プラスチック 問題。 マイクロプラスチック問題って? データで見るその現状と世界の動き

海洋プラスチックごみ問題とは? 原因と対策を解説

プラスチック 問題

「プラスチックストロー追放運動」は詐欺に加担するのと同意である 社会的ウソの例として、 レジ袋の追放とプラスチックごみ問題を取り上げましたが、そのなかでも最もばからしい、しかもこの運動をしている団体や喫茶店などが、「ウソでも良い子のふりをすれば、日本人は騙されるから、儲かればよい」ということで、「 プラスチックストロー」 を追放しよう話があります。 プラスチックストローの運動は、バカらしいというのを通り過ぎて、 反対運動そのものが詐欺などの犯罪にも近いといえますから、協力すれば 犯罪人の仲間に入るし、こんな不合理なことを許していたら、いつ何時、 身に覚えのない濡れ衣を着せられるかも知れません。 誰でもわかる通り、石油から作られる膨大な量のプラスチックは、主として、自動車や家電製品などの工業製品や家具、農業用フィルムや柵などに使われ、身の回りでは、ビールのケース、荷造りのヒモ、カップや包装などがあります。 また板やフィルムなどのほかにも、合成繊維やゴムもそのほとんどが石油から作られます。 さらには、洗剤やシャンプー、工業に使われる化学薬品まで、これも膨大です。 なにしろプラスチック製品だけでも世界で 3億トン近くも作られるのですから、もともと使い終わった製品がそのまま捨てられたら、それは大変なことです。 たちまち海や畑を覆ってしまうでしょう。 確かに、今から40年ほど前、農業用のフィルムが雑に使われていた時には、「そのうち畑がプラスチックでおおわれてしまうのではないか」と心配されたことがありました。 そして「生分解性プラスチック」とか、「環境にやさしいプラスチック」などの開発も行われましたが、そのうち「 使ったプラスチックはゴミとして処理すればよい」、「ごくわずかのプラスチックが野原に捨てられても 分解されて自然には影響がない」という単純なことがわかり、今では、使い終わったプラスチックを道端や畑、海などに捨てる人はいなくなり、「 環境を汚染するプラスチック」 というものそのものが消えてしまったのです。 さらに、プラスチックストローということになると、 プラスチック全体の1万分の3ぐらいで、たまたま、だらしないコーヒー店などで床に捨てられているのを見かけることはありますが、普通はゴミとして捨てられるので、 量的にも捨てる方法としても問題はありません。 プラスチックは「人工的に作られる」という人もいますが、原料の石油は生物の死骸ですし、製造方法も人の手でやっているということだけで、 自然界にない方法を使って作っているのではありません。 人間は自然界にないものを使うこともできますが、それは特殊な時で、普通は自然界にあるものを使っています。 だから、プラスチックは よく燃えますし、 燃えた後に毒物が残ることもなく、さらには自然のものですからしばらくすると 微生物などが食べてくれます。 もっとも多く使われるポリエチレンなどは人間が食べる脂肪に類似、女性のストッキングやシャツなどに使われるポリアミドはたんぱく質と同じで、生物が食べる食材としてはとても貴重なものなので、 そのまま残ることはありません。

次の

生分解性プラスチックの課題と将来展望

プラスチック 問題

海洋プラスチックごみとは 私たち人間が使っているビニール袋やペットボトル、使い捨て容器などは便利なものとして多くの人に使われています。 しかし、それはごみとなり、ポイ捨てや適切な処理をされないことで、風や雨などにより河川や海に流れ込み、 海洋プラスチックごみとなります。 その量は世界中で最低でも年間800万トンとも言われており、何も対策を行わなければ、2050年にはプラスチックごみが魚の重量を上回ると予想されています。 他にも、海洋のプラスチックごみは景観の悪影響や船舶航行の障害、漁業や観光への影響もあります。 日本は島国のため内陸国より漂着ごみが多いことは必然的ですが、環境省が2016年度に実施した調査によると、種類別では 重量ベースで自然物が、容積及び個数ベースではプラスチック類が最も高い割合を占めました。 回収したペットボトルの製造国は調査地点により変わりますが、多い地点では外国製が8割、少ない地点では2割以下となりました。 さらに、海洋に流れ出たプラスチックごみの発生量は東・東南アジアが上位を占めているという推計もあり、先進国だけでなく、開発途上国も含めて解決しなければならない問題となっています。 マイクロプラスチックによる影響 プラスチックごみは時間が経つにつれて劣化し次第に小さくなりますが、5ミリ以下のものをマイクロプラスチックと言います。 プラスチックごみによる海洋汚染は世界中で広がっていますが、マイクロプラスチックは南極や北極でも確認が報告されました。 環境省によると、マイクロプラスチックは日本周辺海域全体に漂流しており、特に多い場所は東北の日本海及び太平洋沿岸、四国及び九州の太平洋沿岸でした。 また、マイクロプラスチックにはマイクロサイズで製造された第一次マイクロプラスチックと呼び、大きなプラスチックごみが自然に劣化し小さくなったものを第二次マイクロプラスチックと言います。 一次マイクロプラスチックも陸から海に流れ込むことがほとんどです。 一次マイクロプラスチックは洗顔剤や歯磨き粉などに含まれるスクラブなどのマイクロビーズであり、生活排水や、マイクロビーズの製造あるいはこれを使用した排水が正しく処理されず川などに流れてしまうと、同様に海に流れ込みます。 (出典:「海のプラスチックごみを減らしきれいな海と生き物を守る!」,2019) (出典:「第3章 プラスチックを取り巻く状況と資源循環体制の構築に向けて」) (出典:「「未来に残そう青い海」 私たちの生活(ごみ)と海洋汚染) (出典:「海洋ごみとマイクロプラスチックに関する環境省の取組」,2016) 海洋プラスチックごみが生き物に与える影響 海洋プラスチックごみは海洋の環境を汚染するだけでなく、海の生態系にも影響を与えます。 海洋汚染はそこに住む生態系を崩し、生物が住めなくなる、環境の変化により個体数が減少する、あるいは 絶滅してしまうといった危険性もあります。 また、例えばレジ袋などが漂流していた場合、海洋生物の中には餌と勘違いして食べてしまうこともあります。 プラスチックは体内に入っても消化されず、排泄ができない可能性もあり、詰まってしまい餌が食べられなくなり死んでしまうこともあります。 または漁に使われる網や釣り糸などのプラスチックごみが体に絡みつき、身動きが取れない、あるいは制限されて傷つくことや死んでしまうこともあります。 しかし、これがもし魚などの体内に蓄積されていた場合、食物連鎖の先にいる私たち人間の体の中にも 魚介類とともに取り込まれる危険性もあり、どのような影響が出るかわからないのです。 (出典:「海のプラスチックごみを減らしきれいな海と生き物を守る!」) 海洋プラスチックごみを減らすために私たちができること 海洋プラスチックごみ削減のため、世界では様々な取り組みが行われています。 それは国、関係機関、企業などが取り組みに参加していますが、このようなプラスチックごみの多くは私たち消費者が出しているともいえます。 そのため、海洋プラスチックごみを減らすためには 私たち自身が考え動いていかなければなりません。 以下ではそのために私たちができることについて紹介します。 3Rを心がける 3Rを心がけることは何よりも大切です。 3Rとは 「リデュース(Reduce)」「リユース(Reuse)」「リサイクル(Recycle)」のことを言います。 プラスチックは捨ててしまえばごみとなってしまいますが、 分別し再利用すれば資源にもなります。 この3Rはどれもプラスチックごみを出さないための工夫であり、これを意識することで海洋プラスチックごみ削減にも繋がるのです。 例えばリデュースは、レジ袋を使用しないためにマイバックを持参することや、使い捨て食器や容器の使用を減らすことを目的としています。 またリユースはボディソープやシャンプーなどもともとの容器に詰め替え、再使用することで 廃棄されるボトルの量を減らすといった考え方です。 リサイクルはプラスチックを分別回収し、原料として再利用する方法です。 どれもちょっとした行動でできることばかりであり、私たちがすぐにでもできる削減方法でもあります。 プラスチックごみを減らすための行動をする プラスチックごみを減らすための行動をすることも大切です。 上記の3Rを心がけた上できることはたくさんあります。• レジ袋をもらわなくていいようにマイバックを持参する• プラスチック製のスプーンやフォークをもらわず、マイ箸やマイスプーンなどを常備する• プラスチック製ストローの使用を控える• 繰り返し使える詰め替え用ボトルなどを購入する• ごみのポイ捨てや不法投棄はせず、所定の場所や時間に分別して捨てる これはできることの一部であり、まだまだ私たちにできるプラスチックゴミ削減のための行動はありますが、まずはこのようなことから始めてみることが大切です。 ゴミ拾いやボランティアに参加する 私たちが行える行動の中にごみ拾いがありましたが、特に海岸でのごみ拾いに参加することも重要なことです。 海に流れ着くプラスチックごみの量は非常に多く、定期的な清掃を行ってもなかなか減っていきません。 また海岸は広いためどうしても人手が必要となります。 このような清掃活動に積極的に参加することは海洋を守る上では大切なことなのです。 そして、この問題を広く伝えるイベントのボランティアに参加すると言う方法もあります。 清掃活動を行う団体の中には、海洋ごみの問題をもっと多くの人に知ってもらおうとイベントを行っている場合もあります。 こちらも人手を必要とすることが多いので、ボランティアとして参加することで間接的にではありますが海洋プラスチック削減の手助けを行うことができます。 (出典:「海のプラスチックごみを減らしきれいな海と生き物を守る!」) 「プラスチック・スマート」キャンペーンに参加してみよう 海洋プラスチックごみの問題は世界中で取り組まれています。 海は広大であり多くの国が海を隔てて繋がっているため、世界中の国の問題でもあるのです。 国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)の中にもこの問題は盛り込まれており、「2025年までに、海洋ごみや富栄養化を含む、特に陸上活動による汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減する」ことを掲げています。 日本でも様々な取り組みがなされていますが、私たち消費者が意識しなければ減っていきません。 (出典:).

次の

レジ袋などのプラスチックごみが原因で引き起こされる環境問題とは?

プラスチック 問題

近年、廃棄プラスチック問題(廃プラ問題)が深刻化しています。 海に流れ出したプラスチック、いわゆる海洋プラスチックごみは世界規模で見ると年間800万トンにものぼります。 このままのペースで増え続けると、2050年には海洋プラスチックごみの量が海にいる魚の数よりも多くなると予想されています。 脱プラスチック問題は世界規模で見ても早急に取り組むべき課題です。 しかも、海洋プラスチックごみの8割以上はアジア諸国から出ているともいわれています。 このような深刻な状況下において、日本企業は脱プラスチックに関してどのような取り組みを行っているのでしょうか。 今回はその事例を見ていきましょう。 日本における脱プラスチック問題の現在 日本ではごみの分別が厳しく行われているため、国民全体のリサイクルへの意識は高いといえます。 しかし、顧客ニーズに合わせた過剰包装の傾向があることなどから、プラスチックの利用量は世界的に見ても多いのが現状です。 また、回収された廃棄プラスチックの多くが海外輸出されているという現実もあります。 廃棄プラスチックの多くは中国に輸出されていましたが、2017年には環境汚染問題を理由に中国が輸入規制を始めました。 そのため、現在は日本国内で発生したプラスチックごみをどこで処理するのか、場所が見つからないという新たな問題も起こっている状況です。 このような流れを受け、世界的に脱プラの動きが高まっていることから、日本企業でも少しずつ取り組みが始まっています。 脱プラスチックに取り組む日本企業の事例 では、具体的にはどのような取り組みが実施されているのでしょうか。 ここでは脱プラスチックに実際に取り組んでいる日本企業の事例をご紹介します。 食品メーカーでの脱プラ事例 多くの大ヒット商品を生んでいる某食品メーカーでは、海洋プラスチック問題などが取り沙汰される以前から、環境問題に積極的に取り組んでいます。 まず、2008年には 主力商品であるカップ麺の容器を、発泡スチロール製のものから紙由来のものへと変更しました。 さらに、2019年末からは容器に使用している石油由来プラスチックを植物由来のバイオマスプラスチックに順次変更することを発表しています。 これにより、この製品容器のバイオマス率は81%となりました。 従来のカップよりもさらにプラスチック量と焼却時のCO2排出量を抑えることができます。 ほかにも、同じカップ麺のバリエーションとしてリフィルタイプの製品の開発・販売をすることでも、脱プラスチックに取り組んでいます。 リフィルタイプは従来製品の4分の1程度のサイズにまで麺を圧縮させることにより、麺を入れる容器が小さくなり、必然的にプラスチックごみの量も削減することに成功しています。 外食チェーンでの脱プラ事例 多くのファミリーレストランを展開する某大手外食チェーンでは、2018年から プラスチック製ストローの廃止を順次開始し、2019年7月に全店舗での廃止が完了しました。 基本的には店舗内にはストローは設置せず、利用客からの要望があった場合にトウモロコシを原料としたストローを提供しているとのことです。 ドリンクバーを有するファミリーレストランなどのドリンクが注文されやすい業態でプラスチックストローを廃止することで、大幅な廃プラ削減につながる見込みです。 ファストフードチェーンでの脱プラ事例 大手ファストフードチェーンでは、子ども向けに提供しているセットメニューに含まれる「おもちゃ」に関する施策などを通して、脱プラスチックに取り組んでいます。 旧来は、子ども用セットのおもちゃの選択肢はプラスチック製のおもちゃのみでしたが、紙製である絵本や図鑑のラインナップが追加されました。 さらに、プラスチック製のおもちゃが多種類のプラスチックから製造されていてリサイクルができない問題を解決するべく、使い終わったプラスチック製おもちゃを店頭で回収し、トレーへと再生する試みも実施されています。 また、2025年までには店舗内で使用しているプラスチックストローが、紙製ストローに変更される予定です。 IT企業での脱プラ事例 某IT企業では、従業員向けに食事やドリンクを提供している社内カフェで、脱プラスチックの取り組みを始めています。 海洋汚染の一因であるプラスチックごみ削減を目的に、2019年11月より社内カフェのストロー利用を原則廃止しました。 また、ストロー以外のプラスチック容器も紙製に順次切り替えていき、将来的にはテイクアウト用の容器も紙製のものに変更される予定です。 保険会社での脱プラ事例 大手火災保険会社でも、首都圏エリアの事業所において、 社員食堂で使用してきたプラスチック製ストローとカップが紙製のものに変更されました。 カップのフタにはプラスチックが使われていますが、順次紙製に変更していく予定とのことです。 また、関西の事業所でも今後、同様の切り替えが予定されています。 おわりに 今回は、脱プラスチック問題に積極的に取り組んでいる日本企業の事例を5つご紹介しました。 日本国内の多くの企業が、食品容器の原料を変更したり、提供するサービス内容を変更したりといったやり方で、脱プラスチックに取り組んでいることが分かりました。 多くの消費者が生活の中で無意識に使用しているプラスチック製品を廃止したり、紙製のものに変更したりすることは脱プラスチックへの大きな一歩です。 消費者に形ある製品を販売する業種ではなくても、社内食堂で使用する容器などを変更することでプラスチックの廃棄量を減らすことができます。 世界的に見ても多くのプラスチック製品を生産している日本だからこそ、脱プラスチック問題に積極的に取り組むことが大きな意味を持ちます。 天満紙器ではお客様の脱プラスチックへの取り組みをお手伝いするべく、今後も再生可能資源である「紙」を原料とした食品容器の商品開発に努めてまいります。

次の