はうはる 男。 【2020年版】刑務所を題材とした海外ドラマおすすめ7選

【田口淳之介】Lemon【歌って踊ってみた】

はうはる 男

Full text of "" 八ノ as 'あ ホ 行 人 I ARSOflJ Presented to the LIBRARY UNIVERSITY OF TORONTO by The Library of Takaichi T. 130 St. Geo, い -.. -かだ いへ か 梅 田の 停車場 を 下りる や 否や 自分 は 母から 云ひ附 けられた 通り、 す-ぐ 俥 を 雇って 岡 E の 家に 馳 けさせた。 自分 は 彼が 果して 母の 何に 當た るか を 知らす に 唯 疎い 親類とば か お ぼ り覺 えて ゐ た。 1 でか だ 豫定の 時日 を 京都で 費やした 自分 は、 友達の 消息 を 一刻も早く 耳に する 爲 停車場 を 出る と共に、 岡 田の 2- へ fi づ それ じぶん べんぎ だけ わた くし つ V, ふ す 家 を 尋ねなければ ならなかった ので ある。 けれども 夫 はた V 自分の 便宜になる 丈の、 いはば 私の 都合に 過 さっきい U. いたく よ. リむ たい ? たい きよ-つ A ひさ ら ない 位な 人間で ある。 母から 依託され た 用向きに ついても 大した 期待 も 興味 もなかった。 けれども 久し ぶり を, V た じんぶつ おつ か: ほ ひチほ ひ. , した V- つよ アル nl 八 は 今迄に 所用で 時々 出 京した。 所が 自分 は 何時も 懸け 違って 會ふ 事が 出來 なかった。 從 つて 强く 酒精に. かれ かく -? 自分 は 俥の 上で 指 を 折って 勘定して 見た。 岡 田が 居 この あ ひだ やう ねん かれ き みたま この: ろ だいぶ き けん 、; i や なくなつ たの は、 つい 此 間の 樣 でも、 もう 五六 年になる。 彼の 氣 にして ゐた頭 も、 此頃 では. 分危 險に逼 おら ぢ す ,ひ ところ さ-つ ざつ ;. r と つ てるる だら うと 思つ て、 その 地の 透いて 見える 所 を 想像したり 杯した。 かふ- -M.! りう よ けい ところ たかべ い きづ ら いんき i その か は かい 「どうも 上方 流で 餘 計な 所に 高 塀なん か 築き 上 ゆて、 陰氣で 困つ ちま ひます。 其 代り 二階 はあります。 ちょっと あ : らん かれ い じぶん なに さき ともだち こと き か ひと 一寸 上がって 御覽 なさい」 と 彼 は 云った。 岡 田 は 不思議 さうな 顔 をして、 い、 えと 答へ た。 當 人が 自慢す る 程あって 眺望 は 可な り 好かった が、 錄惻 V. ん りよ て かへ あつ ひとと ほ と 二 Ai だ ぢくも Q そ のない 座敷の 窓へ 日が 遠慮なく 照り返す ので、 暑さ は 一 通りではなかった。 床の間に 懸けて ある 軸物 も 反 つくり I つて 居た。 ひさた め ねん ねん ぢゅ. つか 4 ほ のり ぐ あ ひ か だ まじめ べん 「なに 日が 射す 爲ぢ やない。 年が年中 懸け 通し だから 糊の 具合で あ、 な るんで す」 と 岡 田は眞 面目に 辯 解した。 なる ほビ うめ -っ ひす じぶんい かれ しょたい も とさ よ-つい この ふく じ ぶん ち、 もら 「成程 梅に 鶯だ」 と 自分 も 云 ひたくな つた。 彼 は 世帶を 持つ 時の 用意に、 此幅を 自分の 父から 貰って、 だいと: い じ ぶん へや も 5 A そのと きじ ぶん を か だ くんこの ごし S ん ぎ ぶつ それ お P 大得 意で 自分の 室へ 持って 來て 見せた ので ある。 其 時 自分 は 「岡 田 君 此吳春 は僞物 だよ。 夫 だから あの 親 ? ,ノみ た いた. つら ふ 言葉 は、 自分 も 時々 耳に した。 けれども 岡 田 は 一 向氣 にも 留めない 樣 子だった から、 大方た 、"の 徒 事 だ おも を か だ かう しゃ う そつ ゆ ふ ひとり おほさ か ほけんへ. 、 わい しゃ い しま ち, じ らうと:! つて ゐた。 すると 岡 田 は 高 商 を 卒業して 一 人で 大阪の ある 保險會 社へ 行って 仕舞った。 ! へう ザん じ t き やう こんど かね がの 父が 周旋した の ださう である。 夫から 一 年 程して 彼 は 又 飄然と して 上京した。 これ も 自分の 父と 母が 口 を 利いて、 話 を 纏めて 遣った の ださう であ じ ぶん そのと きふ じ のぼ. 自分 は 其 時 富士へ 登って 甲 州路を 步く考 へで 家に は 居なかった が、 後で 其 話 を 聞いて 一 寸 驚いた。 勘 ぢ や-つ ふ じ ぶん - '- て i"? ズ お き しゃ す ち" h ,で. ? -だ も ら さいくん むか に ふき c-ぅ 定 して 見る と、 自分が 御殿場で 下りた 汽車と 擦れ違って、 岡 田 は 新しい 細君 を迎 へる ために 入京した ので ある。 かね か-つし i:- K. かう もり ち ひ つ しょ わ き し i.! か" :i んく わん か つて は-つ とほ お 兼さん は 格子の 前で 疊んだ 洋傘 を、 小さい 包と 一緒に、 脇の 下へ 抱へ ながら 玄關 から 勝手の 方に 通り ね i ,ま わる かほ その かほ ひ ざ か なか f ほてり あせ. 0 あか 拔 ける 時、 ちょっと 極り の惡 さうな 顔 をした。 其 顔 は 日盛りの 中を步 いた 火氣 の ため、 汙を帶 びて 赤くな つてる た。 おきやく. でか だ ニ1 ん ひよ お ほ ころ! だ i かね た,. も ちね し 5 く る め すり じゅ ほん ね もら こと 答へ た。 自分 は 此聲の 持主に、 かって 着た 久留 米拼ゃ フランネルの 襦禅を 縫って 貰った 事 も あるの だな と、 不圖懷 かし い 記憶 を 呼び 起した。 かね たいど めい、 ひつ お つ どこ ゆびか てい そだ おら か. V ふ に さん お 兼さん の 態度 は 明嘹で 落ち 附 いて、 何處 にも 下卑た 家庭に 育った とい ふ 面影 は 見えなかった。 ? い 9. リ 日 前から もう 御出で だら、 フと 思って、 心待ちに 御 待ち. に w. ねん ん じ ぶん すで そのこ. ? かほ み わら それだけ か つ 使った。 岡 田 は それが 可笑しい のか、 又は 嬉しい のか、 時々 自分の 顔 を 見て 笑った。 夫 丈なら 構 はない が、 折節 はお 兼さん の顏を 見て 笑った。 けれども おおさん は 澄まして ゐた。 お 兼さん が 一 寸用 があって あ , た とき , でか だ ひ,、 ころ! じ ぶん ひざ つ なぞ たい あらた へ 立った 時、 岡 田 はわ ざと 低い 聲 をして、 自分の 膝 を 突つつ きながら T 何故 あいつに 對 して、 さう 改まつ てるんで す。 元から 知って る 問柄ぢ やありません か」 と 冷笑す やうな 句 調で 云った。 あれなら 僕が 貰 やよ かった」 「冗談い つち や 不可ない」 と 云って 岡 田 は ー歷 大きな 聲を 出して 笑った。 やがて 少し 眞 面目に なって、 「だ つ て 1! 貝 方 は あ いつの 惡ロ を 御母さん に iVs つたって い ふぢゃありません か」 と 聞いた。 ? - だ へん め づか 斯う は 答へ たやうな もの、、 自分 は 少し 恐縮した。 且 一 寸狼 狼した。 さう して 先刻 岡 田が 變な眼 遣 ひ を とき1 つて、 二人 歸路 についた 時、 自分 は 突然 岡 田に、 「君 とお 兼さん と は大變 仲-か 好い やうです ね」 といった。 さう して 何 か 秘密で も 打ち明ける やうな 具合に、 聲 お あだか ひと つ』 と とき あしもと ふ つ これ しょ み-落とした。 それで ゐて、 恰も 獨り言 をい ふ 時の やうに 足元 を 見詰めながら 「是 であいつ と 一 所に なって かれこれ ねん ぢか -ー ども で し. - y ? ジ, から、 彼是もう 五六 年 近くに な るんだ が、 どうも 子供が 出來な いんで ね、 何う いふ もの か、 それが 氣掛り で …… 」 と 「てった。 ぶん たん こ じ ぶん こ ども う ため によつ はう もら ひと てんか にん はず 自分 は 何とも 答へ なかった。 自分 は 子供 を 生ます 爲に 女房 を 貰 ふ 人 は、 天下に 一 人 も ある 箸がない と、 かね おも しか にょう; 3 ザつ もら あと こ "-It a そこ じ ぶん 豫 てから 思って ゐた。 然し 女房 を 貰って から 後で、 子供が 欲しくなる もの かどう か、 其處 になる と 自分に も 判 斷が附 かなかった。 けっこん こ ども ほ きふ, 「結婚す ると 子供が 欲しくなる ものです かね」 と 聞いて た。 結婚 はした いが 子供 が出來 るの が 怖 いから、 まあ 最ぅ 少し 先へ 延ばさう とい ふ 苦しい 世の中です よと 自分 は 彼に 云って 遣りたかった。 すると 岡 ra が 「それに 二人 切り ぢゃ 淋しく つてね」 と 又つ け 加へ た。 - つ ふ り 宅で は 食卓の 上に 刺身 だの 吸物 だのが 綺麗に 竝んで 一 一人 を 待って るた。 つ は も じ ぶん あ ふ く じ ぶん その かぞ よこ V- ほ あ かね おし 御酌 をした。 時々 は 圑扇を 持って 自分 を 扇いで 吳れ た。 さラ して 夫が 麥酒ゃ 山蔡の 香よりも 人閒 らしい 好い 句の 樣に思 はれた。 ; V 二 くんいつ か ほんしゃく や じ ぶん かね き rn. ブ せう 「岡 田 君 は 何時も 斯う やって 晚酌を 遣 るんで すか」 と 自分 はお 兼さん に 聞いた。 お 兼さん は 微笑し なが あと ひきじ やうつ J こま 二た をつ と はう ふや , ザつ と ろと ひ li. どの ら T どうも 後 引 上戸で 困ります」 と 答へ てわざと 夫の 方 を 見遣った。 夫 は、 「なに 後が 引ける 程飮 ませ やし. ? ふ こっち ないやね」 と 云って、 傍に ある 圍扇を 取って、 急に 胸の あたり を はたく いはせ た。 自分 は 又 急に 此 地で 6 は ともだち こと おも およ 會 ふべき 箦の 友達の 事に 思 ひ 及ん だ。 大丈夫 だよ、 君。 僕の 妻 はさう 云 ふ 事 はちゃん と 心得て るんだ から。 ねえお 兼 C. 11 い み さは ひとり ふた. 第一 責方は あの 一 件から して 片附 けて 仕舞 はなく つち やならない 義務が あるで せう」 をか だ かい じ ぶん コップ ビ I ル つ よ まど よ 岡 田 は 斯う 云って、 自分の 洋盃へ 麥酒を ごほくと 注いだ。 もう 餘程醉 つて ゐた。 た 其晚 はとうく 岡 田の 家へ 泊った。 窓際 を 枕に 寢 てるた ので、 空 は 蚊帳 越 み ため あか すそ あたま だ な-. ノ ほし ひか じ ぶん 二と しに も 見えた。 試しに 赤い 据 から、 頭 だけ 出して 眺める と 星が きらくと 光った。 自分 はこん な 事 をす る あ ひだ した た ふ. - I こんじゃく わす けっこん. しね で き さみ かう ふ,、 うらや 間に も、 下に ゐる岡 田 夫婦の 今昔 は 忘れなかった C 結婚して から あ、 親しく 出來た ら嘸 幸福 だ らうと 羨ま しい 氣 もした。 三澤 から 何の 音信の な いのも 氣掛 りであった。 一 番 何う でも 好かった の は 岡 田の 所謂 「例の 一 件」 であった。 一寸 來て 御覽」 じぶん とけい A はら は マ クチ す し ih しま ひ つ あん かね へん 自分 は 時計 を 見て、 腹 這 ひに なった。 けれどもお 兼さん の聲は 丸で 聞こえなかった。 岡 田 は 「おい」 「おいお 兼」 を 叉 二三 度 や し. W つきん ゆつ く あんない じ かん ざん 三人で 飯を濟 ました 後、 岡 田は會 社へ 出勤し なければ ならない ので、 緩り 案. 自分 は此處 へ來る 前から、 そんな 事 を 全く 豫 期して ゐ なかった と 云って、 白い 詰 襟 姿の 彼 を 坐 つた ま、 眺めて るた。 かね お t へ ひま じ らラ あんない あ い か-た きふ おも つ かほつ き い 「お 兼、 御前 暇が あるなら 一 一郎さん を 案. 2: して 上 ゆるが 好い」 と 岡 S は 急に 思ひ附 いたやうな 顏附で 云 かね い つ やうす に この i き だけ をつ i じぶん なん こた じ ぶん つた。 お 兼さん は 何時もの 樣 子に 似す、 此時丈 は 夫に も自 かに も 何とも 答へ なかった。 自分 はすぐ 、「なに at きふ しょ tr, み くわいし や はう. ; -,、 i でい ぶらつ みいた ! S はない。 君と 一 所に 君の 會 社の ある 方角 迄 行って、 そこいら を 逍遙いて 見よう」 と 云 ひながら 立った。 かね ! 6 ん くわん じ ぶん かう もり と じ ぶん て わた く それ た-. - ひとくち おは や い お 兼さん は 玄關で 自分の 洋傘 を 取って、 自分に 手渡しして 吳れ た。 夫から 只 一 口 「御 早く」 と 云った。 じ ぶん ど でんし 0- の ど お , で ,コ だ かよ せ, つ くわいし や し-? —— 休息して した はし-ごだん ふお と, かね あ ? じ ぶん おどろ ね はだ い の ふ るると、 下から 階 子 段 を 踏む 音が して、 お 兼さん が 上がって 來た。 自分 は 驚いて 脫 いだ 肌 を 入れた。 自 ぶん あ がた こた ぼん ひよ かね わ くし い きふ びん. 自分 は 此時默 つてお 兼さん の 白い 手ば かり 見て ゐた。 」!l! どお でか あとい いら じ ぶん そのへ うめん ふ -r. は じ みと 「先程 御 出掛けに なった 後で」 と 云 ひかけ て、 にやく 笑って るる。 自分 は 其 表面に 三澤の 二 i 子 を 認め た i お ま 「とうく 參 りました ね、 御 待ち かねの …… 」 自分 は 微笑しながら、 すぐ 裏 を 返して 見た。 「一雨 日 後れる かも 知れぬ」 は V- き お ほ か もんじ これ だけ 葉書に 大きく 書いた 文字 はた 、"是 丈であった。 でん はリ やう , ご ざ 「丸で 電報の 樣で 御座いま すね」 「それで 貴方 笑って たんです か」 い わけ -. 自分 はお 兼さん を もっと 笑 はせ たかった。 あん ま ど. 自分 は 三 澤の事 を 全く 忘れて、 た、 前に ゐ るお 兼さん を 的に、 樣々 の 事 を 尋ねたり 聞いたり した。 「奥さん、 子供が 欲し かありません か。 私 兄弟の 多い 家に 生れて 大 變苦勞 して 育った 所爲 か、 子供 程 親 を 意地 見 る もの はない と 思つ て 居ります から」 ひとり ふたり だ -. 、 ん こ ども 3 A いけ い 「だって 一 人 や 一 一人 は 可いで せう。 岡 田 君 は 子供がない と 淋しく つて 不可ない と 云って ましたよ」 やね たんに こた i ビ そ, こ は-つ 一: ジ かほ もと もど じ ぶん ふ た. ふ うへ ひら お 兼さん は 何も 答へ すに 窓の 外の 方 を 眺めて ゐた。 顔 を 元へ 房しても、 自分 を 見す に、 疊の 上に ある 平 野 水の 罎を 見て るた。 自分 は 何も 氣が附 かなかった。 i - ぷねメ きふ も- リ かほ じ ぶん こ "ろ やす い はな は おもしろ ナっ と 聞いた。 すると あ 兼さん は 急に 赤い 顏 をした。 自分 はた V 心 易 だてで 云った ことが、 甚だ 面白くない 結 ,、わ ひ お-一 こう,、 わい ど わ ひ い ,てのと き か 1 き ビく 果を 弓き 起し. たの を 後悔した。 けれども 何う する 譯 にも 行かなかった。 I 心 丈て、 お 兼さん の 赤くな つた 意味 を 知らう 杯と は 夢にも 思はなかった。 じ ぶん この- C5 ぐる t たた ぐる や,.. ' ふ わか さいくん ど すく 自分 は此居 苦しく 又 立ち 苦しくな つた 樣に 見える 若い 細君 を、 何う ともして 救 はなければ ならなかった それ ぞひ と.. わ とゥ てん ひつえう じぶん さ ほビ おも お 'か-た いよ a. お 兼さん はすぐ 元 S 態度 を囘復 した。 自分 もさう 根掘り葉掘り 聞き もしなかった。 と とほ はな にく いけ S も や r' つ ざ ぶ と ん -1 J6 ,レ t、 お 「何う も 遠く ぢゃ 話しが し惡 くって 不可ない」 と 云 ひながら、 模樣 S 附 いた 座蒲圑 を 自分の に 置いた。 かね だけ い ザん もと せき ご お 兼さん 丈 は 依然として 元の 席な 動かなかった。 じ ら. 、 わい し. 此寫眞 が 来た 時 家の ものが 代り 番 子に a? ちょつ. 「:!: うです 評判 は」 「少し 御 a 額 だって 云った もの も 有ります」 r. 自分 も 可笑しく なった。 と 云 ふの は、 其 男の 寫眞を 見て、 御凸 額 だと 云 ひ 始め たもの は、 實 3 ところ 自分 だからで ある。 しけ わる,、 ち ひと くち か たいてい か;;. 「お 重さんで せう、 そんな 惡ロ をい ふの は。 しけ :? ん い か ま かん 」 ん たう にん "一- 「お 重さん に 何と 云 はれた つて 構 はない が 肝心の 當人は 何う なんです」 - ぶん とうき やう た は, さ だ む ろん い ん へんじ だ はう-だ お. だから、 當人は 母から 上け た 返事 S 通り だ AJ 答へ た。 岡 田 夫婦 は 又 佐 野と いふ むこ ひと せいしつ ひんか う し C- うらい のぞ そのた いろ,、 - で. リアつ つ じ ふん はな き I 一. 、 い- -、- 婿になる べき 人の 性質 や 品行 や 將來の 望み や、 其 他 色々 S 條 項に 就いて 一. 々 自分に 話して 聞かせた。 最後 た にん 二の えんだ 人 せいりつ せつ ほう れいな ど も に當 人が 此緣战 I の 成立 を 切望して るる 例 杯を擧 けた。 さ だ きり やう い けうい,、 これ とくしょく なんな じ ぶん いへ T かい ぉ貞 さん は 器量から 云っても 敎 育から 云っても、 是と いふ 特色の ない 女で ある。 せん ほう の き :,? ん ォん のん あっち い よ やうす A き y t 自分 は 二人の 後に 跟 いて、 斯 んな會 話を聽 きながら. すばらしく 大きな 料理屋の 玄關の 前に 立った。 三人 は 段々 を 下りて 細い 廊下 を 通った。 ,' ぢ めん した お 兼さん が 斯うい つて 自分に 敎 へて 吳れ たと き、 自分 は それが 冗 鼠で、 本當に 地面の 下で はない の だと 思った。 それで 只 笑って 薄 喑ぃ處 を 通 拔 けた。 二-二 ざ しき さ の ひとり し. 自分 達の 足 お. こ ? かれ こっち C そのと きかれ ひ ii ひ した きんぶ ヤメ め-. デね ひか へや はい だい かれ 音 を 聞いた 彼 はすぐ 此方 を 向いた。 其 時 彼 S 額の 下に、 金 綠の踉 鏡が 光った。 部屋へ. 這 人る とき 第一 に 彼 と 顔 を 見合 はせ たの は寶に 自分だった ので ある。 けれども 額の 廣ぃ處 へ、 夏 だから 髪 を 短 かく 刈って るる ふ し しょたいめん あいきつ かれ なにぶん よろし い みたま てい ので、 ことにさう 見えた のか も 知れない。 初對 面の 挨梭を するとき、 彼 は 「何 分宜數 く」 と 云って 頭 を 丁 ねい さ この ふ つう はん もい さ; 'ぶり は ひ ! あ ひ じ ぶん し へん き じ ぶん むね いま i でさ 寧に 下 ゆた。 此 普通 一 般の 挨拶 振が、 場合が 場合な ので、 自分に は 一 種變に 聞こえた。 自分の 胸 は 今迄 左 ほビ やき 二ん かん , こ 二ろ. ? ふ お. ?、 る ,フ、 ii: で き 一 程 責任 を 感じて ゐ なかった 所へ 急に 重苦しい 束縛 か出來 た。 よった. り ザん むか はな かね さ の だいふ こ. ろ あ ひだ がら ふ ときん.. お 兼さん は 佐 野と は 大分 心 易い 間柄と 見えて、 時々 向う側から 調戲 つたり した。 —— 大方 好い 方へ 大變 なんでせ うね」 らち ろん ラ, V お ぼ め お とな い かた うか,. 鑪 だと 思し 召すなら 御 隣り に 入らつ しゃる 方に 伺つ て御覽 になれば 解 る わ」 さ の わら じ ぶん はう み じ ぶん ちょっとなん い は つ わる まじめ 佐 野 は 笑 ひながら すぐ 自分の 方 を 見た。 自分 は 一 寸 何とか 云 はなければ 跋が惡 かった。 それで 眞 面目な しゃしん お i さ. はつ tj- つき やう はったつ じ ラリ. 阪の 方が 東京より 發 達して るる やうです ね」 と 云った。 所が 斯うして 佐 野が 一 人 新しく 席に 加 はって 見る と、 友達の 手前 體 裁が 惡 いとい ふ譯 だか 何 だ じ ぶん た、 - ,ゝち き かた きふ たいと-つ とき たい i- ついじ やう わ- T:rT- か、 自分に 針す る 口の 利き 方が 急に 對等 になった。 ある 時 は對等 以上に 橫風 になった。 よつ:.. ' ざ しき ひか おな い. 、 むね ちが たか かい み しやう じ と 11ら A の ひろ t 四,. 障子 を 取り 拂 つた 其廣問 M か ふ も かくおび し わか ひと i. たらう」 と 評し 合って るるう ちに、 レム 七の 小僧が 手惜の 所へ 出て 來 きたな ようしゃ ひさし うへ は おな くら- ねん はい こ も 一う まに ひとり た ゆ こ ふ でき て、 汚い もの を 容赦な く廂の 上へ 吐いた。 すると 同じ 位な 年配の 小僧が 又 一 人煙 草 を 吹かしながら 出て 來 か おれ つ なんに こ は およ い ふ じゅん t?. おほさ かべん や だ て、 二ら 確りし ろ、 己が 附 いてる るから、 何も 怖がる に は 及ばない、 とい ふ 意味 を純粹 S 大阪 辯で 遣り出 した。 今迄 苦々 しい 顔 をして 手 15 の 方 を 見て るた 四 人 はとうく 吹き出して 仕舞った。 どっち よ -- S い 「何方も 醉っ てるんだ よ。 小僧の 癖に」 と 岡 田が 云った。 「貴方 見たい ね」 とお 兼さん が 評した。 「兩 方と もよ。 吐いたり 管 を 捲いたり」 とお 兼さん が 答へ た。 し oc. nA, か-。 自分 は默 つて ゐ た。 佐 野 は 獨り高 笑 ひ をした。 途中で 分かれる とき 佐 野 は 「何れ 其 内 又」 と 椿 と 6 いさつ にん そと で を 取って 挨拶した。 三人 は プラット フォ ー ム から 外へ 出た。 「何う です、 一 一郎さん」 と 岡 田 はすぐ 自分の 方 を 見た。 同時に 此 無責任 を餘 儀な くされる のが、 結婚に 閼係 する 多くの 人の 經驗 なんたら うと も考 へた。 W ほさ か み.. 自分 は 其 間 出 來る丈 一 人で 大阪 み-見て 步 いた。 , ノ め さき 力 は きよつ, t ひ しい や 5 に 見えたり、 河が 幾 筋 もあって 其 河に は靜 かな 水が 豐 かに 流れて ゐ たり、 眼 先の 變 つた 興味 か 日 ひと ふた に 一 つ 一 一つ は必 すあった。 今度 は 彼の 方から 浴衣が けで 岡 田 を 尋ねて 來た。 し - 一- さ の し tf- し』 じ か さけの の. 「酒 は 呑む が、 呑んでも 赤くなら な. ベ て、 「あれ 程 仲の 好い 岡 田さん 夫婦の 周旋 だから 間違 ひ はないで せう」 とぎいた。 野さん は 多数の 妻帶 者と つた 所 も 何もない やうです。 岡 田 はすうと 眼 を 通した 丈で、 「結構」 と 答へ た。 お 兼さん は、 てんで i まに 手 を きれなかった。 自分 は 二人の 前に 坐って、 双方 を 見較べた。 是 さへ 出して 仕舞へば、 宅の 方 は 極ま るんで す。 「結構です。 それが K 等の 最も 希望す る 所です」 と 岡 田 は 開き直って いった。 か 微笑しながら 煙草 S 煙 を 吹いた。 それ で 御 母 さ まが 御 満足な さる、 こらら i J ? 二れ ほ:. ;; 力 で 二... 岡 田 は 左右と もと 云 はぬ ばかりの 顏 をした。 自分 は 理窟 をい ぃク ふたり め まへ せんざって て ベく 6 ば ふの が 厭に なって、 二人の 目の前で、 三錢 切手 を 手紙に 貼った。 "岡 田 も 母 S 返事の 來 るまで 自分に 居て 貰 ふ ひつえ-... ' い 必要 もなから うと 云った。 - 「けれども まあ 緩り なさい」 是が i の 赝 繰り返す 言葉であった。 になった。 お 兼さん は 一 寸 a- ると、 派出 好きの 女らしい-か、 夫 は 寧 、ろじろ かま だら やう. U お. し お 4. ぶ -. 二 かえ も. f- じ らう• ひさ ぶり す. さつ ひなので はなく つて、 酒に 費用の 掛かる のが 嫌 ひなの だら うと, 自分 は 推察して ゐた。 自分 は 折角の 好意 だけれ ども 寶塚行 を斷づ た。 さう して 腹の 中で、 あしたの 朝 岡 田の 留守に、 一 寸 電車 に乘 つて 一 人で 行って 樣子を 見て 来ようと 取り極めた。 岡 田 ほ 「さう です か。 文樂 だと 好 いんだ けれども 生憎 暑 いんで 休んで るる もんだ から」 と 氣の毒 さう に 云った。 よくも さじ ぶん を か だ しょ うち で かれ でんしゃ うへ とつ ザん e ぶん わす か さ だ d つ こん もん; b. 翌朝 自分 は 岡 田と 一 所に 家 を 出た。 彼 は 電車の 上で 突然 自分の 忘れ 掛けて ゐ たお 貞 さんの 結婚 問題み-持 ち 出した。 貴方の 御父さん や 御母さんに 書生と して 育てられた 食客と 心 得て るるんで す。 僕の 今の 地位 だって、 あのお 兼 だって、 みんな 貴方の 御兩 親の 御蔭で 出來 たんです。 だ --- お. から 何 か 御 恩返し をし なくつ ちゃ 濟 まない と 平生から 思って るんで す。 ぉ貞 さんの 問題 もつ まり 夫 力 動機 で爲 たんです よ。 诀 して 他意 はな いんです からね」 ぉ貞 さん は 宅の 厄介 もの だから、 一 日 も 早く! I: 處 かへ 嫁に 世話 を するとい ふの が 彼の 主意であった C 自 分 は 家族の 一 人と して 岡 田の 好意 を 謝すべき ば 位に あった。 「御宅 ぢゃ 早くお 貞 さん を片附 けたいんで せう」 自分の 父 も 母も實 際さうな ので ある。 けれども 此時 自分の 眼に はお 貞 さんと 佐 野と いふ 綠故も 何もない ふたり しょ かつ はな え や I 二人が 一所に 且 離れぐ に 映 じた。 「旨く行く でせ うか」 「そり や 一: 仃く だら うぢゃありません か。 僕と お 兼 を 見た つて 解る でせ う。 結婚して からま だ 一 度も大 iJ? 强 ひても 是 から 一 人で 立た うと 決心した 「まあもう Y がーつ 一日 は 宜し いぢ や 御座いま せんか」 とお 兼さん は 愛嬌に 云って 吳れ た。 自分が 袍の中 へ 靴 衣 や 一一 1 尺帶を 詰めに 一 一階へ 上がり 掛ける 下から、 「是非 左右なさい ましよ」 と 追っ掛ける やうに 留めた。 ぢゃ 御茶で も れ ますから、 御 緩り どうぞ」 と 降りて 行った。 つ あん; い むね うち かれこれ じ かん つ ジム かん-. 2: を ひろ ゆた。 さう して 胸の 中で 彼是と 時間の 都合 を考 へた。 '、 さつ ざ-つ J 行かない ので、 仰向けに なって 少時 寐て 見た。 すると 三 澤とー 所に 歩く 時の 愉快が 色々 に 想像され た。 富 じ す ft し h-sv ち お とき すべ ころ こし き お ほ きんめい す-つい ザ ラス びん こに , お- ジ. 所へ 又 梯子段 を 踏む お 兼さん の 足音が したので、 自分 は 急に 起 き 直った。 お 兼さん は 立ちながら、 「まあ 好かった」 と 一息 吐いた やうに 云って、 すぐ 自分の 前に 坐った。 さう して 三澤 から 八-届いた 手紙 を 自分に 渡した。 自分 はすぐ 封 を 開いて 見た。 三澤は 三日 前 大阪に 着いて 一 一日ば かり 寐た 揚句とう く 病 P ん よ、 じぶん び やう, ん :S さ かね ち. n- き かね ちり の こ 院 にんった ので ある。 自分 は 病院の 名 を 指して お 兼さん に 地理 を 聞いた。 お 兼さん は 地理 丈 はよ く 呑み込 び やう ,0 ん なし じぶんと h: かはん さ ,v- か だ いへ で こと んでゐ たが、 病院の 名に 知らなかった。 自分 は 兎に角 匏を提 けて 岡 田の 家 を 出る 事に した。 と こと ひ y かね く かへ ? どく --i わ むり び ぢょ 「どうも 飛んだ 事で 御座いま すね」 とお 兼 さ A は 繰り返しく 氣の 毒. かった。 自分 は 途中で 猶も此 下女 を 返さう としたが、 何とか 云って 中々 歸ら なか そのこと お わか わか じ ふん このと ち した ふ てら わ 力 つた。 其 言葉 は 解る には鮮 るが、 自分の やうに 此 土地に 親しみの ない ものに は 到底 覺 えられなかった。 んゃ -. - ? - もりん い れる とき 今迄 世話になった 鱧に 一 圓 遺ったら 「さいなら、 御機嫌よう」 と 云った。 自 分 ははら くしながら 病院の 前に 降ろされた。 三澤は 廊下 S 突き 當り の八壘 に、 氷曩を 胸の 上に 載せて 寐てゐ た。 彼 は 何も 答へ すに 苦笑して るる。 當人は 又 母 S 遣 傳で體 質から 來 るんだ から 仕方がな いと 辯鮮 してる た。 さう して せひくゎ. ぅ しょもつ ひく かへ か すゐ せい 二と は つか じ ぶんに ど 消化器 病の 霄 物な ども 引っ繰り返して、 アト 二— とか 下垂 性と かト ー ヌス とかい ふ 言葉 を 使った。 自分 杯 とき. つ し す その 「君ァ ル コー ルは EE で吸收 される もの か、 腸で 吸收 される もの か 知って るか」 などと 澄まして ゐた。 其 くせび?. 自分 も それ 見ろ と 思 ひながら 必す 見舞に 5? 掛けた。 彼の 病 氣は短 にち なが し-つかん たいてい Lti かれ かれ び や-つき a r たにん じ ぶん なほ さら かくて 1 一三 日長くて 一 一 一週間で 大抵 は 癒った。 それで 彼 は 彼の 病氣を 馬鹿にし てるた。 他人の 自分 は猶更 であった。 其 上に 胃の 上の 氷 魏で又 驚かされた。 自分 は 夫 まで ひよ- r な-つ ち. iii しん ざう うへの しん じ ぶん み f、 迄 氷 囊は頭 か 心臓の 上で なければ 載せる もので ない とば かり 信じて ゐ たので ある。 枕元に 坐 つ て ゐれ ばゐる 程、 附け景 氣の言 葉が 段 々出 なくなつ て來 た。 み さは かん っー ふ めい アイス クリ I. ム と じぶん その は:; てつ かれ の-一 ほい く 三澤は 看護婦に 命じて 氷菓子 を 取らせた。 自分が 其 一 杯に 手 を 着けて ゐる うちに、 彼 は殘る 一 杯 を 食 ふ ビ じ ぶん く. r り ていし vr 、いぐ わい くら i お, と r とい ひ 出した。 自分 は藥と 定食 以外に そんな もの を 口にする の は 好くな からう と 思って 留めに 掛かった。 すると 三澤は 怒った。 f おも i じめ かほ ぎ ろん 「君 は 一 杯の 氷菓子 を 消化す るのに、 何の 位 强壯な BS が 必要 だと 思 ふの か」 と眞 面目な 顔 をして 議論 を しか じ ぶん じつ ところ なんに し ん-ご ふ よ ねん ため い 仕掛けた。 自分 は實の 所 何も 知らないの である。 看護婦 は、 可から うけれ ども 念の 爲 だからと 云って、 わ い,? よく き い せ 'りゃう さしつ か きょ. え き ざ わざ 醫局 へ 聞きに 行った。 さう して 少量なら 差 支 へない とい ふ 許可 を 得て 來た。 じ -メん べんじょ ゆ A さ Ji し かん: J よ ひと t-,,? v-; V. V ? 自分 は 便所に 行く とき 三澤に 知れない やうに 看護婦 を 呼んで 、 あの人の 病氣は 全體 何と い ふん 一と EM い A -f- ん ふ お ほかた- Q わる こに それ いじ ャぅ 二と たづ ナ さ y. 4 c つ、 よし ゅン て 見た。 看護婦 は 大方 胃が 惡 いんだら うと 答へ た。 v た. ' その をと こ れた 計りで、 何も, まだ 分らな いんだと 云って 平氣 でるた。 C か しせんく ,:i す こ た まだ 三 澤の名 を 知らなかった。 けれども 患者の 病名 だの 處方 だの を 書いた 紙箋を 繰って、 EE が 少し 髮 爛れ -ー とだけ.. し く たんだと いふ 事丈敎 へて 吳れ た。 i A, い まど 自分 は 又 三澤の 傍へ 行った。 彼 は 氷震 を EM の 上に 載せた 儘、 「君 其 窓から 外 を 見て みろ」 と 云った。 窓 は しやう めん ふた- ,てく めん ひと いづ せいやう し 5 ふ つう I-,? - うへ i-l や. ? -ん 二 ん 二 とん レ ね 正面に 二つ 側面に 一 つあった けれども、 何れも 西 式で 普通より 高い 上に、 病人 は 日本の 蒲團を 敷いて 寐 -? すると 何よりも 先づ 高い 煙突から 出る 遠い 煙が 眼に 人った。 そ のけむ リ し ザん たい お 丄 お ほ たて, うへ は まば 其 煙 は 市 全 體を掩 ふやう に 大きな 建物の 上 を 這 ひ 廻って るた。 お ほ か ひだりて は- つ す こ み 大きな 河が 左手の 方に 少し 見えた。 - 「山 も 見える だら う」 と 三澤が 叉 云った。 - ;. wb; つせ ,. V かし た メ ん. ! I ? は si ii みか たう 》- へんく. つ ん, 、わん 巧? に はい い 5 いさつ で ゆ ちょ じ ぶ V さよ とよ 其 T. 伯に は 玄關も 何もなかった。 這 入っても 入らつ しゃいと 挨楼に 出る 下女 もなかった。 自分 は 三? i の 治 かい ひと ミ とほ て す, ひ まへ お ほ か; i ざ しき た へん-, ゾ ふつ つたと い" 一 一階の 一 問に 通された。 手摺の 前 はすぐ 大きな 川で、 座敷から 眺めて ゐ ると 大變涼 しさう に 水 は 流れる が、 向きの 所 爲か風 は 少しも 入らなかった。 夜に 入って 向う側に 點 せられろ 燈 火の きらめき も、 た 5- 眼に 少しば かりの 趣き を 添へ る 丈で、 涼味と いふ 感じに は 丸でなら なかった。 ?' り -- ふしん 自分 は 給仕の 女に 三澤 の 事 を 聞いて 始めて 知った。 彼 は 二日 此處に 寐た摁 句、 三日 目に 入院した やうに き 歸 つて 來 たの ださう である。 着いた 時には 五六 人の 伴侶が ゐ たが、 歸 りに はたった 一 人に なって ゐ たと, T i. にん つれ なんぴと つ. sb な C. し;". r-y. つ i 女は告 けた。 自分 は 其 五六 人の 伴侶の 何 人で あるかに 就いて 思 ひ惱ん だ。 然し 想像 さへ 浮かばなかった。 「醉 つてた かい」 と 自分 は 下女に 聞いて 見た。 其處は 下女 も 知らなかった。 けれども 少し 經 つて 吐いた から 醉 つて ゐ たんだら うと 答へ た。 じ ぶん そのよ かや つ もら はや とこ は い その? - 0. あな 5- びき は い ? 自分 は 其 夜 蚊帳 を 釣って 貰って 早く 床に 這 入った。 - つ ir- やく ,バ V. - よ た。 圑扇を 動かして、 それ を拂ひ 退けながら 寐 ようとす ると、 隣の 室の 話し 聲が 耳に 附 いた。 客 は 下女 を 相手に 酒で も おんで るるら しかった。 さう して is 部 だと かいふ 事であった。 in 分 は 警部 S 一 一字に 多少の 興 A その ひと は; S きみき じ ぶん へやう も ゆ ぢょ 味が あった。 それで 其 人の 話し を 聞いて 見る 氣 になった ので ある。 すると 自分の 室 を 受け持つ てるる 下女 あ き び やう, ん でんわ し じぶん おどろ お あ が 上がって 來て、 病院から 電話 だと 知らせた。 自分 は 驚いて 起き上がった。 でんわ あ ひて ふ さは かんつ; ふ び やう にん も や-つ きふ か は おも しん もい よ. つじ き 電話の 相手 は 三澤の 看護婦であった。 自分 は 彼 び やう. ? はた おも だんてい たん こ, -J わが. 一 ;. 君が 來て 吳れ とい ふなら」 と附け 足して 室へ 歸 つた。 ゆ ざよ いっきつ ?-ク あな は, リ いと ふさ すで はい か そのき. - 下女 は 何時 氣が附 いたか、 蚊帳の 穴 を 針と 絲で塞 いで ゐた。 けれども 旣に這 入 つ て るる 蚊 は 其 儘な の で - 横になる や 否や、 時々 額 や 鼻の 頭の 逢で ぶうんと 云 ふ 小さい 音が した。 夫で もうとう とと 寐た。 聞いて ゐ ると 矢張り 男と 女の 聲 であった。 も ど ゆ ぢょ あ. 5- ひ おと はめ ゃ. こほり ひ 「まだ 氷で 冷やして ゐる のか」 じ ぶん ひさ, あんぐ わい. 三 潔に は それが 友達 甲裴 もな く 響いた の だら う。 「鼻風邪 ぢゃ あるまい し」 と 云った。 じ ぶん んご ふ はう む ゆうべ ご く らう ひとくち れい の かん-ご ふ いろ あ を ふく をん; かつ わけ ゆ 「君 其 樣子ぢ や 當分 約束 を展行 する 譯に も 行 かない だ らう」 り か-つ おも これほど やう じ やう 「展 行しょう と 思って、 是 程の 養生 をして ゐる のさ」 ふ さは なかく. ; -. つじ や-つ. -V とこ かれ がう じ や-つ つ あ かれ けんか-つ りよ か-つ P う ま で じ ぶん このみつ ふや こ 三澤は 中々 强 情の 男であった。 彼の 强 情に 附き 合へば、 彼の 健康が 旅行に 堪へ 得る 迄 自分 は此 暑い 郡の 中で 蒸されて ゐ なければ ならなかった。 ば りつ は た. へい うち つ ふ ん 其 一 つの 潜りの 外へ 主人ら しい 人が 出て、 如露で 丹念に 往來を 儒ら してる た。 輕ぃ 患者 はみ な 洗面所へ 出て 顔 を 洗った。 じ ぶん い ぞん ぴ やつ ろん もん く. 朝 九 時 頃 玄關に 掛かる と、 廊下 も 控所も 外来の 患者 ほい う こと とき せ ひん これ? r とび やう にん あ う ぉノ t ろ で 一 杯に 埋まって ゐる 事が あった。 そんな 時には 世間に も是程 病人が 有り得る もの かと わざと 驚いた やう -ジ丄 かれら やうす じゅんみ わ; i はしご だん あしか じ ぶん ぐう ザん をん な A い な 顔 をして、 彼等の 樣子を 一 順 見渡してから、 梯子段に 足 を 掛けた。 あの 女と いふの は 三澤が あの 女 あの 女と 呼ぶ から 自分 もさう 呼ぶ ので ある。 A んな そ rjt きら-つか うす ら こしかけ す,? 5 まる よこ だ. b み その-! 自分の 一瞥 はま づ其 女の 後 姿の 上に 落ちた。 すると 其 年增が 向う へ 動き 出した。 あの 女 は 其 年增の 影から 現 はれた ので ある" 其 時 あの 女 にんた r- f. 7 や-つ まる ぢっ けっしょく へ-つじ やう く もん ろと i-rj ん ふ じ は 忍耐の 像の 樣に 丸くなって 凝と してる た。 けれども 血色に も 表情に も 苦悶の 迹は 殆ど 見えなかった。 二- 胸が 腹に 着く 程 背中 を 曲け てるる 所に、 お, て なにもの ひ 亡 ゃラ おら は厂" は ふ. 、 わい じ ぶん -, つい だん のぼ をん な 恐ろしい 何物 かが 潜んで るる 樣に思 はれて、 それが 甚だ 不快であった。 自分 は 階段 を 上りつ、 T あの 女」 にんたい うつく よう; した つ , び でっ く さ-ひざ- つ の 忍耐と、 美しい 容貌の 下に 包んで るる 病苦と を 想像した。 此 A さん は 夜に なって 閑になる と、 好く しゃく ふ わか ,でと こ "ミ 、しん び ゃラ. 獨身 もので 病院に 寢 治り をして、 室 は 三澤と 同じ 三階の 折れ曲がった 隅に あ 二の あ ひだ. でし じ少ぅ A リヅバ. 1 おと い ある 一】 の にち. S ,- yi. み ふ さは つた。 此間迄 始終 上履の 音 をび しゃく 云 はして 步 いてる たが、 此ニ 三日 丸で 顔 を 見せない ので、 三澤も じ ぶん ?- ぐらる う li さ 6 自分 も、 何う かした のかね 位 は 噂し 合って ゐ たので ある。 ?-ん つ! ふ 看護婦 は A さんが 時々 跛 を 引いて 便所へ 行く 様子が 可笑しい と 云って 笑った。 それから 病院の 看護婦が かなだら ひ も へや はい ゆ ところ みいみ さは はなし きょ-つ ふ る 時々 ガ— ゼと 金盥 を 持って A さんの 部 星へ 入って 行く 所 を 見た とも 云った。 三澤 はさう いふ 話に 興味が 有 またな T ぶ. r 「ふん」 とか 「うん」 とか 答へ て ゐた。 -rvT だんねん じ ぶん か-」 み か 彼 は 又 自分に If 時 迄 大阪に 居る 積り かと 聞いた。 彼 は 旅行 を斷 念して から、 自分の 顔 を 見る とよく 斯う 云った。 それが 自分に は 遠慮が ましく 且 催促が ましく 聞こえて 却て 厭であった。 f つが ふ かへ おら いつ かへ 「僕の 都合で 歸ら うと 思へば 何時でも 歸る さ」 「何う か 左右して 吳れ」 じ ぶん た まど ました みお V- んな ふ もん ュ- とで 二 自分 は 立って 窓から 眞下を 見下ろした。 「あの 女」 はいくら 見て ゐても 門の 外へ 出て 來 なかった。 ひ ところ で なに し み さは -? 「日の 當 たる 所へ わざく 出て 何を爲 てる るんだ」 と 三澤が 面いた。 ふ じ ぶん 二た 「見て ゐ るんだ」 と 自分 は 答へ た。 「何 を 見て ゐ るんだ」 と 三澤が 聞き返した。 の 五六 鉢竝ん でゐる 傍で、 島 田に 結った 若い 女が、 しきりに 洗濯 もの を 竿の 先に 通して ゐた。 自分 は 一寸 其 は. つ み またした む ま 争っ たう にん までた でく け しき じ ぶん 方み-見て は 又 下 を 向いた。 けれども 待ち設けて ゐる當 人 はいつ 迄經 つても 出て 來る氣 色はなかった。 自分 は 平生から 三澤 こそ 强 情な 男 だと 思って るた。 それで 「僕の 窓から 首 を 出して る s やう むい ふ がう 1 ズ? う ちが もくて さ くび だ す こ もったい つ たの は, 君の 樣な 無意味な 强 情と は 違 ふ。 其 代り 肝心の 「あの 女」 の 事 を 却て 云ひ惡 くして 仕舞った。 ほどへ ふ さは ま に r- つき ほんた- リ たに ふ わら き じ ぶん このと き き か は 程 經て三 澤は又 「先刻 は 木 當に何 か 見て ゐた のか」 と 笑 ひながら 聞いた。 自分 は此 時もう 氣が變 つて ゐ , でんな くち S く. C い ど がう じ やう ふ さは 二と き きつと は か くだ た。 「あの 女」 を 口にする のが 愉快だった。 何う せ强 情な 三 pt. の 事 だから、 聞けば 屹度 馬鹿 だと か 下らな い じぶん れい ちが おも き さう じつ いと か 云って 自分 を 冷罵す るに 違 ひない と は 思った が、 それ も氣に はならなかった。 左右したら 實は 「あ んな つ じぶん ゆん いん と,、 べつ きょうふ も ぐらな こた み さは す こ じ や の 女」 に 就いて 自分 は ある 原因から 特別の 興味 を 有つ やうに なった の だ 位 答へ て、 三澤を 少し 焦らして 遣 したつて ろ て つ だ らうと いふ 下心 さ へ 手傳 つた。 ところ KJ さは じ ぶん. じぶん き ふん す ところ tf- い t. 一 番 仕舞に 自分の 言葉が 途切れた 時、 三澤 V ろんしろ-つ i 5 じ ぶん 'んな く は せつめい は 「それ は 無; i 素人なん ぢ やなから うな」 と 聞いた。 自分 は 「あの 女」 を 詳しく 說 明した けれども, つい 藝 者と いふ 言葉 を 使はなかった ので ある。 然し 的き り 冗談 だら うと 思った。 けれども 彼の 眼 は 其 反對を 語って るた。 彼 は 繰り返して 「あの 女」 の 眼 つきだの 鼻 つきだの を 自分に 問うた。 E 分 は 梯子段 を 上る i? g 顏を 見た 限りなので、 さう 詳しい 事 は 答 へられない 程であった。 自分に はた 背中み-折って 重な ら も はし せいだ: b め うつ り 合って るる やうな 憐れな 姿勢 丈が ありく と 眼に 映った。 「屹度 あれ だ。 今に 看護婦に 名前 を 聞か して 遣らう」 み さよ か い うす. ;:;. b じ ぶん かつ ゃラす さら み じ ぶん す こ つ こ 三澤は 新う 云って 薄 笑 ひ をした。 けれども 自分 を擔 いでる 樣子は 更に 見えなかった。 自分 は 少しぬ 5 り 込 まれた 氣 味で、 彼と 「あの 女」 との 關係を 聞かう とした。 「今 に 話す よ。 あれ だと 云 ふ 事が 確かに 分った ら」 び やうな. じ ぶん くわい しん こんざつ さ じ かん く せき はづ -,? ,ァ んな どこ る き てゐ たが、 其 日 は 手近に ある 轄を 取って, 梯子段 を 下 迄 降りた。 「あの 女」 がま だ 何處 かに 居さうな 氣が じ ぶん んく わん いりぐち た-ず はう み t は ら 7 か ひかへ しつ くわん じ や か; t する ので、 自分 は 玄關の 入口に 佇んで 四方 を 見廻した。 けれども 廊下に も 控室に も 患者の 影はなかった。 二 十 その タ. 自分 は幅蝠 よりも 「あの 女」 の 事 が氣に 掛かった- 「おい、 あ S 事 は 解った か」 と 聞いて 見た。 然し 其 處には 女の 寐て 居る 床の 裾が 畫の も や- 7 かく f こ で だけ 模樣の やうに 三角に 少し 出て ゐる 丈であった。 血 を 吐 くんだ」 と 三 澤が又 小さな 聲で告 ゆた。 J おら だ くわい や ラ こと ま ュ でリじ ぶん ろた よ なん になる 危險が あるから 入院した と說 明して 聞かせた 事 を 思 ひ 出した。 潰瘍の 陰に、 死と いふ 怖い ものが 潜んで ゐ るかの やうに。 4- んな へ や かす こゑ しばらく すると、 女の部屋で微かにけぇくとぃふ聲がした。 i is ハ: i ご ふ と ぐち あら て ち ひ かなだら ひ も 「そら 吐いて るる」 と 三 澤が眉 を ひそめた。 やがて 看護婦が 戶 口へ 現 はれた。 「癒り さうな のかな」. じ ぶん め けさ あ-ご... -1 自分の 眼に は、 今朝 腮 み-胸に 押し 附 ける やうに して、 凝と 腰 を 掛けて るた 美しい 若い 女の 顔が ありく と 見えた。 ど? ,p S おほさ? - ? 二ん, - はじ じ ぶん 、ひ さは せ 「然し 君は大 阪へ來 たのが 今度 始 めて ぢゃ ないか」 と 自分 は 三澤を 責めた。 二ん- 1 ? - - し ふ さは べんかい 二の び や-つなん な じつ 'んな S ぼく 二• ! 「今度 來て 今度 知った の だ」 と 三. 澤は辯 解した。 「此 病院の 名も賁 は あの 女に 聞いた の だ。 俊 は 此虚へ I! はよ もやと 思って るた。 阪へ 着く と 其 儘、 友達と 一所に 飮 みに 行った 何處 かの 茶屋で, 三澤は 「あの 女」 に會 つたの て ある。 こ , , ロ寳の もとに、 彼を醉 はせ る 事 を 御馳走 S やうに 振舞った。 それでも き5 下の 所に は絕 えす 不安な 自覺 があった。 彼はジ 、う 一 つぶて ひら のく ち な こ いもの うけと をん な おな やう しろ ヱ ムか ti か を 五六 粒 手の平へ 載せて 口の なか へ 投け 込んだ。 すると 入れ物 を 受取った 女 も 同じ 樣に 白い てのひら うへ ち ひ つぶ なら くち い 掌 の 上に 小さな 粒を竝 ベて 口へ 入れた。 ことに 此 一週間 は 御-傲が 厭で、 た- 氷ば かり 香んで ゐる、 それ も 今卷ん だかと 忍 ふと、 すぐ 又 ベた くな るんで、 何う も 仕 樣 がない と 云った。 び や-つ-:? ん -C? ん ちゃ- フ なまへ き が 家業 だからと 後 は 云 ひ つて ゐた。 彼 は 其 時 女から 始めて 此處の 病院と 院長の 名前 を 聞いた。 、 い ところ ちょっと は 5- み ど す こ へん 「僕 もさう 云 ふ 所へ 一寸 入って 見よう かな。 何う も 少し 變だ」 ふ さは じょうだん ほんき て. 「夫ぢ やま あたんと 飮ん でから 後 S 事に しょう」 と三澤 は 彼の 前に ある 否 をぐ つと 干して、 それ を 女の まへ つ だ んな おとな しゃ,、 前に 突き出した。 女 は 大人しく 酌 をした。 きふ の めし く さけ の 「君 も飮 むさ。 女 も 素直 に それ を 受けた。 然し 仕舞に は 堪忍 して 吳れと 云 だ V- つ すわ. tr せき た ひ 出した。 それでも 凝と 坐 つ た 儘 席ん-立た なかつ た。 さけ の KS び やう むし ころ めし ぐの だめ 「酒 を 呑んで 胃病の 蟲を 殺せば 懷 なんかす ぐ 喰へ る。 1 さ;:: し おのれ る なか いま 三澤は 自暴に 醉 つた 揚句、 亂 暴な 言葉 迄 使って 女に 酒を强 ひた。 それで ゐて、 己の EH: の 中には、 今にも If く はつ くる かた う 爆發 しさうな 苦しい 塊り が、 うねりな 打って るた。 己 は 自業自得と しても、 「あの 女」 の 弱い 身體 をなん で 左右 無 盆に 苦しめた ものたら う し むか まく からだ し f iu をん な からだ し ま はり 6 「知らないんだ。 は乂 我々 二人の 身體を 知らないんだ。 それ 計り ぢ やない、 僕 も あの 女 も 自分で 自分の 身體ガ 分らな 力った -V のうへ クし く じ ぶん. 附添 ひの 看護婦 は 暑い せ ゐか大 槪は其 柱に もたれて 外の 方ば かり 見て ゐた。 中には 眼の 覺 める やうに 派出な 模樣の 着物 を 着て ゐる もの もあった が、 大抵 は 素人に 近い 地 呋-な 服装 き で d お. それ も 廊下の 端に 洋傘 を 置いて 室の 中へ 入る や 否や 急に 消えた やう に靜 かにな つた。 「い、 や」 と 彼 は 答へ た。 あの 女の 入院 するとき 僕 は あの 女の 顔 を て はっと 忍つ たが、 向う では 僕の 方 を 見なかった から、 多分 知るまい」 A さは び や. しづ しゅき や い へや はい で や 「靜 かにして、 刺激の ないやう にして 遣らな くつち や 不可ない。 す, ぶん しづ じぶん い 「隨分 靜かぢ やない か」 と 自分 は 云った。 び?: つ にん くち き いや わ.. 惡 ぃ證據 だ」 と 彼が 又 云った。 ん ゆ ,1- の はなし 三澤は 「あの 女」 の 事 を 自分の 豫想 以上に 詳しく 知って るた。 さう して 自分が 病院に 行く たびに、 其 話 だ い もんだい らだ かれ じ ぶん ,0 まえ , ォんな たいじ クラ あだか かれ くわん, b い ふ じん を 第一 の 問題と して 持ち出した。 彼 は 自分 S 居ない 間に 得た 「あの 女」 の 内情 を、 恰も 彼と 關係 ある 婦人 ないしょ まなし う も と かた それら ち しき じ ぶん あた 一. -こ ゃラ ふ の 内所 話で も 打ち明ける 如くに 語った。 さう して 夫 等の 知識 を 自分に 與へ るの を 誇りと する 樣に 見えた。 かれ かた ところ -んな ゆいし やや むすめ ぶん だいじ と あっか う こ きょじゃく 彼の 語る 所に よると 「あの 女」 は ある 藝者屋 の 娘 分と して 大事に 取り扱 はれる 寶 れつ 子であった。 虚弱 たう にん また ゆ, まん-でく こ-ろえ しゃ-つ い べんき タぅ からだ わ, けつ やす な 當人は 又 それ を 唯 一 の 満足と 心得て 商寶 に勉强 して ゐた。 ちっと やそつ と 身 體が惡 くても 诀 して 休む や ゎラ ち. ; ゝ とき に とこ つ ま み ひ は?' お y しき で で うな 橫着 はしなかった。 時た ま堪 へられないで 床に 就く 場合で も、 早く 御座 敷に 出たい 出たい とい ふの を 口癖に してる た。 …… い i んな へや き その ゆいし やや ふる ゆ i つよ なまへ ゆ i つよ ふる 「今 あの 女の 室に 來 てるる の は、 其 藝者屋 に 古くから るる 下女 さ。 丸で 叔母さん か 何 ぞの樣 だ。 けれども 自分 は 少し 其 處に疑 はしい 點を 認めないでも なかった。 s 分 は 三澤が 便所へ 行った 留守に、 かん-ご ふ つら ふさ は い• まく ,3 4- んな へや い は な 看護婦 を 捕まへ て、 「三澤 は あ、 云って るが、 僕の 居ない とき、 あの 女の 室へ 行って 話しで もす るん ぢ やな き ふ かん- ビ ふ まじめ v. さう して 「あの 女」 の 病氣が 段々 險惡の 一方へ 落ち込んで 行く 心細い 例 を 話して 聞かせた。 0- やう ぎう にう た. ん えき 1. 1 い すら じゃく き は をん な ちゃ-つ 然し 其 結果 は 思 はしくなかった。 少量の 牛乳と 鷄卵を 混和した 單 純な 液體で すら 衰弱 を 極めた あの 女の 腸 に おもす ふ よき 1- で- f yr- ふしう に は 荷が 重過ぎる と 見えて 豫期 通り 吸收 されなかった。 かん 「一 ふ これ-たけ かた くら. 自分 も 彼女の 云 ふ 所が 本當 だと 思った。 'うき か- あは わか をん な だま こ 、ろ たいせ ラ 行 W 藝者 と、 恐ろしい 病氣に 躍った 憐れな 若い 女と を、 默 つて 心のう ちに 對 照した。 をん な きり や. なん いしゃ や むすめ ぶん うち だいじ 「あの 女」 は 器量と 藝を 費る 御蔭で 、何とかい ふ i1 者 屋の娘 分に な つ て 家の ものから 大事 がられ て るた 0- う こと で き ,,ま や は いままで どュ うち だいじ も かれら それ を寶る 事が 出來 なくなった 今でも、 矢張り 今迄 通り 宅の ものから 大事 がられる だら うか。 何う せ 藝妓屋 の 娘 分になる 位 だから, 生みの親 は 身分の ある もので ない に 極まって るる。 じ ぶん こ こと かんが べんじょ か;• み さは をん な ほんた. f お C, し たつ 自分 は 斯んな 事も考 へた。 便所から 歸 つた 三澤に 「あの 女の 本 常の 親 は あるの か 知って るか」 と 尋ねて E- た。 、, , , うしろすがた だ かれ こと. C 「それ もほんの 後 姿 丈 さ」 と 彼 はわ ざく 斷 つた G その はし じ ぶん さう ざう ど-ぶ らく ふ ぶん ひと おら うつお せハ 母と いふの は 自分の 想像 通り、 あまり 樂な 身分の 人ではなかった らしい。 たまに 來ても 左も氣 兼ねら しく 狐 鼠々々 と來 て、 何時の間にか、 又梯 子 段 を 下りて 人の 氣の附 かない 樣に歸 つて 行く の ださう である。 おや SI んりょ で き ふさ, J ひ 「いくら 親で も- あ、 なると 遠慮が 出來 るんだ ね」 と 三澤は 云って るた C 「あの 女」 S 見舞 客 は みんな 女であった。 しかも 若い 女が 多數を 占めて ゐた。 リ ざ. ' 5 が みん あは もよ は ある。 ; しさうな 此 母の 後 姿 を 想像に 描いて 嗜に 憐れ を I 隹 した。 こ, 1 、. ,?》 ん s-fi-i つ a や 「親子の 情 合力ら いふと、 娘が あんな 大病に 種ったら、 母た る もの は朝晚 とも 嘸 傍に 附 いて 居て 遣りた ? h• たにん ゆ ぢょ はゾき じっさい お. たいち 傍に ゐて やる 程の 時 問 もな し、 時間が あっても 入費が な いん だから」 じ ぶん なさけ き いうか ゆ ふ. , でんな へい ザい うらや is どば で tsc-- つき 自分 は 情ない 氣 がした。 あ ゝ云ふ 浮いた 家業 をす る 女の 平生は 羨ましい 程 派出で も, いざ 病氣 となると、 ふ つう ひと ひ さん ていど そうはな は-た かんが 普通の 人よりも 悲酸 S 程度が ー歷 甚 しいので はない かと 考 へた。 あの 女に 關 して 一 切の 新 知識 を 供給す る 看護婦 も 其處へ 行く と 何の 役に も 立たなかった。 其癖兩 人と も 露骨 を惲 つて、 つ ひぞ 柱の 影から 室の 中 を 蜆いて 見た 事がない ので、 ゆ ん ざい をん な ど くら-つやつ むな さ-つ y う. ;、 わ す じ 0- うくわん ちゃう おも い 現在の 「あの 女」 が 何の 位 窶れて るる か は 空しい 想像 畫に 過ぎなかった。 自分の 頭に も、 唯 血色の 惡 くない 入院 前の 「あの 女」 の 顔が 描かれる 丈であった。 そ ふたり i も をん な もむ はな ぁ じっさい さ- つ は-つと. n し おも れでー 一人 共 あの 女は最 ぅ六づ かしいだ らうと 話し合って ゐた。 さう して 實際 は雙方 共 死ぬ と は 思 はな かつ たので ある。 聞いて 見る と、 今日明日 にも 變が ありさうな 危險な 所 を、 附添 ひの 母が 田舍 つ. , つへ そのに r ふ さは かんご ふ こュり ほか なん ゑん つか い ど たい へ 連れて 歸る S であった。 其 母 は 三澤の 看護婦に、 氷 計り も 二十 何圓 とか 遣った と 云って、 何う しても 退 ほか みち きゅうじ やう ほの 院す るより 外に 途 がない とわが 窮狀を 仄めかし たさう である。 じ ぶん がい ま ど ろ なか かへ つりだい み お つ. 釣 臺は喑 くて 見えなかった が、 用意の 提灯の 灯 は -? ー だ まど たか わう らい せま ひ たに そこ うご ゆ み やがて 動き 出した。 窓が 高い のと 注 來が狹 いので、 灯 は 谷の 底 を ひそかに 動いて 行く やうに 見えた。 フ」 じ ぶんた ち V か また ふ し ぎ かんご ふ き お ぢぉ 自分 達 は 可笑しく も あり 又 不思議で もあった。 看護婦に 聞く と、 負ぶ つてる るの は 叔父で、 負ぶさって , で ひ この. 此 甥が 入院 當時 骨と 皮 計りに 麼 せて ゐ たの を 叔父の 丹精 一 つで この 位 肥ったの ださ , で ぢ しゃ- つ まい や い かね 二 ま ひと うで ある。 叔父の 商啻は メリ ヤス 星 だと か 云った。 いづれ にしても 金に 困らない 人な の だら う。 手招 雜杯 を提 ゆて、 普通の 人間の 如く 平氣 で出步 いた。 時 び やう- ん あ こと かへ く す 、だか うるん めし うま ,, に は 病院み 一空け る 事 さへ あった。 歸 つて 來 ると 素っ裸 體 になって、 病院の 飯 を 旨 さう に ft つた。 の ふ ちょつ つべ い ? など す 昨日 は 一 寸神戶 まで 行って 來 ました 杯と 澄まして るた。 ぎ ふ li ん ぐわん じ ま. き やう ニピで き ついで ふうふ と. このび やう ん は い うご 岐阜から わざく 本願 寺参りに 京都 迄 出て 来た 序に、 夫婦 共此 jig 院に這 入った なり 動かな いのもる た。 ュ Q ふうふ へや とこ ご,、 わう さ あ ふ だ Ki 一 う 其 夫婦 ものの 室の 床に は 後光の 射した 阿 彌陀樣 の 軸が 戀け てあつた。 一 一人 差 向 ひで 氣樂 さう に 碁 を 打って 二と う:,, t このよ-' らち ,、 とき ち ちょく f」 いはん ほ, 二 は つ ? ゐる事 もあった。 それでも 細君に 聞く と、 此春餅 を 食った 時、 血 を 猪口に 一杯 半 程 吐いた から 伴れ て來た の だと 勿體 らしく 云って 聞かせた。 5- んっー ふ い ポ-ん い, りぐ ち はしら ちに ひざ り や-つて だ こと お ほ こっち かん 「あの 女」 の 看護婦 は 依然として 入口の 柱に 靠れ て、 わが 膝を兩 手で 抱いて ゐる 事が 多かった。 此方の 看 護婦は それ を 又 器量 を 鼻へ 掛けて、 わざく あんな 人の 眼に 着く 所へ 出る の だと 評して るた。 自分 は 「ま い べんご こと t んな そのうつ く かん ひ ふ くしんげ い れいたん か ゆん てい さか」 と 云って 辯 護す る 事 もあった。 斯う 主張しながら も 彼 は 別 -10? ,1,- ん; i たい さ ! ビぃク かん "o ふにく ふ さは に此 看護婦 を 惡む樣 子はなかった。 自分 もこの 女に 對 して 左程 厭な 感じ は 有って るなかった。 醜い 三澤の つき-て - 一ん. こんな 周 園に 取り 圍 まれた 三澤 は、 身體 の囘復 する に從 つて 、「あの 女」 に對 する 興味 を 曰に 增し 加へ て ゆ じ ぶん や え きょうふ め. T じ, QC じ 二 , もち かれ たいど れん らい 行く やうに 見えた。 自分 は 已むを 得す 興味と いふ 妙な 熟 字 を 此處に 用 ひるの は、 彼の 態度が 戀愛 でもな け また まった しんせつ. - よ- つみ じ あら ほか てきせつ も じ ちょっと ふ も れば、 又 全くの 親切で もな く、 興味の 二字で 現 はすより 外に、 適切な 文字が 一 寸見當 たらない からで ある。 く べつ すで つし よ い , でんな うは さ の 女」 の 話 を 聞かされる や 否や、 主客の 別 は 旣に附 いて 仕舞った。 H 分 も 一 時 は 彼に 釣り込まれて、 當 初の 與味 だんく と す ゆ クラ き ぶん き?、 るち す じ ぶん ! tv- なが きよ? C かう が 段々 研ぎ澄まされて 行く 樣な氣 分に なった。 けれども 客の 位置に 据 ゑら れた 自分 は それ 程 長く 興味の 高 て-つ たら え 潮 を 保ち 得なかった。 つみ つよ 二ろ かれ きょ つ, ひ じ ぶん ,て- r つよ じ ぶん きょ-つ ふ. お と ろ かれ 自分の 興味が 强く なった 頃、 彼の 興味 は 自分より 一 暦 強くな つた。 自分の 興味が 稍衰へ かける と、 彼の きょうみ ますく つよ き かれ. ぐわん.. つい ぶ ? ぼつ ,Ti 二 むね おく ひと i ズ いやさ 1 んじ やう も 興味 は 益 强く なって 來た。 彼 は 元來が 打つ 切ら 棒の 男 だけれ ども、 胸の 奥に は 人一倍 優しい 感情 を 有つ なに 一一と きふ ねつ くせ てるた。 さう して 何 か 事が あると 急に 熱する 癖が あった。 じ ぶん ャで - つんない rj- く br. うしつ み た。 彼は诀 して 自分の 樣な 羞恥 家ではなかった。 同情の 言葉 を 掛けに、 一遍 會 つた 「あの 女」 の 病室へ 見 まひ ゆ ケら, こと かれ せいしつ み なん じ ぶん をん な ? ぢ い 舞に 行く 位の 事 は 彼の 性質から 見て 何でもなかった。 自分 は 「そんなに あの 女が 氣 になるなら、 直 かに 行 つて、 會 つて 慰めて 遣れば ぼ いぢ やない か」 と 迄 云った。 實際 これ は 彼の 平生に も 似合 はない 挨 接であった。 さ 5 して 其 意味 は 解らなかった。 つ かれ ゆ はう じ ぶん き f たけれ ども、 本當は 彼の 行かない 方が、 自分の 希望であった。 とき じ ぶん ,でん な かんご ふ じ ぶん このうつ く -? -ん ふ いつま くち き やう ある 時 自分 は 「あの 女」 の 看護婦から 11 自分と 此 美しい 看護婦と は 何時の間にか 口 を 利く 樣 になって もっと かの をん な れい は 一ら よ その まへ iri じ ぶん みあ じ こ- 7 あいさつ と るた。 尤も それ は 彼女が 例の 柱に 倚り か、 つて、 其 前 を 通る 自分の 顏を見 上 ゆると きに、 時候の 挨搜を 取 r ケら, ていど す と かく このうつ く かんご ふ じ ぶん うんせい はや ふ り換 はす 位な 程度に 過ぎなかった けれども、 —— 鬼に 角此 美しい 看護婦から 自分 は 運勢 早見なん とかい ふ、 お, n ち ク うらな ほんみ や-つ か ふ さは へや や ろ, V 玩具の 占 ひの 本 見た 樣な もの を 借りて、 三澤の 室で それ を 遣って 遊んだ。 これ 6 か くろ りゃう めん わ つ- いし まる ひら いくつ も め ね Ai- ま 、た- A 是は 赤と 黑と兩 面に 塗り 分けた 碁石の やうな 丸く 平たい もの を 幾何 か 持って、 それ を 眼 を 眠った 儘疊の うへ なら お ちか いくつ ,、ろ いくつ みと かん ぢゃう そのす うじ ひと よこ ひと 上へ 拉 ベて 置いて、 赤が 若干 黑が 若干と 後から 勘定す るので ある。 それから 其 數字を 一 っは撗 へ、 一 つ は たて く , り や-つ はう てん く い ところ ほん ひ み つじうら もんく で こと 竪に 繰って、 兩 方が 一 點に會 した 所 を 本で 引いて 見る と、 辻占の やうな 文句が 出る 事に なって るた。 じ ぶん めと いし ひと た うへ お かん-ご ふ あか くろ い うらな 自分が 眼 を閉ぢ て、 石 を 一 つく 疊の 上に 置いた とき、 看護婦 は 赤が いくつ 黑 がいくつ と 云 ひながら 占 ち んく ,、 く 二の- - ひら じ や-つじ ゆ とき お-! は vf- か こと ひの 文句 を 繰って 吳れ た。 すると、 「此戀 若し 成就す る 時 は、 大いに 恥 を 搔く事 あるべし」 とあった ので、 "の をん な よ ふだ み さは わら 彼女 は讀 みながら 吹き出した。 三澤も 笑った。 きつ いけ いみ さは その S へ 4- んな かん ふ じ ぶん おじぎ 「おい 氣を附 けなく つち や 不可ない ぜ」 と 云った。 すると 三 澤は眞 面目な 顏 な ザ はんもん 、J このは あひこの がう じ やう ,T とこ いじ やう こと めんだ-つ じ ぶん !-【ま をして 、「何故」 と 反問して 來た。 此 場合 此强 情な 男に これ 以上い ふと、 事が 面倒になる から 自分 は默 つて ろた。 彼 は 旣に下 せんん ん じ. :' よく -、. : いふく の 洗面所 迄 行 つ て 、 朝每 に 顔 を 洗 ふ 位の 氣カ を囘復 してる た。 却て 反對に 「ー體 君 はいつ 大阪を 立つ 積り だ」 と 聞いた。 二十 七 B ぶん ふっか まへ てんが ちゃわ- かね ふ い は-つもん う そのけ つく わ このみ ひだ-でか だ でんわ ぐち じ ぶん 自分 は 一 一日 前に 天下 茶屋のお 兼さん から 不意に 訪問 を 受けた。 其 結果と して 此間岡 田が 電話口で 自分に t. R 阪 に愚圖 ついて 居る ので はな かつ た。 詩人の 好きな 言語 を 借りて 云へば、 ある 豫 言の 實現を 期待し つ 、暑い 宿屋に 治って ゐ たので ある。 すると 三澤は 多少 殘念 さうな 顏 をした。 此方が 大事が つて 遣る 間 は、 向う で 何時でも 跳ね返す し、 此方が 退かう とする きふ また ひと たもと つら はな い f きぶん でい いちじる めた かれ じぶん と、 急に 又 他の 袂を铺 まへ て 放さない し、 と 云った 風に 氣 分の 出入りが 著しく 眼に 立った。 彼と 自分との かう さい じ 9 うらい い つ か せう ちゃ ラ く かへ こんにち いた 交際 は從來 何時でも 斯うい ふ 消長 を 繰り返しつ、 今日に 至った ので ある 「海岸へ 一所に 行く 積り でで もあった のか」 と 自分 は 念 を 押して 見た。 な かれ とよ かいがん め なか おも う ふ-つ こた そのと き かれ め 「無いでも なかった」 と 彼 は 遠くの 海岸 を 眼の 中に 思 ひ 浮かべる やうな 風 をして 答へ た。 其 時の 彼の 眼 じっさい んな んな かん-: ふ じ ぶん ともだち だけ ふ に は、 實際 「あの 女」 も 「あの 女」 の 看護婦 もな く、 た 5- 自分と いふ 友達が ある 丈の やうに 見えた。 じ ぶん tV の ひ こ-ろよ み さ わか I? 然し 歸り路 に、 その 快く 別れる 前の 不愉快 さも 考 へた。 自 3 ん かれ びで ftc? 上部に あら はれた 言葉の 遣り と これ だけ す しかみ さは じぶん そ 二 へん にが い A ぁぢ 取り はた 5, 是 丈に 過ぎなかった。 然し 三 澤も自 かも 其 處に變 な 苦い 意味 を 味 はった。 じ ぶん をん な たい きょ-つ ふ おとろ じ ぶん ど ふさ は ; んな こん; i 自分の 「あの 女」 に對 する 典 味は衰 へた けれども、 自分 は 何う しても 三澤と 「あの 女」 と を さう 懇意に み さは また うつく かんご ふ ど れ うけん くせ じ ぶんだ け だんく かの をん な ちか したくなかった。 其處 に自. 其處に 調和に も 衝突に も 發展し 得ない、 中心 を缺 いた 興味が あった。 え-つ そ こ せい あら そ りゃう はう とも - ろこつい こと で ,ノ 要するに 其 處には 性の 爭ひ があった ので ある。 さう して 兩方共 それ を 露骨に 云 ふ 事が 出來 なかった ので あ る じぶん もる じぶん ひ け ふ は ど- つじ みさ は ひ ひふ にく もさ i にん ゆん いじ やう 自分 は步 きながら 自分の 卑怯 を 恥 ぢた。 同時に 三澤の 卑怯 を惡ん だ。 けれども 淺間 しい 人間で ある 以上- これ さきなん ねん まじ はり かさ この ひ け ふ ね こと たつて いで き じかく じ ぶん A-GU きひ じ やう 是 から 先 何年 交際 を 重ねても、 此 卑怯 を 拔く事 は 到底 出來な いんだと いふ 自覺 があった。 かつ 悲しくな つた。 すると 三澤は 「いや 僕 もさう 愚 11 々々して はるら きふ ちゅうこく したが いよ ゾ. 君の 忠告に 從 つて 愈 出る 事に した」 と 答へ た。 1 しんだい と- つ き やう. 自分 は 其 突然な のに 驚いた。 三澤は 自分の 問に 答へ る 前に 凝と 自分の 顏を 見た。 自分 はわが 顔 を 通し て , わが 心を讀 まれ 5 や うな 氣 がした C 「別段 是 とい ふ譯 もない が、 もう 出る 方が 好から うと 思って …… 」 ふ さは これ なんに い じぶん だま ほか し かた ふたり い つ し-つ 三 澤は是 ぎり 何も 云はなかった。 自分 も默 つて ゐ るより 外に 仕方がなかった。 二人 は 何時もより 沈んで あ ひたい かん: ふ すで かへ あと へや なか さ ふ い で ふ とん う: もぐら 相對 してる た。 看護婦 は 旣に歸 つた 後な ので、 室の 中 はこと に 淋しかった。 今迄 蒲圑の 上に 胡 坐 を かいて かれ きふ た ふ ちな;, 1 ね うはめ つか i ど そと A そと いつ いろ るた 彼 は 急に 倒れる やうに 仰向きに 寢た。 さう して ト: 眼 を 使って 窓の 外 を 見た。 外に は 何時もの やうに 色 つよ あ を みら たいや-つ ねつ めん ふなぎ の 强ぃ靑 空が、 ぎら くす る 太陽の 熱 を 一 面に 漲らして るた。 「よく 君の 話す 例の 男ね。 あの 始末屋のお 兼さん の 事を考 へる と、 金と いふ こと は くち だい や み さは しゅつもん モ のく-.? 2 て かず いと き G ふ すで 首 築 を 口から 出す のも獻 だった。 けれども いざ 三澤 の出院 となれば、 其 位な 手 數は厭 ふまい と、 昨日 旣に かくご ? ところ 覺悟を 極めた 所であった。 せっけん か す こ も 「節儉 家 だから 少し は 持って る だら う」 「少しで 好い から 借りて 來て 吳れ」 じ ぶん -r,J れ たい るん つ• それで 何の 位 不足な のか を 確め た。 ところ じ じつ ろん ぐ わい 所が 事實は 案外であった。 はら とう 5 や-つ か.. り、、 -ひ. f" か 6 それだけ なに き ,ひ ゎづら ひつえう 「此 虛の拂 ひと 東京へ 歸る 旅費 位 は 何う か 斯う か 持って るるんだ。 夫 丈なら 何も 君 を 煩 はす 必要 はな い」 かれ た:, もの も いへ うま くわに. K 阪迄乘 り 越して、 未だに 手 を 着けない 金が 餘 つて ゐ たので ある。 たゾ ようじん ため も ゆ い 「ぢゃ 唯 用心 の 爲に持 つ て 行 かう と 云 ふんだ ね」 「いや」 と 彼 は 急に 云った。 「ぢゃ 何う す るんだ」 と 自分 は 問 ひ 詰めた。 「何う しても 僕の 勝手 だ。 た ノ 借りて 吳れさ へ すれば 好 いんだ」 自分 は 又 腹が立った。 彼 は 自分 を 丸で 他人 扱 ひに して ゐ るので ある。 自分 は 憤と して 默 つて ゐた。 「怒つ ちゃ 不可ない」 と 彼が 云った。 「隱 すん ぢ やない、 君に 關係 のない 事 を、 わざと 吹聽 する 樣に見 いや し おお も だけ え る の が 厭 だ から、 知らせす に 置かう と 思つ た 丈 だ か ら」 穴 九 自分 はま だ默 つて ゐた。 彼は寐 ながら 自分の 顏を見 上 ゆて ゐた。 「僕 はま だ あの 女 を 見舞って 遣らない。 向う でも そんな 事 は 待ち受けて やしないだら うし、 僕 も必す 見舞に 行かなければ ならない 程の 義理 はない。 が、 僕 は 何だか あ -, V ん:. それで 何 方が 先へ 退院す るに しても、 その. 見舞 ぢ やない、 詫る 爲にだ よ。 氣の 毒な 事 をした と 一 口 やま それ い た. V あやま わけ い きふ たの A しか きふ は-つ つ 詫れば 夫で 好 いんだ。 けれども 只 詫る 譯 にも 行かない から、 それで 君に 賴んで 見た の だ。 然し 君の 方の 都 がふ わる し さ う もら ど うち でん?. 5 リ か 合が 悪ければ 强 ひて 左右して 貰 はないでも 何う かなる だら う。 宅へ 電報で も 掛けたら」 二十 九 じ ぶん ゆき. 7 ふ さは ちよつ とま 自分 は 行 掛り上 一 應岡 田に 當 たって 見る 必要が あった。 岡 田の 勤めて ゐる會 社 は、 三澤の 室と は 反對の 方向に あるので、 彼の 窓から 眺め わけ ゆ ふちの り いくら みつ あろ ゆ あせせ る 譯には 行かない けれども、 道程から いふと 幾何 もなかった。 それでも 暑い ので 步 いて 行く うちに 汗が 背 なか Q ほどで 中 を 濡らす 程 出た。 かれ じ ぶん かほ A いな さ ひさ ぶ-り も ひと しはら さけ い 彼 は 自分の 顏を 見る や 否や、 左 も 久し 振に 會 つた 人ら しく 「やつ 暫く」 と 叫ぶ やうに 云った。 お 兼さん は帶の 間にある y ん. ? - つ ちゃ-ひめ- P Q そ こ はさ さつ じ ぶん て ラへ の 銀行の 帳面 を拔 いて、 其處に 挾んで あった 札 を 自分の 手の 上に 乘 せた。 ど ちょっとお あらた 「では 何う ぞ 一 寸御 改めな すって」 ; ん ナ、 , きてき ,? 11 どうも 飛んだ 御手 數を 掛けました。 御 暑い 所 を」 と 綾 を Ir へた。 寳際 急いだ と 見えて お 兼さん は 富士額の 兩脇 を、 細かい 汗の 玉で じっとり と 儒ら してる た。 ど あす, い. 「何う です、 ちっと 上がって 涼んで 入らし つたら」 こ-? -ち 、,て これ ご め, P かう む - ごび ャ うにん ど よろ けっこう つ 一 ざ 「い、 え 今日は 急ぎます から、 是で 御免 を 蒙ります。 御 病人へ 何う ぞ 宜しく。 11 でも 結構で 御座いま よ P つ- i -、 ん じ たく たいそ-? P 自分 は 少し 急き込ん でゐ た。 紙 e を 握 つた 儘 段々 を馳け 上がる やうに 三 階迄來 た。 自分 は 渡した 金の 高 を 注意して T 好い か」 と 聞いた。 夫で も 彼 は n ハ うんと 「H つた 丈で ある。 つか よじ ひ 彼 は 凝と 「あの 女」 の 室の 方 を 見詰めた。 平生から 靜か 過ぎる 室の 中 は、 殊に 寂寞と してる た。 例の 美しい 看護婦 は 相變ら す 角 はしら よ さん. M がく ほん なに よ の 柱に 倚り か、 つて、 產婆攀 の 本 か n: か讀 んでゐ た。 「あの 女は寐 てるる のか しら」• ぶ n,. 7 J; んな へや• はい , かう;?、 わい ,《 ,i. かへ つ そのね む た ? ふ 彼 は 「あの 女」 の 室へ 入るべき 好機 會を 見出だしながら、 却て 其 眠り を妨 ける の を 恐れる やうに 見えた。 けれども すぐ 自分の 眞面 ほな 態度 を 認め て、 室の 中へ 入って 行った。 かと 思 ふと、 二分と 經 たない 5 ちに 笑 ひながら 又 出て 來た。 さう して 今 丁" 度 きぶん い ところ おめ か くわん じ C- しょう だ. 、 A さは だま た み 氣 分の 好い 所 だから 御 目に掛かれ ると いふ 患者の 承諾 を もたらした。 三 澤は默 つて 立ち上がった。 自分 は 元の 座に 坐って、 ほんやり 其 後 影 を 見送った。 冷淡な の は 看護婦であった。 一 寸 侮蔑の 微笑 を 唇の 上に 漂 はせ て 自分 を 見た が、 それなり もと と. , はしら せ よ だま よ しょもつ ひざ ラへ はじ 元の通り 柱に 脊を 倚せ て、 默 つて 讀 みかけた 書物 を また 膝の 上に ひろ ゆ 始めた。 話し 聲杯は 無論 聞こえなかった。 けれども 自 かに は 何の 相圖 もせす に、 すぐ 其 眼 を 頁の ラへ. 上に 落とした。 自分の たった 一 人で 坐って ゐる 病室 は 其 時 明らかな 太陽の 光 を 受けながら、 ま よ たか な! しづ じ ぶん このし しづ かへ つ しんけい いら , でんな 眞 夜中よりも 猶靜 かであった。 自分 は此 死んだ やうな 靜 かさの ために、 却て 神經を 焦つ かせて T あの 女」 へや ,3 さはで t. Q 室から 三澤の 出る の を 待ち かねた。 室の 敷居 を 跨ぐ 時、 微笑しながら 「御 邪魔 さま。 大勉强 だね」 と 看 つ-ふ あいさつ ことほ だけ じ ぶん はい 護婦に 挨拶す る 言葉 丈が 自分の 耳に 入った。 かれ う は y- つり f たかな じぶんへ や はいいな す ビ 彼 は 上草履の 音 を わざとら しく 高く 鳴らして、 自分の 室に 入る や 否や T やっと 濟ん だ」 と 云った。 自分 は 「何う だった」 と 聞いた。 自分 も それ 以上 は 聞き 得なかった。 鬼 も かく たい るん てつ, -き はや はう べんり おも そ 二 ち か つ はじ ふ さよ 6i 角 も 退院の 手續を 早くす る 方が 便利 だと 思って、 其 處らに 散らばつ てるる もの を 片附け 始めた。 三澤も 固 ぢっ より 凝と して はゐ なかった。 H 十 一 ふ. U り• 先へ 梶棒 を 上 t: た 三澤の 車夫が 餘り 威勢よ く馳 ける ので、 自分 は 大きな こーク i と a さは うしろ ふ む て ふ だい i 眼の 下の 廣ぃ 流れ を 凝と 眺めて るた。 ど こ、 ろ もち わる じ ぶん う しろ き かれ うしろ む 「何う した。 心 持で も惡 いか」 と 自分 は 後から 聞いた。 彼 は 後 を 向かなかった。 「此處 へ 來て此 河 を 見る 迄此 室の 事 を 丸で 忘れて るた」 - さ う かれ い ぞん な• あさ ざ ぶ とん うへ あぐら 左右い つて、 彼 は 依然として 流れに 向って ゐた。 自分 は 彼 を 其 儘に して、 麻の 座 蒲 園の 上に 胡 坐 を かい t ど J-i たらと し. 3 し. それでも 待ち遠しい ので、 やがて 抉から 敷 島の 袋 を 出して、 煙草 を 吸 ひ 始めた。 其 煙草が 三分の 一 煙 二ろ ふ さは C. うや て す. C はな じぶん まへ き すり になった 頃、 三澤は 漸く 手指 を 離れて 自分の 前へ 來て 坐った。 マ iC- うるん ,、 きの ふ け ふ やう かん-,. 苦笑 ひ をして 潢を 向いた。 す わるし むりく t んな ゃラ たいへん 「いくら 好きだって、 惡 いと 知りながら、 無理に 食 はせられ て、 あの 女の 樣 になつ ちゃ 大變 だからな」 VH. さ つき んな こと かんが かれ い t んな こと かんが 彼 は 先刻から 「あの 女」 の 事を考 へて るるら しかった。 彼 は 今でも 「あの 女」 の 事を考 へて ゐる としか 思 はれなかった。 をん な きふ お ぼ 「あの 女 は 君を覺 えて ゐ たかい」 お ぼ この あ ひだみ ぼくむ りさけ の fS か 「覺 えてる る さ。 此問會 つて、 僕から 無理に 酒を吞 まされた 計り だもの」 「恨んで ゐ たらう」 今迄 橫を 向いて そつ ほへ 口 を 利いて ゐ た三澤 は、 此時 急に 顏を 向け直して きっと 正面から 自がを 見た。 けれども 彼が あの 女の 室に 入った 時、 二人の 間に 何ん だんわ かう くわん つ かれつ ひ なにごと かた な 談話が 交換され たかに 就いて, 彼 は 遂に 何事 を も 語らなかった。 v んな しし し ち きく わい ん なほ や は 「あの 女 はこと によると 死ぬ かも 知れない。 死ねば もう 會ふ 機會 はない。 妙な ものだね。 それに 僕から 見れば 實 際 離合の 感 , でんな こんや f と-つき やう かへ こと し わら ご ん い f. 、; ir ;、 i""、, 左右で ない らしい。 、 も い. その 時の 事が 頭に 祟って ゐ h. 二ん あと だんな い こ, -J びャ う き ばく い るから、 離婚に なった 後で も 旦那に 云 ひたかった 事 を病氣 のせ ゐで 僕に 云った の ださう だ。 11 けれども 僕 はさう 信じたくない。 强 ひても 左右で ない と 信じて ゐ たい」 そ むすめ きい e ぶん i た ふ ri. 9 「それ 程 君 は 其 娘さんが 氣に 入って たの か」 と 自分 は 又 三澤に 聞いた。 き い び やうき わる ほど r 氣に 入る やうに なった のさ。 病 氣が惡 く なれば なる 程」 モの むすめ 「それから。 11 其 娘さん は」 し び やう, ん はい 「死んだ。 病院へ 入って」 e ぶん もく? 3 ん 自分 は默 然とした。 ;-ん じん こと わす そのと き み さは さけ じ ぶん おも なん きかへ 「あ、 肝心の 事 を 忘れた」 と 其 時 三澤が 叫んだ。 自分 は 思 はす 「何 だ」 と 聞き返した。 實は其 娘さんに 好く 似て 居 るんだ よ」 ふ さは くちもと わか い しゅ び せ-つ み うめ だ ステ. 場内 は 急行 を 待つ 乘 客で 旣に 一 杯に なって るた。 一 一人 は 橋 を 向う へ 渡って 上り列車 を 待ち 合 はせ た。 れっし C- ぶんた ぢ ご 5 列車 は 十分と 立たない うちに 地 を 動かして 來た。 分? 「あのお お I. mpf 暗中に 消えた。 , 八 四 - 兄 e ぶん ふ さは おく あくろ ひ t たは- あに ふうふ むか おな スチ I シ 3. 一 で か 自分 は 三澤を 送った 翌日 又 母と 兄 夫婦と を迎 へる ため 同じ 停車場に 出掛けなければ ならなかった。 自分 を わざく 電話口へ 呼び出して、 其 W 屹度 自分 を 驚かして 見せる と斷 つたの は 彼で ある。 それ か ど かね やどや たづ き そ の わけ はな とき じ ぶん じっさいお どろ ら 程なく、 お 兼さん が 病屋へ 尋ねて 來て、 其譯を 話した 時には、 自分 も黉際 驚かされた。 「何う して 來 るんで す」 と 自分 は 聞いた。 「ふ- A すゑ ぢ めん あら でんしゃ ふ せつ と. tfh- みち あ 自分が 東京 を 立つ 前に、 母の 持って るた、 或 場末の 地面が、 新たに 電車の 布設 される 通路に 當 たると か そ の. " へがば いくつ ぼ か あ き じ ぶん は. - そ のかね このな つ つ h- よか. f で 其 前 側 を 幾 坪 か 買 ひ 上 けられる と閬 いたと き、 自分 は 母に 「ぢゃ 其 金で 此夏 みんな を 連れて 旅行なさい」 r. じ ら. 母 はかね てから、 若し 機會が あったら やうお i さ ft み い あろ ひ その かね て はい ところ i でか だ くわん でっ か お:! さ 京大 阪を たいと 云って ろた が、 或は 其 金が 手に入った 所へ、 岡 田からの 勸誘 があった ため、 斯う 大袈裟 な計晝 になった ので はなから うか。 それにしても 岡 田が 又 何で そんな 勸 誘み-し たもの だら う。 た V 昔 御世話になった 御 禮に御 案 s でもす る氣 なんで せう。 それに 彼の 事 も 御座いま すから」 かね も こと れい け つ こんじ けん じ ぶん さ だ ば• おき い お 兼さん の 「彼の 事」 とい ふの は 例の 結婚 事件で ある。 自分 はいくら ぉ貞 さんが 母の 御氣に 入り だって、 ,4,0 ため かの ぢょ お 丄 さか がい までで く はず お も 其爲に 彼女が わざく 大阪 三界 迄 出て 來る 箸がない と 思った。 じ ぶん そのと きすで ふと-一ろ あや そのうへ あと ふ さは を か だ じゃくかん きんがく か ほか い A 自分 は 其 時 旣に懷 が 怪しくな つて ゐた。 其 上 後から 三澤 のために 岡 田に 若干の 金額 を 借りた。 岡 田 も それ を 知つ こ-ろよ こちら い だけ よ-ひだ く ちが お, て 快く 此方の 要る 丈す ぐ 用立てて 吳れ たに 違 ひなから うと 思った。 じ ぶん , でか だ ふうふ しょ ステ I ショユ い にんきし やま あ あ ひだ ,ぞ か だ ど じ らう 自分 は 岡 田 夫婦と 一 所に 停車場に 行った。 三人で 汽車み-待ち 合 はして ゐる 間に 岡 田 は、 「何う です。 自分 は是と 類似の 言葉 を、 彼から 何遍も 聞いて るるので、 何とも 答へ な かね 4- か だ むか この あ ひだ ひと お とくい じ ら- つ ?カ い かった。 お 兼さん は 岡 田に 向って、 「あなた 此 間から 獨 りで 御 得意な のね。 そんな 事」 と 云 ひながら 自分 を 見て 「ねえ 1! 貝 方」 と 詫る やうに 附け 加へ た。 ぉパ だゅメ. , め か、 s. しじゅう, か は か は わか じ ぶん こた わら き しや 「始終 傍に るると、 變 るんだ か 變らな いんだ か 分りません よ」 と 自分 は 答へ て 笑って ゐる うちに 汽車が つ を か だ かれら にん ため とくべつ やどと お た. - くるま ふな A はし じ ぶん ,、ラ 着いた。 岡 田 は 彼等 三人の 爲に 特別に 宿 を 取って 置いた とかいって、 直ちに 俥 を 南へ 走らした。 自分 は筌 の く-つま ラ i -? -れ ひと おどろ おどろ さ う い かれ とつぜん じ やう iK-o- う かね うま. に乘 つた 俥の 上で、 彼のよ く 人 を 驚かせる のに 驚いた。 左右 云へば 彼が 突然 上 京して お 兼さん を 奪 ふや つい じ ぶん おどろ めざ て がら ひと さう ゐ うに 伴れ て 行った の も 自分 を 驚かした 目覺 ましい 手柄の 一 つに 相違なかった。 一 二. 室に は爐 ぷリ き た うづく る! とくべつ そのた うづく ろ! そ: fi そ つ でんと-つ もに ,て -ー でん 亍 つ し お ほ 風 器 だの、 唐 机 だの、 特別に 其 唐 机の 傍に 備へ附 けた 電燈 などが あった。 母 は 腹の 中で、 まだ 片 附く當 ての ない お 重の 事で も考 へて ゐ るら しかった 一 あに じ ぶん かへ り ふ ふ さは び やうき ビー こ d きじ ぶん と 兄 は 自分 を 顧て T 三澤 が病氣 だった ので、 何 處へも 行かなかった さう だね」 と 聞いた。 飛 ところ ひ どこい こた じ ぶん あに つね こ くら, かァ へ-一一て こ. た V- ちゃうなん さいじ やう ナん. C 'よく ね つ 應對 する のが 例に なって ゐた。 じ らう pi へ お へや こ きじ ぶん は. 自分 は 母の るる 傍へ 行って、 下 を 見た。 下に は 張 物 扳の樣 な, 細 なが てぷ• vo;; し たけ うち もつ ふ: a 長い 庭に 細い 竹が 疎らに 生えて 錡 びた 鐵燈 籠が 石の 上に 置いて あった。 其 石 も 竹 も 打 水で しっとり 濡 れてゐ た。 Itv? ; に: その か は ぼ.. 、 ところ や. つ かば お かみ 「狭い が 凝って ますね。 其 代り 僕の 所の 樣に 河が ありま せんよ、 御母さん」 r J "tlL-is t. 自分 は 自分の 宿の ある 方角 やら 地理 やら を說 明して 聞かした。 さう して 一先 歸 つて 荷物 を 纏めた 上 ま たこ , : やくそく やど で 又此處 へ 來る約 東 をして 宿 を 出た。 三人 は 少し 夕飯が 後れた と 見えて、 膳 を控へ た ぎゲ つてる た。 母 は 疲れたと 云って 應 じなかった。 兄 は らしかった。 嫂 丈に は 行きたい 樣 子が 見えた。 -ぉ ま iiS びながら II し をした。 さう して S では S 阪を 知って る 樣な事 を 云った。 ? Im で 11! 面白く 自分の 耳に 響いた の は 彼の 昔 泊った とい やどや よ る け しき ふ 宿屋の 夜の 景色であった。 V かあつた。 S 、お を ii る 5? 方角 さへ 分らない と 答へ た。 これ あに とくしょく かれ じ けん だんめん おどろ? 彼 は 事件の 斷面を 驚く 許り 鮮やかに 覺 えて ゐる 代りに 場所の 名 や 年月 を 全く 忘• 夫で 彼 は平氣 でるた。 ど 二 わ. ;' つ i あによめ i たい あに あに-" , 「夜に なって 一 寐 入りして 眼が 醒める と、 明るい 月が 出て、 其 月が 靑ぃ柳 を 照らして ゐた それる, M な がら てゐ ると ね、 1. あたり は 案外 靜 まわ 返って るるので、 Jlkbs- が 街 k 强く閬 こえたん だら う、 己 はすぐ 起きて S 干の 傍 迄 出て 下を舰 いた。 4;,! ;, く. b るつ- たいざい それし だい つく かた. ほ- 「まあ 幾日! K 御 t 在に なれ るんで すか、 夫 次第で プログラムの 作り方 も 亦 あるん てす 力ら。 此カ は柬ー 《c ち s す こ し i な い. '、 ら けんぶつ と 二ろ と 違って ね、 少し 市 を 離れる と 幾何で も 見物す る 所が あるんで す」 f 酽の; のうちに は-! ; のず. g がぎ もってる たが、 同時に 得意な 調子 も えた。 「いえ 自慢 ぢ やない。 それが 少し 滑稽に 見えた ので 皆が 笑 ひ 出した。 耐-, は の艇を S? 全く 東京 もの は 口が 惡ぃ」 と 云った。 さう して 母の 前に 置いて あった 先刻 S プログラム を 取 二 J5 、 - さ ふ ,v. それから 岡 田 は 丁度 s, つ - ごふ ザ ひ ほんにん あやく くわい けん ラ あは はじ あに その は. ; i なか くび 好い 都合 だから、 是非 本人に 會 つて 遣って 吳れ と、 また 會 見の 打ち合せ をし 始めた。 兄 も 其 話しの 中に 首 つき 二 ぎ h. ひ けつ 氣 がした。 同時に 三澤が 別れる 時、 新しく 自分の 頭に 殘 して 行った 美しい 精神病の 「娘さん」 の 不幸な 結 こん れんさ. つ 婚を 聯想した。 然し 氣 心が 知れない 所爲 か、 兩方共 遠慮が ちで 一 向 調子が 合 ひさう になかった。 嫂 は 無口な 性質で かね けう は. ' かね と くち もの あ ひだ あによめ ひとくち し? -べ あった。 お 兼さん は 愛嬌の ある 方であった。 お 兼さん が 十 口 物 をい ふ 間に 嫂 は 一 口し か 喋 舌れ なかった。 たね き そのつ ど きっと かね はつ 5 よ f きふ さいご こ ども はなし で ,り, 二よ め しかも 種が 切れる と、 其 都度 屹度お 兼さん の 方から 供給され てるた。 最後に 子供の 話が 出た。 すると 嫂の ぼ う きふ いうせ い かのちよ ち ひ ひとりむすめ へい ザ: i- さ きょう かた かね ま;! みに よめ 方が 急に 優勢に なった。 彼女 は その 小さい 一 人 娘の 平生 を、 左 も 興 ありけ に 語った。 お 兼さん は 叉 嫂 の じょじゅつ さ かんしん き じっさい まる むとんちゃく ふ ぺん くだく しい 敍述 を、 左 も 感心した やうに 聞いて るた が、 實際は 丸で 無頓着ら しく も 見えた。 「お 重さん によく 馴附 いて 居ります あによめ 二 4i から」 と 嫂 は 答へ てゐ た。 先 づ市內 で 一 一三 日 市外で 一 一三 日し めて 一 週間 足らす で 東京へ 歸る 豫定で 出て 來た らしかった。 折角 此處迄 出て 入らし つたんだ から。 又來 るた つて、 そり や 容易な 事 ぢ やありません よ、 億劫で」 - か c を か だ は、 たい ざ いちゅう: わい しゃ はう まる やす まいにち もんない もる ほど vi ゆう む 斯う は 云 ふ もの、 岡 田 も、 母の 滯 在中 會 社の 方 を 丸で 休んで、 毎日 案内ば かりして 歩け る 程の 餘裕は 無 ろ. ,:' は- i うき やう うち 二と きか やう ふ じ ぶん い は、 あに ふうふ 論なかった。 母 も 東京の 宅の 事が 氣に 掛かる 樣に 見えた。 母 も 兄 も 岡 m に禮を 述べて ゐた。 7 と けつ 二ん とし くれ さの とつ 評 はしなかった。 もう 事が 極まって 批評 をす る餘 地がない とい ふ樣 にも 取れた。 自分 は 兄に、 「御 目 出た 過ぎる 位 事件 力 どん く 進行して 行く 癖に、 本人が 一向 知らないん だから 面白い」 と 云った。 「當人 は 無論 知 つ てるんだ」 と 兄が 答 へ た。 喜び だよ」 と 母が 保證 した。 兄は默 つてる た。 嫂 は 變な顏 をして 自分 を 見た。 だって 自分勝手に 無喑と 進行され ちゃ 困ります よ」 と 母 は 自分に 注意した。 嫂 も 亦 變な顏 をした。 けれども 二人とも 何とも 云はなかった。 少し 經 つて か ら母は 漸く 口 を 開 い た。 さ! 1! : 父さんの!; 蔭に 違 ひな いよ。 岡 田が 今 あ A 遣って るのと 同じ 事 さ」 と 母 は 大分 満足な 體に 見え た。 兄 は 兄 丈に, 社會 から 退 、ん ひ-うでつ -. i ち- その はんぶん えいき やう む 5", こと み. 3 メ J 管した と 同樣の 今の 父に、 其 半分の 影響 さへ 六づ かしい と 云 ふ 事 を 見破って ゐた 兄と 同意 兒の 自分 は、 家族 中ぐ るに なって、 佐 野を瞞 してる る 樣な氣 がして ならなかった。 けれども 亦 一 方から 云へば、 佐 野は瞞 されても 然るべき だとい ふ考 へが 始めから 頭の 何虚 かに 引 掛かって ゐた。 く す あに あつ なつ 二た い はや お 7 さか た のこと しゅち や-つ 鬼に 角會 は 満足のう ちに 濟ん だ。 兄 は 暑い ので 腦に應 へる とか 云って、 早く 大阪を 立ち退く 事 を 主張 じ ぶん もと さんせい した。 自分 は 固より 贊 成であった。 じっさい, V- のころ. -3 さか あつ われく とま や どや. ある 時 は 湯つ ほい 茶 座敷の 中で、 四 は- T たきび あぶ しゃべ 擲 くから、 犬が ひんく 苦しがりながら 俥 を 引 くんだ とい ふ 話 を、 かって 聞いた 儘噪 舌った。 さう して 意外に も 和歌の 沛見 物が 兄の 口から 發議 された。 是は 自分 も かねてから 見たい と 思って るた 名所であった。 又 見識 家であった。 其 上 詩人ら しい 純 粹な氣 質 を 持って 生れた 好い 男であった け ちで つなんだ け ど こ わが. - き はか い たん- -む つたと しか 見えなかった。 自分 計りで はない、 母 や 嫂に 對 しても、 機嫌の 好い 時 は 馬鹿に 好い が、 一 旦旋 毛が 曲がり 出す と、 幾日で も 苦い 顔 をして、 わざと 口 を 利かす に 居た。 それで 他人の 前へ 出る と、 また 全 じんやん か は やう たいてい こと めった しんし たいど くづ もん. "ん か• うり ,. 眞 中に 淋しい 片饕を 有って るた。 それで 誰も 傍に 居ない 折 を 見計らって、 母に 何う かして 吳れ と賴ん だ。 k 慮が あるら しかった。 一寸の 事 を 注意す るに しても、 成る 可く 氣に 障らない や よ: まお y. 7 じ うに、 始めから 氣を 置いて 掛かった。 其 代り また 兄 以上に 可愛がられ もした。 こと めづ など は 兄に 內 所でよ く 貰った 覺 えが ある。 斯うい ふ 母の 仕打ちが、 例の 兄に は 又 頗る 氣に 入らなかった。 些細な 事から 兄 はよ く 機 嫌を惡 くした。 さう して 明るい 家の 中に 陰氣 な空氣 み-漲らした。 母 は 眉 を ひそめて、 「また 一 郞の病 氣が始 まった よ」 と 自分に 時々 私語いた。 自がは 母から 腹心の 郞黨 として 取扱 はれる のが, しさに、 「癖なん だか はふ お お ぐら, い す じだい もに せいしつき む ら、 放って 御 置きなさい」 位 云って 澄まして るた 時代 もあった。 兄の 性質が 氣六づ かしい ばかりでなく、 , 大小と なく 陰で 狐 鼠々 々伺 か 遣られる の を 忌む 正義の 念から 出る の だとい ふ 事 を 後から 知って 以來、 自分 は 彼に 對し てこん な輕 薄な 批評 を 加へ るの を 恥づる やうに なった。 けれども 表向き 兄の 承諾 を 求めろ と、 たうて ぃぷ こな ようけん お ほ じ ぶん り A は- ふところ ひとり だ 到底 it はれに くい 用件が 多い ので、 自分 はつい 機會を 見て は 母の 懐に 一 人 抱かれよ、 フ とした。 0- ん; i お かね つか わけ ふ さは 1 ぶ か い 「そんな 女の ために 御 金を使 ふ譯 がな いぢ やない か、 三澤 さんだつて。 馬鹿らしい」 と 云った。 そこ みさ はぎ. n- じぶん べんかい 「たけ ど、 其 處には 三澤も 義理が あるんだ から」 と 自分 は 辯 解した。 、 わし をり ひと i い たくさん のこと ぢ やない か。 もし 手 ぶら で 極り が惡 ければ、 菓子 折の 一 つも 持って行 きゃあ 澤山 だね」 自分 はしば らく 默 つて ゐた。 何も 御前が 岡 田なん ぞ から それ を 借りて 上け る 丈 の 義理 はなから うぢ やない か」 よ ? ざ じ ぶん 二た たし 4i い あに ゆ はい あによめ ち ひ 「ぢ ゃ宜 御座ん す」 と 自分 は 答へ た。 さう して 立って 下へ 行かう とした。 兄 は 湯に 入って るた。 嫂 は 小 さい 下 S 座敷 を 借りて 髮を結 はして ゐた〕 座敷に は 母より 外に ゐ なかった。 「まあ 御 待ちよ」 と 母が 呼び留めた。 とほ もと せき つ き リ-く ち-よつ とか ほ あ え 細 さ-や 籠もって ゐた。 自分 は 母の いふ 通り 元の 席に着い たが、 氣の 毒で 一 寸顏を 上け 得なかった。 さう し このぶ かっか j た。 お いつ て此無 恰好な 態度で、 左 も 子供ら しく 母から 要る 丈の 金子 を 受取った。 母が 一 段聲を 落として、 何時もの に ないしょ い とき じ ぶん ふ い め C- じ ゃジ ふ ゆく わ:. ノ, 自分 達 は 其 翌日の 朝 和歌 山へ 向けて 立つ 害に なって ゐた。 さう して 詰 襟の 白い 洋服 を 着た 岡 田 力 自分 の 前 を 通った。 自分 は 思 はす、 「おい 君、 君」. と 呼んだ。 はな なん 「話しが? 何です」 「まあ、 御 入ん なさい」 , 岡 田 は 冗談 ぢ やな いと 云 ふ顏 をした。 自分が 又 「みんな 居ます よ」 とし ふと 思議 さう に 「ぢゃ 今日は 何 處へも 行かな かったんで すか」 と 聞いた。 「行っても ぅ歸 つて 來 たんです」. i 鬼に 角 一 寸 伺候して 來ま すから。 自分 もし ばらく して 風呂から 出た。 、 なら ,v れ だけ けつ わす と 叔母さんの 御蔭です。 彼は醉 ふと 同じ 言葉 を 何遍 く かへ. 、せ とこ - このかんし い す こ けいし いくたび かれ. くち も も 繰り返す 癖のある 3R だった が、 ことに 此 感謝の 意は少 しづ、 遠った 形式で、 幾度 か 彼の 口から 洩れた。 ;, x 自分 は 彼が もと 書生であった 頃、 ある 正月の 宵何處 かで 振舞 酒み-浴びて 歸 つて 來て、 父の 前へ 長さ 三寸 r:. そっち も ゆ おこ むかし おら だ な 朱塗りの 文鎭 見た いなもの。 要らない から 早く 其方へ 持って行け」 と 怒った 昔み 思 ひ 出した。 始めは 興 を 添へ た 彼の 座談 も 段々 皆に 飽きられて 來た。 嫂 は圑扇 v'. i あ あ:. ひ かく じ ぶん かれ そと つ だ じ ぶん さん ほ を 顔へ 當 てて 欠を隱 した。 自分 はとうく 彼 を 外へ 連れ出さなければ ならなかった。 自分 は 散歩に かこつ ちね-つかれ しょ ある ふところ れい かね だ かれ かへ かね うけと とき かれ よ けて 五六 W 彼と 一 所に 步 いた。 さう して 懐から 例の 金 を 出して 彼に 返した。 金 を 受取った 時の 彼 は、 醉っ てゐ るに も 拘らす 驚くべく 糙 かなものであった。

次の

【のってん 】惑星ループ【踊ってみた】【叩いてみた】

はうはる 男

Contents• うごくちゃんの素顔は? うごくちゃんは、過去に自撮りで顔を晒していた! うごくちゃんは、 過去に自撮りをツイッターにあげており、 顔バレをしていました! それがコチラの 画像! この画像は2016年ごろ、 まだ チャンネル登録数が2000人だった時に、 うごくちゃん自身があげた 自撮り写真です。 このことから、この画像はうごくちゃん 本人で確定です。 うごくちゃん、かなり幼い見た目をしていますねー! 幼い声でこの見た目・・・「 これは犯罪的ですわ」 さらに「 うごくちゃんの 口元が、 PS4に 反射して写った!」とされ、 視聴者の間で話題となりました! それがコチラの画像! 出どころの動画は、現在削除されていますが、 視聴者のコメントから、 顔バレ(口元)があったことは 事実です。 わたし正直うごくちゃんすきだよ? けどね?このまえPS4に顔 鼻と口 反射しちゃったやつあったじゃん? みんなくそかわいいから気にしなくていいよとかお世辞には見えないほど褒めまくってるけどさ 正直どこが可愛いの?ねえ… でもうごくちゃんはすきなんだよ、うん。 コチラの、左の マスクをした女の人が、 うごくちゃんとされました。 なぜ、うごくちゃんだと特定されたのか。 それは同じく東京ゲームショウから配信していた、 てんちむのコチラの動画! てんちむの動画内に、うごくちゃんが出演しており、 上履きを履いている様子が映されています。 この上履きと靴下から 「うごくちゃんなのでは?」とされました。 それをふまえ、 もう一度画像を見てみましょう! 管理人的には 「これは、 うごくちゃん以外ありえない!」 と思いました。 上履きや、靴下の柄から、可能性はかなり高いでしょう。 そもそも一般の方が、 イベントに上履きで来るのも考えにくいですからね笑 そんなうごくちゃんは「テレビ番組に出演していた!?」 とうわさがありました! 解説していきたいと思います! うごくちゃんは月曜から夜更かしに出演していた!? うごくちゃんは、テレビ番組「月曜から夜更かし」に出演していたとされました。 うごくちゃんとウワサされた動画はコチラ! 声を聞くと「 うごくちゃんの声と同じだ!」と思ってしまいました。 ですが、調査した結果、 うごくちゃんの可能性は低いとしました。 うごくちゃんとされた動画は、 名古屋で撮影されており、女性は、仕事帰りということを発言しています。 ですが、うごくちゃんの 出身地は 北海道で、 名古屋に住んでたという発言はしていません。 以上のことから、 うごくちゃんである可能性は低いとしました! うごくちゃん・・・「顔バレのうわさが多い人物だなぁ」 と思ってしまいました笑 動画では、素顔を公開しようとしないうごくちゃん! 新たな素顔の画像を入手しましたら、 いち早く情報をお届けしたいと思います! うごくちゃんの性別は男!? うごくちゃんは定期的に、自分のことを「 男です」とツイートしています。 そして、現在も「彼氏が出来た」という発言はしていません。 このことから、 うごくちゃんに 現在彼氏がいないことがわかります。 現在は彼氏がいないうごくちゃんですが、 過去には彼氏がおり、過去の恋愛について話しています。 自身のことを「 メンヘラ」と話しており、 うごくちゃんは、元カレのLINEに登録されている女の子を 「全員消した」と発言しています。 このことから、うごくちゃんは 「かなり 束縛が強い子だ!」と思ってしまいました笑 でも、うごくちゃんになら束縛されてもいいかも・・・笑 なんて冗談は置いといてw うごくちゃんは、過去にある実況者と付き合っているのでは? とうわさをされていました! ゲーム実況者のウララと結婚のうわさが!? うごくちゃんは過去に、 ゲーム実況者の「 総長ウララと、付き合っているのでは?」 とうわさをされていました。 2人は、とても仲が良く、 動画でもコラボしたり、プライベートでも親交があります。 さらに「2人は 結婚するの!?」とまで言われていました。 理由は コチラの動画で、タイトルやサムネイルでも 結婚という文字があり、 動画内でも、 結婚という言葉を、 何回も発言をしています。 ですが、調査をした結果、2人は結婚しておらず、 付き合っていることに関して、 本人たちが否定をしています。 「北海道から」と発言していることから、 調査の結果、 うごくちゃんの 出身地が、 北海道とわかりました! まとめ うごくちゃんの出身地は北海道 うごくちゃんの年齢は? 調査の結果、うごくちゃんの 年齢は、 25歳と推測しました! うごくちゃんは、2016年に 「 学生ではなくなる」とツイートしています。 あと2ヶ月も経てば学生という肩書きは消えてなくなります。 ですので、 現在のうごくちゃんの年齢を、 25歳と推測しました! 誕生日は、2月11日! そして、うごくちゃんの 誕生日は、 2月11日です! うごくちゃんの、ツイッターのプロフィールに、 誕生日は2月11日と記載されています。 このことから、うごくちゃんの 誕生日が、 2月11日ということがわかります。 調査の結果、うごくちゃんの 年齢は 25歳と推測、 そして、 誕生日は 2月11日ということがわかりました! まとめ うごくちゃんについて ・素顔の自撮りは本人で確定! ・性別は女の子! ・地声はほとんど変わらない! ・彼氏はいない! うごくちゃんの動画に登場する「ざんげちゃん」徹底解説!気になる方はコチラへ!.

次の

だいのすけ 四叶草🍀 本垢 雑多垢(@mickey11183491)のプロフィール

はうはる 男

元建築技師。 死刑執行を待つ無実の兄を助けるため、全身に刑務所の地図を模したタトゥーを入れている。 銀行強盗をして捕まり刑務所内へ潜入。 脱獄、国外逃亡までの緻密な計画を立てる。 刑期は5年。 『潜在制止の機能障害』(low-latent inhibition)という脳の先天障害と200近いIQが組み合わさったことで生まれた天才。 またその副作用として自分のことより他人の幸せを第一に考えるパーソナリティが育まれている。 引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 >> の無料お試しで見てみる >> の無料お試しで見てみる >> の無料お試しで見てみる >> で見てみる 2. ウェントワース女子刑務所(Wentworth)2013 - 2019 オーストラリアのTVドラマ歴代No. 1視聴率を記録した作品です。 主人公のビー・スミスは夫からのDVに耐えられず、夫を自殺に見せかけて殺害しようとしたが、無残にも失敗に終わりウェントワース女子刑務所へ収監されます。 女囚人たちが独自の社会を築くその小さな塀の中では、外の世界の常識は一切通用しない。 16歳の一人娘を残して収監された彼女は、娘に再会できることだけを励みに刑務所生活を生き抜くことを決めます。 刑務所内で繰り広げられる女囚の派閥闘争、冷血な女 看守長、看守内での恋愛関係、男看守と女囚の恋愛関係など。。。 ちょっとハードかつドロドロした内容ですが、友情や愛情など人間らしい点も描かれており、愛する人のために奮闘する姿に涙が こぼれるシーンもたくさんあります。 現在(2020年5月)はシーズン7まで公開されています。 シーズン8が待ち遠しいです。 サッカーの世界的スター選手、リオネル・メッシも夫婦でハマっていることをインスタグラムに投稿するほど、スペイン本国でも人気の作品です。 主人公のマカレナは不倫相手に騙されて、4つの重罪により7年の懲役を求刑されスペイン女子刑務所へ収監されます。 刑務所初日の夜、不安と恐怖で寝られないマカレナを「落ち着くから」と手を握ってくれた同房のヨランダ。 少しだけ心を許せる人が現れたことに安心したマカレナだったが、翌朝ヨランダが死体となって見つかる事件が起こります。 3週間後に出所予定だったヨランダは900万ユーロを強奪した罪で服役していたが、その金がまだ見つかっていないため刑務所内外から狙われていた。。。 と続くストーリーとなっています。 現在(2020年5月)はシーズン2まで公開されています。 シーズン3が待ち遠しいです。 1963年3月21日、アルカトラズ島の世にも有名な刑務所は閉鎖され、受刑者達は他の刑務所に移された。 しかし、それは表向きのことで実際は閉鎖される前夜、受刑者・看守消失事件が起こった。 受刑者256名+看守46名、総数302名が忽然と消えたのだ。 そして、50年の時を越えて当時の姿のまま彼らは何故か1人ずつ帰還しては凄惨な事件を引き起こす。 かくして63年組(受刑者+看守)+黒幕vsレベッカらの戦いの火蓋は切られた。 63年組の捕縛および謎の解明、彼らを地下に建設した"現代のアルカトラズ"収監を任務とするサウザー率いるFBIの特殊部門であるレベッカらの道のりは険しく遠い。 引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 放送開始後、半年たたずに番組の打ち切りが発表されたためシーズン1(全13話)で完結してます。

次の