ビズリーチ プレミアム。 【評判・口コミがヤバい】転職サイトビズリーチ

ビズリーチを退会する方法!手続きの流れと注意点

ビズリーチ プレミアム

プレミアム?プラチナスカウト?タレント?ハイクラス?ビズリーチの無料と有料の違いとは 2018年12月06日更新 「ビズリーチって無料なの?有料なの?」 「スタンダートプランとプレミアムプランって何?」 「タレント会員とハイクラス会員の違いって何?」 「スカウトとプラチナスカウトの違いって何?」 「結局無料でもいいの?有料にしないといけないの?」 と違いがイマイチわかりづらいのがビズリーチの特徴です。 ビズリーチの無料会員と有料会員の違いやスカウトの違いについてご紹介します。 スカウトは2つ ビズリーチの「」には2つあります。 「通常のスカウト」と「プラチナスカウト」です。 1-1. 通常のスカウト あなたの職務経歴書に興味を持ったヘッドハンターから届く「スカウト」です。 プレミアム会員(有料会員)にならないと、中身を見ることも返信することもできません。 基本的に年収が500万未満の人に届きます。 1-2. プラチナスカウト あなたの職務経歴書に強い興味を持った採用企業やヘッドハンターから届く「特別なスカウト」でのことです。 無料会員でも内容を閲覧でき、返信することができます。 プランは2つ まず、ビズリーチには無料で登録できる「スタンダートプラン」と有料で利用できる「プレミアムプラン」があります。 2-1. スタンダートプラン(無料会員) プラチナスカウトは返信することはできますが、通常のスカウトを受け取ることはできますが、中身を見ることも返信することもできません。 応募できる求人は公募求人と特集求人のみです。 企業が掲載している求人やヘッドハンターが保有している求人は見ることはできません。 2-2. プレミアムプラン(有料会員) プレミアムプランは有料会員を意味します。 通常のスカウトを閲覧でき返信することができるようになります。 また、企業が掲載している求人やヘッドハンターが保有している求人を見ることができます。 また、ヘッドハンターへ相談することができるようになります。 2-2-1. タレント会員(有料会員) 有料会員で年収が500万円未満の人はタレント会員となります。 30日間で2,980円。 2-2-2. ハイクラス会員(有料会員) 有料会員で年収が500万円以上の人はハイクラス会員となります。 30日間で4,980円。 まとめ 年収ベースでどう利用するのがおすすめなのかまとめました。 年収750万円以上なら? 無料会員でも企業やヘッドハンターからプラチナスカウトが来るので登録してスカウトを待ちます。 ビズリーチは登録後に、レジュメ登録をきっちり行い待つのが基本です。 無料会員と有料会員の違い、タレント会員とハイクラス会員の違い、スカウトとプラチナスカウトの違いなど、ビズリーチで分かりにくい違いをまとめました。 違いをきちんと理解したうえで無料会員か有料会員になるのかを決めましょう。 転職サイトランキング1位 4. 9 32歳までにおすすめの転職サービス! 転職サイトランキング2位 4. 8 NO1転職サイト!転職者の8割が利用! 転職サイトランキング3位 4. 6 年収600万円以上なら登録必須!.

次の

ビズリーチのプレミアムプランの料金って有料? 【最大97日間の無料期間あり】

ビズリーチ プレミアム

プレミアム?プラチナスカウト?タレント?ハイクラス?ビズリーチの無料と有料の違いとは 2018年12月06日更新 「ビズリーチって無料なの?有料なの?」 「スタンダートプランとプレミアムプランって何?」 「タレント会員とハイクラス会員の違いって何?」 「スカウトとプラチナスカウトの違いって何?」 「結局無料でもいいの?有料にしないといけないの?」 と違いがイマイチわかりづらいのがビズリーチの特徴です。 ビズリーチの無料会員と有料会員の違いやスカウトの違いについてご紹介します。 スカウトは2つ ビズリーチの「」には2つあります。 「通常のスカウト」と「プラチナスカウト」です。 1-1. 通常のスカウト あなたの職務経歴書に興味を持ったヘッドハンターから届く「スカウト」です。 プレミアム会員(有料会員)にならないと、中身を見ることも返信することもできません。 基本的に年収が500万未満の人に届きます。 1-2. プラチナスカウト あなたの職務経歴書に強い興味を持った採用企業やヘッドハンターから届く「特別なスカウト」でのことです。 無料会員でも内容を閲覧でき、返信することができます。 プランは2つ まず、ビズリーチには無料で登録できる「スタンダートプラン」と有料で利用できる「プレミアムプラン」があります。 2-1. スタンダートプラン(無料会員) プラチナスカウトは返信することはできますが、通常のスカウトを受け取ることはできますが、中身を見ることも返信することもできません。 応募できる求人は公募求人と特集求人のみです。 企業が掲載している求人やヘッドハンターが保有している求人は見ることはできません。 2-2. プレミアムプラン(有料会員) プレミアムプランは有料会員を意味します。 通常のスカウトを閲覧でき返信することができるようになります。 また、企業が掲載している求人やヘッドハンターが保有している求人を見ることができます。 また、ヘッドハンターへ相談することができるようになります。 2-2-1. タレント会員(有料会員) 有料会員で年収が500万円未満の人はタレント会員となります。 30日間で2,980円。 2-2-2. ハイクラス会員(有料会員) 有料会員で年収が500万円以上の人はハイクラス会員となります。 30日間で4,980円。 まとめ 年収ベースでどう利用するのがおすすめなのかまとめました。 年収750万円以上なら? 無料会員でも企業やヘッドハンターからプラチナスカウトが来るので登録してスカウトを待ちます。 ビズリーチは登録後に、レジュメ登録をきっちり行い待つのが基本です。 無料会員と有料会員の違い、タレント会員とハイクラス会員の違い、スカウトとプラチナスカウトの違いなど、ビズリーチで分かりにくい違いをまとめました。 違いをきちんと理解したうえで無料会員か有料会員になるのかを決めましょう。 転職サイトランキング1位 4. 9 32歳までにおすすめの転職サービス! 転職サイトランキング2位 4. 8 NO1転職サイト!転職者の8割が利用! 転職サイトランキング3位 4. 6 年収600万円以上なら登録必須!.

次の

【2020最新】ビズリーチは有料?料金表と97日間無料で使う方法を紹介

ビズリーチ プレミアム

求人を検索・閲覧し、応募できる範囲• スカウトの受信・返信が可能な範囲• ヘッドハンターと接触できる範囲 このように、スタンダードステージとプレミアムステージでは利用できるサービスの範囲に差があります。 プレミアムステージを利用するメリットがあるかどうかは、転職活動をどのぐらい積極的に進めたいと考えているか、自発的に動いていきたいと考えているかどうかによって異なります。 まずは、プレミアムステージにすることで利用できるサービスについて確認しておきましょう。 有料版「プレミアムステージ」と無料版「スタンダードステージ」の違い ビズリーチの有料プラン「プレミアムステージ」について考える際、念頭に置いておくべきこととして 「ビズリーチはそもそもハイクラス人材向け」という、転職サービスとしてのコンセプトが挙げられます。 扱っている求人は万人向けの案件ではなく、特定の層の人材に対して案内されるべきものなのです。 プレミアムステージはその中でもさらに厳選された人材が、ハイクラス人材特化型サービスであるビズリーチのポテンシャルを最大限活かすためのプランと捉えるといいでしょう。 有料会員(プレミアムステージ) 無料会員(スタンダードステージ) 求人情報の検索、閲覧 全ての求人を検索・閲覧可能 検索できるが企業名は閲覧不可 求人への応募 全ての求人に応募可能 一部の求人のみ可能 スカウトの受信 スカウト+プラチナスカウトを受信可能 プラチナスカウトのみ受信可能 スカウトへの返信 スカウト+プラチナスカウトに返信可能 プラチナスカウトのみ返信可能 ヘッドハンターへの相談 ヘッドハンターを検索して相談できる 自分から相談することはできない スタンダードステージでは、ヘッドハンターからスカウトが届くまでは 「待ち」の状態での利用がメインとなります。 これに対して、プレミアムステージでは求人を閲覧して自分から応募したり、ヘッドハンターを自分で探したりといったように、自発的に動くことができるようになります。 積極的に自分から動いて求人を探したい人にとっては、プレミアムステージを利用することで「自分ではできないこと」がなくなるメリットを実感できると考えられます。 スカウトに関しては、通常のスカウトと面接確約済の プラチナスカウトがあります。 スタンダードステージではプラチナスカウトに限って受信・返信できるのに対して、プレミアムステージでは通常スカウトも含めて全てのスカウトについて受信・返信できるようになっています。 プレミアムステージには、「ハイクラス会員」と「タレント会員」の2つがある プレミアムステージに申し込むと、「ハイクラス会員」または「タレント会員」のどちらかに自動的に振り分けられます。 登録時点での年収が750万円以上の場合はハイクラス会員に、750万円未満の場合はタレント会員となります。 それぞれの会員の利用料は下記の通りです。 利用料 利用期間 ハイクラス会員 5,478円 30日間 タレント会員 3,278円 30日間 ハイクラス会員にはできてタレント会員にはできないこととして、最も大きな違いは 年収1,000万円以上の求人への応募が挙げられます。 年収1,000万円以上を提示している求人に応募できるのはハイクラス会員のみとなっています。 また、ヘッドハンターの中にはハイクラス人材の中でもさらにハイレイヤーを対象にしているケースも見られます。 こうしたヘッドハンターに相談できるのはハイクラス会員に限られていることがあります。 このように、プレミアムステージの中でもハイクラス会員にだけ認められた「特権」があり、その分だけ利用料が高く設定されていると考えられます。 2)ビズリーチ「プレミアムステージ」を利用するメリットは… 多くの転職サービスは無料で利用できるのが一般的ですが、ビズリーチは 「あえて」有料プランを設けています。 転職希望者として気になるのは、果たして有料プランに登録することでどれだけのメリットを得られるのか、という点でしょう。 プレミアムステージを利用することでメリットを実感しやすい点と、反対にそれほどメリットとして表れてこない点があるのは事実です。 そこで、プレミアムステージを利用するメリットについて整理し、有料会員として登録するかどうかを見極めていきましょう。 スカウトメールを貰える差は、「無料」・「有料」でそこまで出ない プレミアムステージで利用できるようになるサービスの1つに、プラチナスカウト以外の通常スカウトの受信・閲覧・返信があります。 この違いだけを見ると、「プレミアムステージに登録すればスカウトが増えるのでは?」と思えるかもしれません。 ビズリーチを通じて届くスカウトには3種類があります。 《ビズリーチにおけるスカウトの種類》• 企業からのスカウト• ヘッドハンターからのプラチナスカウト• ヘッドハンターからの通常スカウト 上記3点の中で、 「企業側が直接スカウトしてきた場合」が最も採用に結びつきやすいことはイメージしやすいはずです。 ヘッドハンターからの強いプッシュがあって面接確約を取り付けているプラチナスカウトについても、企業からの直接スカウトと同じレベルでの採用確率が期待できるでしょう。 こうした「濃い」スカウトを受けられるかどうかは、 転職希望者自身の市場価値や、職務経歴書の記載内容が企業の採用担当者の目に留まるものになっているかどうか、という点のほうが重要です。 このように、採用に結びつくようなスカウトを受けられるかどうかは、有料・無料の違いによって差がつくわけではないことに注意しておく必要があります。 有料プランの最も意識すべきポイントは、「ヘッドハンターへの相談」ができること ビズリーチを通じてコンタクトが可能なヘッドハンターはおよそ3,000名とされています。 人材市場において有力な人材のヘッドハンティングを行っているプロフェッショナルの中でも、ビズリーチ独自の基準をクリアした優秀なヘッドハンターだけがビズリーチの登録者にアクセスできるようになっています。 ヘッドハンター側もビズリーチに料金を支払って登録しているため、料金に見合った成果を挙げたいと考えていることは容易に想像できます。 こうしたヘッドハンターは、本来であれば求職者の側から相談を持ちかけることはできません。 ヘッドハンターから求職者にアプローチがあった場合に限り、面談の場を持つことができるのです。 ビズリーチのプレミアムステージでは、このように本来ならコンタクトを取ることができないヘッドハンターに対して、転職希望者が自ら相談できる点が大きなアドバンテージとなっているのです。 有料プランであるプレミアムステージに登録する大きなメリットとして意識すべきポイントは、実は 「ヘッドハンターへの相談」ができる点にあると言えるでしょう。 ビズリーチ「プレミアムステージ」がおすすめの方 ビズリーチのプレミアムステージは、転職サービスの中でもユニークな有料プランという点に留まらず、実際に利用することで得られるメリットもユニークであることについて解説してきました。 では、具体的にどのような人であれば、プレミアムステージを利用することでメリットを実感できるのでしょうか。 ビズリーチのプレミアムステージの利用をおすすめできるタイプの人として、次のような考えで転職活動を進めたい人が想定されます。 スカウトを待つだけでなく積極的に求人を探すなど、自分から行動したいと考えている人• ヘッドハンターへの相談を通じて希少な案件を紹介してもらいたいと考えている人• ハイクラス会員として登録可能な条件(年収750万円以上)を満たしている人• 年収1,000万円以上を採用時の待遇として提示している企業を探している人 ビズリーチに限らず、ヘッドハンターによるスカウトがメインの転職サービスにおいては、転職者の側は「待ち」の状態で待機するしかないケースが多いのが実情です。 そのため、自分から積極的に動いて条件の良い企業を探したいと考えている人にとっては歯がゆい期間が続くことも想定されます。 自分から求人を探したいのであれば、プレミアムステージを利用するメリットを実感できるでしょう。 また、ヘッドハンターに相談できることも大きなメリットの1つです。 具体的な希望条件がある人や、特定の分野を得意とするヘッドハンターを見つけたいと考えている人は、プレミアムステージの利用をおすすめします。 プレミアムステージを利用した場合、ハイクラス会員として登録される条件を満たしている人は、有料プランを利用するメリットを最大限に活かせる可能性があります。 現状で年収が750万円以上の場合や、転職先として年収1,000万円以上を希望している場合は、プレミアムステージを活用することで希望条件に合った案件が見つかりやすくなる効果が期待できるでしょう。 先にも述べた通り、面接確約が取れている「プラチナスカウト」であれば、スタンダードステージでもプレミアムステージでも受信・返信することができます。 つまり、多くの人がヘッドハンティングに期待する意味合いでの「スカウト」を受けることを目的として利用するのであれば、プレミアムステージに切り替えたとしてもあまり効果が見込めない可能性があるのです。 プレミアムステージはあくまで 「自分から求人を探したい」「ヘッドハンターを自分で探したい」といったニーズに応えるためのサービスですので、スカウトを「待つ」ことを前提として利用するのであればプレミアムステージのメリットをあまり感じられないかもしれません。 プレミアムステージにしたからといって、スカウトの量そのものが劇的に増えるわけではない点に注意しましょう。 無料体験7日を過ぎた後、自動的に有料版に切り替わってしまう プレミアムステージには 登録後7日間の無料体験が付いています。 スタンダードステージで登録後した後、プレミアムステージに切り替えるケースが大半のはずですが、登録後7日間が経過して有料版に切り替わる前のタイミングで改めて確認のお知らせが届くことはありません。 7日を過ぎると自動的に有料版に切り替わりますので、 「いつの間にか課金されていた」ということになりかねないのです。 無料体験の利用のみで有料版に切り替えたくない場合、登録してから6日目までにプレミアムステージの利用を停止する必要があります。 なお、無料体験としての利用は1人1回限りとなりますので、すでに無料体験を利用したことのある人が再びプレミアムステージに申し込む場合、その日から料金が発生することにも注意が必要です。 自動更新で毎月課金される プレミアムステージに登録し、無料体験期間が過ぎた後は、毎月自動的に課金されていくことになります。 転職活動中に継続してプレミアムステージを利用したい場合は問題ありませんが、転職先が決まってプレミアムステージを利用する必要がなくなっているにも関わらず、手続きを忘れていると毎月課金が続いていくことになりますので気をつけておく必要があります。 自動更新を停止するには、 「プレミアムステージアップグレード状況の確認・再購入・解約はこちら」をクリックし、 「自動更新しない」を選びます。 手続きそのものは簡単に完了できますが、更新日の前日までに解約手続きを終えておかないと翌月分も課金されることになってしまいますので、忘れずに手配するようにしましょう。 期間内に解約した際の、残り期間分料金の払い戻しはできない 多くのサブスクリプションサービスについて言えることですが、 料金は月単位で設定されていますので、途中解約した場合も料金が日割り計算で返金されることはありません。 次回の更新日までの間、これまで通りにプレミアムステージを利用でき、更新日を過ぎると解約という流れになります。 たとえば、4月20日にプレミアムステージが更新され、4月22日に転職先が決まったため解約手続きを行ったとします。 この場合も、次の更新日となる5月20日まではプレミアムステージのサービスを受けられる代わりに、残り28日分の料金は返金されない仕組みになっています。 転職サービスである以上、転職先が決まれば 「その後は利用する必要がない」というケースがほとんどのはずですが、あくまで月単位での契約になっているという点は念頭に置いて利用するようにしましょう。 4)転職サービスは複数利用がベスト!ビズリーチと併せて活用がおすすめの転職サービス3点 ビズリーチはハイクラス人材向けの転職サービスとしてはトップレベルのクオリティとなっており、プレミアムステージへの登録も含めて検討する価値は十分にあります。 ただし、どの転職サービスにおいても「あらゆる求人を隈なく網羅している」というわけにはいかないのが実情です。 とくにエグゼクティブやハイクラス人材が転職する場合、対象となる案件が限られているため、できるだけ複数の転職サービスを利用することで間口を広げておくほうがチャンスは広がりやすいのです。 そこで、ビズリーチと併せての活用をおすすめできる転職サービス3社を紹介します。 ぜひビズリーチとの併用を検討してみてください。 優秀なヘッドハンターからのサービスを完全無料で受けたい人は「キャリアカーバー」がおすすめ ビズリーチと似た転職サービスに、リクルートが運営する 「キャリアカーバー」があります。 ハイクラス人材向けである点、ヘッドハンターと転職者を仲介しているという点で、ビズリーチと類似するサービスとして位置づけることができます。 ビズリーチと異なる点として、キャリアカーバーには有料プランが存在しません。 全てのサービスを無料で受けることができますので、ビズリーチと併用して登録しておく価値は十分にあるでしょう。 ただし、ヘッドハンターに自分から相談するといった、ビズリーチのプレミアムステージのような利用の仕方はできないため、あくまでヘッドハンターからスカウトが届くのを「待つ」ことになるという点は理解した上で利用するようにしましょう。 ビズリーチの特徴の1つとして、ハイクラス人材向けのスカウトサービス1本で運営されている点が挙げられます。 転職サイト+転職エージェントといったように、スカウトサービス以外も運営している人材系のサービスが数多くある中で、ハイクラスに特化しているという点はビズリーチの強みと言えるでしょう。 同じようにハイクラス人材向けのサービスに特化している転職サービスとして 「JACリクルートメント」があります。 ミドル層の転職者のキャリアアップに強く、転職エージェントサービスに特化しているという点において、ビズリーチと併せて利用するには適した転職サービスと言えるでしょう。 JACリクルートメント自体が外資系企業によるサービスということもあり、外資系企業や海外勤務といった案件に強いのも特徴です。 こうした企業を探している人は、とくにJACリクルートメントの併用を検討しておくといいでしょう。 ビズリーチのようなヘッドハンティングがメインのサービスにおいては、キャリアプランの策定や転職先の選び方についてアドバイスを受けるということは基本的にしていません。 プレミアムステージを利用することでヘッドハンターに相談することは可能ですが、どちらかと言えば希望条件を詳細に伝えることが中心になると考えていいでしょう。 ハイクラス転職ならではの悩みや相談事についてサポートを希望する人は、親身なサポートが受けられることに定評のある 「パソナキャリア」を併用することをおすすめします。 登録後に実施されるキャリアアドバイザーとの面談でじっくりと相談に乗ってもらうことができますので、客観的にアドバイスしてもらうことで応募書類や面接での対応をブラッシュアップしておきたい人は、パソナキャリアの利用を選択肢に入れて検討してみましょう。 ビズリーチのプレミアムステージは、人材系のサービスにおいてめずらしい有料プランであり、ユニークな存在と言えます。 転職希望者がふだん接する機会のないヘッドハンターに自ら相談する機会を得られるなど、他の転職サービスでは実現できなかったサービスが提供されており、課金して利用することのメリットの1つとなっています。 ただし、有料プランに申し込んだからと言って、スカウトの量が劇的に増えたり、ヘッドハンターから優先的に声をかけてもらえるようになったりするわけではありません。 スカウトをもらえるかどうかは、結局のところ人材価値やスキルレベル、実績といった点によって決まっていくのが実情です。 ビズリーチのプレミアムステージを利用するのであれば、 「ヘッドハンターに相談したい」「年収1,000万円以上の案件に応募したい」といった、明確な目的意識をもって利用することが重要と言えるでしょう。

次の