七五三 お寺。 七五三|教えてお寺神社さん

七五三

七五三 お寺

七五三とは?時期はいつ?男の子と女の子の七五三の違いについても解説! 2019年4月22日 こそだてハック 子供の成長を祝うイベント「七五三」。 七五三を迎える年齢の子供を持つママは、時期が近づいてくると、準備をしなくてはと考えますよね。 でも、「そもそも七五三ってどんなお祝い?」「当日はなにをしたらいいの?」と疑問が出てくることも。 今回は、七五三とは何か、お祝いする年齢、男の子と女の子との違い、お参りの時期についてご紹介します。 七五三とは?何をするの? 七五三とは、子供の成長を祝い、これからの健康を願う日本の伝統的な行事です。 昔からの習わしでは、数え年で、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳でお祝いをします。 七五三は、もともと関東圏でのみで行われる地方風俗でした。 昔は乳幼児の死亡率が高かったため、7歳になるまでは、子供の成長を願う儀式がいくつも行われていました。 現在の七五三では、住んでいる地域や各家庭で違いはあるものの、近所の神社や有名な神社に出向いて、参拝や祈祷をします。 その後、写真館やフォトスタジオで写真撮影をしたり、レストランやホテルで食事をしたりします。 七五三のシーズンは、写真館やフォトスタジオが混み合うため、最近は、先に写真撮影だけをする家庭も増えてきています。 写真館やフォトスタジオによっては、6月から七五三の写真撮影を行っているところもあり、10月や11月に比べて安く撮影できることが多いようです。 関連記事 七五三は何歳でやるの?男の子と女の子の違いは? 前述の通り、昔は数え年で七五三のお祝いをしていましたが、現在では、満年齢でお祝いをする家庭が多くみられます。 また、兄弟でタイミングを合わせるケースもあり(例:ひとりは満年齢、もうひとりは数え年)、お祝いする年齢を厳格に守らなくてはいけないという決まりはありません。 男の子は、5歳でのみ行う地域や家庭も増えてきています。 七五三をお祝いする歳が男の子と女の子で異なるのは、その年にお祝いをする意味が大きく関係しています。 以下に、伝統にもとづく七五三の年齢やその意味と内容をご説明します。 数え年3歳(満2歳になる年) 男女ともにお祝いします。 江戸時代には子供の産毛を剃っておくと将来は健康な髪が生えてくると信じられていたため、男女問わず3歳までは坊主にする習慣がありました。 伝統的なお祝い方法としては、3歳になり髪を伸ばし始める「髪置きの儀(かみおきのぎ)」を行います。 数え年5歳(満4歳になる年) 男の子のお祝いをします。 人生で初めて袴(はかま)を着用する「袴儀(はかまぎ)」を行います。 袴は、江戸時代の武士が公の場で身に着ける盛装(せいそう)であったことから、この儀式は幼い少年にとって、男として社会の一員になるという意味合いを持っています。 正式な晴れ着としては袴を着用するほかに、紋付と羽織も着用します。 数え年7歳(満6歳になる年) 女の子のお祝いをします。 3歳まで着物を結んでいた付け紐(つけひも)から、成人と同じ丸帯(まるおび)をつけ始め、女性として社会の一員となるという意味合いを持っています。 関連記事 七五三のお参りの時期はいつ? 七五三は、本来は11月15日に行われる行事です。 旧暦の15日は、二十八宿の鬼宿日(にじゅうはっしゅくのきしゅくにち:鬼が出歩かない日)で、婚礼以外は何をするにも吉とされていました。 また、旧暦の11月は、田畑の収穫を終えて実りを神様に感謝する月でした。 その11月の満月の日である15日に、氏神への収穫と子供の成長に感謝を捧げ、加護を祈るようになったことが、七五三の日の由来といわれています。 明治の改暦以降は、新暦の11月15日に行われるようになりました。 江戸幕府5代将軍綱吉が長男の健康を祈ったのが11月15日だったことも、七五三が11月15日に行われるようになったきっかけといわれています。 ただ、最近では日にちにこだわらず、10月中旬~11月下旬で、六曜の縁起の良い日(大安、先勝)や家族の都合のよい日にお祝いをする家庭が増えています。 関連記事 七五三は地域によって違いがあるの? 七五三は地域によって独自の慣習があり、お祝いする日にちや規模が違います。 以下に代表的なものをご紹介します。 関東 神社に行って参拝や祈祷をする家庭が多く、いわゆる「七五三」の儀式をしっかりと行います。 3歳のお祝いは、女の子だけがする地域がほとんどです。 謝礼を入れる祝儀袋は、花結び(蝶結び)の水引に包みます。 関西 七五三当日は、近くの神社や寺に参拝し、祈祷せずに千歳飴を買って帰る家庭が多いです。 3歳のお祝いは、男女ともに行うのが一般的です。 内祝いの祝儀袋は、あわじ結びの水引に包みます。 埼玉県や千葉県、茨城の一部地域 ホテルのパーティー会場などを借りて、豪華な披露宴を開くことがあります。 北海道や東北 11月15日では着物や袴のみで出歩くには寒いため、10月中に行うこともよくあります。 九州 昔の成人が身に付ける褌(ふんどし)や湯文字(ゆもじ:女性の和服の下着の一種)を着る儀式を行う地域があります。

次の

七五三 初穂料(金額・のし袋・書き方・渡し方など)について|七五三ドットコム

七五三 お寺

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 七五三 出張撮影に関するアンケートにご協力下さい 七五三 出張撮影に関するアンケートを行っています。 回答していただくとすぐに回答結果が表示され、みなさんの七五三への関心度合いやどのように行ったのか(行う予定なのか)を見ることができます。 出張撮影(ロケーションフォト)(出張撮影)って何? 「出張撮影(ロケーションフォト)」とは、お客様がプロカメラマンに依頼して、指定した場所で出張撮影することです。 依頼者のご自宅や思い出のスポット、近所の公園、神社など、さまざまな場所で撮影することができます。 出張撮影の最大の魅力は、カメラマンも含めて大切な人と楽しくお話しながら、希望の場所で撮影してもらう、というその時間そのものが思い出に残ることです。 また、写真撮影は緊張してしまって苦手な方、スタジオまで行くのが難しい方、ご機嫌が変わりやすい小さい子どもさんなど、スタジオでの撮影が難しい場合でも、気軽に撮影できることもメリットです。 七五三の出張撮影 その魅力は? カメラマンは、自然な表情や様子を写真に残し、一生の宝物となるように、そのイベントの一部始終がわかるストーリー性のある写真を撮っていきます。 そのため、撮影してくれた写真を見ると、その1つ1つの瞬間がよみがえってきます。 特に、七五三は、三歳・五歳・七歳と無事に成長し、可愛らしい姿とたくましい・女の子らしい姿でこれからも成長を願ってする成長のお祝いのため、その時しか残せないステキな写真を撮ってほしいと願うご家族も多いでしょう。 出張撮影を依頼して、ご自宅での準備・支度の様子からお参りの道すがら、神社やお寺でのお参りを一部始終撮影してもらい、そのたくさんの写真はデータとして提供してくれるので、その時の気持ちまで手に取るように思い出すことができるのです。 またパパやママがカメラマンになることなく、七五三のお子さんたちを中心にそのご家族全員の幸せの瞬間、七五三の時にしか残せないその瞬間を写真という形で残せるのも出張撮影(ロケーションフォト)の魅力です。 出張撮影マッチングサービスサイトの紹介 「出張撮影」というサービスは昔からありましたが、それは写真館のプロカメラマンが出張で撮影に行くものです。 最近では「出張撮影マッチングサービスサイト」という、気軽に出張撮影を依頼できるサービスが登場しています。 これは、写真撮影をお願いしたい依頼者とカメラマンの仲介を行って引き合わせるビジネスです。 最近始まったサービスで、知らない人もまだまだ多いと思いますが、利用する人も多くなり、マッチングサイトはどんどん増えてきています。 おすすめマッチングサイト:『fotowa』 その中でも、現在七五三はもちろん、その他お宮参りやファミリーフォトなどの多くの方から利用・支持を伸ばしているマッチングサイトが fotowa(フォトワ) です。 登録の出張撮影カメラマンの数も、出張対応地域・エリアも同様のサービスサイトの中では最も多く、広くマッチングのサービスを行っています。 各カメラマンの撮影してきた写真をチェックできるのはもちろん、過去撮影のお客様のレビューも掲載されており、それらをもとに七五三の出張撮影をお願いしたいカメラマンを選び・依頼することができます。 出張撮影で最高の思い出に 出張撮影は、開放的な空間でプロカメラマンとコミュニケーションをとりながら撮影が行われるので、大切な時間をありのままの姿で写真におさめることができます。 それを叶えてくれるのが、出張撮影マッチングサービスサイトです。 七五三の子どもたちも屋外でとってもいい表情を見せてくれますし、プロの出張撮影カメラマンは、子どもの扱いもなれており、笑顔や表情の引き出し方がとても上手です。 また料金が比較的安く設定されており、その仕組みもわかりやすく、たくさんの写真を提供してくれるので、ここで初めて存在を知った方もぜひ利用をおすすめしたいサービスです。 1 予約 出張撮影のマッチングサイトで、撮影を希望する日や時間、場所、イベントの内容などを伝えて予約を行います。 その後、マッチングサイトから折り返しの連絡が入ります。 また、データ以外にも、アルバムの作成も可能な場合もあります。

次の

七五三のお参りは神社?お寺?:七五三の知識:記念日の写真撮影は【スタジオマリオ】こどもの七五三や赤ちゃんのお宮参りの撮影

七五三 お寺

七五三のお参りはいつどこで? 七五三のお参りの時期や場所をよく知らないというママやパパも多いのですが、正確な時期や場所を知った後は参加する家族の意向も確認しつつ柔軟にいつどこでお祝いするのかを決めましょう。 七五三お参りの時期 七五三のお参りの正式な日程は、 数え年で男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳になる年の11月15日です。 現在では家庭や、パパママの仕事の都合や両家の祖父母などと一緒にお祝いできるようにと、10月下旬から11月中の土日祝日にしてお祝いする人も増えています。 七五三お参りの場所 子供の成長を氏神様に報告するという観点で言えば、 神社でお参りするのが一般的ではありますが、最近ではお寺でのお参りを選ぶ家庭もあります。 近所に有名なお寺があった、パパの実家から勧められたなど理由は様々なようですので、ご家族で相談して自分達に合った場所を選ぶとよいでしょう。 七五三のお参りマナー 神社とお寺では参拝マナーが違います。 お寺で手を叩いて恥をかく人もいます。 また、神社の参道のど真ん中を歩いて後でひどく後悔する人もいます。 事前にマナーをチェックしておきましょう。 お参りの服装について ことが大切です。 我が子を引き立てることも考えて、パパやママもお参りにふさわしい服装をしましょう。 パパは、基本的にダーク系のスーツ、ネクタイは白や黒はNGです。 ママは、洋装の場合はパステルカラーのワンピースやスーツ、和装の場合は訪問着が無難です。 神社参拝のマナー 七五三に限らず、一般的な神社参拝のマナーは次のとおりです。 慣れていないことなので、七五三のお参り前に一度見直しておくと安心ですね。 鳥居の前で服装を整え、会釈をしてから鳥居をくぐる• 手水舎の水で心身を清める(手水をとる)• 参道の端を通り、ご神前へ進む• 賽銭箱の前で会釈をし、お賽銭を入れる• 二拝二拍手一拝で拝礼し、会釈をしてから退く• 鳥居の前で向きを変え、会釈をしてから境内を出る 参道の端を通らなければならないのは、 中央は神様の通る道だからです。 折角子供の幸せをお参りに行って、神様への敬意を欠く行動を取ってしまっては、本末転倒です。 マナーはきちんと守りましょう。 特に、「二拝二拍手一拝の作法」は神社では非常に大切なマナーですので、しっかり覚えていきましょう。 二拝二拍手一拝の作法• 二拝 90度の深いお辞儀を二回する• 二拍手 点胸の前で両手を合わせ、二回拍手をし、両手を合わせ、心を込めて祈る• 一拝 もう一度90度の深いお辞儀をする 初穂料(はつほりょう)について 初穂料とは祝詞をあげてもらったり祈祷を受けたりする際に、神社に渡すお礼のことです。 お宮参りの際に神社に納めた初穂料と七五三の初穂料のマナーは同じですので、お宮参りと同様に白赤の蝶結びの水引(みずひき)が付いたのし袋に、「御初穂料」「御玉串料」「御礼」などの表書きを書いて用意しましょう。 七五三の祈祷を受ける場合は、表書きの下段に子供の名前を書きます。 地域によっては、年齢を書き添えることもあるようです。 金額については料金を規定し、ホームページなどで明記している神社も多いです。 七五三の場合も5000円くらいが相場ですが、祈祷を受ける人数によっても変わってきますので、前もって問い合わせてみましょう。 お寺と神社を間違えないで! そもそもお寺と神社では、仏教と神道という違う教えであるため、参拝のマナーも違ってきます。 山門の前で一礼することや、手水をとることなどは同じですが、 お寺では基本的に手を叩かないということを覚えておいてください。 お寺は神社のような二拝二拍手一拝ではありません。 お賽銭箱の前では、お賽銭を入れてから静かに両手を合わせて合掌しましょう。 七五三のお参りや写真撮影等の準備手順 七五三ってお参りだけで終わるわけにはいきません。 着物で行くなら着付けの手配もしなければならないし、記録に残すためには写真撮影も。 さらに、親戚一同で祝うには会食の準備まで・・・。 ママは大忙しです。 でも、一つでも準備を忘れてしまうとスムーズに事が運ばなくなるので、しっかりと段取りをしましょう。 1お参りや前撮りの日程決め 早い場合は、4月にをし、お参り当日のレンタル着物を予約する人もいるくらいなので、半年くらい前には前撮りの日程や参拝の日程を決めておくことをおすすめします。 そのうえで、ママ友やインターネットなどでいろいろリサーチして吟味する期間も必要です。 写真館や神社などの予約は何か月前から受け付けてくれるのかも調べ、段取りを考えましょう。 2お参りや写真館、会食の場所選び 当日写真撮影をするつもりなら、写真館や美容院、お参りの場所、お参り後の会食の場所は近い方がおすすめです。 お寺にするか神社にするかという問題は、宗教的なことも絡みますので、会食に参加する人数などと共にパパの実家に相談すると義両親の顔を潰さずにすみます。 着物のため車で移動する方は、駐車場がある場所を選んでおくと良いですしょう。 3予約 当日のお参りで着物を着せようと思っている場合、まずは 着物と着付け、髪のセットの予約をしましょう。 写真館で撮影する場合には、 写真館の予約を行います。 写真館はレンタル着物と髪、着付けがセットになっているところが多いので、非常に楽で人気があります。 前撮りの場合でも、お参り当日に着物を1日レンタルできて、髪のセットや着付けをしてくれるところもあります。 つぎに、その時間に合わせて 神社やお寺に予約を入れましょう。 集団で祈祷してくれる神社では時間が決まっている場合もありますが、着付けの時間も考慮して、子供の生活ペースに合わせた時間にすると良いでしょう。 さいごに、 お参り後の会食会場に予約を入れます。 会食の頃には子供も疲れて機嫌が悪くなることが多いので、個室の予約がおすすめです。 また、赤ちゃん連れの場合は、ベビーカーでの入店ができるお店を選ぶとママも楽ですよ。 七五三お参りの体験談 お参りの準備はいつから始めたら良いのか、写真撮影は前撮りか当日か、お参り後の会食はどうするのか、七五三のお参り準備は考えなくてはならないことはいっぱい。 無事に我が子の七五三を終えた先輩ママさんたちに、体験談を詳しく聞かせてもらいましょう。 準備はいつ頃始めた? アンちゃん 29歳 A家族水入らず 祖父母は遠方に住んでいるため都合がつかず、七五三のお参りもその後のお祝いパーティも親子3人だけで済ませました。 午後から夕方にかけてお参り、その帰りに外食でお祝いパーティだったので、ゆっくりできて子供にも負担がかからずよかったです。 でも、後から思えば、半年くらい前からいっしょに日程を決めて、祖父母には宿泊も兼ねて来てもらっていたら良い親孝行になったのかも、と思いました。 子育て4コマ漫画:お参りだけじゃない!? 七五三当日は大忙し! 七五三のお参りは事前準備も大変ですが、当日も親子共に疲れてクタクタになる家庭がとても多いので、ママも子供も前日は早めに休むようにしましょう。 当日は朝食、片付け、朝の支度といつもの朝と変わらなくても制限時間があるためバタバタしがちですが、綺麗に着飾った我が子を見ると、さくさんの4コマ漫画のように思わず涙ぐむママやパパが多いのです。 ところがギリギリのスケジュールにすると楽しめるのはそこまで。 途中で予想不可能なトラブルに見舞われることも多いため、焦ってカリカリしてしまうママも少なくありません。 はご家庭によって若干異なりますが、七五三のお参りやその後のお食事会は、できるだけ余裕をもたせたスケジュールを組むようにしましょう。

次の