮名は,その複合の語を書き表す漢字の,それぞれの音訓を用いた単独の語の送り仮名の付け方による。 許容は「取組み」 読み間違えるおそれのない場合は,送り仮名を省くことができる 【通則 7】 「取組」 複合の語のうち,次のような名詞は,慣用に従って,送り仮名を付けない。 1 特定の領域の語で,慣用が固定していると認められるもの。 詳しくは、文化庁の『国語施策情報システム』をどうぞ。 bunka. したがって、『現代仮名遣い』 昭和61年7月1日 内閣告示第1号 では、いくつかの例外を除いて、「づ」を用いないように定めています。 ご質問のお答えは、「ずつ」が正解です。 2 「分かる」「解る」「判る」は、それぞれ意味が少し違います。 【解る】理解する。 ことの筋道がはっきりする。 【判る】判明する。 明らかになる。 【分かる】上二つの意味を併せたいい方。 『常用漢字音訓表』 昭和56年10月1日内閣告示 に、「分かる」はあるのですが、「解る」と「判る」は載っていません。 「解」も「判」も常用漢字表には含まれていますが、「わかる」という読み方が載っていないのです。 新聞やテレビなどのマスコミが「分かる」を優先的に使う理由はそこにあります。 質問者さんが公務員で、公文書を作成されるなら、「分かる」に統一する必要があります。 民間の文書や私信なら、「分かる」「解る」「判る」を使い分けて、日本語の奥ゆかしさを味わいたいものです。

次の