す だ まさき の まちがいさがし 歌詞。 まちがいさがし/菅田将暉の歌詞

【歌詞/考察】菅田将暉 『まちがいさがし』の歌詞と意味を考察|かんさいべんどっとじぇーぴ

す だ まさき の まちがいさがし 歌詞

NET カルチャーメディア CINRANET 菅田将暉さんの為に 米津玄師(よねづ けんし)さんが作詞・作曲・プロデュースされました。 歌詞はまだ正式には発表されていません。 そのため、耳コピしたものですが、歌詞(仮)として書いてみますね。 まちがいさがしの まちがいの方に 生まれてきたような気でいた まちがいさがしの正解の方じゃ きっと出会えなかったと そうして 笑い合えること なぜだろう 涙がでるほど 君の目が 貫いた 僕の胸をまっすぐ その日から何もかも 変わり果てた気がした 風に飛ばされそうな 深い春の隅で 退屈なくらいに何気なく そばにいて まちがいだらけの 些細な隙間で くだらない話を くたばるまで 正しく在りたい 在れない淋しさが 何を育んだ 歌詞は、 鮎川樹(松坂桃李)と川奈つぐみ(山本美月)が紡いでゆく人生を、そのまま素直に表現しているようで、歯がゆさと、切なさと、愛しさと、すべてが優しく表現されているような気がします。 だからといって、障害があるとか、特別な人のためだけに書かれているような歌詞ではありません。 ごく普通の生活をしている私やあなたにも、「わかるわ~その気持ち」って思わせるようなそんな歌詞です。 3年A組の先生役の影響もあるのか、菅田将暉さんが歌っているところを想像すると、体の中心から湧き出る思いを全身に響かせながら歌っている姿が目に浮かびますね。 菅田将暉『まちがいさがし』の歌詞を解説! 『パーフェクトワールド』の主題歌「まちがいさがし」の歌詞を独自の目線で解説したいと思います。 菅田将暉さんが歌う「まちがいさがし」は「 まちがいさがしの まちがいの方に生まれてきたような気でいた」という歌詞で始まります。 「まちがいさがし」とはゲームの一種で、完璧なものと、完璧なものにアレンジを加えたものを比較して違っているところを探していくゲームです。 比較的に違っているという事を人間は「悪い」と思いがちですが、実は、 単純に「違っているところがある」それだけのことで「良い」とか「悪い」とかという事はその人が思う判断なのです。 「まちがいさがし」の歌詞は、それを自分の人生に例えて書かれていると思います。 さきほどの歌詞を当サイト独自に解説してみました 完璧になろうと、完璧でいようと 頑張っていた自分がいた 頑張ることが出来なくなり完璧じゃないのを 卑屈に思う自分がいる だけど、完璧じゃなかったから お互いに補うために二人は出会えた マイナス思考だった考えを プラスに変換することで、 たわいもないことで笑える 幸せで心が温かくなる そして、プラス思考に変換できたのは ピュアな君の心が僕の胸を貫き 卑屈のベールを破ってくれたから 時には強風が吹くようなこの世界でも 君といるだけでこの場所は暖かく感じる お互いに空気と感じるくらい 自然に寄り添っていたい 不完全な人間が住むこの世界で ごく普通の日常会話を 命が自然に尽きるまで話していたい 完璧でありたいと思ったけど なれなかったおかげで 心に幸せを育んだ こんな感じでしょうか。 見方を変えることで、「悪い」と思われていることでも、「幸せ」に感じることができる。 そして、心の豊かな人生が送れるのだと、私たちに伝えてくれているような気がします。 パーフェクトワールドと菅田将暉の縁とは? パーフェクトワールドと菅田将暉さんを結ぶ縁といえば 松坂桃李さんだと思います。 「パーフェクトワールド」という作品が、皆さまの心に残るよう、少しでもお力になれればと思っております。 当たり前のことですが、一生懸命歌わせて頂きます。 宜しくお願い致します。 — 菅田将暉 sudaofficial 松坂さんと菅田さんは同じ事務所の先輩後輩で、出会ってから10年近くの月日が流れているそうです。 はじめて会ったその日の「どうも どうも」の挨拶から、ふたりの距離感は変わらずで、距離があいているわけでもなく、近すぎるわけでもなく、あまり見ない関係性らしいです。 家族のような間柄とか。 今回の『パーフェクトワールド』は、お兄ちゃんのドラマを弟が主題歌で応援しているって感じでしょうか。 なんか微笑ましいですね。 チケット発売は5月11日です。 もちろん、松坂桃李さんや山本美月さんドラマ出演者によるドラマの裏話などのトークセッションもあります。 チケットをゲットして菅田将暉さんの魂を揺さぶるような歌声を聞きながら、ドラマ『パーフェクトワールド』の世界に浸ってみるもの素敵ですね。

次の

菅田将暉 まちがいさがし

す だ まさき の まちがいさがし 歌詞

菅田将暉は、日本の俳優・歌手である。 所属事務所は。 2008年、「」でファイナリストに残った事がきっかけで菅田将暉は、芸能界に足を踏み入れる。 2009年に平成仮面ライダーシリーズ第11作「仮面ライダーW」の主演に抜擢され、俳優「菅田将暉」としてのキャリアを本格的にスタートさせた。 2013年には「共喰い」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。 2011年に、auのCM曲として採用されていた「見たこともない景色」でソロ歌手・菅田将暉としてデビューすることを発表。 このデビューシングルは、オリコン最高順位5位、Japan Hot100で最高順位3位を獲得。 2017年、米津玄師のアルバム「BOOTLEG」に収録された楽曲「灰色と青」に菅田将暉として参加。 その後、2ndシングル「呼吸」リリース。 2018年には、3rdシングル「さよならエレジー」を発表。 この曲はテレビドラマ「トドメの接吻」の主題歌として採用され、同ドラマには菅田将暉も出演。 また、同ドラマで主演した山崎賢人がMVには登場している。 この楽曲は、Japan Hot100で最高順位3位獲得。 同年、4thシングル「ロングホープ・フィリア」をリリース。 1993年2月21日大阪府生まれ。 2009年『仮面ライダーW』でデビュー。 『共喰い』で第37回日本アカデミー賞新人俳優賞、『あゝ、荒野』で第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞などを受賞。 同作により2017年度の映画賞を総なめし、若手実力派俳優として多方面で活動中。 また、同年の活躍が評価され第68回 芸術選奨映画部門 文部科学大臣新人賞を受賞した。 2017年から音楽活動を開始し、シングル「見たこともない景色」でデビュー後、「さよならエレジー」はLINE MUSICで2018年年間ランキング1位を獲得。 2019年5月リリースの「まちがいさがし」は各所配信ストアにて1位を席巻し、オリコン週間デジタルシングルランキングで自身初の3週連続1位を獲得。 音楽アーティストとしても大きな注目を集めている。 今後の待機作品には、「糸」、「花束みたいな恋をした」、「キネマの神様」がある。 あいみょん」 幕間映像(ゲスト出演:アルコ&ピース 平子祐希) M8「見たこともない景色」 M9「風になってゆく」 M10「いいんだよ、きっと」 M11「つもる話」 M12「7. まちがいさがし 作詞・作曲・プロデュース:米津玄師 (カンテレ・CX系 火9ドラマ「パーフェクトワールド」主題歌) 02. クローバー 作詞・作曲:石崎ひゅーい 03. ロングホープ・フィリア 作詞・作曲:秋田ひろむ amazarashi (映画「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE -2人の英雄-」主題歌) 04. 1oz 作詞:菅田将暉、柴田隆浩 忘れらんねえよ 作曲:柴田隆浩 忘れらんねえよ 05. ドラス 作詞・作曲:菅田将暉 06. つもる話 作詞・作曲:菅田将暉 07. キスだけで feat. あいみょん 作詞・作曲:あいみょん 08. りびんぐでっど 作詞・作曲:志磨遼平 ドレスコーズ 09. TONE BENDER LOVE 作詞・作曲:菅田将暉、KNEEKIDS 10. あいつとその子 作詞・作曲:菅田将暉 11. あいみょん」.

次の

パーフェクトワールド主題歌は菅田将暉『まちがいさがし』歌詞を解説!

す だ まさき の まちがいさがし 歌詞

まちがいさがしとは? 菅田将暉さんの2ndアルバム「LOVE」の収録曲。 ドラマ「パーフェクトワールド」の主題歌にもなっています。 作詞作曲は米津玄師さん。 菅田将暉さんと米津玄師さんは、 「灰色と青」という楽曲でコラボして以来 意気投合し、タメ口で話すくらいの仲のようです。 米津くんからこの曲の意図を聞いた時に生きている中で何となく不安だった自分にしかわからない気持ちに名前をもらったような気がしました。 きっとそれは、この文章を見ているあなたしかり、境遇は人それぞれだからこそ、その人自身にしかわからない苦しいものが必ずあると思います。 その気持ちはひとりのものであり、形は違うけどみんなもっていて、対象者がいることで自分の存在を肯定することができる。 そのあたたかさを軸に、大事に歌わせてもらいました。 救いでも祈りでもない集い。 「まちがいさがし」に、僕は出会えて幸せです。 引用: 【 感想】 個性的で自分の信念を貫いているイメージの菅田さん。 表面的ではない深いコメントに この楽曲への愛を感じ、私は感動しました。 「そのあたたかさを軸に、大事に歌わせてもらいました」 「救いでもなく祈りでもなく集い」 というコメントからも この楽曲はあたたかい、やさしい楽曲なんですね。 まちがいさがしのゲームに自分を例えていますね。 意味はシンプルに、そのままだと思います。 この曲の内容をわかりやすく表した歌詞から この曲が始まります。 しかし、正解の方じゃ出会えなかったものに出会えたと、 前向きな気持ちになっていることがわかります。 ここもシンプルにそのままの意味だと思います。 しかしそれはすぐに過ぎ去ってしまう儚いものです。 あなたはただ傍にいてくれるだけでいい。 そんな切なくもあたたかい感情が伝わってきます。 この曲の出だしの歌詞で、 「正解の方じゃきっと出会えなかった」 と言っている部分があります。 自分は正しくあれないという寂しさも 何かを育んでくれていた。 それは何かを問いかけています。 それをこれから一つずつ探していこう。 子供みたいに慣れなくて不器用だけれども。 これまでの自分を少しずつ受け入れ始めています。 「起きがけの」ということで尚更 一歩ずつ、ゆっくりと、手探りの、という ニュアンスが伝わってきます。 君の手が「触れていた」ということから 幸せに気付いた、ということがわかります。 「指を重ね合わせ」ということから それが深い愛であることが伝わってきます。 間違いか正解かをずっと気にしていたけど そんなものさしはもうどうでもいい、と 一皮むけた自分が出てきます。 1番のサビ前の「涙」と同じように ポジティブな意味にもネガティブな意味にも とらえられます。 しかしこの曲は全体的にあたたかい歌詞であることから この淡い靄とは幸せなものであると推測できます。 瞬く間に「落っこちた」という表現も ほんのり明るい気持ちが伝わります。 そして君じゃなきゃいけないという確信、 その気持ちをどうするでもなく ただ素直に自分の中でかみしめています。 ただ、1番のサビの最後の1行だけ変わっています。 1番では「退屈なくらいに何気なく傍にいて」 だったのが「誰にも見せない顔を見せて」 になっています。 どちらも君に対しての特別な感情ですね。 その他のサビの部分は全く変わっていないことから 君と過ごす日常の時間が続いていく、 そしてその中で淡い幸せをかみしめる、 主人公の心情がわかります。 まとめ この曲は、まちがいさがしのゲームに例えられています。 主人公ははじめは「自分はまちがいさがしの間違いの方に生まれた」 と思い込んでいました。 そして間違いだと思っていたこれまでの日々の中でも 何かが育まれていたことに気づき、 それを一つ一つ探していきます。 これだけ流行っているのも納得です。

次の