製氷 機 クエン 酸。 冷蔵庫の掃除と自動製氷機をクエン酸で除菌!給水タンクにカビ?

冷蔵庫の製氷機はクエン酸でキレイに!?掃除方法と掃除グッズご紹介!!

製氷 機 クエン 酸

スポンサードリンク 最近の冷蔵庫は、自動で氷が作られる製氷機がついているものがほとんどですよね。 タンクに水を入れておくだけで、次々氷が作られていくので、とても便利な機能です!我が家でも、とっても帳票している家電機能の1つです。 でもこの製氷機ですが、水を入れる給水タンクにフィルターがついているのをご存知ですか? このフィルターは、浄水フィルターと言って、水道水のカルキを抑える役目をします。 普段はあまり目にする機会がない浄水フィルターですが、実はカビが生えることがあるんです。 浄水フィルターは給水タンクについているのですが、その給水タンクは常に水を入れている状態なので、とてもカビが発生しやすい環境になっているんですね。 そして! カビが生えたまま氷を作ると、氷にカビがついていたり、嫌な臭いのする氷になったりしてします。 もし、製氷機で作った氷が嫌な臭いがしていたら、製氷機のどこかにカビが発生しているかもしれないので、要注意です。 もし浄水フィルターにカビが生えたら、流水ですすいできれいにしていきましょう。 「カビのお掃除」と言えばハイターを思い浮かべる人も多いと思います。 でもこの浄水フィルターのカビを落とそうとハイターを使うと、臭いが残る可能性があるので、あまりおすすめできません。 もし、流水では落としきれないカビが生えてしまったら、浄水フィルターを新しいものに交換するとよいでしょう。 このように、各メーカーごとの製氷機の浄水フィルターが売られていますよ。 スポンサードリンク 製氷機のタンクの掃除に使える洗剤は?キレイにするためのポイントは? 浄水フィルターの掃除と同様に、給水タンクの掃除もしましょう。 給水タンクの掃除は、水洗いでも大丈夫ですが、普段使っている食器用洗剤で洗うこともできます。 洗剤は、特に除菌効果のあるものを使うと、カビをしっかりと落とすことができます。 まずは食器を洗うのと同じように、スポンジに洗剤をつけて洗いましょう。 その時、使うスポンジは柔らかいものがおすすめです。 なぜかと言うと、給水タンクはプラスチックでできているので、研磨スポンジやたわし、硬いタイプのスポンジで洗うとプラスチックが傷ついてしまう恐れがあります。 プラスチックに傷がつくと、その部分にカビが発生したときに、落とし辛くなってしまう可能性があるからなんですね。 洗剤で洗ってもカビが心配な場合は、塩素系のキッチンハイターを使うとよいですよ。 キッチンハイターを、5リットルの水に対して約50ml(キャップ約2杯)の割合で薄めます。 そこに2分ほど給水タンクを漬け置きし、その後流水でしっかり洗い流します。 カビがそこまでひどくない時や、氷を作った時に洗剤やハイターが残っているのが心配という場合には、クエン酸を使って洗うこともできますよ。 スポンサードリンク 製氷機のお手入れはどれくらいの頻度ですればいい?衛生に保つためのポイントは? 普段は忘れてしまいがちな製氷機のお手入れ。 気が付いたら汚れていた!なんてことはよくありますが、汚れないためにはどのくらいの頻度でお手入れすればよいのでしょうか? 給水タンクのお手入れは、週1回程度で行うことを推奨されています。 なかなかそこまで手がまわらないという場合でも、2週間に1回は掃除した方がよいでしょう。 定期的に掃除することで、給水タンクの水垢やカビの発生を予防することができます。 給水タンクがきれいに保たれていると、給水タンクから水が通っていくパイプや氷が作られる製氷機内部もカビが発生しにくくなります。 また、浄水フィルターも給水タンクの掃除をする時に一緒に水洗いしましょう。 普段から水洗いをしていれば汚れがつき辛いですが、2~3年経過したら新しいものに交換することをおすすめします。 氷が作られる製氷皿と貯氷タンクはそれほど頻繁に掃除する必要がありませんが、年に1回くらいは掃除しましょう。 取り外せるタイプのものは取り外して、流水で洗えばOKです。 もし汚れが気になるようであれば、食器用洗剤を使って洗いましょう。 製氷機を清潔に保つためには、定期的に掃除する他にもいくつか方法があるのでご紹介しておきますね。

次の

効果抜群?クエン酸を使って製氷機のカビを落とす方法

製氷 機 クエン 酸

お風呂の水垢、湯垢、石鹸カスは洗っても洗っても出てくるので、毎日細かい所まで掃除するのは大変ですよね。 週に1回だけでもダイソーのクエン酸で簡単に掃除すれば簡単に綺麗な浴室を保てます。 おすすめのクエン酸パックでお掃除しましょう。 浴室のクエン酸パックの方法• 1鏡、シャワーヘッド、フックなど水垢で白くなった部分にクエン酸水を吹きかけます。 2クエン酸を吹きかけた所にキッチンペーパーを貼り付けます。 3キッチンペーパーの上からクエン酸水を吹きかけます。 4蒸発しないようにラップで覆い、1時間から2時間放置します。 5キッチンペーパーを剥がして、メラニンスポンジでこすります。 クエン酸パックで落ちない頑固汚れにはクエン酸ペーストを! 乾燥する時期に欠かせない加湿器ですが、フィルターにはカビが、タンクには水垢が溜まりやすいです。 ここに汚れが溜まると空気中に汚い水蒸気を出していることになってしまいます。 1ヶ月に1回はダイソーのクエン酸で綺麗にしましょう。 空気清浄機も同じようにできるのでご家庭にある方はやってみましょう。 加湿器の掃除方法• 1ぬるま湯にクエン酸を大さじ3杯入れ、溶かします。 2フィルターとタンクをぬるま湯の中に入れます。 3このまま2時間浸け置きし、2時間後水で洗い流します。 4風通しの良い所で乾かして終了です。 ダイソーのクエン酸を使った掃除方法|トイレ・洗濯編 トイレ便器についた汚れや匂いをクエン酸で落とす! こちらはセリアの白いスプレーボトルです。 スプレーボトルは使用頻度が高いのでさっと取り出せる場所にあったほうがいいですが、派手な見た目だと棚の奥にしまいがちです。 白いボトルなら見える所に置いておいてもインテリアの邪魔にならないです。 おしゃれな収納ができる記事がございます。 合わせてご覧ください。 ダイソーなど100均のクエン酸商品で賢くお掃除してみよう! ダイソー、セリア、キャンドゥのクエン酸商品を紹介しましたが、これはほんの一部です。 100均は入れ替わりも激しいので、ぜひこまめにお店をチェックしてみてください。 掃除方法も簡単で家中ピカピカにできるのでやみつきになります。 自分に合ったお掃除方法で、クエン酸掃除を楽しんでください!.

次の

【100均クエン酸】ダイソー・セリアの12個!スプレー/食用/重曹

製氷 機 クエン 酸

水を入れておくだけで、氷ができちゃう自動製氷機。 とても便利な自動製氷機ですが、定期的なお掃除が必要なことを知っていましたか?なんだか氷がクサイ……その原因は、自動製氷機の汚れかもしれませんよ。 今回は、自動製氷機の簡単なお手入れ方法をご紹介します。 氷が臭うのは製氷機のせい? 氷がなんだか臭くて、マズイ……。 それは、自動製氷機の汚れのせいかもしれません。 自動製氷機には、雑菌やヌメリが発生します。 その汚れが原因で、氷が臭くなることがあるんです。 自動製氷機は定期的に掃除するようにしましょう。 また、製氷する際はミネラルウォーターではなく水道水を使うようにしてください。 水道水は塩素で殺菌されていて、ミネラルウォーターよりも傷みにくくなっています。 ミネラルウォーターで製氷したい時は、自動製氷機ではなく製氷皿を冷凍庫に入れて作ると良いですよ。 掃除の頻度はどのくらい? 自動製氷機は、主に給水タンク、製氷皿、貯氷タンクという3つのパーツからできています。 製氷皿や貯氷タンクは冷凍庫内に位置し、氷点下に保たれているので雑菌が繁殖しにくい環境です。 この2つは、月に1回程度お手入れをすればOK。 ただし、冷蔵庫内にある給水タンクはこまめな掃除が必要です。 給水タンクに水を入れる時には必ず水洗いするようにしましょう。 あまり給水しないときは、週に1回を目安にお手入れすると良いでしょう。 目には見えなくてもヌメリが出ている時は、雑菌が繁殖していますので十分注意しましょう。 給水タンクの掃除方法は? 1.給水タンクを取り外して洗う 製氷機の給水タンクを冷蔵庫内から取り出して、分解できるフタなどの部品を全て外しましょう。 こまめに洗浄している場合は、水洗いだけでOK。 お手入れに間が空いてしまった時や、汚れが気になる場合は食器用洗剤を使って洗いましょう。 洗剤を使った場合は、洗剤が残らないようにしっかりとすすいでくださいね。 2.浄水フィルターや給水パイプを外す 給水タンクのフタには「浄水フィルター」や「給水パイプ」と呼ばれるパーツがついています。 外し方は、取扱説明書を確認するようにしましょう。 フィルターには、ミネラル成分が固まった水垢が溜まりやすいので、流水で洗い流しましょう。 3.パーツを戻し組み立てる 全てのパーツを元の位置に戻して、給水タンクに水を入れて冷蔵庫に戻せばお手入れ完了。 水垢汚れにはクエン酸が効く! 給水タンクの汚れは、雑菌だけでなく水垢が原因のことも。 通常のお手入れ以外に、半年に一回程度はクエン酸でお掃除すると良いでしょう。 掃除の方法は簡単。 600mlの水に大さじ2杯のクエン酸を溶かした水を給水タンクに入れて氷を作るだけ。 クエン酸が、水垢汚れに作用して汚れを落としてくれます。 給水タンクにクエン酸水がなくなったらタンクをすすぎ、クエン酸氷を捨てます。 最後に製氷皿と貯氷タンクを水洗いすれば完了です。 カビが発生!掃除の方法は? 給水タンクに水を入れたままにして放置していると、カビが発生することがあります。 カビが発生した場所に応じて、最適な方法でお手入れをしましょう。 給水タンク内の場合は、水で洗い流して、食器用中性洗剤を使ってスポンジでこすり洗いしましょう。 浄水フィルターやパッキンにカビが発生してしまった時は、洗い流すのはオススメできません。 パーツ販売されているので、新しい物と交換しましょう。 クエン酸掃除をやってみた! 小さい子どもがいる我が家では、重曹とクエン酸などのナチュラル洗剤の出番が多いです。 今回、製氷機の掃除にクエン酸を使ってみましたが、給水タンクのくすみがとれました。 また、冷凍庫臭だと思っていた氷のニオイもとれたように感じました! 誤食防止のためにクエン酸水に食紅で色を付けたのですが、末娘がピンクの氷を見て「カワイイ」と言って喜んでいました。 口にはしなかったのですが、大量の氷を手でがっしり掴んで見とれていたのでヒヤッとしました。 誤って触れてもOKなクエン酸での掃除を、ぜひ一度お試しください。

次の